現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

親子で瞑想を習いたい。 携帯からの書き込み

まいんどふる
2019年3月15日 11:18

3人の子どもを育てています。
もうすぐ上の子が小学校に入学するのですが、かなり敏感なタイプで、周りのお友達の気持ちに左右されやすい子です。
大人顔負けの細やかな気配りをするかと思えば、周りがあっと驚くほど大胆なことをしでかすこともあり、振れ幅がとても大きいです。
声に出さないひとの気持ちにも敏感な感じがします(園の先生からときどき言われます)
また明らかに疲れているサインが見えるのに、バタンと眠気に倒れる直前まで疲れてることを認めないところもあります。
どれも子どもによくあることかもしれませんが、1人目の子でよく分からないこともあって、HSCに沿ったケアを日常できる範囲だけ、気をつけてきました。
そうした日々のことに加えて、1人でも気持ちを落ちつかせたり、自分の体や心を俯瞰して見たり、中心を取り戻せるように、マインドフルネスなどの瞑想を親子で習ってみたいな…と探しているのですが、なかなか子ども向けの瞑想教室が見つかりません。
大人と同じようなやり方は無理だと思いますので、子ども向けにアレンジされた、気持ちを客観的に見つめる、という練習だけでもできたらな〜と思っているのですが。
書籍などで、オススメのものをご存知の方がおられましたら、教えていただけましたら幸いです。

ユーザーID:1815210961  


お気に入り登録数:7
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:10本

タイトル 投稿者 更新時間
苦痛でした
マーガレット
2019年3月15日 15:09

通っていた幼稚園で瞑想の時間がありましたが、ただひたすらに退屈でした。
「なんでこんなことやらないといけないんだ?」と早く時間が過ぎるのを待っているだけでした。
瞑想が合う合わないお子さんがいると思いますので、お子さんとの相性を見極めてあげて下さい。

ユーザーID:7800051920
ありがとうございました携帯からの書き込み
まいんどふる(トピ主)
2019年3月15日 16:09

>マーガレット様
お返事をありがとうございます。運動や勉強などと同じように、瞑想も好きな子や苦手な子がいて当然ですよね。
良い面ばかり目がいきがちですが、子どもの特性を見て、無理強いはしないようにしようと思います。
ご自身の貴重な体験を教えていただいて、ありがとうございました。

ユーザーID:1815210961
お母様が気にし過ぎないようにね
あんこ
2019年3月15日 17:41

瞑想は高度だと思います。
前のかたがおっしゃっているように、合わないと苦痛でしかありません。
まずはお母様が習ってみてはいかがでしょうか。
お母様が習ってそれをアレンジしてお子さんに教えてあげれば良いと思います。

もう、大人になりましたが、息子もそのような子でした。
息子の場合は気持ちを客観的に見るというよりは、自分と向き合うという事で
変わっていったような気がします。

きっかけはふたつ。
ひとつは10才位から始めた管楽器です。
個人の先生につき、コンクールでも入賞しています。

もうひとつは小児科の先生の一言。
この子はまわりのみんなより、少し先を歩いている。
もうすこし大人になるとみんなが追いついて来るよ。
本当にその通りでした。

少しでも集中出来る好きな事が見つかると良いですね。

ユーザーID:5973081487
シャイン
2019年3月15日 17:59

心や意識をコントロールするのに、まだ子供には瞑想は向かないのではないですか?
というのも、子供は身体も成長過程で、そのバランス保持すら不安定で難しいです。
ですから、まず身体と心のバランスから始めるのはどうですか。
例えば、武道は身体をコントロールする術を取り込む事で、同時に精神をコントロールする術を学ぶのが理念であり、基本です。
精神は、身体に宿っているものですので。
武道だけでなく、その他のスポーツでも、身体を動かすような毎日の掃除や生活、全部が瞑想だ、という理論もあります。

ユーザーID:9197132950
レスします
Cafelatte
2019年3月15日 22:36

お母さまとしては気疲れしている子供さんをリラックスさせてあげたいのですよね。

「果たして5,6歳の子供が瞑想などできるのか」と疑問に思いましたが、通っていた幼稚園であったとおっしゃる方がいて驚きました。息子の幼稚園ではお弁当の前に机にうつ伏せになって3分程目をつぶる習慣がありました。これもある種の瞑想だったのでしょうか?

まだ6歳のお子さんなので水泳など大いに体を動かすスポーツをさせてぐっすり睡眠をとらせることをまずさせてみたらどうでしょうか。

そしてもう少し大きくなったらお寺の座禅体験もいいかもしれません。座禅以外にも宿坊に泊まって作務衣を着て庭掃除だとか面白い体験もあります。家族旅行の傍ら体験するのもお勧めです。

教室に行かなくても瞑想を誘導するDVDもありますので家でお子さんと試してみるのもありですね。

ユーザーID:5498210352
ありがとうございました-2携帯からの書き込み
まいんどふる(トピ主)
2019年3月17日 7:33

お返事をありがとうございました。
>あんこ様
息子さんの体験談を教えていただきまして、ありがとうございます。
管楽器を通して、ご自身で向き合うようになって行ったのですね。
コンクールで入賞するまで!素晴らしいですね。そしてそこに至る途中に、沢山の学びがあったのですね。
小児科の先生のご意見も的確だったのでしょうね。
私も我が子の良いところに目を向けていこうと思います。
そうですね。瞑想にこだわらなくても、何かを修得する過程で(本人が上達したいと思うような何かで)、心の扱い方を身につけていく方が、自然に取り組めそうですね。
瞑想は私自身のためにも、まず1人で習いに行ってみようと思います。
アドバイスをありがとうございました。

申し訳ありません、細切れになりますが、少しずつお返事させていただきます。

ユーザーID:1815210961
子どもの心の整え方
マンマ
2019年3月17日 12:13

子どもの場合は、座ってするのではなく、寝た状態で体の力を抜く訓練が適しています。
ヨガでいう屍のポーズです。
お母さんが数を数えて、ゆっくりと1,2,3,4のリズムで鼻で吸って、また1,2,3,4のリズムで吐く。
お母さんのやさしい声に集中することで、身体の力も抜けていき、自然と瞑想状態になります。
やってみると、気持ちにもやもやがあるときは体の力が抜けていないことに気が付きます。
足や手をもぞもぞするときには、優しく触ってマッサージしたり、とんとんとしてあげると、すっと力が抜けます。
慣れてきたら、お勉強の前とか、なにか集中する前とかにやって、気持ちを落ち着かせることもできるようになりますよ。

なにかと神経質な子のことを相談した時に、小児科の医師から教わりました。
寝る前に、ゆっくりと落ち着く時間を取るようになって、翌日にぐずぐずすることが減りました。
呼吸法は、今でも試験とかで集中するときにやっている、大事な時ほどお母さんの声が頭の中で聞こえてくるから、
その声に合わせて呼吸すると、言われたときには、とてもうれしかったですね。

ユーザーID:0939377015
ありがとうございます-3携帯からの書き込み
まいんどふる(トピ主)
2019年3月18日 19:44

>シャイン様
子供の心と体のバランスを取るために、武道を勧めていただきまして、ありがとうございました。
実は夫が4歳の頃から今まで剣道を続けており、本人も様々なことを学んだため、娘にも、と期待しておりました。
本人の希望を聞いてからになりますが…。
お掃除も、日々の生活も、その瞬間に集中することで、瞑想と同じような効果が得られると私も聞いたことがあります。
武道、スポーツ、種類は問わず、本人がやりたがるものをさせてあげたいと思います。
アドバイスをありがとうございました。

ユーザーID:1815210961
ありがとうございました-4携帯からの書き込み
まいんどふる(トピ主)
2019年3月22日 11:24

>Cafelatte様

スイミングなどの、体を沢山動かせるスポーツ、いいですね。
お風呂が好きなので、水の中にいるとリラックスするのかもしれません。

宿坊体験、私も実は興味しんしんで、一度やってみたいんです!
今は下の子が1歳でなかなか難しいのですが、子ども達が大きくなったら、高野山の宿坊体験などに連れて行ってみたいなと思います。

誘導のDVDもあるのですね。
また調べてみます。家でできたら、それが一番リラックスできそうです。

色々なアドバイスを、ありがとうございました。

ユーザーID:1815210961
ありがとうございました-5携帯からの書き込み
まいんどふる(トピ主)
2019年3月22日 11:36

>マンマ様
とても具体的なやり方を教えていただきまして、ありがとうございます。
マンマ様のお子さんも、同じように緊張しやすい方だったのですね。
繊細な分、きっとマンマ様の愛情も、声から感じ取って覚えておられたのでしょうね。
我が子達ですが、大人の瞑想のように座って目を閉じて…と言っても、モゾモゾ、ニヤニヤ、と落ち着かず、迷走中でした。
教えていただいた通り、リラックスするには寝そべるのが良さそうです。
大きくなってきて、ベビーの時のようにマッサージなどする機会もあまりなかったので、上の子と、真ん中の子と、2人に、力を抜く誘導と、トントンと、やってあげようと思います。
素敵なエピソードとともに、アドバイスをありがとうございました。

皆さまから頂きました、沢山のアドバイスを、子供達の様子を見ながら、色々試してみようと思います。

御礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。

ユーザーID:1815210961
 
現在位置は
です