• ホーム
  • 学ぶ
  • ポアロとミス・マープルどちらが好きですか?

ポアロとミス・マープルどちらが好きですか?

レス18
(トピ主2
お気に入り21

趣味・教育・教養

エリノア

こんにちは。クリスティーの好きなエリノアと申します。よろしくお願いします。

ポアロとミス・マープル、私は基本的にはどちらも好きです。でも年齢を重ねた今はポアロの方が少しだけ余計に好きになりました。理由は縁結び(笑)。ミス・マープルも素敵な人ですが、年を取ると殺人事件の後で恋のキューピッド役を務めてあげるポアロの優しさがいいなと思うのです。

皆さんはポアロとミス・マープルどちらが好きですか?理由も合わせて教えて頂けると嬉しいです。

蛇足ですが、トミーとタペンスは苦手です。特にタペンス、ハイ・テンション過ぎて私は駄目なタイプです。

それではよろしくお願い致します。

ユーザーID:8197464502

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 話の流れとして・・

    マープルの方が好きかな。

    ポアロは職業が探偵であって、事件を解決することが仕事。
    対してマープルはただのおばさん(探偵ってことなんでしょうけど、
    生業としての探偵のポアロとは違う)。

    このただのおばさんが旅先で事件に遭遇し、
    しゃしゃり出て、あれよあれよと
    解決に導くっていう方がドラマとして見る分には
    スッキリしますね。

    しかしポアロはプロなんだしね。
    出来て当たり前だし。

    ユーザーID:7185522782

  • マープルのが安定はしてるけどね

    開始時期が違いますし、
    作品数もポアロのが多いですからねえ。

    ポアロにゃ「はい?」ってハズレが、特に初期にポツポツある。
    スタイルも初期は安定してないし、
    長編のトリックの焼き直しが短編で出てきたり、その逆もあったかな、
    そういう不安定なとこがあるから、「ダメじゃん」て思うところはある。
    でもまあ、ポアロは安楽椅子探偵の枠に入りきらないアクティブさがあるし(年取るとしみじみ安楽椅子だけどね)、トリックが「おおっ」って煌めく作品も多いから、
    「いい作品はポアロのが好き」だな。

    マープルは後発だからスタイルは最初から確立して安定感抜群で安心して読めるけど、トリックに驚くというよりは、英国の正統な素敵生活を読んで楽しんだり、人物類型評論を楽しんだり、「数十年前を遡って掘り起こす」経過を楽しんだり…と、ちょっとミステリとはズレた楽しみ方をするかなあ。

    ユーザーID:9183204072

  • DVD見てる限りじゃ「ミス・マープル」

    本は日英雑誌色々と良く読むのですが考えてみたら
    アガサクリスティーの本は今迄一度も読んでないです。笑
    後20年後になってリタイアしたらアガサクリスティー原書
    のオーディオブックでも聞こうと思います。

    ジョーンヒクソン版BBCの「ミス・マープル」DVDが主人が
    買って持っていたのでたまに何度か見直して見てます。

    私がミス・マープルがいい理由はアガサクリスティー自身の祖母によく似てる
    らしいという事だがこんなケント州の架空の村に引きこもっているリタイア
    のおばあちゃんがやたら元気に捜査活動をしているのが流石アガサクリスティー
    ならではの個性的なキャラクターだと思わざる得ないです。

    今度NHKのアニメ「アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル」
    オンデマンドで観れるか探してみたいと思います。

    ユーザーID:2479618873

  • トピ主です(お礼とお詫び)

    早速のレスありがとうございました。ロシアンブルー様まで読ませて頂きました。

    私がここでお聞きしたかったのは、トリックとか作品の質より純粋にキャラクターとしてポアロとミス・マープルどちらが好みかということでした。ミステリーというジャンルにあまり詳しくないので、トリックの良し悪しや推理の妥当性についてはよく分からないのです。説明不足でその点が伝わっていなかったようで、せっかくレス頂きましたのに申し訳ありませんでした(汗)。

    引き続きレスお待ちしております。

    ユーザーID:8197464502

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • ポワロ派です

    イギリス制作のドラマ、ポワロもミス・マープルも有料チャンネルで今見られますよね
    何度も放送されるしやっぱり人気があるんですね

    ポワロ派の理由
    デヴィッド・スーシェの扮するポワロがイメージにぴったりで、吹替えの熊倉一雄さんの声、話し方も違和感なく心地よいです。
    そしてポワロの拘りの数々も面白いです

    よくフランス人に間違えられるんですが「ノン!私はベルギー人です!」と必ず訂正。ドラマでは朝食のパンとジャムの食べ方、ゆで卵は2つで大きさが同じでないといや、潔癖を表す行動の数々がユーモラスに描かれていて楽しいです

    クリスティのミステリーはクラシカルで登場人物のキャラも個性的。血生臭い事件を扱っていますが品性を感じます

    ポワロもミス・マープルも出ないけど映画「ねじれた家」が全国で順次公開されてますね

    ユーザーID:1973032326

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 活字も映像もマープル

    ミスマープルは、おばあさんが事件を解決するという意外性と
    違う視点から推理するという面白さが好きです。
    映像作品は、ほんわかとした風景や建物の美しさもいいし。
    同じユーモアでも、ポアロと違って明るさを感じます。
    編み物をするし、親近感もあります。
    読み返してみたくなりました。

    ユーザーID:6073283087

  • ポワロです

    ごめんなさい、どうしてもドラマの影響を抜きにして語れないのですが
    私も年を重ねてからポワロが好きになりました。
    ヘイスティングスのみならず、ジャップ警部やミスレモンとのやり取りも
    とても楽しいです。
    デヴィッド・スーシェの演技と故・熊倉一雄さんの吹き替えがポワロに
    温かみのある命を吹き込んだのかなと思います。
    CSで何度も再放送をしていますので何度も飽きずに見てますが
    何度も見ているうちにポワロは私の中で、ただの嫌味な気取り屋のオジサンから
    人間味あふれるオジサマに変わりました。
    愛情があるんですよね、自分が関わった人に対して。

    ユーザーID:0988738829

  • 若い頃はミス マープル、シニアになってからはポワロさんが好き

    若い頃は、英国の美しい田園風景のマープルものが大好きでした。ポワロさんは、あまりに奇妙で自意識が高すぎて変な人と思っていました。マープルは常識人ですから。

    シニアになってからは、ポワロさんの自惚れの強いところや外国人ならではのおかしなところもかわいく思えて来ました。さらに、神を心から信じ、正義に命をかけていることが分かって、尊敬するようになりました。殺人犯を見逃していいのか、じぶんの大切な友人を破滅させようとする悪人を神でない自分が裁いて(殺して )いいのか、ひどい苦しみの中、決意します。涙、涙です。深い人生哲学だと思います。

    ユーザーID:7988813922

  • 若いときは、ポワロで、30年たった今は、マープル

    若いときは、刺激的な作品やモナミという台詞など、なんとなくエスニックで面白みがあって好きでした。

    でも今は、マープルの年齢に近づこうとしてきました。
    かの美しいセントメアリーだったか?美しい田舎町で、おきる殺人事件、
    これほど退屈しない事ってないでしょうね。
    こんな花のきれいな庭園の多い町も素敵だし、牧師館とかに集まる人たちも、味のある人が多いし、かなり大人の恋愛模様もあったりで、良さが分かってきました。

    それにしても、作者が書いていた頃のイギリスって、かなり文明が進んでいたんですね。
    今読んでも、昔の話だと思えないところが、日本の昔の有名作品との違いですね。

    ユーザーID:9457874164

  • マープル推しですが

    面白いトピで嬉しいです。

    私自身は、マープルが好きです。
    人間観察及びその洞察力で、最も事件を起こす可能性の高い人物を絞り込む能力が卓越しているからです。
    プロファイリング能力 ともいえますかね。
    また長年の人生経験や実績に基づいた知識を適時に利用できる。老人侮るべからず、を地でいっているキャラクターで尊敬します。
    「警察が聴けば尋問でも、私が尋ねればただのおばあちゃんのおしゃべりですからね」
    人間性の分析力にここまで長けた人物を書いたクリスティーって、天才だと思います。


    余談ですが、事件に対する解決方法のアプローチがポアロとマープルで違っていて面白いですよね。
    ポアロはその緻密な操作性、客観的な証拠集め、些末な事象の情報収集が素晴らしいです。
    マープル推しですが、ポアロだって大好きです。

    アガサクリスティー、偉大です。

    興味深いトピ提供をありがとうございました。他の人の意見も是非聞いてみたいです。

    ユーザーID:3695641786

  • デヴィッド・スーシェのポアロ

    中でもオリエント急行殺人事件のラストのポアロが一番です。
    ポアロにとっては苦渋の決断で、決してハッピーエンドではないのが
    考えさせられます。

    ユーザーID:0816911301

  • ポアロかなあ。

    こんにちは。

    私はポアロですね。
    年をとっていくに連れて、ポアロ自体が変化していくのが好きです。

    BBCシリーズも大好きです。
    配役も上手いし、イメージ通りで6回ぐらい見てるんじゃないかなあ。
    オリエントエクスプレスはスーシェ氏のが映画よりもうまく作ったなあと思います。
    ポアロ自身の内面の葛藤とかよく描かれているしね。

    原作で読むほどの英語力と忍耐がないので、残念ですが。

    探偵ものでは、ポアロが一番。

    で、趣味がこうじて、
    ついついイスタンブールに行っちゃったし。
    今度はナイル川の船旅をしたいと思っとるわけです。

    アガサ・クリスティのファンです。

    ユーザーID:4986246392

  • ポアロ

    清濁あわせ持っていて、陰がある感じが好きです 最後の事件「カーテン」は忘れられません

    ユーザーID:7150720635

  • トピ主です(お礼)

    続いてのレス有難うございます。

    英国ミステリ様と同じく、私も若い時はミス・マープルが好みでした。ポアロは傲慢というイメージがあったので、食わず嫌いで敬遠していました。でもある程度の年齢に達してから本格的にポアロを読み始めると、むしろポアロの方が好きになりました。

    長ねぎ様の仰る通り、関わった人々に対して愛情が感じられるのと、誰にも好かれていないとがっかりするとか、年寄りに見られて意気消沈するとか、歯医者が怖いとか、甘い物大好きとか、スエードの靴を濡らしてしょんぼりするとかポアロ独特の可愛げが好きなのです。もちろんミス・マープルも可愛い所はあるのですが、可愛げのあるおばあさんというのはわりとありきたりの設定だと思うもので。もっとも可愛げの影に隠れた不正や悪に対する峻烈な姿勢は両者に共通する魅力です。

    残念ながらドラマ版は見ていません。写真で見る限りスーシェのポアロと熊倉さんの吹替えははまり役だと思います。ミス・マープルは個人的なイメージではジョーン・ヒクソン始め歴代の女優さんでこれという人はいないような気がします。実際に演技を見たらまた違う感想になるかも知れませんが。

    ユーザーID:8197464502

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • タイムリーですね

    先日こちらでポアロに出ていた登場人物についてのお尋ねのトピを見てから懐かしくなり、アガサ・クリスティーを読み返しているところです。

    今40代なので、TVドラマシリーズを見ていたのは小学生のころ、母の影響で一緒に見ていました。
    その後、高学年〜中学生頃にアガサ・クリスティーを読み漁った覚えがあります。

    子供のころはミス・マープルが好きでした。
    周りの皆が五里霧中、何も見当もつかない中で、ミス・マープルが思いもかけない事件のつながりを見つけたり、トリックを見破ったり・・・
    終始優しいけど芯のしっかりしたイギリス女性らしさがあって、大好きでした。

    でも大人になってみると、ポアロの人間らしいキュートな性格が魅力的です。
    推理しながら手がかりを探し求めるスタイルで、一緒になって推理できるところも楽しめますし。

    ミス・マープルで一番好きなのは、あのくろつぐみが出てくるお話『ポケットにライ麦を』でしたっけ?
    ポアロはやはり『カーテン』です。

    トピ主さんへ
    私はPP氏(パーカー・パイン氏)も、ちょっと好きでした。
    もっと続いて欲しかったです。

    ユーザーID:6938989694

  • どちらも比べられない

    私は昔はポアロ派でした。でも今はマープルも好きになりました。
    今はどっちも同じくらいすきです。
    マープルが好きになったのはスリーピング・マーダーです。
    それまでマープルものは避けていましたが
    全部読み漁りました。

    アガサクリスティの心理トリックは本当に面白いです。
    春にして君を離れは、いつ事件が起きるんだろうと思いながら読み始め
    子育て真っ最中だったので、ちょっと胸がヒリヒリしました。
    反面教師にしました。

    ユーザーID:1582861775

  • 私はマープル

    日本のミステリドラマにもありがちですが、名探偵が「おばさん」だったりすると最初はまわり(特に警察関係者)に軽んじられがちですよね。
    でも最後には「おばさん」が見事な推理で事件を解決してしまう。
    それなのに「おばさん」には名声が与えられるわけじゃなし、本人もそれに不服なわけでもなし。
    「おばさん」人間できてますよねー、と同じく「おばさん」の私は拍手喝采してます。

    マープルは一部の警察関係者には一目置かれてますが、社会的にはただの田舎住まいのおばあさん。
    一方ポアロは最初から名探偵と認められてます。

    もちろんポアロも魅力的な人物です。
    でも私はマープルに惹かれてしまいます。

    ユーザーID:2789981993

  • 子どもの頃はマープル派

    クリスティー作品との出会いは、小学生時代の図書館です。
    子供向けに書き直した作品集でした。

    ポアロは・・なんとなく偉そうというか、自分の才能を鼻にかけて小馬鹿にする感じ(ヘイスティングスに対して)が嫌でしたね。
    その点、マープルは優しいおばあさんで、周りの人もただのおばあさんと思って甘く見てるけど実は・・みたいなところが好きでした。
    マープルの話をたくさん読みたかったのに、作品が少なくてガッカリしたことを覚えています。

    高校生辺りから完訳版を読み漁りましたが、今ではどちらかというとポアロですね。
    確かに威張ってるんだけど、意外に可愛いところあるじゃない、みたいな。
    相手が「有名な名探偵」である自分のことを知らなくて、ちょっとショックを受けてたり。
    逆にマープルは、自分の身近にいたらちょっと鬱陶しいかも・・なんて。

    タペンスが苦手、というのわかります。
    シリーズになってたかと思いますが、最後の作品はまだ読めてないです。

    ユーザーID:6360219962

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧