「花とゆめ」同窓会しませんか?

レス81
お気に入り233

サーニン

学ぶ

トピを開いて下さってありがとうございます。
50歳女性です。スーパーに買い物に行ったら雑誌売り場に
「花とゆめ」が。ああ懐かしい、娘がいたら読んでいたかしら・・・
帰り道、ぎっしり食料を詰め込んで我が家に帰る道のり、
自転車をこぎながら「花とゆめ」のことを思い出していました。

姉がいたので創刊からやや経過した頃から読んでいました。
幼くてわからなかったお話もありましたが、少女期〜青春を
「花とゆめ」で過ごしました。初恋も世の中の不条理も
おなかを抱えて笑ったギャグマンガもみんなここで出会いました。

筆頭に挙げるとしたら「はみだしっ子」三原順さんの影響を受けまくりました。
まっすぐなサーニンが好き。
彼女の漫画はすべて読みました・・・今もバイブルです。

こやのかずこさん、読後にしみじみする作品の方でした。
もっと描いて頂きたかった。大好きでした。

デビューから面白い!と、今も全作品読んでいる、佐々木倫子さん。
「動物のお医者さん」もいいけど「勝久シリーズ」大好きでした。
単行本に入ってないと思いますが「名犬アイボリー」面白かった。

「パタリロ」パタはみコーナーに毎回爆笑!レジェンドもいたなあ〜

「羽根くんシリーズ」だんだんアップが大きくなっていく・・・
アニメにうとかったのですが、野妻まゆみさんの漫画で声優さんなどを
知りました。曽我部君、白石さん、めぐみちゃん、元気かなあ〜

出て来た時に天才だと思った、山口美由紀さん
(Lalaでは成田美名子さん)。

カッコイイ!と思った、高口里純さん。
半分大人の切ない恋愛にドキドキしました・・・・

他にもたくさんの作家さんに楽しませて頂きました。
「花とゆめ」育ちの皆さんはどんな作品、作家さんが好きでしたか?
よろしかったら同窓会しませんか?

ユーザーID:9358120879

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数81

レスする
  • 私の自慢は・・・

    子供の頃、山口美由紀先生にファンレターを出し、お返事をいただいたことです!!

    珍しく届いた自分宛ての封書。
    差出人名を見て飛び上がるほど驚き、嬉しかったのを覚えています。

    当時、漫画家になることを夢見ていた私は(恥ずかしながら)自分のペンネームまで
    先生宛のお手紙に披露してしまい、そのことについても言及されていました。
    (「もしかして、キャプテン翼のファンなの?」と・・・。
     そのペンネームはたしかにキャプテン翼のキャラの名前を組み合わせたものでした。
     本当に偶然だったんです。私が好きだったのはV−Kカンパニーです。懐かしい〜〜)

    絵が完璧で、話は面白くて、キャラが可愛くて・・・
    どの話もすべてが最高の漫画だと思っています。

    私がファンレターなるものを書いたのは後にも先にもこの一度きり。
    まさかお返事がいただけるなんて!!
    本当に本当に嬉しかったです。

    ユーザーID:7650827803

  • イラストが載りました

    ここでなら、私のささやかな自慢をわかっていただけるかも!
    わたし、花とむしのイラストコーナーにイラストが載ったことがあります。
    「ここはグリーンウッド」のすかちゃんの彼女の、泣き顔のドアップの絵です。
    覚えてる方がいらっしゃったら嬉しいです!

    ユーザーID:2141085856

  • 懐かしいですね

    南極探検隊の4コマが好きで読んでましたね…
    しかし作者名とタイトルが思い出せない。単行本はでてませんでした。
    雪男のお稚児とか・・・
    あとは短編で、ファンタジーのお話とか…なんだろう悪魔と人間の恋で転生の
    審判の門をはいるとか。
    いやぁ、実は漫画を買う事は禁止されていたので、友人の家で花とゆめを流し読みしていまして。
    このあたりが印象に残っているのですが、いまだにタイトルすらわからないのですよ。
    30年位前だとおもうのですが…当時小学校低学年だったので。懐かしいと思って書き込みしましたが、しかし
    タイトルが思い出せないのが辛いですねぇ。

    ユーザーID:7036093641

  • しーちゃん様!

    わー楽しいレスだなー!
    創刊号から読んでいたので、みなさんのレスに出てくるタイトルはみんな知っているものばかり!
    レスを拝見する専門に徹していただけなのですが。
    しーちゃん様!
    私も「嵐が原」大好きです!
    那州雪絵先生といえば殆どの方がグリーンウッドを挙げるであろう中、嵐が原を出していただけるとは思いませんでした。
    明るい話ではないし、ハッピーエンドではないし(多分)…覚えている方居ないんじゃないかなぁ〜と思っておりました。
    なかなかコミックスにならず、私も発売を知ってヒャッホーウでした。
    今も大事に持っていますよ。
    後「闇の末裔」も好きでした。
    また完結していないですよね?8年に一度くらいに新刊が出ているので、いつか完結すると信じて待ってます。

    ユーザーID:6555014123

  • ただただ、楽しかった

    毎回、わくわくしながら笑ったり泣いたり・・・

    私が読んでいた頃は、表紙をめくったところの
    プレゼントページのモデルは、ミポリンこと中山美穂さんだったなぁ。

    那州雪絵先生のファンで「ここはグリーンウッド」はもちろんですが、
    「嵐が原」が大好きで、やっとコミックになった時は、ひゃっほー♪と
    買いに行ったものです。

    そんな私ですが、「パタリロ」に出てきた
     「隣の空き地に囲いができたってねぇ」
     「ブロック!」
    というやり取りが脳裏に焼き付いて離れません・・・

    ユーザーID:5686872160

  • はみだしっ子は傑作だった

    「花とゆめ」大好きでした。
    最初は「はみだしっ子」のために買い始めました。
    あれほど、全部の漫画を堪能できた雑誌はありませんでしたね。
    高野まさこ先生の「シュガーベビー」が地味に好きでした。
    猫十字社先生の「猫のお茶会」はいまだに時々読み返します。ほっこりします。
    まだ掲載中のはずですが、スキップビートも面白かったです。

    ただ、当時掲載中の漫画家さんがどこかに書かれていたのですが、編集部の方針とかで、何年かおきに大幅に方針をかえてしまうとのことでした。

    確かに、何度か連載されている漫画が不自然に終了して、雑誌に載っている漫画の雰囲気が変わって行ったのは覚えています。

    最後はターゲットが小学生か?という漫画ばかりになってしまい、買うのをやめた記憶があります。

    当時のこと、花とゆめの編集部にいた方の話を聞くことができたら面白いだろうなーと今は思います。

    ユーザーID:4833000850

  • レスします

    ニコさんのレスで、そんなストーリーもあったと思い出しました。
    シリアスな結構エグい場面もありましたが、好きな作品でした。
    引っ越しで処分してしまいましたが、今読み返したらまた違う感動がありそうですね。

    そうそう、はなゆめでは比較的最近の方ですが、高屋奈月さんの『フルーツバスケット』も大好きです。
    最近まで彼らの子供世代の話が連載されてました(現在連載は終了、コミック全三巻発売済)
    あと原作のアニメがまた始まるなど、嬉しいです。
    初期のアニメはイマイチでしたが、今期のはいいですよ♪
    しかも全話分放映予定とのこと!金曜の夜中なので、録画して見ています。

    ユーザーID:4418459755

  • 教授を忘れてたぁ(汗)

    皆様のレスを拝見していて、大事な人をすっかり忘れておりました。
    川原泉教授です!!!すみませ〜ん(汗)

    コミックスはほぼ全巻持っています
    (が実は実家で預かってもらっています。そのため失念していました)
    花ゆめ関連のコミックスも
    多くは引っ越しの際に泣く泣く古本屋に売りに出しましたが
    教授と和田慎二先生とパタリロだけは死守していました。

    個人的には、食欲魔人など初期作品も良かったのですが
    笑うミカエルとメイプル戦記が好きでした。
    あとは擬音語が独自で食べ物の咀嚼音が「もっきゅもっきゅ」だったりして
    それもツボでした。

    最近は以前と比べて寡作になられたので、なかなか新作が読めなくて残念ですね。

    ユーザーID:9465253141

  • ブルーソネットその後

    チョッパーさんのレスを読んでちょっと記憶がよみがえりました。
    確かバードのお父さんも奥さんがいるのに他の女性と
    自殺したとかだったですよね。切ない終わりでした。
    読み返したくなったのでネットで古本を探してみます。

    ララも大好きでした!
    略奪された〜はコミックスの4巻だったかな。
    田舎だったので新刊が手に入らなくて、
    書店に注文して取り寄せたのを覚えています。

    喜多尚江さんも懐かしい。
    空の帝国とか、あれもラストが思い出せません、、、
    ネットカフェにあるといいな。

    ユーザーID:7212517504

  • GWに読み返します

    GWなので実家の押し入れの奥から、コミックを引っ張り出しました。

    「はみだしっ子」「明日香」「シルクロード」「動物のお医者さん」など。

    一緒にはみだしっ子のシールや、メモ帳、カレンダーがでてきました。
    カレンダーは4ケ月分だけやぶって取っていて、サーニン派の友人と分けたことを思い出しました。

    SFだと柴田昌弘さんの「盗まれたハネムーン」も衝撃でした。
    神坂智子さん「シルクロード・シリーズ」も大好きで、特に「ペキネンシス50万年」は、壮大なスケールに驚いた記憶があります。

    出ていないところだと酒井美羽さんの「通り過ぎた季節 亜紀子のカレンダー」
    も身近にいそうで、楽しんで読んでいました。

    令和に昭和時代の作品を読み返します。

    ユーザーID:8780710661

  • LaLa派でした

    LaLaで黒もんを描いていたの猫十字社さんが花ゆめでは小さなお茶会を描いている…
    天才だあ!思ってました

    今でも思ってます

    ユーザーID:2176631737

  • My best は「小さなお茶会」です

    なかなかコミックスが出なくて、お小遣いをはたいて絵本を買いました。
    第1巻のコミックスが出たときは嬉しくて色鉛筆で色を塗ったり・・・今は文庫本で揃えたものを持っています。

    「ブルーソネット」「ピグマリオ」、いずれも少年漫画的作品でしたが、花ゆめを読んでいたからこそ巡り会えた作品だと感謝しています。

    みなさまが多く指示している「はみだしっ子」は私的にはちょっと複雑です。子供には子供の思いがあったように、親には親の思いがあったと思うので、彼らの側からだけ見た物語では不十分な気がします。
    アンジーが母親に養子縁組のことで会いたいと言ったときのエピソードは、彼の母親というか女優としてのエゴイズムが出ていてリアルさを感じました。

    ユーザーID:9789963720

  • SFなら

    >くま(2019年4月24日 11:03投稿)さま

    星野架名さんじゃないでしょうか。

    緑野原学園シリーズの。


    >砂神家の一族さま

    ああ、そのセリフも覚えてます。
    ちなみに私はグレアム派。

    ユーザーID:9670471341

  • レスします

    ブルーソネット、最後までずーっと読んでました。
    最後はちょっと複雑なので、気になる方はネットで調べて下さい。
    大勢が死んでいく最終章のラストで生き残ったランが可哀想でした。
    でもソネットがバードに抱き締められて、二人で死んでいったのは少し救いでした。

    小さなお茶会はほっこりしましたよね。
    数年前に文庫本で買い直しました。

    河惣先生の単行本はツーリングから最新作まで全て初版で持っています。
    時事ネタとリンクさせたストーリーに引き込まれたおかげで、世界情勢やインターポールの仕組みなどを知りました(笑)

    ユーザーID:4418459755

  • 皆様愛しております〜〜〜

    トピ主です、皆様懐かしい楽しいレスを本当にありがとうございます!

    LaLaも大歓迎です。花ゆめとララ、クラスメイト同士で買ってる子が持ち寄って
    回し読みしてました・・・シャンペンシャワーはおなかがよじれるほど笑ったなあ・・
    「エイリアン通り」の、略奪された一人の花嫁、だったかな
    とても切ない話で、こんなに悲しいことがあるんだと思った記憶があります。

    はみだしっ子のLP!持っております!
    「はみだしっ子オールコレクション」も持ってます。語録も、イラスト集も。

    将来像にファンの皆様の定番があったのですね。
    私は勝手に、サーニン=騎手 アンジー=医者(フーちゃんと約束したから)
    マックス=欧米のいいとこの坊ちゃんが順調に育った場合の進路(すごい言い方だ)
    グレアム=場末のピアノ弾き
    みたいな想像してました・・・私の中ではグレアムはちょっとぐれちゃったままになってます。
    雪山の事件のことは、最後に皆の知るところとなったので、
    ジャックのあの性格を考えると、うやむやにはできず、しかし
    マックスとサーニンに知らせる必要があるか否かなどを
    コミックス半分くらいの頁を費やして議論し、
    結局知らせないままに・・・みたいな?
    そしてグレアムが
    「マックスが知った時・・・知らせなかったボクたちを責めるだろうか?
     それとも・・・知らずにいた自分を責めるだろうか?」
    みたいなことを延々考える・・・みたいな?

    きむらしんこさんっていらっしゃいましたよね!
    あと、鶴橋さんていうキャラが出てくる面白いマンガもあった・・
    川崎ひろこさんとか、ぬまじりよしみさんも懐かしいです。
    創刊号の頃の雑誌もまた読み返してみたいな〜

    グリーンウッドの頃からの花ゆめ、実家の物置に
    何十冊とあるんですが、どうなってるかな・・?

    ユーザーID:9358120879

  • エキゾチックタイガー

    まだ出てないと思いますが椎隆子さん作品が好きでした。「エキゾチック・タイガー」が特に好きでした。

    ユーザーID:2436118703

  • 二度目です。楽しい同窓会ですね!

    トピ主のサーニン様、楽しいトピをありがとうございます。
    皆様のレスを読んでいると、もう実際にお目にかかって語り合いたい、
    蔵書やお宝品を持ち寄って(見せていただいて)盛り上がりたい!と切に願います。
    花ゆめを語りだすとどうしてもLaLaに話が及ぶし、出版社すら越えて
    漫画全般について熱弁したくなってしまいます。


    横レスですが、
    勝久の飼っている犬さん、
    >画面いっぱいに「ジルベール」

    ドラマの『きのう何食べた?』のシロさんですね。

    どんちゃんさん、
    >・きむらしんこ 「ずぶ濡れジルバ」「サングラスをどうぞお月さま」
    >この主人公が兄のことを「おにぃ」って呼んでたのがものすごく印象的でした。
    >花とゆめに短期間描いてらしたんですが、知ってる方いますかね?

    もしかして、美也(みや)というツッパリの女の子が主人公ではなかったですか?
    大金持ちの実家を出た兄の家に遊びに行くと、兄の恋人が一緒にいて
    「もうあたしだけのおにぃじゃなかったんだ」と雨の中を寂しげに歩いて帰る。
    シリーズになっていて、男友達のレイニー(名前が怜二?)もいました。

    コハルさん、
    >はみだしっこのサウンドトラックを持っていた

    羨ましいです!私のお小遣いではちょっと手が出なくて、楽器店の
    レコードコーナーで「ほしいなぁ…」とため息をついていました。

    ニコさん、
    >サントラのレコードも持っているんですが、
    もうプレーヤーがないから聞けません。

    あの美麗なジャケットがまた見たくて、検索したところオークションがあり、
    「落札?」が一瞬よぎったのですがプレーヤーがないとダメでしたね。


    「はみだしっ子」は「ロング・アゴー」以降の作品は読んでいないので、
    四人の関連情報はなんでも知りたいです。

    ユーザーID:4353914046

  • 贅沢な子ども時代だったなって

    子ども時代に好きだった漫画を思い出すと、なんて良質な作品をたくさん読んでいたんだろう・・・と、当時の作家さん編集者さんに感謝の気持ちがわいてきます。

    「花とゆめ」は、スケバン刑事で、地獄城から抜けてきたサキが、地獄城の外にある樹海でキャンプして三平を迎えに行った回から読み始めました。そんなことを覚えている位、好きでした。

    ガラスの仮面とスケバン刑事がコラボした回がありましたね。「ジーナと青いツボ」の一人芝居をサキが助ける話。

    はみだしっ子も好きで、未だに読み返すことがあります。
    あと「シュガーベビー」「ワルツ」も好き。「小さなお茶会」も。

    スケバン刑事、はみだしっ子
    シュガーベビー、ワルツ、小さなお茶会
    って一見、テイストが全く違うけれど、どの作品も私の内面に深く関わり今の私に大きな影響をもたらしています。

    ユーザーID:3813915646

  • やっぱりはみだしっ子!

    わたしはグレアム派。

    「僕はずっと知りたかった」
    で始まる一ページまるまる文字で埋まったグレアムのメモ帳を暗記していました(笑)

    4人のその後、いろんな想像がされていますが、オクトパスガーデンのラストでペンギンのグレが「また卵を手にした」のだからきっと彼らにとって幸せな未来がやってくるのだろうと思っています。

    ユーザーID:5340992719

  • 今はメロディ派さん、黒もんは別雑誌

    横ですが、「黒のもんもん組」は花ゆめじゃありません、LaLaです。
    同じ白泉社で作家さんがかぶってるけど、別雑誌だから分けて考えないと。

    めぼしい作品はほとんど出尽くしたと思いますが、私が好きだったのは「サディスティック・19」「月光」「サラディナーサ」です。

    ユーザーID:2299383166

  • はみだしっ子の将来

    花とゆめ!懐かしい〜

    「ガラスの仮面」「はみだしっ子」「スケバン刑事」「パタリロ!」…
    どれも好きでした。


    >さらしな様

    「サーニンを好きになる人は、いつまでも好きなのに……」
    とも言ってましたね。

    >どんちゃん様

    >ファンの間では「グレアムはピアニスト、アンジーは医者、サーニンは騎手」という未来予想図

    アンジーがジャックに「息子4人もいて誰も後継ぎがいないんじゃ寂しいだろ?オレ、医者になろうか?」
    って台詞がありましたね。
    あと、子供の頃に大きな病気をしているので、アリだと思ってました。

    ちなみにアンジー派です。

    このトピ、楽しいのでまた来ます!

    ユーザーID:8780710661

  • すみません、何度も!!

    花ゆめとララがゴッチャになっていると思いますが姉妹誌なのでご勘弁を

    「シメール」  もうメッチャ好きでした。皆さんのレスに「南京路に花吹雪」は何度か出るのに、こちらが出ないのは私が異端なのか?と思っていましたが
    私が最初に惚れ込んだのは「天の戴冠」だった気がします。
    初めて買ったコミックスは「青色廃園」
    独特の絵となんとも言えない退廃的なイメージで大好きでした。
    ヴァレンチーノシリーズも大好きです。
    私のイメージではどうしても、ヨーロッパのイメージなので、正直言って南京路にははまれませんでした。

    「ピエタ」
    私はジュリーのファンでもありましたので、羽根くんシリーズがいつもジュリーの歌のタイトルだったのがメッチャうれしくて(笑)
    まるりさんもおっしゃるように、私も数年来の憧れでイタリアへ「ピエタ」見に行きました。
    ショックなことにシスティナ礼拝堂が修復中で点くらいの位置からしか見ることができませんでした。
    「それはね、また来なさいって事だよ」と一緒に行った友人が言ってました。
    残念ながらまだそれは叶っていませんが、いつかまた行きたいです。



    「大工のまりお」が出てくるお話 ってどなたか覚えていませんか?
    私の中では みかみなち先生の「上を下へのロックンロール」とゴッチャになっているんですが・・・
    何だったのかがず〜っと気になっていて・・・

    あと「バカな女の恋の物語」?みたいなタイトルだった話。
    こちらは作者全く覚えていませんが、お馬鹿な女の子がカタカナで書かれた今で言うPOPを読み違える話ですが、 お店で「エビンバ」って何だろう? と思って頼んだら「エビソバ」だったって奴がもうツボで
    ネタバレしてしまって申し訳ありませんが
    最後のオチが八百屋さんで 「ケケノコ」と読んだら「竹ノコ」だったって奴です(笑)
    私は今でも筍を見るとつい「けけのこ」って言ってしまいます(笑)

    ユーザーID:9970308549

  • 創刊号買ってハンカチもらいました

    50代です。懐かしい!

    当時別冊マーガレットを愛読していた私。花とゆめ創刊時に、別マと花とゆめのそれぞれについている応募券を両方ハガキに貼って応募すると全員にハンカチをプレゼントというキャンペーンがあって、いそいそと創刊号を買いに行ったのを覚えています。

    このトピを見て探してみたら、「アラベスク」柄のハンカチが新品のまま出てきました。皆さんにお見せできないのが残念ですが、中央に山岸凉子さんのイラストがあり、右下に昭和な感じ(笑)で「花とゆめ(ハート)かわいい女の子のまんが雑誌」と書かれています。

    これは全員が「アラベスク」柄だったのか、いろいろな柄があったのか…。記憶が定かではありませんが、どなたか他にお持ちの方おられませんか?

    花とゆめには、いろいろと伝説的な漫画も数多く掲載されてましたよね。懐かしいなあ〜。

    トピ主さん、素敵なトピをありがとうございます。

    ユーザーID:6214246414

  • 花ゆめは青春でした…

    アラフォーです。
    花とゆめはとララは青春でした…
    白泉社に就職しようと思ったくらいに…(落ちましたが…)

    私が好きだったのは、
    ・山内直実先生
    ・山田南平先生
    ・望月花梨先生
    ・津田雅美先生
    ・マツモトトモ先生
    他 多数…

    当時買ったコミックス(数百冊)が実家の書棚に眠っております…
    久しぶりに読みたくなったので、ゴールデンウィークに持って帰ってこようかと思います。

    ステキなトピありがとうございます!

    ユーザーID:1523261386

  • シャンペンシャワー!

    >>題名忘れたんですがサッカーのお話

    かかさん ありがとうございます!
    「シャンペンシャワー」大好きです!
    川原先生の哲学的な笑いも好きでしたが、
    かわみなみ先生の 屈折した、でもどストライクもある笑いがツボでした!


    あと ギャグは全くないシリアスですが「シメール」という作品も好きでした。

    ユーザーID:2436118703

  • はみだしっ子ならマックス

    56歳女子です。中1の途中から、友達に勧められて毎号買うようになりました。12年位買い続けて、娘が小学6年になるとまた買うようになり、それから10年位してようやくやめました。

    はみだしっ子は本当に別格です。私のバイブルです。私はマックス派。

    ある話を同じクラスの女子4人で読みあわせしてテープレコーダーに吹き込んだこともあります。懐かしい。

    ユーザーID:1688549511

  • スケバン刑事が好きでした

    素敵なトピですね!

    私はスケバン刑事のファンでした。

    当時小学生だったのですが、最後にサキと神がくっついて良かったーと思ってました。

    ですが、20歳すぎて読み返した時に、ムウ=ミサの方がいいじゃないと思ってしまいました。
    サキのことを熱烈に思ってますよね。

    和田先生も実は本気でムウ=ミサとくっつけようと思ってたみたいですし。
    当時は子供すぎてムウ=ミサの良さに気づきませんでした。

    こんなこと思ってる人いるのかなー。

    ユーザーID:9638637790

  • 異端なのだろうか?

    もちろん和田慎二(R.I.P.)先生も、ガラスの仮面も、動物のお医者さんも好きでしたが、私は黒のもんもん組と小さなお茶会が好きでした。

    同じ作者というのが渋いですよね。

    ユーザーID:1169206063

  • 懐かしい!

    「花とゆめ」私が中学生になってから出た雑誌です。
    当時は雑誌のタイトル名で、びっくりした記憶があります。

    「小さなお茶会」大好きでした。
    はい、白泉社コミックスで今も持っていますよ。

    「パタリロ」懐かしい!
    「ガラスの仮面」も楽しみだったなあ。

    ユーザーID:0494909648

  • 懐かしいな

    友達が大好きだった花とゆめ。
    学校が比較的自由でまわし読みをよくしてました。

    超少女あすかは全部もってます。
    未完でおわったのが残念。
    スケバン刑事は漫画見て、なんども号泣しました。
    ブルーソネットも大好きでした。

    あとは、ぼくの地球を守って。
    自分も前世がなにかあるのでは?とおもったりしました。

    河惣益巳さん、川原泉さんが大好き。
    動物のお医者さんもよかった。
    シルクロードシリーズは真理をかんがえるきっかけになったり。

    一番あたらしいのは、天使禁猟区。
    大人になってから読みました。

    自分の本棚にまだ残ってるから、子供が読んで、好きになっています。
    懐かしいなぁ。

    ユーザーID:2023163294

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧