営業職とは

レス6
(トピ主2
お気に入り3

キャリア・職場

りちゃ

営業職の20代女性です。

うちの会社は、『営業たるもの〜』という考えが根強く残っていて、
何かというと「営業ならこうあるべき」「こういう受け答えをすべき」など助言されます。
(例えば、好きなアーティストは誰?と聞かれた時に、部長の名前を言え!など。小ボケ?ユーモア?)
ノリよくパフォーマンスすることも求められ、
私は学生時代から特筆すべき特技や人に披露できることは何もないので、何だかいつも居心地が悪いです。

周りの同期、後輩までもが上手くその場を盛り上げているのが羨ましく、自分の空っぽさが悲しくなってしまいました。

どこの会社でも、営業とはこういうものなのでしょうか?
私は営業には向いていないのでしょうか。
新卒で入った会社でよそのことを知らないので、どうか教えてください。

ユーザーID:7981899176

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
  • 営業と言えど

    基本的な事はプレゼンテーションをいかに効率良く効果的に利益を出せるか、、を語る人

    けど、職種によりさまざまな営業さんが居ますからね、、

    トピ主さんの会社の営業は、まぁお笑い話など交えて、仲良くなりましょう!それでうちをどうぞよろしく!なんじゃないですかね?

    営業とは、、会社の内容・プレゼンテーションする内容により様々が答えではないでしょうかね(笑)

    何社も営業さんが来る会社の担当さんは出来るだけ無駄な時間を取りたくない
    個人や小規模な会社なら、世間話しながら商談したり、、様々ですよ
    あとは、お付き合いの年数だったり
    年単位で営業人事がある会社もあれば、変わらない会社もある

    まだ20代ですよね?先輩方の言う事は、頭のすみに置いて置きましょう
    とりあえずは、営業姿勢を勉強して自分なりの会話術を作り上げて行く事です

    ユーザーID:6462651742

  • もう少し具体的な話を

    トピ主です。
    もう少し具体的に、整理して話したいと思います。

    まず、営業成績が上がらなくていよいよ首を切られるようなことはありません。
    部長から直々に数字足りてないぞと圧を掛けられることはあります。

    私自身は、もちろん仕事なのでお客様に対しては真面目に向き合っており、それなりの信頼もいただき、成果は上げているつもりです。(目覚ましい成果というほどではないですが…)

    苦に思うのは、いわゆる「社内営業」の部分です。
    営業たるもの社内営業もするべきだ!とのことで、上司を持ち上げ、場を盛り上げ、先輩をランチに誘え!等…、細かい会話の内容なども含め、『面白い人間であること』を求められます。

    元々そういうものが得意でないということもありますが、学生時代は平凡に勉強だけしてきたような人間ということもあり、『面白さ』を求められることがプレッシャーで仕方ないのです。
    それでますます居心地が悪くなる…といった具合です。

    ユーザーID:7981899176

  • たしかに

    お二方、レスありがとうございます

    確かに、営業に向いている向いていないは業績によってのものですし、売る物によっても向き不向きがあるようです。
    職種という大きな括りで見るのは早計だったように思います。

    うちの会社ですと、上司におべんちゃらを使えて場を盛り上げられる者が評価され、昇進していくようです。
    昇進には興味がないので、働きやすければそれでいいのですが、目の覚めるような営業成績を残さない限りは、「何も披露できない私」をそのまま容認してすらもらえない現状に、居心地悪く感じています。

    職種の問題というよりは、会社の問題でしたでしょうか。

    ユーザーID:7981899176

  • 営業は真剣勝負で

    自分は長年バイヤーをしてきたので営業職の人とはたくさん会ってきました。

    正直なところ、そんな笑えないノリやツッコミは不要で、
    とにかく「本題を簡潔に、そして相手が(仕事で)前のめりになってくるような営業」をしてほしいと思ったものです。

    仕入れる側としては自分の成績が掛かっていますからね。
    真剣勝負で来てほしいのです。丁々発止の真剣勝負が一息ついたらお笑いもアリですけど、訪問していきなりそれではダメですね。
    相手先には「いい加減な営業」って見られることもあります。

    営業する人からしたら、営業先はアポとって一日一件か二件でしょうけど、
    商談を受ける側としたら、商談日を設けていますから日に4件も5件も会う日があるんですね。商談と商談の間に社内ミーティングがあったりとかあるわけで1分たとりも無駄に出来ない日もあります。

    そこにボケやツッコミなんていう時間はないのです。
    まあ、もちろん波長の合う担当者なら仕事の話とお笑いが半々なこともありますが、それはあくまでこちらに余裕がある時のみです。

    相手の状況をよく見ながら、簡潔にドライに進めるか、あるいは多少のお笑いをブッ込むかはケースバイケースですね。

    過去、ある量販店の本部バイヤーしてた頃、メーカーと帳合い先が商談にやってきたんです。総勢5〜6名だったかな。
    大量のパワーポイント資料を持ち込んで延々商品の説明(スペックの説明)をしていたんですけど、もうくだらないのなんの。

    お笑いなんてもちろん不要なんだけど、こっちとしては「おたくさんはウチがこの商品を仕入れることで何が出来るの?」ってところが聞きたいわけなんですよ。「いくら売上取らせてくれるの?」ってことです。
    その肝心なところがなかなか出てこない営業って要らないですね。

    ユーザーID:6086383943

  • よくわからないが

    文面をみるとなんとなく居心地が悪いぐらいで大したプレッシャーも感じていない様に感じます。たとえばノルマが果たせずに首を切られそうとか。

    職場の人間関係で苦しんでいる様子もないし、きっと恵まれた環境だと思います。

    しかも苦に思っていると表現していることは営業の仕事でも本当に特化した一つの事だけです。

    向いている向いていないは仕事なので業績で判断すれば良いと思います。貴方がどんなに居心地が悪いと感じていても業績を上げているなら向いているのでしょう。貴方がどんなにコボケやユーモアに長けていて相手を喜ばしても、業績が悪ければ向いていないということになるでしょう。

    ユーザーID:9600750153

  • 体育会系のノリを

    求められる会社ってありますよね
    うちの会社もそうです
    が、ふと見渡して見ると、他社さんはそうでもないようです

    ノリが良い営業=素晴らしい
    ではありません

    確かに、掴みはOKだと、話していて楽しいですし、ツーカーになりやすいメリットもあるのですが、軽く見られるので、
    やっぱりあっちのほうが良かったから〜
    すみませ〜ん
    みたいに、軽く他社さんで契約されたりします。
    やはり、人間として誠実なのが一番良いですよ
    商品知識をきちんと説明出来る人の方が、残りますし上に行きます。
    頑張ってください

    ユーザーID:1158281109

レス求!トピ一覧