中2男子 体が弱くて悲しくなります

レス10
(トピ主1
お気に入り25

妊娠・出産・育児

きの

中2男子の息子です。
すぐ風邪をひき、体の調子を崩しては休みます。
本人は学校も楽しく、あれもこれもやってみたいというやる気満々なのに、体が弱く、結局ついていけないのを見ているととても悲しくなります。

小さな頃から体が弱く、小学校に上がる前は毎年一回は入院するというペースでした。
いつもこれと言った原因はありません。
風邪の熱が下がらず、肺炎や中耳炎など特定の原因もなく、ただ熱が下がらないという状態がしばらく続き、血液検査の結果が悪くなり入院、でした。

病院の先生にも『特定の原因がなくても熱が下がらない子は時々居るよ』と言われました。
小学校の間は入院するまでにはならず、『体が強くなって良かった』と思っていたのも、今思えばつかの間で、成長期なのか去年一年はちょこちょこ休みました。
休んだ分、友達のノートを借りて自主勉強して、テストの点でも良い点を取っていましたが、出席も加味されるので成績は良くありませんでした。
3回しか休んではいけないと言われたこともあります。

本人は一生懸命なのに成績が悪いと、結局やる気をなくしてしまいそうで悲しくなります。
でも、社会人になったら休まずに出勤できるというのは最低限な気もするので、出席が成績に加味されるのも仕方がないような気もします。

本人の前では悲しい顔ができないので、『大丈夫、大丈夫』とか『体の調子を崩さないように早く寝なさーい!』とかしか言えない。。。
かわいそうで悲しくて、呟きたかっただけです。
読んでくださってありがとうございました。

ユーザーID:8376618841

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
  • 西洋医学、栄養学、運動、生活習慣の改善も取り入れてみては?

    免疫力を高める方法は、ネットでも色々出ていますので、それを参考になさると良いと思います。例えば
    ・(活性酸素を抑える)抗酸化物質を含む食材(パプリカやブロッコリーの新芽等)を摂る。
    ・ファイトケミカルスープを食事に取り入れる。
    ・40度の炭酸泉に2分入る。これを5回繰り返して計10分入浴で、ヒートショックプロテインの量を増やす。

    ・リポポリサッカライドが含まれた食品摂ることで、粘膜を通じて、免疫細胞のマクロファージを活性化させる。
    ・ネギの青い部分のぬるぬる成分を取る。(唾液の中に含まれるIGA抗体、血液中のマクロファージ、ナチュラルキラー細胞がそれぞれアップするそう)
    ・リンパ球コントロールが出来る人は、抵抗力がアップするそうなので、日中に、適度に交感神経を緩める。
    ・適度な運動(オステオポンチンという物質を与えたマウスは、免疫細胞の量が増える。免疫力をアップせよというメッセージが脳に届くと、生まれてくる免疫細胞の量が増え、免疫力がアップ)

    あと、風邪予防の意味で、朝起きてすぐ歯磨きするのも良いそう。(風邪のウイルスはタンパク質の膜で覆われている。口の中のプロテアーゼと言う酵素が、ウイルスのたんぱく質の膜を破壊する。感染力がアップしてししまうので、口の中をきれいにする)

    等。色々書いてあるので、出来そうな事から実践してみてはどうでしょう。

    ただ、もし先天性免疫不全症とかでしたら、それでは間に合わない可能性も。この場合は病院にて適切な治療を受けると良いと思います。

    ユーザーID:9283767406

  • トピ主です

    皆さま、お返事をありがとうございました。
    色々な体験を聞かせていただき、本当に感謝しております。
    強くなるかもしれないし、強くならないかもしれませんね。
    でも、『体が弱い=かわいそうな子ではない』という意見にハッとさせられました。
    私がかわいそうな子と見ていたらダメですね。

    車椅子になった知り合いの男性が『障害は不便だけど不幸ではない』と言っていたのを思い出しました。

    お尋ねの免疫を上げる方法ですが、2年ほど前から高名な東洋医学の先生に教授してもらうようにしました。
    漢方を飲み続け、毎晩お灸をしたり、冷たい物を取らせないようにしたり、体を冷やさないようにしたり、その中で早寝をさせるようにもしています。
    少しずつですが良くなってきたような、あまり変わらないような、、、うーん、という感じです。
    非常に高額なので、様子見をしているところです。

    親も子も試行錯誤して、着地点を見つけるしかないですね。
    体が強いけど、メンタルが、、、という方もいらして、
    本当に色々な子供がいて、親子がいて、皆それぞれ苦労して試行錯誤しているんだと思いました。
    自分一人がツライ気がしていました。
    とんだ悲劇のヒロイン(?)ぶっていただけですね。

    これからも頑張ります!
    励まして下さり、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:8376618841

  • 要するに

    成行きに任せているからいけないのでは?
    前のレスに書いた、病気にならない為の、免疫力を上げる方法についても返答が無いので、やっていないのかな?と思われます。
    このトピも、結局は愚痴を言いたかっただけなんですよね。

    親がいつもこの調子だから「どうすれば良いか考えたり努力したりしない、成り行き任せの姿勢が、子供にも伝わる」のでは?
    子供も「自分は不運だ」という諦めしかないから、その先が見えなくなり、やる気が出ないのでは?

    私なら、日々免疫力を上げる工夫をしつつ、どうすれば授業に後れを取らないでいられるかを考え、出席日数については、どんな基準が有るかを調べ、対応策が無いか考えます。

    例えば、先取りの授業してくれる塾を探すとか、単発で家庭教師を頼むとか。
    出席日数が成績に影響するなら、インフルエンザや食中毒で休んだ人も成績が下がるシステムなのか、医者の診断書を提出すれば加味されるのか、等。

    社会に出て出勤がどうの・・・については、有給を使えば良いし、会社でトップの営業成績を残せば、給与を下げられることは無いですよね。
    自営をしたりフリーランスで働けば、自分でスケジュール調整することも出来ます。そこは、今回の話と切り離しで考えましょう。

    成績が下がった理由を家族で考え、対策を取り、時には学校に交渉する等して、病気によって成績が落ちない様に、まずは”両親が努力”してみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:9283767406

  • うちも中二です

    うちの息子は風邪はひきません。が、
    メンタルはかなり弱いです。

    学年が上がり、クラスも担任も変わる
    この時期は特に学校に行くのが嫌だとか
    ぶつぶつ言って、朝もなかなか起きません。

    穏やかな性格なので、いじめられたり
    喧嘩はしてきませんが、クラスで目立つ子から
    見るとあまり面白くはないタイプなので
    ウザがられたり、めんどくさそうな仕事
    (○○委員とか)に推薦されてしまったり
    して…それがまた心の負担になってしまう。
    そんなことを繰り返しています。

    運動部に属してはいますが、運動はあまり
    得意ではないため、部内でも目立たず、
    活躍もなく、練習にはまじめに参加する
    ものの、他の部員達との結束も弱くて、
    練習が終わったらまっすぐ帰宅。
    休日の遊びの誘いもほとんどありません。

    1年の時は定期テストのたびに不安や
    緊張からパニックになり、苦手な科目は
    私がフォローして、なんとかクリアして
    きました。
    上の子の高校受験の様子を見ていたので
    内申点もある程度取らねばならない、
    と受験への不安も強いのですが、体力が
    あまりないのか、部活から帰るとウトウト
    することが多くて塾にも行っていません。

    トピ主さんの息子さんは、やる気はあり
    勉強もよくできるようなので、内申点重視の
    公立より、息子さんに合う私立高校を
    そろそろ検討されてはどうですか?

    無遅刻無欠席で、運動部にも属する
    一見健康そうな我が息子も心の中はいつも
    問題だらけ。
    学校がいやだ、テストが怖いとグズグズ
    言うたびに、これで生きていけるだろうか
    と心配ばかりしています。
    こんな中2もいます。お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:6745385914

  • かわいそう?

    アラフォー既婚子2人です。
    私自身が体が弱いです。
    小さい頃からあなたは、体が弱いからと言われてきましたし、運動など制限されることもありました。入院や手術も何回かしました。
    もう少し色々チャレンジさせてほしかったなと思うこともあります。
    恐らく、少し強くなるかもしれませんが、大人になっても弱いと思います(私は気を付けないと、すぐ風邪もひくし踏ん張りがききません。体を作ろうとしてもその事で疲れが出て日常生活に影響します(笑))
    でも!体が弱いことはかわいそうなことではありませんよ!!
    かわいそうな子だと思って育てればかわいそうな子ななります。
    何でもやりたいことをすればいいですし、諦める必要もないとおもいます。
    ただ、自分の体を理解し折り合いをつけるポイントを学べばいいだけです。
    個性のひとつだと思ってみてください。
    誰でも良いとこ悪いところ折り合いをつけていきますよね。それと同じです

    ユーザーID:5430229860

  • 楽観的になるよう心がけるしかありません

    悲しくなる気持ちも分かりますが、本人だって辛くても本人なりに努力していると思います。

    私も小さい頃から毎年何回も熱を出し、熱が出ると1週間は寝込んでいました。

    大けがもして3ヶ月の入院と1年間のリハビリもしました。

    元々虚弱体質だったのでしょうが、体も超細くて力もなく、体育や運動も超苦手で大嫌いでした。

    父親が超心配症なので、体調が悪い兆候を見つけると、「大丈夫か?」「明日病院へ行け」などとしつこく言うのが鬱陶しく、多少の体調不良は隠すようになり、どうしても学校へ行けなくなってから親に言って熱を測ったら38度あって、その後いつも1週間休むハメになりました。

    大学で下宿し、就職しても寮に入ったので、親から離れてとっても気持ちが休まりました。

    とは言え、就職してからも、風邪で1週間丸々休んだりしたので、「もう少しなんとかしなくては」と思い、プールへ行って自由に泳いだり、ダンベルを買って筋トレをしました。それで体力はつきましたが、風邪の頻度は少し減っただけでした。

    そこで、少しでも体調が悪ければすぐに医者で診てもらう癖もつけました。(親とは関係なく、自分の意志で行くので気は楽でした)

    医者も呆れるくらい風邪を何回も引いて微熱が続き、仕事が終わって1ヶ月くらい毎日注射に通った日もあります。

    あまりに微熱が続くので、半年くらい休職・入院して精密検査を受けたこともあります。結果は「特別な問題はない」でした。

    年20日もらえる有給休暇のうち15日くらいは体調不良で休んだと思います。

    それでも会社や同僚の理解もあって、定年まで勤めることができました。

    原因が特にわからないのなら、本人がなんとかして体力をつけたり、生活を工夫するしかありません。

    この先、大人になっていくに連れ、本人も考えて対策を練るようになるので、なるべく楽観的に考えて見守ってあげて下さい。

    ユーザーID:7567125045

  • 私も。

    私も症状は違いましたがとても体が弱く、中2ぐらいまでは学校をよく休んでいました。そのせいで共働きの両親にも迷惑をかけました。
    私の場合は小児喘息だったのが主な原因ですが、それ以外にもしょっちゅう中耳炎、風邪、肺炎などなどよく病気になり入院しました。
    中2ぐらいからだんだん体が強くなり、休みも少なくなり(最後の入院は中1の夏でした)、中3はほとんど出席できました。受験もあったので本当に良かったです。
    その後どんどん健康になり、20代〜30代には留学、海外での就職も出来、問題なしでした。
    息子さんも体が強くなってくることを祈ります。

    ユーザーID:1978205629

  • おばの話ですが。

    いとこが体が弱く病院内の学校で勉強していました。

    おばは、将来的なことを考え自営業をはじめました。

    おばが社長なので大目に見ることが出来ると。

    さ、ここでつぶやいて泣き言言った後は、
    元気出して息子さんをはげましてあげてくださいね。

    ある日突然解決法がひらめくかもしれないですよ。

    ユーザーID:8870884487

  • 大変ですね

    ちなみに、睡眠以外はどういう努力(工夫)をしていますか?
    お子さんは、以下のいずれかに当てはまりますか?

    筋肉量が少ない。
    平熱が低い。
    ストレスに弱く、ずーっと抱え込むタイプ。

    外で遊ぶより、室内での遊びが多い。
    食べ物の好き嫌いがある。(野菜や果物等のビタミン類の摂取が少ない、発酵食品が苦手など。)
    湯船の温度は、熱めが好き。

    など、どうですか?

    もし当てはまるなら、普段から色々、免疫力を上げる工夫をしてみたらどうでしょうか。

    ユーザーID:9283767406

  • 私の兄は

    私の兄も幼い頃から体が弱く、幼稚園もほとんど行けず、小学校も欠席や早退ばかりでした。
    夜に具合が悪くなり、両親はいつも大変そうでした。
    大学病院に運ばれたときもあります。

    無理はできないと体育はいつも見学、
    球技大会(野球)も先生やクラスメイトの心づかいで一投だけさせてもらったり。


    その兄が今は、激務の大学病院の医師をしています。
    体は中学からじょじょに強くなっていったみたいです。
    たくさん休んだのに通信簿はかなり良かったので、当時は出欠は加味しなかったのかな。

    トピ主さんの息子さんも、これから変わっていくかもしれませんよ。
    まだ中学生、たくさんの未来が待っていますよね。

    ユーザーID:9268883637

レス求!トピ一覧