現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

親の看護と会社のイベント

こうすけ
2019年4月11日 0:10

私は小さな会社の事務員をしています。
車で10分くらい離れたところに85歳になる父親が一人で暮らしています。
その父が転んで右肩を負傷し、手術をしました。
手術は成功し、今は肩から腕を固定する装具をつけていて、左手しか使えない状態です。
入院は3週間の予定ですが、装具は最低でも4週間はつけていないといけません。
ケガをする前は、自分で家事もこなし、全く人に頼ることはありませんでした。
利き手が使えない今でも、左手で食事をし、身の回りのことは何とかこなしています。
このペースで行くと退院は大型連休前になりそうです。

実は大型連休の初日に私の会社の課の親睦をはかる野外のイベントが1か月前から決まっています。
私が今いる部署は若い人が多く、世代の違う私は少々浮き気味です。
もともと、会社の集まりが好きじゃないうえに、アウトドアも苦手なので、本音を言うと行きたくないのです。
だから、親の看護ということで、イベントを欠席しようかと思い始めています。
上司には、入院・手術で有給休暇を取るときに父のけがのことを話しています。

父は、退院して自宅に戻れば苦労しながらも身の回りのことは自分一人でできる(時間がかかっても誰にも頼らず頑張るタイプです)と思うので、看護というほど大げさなものにはならないと思います。
それならば、行きたくなくても会社の行事だから、イベントに出席する方がいいのでしょうか?
また、行かないことによってますます距離感ができてしまうんじゃないかという不安もあります。

とはいえ、いくら自分でできると父が言ったとしても装具をつけている間はかなり不自由な生活になるだからイベントを欠席し、親のお手伝いをするほうがいいのでしょうか?。
こんな状況なら、みなさまはどうされますか?

ユーザーID:3977550665  


お気に入り登録数:0
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:2本

タイトル 投稿者 更新時間
ありがとうございます。
こうすけ(トピ主)
2019年4月16日 23:39

口角機動隊さま、お返事ありがとうございます。

今日、抜糸が終わり、週末にはシャワーができる予定になりました。
とはいえ、装具をつけたままなので、介助が必要です。

もう、入院生活がしんどいみたいで、早く家に帰りたいと何度も言ってきます。
主治医の先生は、ゴールデンウィーク前に退院することは可能だとおっしゃっています。
正直、今回の10連休があるおかげで会社を休むことなく、ずっと父に付き添うことができると思っています。
(有給休暇はあるのですが、休みにくい職場なので・・・)
今こそ、小さな親孝行をしようと思います。

ユーザーID:3977550665
ラッキー
口角機動隊
2019年4月16日 9:17

堂々と欠席できる理由ができた。
私ならそう思います。

一人で頑張れるタイプのお父様。
そうは言っても息子(娘?)が心配して来てくれたら嬉しいと思いますよ。

縁起でもない話になってしまいますが、お父様は85才。
一緒にいられる時間はそう多くはありません。
しっかり親孝行しておいた方が結局は自分のためですよ。
私のように、あの時もっと優しくしてあげれば良かったとか、ウジウジと後悔したって取り戻しようもないのが「時間」や「死」というものです。

私なら一も二も無く父の元に行きます。
会社のイベントなど二の次三の次です。
そもそも休日にするイベントなど参加する気はサラサラありません。
父の骨折などなくても、何か理由をつけて欠席でしょうね。
そんな私も平日のイベント(飲み会だとか)なら参加しています。
それで十分と考えています。

ユーザーID:9771580257
 
現在位置は
です