• ホーム
  • 男女
  • 「大事な話」「真面目な話」を有意義に話す方法

「大事な話」「真面目な話」を有意義に話す方法

レス16
(トピ主1
お気に入り15

恋愛・結婚・離婚

ALPHA

昨年結婚してもうすぐ1年になる新婚です。
結婚して間もない頃から些細なことでの喧嘩が絶えません。
喧嘩と言っても口喧嘩や罵り合うなどのタイプではなく、雰囲気が悪くなる、会話が無くなるという感じのタイプです。

まず私は細かく綺麗好きな性格で、妻は割と大体で過ごすタイプなので性格が真反対に近いです。最初の頃は妻の掃除のやり方や片付け方に不満があり、そういった「生活を送る上での過ごし方」の意見の対立で喧嘩ばかりしていました。
最近ではそういう類の喧嘩は落ち着いてきましたが、次はお金絡みの話で喧嘩するようになりました。家計管理のことや将来に向けての貯蓄の話について私から切り出すと、私が細かい性格の為、「まるで支配されているような気持ちになる」「息が詰まる」のような感情になるようで妻はお金の話をすることが嫌になるらしく機嫌を損ねるスイッチが入り、会話が無くなる喧嘩に発展します。

過去の喧嘩では自分には落ち度があり、最近になって自分のやってきたことがモラハラに近い事だと気付いた為、妻にその事を伝え素直に謝罪しました。それはそれで申し訳なかったと猛省しています。しかし妻からは「自分の意見が言えなくなった」と言われました。その為からかお金の話をしても「あなたに任せますんで!」「お金の話やめよ」となります。

私のせいでこうなったのは重々承知ですが、家計のことや出産、教育、老後などこれから沢山お金について話合わなければならないタイミングがあります。なので私一人で決める訳にもいかず、ちゃんと妻と向き合って話をしたいんですが、その度に喧嘩になってしまうので、どうすればいいのかと悩んでいます。

どうすれば大事な話や真剣な話などを喧嘩や雰囲気を悪くせずに有意義に話し合うことが出来るんでしょうか??
私達夫婦は「大事な話」「真剣な話」をする=雰囲気悪くなるという考えになってしまっています。

ユーザーID:7862915224

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 第三者を通す

    例えばテレビの情報番組で家計に関する情報番組があったら録画して2人で見てどう思うかを言うとか、ファイナンシャルプランナーにプランニングしてもらうとか、市の相談プログラムなどで家計相談してみるとか。
    2人で話し合うと雰囲気が悪くなるなら、客観的に意見を言ってくれる第三者を通すのが1番かと。

    ユーザーID:2562799907

  • なるでしょうし、変わらない

    うちと似たケースですね(笑)

    正直な所、話し合いじゃないでしょ?(笑)

    意見が言えない、、私も同じです
    だって、言っても却下するから

    自分の考えや意見と違えば、詰めてくるし、結局、自分の考えや意見を通すんですよ、、貴方の様なタイプ、、

    だから、私も意見言えない(笑)
    計画表立てて、こんな感じにしようと思うけど、どうかな?とか
    まぁ、プレゼンしてくださいよ、、細かく
    疑問は質問しますから(笑)

    うちは、そうしてます

    年間表をパソコンで見せてもらって、細かくプレゼンしてもらって、質問して、、終わり

    正直な所、好きにすれば?何言っても聞いてもらえないし、説得・納得もしないし

    ですかね(笑)

    奥様の気持ち痛いほど理解できます
    もう、嫌なんですよ、、話し合いするの
    話し合いじゃないんですよ(笑)話し合いにはなって無いんです

    ユーザーID:5423299487

  • 雑談の中で少しずつ

    お金の話も含め、うちは雑談の中でチョコチョコ話してますよ。
    「私はこんなふうに考えてるんだよね」程度の話です。
    食事中とか、車で一緒に出掛けた時とか、散歩を兼ねた買い物の途中とか。

    その時は、結論は出なくてもいいんです。
    「ふうん、そうなんだ」って聞いてるだけで、返答らしい返答も要りません。
    雑談ですから、すぐに他の話題に移っても構いません。
    食事中や運転中に横から難しい話はしない方がいいでしょうし、散歩中に細かい数字をあげて、すれ違う人や通りすがりの家の人に聞かれたくはありませんしね。

    それでも、チョコチョコと頻繁に話しているので、考え方や数字の基本的なところは、お互いにわかってきます。

    それよりも突っ込んだ、大事な話や真面目な話をきっちりしたい時がきたら、まず最初に、向かい合わせに座らないように気を付けます。
    テーブルをはさんで正面から向かい合うと、ドラマで見る警察の取調室みたいで落ち着かない、嫌な気分になってしまいがちなんだそうです。
    家計の話ならなおさら、なんらかの資料を見せつつ話すのでしょうから、一緒にのぞき込めるように横に並ぶ、もしくはテーブルの角をはさんで斜めになると、多少なりと話しやすくなると思われます。

    結婚して一緒に暮らすようになると、たまにデートで会うくらいでは見えなかった部分までお互いに見えてしまうようになり、新婚の頃には喧嘩が多くなりがちなものです。
    けれども、1年ではまだ折り合えない部分も、2年3年と一緒に暮らしていくうちに、おふたりなりの落としどころや、その見つけ方がわかってくるはずです。
    これから何十年も一緒に暮らしていくのですから、焦らずに、ゆっくり、やっていきましょう。

    ユーザーID:3582435963

  • 前回の教訓を生かせれば良いと思います

    > そういった「生活を送る上での過ごし方」の意見の対立で喧嘩ばかりしていました。
    最近ではそういう類の喧嘩は落ち着いてきましたが、


    今度は家計での喧嘩解決に、このとき得た教訓(といえば大げさかもしれないが)を生かせれば良いじゃないですか? 

    余計なことで申し訳ないですが、トピ読んでても、あなたさまがやってきたことが、なぜモラハラに近いことなのか理解に苦しみますが、、、

    ユーザーID:8735141097

  • ななみさんへ

    ななみさん
    同じ様な境遇ということで大変貴重な意見ありがとうございました。
    まさにななみさんの言われる通りだと感じております。

    確かに振り返れば自分の意見を押し通していました。ですが、話し合いとなると結局はどちらかの意見にしなければなりません。それがいつも自分の意見ばかり通すからいけないんでしょうか?「話し合い」というものの上手な方法を見失っています。たまには相手の意見も、たまには自分の意見も通すことが良い話し合いなんでしょうか?
    ななみさんはどう思われますか?

    ユーザーID:7862915224

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 言い方

    話し合いというのは「こっちとこっち、どっちがいいと思う?」というような話です。
    結論が出ていないことについてお互いの意見を言い合うのです。

    大事な話だからこそ「1人では決められない、一緒に考えて欲しい」というのが話し合いです。

    トピ主はもしかして自分の中で決まっていることを話していませんか?
    それだと奥様は押し付けられているようで気分悪いと思います。

    基本的には仕事で取引の話をするのと同じです。
    うちの言い分ばかり話してもダメ、相手の言い分も聞き入れてバランスをとることです。

    例えばですがトピ主の中で「毎月10万円は貯金したい」というラインがあったとします。
    妻に話す時には「毎月12万円は貯金したい」と言うんです。
    妻が多過ぎると否定的な態度なら「なら10万でやってみようよ」と譲歩するのです。

    最初から10万と言って、妻が難色を示した時に「10万貯金する必要性」を説明しても鬱陶しいだけです。
    戦略や駆け引きは必要です。

    もちろん誤魔化しの効かない、どちらかの意見をとるしかない状況はあります。
    でも話し方次第で駆け引きできる状況もあるのです。

    話しを仕掛ける時は反対されることも想定したうえで、どこまでなら譲れるかを先に考えておくのです。
    売買の値引き交渉と似たようなものです。

    あとはくどくどと細かいことまで言わないことです。
    「こうする理由は〜なぜならば〜だって〜まずは〜だから〜」と長々話さない。

    結論を先に言う。
    「こうしたいんだけどどうかな?」

    妻から「任せますんで!」と言われたら「わかった、それでやってみるね」でいいのです。

    ユーザーID:2217422333

  • それ、今しなきゃいけない?

    出産はわかります。教育もぎりぎりわかります。
    けど今、老後の何を話すんですか?

    夫婦は向かい合うものではなく、同じ目的に向かって横並びで歩いていくものです。
    つねに「話し合い」という行為を強い、向き合わせるのはトピ主さんの傲慢です。

    私も「話し合い」好きでした。
    いえ、「話し合う」ことでねじ伏せるのが好きでした。

    今、どうしてもその話し合いをしないといけませんか?
    そう思い込んでいるだけではありませんか?
    今しなければならないのは、話し合えるだけの関係性を作ることなのではないですか?

    ユーザーID:1775191996

  • トピ主様へ

    読んで頂きありがとうございますね

    どちらかの意見にするしかない、、が間違いでしょうね、、

    うちの場合、主人は金融機関に勤めており、FPの資格その他もろもろ取得しているため、家計は全て主人がしてます
    これが、前提にありますので、プレゼンが成り立ちます

    トピ主さんのお仕事が金融機関であれば奥様も私の様になるのでしょうが、、性格なら感情が言葉に乗りますからね

    どちらかの意見にするしかない、、何故ですか?どちらがが折れる必要も無い
    混ぜれる意見は混ぜるで良くないです?

    多分ですが、トピ主にこれには、これくらいで大丈夫と言う自分基準ありますよね?

    それが、奥様と違えば意見の違いになり、話し合いと言う名の詰めをしてるんじゃないかなぁ?と、、もし、当たりならまるでうちですね(笑)

    たしかに、お金に細かいのはありがたいですよ
    けど、その価値観が全て、自分基準なんですよね、、またそれを間違って無い!と思ってる節がある(笑)

    話し合いを成立させたいなら、まずは奥様の話を聞いてあげてください、、

    そして、理解してあげましょう

    例えば、家購入の予算なら、まずは幾らぐらいの家なら買えるか?その為には頭金をしたいと言って、ここで、フルローンでと言われたら
    月の返済額やボーナス返済など、具体的に数字を出して、けど、ここに子供が居たら教育費も貯めないといけない、教育費を仮に月3万として〜と目の前で電卓を叩きましょう!(笑)
    それから、初めていつから貯める?です
    擦り合わせながら、納得してもらう
    これに限ります(笑)

    要は、「一緒に内容を考える」って事です

    ユーザーID:5423299487

  • 2度目ですが 

    > 話し合いとなると結局はどちらかの意見にしなければなりません。

    全ての場合にこれが当てはまるかどうかは疑問的です。妥協じゃなくて例えば、

    あなたさまは月々10万円貯金したい。奥さんは家計を考えるとせめて8万円に抑えたい。そのとき平均の9万円の貯金をするなどの妥協はせず、10万円 X 12 要するに120万円を一年で貯金するというように決めると、月単位でやりくりしてると見えてこなかった何か(平月はできなかた貯金が盆暮れやヴァカンスや誕生日、お歳暮お中元など年間行事での出費を減らすことで目標達成できたとか)が発見できて面白いかもしれません。

    細かい性格のあなたさまは、その細かさを月単位から年単位に緩和でき、大体で過ごす奥様はせめて年単位では几帳面になっていこうとお互いの隔たりが狭まる可能性も出る。
    他、細かいあなたさまは大分先の老後経済対策担当、大雑把な奥様は目先の細かい家計に専念という風に自分の特性と相反する作業に分担するのも面白いかも。

    話題は変わりますが、夫婦て仕事以外一緒にいることが多いので、改まって話し合いとなると、その場で結論をだそうとするあまり、どうせ解決しないのにまたか? とナゲヤリの喧嘩状態で終わることが多いので、夫婦それぞれの結論をだすのを1週間後にするとか、時間幅を持たせると良いかもしれません。

    偉そうなこと書いてますが、
    家では、日頃感情的なのが私(旦那)で話し合って(或いは予測不能に)切れて激怒は嫁 と 相場は決まってますので、嫁が激怒したとき私は自室にこもり趣味に没頭。数日後お茶を濁した提案で、真の解決とは言えず。諸問題の浮上は堂々巡り。という状況です。

    ユーザーID:8735141097

  • 折れる時は折れる

    貴方が緻密に細かく考え過ぎて、だから自分の考えが絶対的に正しいと思っていて結果、妻が詰められて逃げ道が無くなっているのかなあ?

    うちは基本、夫はパッパラパで私が細かく考えるタイプ、夫は「君の方が良く考えてくれているので、それを僕にきちんと説明さえしてくれれば納得出来ると思う」という感じです。

    だから大抵、私の考えが尊重される。

    それでも聞いている時、夫が何となく納得してない雰囲気の時も。
    そういうちょっとした表情の変化を見逃さず、「何か不満?」と尋ねて言い分をしっかり聞いてあげる。途中で遮らず、「違うじゃん、そこ考えが浅いよ」と思っても取り敢えず最後までしゃべらせてあげる。

    もし本人が「何となく納得できない感じがするけど自分でもなぜなのかうまく説明できない」風であれば「こう思うわけ?」「う〜ん、そうじゃないけど」などと夫が自分で自分の考えを明確にし整理できるように共同作業で助けてあげる。

    で、それについてこちらの考えを述べる。

    例えば夫が〇万円のスーツを欲しがったとする。私は「サラリーマンの平均年収はこれぐらいと言われており、サラリーマンが買うスーツの金額は平均〇万円と言われている。貴方の年収は平均より低いのに欲しがるスーツの金額は平均の〇倍だよ、それでもそんなにお金を掛けたいの?」
    他にも賛同できない理由を説明。

    でも夫が前述の私の話を聞いた上でまだ欲しいと言うなら「わかった、私はまったく納得してないけど貴方がそこまで望むなら」と折れる。

    でまあうまく行ってます。

    「自分の考えを、妻がわかりやすいように工夫しつつ説明」「聞いている妻の表情を見逃さず、少しでも納得できないようならその原因を妻の立場に立って一緒に究明する。意見を封じ込めるのでなく一緒に引き出す努力をする」「自分はまったく納得出来なくても妻がどうしてもと思うことは思い切って妥協する」
    どう?

    ユーザーID:7788364813

  • 形骸化した話し合い。

    そもそもあなたが「いつも自分の意見ばかり通す」なら、話し合いなんてする必要がありますか?

    あなたは白黒きっちり決着つけないと、気がすまない?
    相手の意見を全否定するのは簡単だけど、彼女の主張や言い分にはあなたの斟酌できる余地はゼロですか?

    玉虫色や灰色決着なんて言葉の響きは悪いかもしれないけど、たまには妥協したり折衷したり譲歩したりできないもんですかね?

    民主主義は最終的に多数決でものごとを決めますけど、採決に至るまで十分に話し合いを重ねて、少数意見を採り入れないと単なる独裁に転化します。

    ユーザーID:5399045223

  • やりたいことには、協力をお願いしたら良いだけでしょ?

    私は、どっちかって言ったら、主さんと同じで「やりたいようにやる派」なんだけど、べつに逃げられないよ(苦笑
    話し合いとかも、べつにしないけど…


    まず、考え方なんだけど、主さんみたいに「話し合いしたいのに、相手に話し合いを拒否られる」人の場合
    「話し合い」に求めていることが、ちょっとずれてるんだと思う

    1、自分の考えがまとまっている部分までは、絶対自分の考えを押し付けたいし、譲る気は無い

    2、自分では解決を考えつかない部分や、自分の考えを実行するために工夫が必要な部分だけ、相手に「解決策を講じる努力」を押し付けたい

    3、うまくいかなかった場合に「お前も賛成しただろ」と言って責任を押し付けたい



    つまり、
    「俺のやりたい事をやるんだけど、やる工夫と責任はお前の担当」=「話し合い」という
    主さんにだけ都合の良い「話し合い」なんだよね〜



    ここまで、もし納得できたら、答えは見えてきてると思うけど
    1、自分のやりたいことなんだから、やり方もやる時間やお金も最後まで全部、自分で工夫する
    例えば、教育費貯金目標=2000万、家の頭金=1000万、毎月の貯金額=10万円

    2、協力してほしい相手(うちの場合、夫や子供)に対しては、敬意を払って、低姿勢で、どういう協力をしてほしいのか説明して、協力をお願いする
    なんとか、食費と雑費で10万以内に抑えてほしい。

    3、失敗したら、自分の責任!協力者にはお礼を言って、決して責任を問う事なかれ!
    妻の友達の結婚式で3万+2万(服と交通費)かかって、貯金が7万に。。。。.当然、そういう出費が時々あるのは、自分が想定しておくべきだった。




    うちは結構仲良しだし
    もちろん、彼らのやりたいことにも、私は協力してるので、だいたい、嫌とは言われません。


    そういうやり方で我が家は結構うまく行ってるよ

    主さんも、一回試してみたら?

    ユーザーID:0615761817

  • 具体的に

    どちらかの意見にしなければならない場合もありますが、妥協して折衷案にするとか、どちらも選ばない(お互いに相手の領域に入らないようにする)とか、全く別の方法を探すとかで解決できる問題もありますよ。

    過去にお二人の間でどういう話し合いがあったのか、具体的に書いてみてください。
    抽象的に書いていても的外れになっている可能性が高いと思います。

    ユーザーID:3506536397

  • トピ主レスに驚き

    >話し合いとなると結局はどちらかの意見にしなければなりません。

    なぜ?
    意見をすりあわせるとか、妥協案を見つけるなんて方向性は、トピ主の頭の中にないんですね。
    結果、すべてがトピ主の思い通りになっているとしたら、奥さんやってられないわ。
    「何を言っても全否定されて、全て夫の考え通りにしかならない」
    奥さんに、こう教え込んだのはトピ主ですよ。

    トピ主は話し合いたいというけど、人の意見を聞く耳をもっていないんですよ。
    話し合い=自分の意見を通す戦いでしかないのでしょう。

    もういいんじゃないですか?
    トピ主が全部決めて、奥さんはそれに従うってことで。
    形骸化した話し合いなんて、なんの意味もありませんよ。

    ユーザーID:7078629831

  • きつい言い方をするとね…

    トピ主さんは『夫婦だから』こそ大切なことは2人で決めないといけない…
    という前提ですよね?

    この前提そのものが成立しているのか、私はそこから疑ってしまう。
    トピレスを見ても、話合いとは何かとか喧嘩というものにしても
    ご自身が定義している表面的というか形式的なものばかり感じます。

    過ごし方で喧嘩が無くなったということだって、
    お互いが納得出来た末のものというよりも、どちらかが諦めた結果じゃないでしょうか?

    つまり籍を入れて一緒に住んでいるから『夫婦』と形式的に考えてますが、
    もはや同居人のように思われている可能性すら考えられませんか?

    『大事な話』なんてもはや2人の間に無いと思われていたら?
    少なくても『大事な話』が出来るほどの関係性が現状は失われているとしたら?
    当然のようにお金のことなんて将来を見据えなきゃ話題にする必要性も感じないよ。

    奥様は『早く子供が欲しいね』というような夫婦の未来を見据えた話はするの?
    もうなるようになれば良い、勝手に考えて貰えばよい程度の関係になったのでは?

    夫婦間で奥様は最近なにをトピ主さんに話しかけましたか?
    (今日の夕食何が良いのような当面の話以外で)
    それが何一つ思い浮かばないなら、話合いをする以前の問題だと気づかないとね。

    ユーザーID:6153761901

  • 話し合い至上主義に毒されてませんか

    別に話さなくていいじゃんと思います。

    うちの妻もお金の話が苦手だし好きじゃないので、
    大きな買い物とかローン関係とか貯金とかについては
    私が勝手に頭の中でプラン組んで見通し立ててやっています。
    妻に全く話さないわけじゃないですけど、
    せいぜい「例の件、こうするからね」「うんわかった」これだけです。

    考えたくない人、苦手な人、責任持ちたくない人に聞いたって有益な意見が出るわけでもなし。
    そのときどきで得意な方、一家言ある方が勝手に考えてやってりゃいいんですよ
    (だから私はインテリアや料理には一切口出ししません)。
    責任を分散させたいだけ、言質を取りたいだけの話し合いなんか、
    やらないほうがずっとましだと思ってます。

    なんかこう、世間の「話し合い至上主義」に毒されすぎてませんかね。

    ユーザーID:1960217901

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧