酸味の強い柑橘系果物の食べ方について

レス18
(トピ主5
お気に入り12

生活・身近な話題

Sara

我が家には、グレープフルーツのような、夏みかんのような、甘夏のような、めちゃくちゃ酸っぱい大き目な柑橘系の果物の木があります。

例年はそのまま食べられるくらいの酸っぱさだったのですが、今年あり得ないくらいの重度の酸っぱさで、鈴なりで大量にあるのですが、とても食べられるような状態でも人にあげられる状態でもないので、母がジャムにしようと大量の絞り汁に砂糖を入れて煮詰めました。それでも酸っぱさはかなりあるのですが、酸っぱいモノ好きな私はなんとか口にできるほどにはなりました。

ただ、果肉や皮を入れなかったせいか?わかりませんが、かなりシャビシャビで、市販のヨーグルトにかけるフルーツソース以上に水っぽく、ジャムとしてはシャビシャビ過ぎ、かといって煮詰めたら酸味と苦味が強くなりそうで、どのように使うか悩んでいます。

私としては、炭酸水で割って飲む、蒸したさつま芋などの甘い食材を輪切りにしてかけて食べるなどしか思いつきません。

どなたかいいアイデアがあったら教えていただけないでしょうか。困っています。

ユーザーID:8336824529

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
  • 砂糖をかけるだけ

    私は酸味の強いグレープフルーツは半分に切って
    半分に切った面に砂糖をかけます。
    それをお皿に乗せ
    ギザギザスプーンですくいながら食べます。
    ギザギザスプーンはグレープフルーツスプーン
    って名称で売られています。
    砂糖をかけるだけで酸っぱさが緩和され本当に美味しいです。

    ユーザーID:8739759843

  • ぜりーはどうでしょうか?

    果肉と皮にペクチンがあるので、それがないと固まりにくくなります。市販のペクチンを加えて煮たらもっと固くなるでしょう。 

    私なら寒天やゼラチンを使って甘味も加えてゼリーにするかもしれません。

    ユーザーID:8690993536

  • 1ヶ月おく

    実家で獲れるはっさくと夏みかんを毎年楽しみにしています。

    収穫後すぐに食べていませんか?
    父曰く、ビニールに入れて一月くらいおくと甘みが出るそうです。

    袋に入れないとシワシワになってしまうので注意&
    時々袋の中を確認して腐っているのがないかチェックが必要です。

    すでにご存知でしたらごめんなさい。

    子供の頃酸っぱいグレープフルーツはお砂糖かけて食べたりしましたけど、、、

    ユーザーID:8471349854

  • 加工前のものも...

    絞っていない、収穫しただけのものもまだまだたくさんあるので、どのように消費したら良いか、何かご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。お風呂に入れるくらいしか思いつかないないので。。。

    ユーザーID:8336824529

  • 皮も一緒に煮る。

    なるべく楽してジャムっぽくしたいなら、ゼラチンでとろみをつければいいのでは?。酸味が強いとゼラチンが働いてくれない場合もありますが、ネットで調べて方法を見つけてください。

    そうでなければ、
    皮も一緒に煮ればマーマレードになります。
    消毒してあってもなくても、皮の表面に苦みの元があるので、皮の表面を金属たわしのようなもので強くこすってわたもそのまま一緒に薄く切って何度も水を変えながらよくもんで、茹でます。
    圧力鍋なら簡単です。
    それをまた良く水の中でもんで絞ってから、
    そのびしゃびしゃのものと合わせて、弱火にかければ
    あっさりと食べやすいマーマレードになります。皮の量によっては、お砂糖を加えて。しぼってあるので、混ぜただけでも結構ジャムっぽくというかマーマレードっぽくなります。

    後は、そういう柑橘が大好きな人もいるので
    「ご自由にお持ちください」
    と書いて玄関前においておけばいいのでは?。

    もう一つの方法は、
    ずっとそのまま放置しておくだけで勝手に酸が抜けます。皮がしわしわになるくらい
    忘れるくらい放置です。
    グレープフルーツも、種類によってはレモンも、そうすれば結構パクパク食べられます。
    酸が強いので結構いたみません。
    ダメもとでお試しください。

    ユーザーID:9536981041

  • 柑橘をジャムにするときは皮と袋が必須

    柑橘類をジャムにするときは皮と袋(果肉を包んでる薄い袋)が必須です。
    そこにペクチンが含まれているので。

    ……まぁ、それはさておき。


    お肉の塊を煮込むとき(角煮とか)や、ぶりなど脂ののった魚の煮物に使うとさっぱりと食べやすくなるのではないでしょうか。砂糖が入ってるので艶も出そう。

    ドレッシングとか、粉砂糖をシロップで溶いてアイシングにしてパウンドケーキにかけても美味しそう。

    後は、今の季節だとショウガのしぼり汁も一緒に入れてお湯で割って飲むと風邪予防や冷え対策になって良いと思います。

    ユーザーID:8717285359

  • 昔は

    昔のグレープフルーツは今よりも酸味がきつかったため
    重曹をかけて食べていたそうです。

    つい先日父がそんな話をしていてびっくりしましたが、
    確かに酸とアルカリで中和されるんじゃないかと思います。

    ジャムにしたものには試したことはありませんが、
    まずは少量で試してみるとよいかもしれません。

    その際は食品グレードの重曹でお試しください。

    ユーザーID:5261050951

  • そうですね

    祖母が酸っぱい夏蜜柑を砂糖漬けにしていました。
    絞った果汁をゼリーにもしてくれました。
    夏蜜柑酒も美味しかった。

    ドレッシングにするのもいいかもしれませんね。

    ユーザーID:3947318896

  • 砂糖をかけます♪

    柑橘類が大量になったなんて羨ましい!
    はっさくなど酸っぱい柑橘類を買った時は、手間がかかりますが皮を剥き、小袋から出して実だけにします。それを保存容器などに入れ、上からグラニュー糖をかけ、時々シャカシャカ揺すりながら冷やし食べます。
    我が家では家族全員これが大好きですが、剥いて冷やすのは私だけ。準備にはかなり時間を要しますが、冷蔵庫から出すとあっと言う間になくなってしまいます(笑)

    ユーザーID:0225625338

  • レモンがわりにはなりませんか?

    我が家には花柚子という、名前にもかかわらず香りは薄く、ひたすら酸っぱい柑橘の木があります。
    青い実はカボスやスダチに似ていますが、ずっと果汁は豊富です。

    レモン代わりにばんばん使っています。
    揚げ物や焼き物にかけたり、しぼり汁をドレッシングやポン酢にしたり、スピリッツ系のお酒に入れたり、いくらでも使い道はあります。

    そんなに酸っぱい柑橘なら、同じように使えないでしょうか。
    産地では、夏みかんの果汁で酢飯を作るという話を聞いたことがあります。
    レモン代わりだけでなく、酢の物などのお酢代わりにも使えば、かなり消費できると思います。

    ちなみに、マーマレードのとろみの元(ペクチン)は果肉の袋や種の周囲に含まれるのではなかったでしたっけ?
    果汁のみではかたまらないと思います。

    ユーザーID:3727687103

  • ドレッシング

    ・オリーブオイルと塩胡椒でドレッシングにして、サラダやカルパッチョに。
    ・トピ主さんが書かれている炭酸水割りに、アイスクリームを入れてフロートに。

    ユーザーID:1505060193

  • 砂糖漬け

    うちでは酸味の強いミカンは砂糖漬けにします
    皮と袋を剥いてタッパーなどに並べてその上から砂糖をかける
    それだけです

    グレープフルーツは半分に切ってその上に砂糖をかけて
    専用のスプーンで食べてます

    ユーザーID:6960588834

  • ありがとうございます。泣

    早速ご回答いただきまして、ありがとうございます。
    様々な情報をありがとうございます。本当に勉強になります。

    ジャムにはやはり皮や袋が必要だったのですね!
    実は昨日、私が留守にしている間に母が絞って煮てしまっていました。さらに皮もすでに廃棄されてしまっていました。(畑で使う堆肥にするためのコンポストへ投入されていました)

    すでに煮てある分に関しては、いくつかに取り分けして一つは肉の塊を煮込むときに使ってみます。また、残りはゼラチンを入れてとろみをつけてみます。ドレッシング、アイシング、生姜お湯割りも試してみます。

    まだ皮のついたままのものもたくさんあるので、その皮を使ってシャビシャビのものと一緒にもう一度ジャムにもチャレンジしてみます。ジャムが上手くいったら小瓶に詰めて友人や親戚への手土産にしたいと思います。

    「ご自由にお持ちください」...は、うちが田舎の奥まった路地にあり人目の少ない立地で、地域に不審者情報もあるので、万一いたずらをされ、その後それをお持ちになる方がいる可能性を考えて控えたいと思います。ある程度人通りがあって、人目のあるところならいいのですが。。。
    あと、目から鱗だったのは、

    >そのまま放置しておくだけで勝手に酸が抜けます。
    >酸が強いので結構いたみません。

    そうなのですね!そういえば温州みかんと違って痛みにくいですよね。昨年も日にちが経ってシワシワになっても皮にカビが出たり痛んだりしたのを見た事がありません。酸が強い=痛みにくい。そうですよね。なるほどです。これもぜひ試してみます!ありがとうございます。

    ユーザーID:8336824529

  • ありがとうございます。嬉

    砂糖をかけるだけ。ゼリー。市販のペクチンを使う。レモン代わり。砂糖漬け。アイスクリーム。カルパッチョ。ビニールに入れて放置。もしてみます。

    こちらで情報をいただいて、早速母にも話してみました。そしたら、そういえば昔、大婆ちゃんが果肉に重曹と砂糖を混ぜていたのを思い出したそうです。皮に固まる成分(ペクチン)が含まれていることは私も母も知りませんでした。単純に苦味が少ないジャムになれば…と深く考えていませんでした。汗

    酸味が強いものにアルカリ性で中和する。これもポイントですね。
    本当にありがとうございます。とにかくいろいろ試してみます。

    ユーザーID:8336824529

  • 我が家は、子どもたちも大喜びです。

    プカプカ、風呂に入れてました。

    ユーザーID:2679268987

  • 皮をむいてはちみつでマリネ

    ジャムより簡単な食べ方であればこれがおすすめです。
    薄皮をむくのが手間ですが、包丁で外皮ごと薄皮をむけば簡単です。
    はちみつをからめて保存容器に入れ、3日ほどはおいしく食べられます。
    はちみつは、オレンジの花やボダイジュなど香りの高いものを使うと
    びっくりするほどおいしく出来ます。

    お酒がお好きなら、果実酒もおすすめです。
    酸っぱい果物であればあるほど、おいしく出来ます。

    ユーザーID:3412175443

  • 引き続きありがとうございます。

    はちみつも使ってみたいと思います。花の種類でだいぶ変わるのですね。興味津々です。百貨店やネットを駆使して入手してみたいと思います。

    果実酒は、我が家は日常的にお酒を飲む人がいないので選択肢になかったのですが、酸っぱい果物ほど美味しくできると聞いて試してみたくなってきました。

    取り急ぎジャムの修正(皮や袋付き果肉の追加)をしてみたところ、いい感じに仕上がりました。酸味は強めですが食べられそうです。次回は加工前に放置して酸味が抜けた頃を見計らって作ってみたいと思います。

    今日は晩御飯にドレッシングを作りましたが、こちらも良かったです。レモン汁や酢の代わりとして十分楽しめますね。その他も順次チャレンジしてみます。今日はドレッシングに使った後の皮をネットに入れてお風呂にも入れてみたいと思います。

    毎年、鈴なりなのに喜べず、憂鬱だったこの果実の消費がとても楽しみになってきました。皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

    ユーザーID:8336824529

  • 来年に向けて・・・

    あと来年に向けて、この木の周りの土壌の整備もしようと思いました。

    もともと酸っぱかったけれど、今年は今までより非常に酸味が強い=酸性度が高くなった→土壌の変化も考えられるので、石灰系の肥料をあげたりして土壌のアルカリ化を意識したり、木そのもののメンテナンスも考えてみようと思います。

    考えてみると、うちは昨年秋の台風の影響で、広範囲に渡ってかなりの塩害を受けた地域(比較的海が近い東海地方)で、昨年の台風の後、周囲の木の葉が一斉に茶色になって落ちたり、野菜の苗などに大きな被害があった地域なので、もしかしたら関係があるかもと思いました。

    当時、この木の葉は少し色が浅く(薄く)なったような気がしましたが、茶色くなることはなく、大量に落ちることもありませんでした。今後は台風の後はすぐ木に水をかけて塩を洗ったりするなど、気を配ってみたいとも思いました。

    今回皆様からいただいたお話がきっかけで思い至りました。ありがとうございます。

    ユーザーID:8336824529

レス求!トピ一覧