現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

女性らしさ厳禁の家

いちおう女子
2019年3月13日 18:28

意識しなかったのですが、私は女性らしさ厳禁の家に生まれたようです。
幼いころから髪の毛を伸ばすことは厳禁で、常にワカメちゃんカット。
ピンクや花柄などの服や小物は買ってもらえず
ピアノやバレエを習いたいと言っても許されず、習字と柔道をイヤイヤながら習わされる。
気付いたら強制的に小学校受験、合格したものの父の転勤で公立へ転校。
小学4年生から塾通いさせられ強制的に中学受験、合格したものの再び父の転勤で高校は公立へ。
大学進学後も化粧禁止、門限7時、男女交際禁止。
就職後も化粧禁止。

…こんな感じでした。
就職して数年後、なんとか実家を脱出して一人暮らしはじめました。
アラサーになってようやく、世間一般の女子らしい生活をちょこっと味わうようになりました。
きっと、うちの親は子どもが色気づくのが嫌だったんでしょうね。

ユーザーID:9536430945  


お気に入り登録数:83
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:14本

タイトル 投稿者 更新時間
そういう親はいる
あんな
2019年3月13日 20:14

子供には子供でいて欲しい
親の望むような理想の子で
問題はおかさず 脇道にもそれない従順な子


一人暮らしできただけでもマシな方かな
コントロールする親って
一人暮らし許さないから
(思い通りでないと出て行けと言うが、実際に出ようとすると阻止される)


アラサーになって親からは独立したのだから
自分が生きたいと思う道に進むべきかと

結婚して子供を持ちたいと思うなら
女性は年齢の若さが重要だから
「親が」どう思うかを考えないで
自分のために親と戦う。

20代、30代前半のうちは
親は 恋愛なんて結婚なんて汚らわしい
許さないって親でも

35過ぎてくると、
周りは孫の有無 自慢が 親のステータスになってくるち
一変して 結婚しろ 孫を産め と豹変する可能性もある

親に反発したいなら
わざと女らしさを出さずに
結婚願望なし 孫は諦めて
と親にも同じように、貴方が学生時代人並みのものを持てない
苦しみを味わわせればいい。

ただ言えるのは これからは自分の人生
新しいステージで親に影響されることなく
自分がどうしたいか を基準に生きるべきかと思う。

女性らしい格好したいなら挑戦する
特に 結婚したいなら
ある程度女性らしい格好も
就職時のリクルートスーツやメイクと同じで
必要なことだから

親にこう育てられたからできないって言い訳は
20代前半のまでで
自分の親を客観的に見られるようになったなら
今後は、親のせいじゃなく
過去は過去として
今は努力して変わらないとダメ

30過ぎるまでは 毒親の呪縛から逃れなかったけど
親にこうされて育ったからできないを理由にするのは
ダメだって気がついたのね

ユーザーID:1348986174
悪くはない運命だったのでは
野良猫ダービー
2019年3月13日 22:14

トピ主さんは、賢明な女性と推察します。普通なら、少し捻くれた
人間になっても可笑しくない所です。

所が、トピ主さんは、ご両親のトピ主に対する気持ちについて想像
為さっています。このことは、トピ主さんがご両親の想いのように
成長なさったと言うことではないかと思います。

親と言う生き物は、子供が気懸りで仕方がないものです。何処まで
歳を取っても心配なんです。親は、生きている限り子供達の心配を
します。

トピ主さんの人生は、これから先が長いです。親御さんのトピ主さ
んに対する過去の接し方を良い方向に受け取られたらと思います。
親御さんも一人の人間であって見れば、完全では在り得ません。
トピ主さんは、親御さんの掛け替えのないお子なのだと思います。

ユーザーID:6099144843
飛び立とう!
ウメ子
2019年3月13日 22:37

祝!ひとり暮らしです。

少し違うところもありますが、まるで山岸凉子先生の「唐草天女」みたいな感じがしました。
あのお話では両親の呪縛から逃れることが出来ず、ヒロインは壊れてしまいます。

脱出できた主さんは、これからが「人生の春」です。
お化粧におしゃれ、恋愛。
人生を楽しんでくださいね。

あなたの人生が幸多きことをお祈りしています。

※習字と柔道も、役に立つ日がありますよ。

ユーザーID:8422272424
大事に育てられたのですね。
m
2019年3月14日 9:24

>髪の毛を伸ばすことは厳禁

単に管理が面倒だったのでは?

>ピンクや花柄などの服や小物は買ってもらえず

高かったのでは?

>ピアノやバレエを習いたいと言っても許されず、習字と柔道をイヤイヤながら習わされる

楽器も発表会の衣装も留学も高いし、投資のわりに食べていけるとも限らない。
習字道具は安いし一生絶対に役立つ。柔道は健康に良く礼儀作法が身に付き、護身術にもなり、これも一生役立つ。
全て、合理的な考えから、なのでは?

転勤は辞令なので、仕方ないですね。

>大学進学後も化粧禁止、門限7時、男女交際禁止。就職後も化粧禁止。

門限7時は、早いですね。うちは10時でした。男女交際禁止も酷い!これでは男性を見る目を養えないですよね。

化粧については、私も反対されました。「肌が綺麗なんだから、日焼け止めを塗って、眉を整え、口紅だけ付けていれば充分だ」と。
これ、大人になるとわかりますが、ナチュラルで勝負出来る時期って、少しの期間しかないんですよね。

就職して1年位迄は、私もそんな感じ。会社の受付に座っていたのに、ほぼノーメークですよ、凄いでしょ。
本人にその気は無かったけど、純粋さがアピールできたのか、会社でも外でも、モテモテ。

芸能事務所からもスカウトされまくり。幾つかの雑誌にも載りました。
色々経験できたので、あの時期、結果的に母のアドバイスを聞いておいて良かったな、と思っています。

2年目に結婚して退社して、やっとぼちぼち化粧してました。

>親は子どもが色気づくのが嫌だったんでしょうね。

それもあるけど、大事だったのだと思いますよ。
襲われたり騙されたりしたくなかったのでしょう。いわゆる箱入り娘ですね。

これからは、自分の好きなように生きてください。楽しい生活になりますように!

ユーザーID:9480387502
親がポイズン
2019年3月14日 9:40

でも奇跡的にあなたはまともに成人したんだから自分に自信を持って良いのでは?
その生い立ちはネタにしてしまいましょう!
今までの分、きっとこれからいいことがあるはず。

ユーザーID:2430310723
自分の人生を楽しんで!
よしだ
2019年3月14日 12:03

トピ文を読んで、良かったなあ、と思いました。
まだまだ人生はこれからですから
思いきり「女子らしい人生」を満喫してくださいね。

ちなみに、私の場合はトピ主さんと正反対の子ども時代を過ごしました。
母親は私を自分の玩具のようにしか思っておらず
いつもヒラヒラフリフリのお洋服、
(昔の時代でしたから、洋裁の得意な近所の方に頼んだ手作りで
モノは確かに悪くなかったとは思いますが)
小1からパーマをかけさせられ、登校前にホットカーラーを巻かれ、
くるくる頭の両脇を結んでおリボンつけて…
(リボンだけで10数種類持っていました。
これを付けてると体育の赤白帽が上手くかぶれず)
習い事はピアノでした。

この格好が、何十年も前の田舎ではどれだけ異質で目立ったことか…
「つんつんしてる」「お嬢様ぶってる」と陰口を叩かれ
「好きでやってるわけじゃないのに…」と悲しい思いをしていました。

今では、服装も髪型もとことんシンプル。
当時絶対はかせてもらえなかったGパンばかりはいています。
TPOで仕方なくワンピースなどを着ると
当時のことを思い出して居心地が悪くなります。

お互い、自分らしく生きていきましょうね。

ユーザーID:3710196983
親を恨んでる訳ではありません
いちおう女子(トピ主)
2019年3月14日 12:17

すみません。
トピックは昔を思い出して書いたものです。
別に、親を恨んでる訳ではありません。
わが家はちょっと厳しめなだけで普通の範疇だと思っています、その当時も現在も。

タイミング良く父が遠方へ転勤になったため、一人暮らしもできました。
無理やり一人暮らしした40代独身の友達は、親がストーカーのように毎日マンションの玄関まで押しかけて、ピンポンピンポン鳴らし続けていました。
それに比べたら、ずっとマシだったと思います。

私はすでに結婚し、親と遠く離れて暮らしています。
子は産まない選択をしました。
なので親の気持ちというのが実感として分かりません。

周囲の女友達の多くには子がいます。
「娘には流行の服を買ってあげたい」
「娘の卒業式にオシャレな袴を履かせたい」
「息子がガールフレンドを連れてくるのが楽しみ」
「息子はいま彼女と一緒に住んでいる」
そんな発言をするお母さんが大勢いて、私の経験からすると毎度ビックリなんです。
世間のお母さんの多くは、子どもが色気づくのが嫌じゃないんだなと、この年齢になって初めて気づきました。
それで、小町で親の気持ちというのをお聞きしてみたくなったのです。。。

ユーザーID:9536430945
自分の家の事を書いてるのかと思った
はる
2019年3月14日 13:03

うちも全く一緒で、さらに言うなら一人暮らしなんて厳禁、逐一行動するときはメールで連絡、がついてました。

男女交際汚らわしい、化粧?色気づくのはまだ早い、門限はあなたを心配しているから等など。
当時の私は20歳の社会人。

あれから15年。
交際相手がまともな人で、うちがおかしいという事を少しずつ気が付かせてくれました。その彼と結婚した今、うちの身内にとってはその彼がおかしい人です。なので縁を切られました。せいせいしています。それでいいと思ってしまう関係は淋しいものがありますが、自分の人生です。

そう思えるまでには長く辛い時間がありましたが。

女性を楽しみましょう!

ユーザーID:0895416692
門限19時くらいでしたね
とりっぴい
2019年3月15日 8:49

最初は門限17時でしたが、品行方正な姉が頑張ってくれたので19時まで伸びました。

成人して職場の飲み会の時は帰宅(22時)したら父親が玄関(内)で仁王立ちしてました。

衣類はサイズが変わらなくなるまで姉のお下がりで、新しい服を買ってもらったことは片手で数えるくらい。
中学校の制服すらお下がりですから。
姉と弟は母に手をかけられてましたが、私は基本放置でした。

小学校以降下着とか買ってもらったことがないです。
つんつるてんの服だったりずっと同じ服だったり、今考えたら「ちょっと・・・」という子でした。
小遣いはもらってましたが、中学くらいから親戚の会社でちょっとバイトのような手伝いしていたので、自分で手作りしたり購入していました。

家族団らんで何か話すこともなかったですね。
食事中は無言でしたし、そのうちバラバラで食べるようになりました。

就職してからは「自己責任だから」とすべてフリー(ものは言いようで結局は放任)になり、好き勝手しましたね。

結婚してよそのお宅と家族観に温度差があるのに気づきました。

私と姉が結婚して、それぞれ子供が生まれたら実家のやり方は180度変わりました。
自分達が子供の頃そうだったらよかったのにと思いましたよ。

ユーザーID:5247244459
本音を言えば・・・
茶々
2019年3月15日 10:07

>小町で親の気持ちというのをお聞きしてみたくなったのです。。。

あまり早く色気づくのも困るけど、大きくなってから全く色気づかないというのも困るというのが本音ですね。

ユーザーID:1402872204
結婚して良かった
ふじくにゅ
2019年3月15日 10:11

結婚して良かったですね。
私のうちもトピ主さんの家と似ていましたよ。
母は「子供の出来は親の評価」と言ってました。私は母の自尊心を満足させられるような子供ではありませんでした。ずっと女子校で男女交際も禁止。日記や手帳も見られてました。
何とか35過ぎて結婚出来ましたが、夫は自慢できるような収入もないので嫌われています。

母は娘が年頃になって行くのが嫌だったのでしょう。高校生にもなって小児科に行かされました。
私は顔も良くありません。母にも似ているのですが、整形を勧められたりしました。
私の友人達は、私と違い華やかな人が多く、友人達と比べられたり、頭の良い従姉妹と比較されてきました。
多分私は自己評価は低いと思います。おばさんになって少しは楽になりました。生まれた子供も男の子なので容姿も二の次。
でも親には感謝しています。大学まで行かせてくれて、きっと私を無条件で愛してくれるのは親だけかなと思うからです。

ユーザーID:0877278166
子供の意思は無視?
kerri
2019年3月15日 20:08

年頃になったら異性に興味を持つのは普通と思います。普通のことを禁止して、化粧は本人の自由意志ではなく、親が禁止する、それは人権侵害だと思います。習い事まで強制される。

私は化粧はあまり好きではないですが、親に命令されるのは、すごく嫌いです。自分の人格や意思を尊重できない親は、軽蔑モノです。

私は実家でもやりたい放題のつもりでしたが、アメリカで就職してひとり暮らししたら、更にやりたい放題になり、セクシーな服もボーイッシュな服も、厚化粧もすっぴんも、何でもやりました。失敗しても自分の人生だし、親に言われてそのまま言うとおりなんて、私は嫌です。

ユーザーID:1431375274
トピ主です
いちおう女子(トピ主)
2019年3月17日 13:21

コメントありがとうございます。
正直、結婚して良かったと思ったことはありません。
子を産まなかったのだけは、正解だったと感じています。
もし産んでいたら、きっと自分の母と同じように行動していたでしょうから。
(他の方法が分からないので)

ユーザーID:9536430945
今の時代に聞くと、確かにナンセンスなことかもしれませんね。携帯からの書き込み
貴妃
2019年3月18日 10:58

色気付くと女らしさは、違うと思いますよ。女らしさと言っても、ひとつではありませんからね。その女らしさの対極にあるのが、ボーイッシュという魅力ですが、これを履き違えて下品な立ち居振舞いや言葉の女の子や女性がいます。
男性でも、男らしさとワイルドを履き違えて、単なる下品で粗野で乱暴な振る舞いや言葉遣いになっている人もいますからね。トピ主様の家庭の方針で、何か得るものはありませんでしたでしょうか?そこまで女らしさと無縁と言っても、その教育方針で周りの人達から、褒められたとか、何かを頑張る力がついたとかは、ありませんか?
要は加減やバランスなのですが、トピ主様のお父様とお母様が、その加減やバランスがわからなかったか、お父様が家長でお母様が、しっかりとその家長の方針についていくような状況なら、トピ主様が世の中を知ってカルチャーショックを起こして落ち込んでしまう気持ちも、わからなくはないんですよね。
私もどちらかというと、女らしさ云々よりも、ダメなものはダメ、未成年のうちは、大人になってから好きにしたら?と言われて育った家庭でした。もうトピ主様が大人で、三十代ならば、十代や二十代前半のように若さと外見だけでは、女らしさは評価されなくなります。年齢を重ねたら、ますますその傾向は強くなるので、外見上のことだけでなく、内面にも目を向けないと、若気の至りでは許されないことが多くなりますから、御注意下さいね。
まず、トピ主様が女らしさを感じるものは何かを確かめてみて、御自身が今後はどうありたいかを考えて行動なさってみられては?外見と同時に内面を磨くことは、本当に難しいですし、どうしても外見だけに目が向いてしまいますが、内面が悪いと、普段の生活にも表れるので、そこのバランスを確認してみられては?

ユーザーID:7278273537
 
現在位置は
です