現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

花めぐり海外旅行のおすすめは?

昼廻り猫
2019年4月7日 22:36

現在私が住む地域では桜が満開で、どこを歩いても花見状態な季節を迎えています。

桜大好き!
桜最高!!

たまたまラジオを聴いていて知ったのですが、現在トルコでもアーモンドの花や杏の花がシーズンを迎えているそうです。アーモンドの花って桜に似ているんですよね。ちょっと興味がわき、花見目的でトルコへ行ってみたいな、と思いました。

あと、南アフリカのジャカランダ並木?が、薄紫の桜っぽくて、甘い香りがして花見気分を味わえるという話を耳にしたことがあり、こちらも気になっています。

桜っぽくなくてもよいので、花見目的に海外旅行をするとしたら他におすすめはありますか?

ユーザーID:6445762342  


お気に入り登録数:74
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:48本

タイトル 投稿者 更新時間
いいですね!
モカ
2019年4月8日 1:07

私もアーモンドの花を初めて見たとき、桜かと思いました。ジャカランダは我が家の庭にあります。(北米ですが)満開時はとても綺麗です。

木が目的ではないのでちょっと趣旨が違うかもしれませんが、お花が綺麗な季節にでカナダのビクトリアに行きたいなと思ってます。The Butchart Gardensなんかいいな、と。もともと庭園が好きなので、旅行先に庭園がある場合は立ち寄ることが多いです。

ユーザーID:4769768585
長旅でのモロッコで・・・
janjan
2019年4月8日 7:36

数年前に行ったモロッコ(ツアーに参加)はドバイ乗り継ぎでの長時間フライトですが、アーモンドの花の時期に合わせた1月末から2月上旬は本当にアーモンドの花が綺麗でしたよ。
まさしく桜の花と見た目は同じでした。
専用ツアーバスなので、花満開の場所で止めてくれてそれぞれが写真撮影もできました。

何度も個人で行っているロサンゼルスでも初夏はジャカランダの花が満開で(大木なので迫力があります)見応えはあります。
毎年海外は行きますが(トルコは初冬だったので花はあまり気にしなかったです)、花巡り旅行までは考えていなかったです、良いアイデアですね。これからは気にしながら行きたいと思います。
来月はクロアチア・スロベニアに行くけど、今調べたらプリトヴィッツエ湖群国立公園は自然公園で世界遺産なので、初夏の自然に出会えるみたいなので楽しみです。

海外への旅行は本当に体力・気力勝負にもなるので普段から運動して体力は付けておいた方がいいです。私は最近70歳になったばかりの母ですが、若い頃から運動好きで欠かさなかったから元気でもあると思っています。仕事辞めてからのここ10年間で20回の渡航歴ですが、体を毎日鍛えているお陰で不安もないし時差ボケもほとんどありません。
海外の綺麗な花巡りも体が資本にもなりますよね。

私も皆さんのレスを参考にさせてもらいます。

ユーザーID:1978046056
カリフォルニア、でも行くのが大変かも
うー
2019年4月8日 9:38

ちょっとだけ、アメリカのカリフォルニア州に住んでいました。

農業が盛んなので、フリーウェイから、Central Valleyの一面のアーモンド畑や桃畑の花が見えました。
平野だし畑なので樹高も木の間隔も一定で、白やピンクの横帯状に見えました。
でも私有地ですし、近くに舗装道路や家もないです。観光スポットではないですね。

ジャカランダは、ハリウッドやサンタモニカの大通りにも植わっています。
道幅が広く木の間隔も空いているので、お花のトンネルにはなりませんね。
しかも花の咲く時期の5月は、May Grayと言って曇りがちなので、写真映りがイマイチです。

サンディエゴ近くには、ラナンキュラスの観光花畑がありました。
北海道、美瑛のラベンダー観光花畑より少し広い感じですかね。
駐車場の空きスペース探しが、少し大変でした。

カリフォルニア・ポピーで有名なアンテロープ・バレー・ポピー州立保護区もありますが、そこはもっと駐車場が狭いです。

現地の人も集まるので、慣れない海外での花見は大変だと思います。
公共交通機関が発達している地域や国、花目的のツアーなら、まだマシなのでしょうね。
普通の海外旅行をして、道中の日本で見ないお花に注目したり、植物園に行く楽しみ方が無難かも。

ユーザーID:0793011328
思い出話でごめんなさい
山が好き
2019年4月8日 12:10

GWに訪れたイギリス・ウエールズの菜の花。
菜種油を取るための畑なのですが、一面の黄色の絨毯の中、ガイド付きのポニーに乗って散策したのは素敵な思い出です。
ヨーロッパならあちこちで見られる風景かと思います。

イギリスと言えばイングリッシュガーデン。
有名庭園はいつでも素晴らしいのですが、GWのころはシャクナゲの花盛りで一層華やかです。
泊まった小さなホテルの庭がまるで秘密の花園で、人気のない早朝のシャクナゲも忘れられません。

5月のフランスの真っ赤なひなげしの野も印象深いです。
与謝野晶子が「我も雛罌粟(コクリコ)」と歌ったあの風景です。
かなり昔の旅なので今も変わらずにあるのか不安ですが、晶子の頃からの景色ならまだ大丈夫かな。

ところで、取りあえずアーモンドの花の雰囲気を味わうのに、更埴のアンズはどうでしょう?
今からがシーズンのはずです。
私は未見ですが、更埴のアンズの花盛りは素晴らしいと友人が力説しています。
また、甲府盆地の桃やプラムの花もこれからが盛りのはず。
こちらは何回か訪れましたが、盆地が薄桃色に染まります。

いずれも花期には年ごとにずれますから、行かれる方は地元の観光協会HPなどをチェックの上おいでください。

ユーザーID:9367855960
花の季節なら
まこ
2019年4月8日 13:51

その国の花の季節に行けば、特定の花でなくても色々楽しめるのではと思う。

南アフリカのツアーパンフのジャカランダ、本当にきれいですよね。
見てみたい、でも南アフリカまで行く機会はなかなかないだろうしなと思っていたのですが、何年か前、たまたま春にポルトガルに行ったらちょうど季節だったようで、公園に咲き乱れる紫の花が本当にきれいで。
なんか、南アフリカに行かないと見られないみたいに思ってたので、思いがけず予定外にこんなにきれいなジャカランダの花が沢山見えて驚き感動でした。
現地での呼び名から原産は中南米?そちらでもきれいなところが沢山ありそう。

で、翌年やはり春に今度は北アフリカに行ったらホテル内にジャカランダの花がきれいに咲いていて。え、南アフリカだけでなくポルトガルだけでなくこんなところにもあるんだ。ベランダからきれいに見え、ルームサービスの朝食をベランダのテーブルで花を愛でながら食べて、まったく予想していなかった旅の楽しさがひとつ追加でとてもうれしかった。

アーモンドの花は昔海外に居た時、街角のどこかの庭に一本見掛け桜そっくりで驚いて感激。「こんなところで桜が?!」と言うと、駐在の長い方々に「多分、アーモンドでは」と言われました。
その後、「2月はアーモンドの花が咲き乱れる」という国に3月に旅行し「もう遅いだろうな」と思ってたのですが、標高の高いところなど結構まだ残っていて固まって咲いているのをあちこちで見かけました。
でも桜に比べると、イマイチでちょっとガッカリ。最盛期だともっと圧巻なのか、あんなものなのか。
でも春の花の季節なので国のあちこちで色々な花が咲いていてきれいでした。

ということで、特に狙って行かなくても「花の季節」に行けばここでもあそこでも花が!と楽しめるのではと思います。
行ったことないけど、花の季節にスイスに行ってみたいです、きっときれいそう。

ユーザーID:8438120061
イギリスにてチェルシーフラワーショー
なつ
2019年4月8日 17:30

イギリスは園芸が盛んなことで知られる国ですが、年に一度大きな祭典があります。
それが「チェルシーフラワーショー」です。毎年五月の末ころに開催されます。

庭園を模したもの、新しい品種、寄せ植えのコンクールなど、本当にさまざまな花が楽しめるということです。
私も一度でいいから行きたいのですが、一緒に行ってくれそうな人もおらず、まだ行けていませんが死ぬまでに一度行きたいと思っています。
チケットがないと入れないでしょうから、チケット込みのツアーで行くのが安心でしょうね。

ユーザーID:4234816992
チューリップ
おちょこ
2019年4月8日 18:11

オランダのキューケンホフはチューリップの季節だけ公開されている庭園です。多様なチューリップが咲き乱れて迫力がありますよ。また、その時期のオランダはどこまでも続くチューリップ畑が色とりどりのストライプを作っていて見惚れてしまいます。

ユーザーID:6771022359
キューケンホフのチューリップ
花の都
2019年4月8日 21:52

他レスにもありましたが、キューケンホフのチューリップは素晴らしいですよ。
20代の頃、週末に、留学先のパリから車で、オランダを回り、丁度見ごろのキューケンホフを訪れました。
多種多様のチューリップが美しかったです。

それから、30年後に、子供たちを連れてロンドンから車で、再訪しましたが、やはり素晴らしかったです。
但し、観光客の数が圧倒的に増えていて、現在は結構な観光バスがやってくるので、圧倒されるかも。

花自体は毎年、開花時期にあわせて開園するので、開演中はいつ行っても、満開状態です。

チェルシーフラワーショーも素晴らしいですが、ここは、まずイギリス全土からシニア世代が観光バスでやってきます。
開催中は、近所の交通渋滞が凄いです。
TVでも毎日放送されます。このショーが始まると、ロンドンにも春がやってきたな、という感じです。

どちらも、車が無いと不便ですが、チェルシーの方は、路線バスや特別バスがこの時期だけ、最寄りの駅からでるので、大丈夫です。

ユーザーID:9704811740
トピ主です
昼廻り猫(トピ主)
2019年4月8日 23:57

みなさん、ありがとうございます!
初めてトピを立てたのですが、レスをいただくのって嬉しいものですね。

ジャカランダの花は桜を彷彿とさせられる、そして甘い香りだ、というのは20年ほど前に聞いた話で、以来ずーっと気になっていました。
アフリカの他にもポルトガルやカリフォルニアにもあるんですか(メモメモ)。

カリフォルニアって今までなぜか花のイメージとは結びつかなかったので、他にもいろいろあるとのことで新鮮でした。

そして、やはりお花めぐりや自然といえばヨーロッパの国々の名前が挙がりますね〜。
イギリス、フランス、スイス、オランダ、クロアチア、スロベニア。。。どの国もあちこち見どころがありそうでワクワクします。

カナダのブッチャートガーデン、有名ですよね。こんな私でも名前だけは知っていました(笑)。

モロッコにもアーモンドの木(花)があるとのこと。モロッコに行く機会があれば、できればアーモンドの花が咲く時期を狙いたいと思います。

それと、国内の情報もありがとうございました。
長野(更埴)の杏、山梨の甲府盆地が桃の花のシーズンに薄桃色になるというのも素敵♪

今日は雨降りでじと〜っとした一日でしたが、皆さんのレスのおかげで今夜はお花の妄想にふけりながら眠りに着けそうです、ありがとうございました。

ユーザーID:6445762342
ルピナスの群生@ルピナス
樺太
2019年4月9日 11:50

一昨年、母とともに初夏のサハリン(樺太)を訪問しました。
母もお花が大好きで、自宅では温室を作ってランを育てています。

母が年老いてきて、これが最後の海外旅行になるかもしれないから、お花のきれいなところへ行きたいと言い出し、なるべく母が疲れないようにフライト時間が短く、旅行好きな母が言ったことがないようなマイナーな都市を探した結果、サハリンに決めました。

サハリンは東京から直行便で2時間半でした。初夏に訪問したのですが、だだっ広い丘一面にワイルドフラワーが生い茂り、それは見事なものでした。とくにルピナスの群生が素晴らしく、母がもう一度、行きたいというので、今年も訪問する予定です。

かつて日本が統治していたころの建物や記念館などがあり、日本人にはどことなく懐かしい街です。景色が素晴らしいだけでなく、豪快なシーフード料理で胃袋も満足しました。

かつて仕事で住んでいた欧州の幾何学的な庭園も素晴らしかったですが、広大な自然の中に生い茂る野生の花は息をのむほど美しかったです。

ユーザーID:3322683731
サハリンですか!
昼廻り猫(トピ主)
2019年4月9日 22:00

サハリンのレスをいただき、びっくりしています。

そもそもサハリン自体が渡航先としてなかなか思いつかないうえに、ワイルドフラワー生い茂り、ルピナス群生という、さらに想像を超えた展開でした。ルピナスってニュージーランドが有名ですが、サハリンも見事なのですね!

日本の面影は無くなっていると思っていましたが、建物も残っているんですか。。。意外です。そしてなんだか嬉しいです。

お料理はシーフードが美味しいのですね。貴重な情報をありがとうございました。

皆さんのレスは癒されるし本当に勉強になります。ありがとうございます。トピを立てて良かったです♪

ユーザーID:6445762342
ジャカランダ綺麗ですね
nona
2019年4月9日 23:26

遅ればせながらジャカランダの花と聞いて思い出しました。
私のこの花の思いではオーストラリアです。日本で言う秋、あちらの
春にこの花は街のいたるところで咲いていました。並木と言うより
公園や住宅地の庭などに大きな木がある感じで、丘の上から見ると
紫のポンポンがあちこちに置かれているようでしたよ。
私はパースでしたがオーストラリアの南の方なら見られると思います。

また桜とはちょっと違いますが、アジアの蓮も素晴らしいです。
カンボジアの遺跡の中の池に一面に咲いている蓮は本当に綺麗です。
中国でも夏は池が蓮でうまり、大きな公園では船に乗って蓮池を
回ることが出来ます。船頭さんのいる細長いボートです。
これも風情がありますよ!

ユーザーID:7990796909
ワシントンDC
riri
2019年4月10日 10:27

在米の者です。
アメリカ合衆国の首都、ワシントンDCには日本から贈られた桜がホワイトハウス近くの
タイダルベイスンというエリアに咲き誇るのはご存知かと思います。
これが本当に見事です。桜は確かに日本にどこにでもありますが、ワシントンモニュメントや
ジェファーソンメモリアルなどアメリカの迫力ある建造物を後ろに咲き誇る桜はまた違った味わいがあります。
何よりも日本人に限らずありとあらゆる人種の人々が桜を愛でる様子はとても感慨深いものです。
ソメイヨシノももちろんですが、ソメイヨシノと交雑して?生まれたアケボノという品種の木が多く若干ピンクが濃いのがまた写真映えします。
是非一度見て頂きたいですね。ただ、開花の時期を予想するのが難しいのが難点です。。
毎年見頃が微妙に違います。幸いDCは観光するには事欠かないし、NYも割と近いので、2週間ぐらいの余裕を持ってボストン、NY,DCなどを巡る旅にしたらいいかも。

ユーザーID:9873989330
南アフリカのナマクワランド
きよちゃん
2019年4月10日 13:50

南アフリカのナマクワランド国立公園では、8月下旬から9月上旬の数週間だけ岩石砂漠と呼ばれる土地にデイジー、ガザニア、松葉ボタンなど数千種の花が咲きます。
オレンジ色の絨毯を敷きつめた風景はまさに”神々の花園”です。
同公園は日本の本州の半分ほどの面積のため、また花の咲く地域が天候により毎年不規則なためスプリングボックに宿泊して車で移動することになります。
また、ケープタウンにあるカーステンボッシュ植物園では、南アフリカの国花のプロテアの大輪の花が見られます。

ユーザーID:1124016839
カナダ〜ビクトリア、バンクーバー
こまったちゃん
2019年4月11日 17:35

ビクトリアのブッチャートガーデン、ぜひ行ってください。
花ってこんなにきれいなんだ〜という感動でいっぱいでした。

そして街ナカも、花であふれています。
今日本の都市でもまねをしている所がありますが、街の中の街灯にはお花のポーチがぶら下がり、色とりどりで見惚れました。

家々のお庭や玄関ポーチも、きれいにガーデニングされていて、飽きません。

大学でも専門にガーデニングを教えていたりするのですよね。

花にあふれて、すてきな国でした。

ユーザーID:9921839785
またトピ主です
昼廻り猫(トピ主)
2019年4月11日 23:51

またまたレスをいただけて嬉しいです、ありがとうございます!!

まず、オーストラリアのジャカランダ。画像を検索してみると、散り始めと思われるころの、薄紫の花が絨毯のように地面に敷き詰められた、息をのむような画像もありました。公園などにある、というのも桜と共通していますね〜♪

ベトナム・ハノイの蓮はいつか行ってみたいと思っていましたが、カンボジアは知りませんでした。そういえばカンボジアは仏教国ですし、蓮池や蓮の名所があってもおかしくないですものね。シェムリアップには韓国のLCCエアプサンが就航しているので、エアプサン恒例の片道●千円セールの時に釜山経由で行ってみたいと思っていました。カンボジアへ行く楽しみがひとつ増えました♪

ワシントンDCの桜、こちらも必ず一度は行ってみたいです。

日本とはまるで違う背景での桜はもちろん、ririさんと同じく、桜の花を見上げる人々の様子に興味津々です。いろいろな人種の方々が、やはり桜を見上げるときには皆笑顔になっているのだろうか、と。想像するだけでもう感動しそうですよ。

南アフリカのナマクワランド。検索しました。見たところ砂漠に忽然と出現するオアシス花園、みたいな不思議な公園ですね。日本の本州の半分ほどの面積だなんて、サイズ感が日本とは全然ちがう…(汗)。ここだけを目的に南アへ行くのもアリ、な気がしてきました。南アフリカは遠いけれど、ここもいつか必ず行きたい国です。

ブッチャートガーデン、評判良いですね♪ それだけではなく、街もお花であふれているとは! そういう街に住む人々もまた、いつも機嫌よく暮らしていそうな気がします。いいな、素敵だな♪

続きます

ユーザーID:6445762342
続きです
昼廻り猫(トピ主)
2019年4月11日 23:52

皆様のレスを読ませていただくと、世界は広いんだな、素敵な場所がたくさんあるのだな、としみじみ感じ入ってしまいます。こうして、パソコンに向かってレスを打ち込んでいながら、旅をしているような気持ちになっちゃってます。自分でいうのもアレですが好きだな、このトピ(笑)

レスしてくださった皆様、ありがとうございました。

引き続き、おすすめ大募集中です。

ユーザーID:6445762342
初春のミモザ、盛夏のラベンダー、砂漠の国のブーゲンビリア
ルサルカ
2019年4月14日 12:26

私も思い出話になってしまいますが・・・

ベネチアのカーニバルを見に行く電車の窓から見えた満開のミモザの花は印象的でした。春先のイタリアなら、どこでも見られる風景かもしれません。

そして夏ならば広大なひまわり畑。ひまわり畑はフランスでも、たぶんスペインでも見られると思います。南仏でひまわり畑を見たとき、暗かったゴッホの画風が南仏に来て明るくなったのに納得しました。そして南仏の夏で忘れられないのはラベンダー。けっして華やかな花ではありませんが、アヴィニヨンの駅で電車を降りたとたんに、ラベンダーの気持ち良い香りが漂っていて驚きました。でも、ラベンダー自体は見えるところには1本もないのです。

春はフランスでも菜の花畑がきれいです。市内からシャルルドゴール空港へ向かう途中など、パリ近郊でもたくさん見られます。

イギリスの春は、水仙が印象に残っています。日本の爪木崎やをくづれ水仙では小さな白い花をつける水仙ですが、イギリスで見たのは黄色のラッパ水仙です。もともとは野生のものなのでしょうか、公園や道端に群生していてそれは見事でした。同じころに咲くクロッカスも可愛いらしいですね。

中東ではUAEの首都、アブダビにいた時にはブーゲンビリアが大好きになりました。オイルマネーに物を言わせて緑地化をしていたのでしょう。街中にも緑の公園があったり、海岸沿いは整備されてパームツリー等が植えられていていました。そんな中で見かけたブーゲンビリアの木。1本の木に、濃ピンクや白やその2色が混ざった花をつけているものがあり不思議だな〜、綺麗だな〜と見ていました。今でも忘れられず夏に小さな鉢植えを買ったりするのですが、その作りこまれた細い枝を見て、彼の地で伸び伸び育った大きなブーゲンビリアを偲んでおります。きっと今のアブダビやドバイは20数年前のあの頃よりも、もっと綺麗になっているでしょうね。

ユーザーID:6083885223
素敵ですね♪
昼廻り猫(トピ主)
2019年4月15日 21:41

ルサルカさま

ミモザ、ひまわり、ラベンダー、菜の花、水仙、クロッカス、ブーゲンビリア。。。たくさんの花風景をご覧になっておられるのですね。

読みながら想像するとワクワクしてきます。

ミモザ、というのがヨーロッパらしいと思いました、なかなか普段は目にしないので「どんなだっけ?」と検索してしまいましたもの(笑)

素敵な思い出を垣間見させていただきまして(想像で)、ありがとうございました。

ユーザーID:6445762342
夢の島にジャカランダがあるようです
昼廻り猫(トピ主)
2019年4月15日 21:45

皆様のレスで、ジャカランダの花の香りがどうしても気になり、日本でジャカランダの香り体験ができるところはあるのか、検索してみました。

東京都内だと夢の島熱帯植物館にジャカランダがあり、例年だと5月終わりころに咲くようです。

来月、行ってみることにしました!

ユーザーID:6445762342
 
現在位置は
です