新一年生 あまりの変わりぶりに驚くばかり

レス28
お気に入り176
トピ主のみ3

困惑する母

子供

このトピのレス

レス数28

レスする
  • トピ主です 1

    皆様、貴重なご意見ありがとうございます
    読めてはいたのですがなかなか書き込める機会がなくお返事遅くなり申し訳ありません
    どなたのレスも心に響くものがあり深く考えさせられました

    小学校1年生で反抗期のようなものがあるとは初めて知りました
    学校が始まる前にお試しで行った学童の初日、迎えに行ったら、たった数時間で言葉遣いも態度も今までにないような感じになっており、びっくりしました
    ストレスなのか?周りの影響なのか?嫌なことでもあったのか?
    気を揉みましたが、こちらの学童はほぼ新1年生しかおらず、また、本人は楽しかったというし、次の日も積極的に行きたがるので「???」という感じでした
    この時、思春期の反抗期を彷彿とさせる雰囲気と態度を見てうっすら不安になったのを思い出しました

    愛情不足というご指摘もありましたが、そう言われてしまうと辛いものがありますね
    どの親御さんもそうだと思いますが、子どもができてからというもの、自分のあらゆることを後回しにして、生活のすべてを子ども中心で生きてきました
    ただ、私の妊娠・出産・産後の経過はよくなく、元気なお母さんよりもキャパシティが小さかったと思います
    なので、自分の欲を優先させた反省などはないのだけれど、私にはこれ以上は無理だった
    私がお母さんだったばっかりに与えてやれなかったものもあったのかなという気持ちです

    ユーザーID:9200203411

  • トピ主です 2

    ただ、私の限られた時間や体力の中で、頑張る方向性を間違えていたかな、と思い始めました

    まずは、家事をやりすぎてきたかも
    特に、料理にパワーと時間を使いすぎていたかもしれません
    私の母は専業主婦でしたが、口うるさい親族がいたため、常に家事をしていて、思い出すのは台所に立つ後ろ姿ばかり
    夕食は凝っていて品数も豊富でしたが、小さい子はそんなには食べられないし、料理の内容なんて本当にどうでもよくて、それよりもっと母に構ってほしかったなあと思います
    母ほどではありませんが、私もいつも家事に振り回されていて、こんなに朝から晩まで休みなく動いているのにどうしてこんなに時間がないのだろうと思っていました

    また、子どもに傾けるパワーが「知育」や「好きなことを見つけてあげたい」「アドバンテージを与えてあげたい」ということに注力しすぎたかもしれません
    息子は早生まれなので、高月齢の子にやりこめられる場面も多々あり、学校生活で劣等感を持たないようにと心を砕いてきました
    でも、よい教室を探してワークをやらせよりも、一緒に図書館に通って本を読んであげているほうがよかったのではないか
    と今になって思います

    なにかこう、一生懸命頑張ってきたのに空回り?
    家族のためにとがむしゃらに働いてきたのに気づいたら家族の心が離れていた
    と、定年後愕然とするお父さんの心が少しわかってしまいました

    ユーザーID:9200203411

  • トピ主です 3

    トピ作成したのがちょうど1週間前
    皆さまのレスを拝見し、自分なりに長男への態度に気を付けるようになったところ、荒ぶるモードが少し収まってきたような気がします
    効果が大きかったと思えるのは次の3つです

    ◎意識して長男とふたりの時間を作る
    (蹴りを入れられた日に、予定変更して2人で図書館に行って以来、態度が軟化し、今までよりべったり甘えてくるようになりました)

    ◎むやみにテレビやゲームの時間を制限しない
    (物理的に朝と土日しかまとまった時間はないので)

    ◎宿題やワークや次の日の準備をやるよう指図しない、いつやるかは本人に任せる
    (心配性なのでやらないで学校に行くことはありません)

    あまり乗り気でなかった習い事をやめたことや、本人が生活のペースに慣れてきたことも大きいと思います

    もう一年生になるのだからと、年長の後半くらいから、いろいろ急ぎすぎたり、やらせすぎたりしたかもしれません
    本当に大変なことなんですね、子育てというのは、、、

    ユーザーID:9200203411

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧