• ホーム
  • 男性発
  • 男性の更年期、慢性疲労の克服の仕方教えてください

男性の更年期、慢性疲労の克服の仕方教えてください

レス6
(トピ主0
お気に入り9

男性から発信するトピ

更年期

高校卒業後、就職しました。
同じ会社に勤め、来年定年になります。

不規則な勤務のため、不眠になり、まだパニック障害という言葉がなかった頃、発作が起きたり、何度かうつも経験しました。

この40年、5時間以上続けて眠ったことは一度もありません。

今でも2、3時間おきに目が覚めてしまいますが、比較的すぐに眠ることができるので、以前に比べればだいぶ楽になりました。

現在は昼間だけの仕事で規則正しい生活を送っています。ところが、ちょうど1年ぐらい前から何時間寝ても気力がわかないのです。

ネットで調べたところ、男性の更年期障害というのあるらしく、泌尿器科で前立腺を調べてもらいましたが、異常なし。

鉄分や亜鉛、マカのサプリを数か月飲みましたが、効果がないため、また、うつかと思い、予約を取るのが難しいという心療内科に行き、この40年間のことをすべて話しました。

すると医師に「エネルギーを使い果たしてしまった」と言われ、DHEA、ビタミンB6、亜鉛、タウリンのサプリメントを処方されました。

2度目の診察では「慢性疲労」と言われ、同様のサプリの服用を続けていますが、いつまで経っても良くなりません。

男性の更年期や慢性疲労と診断された方、同じような経験をされた方、どのように克服しましたか?

ユーザーID:6786502486

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 意識して太りました

    ありましたねぇ
    体調は悪くないのに気力だけが湧かない。

    食欲も湧かないし、筋肉は落ちていくからどんどんしなびたナスビみたいになって行く。

    そんな時、随分ご高齢のピアニストの方が、1日に何時間も練習してモリモリとステーキを食べているシーンが映し出された。
    高名な登山家の方が最高齢でまだまだ山登りに挑戦していることが紹介された時も、やはりモリモリとステーキを食べている。
    どちらの方もやや小太り。

    勝手な思い込みで、年をとったら野菜や魚を多く摂る方がいいと思い込んでた。
    諸説あるけど、高齢者ほど肉食を推奨する説もあった。
    長命は小太りの人の方が多い。
    慢性病のリスクは増えるが、命にかかわる大病のリスクは減るのだろうか?

    元々ステーキが好きだったという部分もあるけど、モリモリとステーキを食べてみた。
    最初はモリくらいだったけど、だんだんと食べられるようになった。
    肉をモリモリ食べると、なぜか気力もモリモリ湧いてくるから不思議。

    今はすっかり気力を取り戻し、好きだった釣りを再開。
    半日立ったまでも平気。
    ゴルフも60代になってから100を切れなくなっていたのに90台前半まで回復した。
    妻に一戦お願いしたら、驚きながらも応じてくれて、すこぶるご機嫌が良くなって夫婦円満になった。

    私もショートスリーパーだが、特に気にしていない。
    人より活動時間が長くて嬉しいとすら思う。
    4時間睡眠(途中一度は起きる)と家にいるときは30分ほどの昼寝でスッキリ過ごせる。

    エネルギーを使いはたしたという医師の表現は当たっているのだと思う。
    使い果たしたのなら補充すればいい。
    その為には少々太るくらい食べた方がいいのでしょう。
    少なくとも私は良かった。

    ユーザーID:0804202783

  • 寝るにも体力必要

    足裏にお灸をしました
    たぶんトピ主さんはエネルギー不足です意外ですが寝るにも体力って必要なんですよ

    特に湧泉(ゆうせん)ってツボ
    よかったらお試し下さい

    ユーザーID:0814962977

  • 泌尿器科へ相談してみてください

    夫が治療しました。
    泌尿器科でホルモン値を調べてもらい、低下が認められたので、ホルモン補充の注射に通いました。
    その他に漢方薬も処方されました。
    すべて保険適用です。

    効果は…人それぞれのようです。
    やはり、長年の不規則な勤務状況もあって、これだけでは夫の体調は戻りませんでした。
    特に睡眠の質の悪さは、精神科での処方される薬を併用しないと難しかった。

    複数の専門医にかかり、適切な治療を受けることが最善で最短だと思います。

    そして、「運動」。
    強弱つけた散歩程度で良いんです。
    筋肉を付けることが大切らしいので、運動後には鶏ササミかプロティンをお試しください。

    ユーザーID:1969900444

  • 漢方

    トピ主さんの場合は漢方がおススメです。
    なんとなく元気が出ない、検査しても原因が見つからない、そんな病名がつかない症状を漢方が得意にしています。
    ぜひお近くの漢方外来を受診してください。

    ユーザーID:8934558735

  • dbさんに同意

    私も同じ状態でした。私は男性更年期症候群との診断でホルモン注射と漢方で乗り切る事が出来ました。
    この病気はうっかりすると精神薬が処方されてしまいがちです。一度検査してみる事をお勧めします。

    ユーザーID:4836264007

  • 年齢相応


    齢だからと片付けてはいけないとはよく言われる事ですが、事実だから致し方ない。
    どうして定年という?
    この辺が体力気力共に限界だよという証ではないでしょうか。
    現に限界に近付きつつあるから、体がだるい、疲れが抜けない。理に適っている。

    齢のせいにしてはいけないというレスが付きそうだが、事実だから仕方ない。
    齢だから引退してくれというのが定年でしょ。半世紀近い勤務の疲れが、定年が近付いている今どっと出て来た。
    どうにかしようという方がおかしい、基本はどうにもならない。

    定年後に自由時間が増え、のんびりした気分になれば、そのように身体も反応する。

    ユーザーID:7596516900

レス求!トピ一覧