降格人事について

レス17
お気に入り54
トピ主のみ0

トピ主です

働く

鬱病で約6ヵ月休職、先日会社の面談があり課長職から最低の一般職への降格の話、それも同じ職場でとのことで元部下が組織上、上司になることになります。どう仕事に向き合っていけばいいのでしょうか?様々な不安に気持ちが支配されて復職する気になれません。転職するにも定年まで後5年で踏み切れません。何かいいアドバイスをいただきたいです。

ユーザーID:5664376879

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数17

レスする
  • どう向き合うと言ったって

    新しい組織の中で自分の能力を発揮するしかないでしょう
    その組織の長が、あなたの元部下だというのは全く関係ないことです

    貴方の評価が休職前にどうであったかも関係ありません

    会社の組織というものは既得権ではなく、あなたの現時点での能力で
    決まるものです
    その評価に関しては、ここでは正当か不当かは判断できませんが
    鬱病で6か月休職した後で、元のポジションに戻れると思うのは難しいだろうと思います

    人事考課に不満が有るなら、社内ルールに従ってクレームを入れてください
    ただし、「前はこうだった」は言うべきではありません
    「今」のあなたが元部下より「課長として」優れていると思うなら
    それを主張するか、次の人事考課までに人事考課者(部長?)に認めさせるかしかないでしょう

    それまでは、淡々と新しい組織の中で働くだけです
    間違っても、以前の課長だったという態度は出してはいけません

    ユーザーID:0563257888

  • 役職定年制度

    私が元居た職場には役職定年制度があります。
    私は運よく、その制度が施行される前に定年を迎えたので役職のまま引退できたのですが、現役の後輩たちから聞いた話では、役職によって55歳から段階的に役職定年となり、現役のまま一般職になっているようです。
    有能無能は昇進するかしないかで決まりますので、55歳の時点で係長代理クラス、57歳で課長クラス、58歳で副部長クラス、59歳で部長クラスが一律に一般職になるとのこと。
    現在はそういった企業が多いのではないかと思います。
    これは、若い人材を管理職に取り込んでいくことと、ベテランに若手管理者の指導支援を行わせる目的があるようです。

    あなたの場合、メンタル的な部分に於いて管理責任のプレッシャーから救おうという目的があるんじゃないだろうかと思います。
    上記の役職定年制度からしても、上司と部下の立場が逆転することなんて珍しくありません。
    定年まであと5年というところまで全力で頑張ってこられたのでしょうから、あとはゆっくりゴール目指して呼吸を整えてテープを切って欲しいと思います。

    ユーザーID:1460608614

  • 欲張らない

    うつ病で6ヶ月休職、会社の利益に貢献していないのに欲張らない。
     
    仕事があって給料をもらえるなら十分、身体をしっかり治しましょう。
    定年の近いうつ病社員が、簡単に転職できると思わない。
     
    私も同じで、ストレス症候群から復帰し楽しく仕事をしています。

    ユーザーID:9287392086

  • どのみち役職定年ですから

    鬱病での降格人事ではなく、役職定年と考えると気が楽になりませんか?

    どのみちあと五年で定年退職という事はトピ主さんは55歳か60歳と言う事ですよね。


    我が夫は現在68歳ですが60歳定年でした、55歳には役職定年を経験してます。

    定年後、別会社に嘱託でフルタイムで働いています。健康と頭の回転が保てれば
    体がもつまで働く予定です。

    当然現役時代より給料減ですよ、
    また、年金の減額があるのですが、何より、
    ありがたい事に、人を大切に扱う会社にめぐりあえて
    給料以上に気持ちのゆとりがあり、やりがいあると輝いてます。

    前向きにとらえましょう。人生どこで何がどう変化するかなんて誰にも分りませんから。

    ユーザーID:0886199819

  • 割り切るしかないのでは?

    課長職から最低の一般職への降格というのは、少しやり過ぎ感があるように思うので、組合等に相談するというのもひとつだと思います。

    ただ、こういう言い方は申し訳ないのですが、会社側としても処遇に困っているのは確かだと思います。

    今の部署は、課長職が半年間不在という状況の中で、職務代行者によって新たな体制が出来上がっているのだと思います。

    また、おそらく他部署でも引き受けてくれたり、配置できる部署がないので、苦肉の策として降格させて今の部署に留め置くことになったのではないでしょうか。

    うつの原因は分かりませんが、復職しても課長という管理職の職責を担えるか分かりませんし、再度休職ということになっても、やはりあなたも周囲も困ると思いますし、業務にも影響があるのではありませんか。

    課長職のまま他部署に異動させるとしても、全く関係の無い社員を異動させる必要も生じますし、ポストを新設すると言うのも現実的ではないと思います。

    定年まであと5年ということは、50代半ばですよね。
    転職も年齢的に厳しいと思いますし、よほど高度な専門的知識や有資格者でもない限り、うつ病から復職したての人を雇用する企業はなかなかないと思いますよ。

    元部下が上司になるなど、忸怩たる思いはあると思いますが、もう割り切って仕事をするしかないのではありませんか。

    トピ主さんがやりにくさを感じるように、周りも同じやりにくさを感じると思いますから、まずは復職する、仕事や職場に慣れるということも目標にして、時期を見て異動を願い出るというのもひとつだと思いますよ。

    ユーザーID:6842994800

  • 前向きな降格

    会社だって不安なのですよ。
    責任の重い仕事を任せてトピ主さんが潰れてしまうのではないかとね。
    トピ主さん自身も復帰早々エンジン全開で前と同じ仕事というのもしんどいのでは?
    しばらくは後輩を育てると思ってサポートをしながら慣らし運転としゃれ込みましょう。
    きちんと仕事をこなして元気になったことを証明してやればいいのです。
    後5年もあるのです。挽回のチャンスはまだまだありますよ。

    ユーザーID:0524089709

  • それはキツいですね。

    降格そのものは仕方ないとしても、同じ職場というのは厳しいですね。
    せめて、他の課に移れないか、会社に聞いてみては如何ですか?

    あとは、労働組合があれば動いてくれるかもしれません。
    労基署にも相談しましょう。

    定年間近なら思い切った行動にも出やすいと思います。
    弁護士の無料相談を利用するとか、やれることはやってみてください。

    ユーザーID:2957941110

  • そこ?

    普通に就業できていますか?
    課長の職責は果たせていますか?
    あと何ヶ月休職期間は、残っていますか?

    これによって、判断が変わりますよ。

    ユーザーID:1306861029

  • 元部下、ということは忘れましょう

    そういう役職の人、と思う。

    もし、転職したら、当然年下が部下になる可能性が大きいわけです。
    それが、たまたま、知っている人だということです。

    定年まで5年、定年再雇用がある会社ですか?
    (一般職に再雇用があるのかわかりませんが)
    もし、定年再雇用があれば、総合職のままでも、元部下が上司になります。
    特別なことではありません。

    トピさんは、産業医の診察を受けて復帰の許可が出た、と考えてよろしいですか?
    環境が変わることは望ましくないので、元部署での復帰、課長職で復帰するのは、負荷がかかるという配慮もあるでしょう。

    旧知のメンバーですから、トピさんの今までの業績もご存知です。
    無理しないで、しなやかに復帰しましょう。

    ユーザーID:6772864098

  • 半年おやすみしたわけだし。

    病気の後だし。
    骨折のように完治はないし、
    会社も、復職?じゃあめいいっぱい働いてね。
    というわけにいかないし、

    自分本位なプライドでご飯は食べられないわけだし、

    まずは復職出来た事、日々起きられて出勤できる事、席が残ってる会社に感謝だと思う。

    わたしも元鬱でした。
    今ならわかる。感謝と目の前の幸せに気がつけないと前に進めないんだと。

    ユーザーID:5823921520

  • えぇー!

     労働組合に相談って…。課長時代は会社側の立場で、降格して一般社員になったら労働組合に助けを求めるっておかしくありませんか?

     都合よくあっちこっち立場を変えることはやってはいけませんよ。

     それから労基署は降格人事でも著しく不当でない限り何もできません。トピ主さんは病気で休職までしてるのですから、課長職を全うできないのでやむを得ないと思います。

    ユーザーID:4670935491

  • 歳下の上司なんて当たり前!

    定年まであと5年ということは、55歳ですよね。
    課長職なら、もう役職定年ではないですか。
    当社は課長は55歳で役職定年、役なしの一般社員に戻ります。
    どんなに優秀でも55歳で、と言って差し上げたいところですが、課長職の中でも更に優秀な人はその先の部長へ、更に事業部長へ、役員へと駒を進めているわけで。
    当然上に行けば行くほど役職定年の年齢は高くなりますが、それはイコール、もうそれ以上の出世はないという年齢でもあります。
    当社の場合ですが、事業部長だって60歳までに役員まで上がれなかったら、60歳以降は再雇用の一般社員です。
    課長職の役職定年とは、若手に課長職を譲り、未来の部長候補を育てたい、という意味なんです。
    だって貴方が課長職に居座っていたら、次の人は課長にすらなれず、その先の部長になるチャンスもないじゃないですか。
    大企業は、3人に一人しか課長にすらなれません。選抜されて課長になっても、更に課長のうち5人に一人しか部長になれません。
    一般社員のまま60歳を迎える社員の方が多数派の中、貴方の悩みは贅沢ってもんです。
    私はこう思うことにしています。
    「人類はどんどん進歩している。自分より後に生まれた人間の方が、自分より優秀である。経験をもってようやく彼らと同等なのだ」と。

    ユーザーID:4632196934

  • 課長から「最低の一般職」は違法の可能性

    長期の病気休職の場合、復職しても職責が果たせない可能性が高いので、役職を免除することは違法ではないと思います。役職が免除されれば自動的に一般職への降格になります。これは仕方がありません。

    しかしながら、「最低の一般職」(普通は新入社員と同じ職級と解釈すると思いますが)まで降格するのは異常であり、違法の可能性が高いと思います。ここに問題があると考えます。

    「最低の一般職」は単なる言葉のあやなのでしょうか。本当に新入社員と同じ職級に降格されるなら、労働基準監督署に相談してはいかがでしょうか。組合もありですが、降格されて間もないなら、組合もどう介入すべきかわかららないでしょうから、労基署の方がよいと思います。

    ユーザーID:7275017445

  • その気になれないなら、復職しない

    うつ病で半年休職したトピ主さんを、元の課長職に戻して再発したら、トピ主さんにも会社にも不幸です。
    同じ職場で、一般社員として働けるようにしたのは、会社の配慮です。
    別の部署へ異動したら、定年5年前の新入社員として、ゼロからのスタートでトピ主さんにとっても負担です。

    どう働けば良いか、
    半年前まで部下に出していたような指示を、後を継いだ現課長から受けて、一般社員として処理するだけです。
    トピ主さんには、今まで積み上げてきた経験と人脈があります。
    それを武器にすれば、入社数年の一般社員とは比較にならない、レベルの高い成果をあげられるのは間違いありません。

    ユーザーID:1639169754

  • 役職は無くても働き続けられる幸せ

    今、既に半年間課長職が不在で、おそらくは部下の方が課長代理として仕事を回しているのですよね?

    であれば、部下が出世して課長となる人事にはトピ主さんも納得されると思います。


    問題はトピ主さんが降格されるという点ですが、うつ病を発症した時点と同じ責任の重さや忙しさを今のトピ主さんが背負えますか?
    難しい判断を下したり、部長職から課全体の成績について叱責を受けたりを当然のものとして受け止められますか?

    あと5年、定年まで働こうと思ったら、一般職への降格はむしろラッキーなのではないでしょうか。

    一般職なら体調が悪ければ休みを取っても部署に深刻な迷惑は掛かりません。
    給料は下がっても、その分気楽な立場です。
    新人の頃のように勝手がわからず右往左往するわけでも無し。

    鬱からしっかり抜け出して、責任ある仕事をこなせるようになればまた課長職への復帰のチャンスもあるでしょう。

    降格された、とマイナスに受け止めるのではなく、無理せずに定年まで働ける環境を手に入れた、と考えれば、悪いことではありません。

    ユーザーID:4251136415

  • 自分の上長がそんな感じ

     役付きの役が果たせないなら仕方ないですよ。部下にすれば仕事は待ったなしなんですから。

     中には休職後に異動で成果を上げられている方も居ます。結局は自分自身だと思いますよ。

    ユーザーID:7852171346

  • よくあることですよ〜。

    50代になるとは傷病休暇あけの復職も
    年下の上司も降格もよくあることですよ。

    55歳で役職定年になる会社も多いですしね。

    あまり気にしないで
    まずはリハビリだと思って
    自分に与えられた仕事と
    向き合うのがいいと思いますよ。

    最低職級というのも気が楽じゃないですか。
    つまり、いつ休んでも大丈夫って、ことです。

    これから定年までまだ5年あります。
    焦らず休み休みいきましょう。

    ユーザーID:8337845341

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧