現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

本好きの方、ぜひお助けください!

arara
2019年4月15日 14:32

中学生の次男が全く本を読まず、頭を抱えています。以下の息子にお勧めの本が思い当たる方、お願いします!!!

第一希望:『嫌われる勇気』岸見一郎、古賀史健著 に近いもの

息子スペック:中2。上の兄弟には小さい頃読み聞かせを良くしたが、3番目は確かに手を抜いてしまった過去あり。幼児の頃好きだった本は「おまえうまそうだな」シリーズ、「あらしのよるに」シリーズ。情緒系?

小学校中学年で本を読まないので焦ってハリポタシリーズを読ませるも、ハマらず。(上は好きだったのですが)

中一の成績が悲惨だった事、生活態度が悪かったことでついに親(私)が爆発。せめて本でも読め!!と「謎解きはディナーの後で」東川篤哉を3冊、鬼平犯科帳1冊、を読ませる。信じられないほど読む速度が遅いものの、まあ面白いねとそこそこの反応。その後「嫌われる勇気」を夫が読ませて大大絶賛。続編「幸せになる勇気」も良かったそう。

次に図書館で湊かなえの「告白」を借りたらこれも面白かったと大絶賛。

それで私も推理系なら?と。残念ながら、2日目には「他のないの?」ときました・・。もちろん最後まで読ませますが、せっかくいいリズムで来ていたのにと困っています。

私自身本好きではないのでどうやって探したらよいか分かりません。出来たら一番気に入っていた「嫌われる勇気」に近い物を探しています。アレが好きなら、こっちはどう?というお勧め、ないでしょうか?

お願いいたします!!

ユーザーID:9492639077  


お気に入り登録数:38
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:38本

タイトル 投稿者 更新時間
抒情系じゃない方がよさそうね
かつら
2019年4月15日 18:20

刺さったのが『嫌われる勇気』と『告白』ですか。でハリポタはダメ。

たぶん、ストーリーが面白いものより、世の中の事象を冷静に説明している文章の方が好みの
理数系的アタマをされてるんでしょうね。

なので、息子さんにはモロ理系のブルーバックスシリーズ、
もしくは理数系ミステリの森博嗣さんや東野圭吾さんあたりの方がよいんじゃないですかね?

あるいは『告白』が刺さったんなら同じ湊かなえさんのとか恩田陸さんのとか。

ちなみに息子さん、マンガは読みますか?
名探偵コナンシリーズとかは、1ページに書かれている文字数が最近のスカスカな文庫本より多いこともありますので、「文を読ませる」のにもけっこう使えますよ。

ユーザーID:6871736608
トピ主さんはなぜお読みにならないんですか?携帯からの書き込み
ロジカルまま
2019年4月15日 20:01

すみません、嫌味をいっているわけではないのですが、ご自分が読書をしないのに、お子さんにだけ本を読ませようというのは・・。まずは、ご自分で色々な本を読み、息子さんにもすすめてあげて下さい。トピ主さんは、ハリーポッターシリーズはお読みになりましたか?読書し慣れていない小学生には難しいですよ。
学力と読解力にはたしかに相関関係があると思います。でも本人が興味か無いのに本を勧めてもあまり意味がないと思います。

ユーザーID:9993772488
好きな作家さんを制覇してみるのは?
ぽち
2019年4月15日 20:12

>図書館で湊かなえの「告白」を借りたらこれも面白かったと大絶賛

なら、湊かなえさんの作品をもっと制覇してみるのはいかがでしょうか?
確かに、推理小説というジャンルで探すのもいいかもしれませんが、いわゆる「本格もの」がお好きなのか「トリック・絡繰り系」が好きなのか、「アリバイ崩し」が好きなのか、それとも探偵のキャラ系が好きなのかでいろいろ変わってきますし好みもあると思います。
なんとなく、学園ものがお好きで日常系+ちょっと暗い系がお好きなのであれば、「氷菓」のシリーズで最近は脚光を浴びている米澤穂信さんが良いかもしれません。

>鬼平犯科帳1冊
時代物がお好きなのであれば、宮部みゆきさんの時代物のシリーズ(特に「三島屋変調百物語」シリーズが良いと思います)が良いのではないかと思います。私は「元警察犬マサシリーズ」が好きですが。

>私自身本好きではない
ならまずトピ主さんご自身が本をお読みになる姿を見せるのが一番お子様にとっては良いのではないかと思います。いろいろなレスを読んで、あらすじとか検索してみて、トピ主さんがまず面白そうだと思ったものを図書館で借りてくるのもいいと思います。

ユーザーID:1461313250
もしかして
くるり
2019年4月15日 21:19

「嫌われる勇気」や「告白」を大絶賛しているとのこと。「嫌われる勇気」は青年と哲人の会話で話が進みます。確か「告白」も似たような感じだった気がします。(すみません、うろ覚えです)
ほぼ会話だけなので、漫画のような感覚で読めたのではないでしょうか?
もしそうなら、恩田陸の「Q&A」や黒崎緑の「しゃべくり探偵」などは良いかもしれません。絶賛していた理由が違ってたら、ごめんなさい。

小説を読み慣れていないなら、短編から慣らしていくのもいいと思います。
星新一のショートショートなんかどうでしょう?
中学か高校の国語の教科書に載っていたのがきっかけで読み始めたんですが、面白くて一時期読み漁りました。どれもお勧めですが、印象に残っているのは「ノックの音が」です。すべて「ノックの音がした」で始まる短編集です。

ユーザーID:5352545024
塾講師の経験より携帯からの書き込み
木蓮
2019年4月15日 23:52

勉強苦手のわんぱく小6男子に読ませて大うけした本。

「必死のパッチ」桂雀々(かつらじゃくじゃく)

文庫本になっています。

上方落語の落語家さんの自伝です。
10年ほど前に漫才師の田村裕さんの書かれた「ホームレス中学生」が大ヒットしまたね。その系列になるでしょうか。

不幸な幼少期を笑いと生活力で乗り越えるという内容は共通ですが
母親に死に別れたのではなく両親に相次いで捨てられるという点でこちらの方が悲惨です。
といってもまったく暗くありません。
中学生だった著者がたった一人で生活の知恵を磨き
周囲の優しい大人に支えられて落語家としてスタートするまでを
笑いあり涙ありで読ませます。

当方関西文化圏なので全編大阪弁が心地良いのですが
大阪弁に馴染みがなければ読みにくいかもしれません。

言い方は良くないですが、思春期男子は自分よりカッコ悪くて不幸な主人公に安心する傾向があるようです。
それも成長過程の一側面なんでしょうね。

それと男の子は案外落語が好きですよ。
寄席に連れていって生の落語に触れさせるのもいいと思います。
そこから自分の好きな本を開拓していくかもしれません。

ユーザーID:0787280803
そりゃダメです。
さらしな
2019年4月16日 1:50

>>私自身本好きではない

好きでもないものを義務感で読ませられて、面白いわけがありません。
本と人とは「出会い」ます。
今のトピ主さんは恋人を作る気が無い相手に「この人はどう? あの人は?」と勧めているような状態です。

確かに「国語」は基礎の基礎。
日本で作られる問題文は、すべて日本語で書かれていますからね。
でも国語好きに育たなかったのなら、別のアプローチがあります。

算数は出来ますか?
実は国語は算数に似ています。

(主語)+(述語) で、行動が表せます。
そういったルールをまず覚えてしまえば読解力は増します。

トピ主さんは主語を省略しまくり、体言止めも多用なさってますよね。
よく、こんな話し方で話が通じるものだと感心します。

まずはトピ主さんが「正確な日本語」とはどういうものかを覚えるのが先です。

中二なら、ちょうど習っているはずですから、国語の教科書を見せてもらって、お子さんに習ってください。

日本語の読み書きが正確に出来るようになってからじゃないと、結局、曲解しまくって何冊読んでも身になりません。

まずは、お子さんと一緒に、中学生の教科書を読むところから始めましょう。

ユーザーID:6085369672
王道ですが、芥川
本好き
2019年4月16日 2:18

超有名ですが、芥川龍之介の作品は、どうでしょう。
「羅生門」、「蜘蛛の糸」など、いける気がします。
早熟なお子さんなら、「藪の中」や「河童」も大丈夫かも。

ただ、私自身は、小学生のときに、先生が「羅生門」、「蜘蛛の糸」、「杜子春」などを読み聞かせてくれたのですが、かなりショッキングでした。
「赤毛のアン」をノホホンと読んでいるような子だったので…
芥川の素晴らしさがわかったのは、大人になってからですが、10代で読んで損はないと思います。

ユーザーID:9207820408
早速のレスをありがとうございます!
arara(トピ主)
2019年4月16日 7:40

数名の方からさっそくレスを頂きありがとうございました。

それとすみません、書き方が悪かったのですが、私は本好きではないのですが、今彼が読んでいる本もほぼ私が読んでからよさそうなものを渡しています。今は私は夜と電車移動はずっと本にしています。

ハリポタは難しいというお話もあったのですが、上の子達は小学生でハマったのでそんなものかと勧めたのですが、進まず。まずは本人に読ませて進まなかったので次に読み聞かせにしてみました。面白いといいつつ自分で続きを読まないので私が読んだり、彼が読んだりと交互にしてみたのですがやはり「1人で読む」になかなかならず、いわゆるハマりはしませんでした。

謎ディーが良かったと言ったので推理系か?とネットで推理系お勧めを探して図書館から借りています。そのうちの一冊が「告白」でした。

漫画はもちろん大好きで現代ものからガラスの仮面まで読みます。「田中君はいつもけだるげ」というのが好きで自分で買っているようです。コナンも読んだことはありますがハマりはしなかったという所でしょうか。

ブルーバックスシリーズ、森博嗣さん恩田陸さん米澤穂信さん宮部みゆきさんなどお勧めをありがとうございます。

さっそく図書館でさがしてみます!

ユーザーID:9492639077
私なら
ねこだ
2019年4月16日 9:44

   本を好きになる方法はいろいろあると思いますが・・

   ねこだは中学生には 推理小説 をすすめますよ。
   ストーリーやトリックに引き込まれますからね。

   中学校の図書館ボランティアをしています。

   何と言っても アガサ・クリスティーの・・

   ・オリエント急行殺人事件


   でしょうかね。「いいか、絶対に犯人を教えちゃ
   いけないよ・・」と念を押してすすめます。

   最後は「えー!」という結末なのは皆さん方ご存知ですね。

   たいていは「次は何が?」と来ますね。
   図書館には10冊くらいあるんで適当にすすめますが、
   たいていはファンになりますね。
  
   アガサ・クリスティーはDVDもそろってるしいいんじゃ
   ないでしょうかね。


   

ユーザーID:1808823722
つながり読書がいいかと・・・。
ソレイユ
2019年4月16日 9:56

直球のオススメ作家は他の方にお任せするとして、やや変化球な感じですが・・・
つながり読書がいいかと・・・。

他の方もおっしゃっていますが私も気に入った作家さんを制覇するがいいと思います。
今はネットで調べれば出した本の順番も容易にわかりますので
さかのぼるか出した順番に読むもいいと思います。
「ボク湊かなえさん全部読んだぜ!」と言うのもプチ自慢になっていいでしょう(笑)

ここからですが、湊かなえさんを調べてオススメ本やつながり作家や
尊敬するorしている作家等をインタビューで答えていたら探してみる等も面白いですよ。
お友達の作家さんや夫婦作家さんの本を読んでみるとか。


かなり変化球ですが・・・
好きな芸能人が読書家の場合のオススメ本はハズレがないのでアテにしてます。
「好きな芸能人=思考が好き」という事なんだと思います。
爆笑問題の太田光さんやメイプル超合金のカズレーサーさんのオススメ本は
私的にはハズレがないのでかなり参考にしてます。

ユーザーID:2303578760
若干暗めで理系推理物なら携帯からの書き込み
ラスカルハウス
2019年4月16日 10:00

「チーム・バチスタの栄光」の海堂尊さんのシリーズなんかとうですか?
特に「ナイチンゲールの沈黙」が、暗さではオススメ。

 他の方も書いておられますが、トピ主さんも本を読んで、お子さんに「この本面白かったよ」と勧めてみられたら、と思います。
 何事も、苦行になったら面白く無いですしね。自分からする苦行なら良いですが、人から押し付けられる苦行は嫌なもんですよ。

ユーザーID:6430677526
う〜ん
2019年4月16日 10:43

ご自分が本好きでもないのに
子どもに無理やり本を読ませようとするのはなぜですか?
強要されて読んでも身につかないだろうし
そもそも成績や生活態度の悪さと読書の強要にどんな関係があるのでしょうか

中2だったら自分で本を探すこともできるでしょうにそれをしない
結局読書に何の興味もないということでしょう
与えられたものだけ読むことに何の意味があるの?

ユーザーID:5535191947
教科書で十分です
ひよこぴよ
2019年4月16日 11:42

学生さんならば「教科書」を読む以外、よほど読書が好きな生徒さん以外、読んでいる余裕はないでしょう。

私(62・男)も学生時代は教科書以外の本を読んだことがありません。

工業高校出身でしたから専門科目に関連した「電子工学ポケットブック」などは日常活用していましたけれど、小説などはまったく読んでいる余裕も、興味もなかったです。

就職してからは仕事に関連した理工学書は読みますが、文学などにはまったく関心がなかったです。

無理に進めても 生徒さんにストレスを与えることになってしまいます。

私は就職してから必要にせまられて、物理学書、数学書、それに関連した科学技術史書など現在までに約1800冊購入。図書館借用書を含めれば3000冊ぐらい読んでいます。

数学書を読んでいると、これが意外にも「世界史」の知識が身についてくるんです。
それは、数学の歴史は数千年の歴史があるからでして、その時代背景にも関心が移りますから「世界史」まで広まるわけです。

「数学 学校の教科書のように 解き方ばかりにこだわる学問ではないんです」

「高校時代までの数学 できてあたりまえ 解けないことは習わないからです その先が面白いんです ひとつ解けるのに100年以上かかったことは過去の数学者の歴史から よくあります」

ユーザーID:5264225442
またまたレスをありがとうございます
arara(トピ主)
2019年4月16日 11:58

他にもいろいろ作家さんの名前を挙げていただきありがとうございます!

星新一は小学生の時に借りた記憶がありますが、年齢が違えばまた受け取り方も違うかもしれませんね。芥川ならあるのでいつでも渡せますが、言い回しが分かりづらいかもとまだ見せてませんでした。

「ホームレス中学生」はまず今図書館予約しました。そう言われて気が付きましたがドラマ化映画化されたものは入りやすいかもしれませんね。

黒崎緑さん、桂雀々さん、まずは探してみます。
ありがとうございました!

それとトピが読みにくいとのこと、大変失礼いたしました。トピ立てはほとんどしないのですが、難しいですね。

ユーザーID:9492639077
読み聞かせはほとんど無関係だと思う
パッチー
2019年4月16日 13:11

 自分は全然親から読み聞かせなるものをしてもらった記憶がありませんが、かなりの本好きになっています。
お子さん中2でしょう、反抗期真っ盛りですよね?
うちの息子なんてその頃何一つ親の勧めたものなんか受け入れようとしませんでしたよ。それでも時期的にしょうがないかと思っていました。興味があるものができたら自然と自分から手に入れようとしますって。
 もう息子は成人しましたが、特に読書は勧めたことはないにもかかわらず、通販サイトで適宜買ってます。
 別に読書が好きにならなくても世界から直接学んでいくタイプなのではないでしょうか?もう手を離してもいいと思いますよ。

ユーザーID:8734454772
図書館にティーンコーナーがあると思います携帯からの書き込み
ロジカルまま
2019年4月16日 19:01

大人でも児童でもなく、ティーン向けのコーナーがあると思いますので、図書館に行かれたら探してみて下さいね。

ユーザーID:9993772488
本を読んでも
匿名
2019年4月16日 22:30

本を読ませる理由が「成績が悲惨だった」「生活態度が悪い」とのことですが、別に本を読んでも成績に直結するわけでもないし、読書をすれば生活態度が良くなるわけでもないのですが・・・本が面白すぎて夜更かし、からの寝坊なんてこともありますよ。本ばっかり読んで勉強がおろそかになるとか。ピカレスク小説なんか読んじゃったりして、アウトロー的な雰囲気を好むようになっちゃうとか?

読書にあんまり期待しないでください。「面白いからつい読んじゃう」ってだけです。ゲームや漫画、アニメと一緒。娯楽の一種ですよ。楽しくて読んでいて(ゲームならプレイして)、ついでに何かしら拾うものがあるかも?くらいのもんです。

でもまあ、それでも何か、というなら、他の方も書かれていますが、ある本が気に入ったなら、その本の作家さんのものを一通り読んでみるのはどうでしょうか。息子さんは『告白』が気に入ったとのことですが、幸い、湊かなえさんは作品も多い方ですし、映像化されたものも多い。そういったものから入ってみるのもいいかと思います。

実際に本屋さんや図書館に行って、表紙やタイトルを見てジャケ買い(借り)するのもいいかも。タイトルのつけ方にも、作家のセンスが出ていると思いますから、実際色々見てみて、「このタイトルには妙に惹かれる」ってのがあれば、センスがあっているのかもしれません。

ユーザーID:0823252757
まずは
ぽち
2019年4月17日 9:19

面白くないと感じたものを、途中で捨てる自由を与えて下さいな。教科書ではないのですよね? 本嫌いにさせるならともかく。

私はかなりの本好きで、深夜の授乳の合間にも1Q84を読破したりしてましたが、合わない本はさっさと見切りをつけますよ。まあ昔から立ち読みでささっと1冊読み切り、本当に何度も読み返したくなりそうな本しか買ってないので、家にある本はどれも大好きですが。

ところで石田衣良さんとか、読みますかね? まず1つ作品を好きになれば、その後エッセイを読んでもらうとか。生き方論でモデルを探しているのかなと感じたので、鈴木光司さんの短編からエッセイとか。エッセイは超ポジティブですよ。

ユーザーID:1382514389
公文の推薦図書を参考にしました
分かります
2019年4月17日 9:33

私は小学校低学年から本を読みまくる本好き。家には大量の本、漫画があります。夫も読む方です。
もちろん、読み聞かせもしました。それなのに大学生の娘も中学生の息子も全然本を読みません。
大学生の娘は授業以外では年一冊も読まないのに国語の成績はセンター試験レベルはほぼ満点、感想文では賞を取る。読書量と国語力が相関すると思っていたので不思議です。中学生の息子は国語力はなく特に作文力が低くて、英語も出来ません。マンガも読まずゲームもせず野球と数学に没頭しています。
息子の中学は朝読書という時間があり、なるべく文学系と言われるのでその本を選ぶのに息子共々悩みます。
とにかく読みやすい文章、分かりやすい内容を心がけています。私はAmazonに出ている公文の推薦図書リストを参考にしました。年齢とかレベルごとに分かれていて選びやすいです。中学1年生の時でも無理せず小学4年生相当の本にしました。Amazonは関連した本とかも出てきますしね。探した本を図書館で複数借りて選ばせると、打率1割くらいで何とか読めそうという本があり、その中でいくつかヒット!というものがありました。
中学3年のいま、やっと自分で本屋で選んだりできるようになりました。でも数学とか野球、ノンフィクション中心けどね。

ユーザーID:5724391361
私が気に入って一時期読んでいた作家さん
悪嫁上等
2019年4月17日 10:00

阿刀田高さん「〜を知っていますか」「〜を楽しむために」(新約聖書、コーラン、ギリシア神話など)シリーズ。
この方はショートショートもブラック系のものも多く、面白いです。そして役に立ちます。勉強できる本です。

星新一さんの、ショートショート・ストーリー全般。高校生の頃の英語の教科書には、英訳?された「気まぐれロボット」がありました。
これは、本当に原本の方が面白かった。
本当に短いので、ある意味で読みやすいかも。私もたくさんは読んでいませんが「ノックの音が」もおススメです。

あとは、岡本綺堂の半七捕物帳、怪談シリーズ。

続いて、推理系のコナンドイル、江戸川乱歩ですね。これはハマりました。都筑道夫さんも入れたい。

一編が短いものが飽きずに読めていいかもしれません。
語彙が増えるし、古い本が多く、美しい日本語に出会えます。岡本綺堂さんなどは、ほとんどカタカナもありません。

笑えるのは椎名誠さん。古いものが勢いがあって面白いです

一生物の一冊に出会えるといいですね。

ユーザーID:0029564181
 
現在位置は
です