打ち合わせをしたのに「聞いてない」という業者さん

レス28
お気に入り33
トピ主のみ5

星花

働く

打ち合わせをしたのに、3週間も経って「聞いてない」と業者さんに言われました。

とある座談会イベントの企画・運営をしています。
準備を進めていた折、開催する座談会を聞きつけた業者さんから「ぜひ協力したい」とお電話をいただきました。
普段からお付き合いのある業者さんもいるのですが、お電話いただいた熱意に、今回のポスター制作をお願いしました。

はじめての業者さんで、少し特殊なポスターだったので、会社に伺って打ち合わせを行いました。
先方はお二人(お父様と娘様、ご家族で経営されてるようでした)、私は一人、下記の内容で打ち合わせをしました。
カギカッコ内がご依頼で、矢じるしが先方のお返事でした。

「会場入口・受付に貼り出したのち、座談会がはじまったら中に掲出したいが、かなり大判のポスターなので、どうやって取り扱えば良いか」
→大判で取り扱いが難しいので、会場に常駐して、動かす際はこちら(業者さん)で動かす。

「イベント終了後、近隣の施設にポスターを納品したいと思っている」
→大判で取り扱いが難しいので、納品もこちら(業者さん)で行う。

業者さんにそこまでご負担してもらうのは、と思っていたのですが、ご好意に甘えて、どちらもご依頼することにいたしました。

「納品先とすぐにお話をして、直接連絡を取り合ってもらうかもしれないので、またメール送ります」と伝えて、その日の打ち合わせを終えました。

納品先には、打ち合わせの後すぐ電話をし、
「うちの会社から納品する予定だったが、業者さんから納品することになったので、直接連絡を取り合ってもらうかも」とお伝えしました。

続きます。

ユーザーID:3418695140

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数28

レスする
  • 続きです。

    その後すぐに、業者さんと打ち合わせた内容と、納品先さんに伝えた内容を、業者さんにメールしました。
    口頭だけだと、「言った言ってない」の水掛け論になるので、打ち合わせの後はメールするようにしています。
    特に今回は、先方が全くメモを取っていなかったで、リマインドも兼ねておりました。

    そして3週間。

    電話がないので、いよいよお電話をしました。
    お忙しいのか離席中のことが多く、お電話すること数日。
    やっと折り返しお電話を貰い、開口一番、件のお父様より、

    「聞いてません」

    と。意味が分からず、どういうことか聞き返したら、
    「ポスターを作って会場に納品はするが、移動させるなんて聞いてない」ということでした。
    打ち合わせの折「ポスターの移動もしていただけるなんて」とご好意に感動し、お礼の言葉もお伝えし、
    その日に業者さんにリマインドメールも送っております。
    さすがにこちらの記憶違いはないだろうと、経緯を丁寧にご説明したのですが、
    「娘も聞いてないと言ってる」の一点張り。
    挙げ句の果てには、こちらが「打ち合わせをしてない無理難題を吹っかけてきた」ような言い方。

    ここで全て白紙にしても良かったのですが、更にややこしくなることを懸念し、何とか説明をして納得してもらいました。

    続きます。

    ユーザーID:3418695140

  • 続きです(その2)。

    が、ふと「イベント後の納品も、聞いてないというのでは」と、翌日に再度電話しました。

    やはりメールを最後まで見ておらず、納品の件も「聞いてない」と言われました。

    「ポスターを外すのが大変なので、外すとは言ったが、直接納品するなんて聞いてない」
    「昨日の件もそうだが、ポスターの移動や納品など知らない話ばかり。娘も聞いてないと言っているし、そちら(私)が勝手に解釈したんだろう。無理な話ばかりで困る」
    「うちは別にそこまでして協力したい訳じゃない」

    エトセトラエトセトラ。
    こちらは打ち合わせ中にメモを取り、打ち合わせを受けて納品先に連絡をし、リマインドメールも送っています。
    あまりにも腹に据え兼ねて、

    「ご好意で仰ってくださったから、ポスターの移動や納品をお願いしたのに、今になって聞いてないと言われるのは、大変遺憾です。
    そもそもこちらはリマインドメールも送っていて、3週間も返信なく、電話もすぐに折り返しなく、やっと返事が来たら『聞いてない』と不信感しかありません。この件は白紙でお願いします」

    とお伝えしました。
    先方もだいぶ腹に据え兼ねているようで、かなり不服そうに「分かりました」と電話を切られました。
    電話はかなりこじれて途中でちょっと泣いてしまいました(不甲斐ないです)。

    今もまだ怒りが治りません。私が悪いような言い方をされ、メモも取ってないのに多数派が正しいような言い方をされ、一体なんなのでしょう…
    20代も後半になりますが、大人になりきれない(平常心で対応できない)自分も不甲斐ないし、もやもやします。
    大人の皆さんはどうやって折り合いをつけているのでしょうか。

    「ポスター作成でここまで…」と思われるかもしれませんが、イベントも、作成物のポスターも、依頼内容もフェイクを入れているので、あらかじめご了承ください。
    苛立ちの大筋は、同じです。本当に腹が立ちます……

    ユーザーID:3418695140

  • トピ主さんの会社の仕事は「口約束」だけで進めるのですか?

    続き前ですが、

    >打ち合わせをしたのに、3週間も経って「聞いてない」と業者さんに言われました。

    打ち合わせで合意した通り書面(契約書)は交わさないのですか?

    口約束だけで回していると、言った言わないとなるのは避けられませんよ!

    ユーザーID:2862577162

  • 書面で確認したか

    拝見すると、トピ主さんのメモはご自分用で、相手と書面で同意を取ったわけではないようにお見受けします。

    (社内でもそうですが、)社外の方と打ち合わせるなら、議事録を取るのは常識だと思います。・・私は、そう教わりました。
    私は建築業界の現場代理人ですが、サブコンレベルで何千万円単位以上の案件をいくつも扱う今、その重要性をひしひしと感じます。

    たかがポスターで済んで、逆によかったじゃないですか。
    これに懲りて、今後は、
    ・打ち合わせ議事録を必ず取って相手にも送ること
    ・お金が動くなら、これも書面で合意を取り交わすこと
    を心がけましょう。

    相手ばかり責めても何の得にもならないと思います。

    ユーザーID:9836690872

  • トピ主です。

    水かけ地蔵損さん、ご返信ありがとうございます。

    もちろん、企画の根幹に関わる案件については、詳細に契約書を交わします。

    今回のポスターなど小規模の発注では、金銭面の契約はとり交わしますが、
    細かい段取りは、基本的には打ち合わせ、覚書を兼ねて追ってメールで念押し、がメインとなります。

    例えば、会場スタッフを発注している会社さんとは、大枠の契約書を交わして、
    座談会中の「登壇者の話が終わったら椅子の配置を変える」「座談会が終わったら、客席から撤去する」など細かい部分は、
    口頭で打ち合わせ、メールで先方に念押しという形です。
    説明下手で恐縮ですが、うまく伝わりますでしょうか……

    今までポスター1つでここまで拗れたことがなく驚いてしまったのですが、私自身の仕事のやり方も見直したいと思います。

    ユーザーID:3418695140

  • 水かけ地蔵損さんと同じ意見です

    いくらぐらいのお仕事なのか分かりませんが、通常は相手が見積書を出し、それに基づいて発注書をお渡ししますよね?
    業者さんが会場内で物を動かしたり、納品先に搬入するのが異例のことならば、当然、そのことも見積書に記載してもらい、それを含めた金額で見積りを依頼しませんか?

    メールを送るのは口約束と同じで、法的な証拠にはなりません。
    相手が返信していない場合、「そんなメールは見ていない」と言い逃れされてしまいます。

    初めて取引する業者さんならば、後で問題にならないよう慎重に対応するべきだったと思います。

    ユーザーID:1305551074

  • 初めての取り引きですよね。

    レスも読みました。

    何の書面もなく、
    メール返信も3週間放置して(貴女もですよ。)、
    あり得ないです。

    その場で、議事録かわりのメモを作らないと。

    貴女の仕事のやり方を考えないといけません。
    相手はいつも変わりますからね。

    ユーザーID:5650754709

  • 仕事が雑

    業者さんとの打ち合わせ内容に相違がないかを
    双方で確認する意味でも、書面の作成は必要ですし、
    可能であれば、書面作成後に、確認のために再度打ち合わせする
    くらいの綿密さは必要ではないでしょうか。

    メールを送っただけで、メールを送った後の電話確認もしていない。さらに、納品に関する打ち合わせ内容が分かりませんが、
    3週間も経ってからの連絡・・・

    お付き合いのある業者さんならまだしも、初めての業者さんに、「メールを送ったら丸投げ」が通用するとは思えません。

    ユーザーID:5901894187

  • 白紙にして良かったと思います

    トピ主さんが打ち合わせ直後(か翌日)に送ったリマインドメールにも寄りますが、打ち合わせで決めたことがわかるようになっていると思います。

    ただし内容が長すぎて画面1枚で(スクロールなし)で重要事項がわからないようなメールなら、書き方にも問題があると思います。

    相手がパソコンか、スマホか、大きな文字サイズで狭い画面を見ているのか、こちらにはわかりません。

    相手が読んで、内容が不明とか間違っていると思ったら、もっと早い段階で問い合わせがこないとおかしいですね。(電話掛けるまで、読んでなかったのかも)

    メールは先方が読んだか読んでないかはわかりません。たとえ「メールを開いた」自動返信をつけていても、誤ってメールを開き、すぐに閉じたら「読んだ」ことになります。

    だから電話を3週間も待ち続けているのは、待ち時間が長すぎませんか?。

    3週間も待てるということは、そのイベントは1〜2年位先の開催なのでしょうか?。
    簡単な発注だと思って、甘くなっていませんでしたか?。

    初めて取引する業者なら、「たまたま」変な業者に当たってしまったとしか思えません。(熱意を込めてお願いしてきたのはそのお父様本人なのでしょうか?)

    初めての取引先とは「取引条件確認書」を交わしたり、必要なら信用調査もしますが、何もしてないのでしょうか?(トピ主さんは自営ですか?)

    これを教訓にし、取引先と誤解なき打ち合わせや確認をどうすべきか、自分で考えたり、上司や同僚の意見も聞きましょう。

    私の経験では、とてもキッチリしたお客様は、商談中に全員が見ている白板に決定項目を全部箇条書きし、追加があれば書き直しや添え書きをし、打合せ終了後すぐに、白板のコピーを参加者全員に配布しました。

    そのコピーを元に「あれはどうなっていますか」と随時聞かれました。

    そこまでやられたら、受けた側もキッチリやる覚悟になります。

    ユーザーID:5728399887

  • メールの場合は送信とRe付き返信で合意確認となる

    >細かい段取りは、基本的には打ち合わせ、覚書を兼ねて追ってメールで念押し、がメインとなります。

    「覚書を兼ねて追ってメールで念押し」したら、相手からそのままの内容プラス同意しましたと返信が来ますよね。その段階で「念押し完了」ですよ。

    トピ主の場合は「送りっぱなし」であって、「念押し」になってないんじゃないの?

    ユーザーID:2862577162

  • トピ主です。

    思ったより多くのレスが付き、皆さまからご丁寧にご指摘いただけて良かったです。
    自分自身のいたらなさを痛感いたしました。
    個別のご返信でなく恐縮ですが、今後の反省材料とさせていただきます。
    皆さまありがとうございました。

    ユーザーID:3418695140

  • 初めて使う業者

    とてもとても非常識な業者だと思います
    しかし世の中には滅茶苦茶な人が結構いるんです
    ちゃんとした人とばかり付き合っていると
    それを忘れてしまいがち

    初めて使う業者であり評判も能力も何もわからない
    家族経営など零細で、自分から売り込みに来た
    警戒レベルを高めにすべき相手です


    結局のところ、大ハズレのダメ業者だったわけですが
    もうこの業者と二度と付き合う事は無いでしょうし
    今回はおかしな人への耐性が無かったためショックを受けてしまったみたいですが
    これからトピ主は初めて使う業者には警戒するようになるでしょう
    信用ってほんと大事ですね

    ユーザーID:5814004916

  • 発注書

    建築資材の施工業です。
    運搬、取付、というのは労務費が発生するので、非常に大きな条件です。
    口約束のサービス、とかで済ませられる問題ではありません。
    トピ主さんの会社では、発注書で契約を交わさないのですか?
    そんな内容で、よく上司が判を押しましたね。
    発注書に、〇〇〜〇〇までの運搬・取付含む、とか明記しないとダメでしょう。
    口約束、メールだけして電話確認しない、なんてあり得ません。
    セオリーです。

    ユーザーID:7311412421

  • 見積書

    そのための仕様書を送り、見積書を頂いて合意したら注文書を送り、受書を送り返してもらうって言う当たり前の工程を踏んでないのに驚きました。

    緩いのはあなたの会社の方だと思います。

    ユーザーID:0491329411

  • トピ主です。

    ご返信、ありがとうございます。

    はじめて使う業者さんに対して、普段お付き合いしている業者さんと同じ水準を求めてしまった、というのも大きな反省材料だと思います。

    以前のレスと重複になりますが、もちろん、見積書は交わします。
    大きく複雑な業務についても、議事録や指示書、発注書を提出いたします。
    一つの案件に対する裁量は、例えば今回のようなに細かい業務に対して、私個人にあります。

    普段、こちらから依頼したもの、売り込みに行ったものは、指示書や発注書を提出いたします。
    今回のような細かい案件(全体からすると、非常に細かいものです。すみません)、これまでお付き合いのある業者さんでしたら、恙無く作業いただけますが、
    こちらからの依頼であれば、大きなものは発注書や指示書を、細かいとのは議事録を、こちらから送ります。

    私自身、何に腹を立っていたのか、レスをしながら気づいたのですが、
    通常であれば、売り込みに来た先方が議事録や発注書を出すべきと思っています。
    3週間置いていたのも「向こうから売り込んだものだから、向こうから連絡すべき」と思っていたためです。もしご破算になっても、まだ他の業者者さんに、十分に発注できる期間だった、というのもあります。

    やむなくこちらから連絡し、追いかけ、「聞いてない、貴方の間違い」と言われることが非常に不本意でした。
    私自身「ご破算になっても」という思いはありましたし、みなさんがご指摘のように、私自身の落ち度も大いにあります。

    しかし、先方の落ち度も十分にあると思います。自ら営業をかけたら、アフターケアまできちんとすべきだと思います。
    先方の落ち度も十分にあるのに、くだんの業者さんから、全てこちらの責任のように責め立てられたのが、腑に落ちなかったのだと思います。

    出すぎたレスで申し訳ありません。
    この経験を、今後に活かしたいと思います。

    ユーザーID:3418695140

  • 議事録と発注書は発注側が責任を持つべきです(1)

    >「向こうから売り込んだものだから、向こうから連絡すべき」と思っていた
    たしかに「正論」ですが、世の中には「正論」が通らない業者もいます。

    3週間も連絡をしてないと、業者が勝手に納品物を作る作業に取りかかっていて、キャンセルしたら、その材料費や工賃を請求される場合だってあり得ます。(詐欺的な手口ですが、引っかからないように注意すべきです)

    >売り込みに来た先方が議事録や発注書を出すべきと思っています
    これは完全に間違っています。

    発注書は発注する側、お金を支払う側が出すのが良い。そうでないと、詐欺的な会社なら、発注書の一般条項に、自分に有利な条項を混じらせます。

    小さな発注の場合、それに気がつかずにトピ主さんがハンコを押すと、その発注書が有効になります(そういった慣習なら)

    後で、この発注書に書き間違いがあると叫んでも、相手はわざとしているので、そう簡単には決着できません。


    議事録は「打ち合わせミスがあったら困る側」が書くべきです。

    予定の物やサービスを期日通りに提供してくれなければ困る側(通常は「発注側」)が書くのが正解です。

    受注側が書いても良いし、私も面倒なので業者に書いてもらうことも多かったのですが、内容が要望した通りかどうかは必ずチェックし、勘違いしていたり日本語が曖昧な記載は何回も書き直ししてもらいました。

    議事録を送ったら、相手がチェックしたのか必ず確認する必要があります。それが面倒な時は、打ち合わせ終了時にメモ書きを議事録として渡し、内容を確認してもらうべきです。

    受注側は「できない内容」があれば困りますが、「できないものはできない」と突っぱねることは可能です。議事録にミスがあると、普通は発注側が困り、その対策を考えるハメになります。

    今回も、議事録を送っていても「聞いてない」と言われたのですよね。3週間後の確認では記憶も飛びます。

    ユーザーID:5728399887

  • 議事録と発注書は発注側が責任を持つべきです(2)

    >やむなくこちらから連絡し、追いかけ、「聞いてない、貴方の間違い」と言われることが非常に不本意でした。

    不本意だと思うのはとってもよくわかりますし、同情します。


    初めての業者だと、連絡が遅いなど、不審な点があればなるべく早い段階で連絡すべきです。


    私は会社の消火器の消化剤を「期限が切れているので交換します」と、部屋を覗いてきた業者に言われ、書類にサインを求められました。

    「会社が契約している業者」だと思って、総務へ連れて行きましたが、担当者が不在だったので、問題ないと思い、そのまま書類にサインしました。

    後で総務の人と会い「それは契約業者ではない」と言われ、不当に高価な金額で消火剤を交換する悪徳業者だったことが判明し、すぐに交換を辞めさせました。

    が、既に交換済みの消化剤の高価な金額を請求されました。サインを見せられて「間違いなくあなたがサインしましたよね」とも言われました。(後で考えると、サインする部分以外の文字は業者が全て手で隠していました)

    上司が折衝してくれて、会社契約の業者と同じ金額を支払うことで決着しましたが、大変な目に遭い教訓になりました。

    どんなときでも、初めてや、付き合いの短い業者へ発注するときは「ある程度」注意する必要があるのだと身に染みました。

    ユーザーID:5728399887

  • そんな業者おかしい

    トピ主さんの経過レスも読みましたけど、
    これでトピ主さんに「甘い」だの「やり方が間違っている」だのといった
    批判レスは違うんじゃないか?と私は思いますよ。

    ただ、端的に言って、トピ主さんが商談・打合せを通じて、希望した
    ことを行ってくれると認識(メモまで取っているわけですからね)して
    いたことと、その業者が発注が欲しいがために口から出まかせ的に
    二つ返事をしたってところが今回の顛末だろうと思います。

    どなたかのレスにもあったかもしれませんが、面倒な作業を業者がやるか?
    と言えばやらないだろうし、やるにしても料金次第ですが、
    根本的なところは、その業者が二枚舌な業者ってところをトピ主さんが
    見抜けなかったことだろうと思いますし、それは経過どうこうではなく、
    最初の印象で判断すべきことだったのかもしれません。

    議事録的なことをメールで送るが3週間もほったらかししたことが問題か
    どうかではなく、その業者が根本的に問題あった、ということでしょうね。

    通常、クライアントからのメールにしろ、留守電にしろ、ファックスにしろ
    受信したら、内容を精査してアプライするはずです。
    それすらも出来ない業者だった、、、ということです。

    欲を言えば、娘さんにも電話変わってもらって、送ったメールを
    再度読んでもらい、打合せ時と齟齬がないかどうか確認すべきだったとは
    思います。加えて言うと、メモを取っていたのはこちらであり、
    メモも取らず後になって記憶にないっていうのは商売の基本がなっていない!
    くらい言い切ってやったら良かったです。

    でも、、返事もない、話をしたら記憶にないとか、、確信犯だと思います。

    白紙にして良かったと思います。
    相手がゴネてこちらが折れてやり続けたらもっと嫌な結果に終わったと
    思いますよ。トピ主さんのつながりで情報共有していた方が良いです。
    要注意業者だ、と。

    ユーザーID:8846127105

  • 営業と依頼は別

    >こちらから依頼したもの、売り込みに行ったものは、
    >指示書や発注書を提出いたします

    >売り込みに来た先方が議事録や発注書を出すべきと思っています。

    矛盾してませんか?
    今回のケースでは、「協力したい」と営業してきた
    業者さんにトピ主さん側が選定して、ポスター制作を、
    まさに【依頼して】いますよね。

    それなのに、何故業者が議事録やら発注書を出さないといけないの?

    内容確認の議事録や発注書は依頼する側が用意するものですよ、
    一般的には。むしろ、業者が何を発注書にするのだろう・・・?


    >自ら営業をかけたら、アフターケアまできちんとすべきだと思います。

    どんなに熱心に営業されたとしても、
    最終的に業者をどこにするかを決める権限はトピ主さん側に
    あるんですよ。

    無論、お仕事を依頼し、合意した場合には、
    業者にアフターケアを含めた対応の責任が問われますが、
    受けてもらえるかどうかも分からない営業をかけた時点で、
    責任を問われてもね。

    ユーザーID:5901894187

  • なんか屁理屈で言い訳ばっかしてるけど

    結局なじみの業者にも業務内容=仕様を見積もり依頼や発注書に明記せず、なあなあで済ましてるんでしょ?

    なじみ業者も泣かされてるんでしょうね。
    全ての業務は単価のうち、従い仕様書・見積書・発注書に明記するのがアタリマエです。

    30年ほど前はそうでもなかったのですが、あなたの会社ないしあなたの仕事の仕方は未だに昭和?

    ユーザーID:0491329411

  • なるほど

    これはレアなケースだと思います。

    先方のお父さんが、受注を取りやめたくて、こんな嘘をついているのか、又は、本当に忘れていて、お父さんに逆らえない娘さんが適当に返事をしているか、のどちらかだと思います。

    ただ、本来なら、発注内容を記載した発注書を先方に送り、それに対する返信あるいは納入日を記載してのReファックスなどをもらうことが必要でしょう。

    返信が無ければ、注文書は届きましたか?の問い合わせが必要になりますので、今回のようなことはなかったようにも思います。

    ユーザーID:8852431702

  • 「強い立場」の側の論理

    >はじめて使う業者さんに対して、普段お付き合いしている業者さんと同じ水準を求めてしまった、というのも大きな反省材料だと思います。

    「同じ水準」等と、何を言っているのでしょうか。
    あたかもトピ主と「普段お付き合いしている業者さん」の水準が高いと言わんばかりの言い様ですが、これまでのコメントを見てもわかるように、口頭やメールを「送っただけ」で済ましているトピ主の水準こそ低過ぎます。

    後出しであれもやっている、これもやっていると言い訳されても、一事が万事。その依頼云々も同じようなものと解釈されてもしかたがありません。例え相手に非があったとしても、一方的に要求を「送っただけ」ではダメです。相手が合意した証拠(双方のサインや押印のある議事録等、メールなら合意したという返信)が無ければ、知らん振りされても仕方がないでしょう。

    今まで特に問題が無かったのはトピ主の側が「普段お付き合いしている業者さん」よりも強い立場であったか、あるいは「普段お付き合いしている業者さん」が善意で対応していたからでしょう。もし前者なら立場が変わった場合は痛いしっぺ返しがくるかもしれません。あるいは、最近の「コンプライアンス重視」の観点から指摘を受けるかもしれません。

    繰返しますが、改竄の恐れが無いように記録した物でないならば、相手のサイン・押印等が無いものは議事録ではありません。単なる個人的なメモ・控えの類です。そんなものを持ち出されても「合意した記録が無い」と言われればそれまでです。

    ユーザーID:4718767741

  • 認識違い

    貴方の言い訳はよく分かりましたが、
    貴方の言って事いるには欠陥があります。
    そもそも、契約外の仕事は任せてはいけません、
    一方的なメールや口約束で、本来有料になるような仕事をサービスとして無理にさせてはいけません。

    今までの業者は、長い付き合いと得意先ゆえに、散々貴方がたの迷惑な要求を呑んできました。
    しかし、時代は変わりました、これからはそうは行かないのでは?
    面倒なサービスには必ずお金がかかるものです、無理に通そうとしてもトラブルになります。
    「今までの業者だったら無料でやってくれたのに」ではなく、
    今まで無料でやって貰ったこと自体が、上から目線の奢り、
    一方的で無理や強制でなかったのか、
    自分の仕事まで相手に丸投げし、サボっていなかったか、
    早急に会社の契約方法、コンプライアンスを見直すことをお勧めしますよ。

    ユーザーID:7794857979

  • う〜n

    やはり、普段利用している業者さんを使わなかったのが一番の落ち度でしょうし
    仮に新規参入を是とするならば、打ち合わせの感触…をちゃんと仕事目線で
    追えるようにならないと難しいでしょう。
    単純に相手が「いい話」をして来たから喜んで乗っかる、では今後も同じような目に
    会う事が予想されます。

    今回の件で相手の非をあげつらうのは無意味です。
    何故かと言えば、その業者が現在も運営できているとしたら、
    トピ主さんの案件以外はちゃんとやっているからなのでしょう。
    全てにいい加減な仕事なら、早晩潰れるでしょうから。

    では、何でこんな事になったのかと言えば、甘い話にありがとう嬉しいと
    感謝の言葉だけで終らせたからかもしれません。
    元々移動や納品に関しては費用は発生しないのでしょうか?
    そういう部分も含めて、相手側もトピ主さんの仕事のやり方を疑ったのかも
    しれません。まぁ、単純に面倒になったから…という事もあるかもしれませんが。

    これも良い経験と思えば、次に活きるでしょう。

    ユーザーID:6911638149

  • いい勉強になったと思って

    お疲れ様した、大変でしたね。
    私も長らく同じような仕事をしていますが、その場にいた人二人ともがそんな対応なのはちょっと驚きです。

    おそらく、その場では良いと言ったものの、あとから面倒になって「聞いてない」と言う事にしたのではないでしょうか。

    しかしながら、やはり色んな人がいます。
    打診を確定と誤った自己判断をして動いてしまった業者の新人さん(すぐに飛ばされていた)、
    納期を完全に失念していた相手(結局間に合わず以後取引なし)、
    本当に様々なことがありました。

    用心する事を学んだ訳ですし、その業者さんとは関わらなくてもいいでしょうから
    これからの仕事を頑張ってください。

    ユーザーID:1074732172

  • います!そういう業者さん!

    「聞いてない!?」って思うでしょう?
    忘れているんですよ、本気で。恐ろしいことに・・・。三週間経っているのもありますが、他の方が言われるように、相手が見積に「どうやって」「いくらで」と記載してない限り、口約束を鵜呑みにしてはダメなんです。

    おそらく打ち合わせの席で、「難しいけど」「やり方は考えないと」など、出来ない可能性もちらつかせていたはずです。
    その場でやり方といくらかかりそうかまで詰めて話すべきでした。

    まあ忘れてあげて下さい。相手も逆切れするようでは、それで仕事を逃していることは多々あるはずですからね。

    ユーザーID:5055485072

  • 働いていればそういうこともある

    端的に言えば、相手に侮られていたのですよ。
    なめられていた、とも言いますね。

    本当は、面倒なことまで引き受けたくなかった。気が進まないから電話もしなかったし、トピ主さんの電話にも出なかった。最後はダメ元で、「聞いてない」で押し通そうとした。

    トピ主さんを侮っているから取れる態度です。
    腹が立つのは当然です。

    トピ主さん自身、反省点があったとお感じですし、他のレスと同じことを書こうとも思いません。結果論ならいくらでも言えます。

    それでも言えるのは、相手に侮られる経験は多くの人がしているということ。
    そんなことで泣いているうちは、一人前ではないということ。
    相手がこちらを侮っていることに気づかず、単に低レベルな業者と思っているうちは、同じ失敗を繰り返すということです。

    仕事も覚えて自信がつくと、ひとりでできる、ひとりでやらなければという気持ちが先走りがちです。けどどんなに優秀でも若手には「格」が不足しており、格の低い相手を侮るような人間には苦労させられます。そういう相手に上司の格を使って対抗する、それを「上司を使う」と言います。

    そこまでできて一人前。頑張って。

    ユーザーID:0291221953

  • 貴女の仕事に対する姿勢が招いた。

    こう考えるべきです。

    結果論と言う人もいるかも知れませんが、
    皆さんの言われるしっかりと確認しておけば、未然に防げます。

    業者がやるべきと思うなら、その場でそう伝えるべきです。

    慰めてほしいだけなら、不本意かも知れませんが、
    今の姿勢を変えないとまた起こる可能性があるということです。

    ユーザーID:5650754709

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧