9ヶ月検診の医師の診断について

レス5
(トピ主0
お気に入り17

妊娠・出産・育児

さりな

本日、子どもの9ヶ月検診に行ってきました。
男の子、第一子となります。
9ヶ月ですが、ハイハイはまだ出来なくて、ずり這い→方向転換、後ろ方向に進む
つかまり立ちは出来ません。
そのことを医師に伝えたところ、驚かれ、脇に手を入れて支えた状態で踵が地面につくか。を調べてくださいました。
すると、「この子は一般の子より1ヶ月、成長が遅い。8ヶ月最初の頃の成長過程だ」と言われてしまいました。
また、犬アレルギーかもしれないことを伝え、実家に帰ると、肌が荒れることを伝えると
「じゃぁ、実家に帰らなければいい」と笑いながら言われてしまいました。
そして、身長、体重のグラフを見て、
「この子は背が高い割に体重が軽い」と言われ、「もっとミルク飲ませないといけない」と言われてしまいました。
身長は、グラフの1番上で、体重は、真ん中あたりです。
離乳食を3回しているのですが、ご飯の後はミルクを欲しがらず、一切飲まないこともあります。
ミルク220は寝る前に一度。
離乳食の後は、100飲んだらいい方です。
離乳食は、幼児さん並みにパクパク、たくさんの量を食べます。
私自身は、ご飯をたくさん食べてくれるからミルクの量はそんなに気にしていなかったのですが、ご飯の量を減らして、ミルクの量を増やした方が良いのでしょうか。
まだまだこの月齢だと、ミルクの栄養も必要だと言われてしまいました。

なんだか、マイナスなことばかり言われてしまい、こんなに楽しかった育児が一気に悩みに変わってしまいました。
1ヶ月後もう一度診せに来てくださいと言われたのですが、もう行きたくありません。他の病院に行って診てもらってもよろしいのでしょうか。

ユーザーID:7245275934

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • びっくりです。

    医師にも実家にもびっくりです。

    一ヶ月遅いって許容範囲でしょう。
    私の娘は3ヶ月遅いですが大丈夫ですと言われました。
    今は4ヶ月遅れで漸く要観察扱いです。

    9ヶ月うちもズリバイの後退しか出来ませんでした。
    1歳になる少し前に一人でお座り出来、ハイハイが出来ました。
    1歳3ヶ月で掴まり立ち。
    人よりかなり遅いです。

    ミルクですが普通は減らしていくものですよ。
    離乳食3回食べてるなら増やす必要ないのでは?
    カウプで引っ掛かってないのなら現状でいいと思いますよ。

    うちは離乳食もかなり遅れて進んでるので1歳4ヶ月ですが2回しか食べてくれません。
    本当は完了していないとダメなのに…。
    まだ断然ミルク大好きで困ってます。
    (朝と寝る前に200ずつ飲ましてます)
    私からしたら羨ましい悩みですが。
    (2回ですが栄養面、成長も順調、カウプ値も平均でした)

    親の言うことは昔の知識なのであまり気にしない方がいいですよ。
    保健師さんとかに相談されてみてはどうでしょうか?

    栄養面が順調なら大丈夫だと思いますがね。

    ユーザーID:7073825096

  • いいよー

    別に他にかかっていいよ。

    ただ、予防接種のスケジュールは再確認することになるだろうけど。

    なんか、お年寄りの先生かな?という感じがしますね。

    ユーザーID:0291337630

  • 保健師や栄養士のいる、自治体の検診に行った方が良いです。

    文面から、自治体ではなく病院で行う検診に行かれたのかなと思いました。

    これまでの経験上、1ヶ月くらいの発達の遅れは誤差範囲ですし
    他に何かなければ問題なさそうですし
    成長曲線やカウプ指数もよほど外れていなければ個性の範囲です。
    むしろ、離乳食がよく進んでいて良いと思いますよ。
    普通は離乳食が進まなくて、体格の伸びが遅くなり困るケースが多いので。
    そもそも離乳食は、ミルクでは栄養が足りなくなる時期になってきたので
    ミルク以外のものから栄養やエネルギー(カロリー)を取るためのものです。
    離乳食がうまくいっていない場合はミルクを足すよう指導しますが
    離乳食が順調なのでミルクを飲まないのに、ミルク足せって(呆)
    しかも、アレルギーが皮膚から感作されるのが今では当たり前なので
    私だったら、実家に行く際は、ワセリン等で皮膚を守るようにするのに加えて
    実家の掃除やワンちゃんの飼い方など環境整備についても指導しますよ。
    それも知らないとなると、乳児検診に関わるスタッフとして不勉強すぎます。

    自治体の保健センター等で行われている検診では、保健師、栄養士もいますので
    医師がいい加減なことを言っても、より専門性の高いこれら資格者がフォローします。
    トピ主さんの場合は、病院ではなく
    自治体のセンターで行う検診の方が合う可能性が高いです。

    ユーザーID:9939662518

  • いますよねぇ…

    もしかして年配の方でした?

    私の周りにも健診で落ち込んでた人が居たのですが、早産(一か月ほど)だったので3か月の健診の際は「この子は修正月例で考えるからひと月くらいは誤差の範囲です」と言われたのに、9か月では「一か月も遅れてる!発達相談をしなければ!」と強い口調で言われたそうです。
    ちなみに体格は一か月プラスくらいの大きさでした。
    そんな子は今度入学ですが、身長体重共にクラスで一番、豪快に走り回る上に絵本が大好き(教えてないのに字も書ける)やんちゃな男の子です。
    ついでに特技は折り紙や立体工作(結構上手い)が絵は苦手だったりします。

    一つ気になる点をあげるとすれば、胃腸に負担はかかってないかな?ということくらいです。
    まだ発達途中なので、食材が問題なくても量は食べ過ぎないほうが良いとと私の時は言われました。
    小児科は結構長く付き合うので信頼できる病院を見つけるという意味合いでも、今から他の病院を探すのも悪くないと思いますよ。

    ユーザーID:5508183693

  • 育児の正解はひとつじゃない

    私も子どもを産むまでは医者は絶対だと思っていましたが・・・
    実際はひどいもんでした。
    杓子定規に見ているだけ、というかろくろく子どもを見ないで喋る医師もいます。
    自衛のために小児医療を勉強して詳しくなってしまいました。

    家事と同じように育児にもいろんなやり方、考え方があるのです。
    自分の気持ちが落ち着ける育児の指針があるといいですね。
    私の場合は本でした。
    松田道雄先生「育児の百科」
    佐々木正美先生「子どもへのまなざし」
    幼児になり、幼稚園になり、小学生になりとどんどん他の素晴らしい本にも出会ってきましたが
    主さんに今おすすめなのはその二冊です。

    育児に対しての背骨ができるので、どんな考えにも惑わされないようになりました。

    ユーザーID:4621258261

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧