心や体の悩み

愛犬の抗がん剤治療

レス7
お気に入り41

ミュク

健康

10才8ヶ月のシーズーの女の子です。7才の時に最初の胸腺腫になりました。二年後に再発し、また開胸手術をしましたが、先日再再発の胸腺腫がみつかりました。今回は4箇所に散らばっていました。

放射線治療は無理との事で、外科手術も勧めないと言われ抗がん剤を提案されました。胸腺腫に抗がん剤は症例はあまりないけど、転移と進行速度が悪性癌なみなので効果はあるのではないかとの意見でした。

もともと弱い子で、現在はてんかん、ヘルニア、角膜潰瘍、腎臓病、尿道移行性上皮癌を患っています。今まで手術はトータル5回、CT.MRI等辛い闘病をさせてきました。
抗がん剤治療は本人の体力や命を削ってしまうのではと、なかなか踏み切れません。かえって短命になったら…と決心が出来ません。

田舎なので、設備の整った病院に通っている為片道三時間半はかかります。治療中に副作用で体調が悪化しても、直ぐには診察出来ないのも不安です。

どうしたら良いのか、本当に悩んでいます。お願いします。ご意見をお聞かせください。
宜しくお願い致します。

ユーザーID:8685909812

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

投稿する
  • ワンコちゃんの為に

    初めまして。
    私も11歳のミックスを飼っています。
    抗がん剤は、人間でもとても辛いと聞きます。
    人間なら「辛いけど頑張って治す!」と、いう気持が有りますが、ワンコちゃんには、ただ辛いだけです。
    今まで、長い闘病期間があったようですし、痛み止めの治療のみ、後は飼い主さんと少しでも長く一緒に過ごす、と、いう選択も有るのではないでしょうか?

    ユーザーID:2169085441

  • 本人(犬)の意思確認が大事

    抗がん剤治療や人工透析は、人間でもそのつらさと効果を天秤にかけてためらったり、途中で放棄する人がいるくらいです。
    治療が始まってしまうと、いくらつらくても明確に意思表示できないワンちゃんです。始める前に、慎重のうえにも慎重に考えてください。

    病院の経営も大切ですが、ワンちゃんのQOLの方がもっと大切です。
    心安らかに余生を送らせてやるのも、思いやりです。

    ユーザーID:6098505563

  • セカンドオピニオンは?

    胸腺腫は良性の腫瘍なんですよね?良性腫瘍が転移する事があるのでしょうか?
    腫瘍科認定医の資格を持った獣医さんにセカンドオピニオンを受けてみてはどうでしょう?

    私なら寛解が望める、症状を緩和し延命出来るのなら治療を希望するかもしれませんが
    予後不良なら余生を辛い思いだけはしない様に対処療法のみの選択をするかもしれません。

    片道3時間以上という事ですが往復7時間、辛い治療を受けた状態で何度も通うのは
    副作用も勿論ですがストレスと疲労で体力を消耗するのも心配です。

    近所のかかりつけ医に事情を話して、抗ガン剤をするにしても、しないにしても連携をお願いする事は
    出来ませんか?

    ユーザーID:5673178073

  • うちもシーズーを飼っています。

    気になって 読ませて頂きました。

    同じシーズー(14歳)を飼っています。
    心配ですね……

    うちのシーズーは 昨年11月の始めに 私がお風呂にいれて風邪を引かせてしまい……
    それから絶不調で、検査ばかりでした。
    元々心臓が悪く、3年程前にも肺気腫になり危ないところでした。

    何年も前からずっと動物病院には定期的に通っていますが、この風邪から急に 胃に出来物が見つかり そこからの出血のせいか下血便や下痢が続き、胃ガンの可能性ありと言われ、腎不全も見つかり………昨年末は点滴や治療に毎日のように病院へ通いました。

    薬のお陰で 今はどぅにか かろうじて体調も落ち着いてきましたが(汗)

    うちの妹が飼っていたポメラニアン(同じ14歳)にも 昨年の夏に肺腺ガンが見つかり、妹は 抗がん剤治療を1回だけ受けさせたそうなのですが、そこから体調不良が続き……年末に亡くなってしまいました(涙)

    私も 胃ガンの可能性が高いと言われた時は 抗がん剤治療についての説明も受けて、ものすごく迷いましたが、やっぱりやめておいて良かったと思います。

    胃ガンかも?わかりませんが、今のところは 何とか少しずつ元気を取り戻してきているように見えて、ちょっとだけ安心しています。

    とにかく体力を落とさないようにだけ気を付けて、毎日 好きなエサをちょっとでも食べれるように 食べやすくして、工夫したりしています。鶏肉のササミが好きなので、毎日焼いたりして細かくして与えています。

    それと、ホームセンターなどで売っている栄養剤2種類を薬に混ぜて 朝晩与えていますが、本当に毎日ちょっとずつ元気になってきているように思います。いろんな栄養剤がありますよ。

    病院まで通うのが、遠くて大変ですね………
    本当に まだまだ朝晩は寒いし、身体を冷やさないように気を付けて、体調を整えてあげて下さいね。
    お互いに頑張りましょう!

    ユーザーID:0569115906

  • 楽にしてあげる

    私なら、抗がん剤治療はせずに、鎮痛剤や他のお薬を使って楽にしてあげて様子を見ると思います。痛みがあったり、苦しそうにし出したら、家族に囲まれての安楽死を選ぶと思います。でも、正解はないと思います。自分でたくさん悩んで決めるしかできないです。

    我が家は4頭の犬を見送りました。3頭は病気で1頭は事故で亡くなりました。

    これは私の個人的な意見ですが、私の「死なれるのが悲しい、怖い」というわがままだけのために犬に痛い目をさせたり辛い思いをさせてはダメだと自分に言い聞かせています。1頭は病院入院中に家族の誰もがたどり着く前に亡くなりました。この子はものすごく苦しんで怖くて死んだと思います。今でも思い出すと涙が出ます。もう1頭は毎日お医者さんに点滴してもらいに行ってましたが、週末に家で看病している時に急に苦しみ出して数時間後になくなりました。体のどこかがものすごく痛かったのでしょう。大好きな子供達にも触らせてくれませんでした。もう1頭は大好きなホットケーキをいっぱい食べさせたあと、お医者様で家族に囲まれて安楽死させてもらいました。

    今5頭目の犬がうちにいますが、この子が癌になったらどこまで頑張らせるかは私もわからないです。でも、甘えん坊で怖がりなので、痛みが出たり呼吸困難などになったら家族揃って抱いてあげて安楽死を選ぶと思います。

    犬は自分で治療も延命も安楽死も選べません。だから、飼い主がしっかりと犬の身になって悩んで結論を出すしかないのです。

    ユーザーID:1017570942

  • セカンドオピニオン

    同じ病気ではないので参考にならないかもしれませんが。

    やはり私たちは素人なので、専門家の意見を聞いてみないとなかなか決められないですよね。
    良心的な医師なら気持ちよく了承してくれると思いますので、セカンドオピニオンを受けてみたいと申し出てみてはどうでしょうか?

    うちは違う腫瘍でしたが、抗がん剤の効かないタイプのガンで、2人の医師から「ガンに合った抗がん剤じゃないとただ辛いだけだからやめた方が」と言われましたのでやりませんでした。

    知り合いが分子標的薬で改善したと聞いたので相談してみました。
    それで医師も調べてくれたのですが、症例的には効かないと言われている、でも確かに改善されたというのもごく少数だがあったので、抗がん剤よりは副作用も少ないしやってみるのも良いかも、ただ副作用が出たら即やめましょう、ということで試してみました。
    残念ながらうちの子には効果は出ず亡くなりましたが、幸い副作用らしきものは出ませんでした。
    (ただネットで見ると、分子標的薬でも下痢や食欲不振が出た子もいるようです)

    寝たきりになりつきっきりでお世話していましたが、ガンの闘病というのは本人がやはり過酷で、最期は痛みのためかとても苦しみ出したので、医師と相談し安楽死をお願いしました。
    これまで安楽死などとても決断出来ないと思っていましたが、その時は家族みんな迷いはありませんでした。
    それだけの状況だったからです。
    (もちろん断固否定派の方もいると思います)

    それまで私は、動物は長生きの概念がないだろうから高度医療は受けさせず、緩和治療のみと考えていました。
    高度医療は人間のエゴだと思ってました。

    でもいざ愛犬が大きな病気になった時、そうは出来ませんでした。
    藁にもすがる思い、となりました。

    どうあっても、悩むものなのですね。
    私も今でも、あれで良かったのかと考えています。

    ユーザーID:0279457125

  • 抗がん剤で助かりました

    うちのトイプードル13歳は、昨年夏咳込み始め、ある朝呼吸困難で慌ててかかりつけに連れて行きました。
    「チアノーゼ状態で、このままダメかもしれないよ」と言われ、取り敢えず溜まった胸水を抜いたら元気になりました。
    原因追求の為、MRI検査の結果「悪性中皮腫」と診断され、かかりつけには、「うちでは対処療法しか無理だから、年内持たないと覚悟して」と言われました。
    それからネットで調べて何件も動物病院を訪ねて(勿論腫瘍認定医も)、やっと積極的に治療してくれる先生に巡り会いました。
    新薬の抗がん剤を服用して、すぐに咳込みがなくなりひと月で胸水がなくなりました。
    先生もここまで効果があったのは、この仔が始めてと仰いましたが、前向きに治療をして下さったお陰と感謝しています。
    今も経過観察にひと月1度通っていますが、食欲もありとても元気です。一度は覚悟した分大切に大切にしております。
    抗がん剤が効果があったケースとしてレスさせて頂きました。

    ユーザーID:6519560887

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧