就活で会社に伝えておいた方がいいか

レス8
お気に入り10

ささく

働く

就活で会社に伝えておいた方がいいか、悩んでいる事があるので質問します。
私は現在就活真っ最中の大学生です。

私は幼少期にある不注意で右手人差し指の第一関節から上を切断してしまいました。
今でも第一関節から上はありません。
小さい頃のケガなので、今は痛みなどは一切なく、機能面でも問題なく、日常生活でも困ることはありません。
アルバイト等の面接の際も「特に困らないから言わなくてもいいか」と思っていたのでこの事について伝えてこず、普通に働いています。
日常生活では無意識に人差し指を隠すような動作が身についてしまったのですが、気づく人は気づきます。

そこで、アルバイトならともかく、就職活動の時、仕事に支障がなくても
この事を伝えておいた方がいいのか、という点に悩んでいます。
また伝えるとしたらどのあたりで伝えればいいのか、難しい質問ではあると思いますがご意見お聞かせください。
よろしくお願いします。

(ホテル業界を目指しており、人と接するお仕事でもあるのでその点も含め意見を聞きたいです)

ユーザーID:6712257136

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
  • エール・ポチを押しました

    とても難しい問題だと思います。
    どうするのが正解なのか分かりませんが、私ならば次のように対応します。

    内定を受けるまで、何回か面接を受けると思います。
    複数の応募者が同時に行う面接ではなく、自分一人に対し面接官が何人かという段階で話を切り出します。
    面接の最後に「何か質問したいことはありますか?」と訊かれるので、そのタイミングが話しやすいと思います。

    「私は幼少期に自分の不注意で、右手人差し指の第一関節から上を切断してしまいました。
    今でも第一関節から上はありません。
    小さい頃のケガなので、今は痛みなどは一切なく、機能面でも問題なく、日常生活でも困ることはありません。
    アルバイトの面接の際は何も言わず、普通に働いてきました。
    日常生活では無意識に人差し指を隠すような動作が身についてしまっているのですが、気づく人は気づきます。
    ホテル業界で働くのが夢だったので、ぜひ御社に入社したいと思っています。
    ただ、御社は格式の高いホテルなので、お客様と接する際に指のことが大丈夫なのかどうか気になります。
    このことを踏まえた上で採用して頂けたら本当に嬉しいです」
    といった感じで話してみます。

    トピ主様の前向きな姿勢をプラスに評価して採用してくれる会社もあれば、マイナスに受け取る会社もあるでしょう。
    でも、入社してから指のことで嫌な思いをするよりも、事前にお墨付きを貰っておく方が安心できるし、自信が持てるのではないかと思います。

    トピ主様が希望の会社に入れるよう心から応援しています。

    ユーザーID:4288391729

  • 言う必要も履歴書に書く必要も無いと思う

    聞かれたら「子供のころ怪我で」と正直に答えればいいかと。

    ユーザーID:8128168087

  • 私は言う必要ないと思いますけど

    ネットなので単刀直入に書きますけど、手の指の第一関節から上がないということは
    爪の部分がない、ということですよね?それって見ればわかることなのでは?
    日常生活にも仕事をするうえでも何の支障もないのですよね?

    「視力が悪いのでメガネを使用してます」っていうのと同じぐらい、
    「いや、見りゃわかるし」って感じだと思いますけどね。

    ただあなたが自分で気になる、伝えた方がいいのでは?と思のなら
    最終面接あたりで伝えればいいんじゃないですか?

    ユーザーID:3166042841

  • 人事との面接時に堂々とプレゼンしちゃいましょう。

    いろいろ不自由なこともあったでしょうが、トピを読む限り、履歴書の健
    康状態欄に「良好」と記載してよいレベルです。
    したがって、内定後の入社前健康診断(会社の指示で必ず実施されます)
    で「履歴書や大学発行の健康診断書の記載と異なる」、「業務に支障が出る
    可能性がある」と後出しで判断されるのを避ける意味で、人事担当同席の
    面接時に申告しておくことをお勧めします。

    右手人差し指は、事務作業はもちろん、物を持ったり人や車を誘導したり、
    さまざまなシーンで使われるので、
    「パソコンのキーボード、タブレット、スマホの使用に全く問題がない。」
    「ボールペンや筆ペンなどによる手書きに不自由が無い。」
    「スーツケースやリュックなどをキャリア無しで(手に持って)運べる。」
    「通院・加療の必要なし、あるいは年に2回の定期点検程度。」
    といったこと実演付きで堂々と話してください。

    これも立派なプレゼンテーションになりますよ。

    ユーザーID:7942430643

  • もう一つ考えておくことがあるかも

    右第二指の欠損なので、もしかしたら障害者採用の対象になるかもしれません。不勉強なので、実際はわかりません。可能性を書いているだけです。

    会社から障害者手帳を申請し、障害者枠で入社してほしいと言われたらどうするか、考えておいたほうがよいかもしれません。

    こういうこともあるので、言わないで後からぐじゃぐじゃ言われるより、先に障害者手帳の件含めてクリアにしておいたほうがよいと思います。

    ユーザーID:7672624957

  • 伝えたほうが良い。

    [右手人差し指の第一関節から上の欠損]であれば身体障害-上肢7級に相当すると思います。障害者手帳の手続きは 指定医師→診断書→申請者→市役所窓口→社会福祉協議会→市役所→申請者。就活には関係ないと思いますが、[手帳]はあったほうが良いでしよう。 就活では事前連絡が良いと思います。後から判明すれば 身体の虚偽申請と見なされ 採用取消を会社は合法的にする事ができます。むしろ、業務・可動に支障が無い事を履歴書・面接などでアピールしておくのがよいのでは。

    ユーザーID:3993875556

  • 学生課に相談にのってもらったら?

    私個人の意見では話したほうがいいと思います。会社もお客様もそれほど気にしないのではと思えるからです。(私だったら気になりません)もしトピ主さん自身が気になるのでしたら、例えば白い手袋を着用するなど、ホテルでの業務でしたら不自然じゃないと思いますし。

    ただ会社による場合もあると思いますので、学生課の就職担当に相談してみたらどうですか?私の時代にはいろいろ相談にのってもらっていたと思うのですが…。

    いろいろな情報が聞けるのではと思いますし。前もってトピ主さんことを学生課からお話いただける場合もあるかもしれません。

    それに今どき、指のことが原因で就職をお断りするようなまともな会社はないと思います。万が一、それが原因で落とすような会社の場合、隠して入社しても何かしらの問題が発生すると思われます。

    話して合格を勝ち取ったほうがトピ主さんにとっても将来性があるのではないでしょうか。

    ユーザーID:7070764836

  • 人前に出る仕事なら伝えておいた方が良い

    接客業だとマニキュアもダメだとか、指先まで細かに服装規定があります。
    つまり、そこまで見られるということです。
    言わない、という選択肢はないのでは。

    逆に、それをアピールポイントとして面接された方が良いのでは。

    ユーザーID:8838067311

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧