母とのお別れ

レス6
(トピ主0
お気に入り22

家族・友人・人間関係

みなみん

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • レスします。

    お悔やみ申し上げます。個人医院での付き添い お疲れ様です。不信感のお答えになるかわかりませんが…。夜のトイレ介助が大変であった。ご本人様も身体的に辛いです。安静と入眠の為に尿道カテテールを留置されたと思われます。それから飲水が出来なかったのは意識が朦朧となさっていたのでしょうか?飲み込みが悪かったのでしょうか?自分で痰を出せる状態では無かったんですよね。唾液でも誤飲することはありますので喀痰吸引をしたんだと思います。後 お話ができていても呼吸状態が悪い事もあります。その都度その都度にドクターからお話が有りませんでしたか?お答えにならなかったかもしれません。すみません。御体を労って下さい。御冥福を申し上げます。

    ユーザーID:5608855076

  • 大変でしたね。

    私は2年前に舅、一昨年に実父を亡くしました。
    特に舅は自宅介護で肺炎が末期に近く本来ならモルヒネで眠りながら亡くなるのが身体には辛くないと言う事で処方されましたが、どうやって使うか?と悩んでいるうちに体調が悪くなり病院に入院と言うだんになり救急車に乗った時に一気に具合が悪くなり救急車の中で心肺停止になりました。

    所詮救急車の中での蘇生処置です。
    そのまま病院に着いても蘇生させても今まで以上に苦しくなると言われ泣く泣く蘇生は諦めました。
    救急隊の方からは申し訳ないと言われましたが、モルヒネを処方された時点で命の期限は切られている状態なのは理解しています。

    トピ主さまもお母様が亡くなられたショックは理解出来ますが、人の命には限りがあるのです。
    末期でモルヒネを処方されたと言う事は相当酷い状況です。
    自分が同じ病状ならば間違い無くモルヒネで眠りながらの最期を希望するでしょう。

    トピ主さまのお母さんはトピ主さんと話をする事を選択してくれた愛情を第一に、他者に怒りをぶつけない方法を考えて欲しいと思います。
    お母様は今全身の痛みから解放されてトピ主さんを見守っています。
    どうか意味の無い「たられば」で心を痛めないようにして下さい。

    ユーザーID:6679142349

  • 水が飲めなくても吸引は必要な処置

    導尿する処置や入眠剤の使用等は、あなたへの説明というか、それらの処置の
    有効性についてあなたへの説明不足だったのかもしれません。

    水も飲めなくなったのに、4回も吸引したと不信感を持っておられますが
    吸引した看護師は正しい処置をしています。

    私は医療従事者で、25歳の時に56歳だった父を癌で亡くしました。
    父の死に際して娘として思ったことは、「もう苦しませたくない」と
    思いました。
    もう、水も飲めなくなった状態であればできるだけ父が苦しくないように
    入眠剤でも塩酸モルヒネでも使って痛みや苦しさを感じないように
    してほしい、と思いました。

    あなたは、看護師不足のために、あなたのお母様が亡くなる時期ではないのに
    亡くなったという不信感をお持ちのようですが、それは違うと思います。

    酸素が外れた瞬間には人は死にません。
    あなたの事がわかる状態であっても、命がつきる寸前の朦朧とした状態であった
    事は事実です。
    ドラマで見るような、最後に家族の手を握って「ありがとう」と言って
    亡くなるような最後はほとんどありません。

    病院や看護師に不信感を持つのは「違う」と理解してください。

    ユーザーID:9326504000

  • 無意識に

    私の母は難病で、そして昨年、今年と長期入院しています。
    死期が見えるような状態ではないのですが、
    難病と度重なる大手術の影響で日ごとに弱くなっていく姿に涙がこぼれる日々です。

    うちの母は術後は尿道カテーテルで、数日からはオムツになっています。

    トピ主さんのお母さんは酸素マスク、痰の吸引ということでお体の状態がかなり悪かったのでしょうか。
    ならば尿道カテーテルの選択はおかしくなかったと思います。

    尿道カテーテルもですが、点滴なども嫌がって外してしまう患者さんもいるようですし、
    私の母も意識が朦朧とすると予期できない行動をとることがあります。

    また痰吸引は他の患者さんを見ると本当につらそうですが、しなければならないことですよね。

    尿道カテーテルも痰吸引も辛いでしょうし、
    トピ主さまのお母様も、本当は動けないのに、幻覚や意識混濁などにより抜いてはいけない管を抜こうとし、
    立ち上がったのかもしれませんね。

    それは生命の最後の力の現れであり、
    カテーテルや痰吸引、酸素マスクは死への原因ではないように思われます。

    トピ主さまは最後の最後まで側にて、お母様の旅立ちを立派に送られたと思います。

    お母様のご冥福をお祈りします。

    ユーザーID:5941886957

  • お母さんは嬉しかったと思いますよ

    癌の最期に、最愛の娘が付き添ってくれて、お母さんは安心して天国に行ったんですよ。
    お母さんは嬉しかったと思いますよ。自分を責めちゃ駄目です。娘さんがトピ主さんで良かった。私があなたのお母さんなら、感謝して、安心して、天国に行ったと思います。

    そして、お世話をしてくれた看護師さんに、負の気持ちをぶつけちゃ駄目です。
    看護師さんは、1人の患者さんだけのものじゃないです。ナースコールを何回も押して、自分の我儘を通そうとする患者、感謝どころか、文句しか言わない患者、患者さんもストレスが溜まってるのか、ワガママ放題。そんな患者だから、家族は見放し、絶対に退院させないでくれ、死ぬまで病院に閉じ込めてくれと言ってくる家族は多い。
    看護師さんは、患者にどんなに暴言を受けようと、笑顔で対応してくれています。横で見ていて、頭が下がる思いです。

    本当に納得がいくようにするには、トピ主さんが自宅で1人で介護をするか、専属の看護師を雇うしかない。もちろんお金もかかります。

    トピ主さん1人が介護をすれば、あなたの身体も心も疲弊したと思います。

    お母さんは、トピ主さんが、幸せになる事だけを願っていますよ。

    ユーザーID:3263636459

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • お辛いですね

    お悔やみ申し上げます。

    お母様の最後の亡くなり方に不信感があるのですね。
    もっと安らかな最後を望んでいらしたのですよね。

    状況を私なりに推測しますと、次のようでしょうか?

    1.夜間のトイレ回数が多く手間がかかるため、尿道カテーテルを留置された。
    2.夜間に起きないように、睡眠剤が使われた。
    3.水も飲めないのに、吸引をした。
    4.吸引後に酸素が外れて、その直後に亡くなられた。
    1〜4については、同一の看護師であり、看護師不足ゆえの行動だったのではないか。

    1,2については、トピ主さんへの各処置の事前説明が不十分であったと思います。
    3,4については、看護師不足は関係ありませんよね。
    痰の吸引は、窒息防止のためであり、水が飲めなくなっても痰は溜まります。
    酸素が外れただけでは、すぐに呼吸停止にはなりません。
    たまたまその瞬間に心停止した可能性があります。

    トピ主さんは、お母様が尿管カテーテルを外そうと起き上がったことで酸素が外れたので、カテーテルさえ入っていなければ、こんなことにならなかったのでは?と思われているのでしょうか。

    いずれにしても、がん患者さんの最後の様子は、さまざまな経過をたどります。

    みなみんさんは、よくやられました。
    お母様は、これからも、いつもそばにいてくださることでしょう。

    ユーザーID:6249562078

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧