現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

一人暮らしの皆様、家計簿つけていますか?

青緑
2019年3月21日 11:53

50代女性、会社員、独身独居です

大学進学を機に家を出て以来、ほぼ一人暮らしです。その間家、休み休みですが家計簿は何となくつけていました。しかし、ここ3か月くらい全くつけなくなりました。
おかげで、これまでの習慣でもらい続けているレシートがどんどん溜まっていきます。

ある日、今更ながらですが、思ってしまったのです。
私、何のために家計簿をつけているんだろうかと。

配偶者のお金を預かって家計を回す妻や夫は、相手とその情報を共有するために家計簿は必要です。
まだ給料が少なくて、生活がカツカツだったころは、家計簿とにらめっこして、その月に使えるお金を確認したりもしていました。
が、少なくとも日々の生活に困らない程度の給料をもらうようになった今日この頃、一人で稼いで一人で使っている私のような人間は、実は口座にお金が残っていれば、特にいちいち記録しなくてもよいのではないのではと思うようになりました。

最近はキャッシュレスが続き、支払いはほとんどカードか電子マネーになってしまいました。現金は月に5万おろしても残ります。
貯金は一定額給料から自動引き落としにしているので、少額ではありますが、コンスタントに溜まっていきます。
何か月かに一度、オンラインで口座の残高を確認して、自分の貯金額の合計などはざっくりとは把握しています。
正直、家計簿をつけなくてよい理由を確定させて、溜まっているレシートを一気に捨ててすっきりしたい。

という事で、一人暮らしの皆様、家計簿つけていますか?
つけているとしたら、どんな目的でつけていますか?つけてない人、それで困ることってありますか?
教えていただけると嬉しいです

ユーザーID:3005966778  


お気に入り登録数:19
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:18本

タイトル 投稿者 更新時間
つけてません
ゆう
2019年3月21日 12:11

40代一人暮らし男です。

私は、30いくつのときに、自分はどれくらいお金を使っているのか正確に把握しておこうと思い、一年間きっちり家計簿をつけたことがあるのですが、自分のイメージほども使っていなかったので、それ以来付けていません。
今は、貯金額が減っていなければOKという感じでいます。

ユーザーID:8096169164
必要ないです
同じく
2019年3月21日 13:18

若い頃は貯金したい額を天引きで定期預金に移していたので、残ったお金で赤字にならなければ問題なしと放ってました。

数年前に仕送りだ何だと支出が増えてきたので、3ヶ月ほど家計簿アプリでざっくり毎月どれくらい使っているのか確認したきり、また放置です。

トピ主さんの言う通り、家計簿は子供を含む家族が何人もいて支出が変動的になりがち、最低限の生活をした後で貯金やレジャーにどれくらい回せるのか把握しづらいお宅でなければ必要ないものだと思います。

それに、家計簿アプリを使えば買い物の度にその場で金額を入力するだけなので、家計簿のためにレシートを貰うという発想もないです。

ユーザーID:5508549635
つけてます
あんみつ
2019年3月21日 13:31

30歳、一人暮らし8年目です。
今はきっちり細かく家計簿つけています。

以前は、「月に○万円貯金し、残りの範囲内で生活」というざっくりした家計管理方法で長年やっていましたが、都心の便利なところへ引っ越し家賃が2万5千円上がったことをきっかけにきっちりとした家計管理を始めました。

そしたら、なんと、家賃が2万5千円上がったにもかかわらず、貯金も今までより3万円多くできるようになりました。
さらに以前は、友達へのご祝儀や、大物家電の買い替え、飛行機の距離の帰省費用など、都度ボーナス頼みにしていましたが、こういう支出も年間に均して毎月計画的に積み立てるようにしたので、ボーナスがまるまる残るようになりました。

私も元々カツカツというわけではないのですが、日々の無駄遣いがチリ積もるよりは、普段は倹約して使うときに使うほうが自分の価値観に合っているので、家計簿の効果を実感しています。
でも、それよりも毎日好きなものを食べたり、多少のお金を気にせず生活するほうが快適なら、それはそれでいいとも思います。
(確かに家計簿つけはじめてから、外食やタクシーに乗る頻度は減りました)

ユーザーID:2103025494
つけてません
あまなつ
2019年3月21日 13:43

自営業なんで、仕事の帳簿はちゃんとつけてます。
だけど、生活費の方はなんもつけてません。
一人暮らしをしたての頃は、収入も少なくやり繰りが必要だったため、1年程家計簿をつけた事もありますが、それっきりです。

家計簿つけなくても支出はほぼ把握できてますし、収入が増えても生活が変わらないので支出は然程増えず。
幸か不幸か、仕事の方は順調なので、忙しくて無駄遣いをする暇もありません。
必然的に差額は貯金となっているので、まぁいいかと。

毎年目標額以上の貯金がちゃんと出来てるんで、問題ないかと思ってます。

ユーザーID:6508886419
つけてますが
う〜む
2019年3月21日 14:40

普段は入力だけですね

ある商品の購入日とか
何か検索ごとが発生したときに
役に立ちます

だいたい1年くらいやってみると
どの程度使うのかが把握できるので
それがわかれば
入力を続ける必要はないかもね

ユーザーID:5202072926
ひとり暮らしじゃないけど
もずく
2019年3月21日 19:32

ひとり暮らしじゃないけどお邪魔します。

ムダづかいをしない、キャッシュレス比率が高い、大体の出費は記録しなくてもわかる、なら必要ないのでは?
ひとり暮らしを始めたばかりの人、急激に生活や収入が変わった場合などは確認のために家計簿をつけることに意味があるかもしれませんが。

衝動買いが多い人、物欲が抑えられない人などは、家計簿を見て無駄を洗いだす作業が有効なのかもしれません。
そうでなければ、使っているお金は基本的に必要なものばかりなので、いちいち記録してもしょうがないですよ。

新聞代が○円、マンション管理費が○円なんていくら書いても安くなるわけでもありません。
電気代を記入して「高いなぁ」なんて思うより、余分な電気代を使わないことのほうが大事です。

私もトピ主さんと同じように、貯金簿というか資産簿のようなものを、年に一回つけています。
普通預金、定期預金、株の現在高、社内預金、生協の出資金、投資信託の残高等々を、毎年決まった時期に合計しています。
これがほぼ予定通り着実に増えているので、ムダづかいはしていないと判断しています。
高収入ではありませんが、年収の約六割を貯められています。

将来的に、定年になった、年金暮らしになったなど大きな変化があったら(今は50台です)数か月間は家計簿をつけてみようかとは思っています。

ユーザーID:7043079205
老後の計画をたてるため
ぎんぺー
2019年3月21日 23:39

50代の独身男性です。

私が家計簿をつけ始めたのは、会社の寮を出て一人暮らしをすることになる少し前、30歳くらいのときです。
なににどれくらいかかっているのか、自分が毎月使えるお金はどれくらいあるのかを把握したかったからです。
これがわからないと、どれくらいの家賃の部屋を借りられるのかわかりませんでしたし。

それから20年近く続けています。

私は50歳を前に早期退職し、現在はのんびり隠居生活をしています。
使えるお金はそれほど多くありませんが、元々あまりお金を使う質ではないので、なんとかなっています。
一応、100歳まで大丈夫な設計です。

これができたのは家計簿を付けていたからです。

よく老後の生活に○○円かかるとか雑誌などで書かれていますが、現役時代に250万円の生活をしていた人と500万円の生活をしていた人の老後の生活費が同じであるわけがないです。
自分のお金の使い方の特性を知るためにも家計簿は必須です。

引退してからも家計簿を続けていますが、今のところ計画通り進んでいることがわかって安心です。

私の場合、老後の計画を立て、その計画通りにすすでいることを確認するために、家計簿は必須です。

ユーザーID:2166792617
つけてますよ〜
おひとりさま
2019年3月22日 13:01

家計簿、つけると、家計のダイエットができます。

もともと、必要なものにしかお金は使っていない自負はありました。
でも、家計簿つける前は「これは必要経費」と信じて疑わなかったものも、家計簿をつけるようになってから更に再考するようになり、「必要経費」の基準が厳しくなりました。

たとえば、食費。
以前は、「今日の夕食は○○にしよう」と決め、スーパーに寄って買い物をして、作っていました。
でも、食費は月いくら、と決めてからは、スーパーに行くのは週に1〜2度になり、買ってきた食材の範囲内でやりくりする、という意識に変わりました。
限られた予算内で、栄養・彩りを考えるようになって、料理のレパートリーが広がりましたし、食卓が物足りない事もないです。

交際費や自己投資についても、以前は、「ここはケチるべきではない」と思ってなるべく渋らないようにしていましたが、メリハリを考えたり、思い切って断捨離もするようになりました。

でもトピ主さんの場合、もともと家計簿をつけていたのなら、この辺りの感覚は十分お持ちでしょうから、それならつけなくてもよいかもしれませんね。

わたしは、毎日すべてを詳細につけているわけではなく、変動費(食費・雑費・小遣い)のみを週1〜2度おおまかにつけています。

ユーザーID:5303360898
ご意見ありがとうございます
青緑(トピ主)
2019年3月27日 16:34

休日出勤のさなかに、現実逃避もあって上げたトピでしたが、その後さらに怒涛の忙しさに巻き込まれ(飛行機の距離に急に出張とか)お返事が遅れてしまいました。
申し訳ありません。
考えてみたら今は3月も末、多くの会社は期末ですものね。忙しいのは自分だけではないと、なんとか自分をふるい立たせています。

それはさておき、家計簿をつけている人、つけていない人、それぞれの言い分に納得しながら読ませていただきました。
目的は家計の流れを知ること。ではなぜ知る必要があるのか。
自分でもやもやしていた部分を的確に言語化していただいた気がします。

生活が大きく変わったら、お金の流れを見直す。今まで以上にお金がかかるのか、このままでいいのか、今後の貯金額に影響はあるのか。これは大事だと思います。
また、ぎんぺーさんのお話は参考になりました。

私の場合、年金生活に入ったら、収入がほぼなくなることを前提にしてのお金の管理が必要になると思うので、決まった金額内で生活するために、つまり残高を把握するためにまた家計簿が必要になるかと思われます。

今は、収入もさほど変わらず、支出も変わらないので、しばらく家計簿をお休みしようかなーなんて思えるようになりました。
ただ、レシートをざっくり捨てるのって、意外と勇気がいるんですよね。
袋にまだ貯めたままです。我ながらチキンだなと。

ユーザーID:3005966778
つけてません。丼勘定。帳簿もアプリも続かない。
ずぼらーまん
2019年3月27日 20:09

一人暮らしでも家計簿をきちんとつけて家計管理している人を尊敬します。
私はズボラなのでできません。
アプリ等、色々試したけど三日坊主で続きません。
諦めました。
クレジットカードや電子マネーの明細で使途をざっくり確認しています。
これでいいのだ、としています。

還元率の高いクレジットカードを利用、
クレジットカードの限度額はあえてとても低く設定。
明細でざっくり使途確認。
(例えば、スーパーで食料品以外を買っていても、ドラッグストアで薬以外を買っていても、それほど気にしない)
・固定費を低く抑える。
・前もって給与先取り天引きしておき、「ない物」として貧乏暮らしする。
・ボーナスは「ない物」としておき、入ったら定期預金。

これで毎月それほど多くの支出も無く、低収入ですがそこそこ安心できる資金を貯めています。

ユーザーID:2886203137
40代独身1人暮らしです。
ねこのこばん
2019年3月28日 20:35

就職して1人暮らしをはじめた頃、独身寮を出て一般の賃貸住宅に入居した頃、あとは突然思いたって、などの機会に家計簿的な記録を取ったことはありますが、まあ1ヶ月くらいで挫折しました。

現在は、数ヶ月に一度、銀行口座の月々の収支をダウンロードして、年間で収支と貯蓄状況を把握するというやり方を続けています。
基本的に黒字の家計ですし、消費意欲が旺盛すぎて困っちゃう、といったこともないので、当面はこれで充分だと思っています。

一応、年間平均で今年は月々例えば30万円の支出だったな、ということを把握したら、その内訳はこれくらいかな、といった試算くらいはしてみます
自分が何にどの程度お金を使っているのか、ザックリと把握しておく必要はあると思っていますが、そのために家計簿をつけるまでの手間をかける必要はないと思ってます。

この歳になると、時間と気力体力を何に配分するか、優先順位をつけて必要度の低い項目は手を抜かないと、お財布の中身よりこっちの方のリソースの方が先に尽きる気がしています。
収入、支出の項目に何か大きな変動要素が発生したら、その場面ではまた一時的に家計簿をつけることもあるかもしれませんが、当面はこのスタイルを続けると思います

ユーザーID:6699256738
つけてます
うらら
2019年3月29日 1:49

自作したエクセルの表への入力を、もう10年以上続けています。自作だと、自分の状況に応じて変えていけるのがいいです。

ただ、私は根本的に、記録する事が好きな性分なのではないかと思います。数年前から、食事記録も始めました。それも、当初の目的は「いつも食べているものを記録しておいて、夕食メニューに困った時に見返して参考にしたい」という目的だったので夕食だけの記録だったのに、今は3食、間食した日にはそれも記録しています。完ぺき主義なところがあるので、例えばスタバで何か飲んだというような時にはそれも入れています。

この食事記録はシンプルなメモ帳アプリなのですが、これをカロリー計算できるやつにして、1日の摂取カロリーとかわかるようにすれば、ダイエットにも役立ちそうなんですけどね…そこには興味がいかないらしく、全くやろうと思いません。

話がそれましたが、私はかなり細かくつけてますが、ここの皆さんのように、それをきちんと活用しているかと言われると、どうかなあという感じです。「改善の余地あり」と自覚しています。精進します。

とはいうものの、今のスタイルも、ただ「記録欲」を満たすためだけともいえない(それなりに収支を把握する役には立っている)ので、「記録欲」あってのものとはいえ、意味はあると思っています。

ユーザーID:3886508579
つけています。
風子
2019年3月29日 10:04

60代 女性 一人暮らしです。

必要かどうかは個人の考えです。

私は日記代わりにつけています。
若い頃は日記も家計簿も全く興味なく、年始に日記帳なるものを買っても三日と持ちませんでした。

3年前に思い立ち、手書きでつけ始めました。
元来が不精なので事細かにではなく、店ごとや大きな物別です。
家具や家電を買った時など、後々いつ買ったかが分かります。
旅行の際も、どれくらい小遣いを使ったか大雑把に記入します。
孫がいるので、誰の何歳の誕生日やクリスマスプレゼント、これは本当に役に立ちます。

2〜3日まとめての記入もありますが、付け忘れても罪悪感を持たないようにしています。
固く考えず気楽に続けていますよ。

ユーザーID:4813899543
つけてません
50代独身女
2019年3月29日 10:43

できる限りカードで支払いをして一月いくらまでなら黒字というのを把握しています。
某通販サイトのカードを使っているのでアプリで月中の合計も見れます。
あとは病院や個人店などカードが使えない店もあるので
半年でいくらというのを決めて封筒に入れて、そこから財布に補充してます。
合計金額で使い過ぎがなければ内訳は管理しなくていいかな?と思っています。

ユーザーID:6475324413
認知症予防の為につけ始めました。
2019年3月30日 9:21

主人の仕事で使っていた会計ソフトを自分なりに家計簿として使っています。

決算書の作成も出来て面白いです。
資産を全部打ち込んでおくと、預貯金など家の全財産が一目で解ります。

年間経費もどの位使ったかが解り、数年を分析すると此れからの年間支出も把握できます。

私は家計簿、認知症予防だと思ってつけています。
家計簿つけて、小町を拝読して 習慣になるとつけ忘れも無くなりました。

歳を取って、何に使ったのか忘れてしまって、財布の中身と合わないと悩む事が多かったのですが、家計簿をつける様になってから、財布の中身とずれる事は有ってもさほどの差が無いので悩むことも無くなりました。

ユーザーID:7747504887
家計簿つけなきゃの呪縛から逃れるために
青緑(トピ主)
2019年4月4日 14:38

引き続きのご意見ありがとうございます。
当たり前のことですが、記録することに負担を感じない人、きっちり把握しておきたい人が、家計簿が続くんですね。

ずぼらな私は、結局のところ、使いすぎていなければいいかな、という耳障りの良いご意見に傾く気満々です。

ただ、幸様の書き込みを見て、はっとしていましました。
>歳を取って、何に使ったのか忘れてしまって、財布の中身と合わないと悩む事が多かったのですが、家計簿をつける様になってから、財布の中身とずれる事は有ってもさほどの差が無いので悩むことも無くなりました。

私、記憶力が人一倍悪いんです。
悩んだ末、日記ではないですが、予定表にイベントは必ず記入するようにしました。
Cloud上においておけば、どこかれでも編集できるし確認できますし。
優柔不断で、いまだにレシートいりませんと言い切れない自分ですが、家計簿が無くても過ごせるように地盤を固めている感があって、ちょとと心が軽くなってきました。

ユーザーID:3005966778
目的があればつける意味が出てくる
シオン
2019年4月4日 20:23

同じく50代女性です。離婚を機につけ始めました。
元夫があればあるだけお金を使う人で、お給料前はほとんどお財布の中は底をついてる状態でした。
家計のコントロールが全く出来ず、家計簿もエクセルで自作したりアプリを使ったりいろいろ試しましたが、何度も挫折。
今思えば、ちゃんと家計簿をつけられると窮屈になるので、元夫はあの手この手で使途不明金を作り、私の邪魔をしていたんじゃないかと疑いたくなります。

離婚後、自分自身の生活に一体いくらかかるのか見当がつかず、エクセル自作で家計簿をつけ始めました。これは生活の立て直しに非常に役に立ちました。
自分の稼ぎだけで十分やっていけることがわかり、徐々に生活レベルも上げることができました。下着を買い換えたり安い食材を買わなくなったり、定期的に美容院に行けたり。うーん、今まで自分のお給料のほとんどを元夫の無駄遣いに注ぎ込んでたのねー。

1年続けると、月々の予算だけでなく、車検や固定資産税などの特別費も念頭におけるようになって、精神的にすごく楽になりました。結婚していた時の、毎日何かに追われているようなあの感覚は、お金を把握できていない不安からきていたんでしょうね。

最近、自作の家計簿をリニューアル。項目を整理して、新たに「身体メンテナンス」と「自己投資」の項目を増やしました。もっと自分を大事にして、勉強もするぞーという目標が見える化された感じです。

私にとっての家計簿は、どれだけお金を使ったかではなく、いくら使えるのかを知るためのツールなので、それが大体できてる方は家計簿をつける必要がないかもしれないですね。あれいくらだっけとか、いつ頃だったっけなんて時には昔のデータ見ますが。

目的がはっきりしていれば家計簿は最強です。新しいプランも確実に立てやすくなっています。ただ、お金に全く不自由しなくなったら、家計簿を卒業します 笑

ユーザーID:9184301904
入出金、預金等管理
たぬき
2019年6月6日 15:24

 独り者で、ほぼキャッシュレス生活をしています。月単位で、入出金、預金等をExcelにて管理しています。

ユーザーID:5125405809
 
現在位置は
です