• ホーム
  • 話題
  • 「お金が無い」という人ほど、お金を出したがるのです。

「お金が無い」という人ほど、お金を出したがるのです。

レス34
(トピ主4
お気に入り112

生活・身近な話題

東雲


疑問に思ったので、みなさんの身近な方はどうなのか、教えていただけると助かります。

私の周りには何人か「東雲ちゃんのところはいいわねー。お金持ちで。わたしは貧乏」と言う人がいます。

ああ、そうなんだ。貧乏なんだ。
と私は素直に受け取って、お金を使わせないように気を遣うのですが、なぜか相手が払います。

叔母と一緒に食事をしたとき「今回の食事分は父からのプレゼントなので、出させてください」とお金を出そうとすると「いいわよ」と言い張って、こちらの分まで払ってしまいます。

母が亡くなって弔問にいらした近所の方に「ご香典はご辞退しています」と説明して断ろうとすると「気持ちだから」と無理やり置いて行かれます。

あまり具体例を出して、特定されるのも困るので、このくらいにしておきますが。
こういったことが10回ほどありました。

こちらが出します。と言っても「出させて」とお金を置いて行きます。
「いらない」と言っているのに、お金を引っ込めてくれないので、困ります。
いや、お金ならあるから心配いらない、ということなら、そんなに気にしないんですが。
「私は貧乏」と言う人が払わなくていいものを払っていくので不思議でなりません。

私は特に貧乏ではありませんが、金銭的に余裕が無いので、「いらない」と言われたお金を払ったりしません。

なんでお金が無いという人が、お金を押しつけて行くのか不思議でなりません。

「貧乏なのよ」を(ああ、貧乏なんだ)と素直に受け取るのが間違っていて「またまたまた。お金持ちのくせにー」と相手に言うのが礼儀なのでしょうか?

暗黙の了解というのが苦手で、こういう行動と言動が食い違っていると、どちらを信じればいいのかわからなくなってしまいます。

この場合「どちらまで?」「ちょっとそこまで」のような、定型の答え方があるのでしょうか?

みなさんは、どう思われますか?

ユーザーID:8801973775

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • びっくり

    言われたことをそのまま鵜呑みに信じる人がいることにびっくりです。

    「貧乏なの」(ああ、貧乏なのか)じゃないでしょう?
    本当に貧乏な人と、お金持っててもそれを知られたくないからそう言ってるだけの人と、
    ただ謙虚な物言いがくせになってる人と、色々いるでしょう。
    その人がいらないと言ってもお金を置いて行くなら、その人は
    お金があるんですよ。それもわからないトピ主さんにびっくりです。
    本当にお金がなかったら、出したくても出せないからね。

    今後は人の言葉のみをまともに受けて信じるんじゃなくて、
    その人の行動をみて判断した方がいいです。
    ほぼ世間の人はそうしてると思います。
    なぜか謙遜する人が多いけど、実際は違いますからね。
    時々私もトピ主さんのような人に出会いますけど、ただちょっと世間知らずなのかなと思います。

    ユーザーID:8593605150

  • 色々思います

    出すべきところで出さないか、けちる人。こういう人は、嫌われていますね。貧乏だと言いながらお金を払う人は、無駄なお金を使う余裕はない、と言う意味かと思います。そして、出すべきところではきちんと出す。トピ主さんは、要らないと言われたら、はいそうですかとすぐにひっこめることができるのでしょうが、それができない人もいますよ。「いらないと言ったら、あの人すぐにひっこめたわ。いらないって言われても普通は出すでしょう?」と言う人だっているのです。私はお金ではありませんが、ある当番の時に言われたことがあります。決まった時間に当番の仕事をしようとしていたら、Aさんが自分の都合で早く始めたのです(Aさんは当番ではない) もちろん私は慌ててやります、と行きましたよ。でもAさんが、いいです、と言って場を譲らない。私は引っ込むしかありませんでした。それを見ていたBさんから「あなた当番でしょう?」と言われました。Aさんが「いいえ、私がやると言ったのです」と言いましたが、Bさんからは「そう言われてもさあ」と言われ、私は仕方なくAさんを押しのけて他の仕事を後回しにして仕事をしました。こういうことがあるから、特にお金では悪口を言われないように、出す物はきちんと出す方針なのだと思います。後、相手が甥姪なら、私はおごりますよ。出すと言われてもそれはこづかいに取っておけと言って、私だって受け取りません。

    ユーザーID:4084422237

  • 発言と経済状態は無関係

    「お金が無い」とか「貧乏なの」という発言と
    実際の経済状態は、あまり関係ないと思います。

    そういう発言をしたがる人か、しない人かの違いだけです。

    それらの発言から、実際の経済状態を読み取ろうとしても
    ほぼ意味が無い場合が殆どです。

    それから、「いらない」と言われているのに、お金を払う人について。

    貴女は、本来自分で払うべきお金でも、「いいわよ」と言われたら
    出す必要が無いとお考えなのですね。
    その考え方が、私には有りません。

    出して頂いて問題無い場合か、自分で出すべき場面なのか?
    によって、選択します。
    出して貰うのはおかしい場面では、いらないと言われてもお支払いします。

    何故なら、必要の無い場面でまで、余分な支払いをして奢ろうとする人は
    相手に貸しを作って、優位な立場になりたがる人が多いからです。

    こんな人を相手にしている時には、相手が「いらない」「出してあげる」と言っても
    何とかして、お支払いはさせて貰うようにしています。

    もしも、貴女の周囲で
    「お金が無いという人”ほど”、お金を出したがる」
    のが事実ならば、その方達は、
    ●借りを作りたくない。
    ●貧乏だから金払いが悪いと思われたくない。
    ●見下されるのは嫌。
    というような心理が働いているのかもしれません。

    ユーザーID:1043082807

  • あらら

    「わたしは貧乏」
    まずこれは他愛のない会話でサラっと出た発言の時は
    謙遜だと思っていいと思います

    「わたしはお金があるのよー」なんて自分で言う人って
    よっぽど自慢したいか見栄を張っているかのどちらかになってしまうので
    わざわざ主張することではないと思う


    父からのプレゼントなので出させてください

    この場合はあなたと叔母さんだけでの食事の時ですよね?
    いくらお父様からお金を預かっていたとしても
    叔母の立場として姪っ子(甥っ子)にお金を支払わせるわけにはいかない
    叔母としてのプライドもあります

    「いいわよ」=私はあなたの叔母さんなんだからここは私があなたの分も払うわよ
    お父様からのお金は自分で大事にとっときなさいなという叔母さんのご厚意でしょ
    お父様も同席されていてお父様が支払うと言われた場合は叔母様はお父様を立てて
    ご馳走になったかも

    ご香典は辞退 

    これについては、いくらなんでもやはり最期のお別れになるのだし
    お金を包みたいという故人への想いではないでしょうか


    そしてもし本当にお金に困っているとしても
    自分の生活が苦しいからって
    ケチりたくない部分ってのはあるんだと思う

    お金ないから奢ってと周りの人にタカるような人もいるけど
    自分の食べる物を我慢してでもこういうことだけはきちんとしておきたいって思う人もいる
    逆に言えば、お金持ちだから払っているとも限らないわけ。

    定型の答え方があるかどうかは知らないけど
    謙遜のしあいは結局探り合いになってしまったり
    自慢の裏返しだったりもしていやらしさが出ますので
    「お金持ちでいいわねーうちはお金がなくて貧乏」的な話をしてこられたら
    「うちは余裕はないですよー」または「またまたぁ」と短く言って打ち切るのがいいと思います

    基本、お金の話はしないようにするのがマナーだと思います

    ユーザーID:2003678725

  • 本当に貧乏な人は、お金がないって言えないかもね?

    思うに、
    本気で心の底から悩んだり、嫌だと思っている自分自身のことって
    なかなか認められないし
    ましてや、言葉に出して人に言うなんて無理だと思うんですよね


    だから、本気で貧乏な人は、絶対お金がないって言えなくて、
    ちょっとはお金があるように見栄を張ってるもんだと思う




    トピに出てくるみたいな
    お金がないって気軽に口にする人は、多分、平均よりもお金がない人じゃないと思う


    どちらかって言うと、平均よりも少ーしだけ上で、でも
    「金持ちだと思って、たかられたくない」
    「金持ちだと思って、狙われたくない」
    「別にお金に不自由してないけど、お金あるって思って、じゃんじゃん使えるほどはお金がない」
    ってくらいの人なんじゃないかなあ?


    そう思いませんか?

    自分が平均よりも上ってわかってるから、自分で、「交際費として必要と思われる分」は、喜んで出してくれるんだと思います

    ユーザーID:2900264572

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • お金が無いと見栄を張ってしまう

    わかります。私の知人にも本当に貧乏(低収入でアパート暮らし、親族に仕送り貰っている)な人がいるのですが、やたらとご馳走しようとしたり、プレゼントを渡してくるのです。使いもしない高価な買い物もちょくちょくしています。観察していると、貧乏だという現実を認めたくない、周囲から貧乏だと思われたくないので、見栄を張ってお金を出している感じでしょうか。

    私も若くて貧乏だった頃は無駄に散財していました。でも、貯金が一千万を超えたあたりでぴたっと物欲が無くなりました。だから、やたらとお金を出したがったり、無駄な買い物をしている人を見ると、表面的にはどうあれ、内情はお金に困っているんだろうなと判断しています。

    ユーザーID:3502229982

  • うちの場合

    小さい頃から、お金は自分のためではなく、人のために多く使えと躾けられました。
    人が亡くなる時、その人が買ったり得た物は残らないが、
    人に与えたものは残る、と祖父母に言われ育ちました。

    なので、私は自分が自由に使うお金については、貧乏です。
    例えば月3万の小遣いがあった場合、後輩やお世話になった同僚との食事、
    急な慶弔などを考慮し、人に使う分を予算として組み込んでおきます。

    その方も、そんな感じじゃないですか?

    私は結婚式も、自分のドレスやアクセサリーは最安のものをチョイスし、お色直しはなし。
    その代わり、おもてなしに当たる引き出物と料理のランクはかなり高めの物を選びました。

    お金を自分に使うより、人に使うのが良い事、という家庭の教育じゃないですか?

    ユーザーID:5988330352

  • お金ない人ほど…

    「金ない人から1万円とるより、金持ちから1円とる方が難しい」と言われ、私の経験からお金があって気前が良い人は少ないですね。お金ある人ほど、金額の関わらず財布のひもはかたいです。

    ユーザーID:3855924401

  • お金持ちでなくても・

    私は、お金持ちではないですので、自分のことには倹約しますが、人に対しては、ふるまうほうかと思います。

    そういう人も、多いのではないでしょうか?

    ユーザーID:2164341243

  • いやいや

    それはアナタの周りだけでしょ。
    友人の1人、会社の同僚、義妹がいつも
    「お金がない」と言ってます。
    本当にないみたいで同窓会もお金がないから欠席。ランチ会も2000円が払うの厳しいから欠席。義妹に至っては家族の新年会にもお金がないから行かないと言ってきます。
    みんないつも物入りなの、お金がないのと言ってますよ。勿論自ら人に奢ったりする場面など見た事ありません。
    アナタの周りが特殊なだけです。

    ユーザーID:7213984573

  • プライドですよね

    本当にお金がなくても出す人いますよね。
    そして、「気を使わなくていいから、持って帰って」と言いつつ「普通もう一回出すわよね」と陰口叩く人も多いです。

    どんな事でも
    一度は「お気遣いありがとうございます。でもお心遣いだけで充分です」
    と辞退してそれでもと言うときは
    「本当にありがとうございます」
    と受け取り後ほどお礼をします。

    奢って頂いたら、「そんな訳にいきません」と伝え半額渡しますが、それでもと言われてももう一度「いえいえ申し訳ありません」とダメ押し。
    ダメ押しはその人の様子を見てもう一回二回増やします。
    受け取っていただけない時はお誕生日などにお返し。

    相手を礼儀のある方として持てなすことも、大人のマナーなんでしょうが、、、
    見栄はってるのがバレバレで、「お金ないよねー」なんて解決するわけもない愚痴を聞くのは面倒くさいですが、、、接待だと思ってます。
    お金ないなら、その新車中古にしてこい!!

    ユーザーID:6149939997

  • 逆ですよ

    お金を出さない人が、金持ちになる。

    貧乏と思って生きて行く方が楽だし。

    お金持ちと言っている人の財産を聞くと、はっきり言って「貧乏」な部類です。

    余り、人を外見や住んでいる家で判断しない方が良いですよ。

    ユーザーID:4856488883

  • それとこれは別

    「お金がない」というのは口癖のようなもので、
    貯金があろうが欲しいもの買ってようが
    「あーお金がない」なんていうのはよくあることだと思います。
    食べるものに困るほどではないんだろうというのは想像がつきますね。

    それと「気持ち」としてお金を出すのは別のことです。
    冠婚葬祭などは特にそうでしょう。

    叔母の立場で姪にお金を出させることは形だけでもできないのが普通ですし
    近所に住んでいたらお香典を出したい、出さねば…と思うのが普通です。

    それは普段の「お金がない」という軽口とはまったく違う種類の
    礼儀だと思うのです。

    どちらを信じればいいか…ということではなくて、
    お金があろうがなかろうが普通にお金を出す場面が人には存在しているということです。

    「貧乏なのよ」といわれたら
    「ほんと、大変ですよね。私も厳しいですよ」くらい返しておくといいと思います。

    社交辞令というか、会話の遊びみたいなものなので、
    あまり深く考えないほうがいいですよ。
    本当に貧乏な人は何もいわなくても貧乏だということがわかります。

    ユーザーID:8418019763

  • いや・・・

    >またまたまた。お金持ちのくせにー」と相手に言うのが礼儀なのでしょうか?

    いやいやいや、こんな事言ったら嫌味な人になりますよ(笑
    絶対言っちゃだめでしょ。
    貧乏はそこまで真に受けなくて良い。
    でも「お金持ちのくせに〜」は言っちゃダメだよ。
    違った場合「は?嫌味?」ってなります。

    その例に出したケースだと、おそらく両方ともあなたより年上の人でしょ。
    香典だって「辞退してます」で「あ。そうですか」で済まされるものでもないのよ。
    だから相手は出します・・って言うのです。
    叔母さんが姪っ子に奢らせるわけいかないでしょ。
    あなたが小学生と食事した時に「ここは出すよ」と言われても「いやいや、年下のあなたに出させるわけいかないわよ・・」ってなるでしょ。それと一緒だよ。
    父からのプレゼント〜って言ってるから「あらじゃ、お言葉に甘えて」ってなる事もあったかもしれないけど、だいたいは姪っ子の奢りになんてのらないよ。立場上。

    香典の件も、香典やご祝儀とかって「いらないわよ」って言われて「はいそうですか」って出来る物じゃないってだけの話です。そこ遠慮されても・・・
    あなただって友達が結婚して「ご祝儀もプレゼントもいらないから」って言われて「あらそうですか」って知らんぷり出来ないでしょ。
    義理や友情があるのなら、そこは相手が遠慮しても「そうはいかないわ」と言ってプレゼントとかするのが常識です。

    人はそこまで図々しくなれない。(もちろん図々しい人もいますが)
    ただそれだけの話です。
    ましてや年下の人に「いらないよ」と言われて目上の人が「あらラッキー」なんて出来ない。それがわからないですか?

    ユーザーID:3437879646

  • 逆です。

    まず、他人の言う「貧乏なのよ」は社交辞令くらいに
    受け止めておいたほうがいいですよ。

    あと、「お金を出したがる」のではなく、
    義理と人情において、良識のある行動を取ろうとすると、
    もれなく出費がついてくるのです。
    だから「お金が無い」状態になるのです。

    お世話になった人や身近にいる人、血縁関係、
    仲間や友達などを「大切に思っています」ということを、
    金銭を渡すという形で表現しているのです。

    もちろん、「おつきあい上、仕方なく…」とか、
    「多少の見栄」もあるでしょうけれど。

    義理を欠いて、人情を欠いて、
    お金を一銭も出さなくても平気でいられる人は
    お金がたまります。

    ユーザーID:9240257731

  • いるいる!

    貧乏、ケチに見られたくないんでしょうね。
    私の周りの人も、お金に余裕のなさそうな人に限ってやたらプレゼントしたり、お土産を配ったりします。
    他人の価値観なんてわかりません。
    その人にとってはそのお金を払う事がプライドなんでしょうね。

    言葉をそのまま鵜呑みにしない、なんて人もいますが、本当のところなんてわからないんだから、私は言葉通りに受け取ります。
    でも貧乏はネタの場合が多いですね。

    私も払わなくていいと言われたら払いません。
    ちゃんと言ってくれないと分からないからね、本当に払わないよ?と伝えてお礼は言いますが。
    言葉通りでない人はどんな行動に出ても面倒です。
    そんな人の言葉の裏など読む気にもなりません。

    ユーザーID:0951440061

  • ある意味当然なのかもしれませんね

    お金持ちの定義はおそらく資産額でしょう。そして資産は収入から支出を引いたものが積み重なったものです。ですからトピ主さんのように必要無いと言われた時には相手に感謝して支払わないという行動がおそらく資産を増やすためには正解なのだと思います。

    ただ、これをさりげなくするのって相当自分に自信が無いと出来ないと思います。

    世の中では金払いの良い人が金持ちと思われてますし、お金を使わせるためのいろいろなマナーとか常識があり、そういったものに行動が縛られてしまうものです。
    マーケティングによる刷り込みなのですが、大勢の人がそれを信じるほど乗り越えるのが難しくなります。

    ユーザーID:7503153498

  • トピ主さんの疑問は正しい

    わざわざ「貧乏なの」「お金がない」って言っておきながらの、お金を出す・・・ならば疑問に思うのは当然です。

    何のために「貧乏なの」って言うのでしょうか?
    別にわざわざ言わなきゃいいじゃない。

    矛盾した言動をする人は、他人から信用されません。

    それに、
    そもそも日本人はお金の話は下品とされているので
    「貧乏」とか「お金がない」なんて謙遜にすらなりません。
    ただの下品な発言です。


    私はトピ主さんと同じ感覚です。


    貧乏アピールへの返事は
    「それ、本気にしていいんですか?」
    です。

    ユーザーID:1856139295

  • 小商いをしております

    取り引き先の方々の中で、ちんまり商売をしているとある業者さんは、たいへん金払いがよいです。
    貧乏だから、支払いが滞るとすぐ行き詰まるから、出金の予定は早め早めにきちっとしないと、お金が回らなくなるとおっしゃいます。
    貧乏に甘えない人って、こういう考え方をしてるからこそ、商売が細く長く続いているんだと思います。
    鷹揚にご商売されている方の中には、お金持ちなのに、支払いが渋い人もいます。昔は金利が高かったので、なるべく銀行からお金を動かさないクセがあるのかな?
    お金があるといつでも払えますものね。
    そういえば、マンションの管理組合の当番をしていたとき、よく理事会で管理費を溜めてしまう常習犯のお宅の話題があがりました。大抵、きちんとしたお勤めの方なんですよね。お金ないわけないのにね。

    ユーザーID:5733690914

  • 貧乏です・・・

    専業主婦からシングルになったため、収入も低く貧乏です。
    ですが、例に挙げられたような場合では、きちんと払います。

    普段はかなり倹約していますが、必要な時はケチらず出します。
    基本必要な人付き合いでケチることはありません。ケチるくらいなら、その場に行きません。
    子供に対しても普段はケチ!と言われますが、必要な時はドーンとお金は使います。留学したいって話も理由を聞いて納得出来たので、すぐOK出しました。

    ユーザーID:8311006451

  • ないない

    お金の「ないない」は『あるある』という事だと思います。

    >金銭的に余裕が無いので、「いらない」と言われたお金を払ったりしません。

    う〜〜ん…こういう時も

    「いえいえ、私が…」

    と言うやり取りを何度か繰り返すのを美徳と思っている人も中には居るのです。
    だから、相手が「払う」と言っても、時には「私が…」というやり取りが必要な場合もあるのです。時と場合によるので…難しいですが…

    香典の場合は、お返しが発生するので、そういうのが面倒な場合はハッキリ固辞した方が良いですよ。

    ユーザーID:0230200236

  • 私の周囲ではないです

    私の周囲ではお金持ちでも貧乏でも「いらない」と言われたら、そのまま払わないのがマナーだし、そういう暗黙の了解になっています。いや払うからとか、いらないとかスマートではないです。食事の奢りも、次回は自分が払うとかで返した方がスマートですね。

    「私は貧乏」とわざわざ言う人は、高齢者ですか?私の祖母はお金持ちなのに、こう言うのが口癖なので、泥棒よけなのかもしれませんね。別荘を海外に何件も持っている知り合いの高齢者もいつも「貧乏」と言っています。その方よりさらにお金持ちのお友達も多いので、そう感じるのかもしれません。別荘管理費もけっこうかかるし、お金が出て行く、貧乏だな〜って感じかもしれません。自分が貧乏って感じたら「私は貧乏」と言うので、一般的に見てアベレージより上か下かは関係ないと思いますよ。「お金持ちのくせに〜」と返すのは、やめておいた方がいいと思います。相手は別荘持ちでも本気で貧乏と思っているので、失礼だと思います。「(お金がないのに)ご馳走して頂いてありがとうございます」で良いと思います。

    ユーザーID:0474496980

  • いろんなパターンがあるよ

    富裕層は絶対に「私は貧乏」「うちはお金がない」と言うことはないので、
    自称貧乏の人はやっぱり大金持ちでないということだけは確実です。

    でも貧乏レベルは様々で、
    本っ当にお金がない、むしろ借金まみれな人から、
    自分の家は余裕で建てられるし高級車にも乗れるけれど、クルーザーで船旅するほどのお金はない、というのを
    「(贅沢する)お金がない」と言うような人もいます。

    だから文脈や、その人の生活・身なり・趣味・お金の使い道で判断するしかないです。

    あと、どういう経済状況であれ「お金がない」という発言をわざわざする人は
    お金に執着する人だと個人的には思っています。
    トピ主さんのあげている例の登場人物は、もしかしたら
    執着しているからこそ他の人に奢られたくないとか、借りを作りたくないとか
    という思いで金をだしているケースなのかもしれませんね。

    ユーザーID:4090111255

  • 世代的なものとかプライドとか

    若い方と、叔母様やおそらくお母さまと年の近いご近所の方とでは、物事の考え方が違うと思います。そこも汲んで考えてもいいのでは?

    叔母様の件は、いくらお父様から預かってきたとはいえ、年少者にお金を出させるのは気が引けたのでは?レジで、若い子に支払わせているのを見られるのは、体裁が悪かったのかも。こういう時は、席にいる時に叔母様に預かってきた食事代を渡して「父から預かって来ましたので、ここからお願いします。私が父に叱られてしまいます」とでも言ったらよかったのかな。

    お香典も、その方の中の常識というか、人付き合いの中ではそうあるべき行為だったから、払わないということへのプレッシャーというか、違和感が大きかったのかも。「故人の遺志ですので。そのかわり、お返しの方もご用意できておりませんが」では、だめだったのかな。

    あなたは貧乏なんだから払わないようにさせてあげているのに、じゃなくて、あなたに払わせると私が困ります、という感じで対応すれば、引っ込めてもらえるかも。何かを断るとき、よく使う手じゃないですか?しつこい勧誘も「主人(ヨメさん)に相談しないと〜」=「いりません」でしょ?

    あとは、プライドと言いますか、貧乏だからこそ憐れまれたくないみたいな気持ちで出しちゃうこともあるのかな。たかっていると思われたくないとか、世間並みのことくらいはできるのよ、って。悪く言えば見栄かもしれないけど、それくらいの見栄は張らせてくれてもいいじゃない。

    >「またまたまた。お金持ちのくせにー」と相手に言うのが礼儀なのでしょうか?
    これはお金を持っていても貧乏でも、どちらにしても失礼だと思いますよ。

    ユーザーID:0994420386

  • みなさん、ありがとうございます。

    レス・ポチ、ありがとうございます。

    けるんさん(2019年3月17日 11:03)まで、拝読しました。
    存じあげない言葉や習慣を教えていただいてありがとうございます。
    とても勉強になります。
    いろんな考え方があるんだなあと、びっくりして元気になってきました。

    説明不足のところがあったと思いますので少し補足します。

    「ご香典の辞退」
    家族葬にするときに、できるだけこじんまりしたいと遺族(父と子2人)の希望があって、「供花、供物、香典」は辞退と決めたのです。
    そのとき、誰それさんからは受け取って、誰それさんからは受け取らなかったという事態にならないよう、固くお断りすることと遺族間で取り決めました。
    といっても、家族しか集まらないわけですから、いわば「主催側」の方々ばかり、そもそも誰ももてなされる立場ではありません。
    件の叔母(母の妹)も香典を出してきましたが「辞退すると取り決めてあって『お香典』の名目では受け取れません」ときっぱり断ったら『葬儀費用の負担』という名目を出してきました。それなら断る理由も無いので受け取りました。風呂敷に包んであったのですが、兄が持ち帰ったら風呂敷の底に母の親族側のお香典が忍ばせてあったのだそうで兄が困り果ててました。「断ってるのを知ってて渡してきたんだから返礼なんかしなくていいです。葬儀費用の負担に混ぜて計上してください」と(お香典は無かったことにする)案を私が出して承知してもらいました。

    母の遺骨を連れて帰って、納骨までの間、うちに祭壇がありました。
    お線香を上げに来てくださった方への返礼品は用意していましたが、こちらは受け取ったり受け取らなかったするほうが大問題なので、お香典を持って来られる方には「どなたからもいただいておりませんので」と断っていたんです。

    (続きます)

    ユーザーID:8801973775

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • みなさん、ありがとうございます。2

    3度どころか5度も6度も断って、どうしても受け取らないとなると、祭壇に放り出していく始末です。(ご近所の方が全員ってわけじゃないんですが)

    正直、(母が亡くなったことなんかどうでもよくて、自分の形を整えたいだけですよね)と思いました。言いませんが。

    それこそ、もらいっぱなしにするわけにはいきませんから、いただいたお香典と同額のお菓子を母からのメッセージを添えてお返ししておきました。

    「わたしは貧乏」
    それだけだったら、謙遜かなとか、社交辞令かなとか……。
    すみません。思いません。
    勉強になりました。
    真に受けないようにします。

    えっと。

    ただ、この方たちの場合「東雲ちゃんはお金持ち」と言って来るのです。
    私は10年前に夫に先立たれて遺族年金暮らしです。
    特に隠してもいないので、ご近所、親戚なら誰でも知ってることです。
    私より貧乏だったら、かなり困窮していると思います。

    「東雲ちゃんはお金持ち。わたしは貧乏」とくっつけてこられると返答に困ります。

    今度「わたしは貧乏」と言われたら「それはお困りですね」と返答しようかと思ってましたが。

    「またまたまたー」あたりでニコニコしてやり過ごしておくのが無難なような気がしてきました。

    ユニークなお答えをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ、ご教示ください。

    ユーザーID:8801973775

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 所持金とハブリの良さは同じではない

    わかります!

    私の友人も貯金0、借金50万ですが、なぜか羽振りがいいです。
    友人曰く、ケチが大嫌いだそうです。
    お金もないのによくおごります。そして人によくプレゼントします。
    要するに、人に何かをしてあげるのが好きな人なのです。
    お金があるとかないとか関係なく、他人に尽くすのが好きな性格。
    こういう人は、ありがたくいただくといいです。
    でも当たり前のように受け取ると一生恨まれるので、必ずオーバーリアクションで感謝の意を伝えてあげてください。その態度が欲しくてやっているのですから。

    ユーザーID:1039511721

  • 香典について

    私も家族葬で母を送りました。
    同じように香典辞退しましたが、葬儀の後数週間はご近所の方や母の知人が弔問に来られて、香典を置いて行かれました。

    こういうのは受け取らないわけにはいかないようなのです。
    なぜなら、あちらは数年〜数十年前に我が家からの香典を受け取っているから。
    ご近所同士は長い付き合いなので、おじいさん(おばあさん)の時にもらっているから持っていく、というのが連鎖して続いているのです。
    「要りません」は通用しないのです。

    友人知人も同じことです。
    本当に個人の気持ちで持ってきているなら断られれば引っ込めることもできますが、所属する団体(グループ)の中で香典〇千円ずつといったルールが決まっていると、香典が受け取られず宙に浮いてしまっては困るのです。

    お断りしても聞き入れてもらえない時は、こちらが折れて、
    「ではお気持ちとして受け取らせていただきます」
    とお礼を言ってその場で香典返し(会葬御礼)をお渡しするのが無難です。

    ユーザーID:7747844796

  • 葬礼に関しては

    これは貧乏とか何とかは全く関係ない次元の話で
    もはや「そういうもの」という概念が人それぞれなのだと思います
    風習とか信念とか、宗教にも密接につながっていることでもあり
    こればかりは譲れない、みたいな部分があるので
    その件を基準にお金の問題を考えない方が良いかと思いますよ。

    ユーザーID:8546492753

  • 立場上、出さなければならないことはあるでしょう

    貧乏とか金持ちとか関係なくです。

    叔母として姪であるあなたと食事して、いくら「父からのプレゼントですから」と言われても姪に出させる人は、ごく少ないと思います。お父様がその場にいて、払って下さるなら、兄妹でしたらご馳走になれる人は多いと思います。

    お母様への香典も、いくら「香典は辞退してます」と言われても、お互いにそんな付き合いになっていない場合は出されると思います。お母様が以前にその方関連の香典を出しておられれば、いくら辞退しますと言われても、お互いさまの付き合いですから、いただいたものは普通はお返ししたいと思うのです。

    それと辞退しても「気持ちだから」と言ってお出しになる場合は、なんらかのわけがある、例えばお母様が亡くなられたのに香典だけはしたい、とかのお気持ちがあるわけですから、そこはいただいておかれた方が良い場合も多いです。

    返礼品ですみそうならそれでもいいし、なにか半返し程度のお品なりギフト券なりでお返しになれば良いのです。

    いくら余裕がなくても、何もかも義理を欠いてまでお金を出したくない、人は少ないのではないでしょうか。付き合いってそういうものでは?

    相手にお金を使わせないように配慮するのは良いことですが、それも度が過ぎると嫌がられると思います。

    「うちはそんなに困ってるわけじゃないのに、ちょっとお金がないの、と言ったらほんとうにしてるみたい、大丈夫?と思っちゃう」とか言って、怒ってる人もいます。

    本当に貧乏な人は、そんなことを言われなくてもわかるものでは?

    「あなたお金持ちでい良いわね、うちは貧乏、お金がない」

    と言う会話自体が、かなり品が悪い人達だとは思います。

    ユーザーID:2346229613

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧