あんなに勉強した時間は無駄だった…

レス148
お気に入り444
トピ主のみ2

くいっくぁ

学ぶ

アラフォーの有職主婦(3人の子持ち)です。
子どもたちには、つい「宿題やったの?勉強しなさい!」と口うるさく言ってしまうのですが、子どもたちはどこ吹く風…。それにイライラしてしまいます。

でも、先日、実家を片付け、学生時代の教科書や問題集、ノート、塾の参考書に通信教育のテキストなどを整理していて、虚しくなってしまいました。

私は、小中学校と成績が良く優等生でした。
高校生のときに母親の勧めで医学部を目指し、塾にも通いましたが現役ではどこも合格できず、さらに1浪したものの合格できず、すべり止めの看護学校に入学しましたが、特殊な学校でなじめず、2ヵ月で中退。
私大文系学部に入り直して卒業、就職、結婚。転職をくり返しましたが、今やっと天職といえるやりたい仕事に就けて働きながら子育てをしています。

ただ、あの時勉強した内容は、今ほとんど忘れてしまっているか、覚えていても役に立っていないと思います。全国模試で英語で70台を出したこともありましたが、今、保育園の外国人の保護者ともまともに話せません(そもそも聞き取れない…)。
それでも職業柄、国語・英語の勉強は直接的に役に立っていますが、大好きだった生物でさえ、「勉強していたあの時間は無駄だったのではないか…?」と思えてしまいます。
(大学での勉強は経営学だったので、社会人になってけっこう役立ったなと思っています)

こんなことなら、毎日その時間で料理でもしていた方がよっぽど今の役に立っていました(もともと、料理は得意な方ではないうえに、母が台所が汚れるのを嫌い、あまり料理を手伝わせてくれませんでした…)。

これをふまえると、子どもたちにどんな指導をしたら良いのか悩みます。
皆さんは、学生時代の勉強が役に立っていると感じていますか?

ユーザーID:7268969561

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数148

レスする
  • 無駄な事は何もないと思うけど。

    そんなに否定的になることじゃないと思う。
    だってその時期があったからこそ、
    今のトピ主さんがいるんじゃないかな?
    勉強していたことは今の思考回路にプラスになってるよ。
    忘れているというか、引き出しの奥に隠れているだけで、
    きちんと潜在知識としては残っているものじゃない?

    私だって大学で英語教師も考えたくらい好きだったけど、
    今はドイツ語圏で生活するようになったこともあって、
    英語力はドイツ語の影に隠れてしまいました。笑
    英会話よりもドイツ語会話の方が楽です。
    結局、使ってないと何でも知識能力は弱まって当たり前。
    でもだからといって学んだことが無駄だったとは思わない。

    子供達にどんな指導かと迷われているようだけれど、
    勉強だけが人生全てではないと私は思うので、
    親が子供に伝えるべきことは他のことじゃないかな?
    料理でも何でも大切かもしれないけれど、
    そういうものはやる気になればいつでも自分でできるし。

    私自身は問題が起きた時に解決できる精神と対処力だと思います。
    どんなに辛くてもとにかく前向きになることを忘れないような、
    そんな真の強い精神力と対応力を身に付けてほしい、ただそれだけ。
    そうすれば困難に陥っても、人生に迷うことはないと思うから。
    結局は子供の人生は彼ら自身が探していくものじゃない?

    トピ主さんが求める意見とズレていたらごめんなさい。

    ユーザーID:7491236629

  • そりゃ、結果論で言えば、何でも無駄です。

    トピを読んで思ったのは、

    >私は、小中学校と成績が良く優等生でした。
    >高校生のときに母親の勧めで医学部を目指し、

    問題の根源は、このあたりじゃないですか?

    医学部に行きたいから、一生懸命勉強して成績をよくするんであって、成績がいいから医学部を目指すんじゃありませんよ。しかも「母親の進め」って。自分自身のモチベーションはなかったんですか?

    結果論から言えば、これまでの勉強のすべてが現在役立っているひとなんて、いるわけないじゃないですか。

    高校時点の進路選択の失敗を悔やんでも、人生空しいだけじゃあませんか?

    >今やっと天職といえるやりたい仕事に就けて

    心の底からそう思ってるなら、過去の「無駄」すら有意義に感じるのが普通じゃないですかね?だって、その無駄があったからこそたどり着いた結果でしょ?

    それとも本心は、やっぱり医者になりたかった、もっと素晴らしい別の人生があったはず、と後悔してるんじゃありませんか?

    ユーザーID:4592475646

  • 勉強は

    勉強はジャンル選択も重要ですが、半分は思考力向上、またはキープでしょ。

    運動で言えば、部活終わって大会でないなら不要ですかって話で。
    運動したこと無い大人の悲惨な状況たるやないですよ。
    代謝が落ちたら、若いときよりも動けと言われるんですから。
    楽しんで運動できてる大人の方が有利。

    思考も同じ、知恵熱にどれ程慣れてるか、経験しているかは大人になっても同じですよ。

    上や会社から下りてくる文書の理解、自分で仕事するなら契約や税金の類の理解、そこまで言わずとも周囲の人間とのやりとり。
    それら全てにストレスを強く感じてたら続けられない。
    イコール幅が決まってくる。

    やりたいこと、やるべき事が出来たときに学べるように準備するんです。

    ユーザーID:7125827403

  • 役に立たない事も大事

    役に立つ、立たないとは、どういう意味ででしょうか?
    仕事に役立つか、そうでないかと言う事ですか? 実務的かどうかと言う事?
    でも、子どもの時にしたいと思った職業につける人の方が少ないのでは?
    私は、国語、歴史が好きでしたが、特に仕事に役立ってはいません。
    まあ、国語の読み書きは、どの仕事にでも役に立つのかも。
    古文は全く役に立ってないですが、毎年正月になると百人一首を思い出ししみじみしますし、神社仏閣に行って由来を聞くのも楽しい。
    海外旅行に行けば、現地の歴史に直に触れられてワクワクするし。
    好きなものが多いと生活が豊かになるかも。
    私も30代で転職の為、勉強しましたが、今殆ど忘れています 笑。
    でも、勉強楽しかったー。勉強出来る幸せを感じました。
    私も学生時代の勉強殆ど役立ってません。
    でも、教養をつける為、私って人間は何なんだ、どう言う奴なんだ、って考えるのには役立った気がします。
    あの、無駄な時間が私には必要だった。
    一見無駄に見えても役に立たない事に見えても、大切な事ってあると思います。
    それに、何であれ、一所懸命やった、と言う経験自体が、何物にも代えがたいかと。
    お子さんには、興味ある事は出来るだけやらせてあげてみては。
    また、興味ない事や嫌な事でも、提出日を守る、自分で選択する、責任をとる、などの社会的ルールを守る練習になるのでは、と思います。

    ユーザーID:5682090946

  • 継続は力なり!

    やってきたことを、活かすも殺すも自分次第だと思います。
    諦めずに、粘り強く努力できたことって、他でいかせていませんか?

    お悩みの、勉強してきた時間が無駄かどうかについては
    少し辛口に言うと、結果が出せないやり方を
    変えずに、工夫できなかった点は、省みるべきかと。

    同じ勉強という言葉で片付けると、混乱しますが
    受験は、目標の進路に、どうやって効率よくパスするかを学ぶ機会で
    勉強は、自分の関心ごと学ぶ中で、
    掘り下げたり、広げたり、教養や考え方を広げることのように感じます。

    ただの暗記、言われたことしかできない…
    そういうつまらない人、工夫できない人は
    これからの時代生き抜くのが難しそう。

    根性だけでは、コンピュータやロボットに負けてしまうから
    問題を見つけたり、気づける頭の柔らかさと
    それを解決するための方法を見つけるのに
    勉強は幾つになっても必要だと思います。

    ユーザーID:8439194335

  • 雑談

    戦中の生まれで子供の頃から、勉強の機会に恵まれませんでした。
    子供は、農家の働き手として期待されました。学校に居る時間だけが勉強の時間でした。

    そんな中でも中程の成績でした。それで満足していました。
    不器用で真面目な子供時代だったと思います。中学に入ると急に学ぶ内容が難しくなりました。

    相談する人もなく、自ら学習の範囲を五科目に絞りました。他の教科は力を入れないことにしたのです。それで随分と楽になりました。

    高校に入って自分の得意科目ができました。と言うか、自分の特性に気が付きました。それからは、得意分野に熱中しました。
    幸い、本を読む事が好きだったので、大概の事は理解できました。

    リタイアしてから、過去の疑問について考えることがあります。学校の教育は、「読み書き算盤」ができれば、その他は付録なのではないでしょうか。

    学校は「知識」を与えるだけで、物事を「考える」機会を与えていないのではないでしょうか。知識や情報を得たら、賢いと誤解している人が多いのではないかと思います。

    沢山の人を一応のレベルに引き上げる施策としては、贅沢を言っている暇はないのかも知れません。
    我々は、学校が全てだと考えてしまう先入観?を持って仕舞っているのではないでしょうか。

    最近、英語について学んでいます。英語が話せると言うことではなく、国語である日本語がありながら、我々は何故英語に夢中になるのかです。

    我々の先人は、過去の先進国から沢山の知識や情報を得て日本語化して来ました。そのお蔭で我々は、幸せな暮らしを送ることが出来ます。

    ユーザーID:0634424174

  • 勉強ってさ・・

    そりゃ卒業後数十年以上経っていれば色々な公式なんて忘れますよ。
    でもペーパー上のことだけが重要なのではなくコツコツと目標に向かって努力したこと、そのために様々な我慢したこと、時間のやりくりの工夫し段取りしたこと、これらが全て今の生活に役立っていませんか?
    分からないことは間髪を置かず即確認すること、勉強を頑張ってきたからこその習慣だと思います。
    机上だけではなく勉強に打ち込んで得た克己心などもきっとトピ主さんの大きな財産だと思います。

    ユーザーID:2609689447

  • 分かります、その気持ち

    同じことを私も考えることがあります。

    私は博士課程まで頑張り博士号をとったものの就職で挫折。ポスドクの口は何とかなりそうだったのですが数年ごとの契約のため不安定な生活になるのが家庭の事情もあって難しく、一般企業の道を選びました。現在は専門職ではありますが、勉強した分野とはかけ離れています。

    あーんなに勉強したのになぁ、と専門書の山を見て感じます。
    生きる上の教養や指針として学んだことは役に立っているとは思うし、すべてが無駄だったとは思いませんが、やっぱり「あそこまでしなくてもよかったのに」という思いが残ります。
    その分の時間とお金でもっと他のことをやってもよかったのでは、と。

    自分のやってきたことの全部が全部、将来に結び付くわけではないのですよね。そういう方もおいででしょうが。スティーブジョブスの「点と線」の話みたいに結びついていくのが理想ですが、現実はなかなかそうはいきません。

    そう考えると、お子さんにただやみくもに勉強しろというのも違うのかな、とは思います。
    むしろ「やり遂げる」とか「逃げない」というようなことを中心にしつけをするのがいいのかな、と。

    他の方がどんなレスを書かれるのか、楽しみです。

    ユーザーID:6127814745

  • 内容よりも

    勉強の具体的な内容は、役に立ってないです。

    でも、分析力、読解力、記憶力、決断力、洞察力などなどには、影響しているはずです。
    勉強する事によって、脳が刺激されますから。それこそ、ある程度まんべんなく脳の発達を促してやろうと、文部省が教科分野を分けて設定しているのかと、勝手に思ってました。

    中には、学歴が無くても、生活の知恵が溢れる地頭の良い人もいます。あるいは、特殊な分野にだけ突出して才能がある人もいます。
    が、普通の凡人は、勉強して頭を鍛えないと、知恵が回らない馬鹿になります。
    (今が馬鹿なら、もっと馬鹿になっていた事でしょう。でも、天才ならもっと天才になります。)

    また、外国語を1つマスターすると、第2外国語のマスターまでは時間が短くて済むそうです。
    習得するノウハウが既に分かっているからなんだそうです。
    それならば、勉強を効率良く集中して出来る訓練をしたのなら、仕事に対しても、その態度で臨める確率が高いのではないでしょうか?

    そういう意味で、「勉強内容が必要」なのではなく、「勉強することが大事」なのだと思います。

    ユーザーID:6343531220

  • 役に立たなくてもいい

    役に立たない知識をたくさん持っていると人生は面白くなります。
    実生活の役に立つことしか知らない人生なんて、私は嫌です。

    ユーザーID:1211752442

  • 保険

    ただの結果論ですね。
    今は微塵も使わない知識も、歩む道が違っていれば必要になることもあったでしょう。

    必要になってから知識を積み始めたのでは遅いのです。
    何が起きるか分からない。何の道を進むか分からない。
    無数の選択肢が残されている学生だからこそ、
    無駄を承知で幅広い知識を身に付けておく必要があるのだと思います。

    ユーザーID:7360842778

  • 全部役立ってるはず

    勉強に費やした時間そのものがもったいなかったと言う事なのでしょうが、あの時にあれだけ時間を費やした上で出来上がったのが今のトピ主さんですね。
    興味持てない内容でも課題をこなす姿勢や集中力など、無駄と思える勉強をやった人とやらない人では身についたものが違うと思います。

    必要なことだけやっていたら視野が狭くなったかもしれません。
    優等生で子供時代を過ごし医学部目指して看護学校を体験、私大に入り直して経営学、、、いろんな事をしてきたからこそそれだけ幅の広い見方ができるようになったとも言えます。
    最初から将来自分が何をしたいかなんて誰もがわかることではありません。
    お子さんには自分が辿った道をそのまま伝えるてみては?回り道する人もいるのだということから子供なりに考えをまとめる材料になるはずですから。

    美大を卒業後ダンサーを目指していたが突然大学に入り直し弁護士になった人や音大卒業した後に医学部に行き直した人もいれば、出産直前までバリキャリで産後3ヶ月で職場復帰すると豪語していた人が出産したらコロッと意見変えてそのまま専業主婦になったとか、大卒後ずっと専業主婦だった人が上の子が中学生になったのを機に看護学校入学して看護師になったとか、そういう話が私の周囲にはゴロゴロありますよ。勉強時間が無駄になったかどうかの話からはトピズレかもですが、最初に選んだ勉強をこなしたという気持ちの上での下地があってこそ次のやりたい事への挑戦に繋がったのだと思います。

    ユーザーID:3420099970

  • 天職とは

    これとこれとを学んだ、経験した、だから出会えて当然というアルゴリズムに基づいて出会えるものでないとこの歳にしてつくづく思うのです.

    あなたさまの一見、無関係、無駄と思える努力を背景として生きたときあなたさまにとっては偶然のように出会うものだと思いますよ.

    もし最初から天職と仰る仕事を目指して勉強してそれと出会えたかと問うと果してそうだったか? と思うのです.

    天職と出会うのに、あなたさまの勉強は無駄だったかもしれませんが必要だったと思うのです.些か矛盾した表現しかできないのですが...

    ユーザーID:7336922009

  • 無駄はないです。

    紆余曲折が人生です。
    あなたも頑張ったし、やるだけのことはやった。
    色んな後悔もあるでしょう。

    そういう経験があるから、今のあなたがあるのではないでしょうか?
    あなたの経験を辿らないと、今と言う時はありません。
    旦那さんにも、めぐり合えていません。

    私は逆に勉強などしない人生を歩んできました。
    まさに、何も考えずにです。

    たどり着いた先は、子持ちパートで今は楽しくやらせてもらってます。

    だがしかし、やはり勉強をしなかったことを悔いています。
    子供にもそれは伝えますが、中学生の息子にはなんのこちゃです。

    勉強はした方がいいと言いますが、私には教えるスキルがありません。
    息子の成績が下がっても、どうすることもできません。

    息子が勉強する傍らで、こんなんわかんねーよ。これ、どうなってんの?
    と言うだけが、関の山です。息子の方が、おいおい。お前大丈夫か?ですよ。

    私が、あなたならと思います。

    出来ることがあるはずです。
    勉強に無駄はないです。
    やりなさい!だけじゃなくて、寄り添って教えてあげたらいいんじゃないか?

    勉強はやはり大事です。
    お金と一緒で、勉強で得た知識は持っておいた方がいいものです。

    私は勉強しなかった組ですけど、
    あなたが羨ましいです。私よりもたくさん伝えて、出来ることがあるから。

    ユーザーID:7001907696

  • 親がまず勉強しないとね

    「勉強しなさい!」と口うるさく言っても子供は勉強しません。

    子供が進んで勉強するようになるのは、親が勉強している姿を見るからです。 なので、トピ主さんがまず子供のテキストを手に取って勉強を始めて下さい。

    そうすれば、学生の時医学部目指して頑張ったことが無駄ではなかったことに気が付くはずです。

    別に、子供の教科でなくても良いんです。 何か資格を取る為に、あるいは語学にチャレンジするとか、そういう親の姿を見せましょう。

    ユーザーID:5152941132

  • 国文科卒です

    他の科を希望でしたが入れず、国語の成績は良かったので、たった一校だけ受けた国文科に受かりました。
    その後、国語教師になったので、意味はありますが。

    職業にしていない今、読書好き理系の人からの視線を時々感じます。
    「国文なんて、自分で読めばいいんでし、独学できる典型的な分野。教師でもしていない限り意味あるの?」と。
    漢字の書き間違いなどすると、視線が厳しい気がします。「国語の先生してたのにね」と。

    でもですね、「何を大学で学んだか?」と聞かれたら、

    「孫引きは厳禁。必ずオリジナルを確認する」です。

    国会図書館まで行って、本を借りたのはいい思い出です。
    学習した細かな内容がどうこうではありません。
    物事には他人の解釈が常に加えられて伝わるものだと学びました。

    知識として、生物もどこでどう役に立つかわかりませんよ。
    趣味として勉強し直しても楽しいかも知れません。
    すっかり忘れた世界史も、断片的に覚えている変なエピソードなど披露して
    「世界史に詳しいママ」と嬉しい誤解をされています。
    いろいろなことを知っているのは楽しいですよ。

    ユーザーID:1059880415

  • もし教育を受けてなかったら、

    学ぶ事の意味や意義すら考える術を持たなかったと思います。
    私は学生時代に戻れるならもっと必死に勉強しますね。想像して下さい。誰〜も勉強しなければ、日本に1人も医者はいませんよ。
    何にしても、不合格になる人や学校で習う事が人生に関係無かった人も含めて皆に勉強して貰い、競って貰わなければ、存在しえない物事だらけです。
    食事づくり?今の様に私達が毎日自由に食材が買える様になったのは、先人達が脈々と築き上げた全てがあるからでしょう?
    目先の事に捕らわれず、キチンと皆が学ぶ事の大切さを子どもに伝えて下さい。

    ユーザーID:0576128216

  • 役立ってますよ

    混ぜてはいけない洗剤の種類と理由を知っているし、
    スプレー缶を換気しながらガス抜きしないといけない理由も知っているし、
    お湯の沸点だってわかる。
    また、日常生活で素数やベクトルあたりは使います。
    サインコサインも使います。
    止血の仕方もわかるし、ある程度虫の生態もわかるから忌避剤なんかも作れる。
    虫が居着きにくい環境つくりもできる。
    漢字も結構読み書きできるし、故事成語や諺もそこそこ理解できるし
    日常生活で使います。
    役に立っていないようで、役に立っているものですよ。
    勉強していない子は一酸化炭素中毒も川端康成も知らないです。
    混ぜたら危険な薬品があることもしりません。
    どの汚れになに系が効くのかもわからない。
    びっくりするかもしれませんが、お皿を洗うときにお湯の方が早く乾くということも理解できません。
    トピ主さんはある程度勉強してきたから、知っていることが当然で、
    その知識がなかった場合の暮らしが想像できないだけです。
    勉強してこなかった子は凄いですよ。
    生理が来なくてもどうすればいい?妊娠検査薬っていうのがあるんですか?陽性出たんですが
    この後はどうすればいいんですか?いつ頃産まれるんですか?とこんな調子ですし。
    内科に行こうとしましたしね。
    産婦人科の産の意味を知らなかったからです。お産という表現を知らない。
    問診票の初潮の年齢を、はつしおってなに?と聞くくらいです。
    学ぶって大切ですよ。
    学んだから、日常のあれこれをなんの疑問もなく漠然とでも理解できるんです。
    その土台をつくったのは紛れもなく学生時代です。
    私は事務系ですが、関数や定理はある程度出てきます。
    元素記号も出てくるので知らないと話になりませんね。
    サプリの元素記号が読めるのも、それが大体なんの働きをするのか把握できるのも理科のおかげでしょう。
    電子レンジにアルミホイルも入れてしまうことでしょう。

    ユーザーID:0769282253

  • 無駄ではない

    将来何をしたいのか明確に決まっているのであれば、役にたたないものもあるでしょう。
    例えば私も生物は役に立たない勉強になります。

    でも将来何をするか分からないからこそ、色んな分野を勉強するのだと思います。
    生物学者になろうと子供の時に思っていても上手くいかず、全く別の職業に就くかもしれませんし。

    可能性を広げるための勉強だと思います。

    ユーザーID:4197386451

  • 役立つこともある

    はじめまして。
    学生時代の勉強が社会人生活で活きてるか活きてないかと問われると、私は半々です。
    国際関係学部を卒業しましたが、国際的分野の部門には進んでないから、学習分野は直結して活きてはないです。
    留学生と親しくなる機会が多かったから、外国の方と親しくなるのも早いかな。
    あと、障害者の方と交流する機会のある小中学校だったから、バリアフリーとか障害者の方に沿った行動とか身につけてもらいました。

    でも、お世話になった先生方のお蔭で、学習期間に備えてもらった技量は活きてます。
    班長・リーダー経験→統括力
    ノート整理・作成→資料整理・作成
    ディベート、発表→プレゼン発表
    メモ 力→電話メモ みたいな具合です。
    提出期限なども厳しい人ばかりだったので、「明日までね〜。」などの無茶振りにも耐えうるタフさも備えていただきました。
    「社会は甘くない!」と言う先生が多かったし。先生方、ありがとうございます。

    学校で学ぶ事は何が活きるか分かりません。
    しかし、活かすも活かさぬも自分次第だなと思います。

    知識的なものは、家族でクイズ番組を見てる時に盛り上がるとか話題的な要素で活きてます。

    昨今の子たちは、英語や情報処理、プログラミングなどたくさん学ぶものがあるから余計に何が活きるかブレるかも知れないけど、好きこそものの上手なれではないですが、好きな科目、関心ある科目から幅広く果敢に研鑽してもらえたら良いなぁと思います。

    ユーザーID:4661470595

  • 和菓子の教えです

    もとい、わが師の教えです。高校時代の先生です

    発展途上国の子供たちが学校に行きたがるのはなぜか
    もちろん将来、食うに困らない生活をできるための力をつけるためでもある
    でももっと根源的に、勉強することが楽しいから行きたがるんだ

    長い年月の間に人類が手に入れたものに文明と文化がある
    文明は人の生活を豊かにする有益な技術の事だ
    ならば学校で習う勉強は文明だけでいいはずだ

    でも想像してほしい
    白一面に塗られた部屋でニュースしか流れないテレビを見て
    同じ服、同じ髪型で栄養補助食品だけを食べる人の姿を
    はたしてこれが幸せな姿だろうか

    文明だけで埋められない穴を埋めるのが文化だ
    音楽は空腹を満たしてはくれないが心を豊かにしてくれる
    実がなる果樹も必要だが観賞用の花があってもいいじゃないか
    無駄なものにこそ人間の人間らしさがあると思う

    「知は力なり」は真実だが「知るは楽しみなり」もまた真実




    昔学んだことを今の生活の中で使うことがなければ
    確かに無駄な勉強をしていたかもしれません
    でもそうした経験の中で今のあなたが形作られたのも事実
    そんなあなただから今の幸せを手に入れられたのも事実
    人生の経験に無駄なものなんてないですよ

    ユーザーID:2330910155

  • 実用的な事は、少ないですよね。

    いまの生活で役に立っているのは、趣味でやった事や仕事で必要になった時に調べたりした事でしょうか。

    暗記ばかりに頼っていたので、私は小中の勉強自体は役には立っていないと思います。
    国語まで、そんな調子でしたから、ひどいものです。

    高校、大学になると自分で調べる、考えることをしないと、身に付かないですよね。

    勉強の手段。調べる、考えるが役に立つ事になっているかと思います。

    トピ主さんも、こういう意味では、わかる部分があるのではないでしょうか。

    私は子供がいないので、他人事かもしれませんが、留年せず、得意や好きな科目、考える力があれば良いのかなと思います。

    ユーザーID:1667904832

  • やったことはいつか生きる

    と信じています。

    主さんが無駄だったと思うのは、もしかしたら劣等感からではありませんか?
    得た知識や経験は、無駄ではないです。
    子育てにおいても、生活においても、必ず役に立つ日がきます。
    お子さんに教えることもできますよ。
    きっとお子さんは「おかあさん、すごい!」と思うんじゃないかな?

    料理を覚えたいのであれば、今から興味を持ってやればいいだけのことだと思います。
    英語も文章では理解できるのだからすごいですよ。
    会話は習いに行けばいいのでは?

    私自身は、仕事で(仕方なく)得た知識や経験が思わぬところで役立ちました。

    子どもたちにも「勉強したことや経験したことは必ずどこかで役に立つ」と申しております。

    ユーザーID:8348327353

  • 三十代既婚男性です

    中高生が勉強したくないがために言う

    「ビブンセキブンなんて何の役にも立たないじゃーん」

    みたいな話をその年齢になったあなたが今?

    「あなたは将来平凡な主婦になります。ですので、そこに至るまでに
    若干役に立った語学系の勉強はともかく、生物とかは今楽しくても
    将来全く使わなくなる知識でムダなので料理や家事をやりなさい」

    これは結果論として今だから言えることですよ。
    あらゆる勉強は自分のその後の可能性を広げるために満遍なくやるもの
    だと私は思っています。

    学生の頃から今の自分の姿を予想出来ていて、それでしなかったのでは
    ないでしょう?
    ifの話をしても仕方のないことだと私は思います。

    ユーザーID:5402158062

  • ほとんど全部役に立っているよ

    >あんなに勉強した時間は無駄だった…

    あんなにというほど勉強したことはありませんが、ほとんど役に立ってますね。

    工業高校でコンピューターのごく初期の勉強したことがPCへの入門で役に立ちましたよ。
    数学や英語は仕事の上で欠かせなかったし、文系は社会生活するうえで役に立ってます。


    学校で勉強はしてないけど、独学で経済を学び、資産運用には役立ちました。

    私は男性ですが、料理もかなりできますよ。


    >皆さんは、学生時代の勉強が役に立っていると感じていますか?

    役に立ってないものを探す方が難しいですよ(笑)

    ユーザーID:9815483773

  • 勉強した結果が今の私です。

    奨学金やアルバイトで修了しました。貧しさから逃れるために、学位取得目指して、大変な努力をしたものです。

    28歳から60歳まで某研究所で働きました。退職して10年、現在の自適な生活があるのは学生時代の努力の賜物だと思っています。学生時代の勉強は役に立ったというより、学んだ知識を生かす職種に就きました。専門知識の大半は忘却の彼方に消えました。

    三人の息子たちは私の背中を見て育ちましたので、専門知識と学位の重要さを理解したはずです。彼らも大学(院)で得た知識を生かした職種に就いています。勉強した中身は生涯役に立つ、と思っています。決して、無駄ではありません。

    ユーザーID:3150447798

  • 役に立つことだけを効率よく学びたい?

    学生時代の勉強が役に立っているかという質問の答
    100%ではないが役に立っている
    今、直接役に立っていないものもたくさんある
    トピ主さんとほぼ同じですね

    トピ主さん、子育てにお疲れで迷いがでていますか

    大好きだった生物を「学ぶ機会を与えられた幸せ」を思い出してほしいです

    そして母の勧めがあったとはいえ、「自分の意志」で医学部を受験したこと
    (母の強要ではないですよね)
    その後、遠回りしたけど天職といえるやりたい仕事に出会えたこと
    すばらしい経験をしていると思います

    これらの経験を「糧にする」「無駄だと思う」か、選べます

    「役に立つことだけを効率よく学びたい、学ばせたい」
    感情的には理解できるけど、正しいとは思いません

    ユーザーID:7297038737

  • お疲れ様です。

    学生時代の勉強は役に立っていますよ。

    主さんのお子さんはまだ小学生でしょうか。
    小学校五年生以降の算数は最初の躓きポイントだと思います。
    それまでの算数、つまりは基本が理解できていないと小数点や分数がとても苦手になります。
    わからないままにしていればそのまま不得意教科になり、中学校高校とそのまま進むことになります。

    その積み重ねの上に大学進学がありますよね?
    主さんだって最終的には経済学を学んだとのことですから、浪人だって無駄であったはずがありません。

    それとも主さんは天才で、積み重ねなんか必要なく大学を卒業したとでも思っているのでしょうか?

    また、勉強だけでなく、人生は経験の積み重ねでもあります。
    私は人生に無駄はないと思っています。
    足踏み状態があったとしてもそれは必要な足踏みです。

    >子どもたちにどんな指導をしたら良いのか

    少なくとも主さんのお母様のように、子供の進路を決めないことだと思います。
    もっと言うと、今の時点でも、宿題をやるかどうかは子供自身が決めれば良いのです。

    そんなことをしたら宿題をやらなくなるって思いますか?
    でも今だって主さんがガミガミ言っても聞いていないんですよね?

    私も母親なので(子供は今大学生です)、主さんの気持ちは理解します。
    でも、母親として子供を導いてやるなら、やはり自分の経験からしか導いてはあげられません。

    主さんは優等生だと自分で言えちゃうから、お子さんの気持ちがわからないのかもしれませんね。
    それとも主さんが優等生だったのは、医学部にと言ったお母様がやはり厳しく主さんを指導して、無理矢理の優等生だったのでしょうか。

    その辺りをよく思い出して、そこからお子さんたちを導いていけばよろしいかと思います。

    「指導」って言葉がいかにも押し付けに感じますよ〜

    ユーザーID:5274295419

  • 結果が出なくても

    一生懸命勉強する事、それ自体が人生には大切ではないですか?

    若いうちしかできないんですよ、あれほど勉強に時間を掛けられるのって。

    殆どの大人が、子供の頃に習った勉強が「あんなの、役立ってないよね・・・」と思う事ありますよ。

    ご自分が頑張った頃の事、お子さんに伝えてあげて下さいね。

    ユーザーID:7928746591

  • 勉強経験を生かすも殺すもあなた次第

    私は昔の学生時代の勉強経験は無駄になったとは思っていませんよ。
    たとえ今の仕事と直接の結びつきが無くても。
    あの頃学んだ事は、確実に自分の引き出しの多さになっていると思うし、それはいわゆる「教養」として、大人になって色んな場面で役に立っています。

    英語の模試で70台を出したからなんて、それだけでは単なる過去の栄光ですよ?
    それだけで英会話が出来る訳ないじゃないですか。
    私も高校時代の英語は常に偏差値70台でしたが、その後もずっとラジオ講座等を使って独学で英語の勉強を続け、大学は英語となんの関係もない学部でしたが、今は日常英会話程度なら普通に出来ます。

    ちょうど料理の話が出ていますが、高校までの勉強なんてただの「素材」。
    後にその素材を使ってどう調理して自分の血肉にするかはあなた次第です。

    ユーザーID:4954120515

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧