現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

軽度知的障害の息子がいます 携帯からの書き込み

ぶーちゃん
2019年4月18日 19:43

軽度知的障害のある小2の子供がいます。


普通学級にいます。
担任の先生からまだ支援学級ではもったいないと言って頂き、2年生も普通学級にいます。
知的障害が分かったのは1年生の半ばでした。


理解力が弱いので、だんだん勉強についていくのは難しくなるとはわかっているつもりではいましたが、
できない息子にイライラします。
怒鳴り散らしてしまいます。

たぶん私は息子のことを受け入れられていないんだと思います。

まわりのママさんに話しても、えー大丈夫だよ、うちだって同じようなもんだよと気軽に言われます。
同じなわけないですよね。その子達には知的障害はないんです。
そんな感じでひがんでしまいます。

学校の先生に通級指導は使えないと言われました。
息子は通級指導には当てはまらず支援学級だと言われました。
放課後デイサービスは個別で学習を見てくれるところは定員がいっぱいで半年〜1年空きません。
待って使える保証もありません。
家で教えるのに限界があります。
私の甘えかもしれませんが、イライラするだけで息子にも良くないと思います。
何もしないで支援学級に行くまで待つしかないんでしょうか。
理解力は弱くて勉強はついていけない部分もありますが
できる所はあるし友達関係など今のところ問題はないようです。

どこかで、いつか皆についていけるようになるかもって期待しているんですよね、私が。


もう、どうして良いか分かりません。
主人はほとんど子供と関わる時間はありません。むすこのことを話しても真剣に一緒に悩んでくれる感じがしません。
私は1人で必死になってて虚しいです。

ユーザーID:2610400869  


お気に入り登録数:53
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:20本

タイトル 投稿者 更新時間
二次障がいを防ぐために
Maki
2019年4月18日 21:19

障がいの有無に関わらず言えることではありますが、
いかに幸せに今後の人生を幸せに行きられるか、を考えた場合に、
大切なのは心を健やかに育てることだとおもいます。
軽度の場合だったら特に。

鬱になったり、自己肯定感をもてなくなってしまったりすることの方が深刻です。
自分には価値があると思わせてあげてください。

みんなと同じペースで学習できなくてもいいではないですか。
クラスの倍の時間がかかっても、3倍かかっても、進んでいる事に意味があります。
計算なんて計算機がやってくれる、漢字だって、いまや、そんなに手書きの機会ないですよね?
ひらがなが読めて、語彙を少しづつでも増やしていけたら十分ではないですか?

今やってる勉強が果たして将来の役に立つのか、誰にとっても見通せない時代でもあります。
みんな苦手分野ありますし。
逆上がりができなくても、速く走れなくても、大した問題にならないように、
勉強だって、できなくても幸せになれますよ。

自分を愛し、人を愛し愛されて、楽しく生きられるように、
人生は、世の中は楽しい事がいっぱいだと、
子どもが笑顔でいられるようにサポートしてあげてください。

発達障害児の母より

ユーザーID:4301309683
在りの儘に認めること
ノラ猫ブータン
2019年4月18日 21:30

トピ主さんは、上昇志向、上昇思考の強い方かも知れませんね。
そうした方に多いのが、現状を認めないで、もっともつと上を
目指すことが良いと考えます。

息子さんは、軽重は別として障害をお持ちと仰っています。
障害の多くは、努力すれば改善したり、出来るようになったり
することが少ないのではありませんか。

障害のある部分の機能が弱いか失われているのです。しかし、
年月の経過と共に沢山経験したり、機能が発達したりしてだん
だんできる様になることもあります。

時間を味方に付けながら、小さな一歩一歩を重ねることが大切
と考えます。身内にも発達障害の子供が居ますが、現状を肯定
的に受け止められることから始められてはと思います。

支援学校を見学に行かれてはどうですか。手厚いサポートが為
されています。

ユーザーID:7591407905
支援級に行ってます携帯からの書き込み
ローヴィ
2019年4月18日 21:50

長男が軽度知的障害といってもうちはI.Qが65程度なので、かなり低いのですが。
だから最初から支援級でした。
お勉強はもうそんなにできるようにはならないだろうと思うけど、少しはやってほしいと思ってしまいます。
まぁそんなものですよ。
でも、ガミガミ言ったところでわからないし、自尊心が損なわれれば、厄介なことになるので出来るだけ気を付けないといけないですよね。
次男が普通級に進学したのですが、授業内容の違いに驚きました。
たしかにこれでは長男はきつくて無理だなと。
ただ、その反面もう少しやはりやってほしいと思ってしまう、そのせめぎ合いです。
お友達の面ではだいぶうまく遊べるようになってきました。

受け入れるまでには私も時間がかかりました。
なので、トピ主さんがまだ受け入れられないのもわかりますよ。

ただ、勉強ができたからと言って社会で通用しなければいみがないので、最終的には自立できればいいのだから、生きていくのに必要なスキルを身につけさせていくのが一番良いと思います。

ユーザーID:3642361186
6割7割を目指しては?
おはな
2019年4月18日 22:20

障害がない子を10割とするならば、
まずはお子さんは、6割もしくは7割り程度を
目指されてはいかがでしょうか。

10割を目指そうとしているから、
それに追いつかずヤキモキしてしまうのでしょうから
最初から、目標を落とされてはいかがでしょう。

お辛いかもしれませんが、そういう気持ちでいないと
お子さんも、そしてお母さんであるトピ主さんも
どちらも潰れてしまうと思います。

それに、普通の子でも、出来が良い子がいれば
良くない子もいますし、他の分野で才能を発揮する子も大勢います。

学習方面だけを見なくても宜しいんじゃないですかね。

他のことにも視野を拡げてみて、
たとえば、学習ならばここまでは出来れば将来困らないだろう
…みたいな観点を持たれたらいいんじゃないかなと思いました。

ユーザーID:6644565752
勉強させる前に自分が勉強したほうが早い
Maki
2019年4月18日 22:21

2度目の投稿です。

家でおしえるのに限界があるとおっしゃっていましたが、
学齢が低いなら、親よりも優秀な家庭教師はいませんよ。

何故なら、誰よりも子どもの性格、性質を理解しているわけで、
教え方のオーダーメイドができるし、熱意も愛情も違うからです。
通級にいけば、放課後クラスにいけば、
何かが劇的に変わるかもと思っているかもしれませんが、自分で教えた方が子どもはずっと伸びますよ。

集中できる時間帯、持続時間、興味をもてる分野の発見、優先事項、長期/短期の目標…
常に確認し、修正して進んでいけます。トライ&エラーで。

教科書通りで、理解できない様なら、ネットで探せばいいのです。沢山出てきます。
児童心理学や、発達心理学の本を読むのも役に立ちます。
知的障害者の親御さんのブログを読むのも支えになるでしょう。

子どもに勉強させるより、自分が勉強した方が不安もストレスも消えます。
夫婦関係はまた別問題ですから、わけて考えましょう。
子どもに興味のない男性の意見なんて、害になっても大した役に立たない事が多いですから、ほっとかれる方が逆にやり易いかもしれませんし。

今の小さくて可愛い時期、大切にしてください。

ユーザーID:4301309683
家で教えるのに限界があります…って具体的に何しているの?
ねこママな気分
2019年4月19日 7:48

主さん
厳しい事言いますけど

主さんよりも、息子さん本人が何倍も辛いんですよ
お母さんが自分の気持ちを息子さんに吐き出して、当たり散らして、甘えて、どーすんですか?



うちの母親も、自分の子供が病気で辛いと言って
自分の気持ちしか考えず、子供にも夫にも親にも当たり散らして、
子供本人の気持ちなんて、全然考えもしない人でした。

祖母が母を叱っても
「私の気持ちはどうでも良いのか?あなたは誰の味方なんだ?」とヒステリックに泣き叫ぶだけ


母は、私が病気の間は当たり散らし続けて、
病気が治り、大学を出て、お金が稼げるようになったら、すり寄ってきました
今思えば、母はいわゆる発達障害だったのかもしれませんが…?



主さんだって辛いと思いますが、
知的な障害があって、ずっと一生辛いのはお子さん本人だって事、忘れないであげてくださいね


それに、小学校1年なら、まだまだ、生活習慣も、勉強も親が教えてあたり前じゃないですか?
先生任せ、療育任せにしようとしたり、愚痴っていないで、主さんが親として本を読んで勉強し
毎日お子さんに色々教えてあげてくださいね

ユーザーID:0746901011
言い方が悪いのは承知しているのですが。携帯からの書き込み
ロジカルまま
2019年4月19日 9:00

いまは、「だって知的障がいがあるから、しょうがないじゃん、私のせいじゃないもん」、と開き直ってみてはどうですか?。
トピ主さん自身が余裕を持つことを目指してみて下さい。障がいがあるお子さんを育てた親御さんの体験を読むとか。最初からうまく折り合いつけられてた人なんていないと思いますよ。健常児のお母さんの話を聞いて、「ちぇっ!」と思うこともあると思いますが、世の中は広いです。同じ境遇の方も大勢いますよ。

ユーザーID:0661251025
来年度からは支援学級に移ったほうがいい
あのね
2019年4月19日 9:01

 知的グレーの子と定型の子がいます。

 ぶっちゃけ、定型の子は多少のサボりや苦手なところはあっても、特に親のフォローを必要とせず、授業を理解でき、宿題やワークをこなせます。知的グレーの子はどれだけ時間をかけても教えても本人が努力しても定型の子の半分もこなせません。知的障害があるなら、うちより状況はひどいでしょう。

 ただ、知的障害が認められているなら、療育手帳がとれるので、特別支援学校(小学校3~4年生の学力と簡単な作業ができれば合格は可能)への進学→障害枠での就労、福祉就労が狙えます。コミュニケーションスキルに問題がなければその後、正社員になれる場合すらもあります。ぶっちゃけ、お子さんはうちの子よりずっと恵まれた立場ですよ。

 トピ主さんもお気づきかと思いますが、おそらく、3~4年生になったら、勉強面では完全についていけなくなります。例えていうなら、トピ主さんがフランス語で授業を受けている状況をお子さんは体験することになります。それと、お友達のやりとりも高度になり、普通学級から支援学級に移った子は大なり小なり誤解やいじめ等のトラブルを体験しています。

ユーザーID:1650267908
貴方の中の差別意識を見直して
ナスカ
2019年4月19日 10:16

貴方自身がハンデのある方に対して差別意識を持っているって事ですよね。
また、自分の思い通りの子供である事を強く望んでいるからだとも思います。
私から見ると
医者にならないといけない
東大に行かないといけない
と、自分の価値観を子供に押し付けている親と変わりないように感じます。
そんな理想が高い訳じゃない。私はただ普通であって欲しいだけ。
と言われるかもしれませんが
自分の理想、価値観を押し付けるという意味では一緒です。
ハンデのある人を見下すような完璧な親でもないのに、子供に理想を押し付ける。
子供にしたら理不尽ではないでしょうか?

勉強が出来れば幸せでしょうか?
大学出ても不幸そうな人はいくらでもいるのに。
子供にとって何が幸せなのか、じっくり考えてみられてはいかがですか?
自分の幸せ=子供の幸せ
そうなれるといいですね。

貴方の差別的意識は貴方自身を苦しめるだけでなく
お子さんも苦しめる事になります。
貴方が苦しむのは自業自得だと思うけど
お子さんを巻き添えにするのは、可哀想だと思います。

ユーザーID:8895895250
支援級、いいですよ
ちび
2019年4月19日 11:18

息子は知能指数は高いですが、発達障害があり情緒支援級に所属しています。
知的障害の支援級ではないのと、地域的な事情も違うかもしれないので一概には言えませんが、先生の言う「支援級はもったいない」の意味があまりピンときません。
こちらの地域では、支援級のほうが圧倒的に学習面は充実しています。
例えば通常学級でしたら、みんなにプリントがいきわたるのを待ったり、問題をとくのを待ったり、とにかく待つ時間が結構ながいです。
また、先生もクラス全員がちゃんと理解しているかその都度把握するのは難しいですし、たとえちょっと遅れている子がいたとしても、ほかの子にあわせて授業を進めなくてはいけなかったりします。
支援級では、その子の進度を先生が把握してくれるので、進度にあった授業を展開してくれます。
ただ、学校によっては支援級の子は点つなぎばかり、みたいなこともあるようなので、支援級を見学させてもらい、支援級の先生にお話を伺うのがよいと思います。

ユーザーID:8736428572
塾は?携帯からの書き込み
ササ
2019年4月19日 12:42

なんで、無理にお家で指導するんですか?
公文は?塾は??他人に任せれば良いじゃないですか。息子は、他人に任せました。家の中の雰囲気が悪くなるし、本人も自分が誰かに認めてもらえるのが嬉しかったみたいです。
外に出すことを恐れないでください。
それから、勉強以外でも才能を見つける努力を親が怠ってはいけないと思います。

ユーザーID:9271175946
同じようなお子さんを持つサークルとか
レッドカード
2019年4月20日 9:09

サークルとか生活相談をしているグループと関わりを持ったほうがいいですよ。
健全なお子さんを持つ親御さんと悩みの共用はこの先無理ですよ。
あなたの気持ちに同情とか支援がほしいと思ってるだけでしょ、それなら無理です。
お子さんのことを忘れて自分だけ楽しくなりたいのならいいでしょうけど、
それではお子さんは何も成長はないです。
あなたのようなお子さんは多いし、頑張って居られる親御さんを見てください。
参考になりますよ。
役所とか社会福祉協議会、障害者支援施設を検索すれば必ず見つかります。
あなた自身がどういうふうに子供の教育をしていいかわかってないので
そういう相談なり出来たらいいと思いました。

ユーザーID:3777654350
その子に合った場所を選んでください
タルト
2019年4月20日 11:18

私が高学年の時、軽度知的障害の男の子と同じクラスでした。担任は他の子と区別なく扱っている(つもり)ようですがやはり知能面、友人関係でうまくいきませんでした。

担任が支援が必要なのだと明言していればまた違ったのでしょうが担任は頑として認めず、私のクラスは結果として学級崩壊しました。子供って「平等」に敏感なんですよ。大人が知的障害を認めない、普通にこだわる。ならば同じことができて当然なんでしょう?平等に扱うのが当たり前と考えます。

でも、お子さんはその「平等感」に耐えられませんよね?きっと。なので、親も担任も認めた上で支援級の力を早々に借りながら堂々と普通級にも参加すればいいと思います。得意な科目だけとか。

私のクラスにいた知的障害者は結局中学校では支援級に行っていました。最初からそうしていれば、学級崩壊しなくてすんだのに。担任も私達の卒業式で嬉し泣きしていましたよ。最悪の小学校の思い出です。トピ主さんのプライドで、周りの子の楽しい学校生活を奪わないでください。

ユーザーID:4624835865
経験談
甘梅
2019年4月21日 0:37

以前、知的障害者の支援施設に勤めていました。

特別支援学校の高等部を卒業して入所してきた、とある女の子がいました。
その子のお母様は「普通であること」に強くこだわり、周囲に支援学級を勧められても断って、その子を中学校まで普通学級に通わせました。
勉強について行けなくとも、「普通の子」達と過ごさせることが何より重要だったようです。

その結果、もともと明るく人懐っこい性格だった彼女は、周囲からの勉強の遅れや、バカにされることへの恐怖から強いストレスに晒される日々を送り、人の目を直視できない子に変わってしまいました。
施設に来てからもオドオドキョロキョロ、表情は笑っていてもいつも目は泳いでいました。


>どこかで、いつか皆についていけるようになるかもって期待しているんですよね、私が。

お子さんの障害を受け入れるまでに時間がかかるのは仕方のない事だと思います。
ですが、現実を認めなければ、次に進めません。
この期待は、お子さんには重荷でしかありません。

言うほど簡単でないことは百も承知です。
私も人の親ですから。

それでも、お子さんの立場に立って考えてあげて欲しい。
知的障害について、きちんと勉強して欲しいです。

ユーザーID:3972763987
境界域の子どもの母です
小学生ママ
2019年4月22日 8:34

こんにちは。グレー児の高学年がいます。
普通級で、通級指導は1年生で終了しました。(定員過多のため、問題のない子は卒業するというシステムです)

勉強にこだわって怒鳴り散らすくらいなら、家庭教師や個別指導塾をおすすめします。息子は国語が弱かったので、個別指導塾で国語を中心に、算数は公文にいきました。
正直お金はかかりましたが、今高学年、優秀とまでは行きませんが人並みには頑張っています。毎年担任とも相談し宿題も調整しています。

わたしは同級生のママ友には成績の話題や相談はしません。経験上「えーうちもだよ」ほど信用ならない言葉はないですから(笑)
宿題だけでひょいひょいついていける子ばかりだったら先生も苦労しません。つまり教育に力を入れている家庭は低学年から何かしら対策はしていますし、親が教えられない家は公文や学研、進研ゼミのタブレット学習など外注していますよ。
低学年までは宿題と家庭学習だけで毎回100点?それは地頭のいい、勉強好きな子の話です。

だから我が家は「この子なりの」やり方で貫いています。よそと較べて我が子を見失っては本末転倒です。

ただ相談相手は欲しいですから、先輩ママと塾や受験事情などいろいろ話したりはあります。学校の先生と話しやすくなるためにPTAなどは積極的に参加しています。
そこで高学年のお母さんや支援級のお母さんと知り合ったので、話したりはありますよ。

主さんも学校でパイプを作ってみては?
我が家は評判のいい発達障害の子も受け入れ可能の個別指導塾を教えてもらい、そこの先生との相性がよく、人並みには成績が上がりましたよ。とくに苦手だった国語や漢字はほとんど高得点です。自己肯定感も高まり、いまでも宿題は時間がかかっても最後までやりとげます。さすがプロだなと思いましたし、紹介してくれたお母さんには本当に感謝しています。

ユーザーID:5787526895
受け入れる事
Aya
2019年4月22日 12:00

無理してごまかし続ければ 普通級に居座ることはできるかもしれない

親としては、普通級でって
そんなに違わない
ちぃっとだけ 理解が遅いだけ

と頑なに思い込んで、支援級をためらう親がいる

親はそれでも満足だろうけど
当の本人は、苦しい思いをする
劣等感だけじゃなく
いじめに近い状態(表立ってはないだろうけど、距離をおかれたり
嫌がられてる雰囲気は感じ取る)

正直、障害者としていきた方が 本人にとっては生きやすい世の中だと思う。

うちの親は、我が子の障害を障害者として認めたくなくて
身体障害であったけど、普通にこだわり、障害手帳もとらせてもらえなかった
そのため、明らかに見た目でわかる障害があっても
一般枠で就職探しに難儀し 入ってもイジメで辞めざるを得ない状況に
大人になってから障害手帳とって 障害枠で 障害者として働く方が
働きやすい。

学生のうちは、いじめや孤立 できない事(四肢欠損により運動など激痛)
だけの苦しみを感情殺せば 毎日過ごせる

でも大人になれば いずれ 自立しなきゃいけない
支援あったとしても
いずれ親は先に死ぬし
兄弟の重荷になるわけにはいかない
できる限り 支援受けてでも 自立の道を見つけなきゃいのね

普通にこだわって 普通級卒だったとしても
実際に人並みのことをできるわけじゃない
結局 本人が苦しむだけだよ

周りの人の社交辞令間に受けないで
他人事だから「大丈夫だよー」と言うだけ

子供も小さいうちは、無邪気に誰とでも接するけど
これから自我が芽生えていくと
自分と違う人との排除や 毛嫌う気持ちが出てくる
幼稚園ぐらいまではいいけど
小学校3、4年生にもなれば、
イジメはダメと道徳で教えられても
いじめにならない程度の避けられたりする行動で
本人はすごく傷つく

障害者として生きた方が 本人にとっては
生きやすい世の中だよ

ユーザーID:3874140339
気持ちは分かるけど
まり
2019年4月22日 18:46

追いついてほしい気持ちは分かります。
今だったらまだそこまで差がないですから。

でも、軽度とは言え障害があることが分かっている訳ですから、今は必死でがんばっている状態なんだと思うんです。

2年生って結構難しくなります。
3年生だともっと難しくなります。

軽度の子というのはもしかしたら追いつけるかもとプレッシャーが掛かりがちだし、自分が周りと違うというのが理解出来ますから、とても辛い立場になりがちなんです。

二次障害を起こしてしまったら勉強がどうとか言ってる場合じゃなくなります。
命の問題になってきてしまいます。

軽度知的障害の方にとって大事なことは、
自己肯定感を下げないこと、
簡単な読み書き計算が出来ること、
周りの人に流されたり、だまされないようにすること、
そして一番大事なことは困った時に人に頼れること。

あとのことはおまけ位に思っておくと、楽しく生きられると思いますよ。

お友達とうまくやれていると言うのは本当に大事なことだと思います。
これから学年が上がっていくといろいろあるかもしれないですが、ぜひいつも味方でいてあげて下さいね。

ユーザーID:4011972831
発達障害の子の母です
うちも
2019年4月23日 14:53

うちはもう18歳になるので、トピを「ああ、私もそんな日があった」と少々懐かしく苦く思い出しました。
軽度の知的障害とのこと、「周りと同じに」といくらあせってもこれから数年かけて周囲の子どもたちとは差がついていくばかりでどんどんその差は顕著になっていきます。

さすがに、5年生を過ぎたあたりからあきらめの悪い私も「あぁこれはもう決定的に無理だ」と観念しました。
周りについていくことばかりに必死だったのをやめてみたらあら不思議。
ごはんもおいしいし毎日楽しいし、息子は性格がとても良いしお友達は親切だし正直「私、一体何にこだわっていたのだろう?」と思いましたよ。

私が息子にしたことは例えば目の見えない人に「頑張れば見えるようになるかも」
聴力のない人に「頑張れば聞こえるようになるかも」と言い続けるようなものだと気づきました。

私は小さかった息子にずっと不可能なことを押し付け続けてきたのだと今だに後悔しています。
外から見える障害にはあきらめがすぐにつくのに脳の中のことだと見えない分期待をしてしまうものかもしれないです。

けれど、私と同じ後悔をぜひしないように今、この瞬間の幸せを大切にしてほしいと思います。
息子さんと一緒に毎日を楽しんで、幸せになってください。

ユーザーID:0162336135
トピ主です携帯からの書き込み
ぶーちゃん(トピ主)
2019年4月24日 17:09

皆様、コメント頂きありがとうございます。
大勢の方にコメント頂きおひとりお一人にお返事出来ず、申し訳ありません。

息子のこと、受け入れなければと思う気持ちと
少しでもみんなと同じようにという気持ちの2つがある状態です。
ただ、このままでは二次的な問題も出てしまいかねないのもわかりました。
少しでもおおらかな気持ちで息子を否定ばかりせず、褒めてやろと思います。
息子なりに必死にやっています。その頑張りを認めることから始めてみます。


同じようなお子さんをお持ちの方との関わりも持つようにサークルなど探してみます。


1年生の終わりごろに、担任の先生とお話をして
今の息子は普通級で少しサポートや個別に説明が必要なこともある、その説明で理解できるし本人もやる気があるし2年生も普通級でと話をして決めたのですが
支援学級の見学や支援の先生とお話する機会もなかったので、これからはそういう時間も作ってもらい、これからのことを考えていこうとおもいます。
年度途中は支援に移ることも出来ないので
年度末の先生との相談に向けて、自分自身も知的障害についてもっと勉強します。

ユーザーID:2610400869
こういう考え方は定型の子を育てていても苦しいと思う
あのね
2019年4月25日 1:53

>息子のこと、受け入れなければと思う気持ちと少しでもみんなと同じようにという気持ちの2つがある状態です。

 みんなと同じようにって、定型の子でも苦しいと思いますけどね。じゃあ、聞くけど、そこにいる人皆、研究者になるの?サッカー選手になるの?国家公務員になるの?違いますよね?それぞれ、いろいろなルートを経て、自分の適正と能力に合わせた職に行き着き、自立していくわけです。誰一人、同じように育つわけではありません。定型の子でも程度の差はありますが、向き不向き、得意不得意があり、好きなことも、やりたいことも人それぞれです。
 自閉の子、知的障害の子だって、同じ診断名だからといって誰一人同じ子はいません。それはそれはいろいろな子がいて、それぞれ必要な手助けや支援が違います。それこそ、うちみたいに手帳が非該当で、でも困りごとは確実にあって、どうすんじゃこらくらいに軽い子から、意志疎通すら不可能な重めの子までいろいろです。
 トピ主さんのそれは、桜の木にリンゴがなってほしい、ミカンの木にバナナがなってほしいと言っているレベルの滑稽さです。桜の木なら、桜の木の育て方があるし、ミカンの木とバナナの木は育て方が全く違いますよね?


 一応自閉の子をもって早10年以上の月日がたつですが、受け入れるという意味はあんまりよくわかりません。もともと、子どもは死ななきゃいいんじゃない?生きていれば丸儲けくらいにしか考えていませんから。
 現実的に苦手なことが人より多く少々生きづらいから、生存確率の高いルートや場所を選んできて今に至るというのが正直なところです。幸いにもうちの場合は自分に障害があることを理解できるまでには育ってくれたので、機会と情報はくれてやるから、あとは自分で何とかしろといったところですが。いいか悪いかはわかりませんが、現実的かつユニークな子です。育てていてわりと楽しくもありますよ。

ユーザーID:1650267908
 
現在位置は
です