趣味・教育・教養

「花とゆめ」同窓会しませんか?

レス81
お気に入り233

サーニン

学ぶ

トピを開いて下さってありがとうございます。
50歳女性です。スーパーに買い物に行ったら雑誌売り場に
「花とゆめ」が。ああ懐かしい、娘がいたら読んでいたかしら・・・
帰り道、ぎっしり食料を詰め込んで我が家に帰る道のり、
自転車をこぎながら「花とゆめ」のことを思い出していました。

姉がいたので創刊からやや経過した頃から読んでいました。
幼くてわからなかったお話もありましたが、少女期〜青春を
「花とゆめ」で過ごしました。初恋も世の中の不条理も
おなかを抱えて笑ったギャグマンガもみんなここで出会いました。

筆頭に挙げるとしたら「はみだしっ子」三原順さんの影響を受けまくりました。
まっすぐなサーニンが好き。
彼女の漫画はすべて読みました・・・今もバイブルです。

こやのかずこさん、読後にしみじみする作品の方でした。
もっと描いて頂きたかった。大好きでした。

デビューから面白い!と、今も全作品読んでいる、佐々木倫子さん。
「動物のお医者さん」もいいけど「勝久シリーズ」大好きでした。
単行本に入ってないと思いますが「名犬アイボリー」面白かった。

「パタリロ」パタはみコーナーに毎回爆笑!レジェンドもいたなあ〜

「羽根くんシリーズ」だんだんアップが大きくなっていく・・・
アニメにうとかったのですが、野妻まゆみさんの漫画で声優さんなどを
知りました。曽我部君、白石さん、めぐみちゃん、元気かなあ〜

出て来た時に天才だと思った、山口美由紀さん
(Lalaでは成田美名子さん)。

カッコイイ!と思った、高口里純さん。
半分大人の切ない恋愛にドキドキしました・・・・

他にもたくさんの作家さんに楽しませて頂きました。
「花とゆめ」育ちの皆さんはどんな作品、作家さんが好きでしたか?
よろしかったら同窓会しませんか?

ユーザーID:9358120879

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数81

投稿する
  • 摩夜峰央と山岸凉子かな

    従姉妹が花とゆめ買ってまして、たまーに祖母の家に連れてって貰ったとき、読ませて貰ってました。
    小学校の時、摩耶峰央が読み切り怪奇モノを描いてんのを何作か読んで、「この人絵ぇすげぇなあ」と思ってたら、『パタリロ!』が始まって、「こりゃ面白えや!こんなんなかったよね?」って喜んだ覚えがあります。

    で、同じ頃に山岸凉子の妖精王が連載されててこれも好きでした(それより前にアラベスク第二部も読んだんだけど、何しろまだまだちび助(小1とか)だったからカリンルービッツが出てきてマジで話の意味が全く分からんなってしまった。大人になってから読み直して分かった)。

    まあララで『日出処の天子』が華々しくスタートして、以降、山岸先生の花とゆめの連載はなくなりましたが、
    なんかこう、山岸先生は花ゆめ時代のインパクトが物凄く強いんですよねー私には。カリンルービッツのインパクトも含めて。

    ユーザーID:8499664967

  • あ〜懐かしい!

    創刊から読んでました、美内すずえさんのファンだったので。
    毎号毎号「ガラスの仮面」を最初に読んでたなぁ…私が生きてる間に、死ぬ前に是非完結してほしい作品のひとつです。
    三原順さんの「はみだしっ子」は正直当時子供の自分には衝撃的だったし、その後の『ぼくの地球を守って』の日渡早紀さんの作品も好きでした。

    そのうち、姉妹誌の「LaLa」が創刊され、萩尾望都さん、山岸涼子さん、竹宮恵子さん、大島弓子さんなど驚くほどの豪華な執筆人で、これも毎号買って読んでました。

    どちらの雑誌もベテランも凄いけど、新人さんのレベルの高さも凄かった。
    この時期が自分にとっての漫画の黄金期でしたね。

    あ〜ホント懐かしい。
    全員プレゼントや特性のグッズのプレゼントなんて、絶対応募してたし、ファンレターも書いていたし(何人かの作家さんからお返事も頂きました、今でも家宝)

    小中高と、あの時が人生で一番キラキラしてたかも…(遠い目)
    人生の大切な事をこの両雑誌からも学んだと言っても過言ではないくらい。
    実家にはまだ当時のコミックとか本があるので、帰省したら読んでみようと思いました。

    ユーザーID:1235056349

  • スケバン刑事とはみだしっ子

    和田慎二先生も三原順先生も・・・
    もう新しい作品を読むことが出来ないのが
    とても寂しいですね。

    和田慎二先生のスケバン刑事、超少女明日香シリーズが
    大好きでした。
    明日香の恋の行方が結局解らずじまいになったのが
    心残りです。

    はみだしっ子は私はアンジー派です。
    ちょっと悪ぶってるけど、本当は仲間思いの
    優しい子。
    あの4人はそれぞれの過去がとても重いですね。

    スケバン刑事、はみだしっ子は私も今も大切に
    持っています。
    これだけは手放す事はないかな。

    サキのように凛とした女性になりたかったわ。

    ユーザーID:0114826035

  • 動物のお医者さんからでした

    私は従姉妹の部屋に置いてあった「動物のお医者さん」にはまって(当時小学生でした)そこから母にお願いして花とゆめを毎号買ってもらうようになりました。当時の年齢にしては大人びた内容が多かったように思います。

    高校生の頃は、日高万里さんやマツモトトモさんの作品、由貴香織里さんの「天使禁猟区」、松下容子さんの「闇の末裔」、山田南平さんとか中条比紗也とか、もう挙げきれないくらい大好きな作家さんばかりです。

    久々に思い出して懐かしくなりました、ありがとうございます。

    ユーザーID:4677996507

  • なつかしい!

    小学校から中学に入るくらいまで、毎号穴が開くくらい読んでました。

    中でもよく覚えているのは、

    主様と同じく三原順の「はみだしっ子」、私はアンジー派でした。

    魔夜峰央の「パタリロ!」、友達と学校であらすじを教えっこして盛り上がりました。
    BLのはしりの作品でしたけど、当時は意味がわかってなかったな‥

    そのあとは成田美名子の「エイリアン通り」、
    シャールが本気でかっこいいと思いました。翼ちゃんがうらやましかったな。

    和田慎二の「スケバン刑事」も、絵が小学生の私には怖かったけど
    恐る恐る読んでたなあ。

    年齢がバレるセレクションかしら。
    ああ、どれもまた読みたくなってきた。

    ユーザーID:9155483640

  • うちの本棚

    の一段が「花とゆめ」コーナーです。
    もう30年そのまんまです。

    なんどか処分も考えたのですが、どうしても無理なんです…。

    星野架名さん、川原泉さん、明智抄さん、山口美由紀さん、佐々木倫子さん、そしてもちろんパタリロも。

    ♪美しさは罪〜


    私も山口美由紀さんの作品を読んだときは「この人、天才だ!!!」って思いました。
    (二次元の紙に書いたキャラクターなのに、まるで、3D映像を縦横無尽に様々な角度から見ているようだと圧倒されていました。)

    でも、言うなれば「花とゆめは」は天才しかいない本でした。

    大人になって、「花とゆめ」から離れてしまっていたけれど
    最近はまた読み返したりして、まだ若かった自分がその物語を読んでいた気持ちと
    今の大人になった自分の気持ちとを比べたり…。

    花ゆめじゃないですけど、この間、テレビを見ていたら画面いっぱいに「ジルベール」(わかるかな?)が映し出されていて、泣きそうになりました。(というか泣いた。)
    ああ、この年になって、テレビ画面でまた会えるなんて、と。

    今は韓流とか演歌歌手の追っかけとか色々ありますけど
    「少女マンガ」のおっかけもアリなんじゃないかと考えています。

    ユーザーID:8298787904

  • ぼく地球

    日渡早紀
    ぼくの地球を守って、悪魔くんシリーズ、etc
    川原泉
    甲子園の空へ〜、銀のロマンティック〜、笑うミカエル、etc全て好き
    羅川真里茂
    赤ちゃんと僕、ニューヨークニューヨーク
    佐々木倫子
    ペパミントスパイ、忘却シリーズ、美人姉妹シリーズ、動物のお医者さん、etc全部好き
    遠藤淑子
    山アラシのジレンマ、王室スキャンダル〜、etcほとんど好き

    これらは大人買いして今でも読み返しててます。黄金期・・!

    ユーザーID:7412061598

  • 良いですね〜。

     私は、
    川原泉さん
    喜多直江さん
    由貴香織さん
    那須雪枝さん
    が好きです。

    他にもたくさん好きな方がいますが、もう思い出せない。
    山田南平さんも好きでしたねえ。

    雑誌は一時期しか買ってませんでしたが、今でもコミックが出たら買う作家さん居ますよ。

    ユーザーID:7598444375

  • 懐かしい!

    創刊号から暫く買ってました。

    カラーページがすごく充実していて、花について短いストーリーとカラー画を、何人もの先生が描いている中の、山岸涼子先生の睡蓮の絵の美しさとお話の怖さが忘れられません。

    「ゴシックシリーズ」という、長編読み切りのホラー漫画の競作など、画期的な企画もすごく魅力的でした。

    ゴシックシリーズは、竹宮恵子先生の「Qの字塔」に山田ミネ子先生の「高い城の少女」に水野英子先生の「ローヌジュレィの庭」が、とにかく絵が華麗で読み応えもあり、忘れられませんね。

    今思うと本当に、花のように美しく夢いっぱいの雑誌でした。

    連載で一番好きだったのは、猫十字社先生の「小さなお茶会」と「黒のもんもん組」です。

    ユーザーID:2980926161

  • 柴田昌弘

    柴田昌弘が好きでしたね。
    年がもろバレになりますが、、、

    紅い牙ブルー・ソネットとか。

    ユーザーID:7778477711

  • ちょうど

    丁度今日、パタリロの作者がラジオに出ていました(一週間タイムフリーで聞けますよ)。

    はみだしっこの作者は続編も考え始めていたらしく、もし90年後半に連載されてたら、
    どんな話だったのかなあと思います。最終回ももやっとした感じでしたのでなおさら。
    グレアムは弁護士になって、アンジーは医者になるみたいな・・・

    スケバン刑事もそうですが、ブルーソネットは少女漫画に載るようなものじゃなかったですが、硬派なSFで一番続きが楽しみでした。

    ほとんどのコミックは探せば買えると思いますが、昔の読者投稿欄とかプレゼント案内とか、そういう買えないところをもう一度見てみたいですね。

    ユーザーID:0512969540

  • 名犬アイボリー、おぼろげながらに覚えています。

    私は、トピ主さんと年齢は同じくらいですが、中〜高校生の頃の読者です。

    パタはみありましたね、なつかし〜。
    あとは何かと言うと新潟、佐渡をネタにしていましたね。
    女子大生になった後日、パタリロは当時50巻くらいまででしたが
    古本屋でセット買いして、持ち帰るのが大変だったのを記憶しています。
    そのまま98巻くらいまでは買っていましたが、今はギブアップしました。

    羽根君シリーズはコミックス全巻持っていました。
    そうそうアップがどんどんエスカレートして
    最後は2ページ見開きまでいきましたよね?
    野妻まゆみさんは当時大阪にいらして
    某関西ローカルのコアな深夜番組のタイトルのついた服を
    羽根君ファミリーの誰かに着せていたので
    ああ、野妻先生もこの番組見てらっしゃるのね、と思いました。

    私は当時も今も恋愛だけの漫画が苦手で
    花ゆめはピグマリオやブルーソネット、ツーリングエクスプレスのような
    恋愛ものでない漫画が多くて、大好きでした。
    とくに和田慎二さんは大好きで、スケバン刑事はコミックスで
    ピグマリオはほぼリアルタイムに雑誌で読んでいました。

    名犬アイボリーもおぼろげながらに覚えています。
    確認したら、読んでいるはずの時期に掲載されていました。
    でも、動物のお医者さんのインパクトが強すぎて
    ストーリーをすっかり忘れています。

    動物のお医者さんの連載当時に
    H大の獣医に進学、卒業した人が元同僚にいましたが
    あのマンガの影響からか
    当時H大は医学部よりも獣医学部の方が偏差値が高かったそうです。

    あとは花ゆめといえばやっぱり「ガラスの仮面」
    途中までは友人にコミックスを借り、そこから先は雑誌で読んでいましたが
    あれってまだ完結していませんよね?

    ミルクタイムにささやいて、パズルゲームはいすくーるも懐かしいです。

    ユーザーID:9465253141

  • 花とゆめかぁ〜

    同世代です。

    記憶が定かではないのですが、確かあ中学で読み始めて大人になってもちょこっと読んでいたような。

    私の中の花とゆめといったら、酒井美和さんのちょっとHが入ってるミミと州青のラブコメディシリーズ。

    衝撃を受けた「空の魔人」他食欲魔人シリーズで川原泉さん。
    確か笑うと花が出現する女の子の話が始めて読んだ作品のような。

    忘却シリーズにペパミントスパイに始まった佐々木倫子さん。
    四大卒の女の子が就職先の洋服屋さんで、警備員のおじさんにまで「おねえさん」と呼ばれている話。順番は忘れましたが、作品が出るたびに好きになりました。

    他にも沢山読みましたが、私の中ではこちらの3人の方が印象的です。

    ユーザーID:8468772570

  • 「ここは、グリーンウッド」。

    那須雪絵さんイチオシです。

    横ですけど如月くんの幼い妹が発した、「ちゃいながん」、「おくなけんねんよ」、「いっちゃくん」…キャプテン翼に関連した謎のセリフ、いまだにわかりません。

    ユーザーID:5751396654

  • 花ゆめ、大好きでした!

    当時は恋愛系の漫画ばかりではなく、柴田昌弘先生の「ブルーソネット」や和田慎二先生の「超少女明日香シリーズ」などのSFあり、「ガラスの仮面」のような演劇大河ドラマあり、「パタリロ」のようなギャグもありと発売日の5日と20日が本当に楽しみでした。
    また作者同士の遊び企画やセリフも面白かった。
    ブルーソネットのランと超少女明日香の共作「貘」やガラかめの速水真澄とスケバン刑事の神恭一郎が友人という設定でお互いの作品で会話をしていたりなどね。

    まだレスに登場していない作品を挙げると…
    野間美由紀先生の「パズルゲームはいすくーる」。
    舞台である葉蔓高校のような自由な校風に憧れていました。
    実際、私は自由な校風の高校に進学したのですが、パズルゲームの影響は決して小さくなかったかと(笑)。
    推理系では森次矢尋先生の「高校生探偵 北詰拓シリーズ」も地味に好きでした。
    ちょうど拓の二重人格疑惑の所で先生の体調不良で連載が中断、未完になってしまったのが悲しい。
    明智抄先生の「仕事人シリーズ」「サンプル・キティシリーズ」
    川原泉先生の作品一連も大好きでした。
    ……まだまだ書ききれないくらいいくらでも出てきますね!!これでも本当に一部だから。
    ちなみに私は三原順先生の作品は没後に出版された「ビリーの森、ジョディの樹」から読み始め、「はみだしっ子」「ムーンライティングシリーズ」「SONS」を読んだのですが、もっと多感な思春期に読んでいたらと後悔しきり。(アンジー&サーニン派です)

    本誌を購入していたのは和田慎二先生の「少女鮫」の連載終了まででした。
    「少女鮫」は私の中で先生の最高傑作だと思っています。
    事情で再販が難しいそうですが、先生の白泉社時代の作品の再発を強く願っています。

    ユーザーID:1756387460

  • 懐かしい、、

    大好きでした。花ゆめと、ララ、よく買ってました。

    かわみなみ先生の、ノストラ探偵団と、題名忘れたんですがサッカーのお話

    また、読みたいですね。

    ユーザーID:8517480017

  • 読者欄(花とむし)に採用されたことがある(自慢話)

    更紗糖さんが担当されていた時代ですが、しょーもない話を書いて送ったら採用されました(笑)。「おお?」と思わず大声あげました。

    そのほか、イラスト入りのプレゼント企画で野間美由紀先生のイラスト製品(確か布製のマガジンラック、いいものでした)が当たりました。その直後のコミケで野間先生本人をお見かけした際に「当たりました!」とえっへんしたら、「私まだもらってないのよー」と笑っていただいたこと。

    那州雪絵先生にファンレターにあるラジオのことを書いて送ったところ、丁寧なお返事をいただいたこと(「フラワーデストロイヤーシリーズ」です)。

    懐かしいですね。

    今まで出ていない作家さん(敬称略)だと
    ・愛田真由美「マリオネットシリーズ」ダニエルくんがいい人になっていったのが寂しかった…。
    ・神坂智子「シルクロードシリーズ」バルマンの鉄柱、のちにインドで現物を触って感動しました。
    ・星野架名「緑野原学園シリーズ」彼方くん可愛かった
    ・喜多尚江「空の帝国」「悪だくみは木の上で」絵が繊細で。好きでした。
    ・ぬまじりよしみ「ひがみちゃんシリーズ」ある事情でサイン本いただきました。今でも宝物です。
    そして忘れちゃいけない
    ・河惣益巳「ツーリングエクスプレス」「炎の月」等々。王道少女漫画の絵で内容がハード。
    佐々木倫子さんは大好きです。私は「ペパミントスパイ」と「美人姉妹シリーズ」。お茶の空き袋でスーハーするシーンはめちゃくちゃ笑いました。

    ユーザーID:2054703962

  • 紅い牙シリーズ・シルクロードシリーズ

    当時、姉が購読してくれていました。
    スケバン刑事も明日香シリーズも大好きでしたが、
    同じく少女マンガらしからぬ紅い牙シリーズが大好きでした。今にしたら少女マンガカテゴリーには入らないかもですね。内容がハードすぎ(笑)
    あと神坂智子さんのシルクロードシリーズも好きでした。ちょっと哲学的な、不思議なお話でした。当時は単発で時系列が難しかったのですか通して読むと大河ドラマのようです。

    皆様が、おっしゃってる はみだしっ子シリーズは別格です。当時はギャグパートしか理解できませんでした。大人になってから読むと また深い深い。
    これもまた 今にしたらなかなか昨今にはない、今時の少女マンガカテゴリーには入り得ない作品でしょうね。

    ユーザーID:2436118703

  • 懐かしい!

    「りぼん」を卒業して、何かしっくり来る雑誌ないかなーと
    思って花とゆめやLaLaを読みました。

    特に成田美名子さんのサイファで、「これが大人のマンガか!」と
    衝撃を受けたのを覚えてます。

    ユーザーID:4718638779

  • 待ってました!

    47歳主婦です♪
    小学生の時に姉の影響で読み始めました。
    何よりはまったのが、「スケバン刑事」。
    普段はどちらかというと、目立たない風貌なのに、髪を解くと美少女という麻宮サキ設定が、同級生とドハマリしました。
    一生懸命、薬指と小指を曲げるだけの関節がつりそうな指ポーズを必死に練習しました。
    今でも出来ますよ(笑)その後の人生に何も役に立ちませんが。。。
    高校時代に斉藤由貴、南野陽子、浅香唯でドラマ化されましたが、あれは商業的目的のドラマで、原作の魅力はまるで表現出来ていない!
    と怒ったのも懐かしい想い出です。

    同時期に連載していた「ガラスの仮面」「パタリロ!」は今も連載中なんだから驚きですよね。

    あと、「ツーリングエクスプレス」も好きでしたね。
    「赤い牙」シリーズは複雑すぎて理解できなかったのが本音です。
    皆様のトビを見て、またお邪魔するかもしれません。

    ユーザーID:3402798990

  • はみ出しっ子!

    私もはみ出しっ子は永遠のバイブルです。
    私はアンジー派。
    子供の頃はよくわかっていなかったけど大人になって読むと深いです。
    漫画というより文学書を読んでいるような気になります。
    連載終了後、画集のような形で大人になった四人と思われるイラストが出たような気がするのですが見つけられません。
    それには医者になったように見えるアンジーがいたような気がするのですが、確証がなくこの画集探しています。
    どなたか知っていますか?

    赤い牙シリーズも好きでした。
    終わり方が巻に収めるためがバタバタだったのが残念でした。

    スケ番デカ、今だったらタイトルで引かれそうですがミミズ風呂今でも想像してはぞくっとしてしまいます。
    私は神よりムー派です。

    山岸涼子さんは今でも好きな漫画家です。
    原画展行きましたがすごく綺麗でした。

    ユーザーID:6882188092

  • 懐かしいです!

    主様より少し下の年代です。

    日渡早紀さんの悪魔くんシリーズから入り、
    ぼく地球にハマってドキドキしながら読んでました。

    那州雪絵さんのここはグリーンウッドは私の青春です!
    加藤知子さんの異国館ダンディは独特の雰囲気で
    山口美由紀さんは本当に天才ですよね!
    新しい所だと鈴木ジュリエッタさんのカラクリオデットも
    笑いあり涙あり…

    ああ、語りつくせない

    ユーザーID:6620514824

  • 創刊号から!

    「花とゆめ」ついでに「LaLa」も創刊号から買っていました。
    花ゆめが出たのは中学2年の時でした。
    実は、その時の創刊記念の全プレのバラのペンダント、今でも取ってあります(笑)
    確か、ララの創刊記念の全プレもペンダントでしたが、それは誕生花で
    私は12月だったのでカトレヤでした。これも取ってあります。
    ララは嫁入りの時に諦めて泣く泣く処分しましたが、それまで全号とってありました。
    (創刊号だけ残っています)

    正直言うと花ゆめよりララの方が思い入れが強いのですが
    いずれにしても、どちらも革新的だ、というイメージが強かったです。
    花ゆめは出た当初は中学生にとっては少々お高めだと思いました。
    でも、内容はすごく濃いと感じました。
    何だか何を読んでも「目新しい」イメージがありました。

    どれをとっても素晴らしい作品ばかりでしたが
    私が一番驚いたのは「ツーリング・エクスプレス」でグレース・ケリーが亡くなって間もなくそれを題材にしたお話が載ったこと。
    (同じ事をチェルノブイリ事故のすぐ後のララの清水さんの作品でも思った)
    それまでの少女マンガってあまり時事問題とか前面に出していなかったので、それも異質でしたが機動性の早さ?にも驚いた次第です。

    私の持っているマンガのほとんどは花ゆめコミックスです。
    新しいものでもかれこれ20年、30年経っていても今でも何度も読み返せるものばかりです。
    シルクロードシリーズは今も大好きです。

    あと、記憶にあるのは読者コーナーで、ツーリングのディーンを「ゴルゴ13」と比較して
    酷評していたお便りが紹介されていたこと。
    これは衝撃でした。

    あとは「文通コーナー」に載ったおかげで全国からお手紙が来て四苦八苦したことが思い出です(笑)

    ユーザーID:9970308549

  • 同年代です

    パタリロ大好きでした。クックロビン音頭 良く踊ったなあ。

    はみだしっこ 親から愛されない子がいること 戦争で知らない人を殺してしまうこと 障害者とどう向き合えばいいのか 少年犯罪は情状酌量されるべきか。あの漫画で初めて考えることがたくさんありました。

    南京路に花吹雪 中国人にも日本人にもなれない黄子満の悲しみが切なかった。

    まだ実家にあります。読み返してみようかな。

    ユーザーID:2155095390

  • はみだしっこ

    私は グレアム派でした(笑)

    余談ですが、トーマの心臓では圧倒的にユーリが好きなので
    このタイプに弱いのだと後々になって気がつきました。
    がちがちのシリアスもので、その中でもガチガチの優等生が好きみたいです(笑)

    その一方で、パタリロとか川原さんや遠藤さんのオトボケキャラも大好きでした。
    正直なことをいうと、それまでの私はマンガと言えば
    きらびやかで、とにかく「うまい絵」「きれいな絵」が好きだったのですが

    下手でも味のあるキャラや卓越したストーリーに目覚めさせてくれたのは
    まさに彼女たちだと思います。

    サディスティック・19や佐々木けい子さんの「信長君日記」(ララだったかも)も好きでした。
    実は根っからの腐女子でもあったりするのですが
    イマドキのBL大流行の時代でも超お耽美かギャグかどちらか、と言う振り幅です(笑)

    そう言えば、私が「花ゆめ」の創刊を知ったのは
    たぶん、週刊マーガレットに「新しい雑誌が出る」と言うCMが載っていたからです。
    (私はベルばら以降、週マを買っていた)
    これで花ゆめが気に入って、その後、乗り換えてしまいました(笑)

    ユーザーID:9970308549

  • 懐かしい…

    喜多直江さん、由貴香織さん、那須雪絵さん私も好きでした。
    みかん絵日記もかわいくて好きです。
    あと橘裕さんのバンパイアシリーズが大好きでした。
    あとお名前が思い出せないのですが
    少し悲しいかんじのSFの短編をたくさん出されてる方がいて、そのシリーズがすごく好きでした。

    ユーザーID:8390950647

  • ガラスの仮面

    やはり「ガラスの仮面」でしょう〜〜
    でも、いい加減早く完結させて欲しいです(笑)

    ユーザーID:5851196774

  • 川原教授が好き

    和田慎二先生が好きだったのでスケバン刑事、超少女明日香シリーズを読んでました。でも雑誌ではなく単行本でですが。

    パタリロ、ガラスの仮面、はみだしっ子、ピグマリオなどは妹が単行本をもってて、私は川原泉教授の単行本を集めてました。

    食欲魔人シリーズ、笑う大天使など。

    笑う〜の方は映画まで見に行きましたよ。

    ユーザーID:3783669414

  • 翼を持つ者

    30代です。懐かしい、小〜中学生のとき、花とゆめ大好きでした!!
    高屋奈月先生の「翼を持つ者」が大好きでした。有名なのは、「フルーツバスケット」だと思うけど。
    あと「赤ちゃんと僕」も大好き。実家を出るときに、ひとしきり漫画は処分した中で、残したのはこの2つです。
    そういえば、武藤啓先生の「愛は地球を救う」も大好きでした。
    同じのが好きだった人いないかな。ほかの方のレスが楽しみです。
    思い出したら色々と読みたくなってきましたー!!!

    ユーザーID:2330038805

  • 懐かしいタイトルばかり!

    楽しいトピをありがとうございます。
    幼い頃から親が花とゆめを買っていて、大学生くらいまではずーっと読んでました。
    和田慎二さんのピグマリオが好きでした。アニメはちょっと声のイメージとか違って残念でしたが。スケバン刑事は愛蔵版で今でも手元にあります。

    あとは、立野真琴さん!D-WALKやミッキー&一也シリーズの大ファンでした。
    神谷悠さんも好きでしたね。今でも別冊?で不定期連載している迷宮シリーズは集め続けています。
    残念ながら最近の連載ものはあまりチェックできていません。トレンドなのか、少し好みの絵柄と変わってきちゃったので…。引き続き皆様の回答を楽しみにしています。

    ユーザーID:5741571265

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧