• ホーム
  • 話題
  • SNSに映画の感想。作り手の気持ちを考慮せず書いていいの?

SNSに映画の感想。作り手の気持ちを考慮せず書いていいの?

レス50
(トピ主0
お気に入り47

生活・身近な話題

図書館帰り

彼氏は映画や書物の感想をSNSに書いています。

「上映時間100分。時間を無駄にした。」「予想どおりの結末。つまらなかった。20点」と辛口な評価が多いです。

彼氏は「評価される物だと理解して公開しているんだから、僕たちは素直な感想を書いていい。それがフィードバックになる。」と言います。 

でも私はまた作品の作り手や関係者がチェックすると分かっている場に「つまらなかった」と書くことが嫌いなんです。あらゆる作品の悪い点を書いてはいけないとは思っていません。第三者が見て納得できる感想・評価なら良いと思います。

皆さんはどう思いますか?

ユーザーID:0865365803

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数50

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どういう風に書いてあれば良いのですか?

    >第三者が見て納得できる感想・評価なら良い
    これは例えばどういう事ですか?
    どういう風に書いてあれば良いと思うのですか?
    感想なんだから、その人の主観で書いて良いのではないでしょうか。
    トピ主さんの彼の感想だって、同じ映画を見て同じ様につまらないと
    感じた人にとっては納得行くものだと思いませんか?

    ユーザーID:4512184366

  • まっとうな批判ならありかな

    前提となる知識があるうえで、かなり踏み込んだ批判なら、たまたまつくり手が目にしたら「おおっ」と思うでしょうけど、彼氏さんが書いてるようなありきたりで、凡庸な感想なら完全スルーで印象に残らない、相手にしない感じだから大丈夫ですよ(笑)。
    そこまでウィットに富んだことを書けるわけでもないでしょうに、「フィードバックになる」は笑っちゃいますね。

    それでもお金払って観にいってくれたり、本を買ってくれたわけだから製作者にとってはお客様。
    まあ、たまに本の感想などで「図書館で借りました。つまらないので買わなくて充分!」とかわざわざ書くのはどうかと思いますが。

    おそらく彼氏さんは上から目線で作品を断罪することがストレス解消になってたりするのではないでしょうか。

    かなり残念な人だといえますが、そんな屁のような感想は誰も見ていませんので気のすむまで書かせてあげたらどうですか。

    ユーザーID:3328313862

  • 第三者です

    彼氏さんの映画や書物の感想は、第三者として納得いきます。

    私は特にSNSに感想を書いたりはしていません。

    しかし、彼氏さんのような感想をもった作品はあります。彼氏さんは、辛口ではありますが、作品の作り手や関係者におもねった、忖度した感想を書いていないところに逆に好感が持てます。

    作品の作り手や関係者がチェックするとわかっている場、だからこそ正直な感想を書く意味があるし、作り手や関係者も、面と向かっては決して聞けない、本音の感想を知りたいと思っていると思います。

    汚い言葉「クソ作品」のような感想や、犯人は誰か結末を書いてしまような感想は嫌ですが、彼氏さんの感想は、第三者が見て納得の内容だと思います。

    ユーザーID:7194364653

  • いいか悪いかなら、いいと思う

    書いちゃダメってことはないと思います。

    ただトピ主さんも私も同じだと思うのですが、
    価値観としてそういう書き方をする人が嫌なのです。

    価値観の合わない人とお付き合いを続けるかどうか
    という問題だと思います。

    ユーザーID:6098604388

  • いいの

    個々に別の思いを抱くからこそ、「感想」は面白いんですよ?

    作り手は真剣勝負。
    はっきりいって率直な感想以外、いらないでしょうよ。

    ユーザーID:0213321466

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 正直な感想なので

    例えば友人同士で話し合っている時に、誰かはとても面白かったと言い、別の誰かはつまらなかったと言う。ごく普通のことですよね。
    誰かが面白かったと先に言ったから、ネット上で絶賛の意見ばかりだから、実は面白くなかったのに「私も面白かった」とは言いません。

    もちろん「あんな映画を喜んで見ている奴はバカだ」というように同じように見ている他の人をけなしてはいけないと思いますし、嘘や事実誤認を書いてはいけません。

    でも彼はあくまでも個人の意見として映画に対する評価を書いただけ。

    その書き込みを見て同じ映画を面白いと感じた人は「この人全然分かってないな〜」と思うだろうし、同じようにつまらなかったと思う人は「そうそう!私もそう思ってた!」と思うでしょう。
    「なるほど確かにそういう点は物足りないな」と気づく人もいるでしょう。

    ただの一般人のSNSを制作者がわざわざ毎回チェックし、落ち込むほど彼氏さんがインフルエンサーだとは思えませんが、プロの映画評論家も批評してますよね。
    SNSどころか新聞にだって映画雑誌にだって「つまらない」「20点」と掲載していますよ。
    なぜ批評家は良くて彼氏さんはダメなのでしょうか。

    ユーザーID:5896141156

  • 沢山いるよ

    酷い感想書く人なんて沢山沢山います

    けど、別にそれがその人の感想なんだし、感想は自由だし

    作り手1人1人の気持ちなんて作品公開後にお客さんが分かりますか?
    そのほうが不思議です

    私は映画を見に行く前に ある程度の感想を見てから行く事もあります
    酷評でも自分が行きたければ行きますし見ます

    感想が自由に書けないなんてSNSやブログの意味がないので
    彼氏さんの感想はごくごく普通です

    ユーザーID:5360082127

  • 多分

    同じ批判でも、ただ「つまんない、時間の無駄」という彼の
    呟きより、もう少し具体的に「ここが良くない、こういう展開に
    なれば良かった」というものなら、貴女もある程度理解できた?
    トピ文を見ると、彼の感想は貴女からするとただのダメ出し。
    もう少し突っ込んだ意見が、貴女にとっては建設的で納得できる。
    そんな風にも見えるんだけど。

    とは言え、彼が何を好きで何を嫌うのかは彼の自由。
    何を思い、どう発言するのも。
    (法律に反しない程度であれば)
    そして「自由」には「責任」が伴う。
    彼が感想を述べるのは自由だけど、その感想を見て第三者が不満を
    持ち反論を述べるのも自由。
    そして、彼は自分の自由を行使した以上、彼に反対する意見を聞く
    責任がある。
    自覚はないんだろうけど、彼は自分の感想を他の人にも見せてるよね。
    その結果、彼に絡む人が出て揉める事も受け止めなきゃいけない。
    この部分は、貴女も彼もしっかり覚えておかないと。
    年齢が分からないので何とも言えないけど、将来の為に、ね。

    あと、彼がその映画を嫌いと思い公言するのは問題ない。
    ただし、映画や作品、製作者などを全否定する「権利」はない。
    「こんな作品なくなってしまえ」「製作者やめろ」くらいは言えても
    実際にそういう行動を取る事は認められない。
    嫌うのは自由、でも相手を全否定する権利はない。
    ついでに、自分の利益のためにわざとイメージコントロールするのも
    ルール違反だと思う。

    個人的に、彼は何言っても変わらない気がする。
    貴女の性格的に、そういう相手と今後も付き合えるか気にはなるけど。
    彼のそういう部分が合わなそうだと思ったら、早めに離れるのもひとつの
    考えだと思うけど。
    あとは、貴女次第という事で。

    ユーザーID:3470995462

  • 根拠の希薄な

    根拠の希薄なSNSの辛口コメントをそこまで参考にする人がいるとは思いませんが。

    そもそも、どこの誰で、どんなバックボーンがあるかも知らない人の意見にいちいち左右されてたらもの作りなんてできないと思いますし。

    ユーザーID:5036725915

  • 結局は面白いかどうか


    映画ではありませんが。。。

    最近の文学論では、公表した作品の解釈は作家の意図とは別物と考えているそうです。
    ただ文章は人によって受け止め方や解釈が異なりますから、一般的に何が適切な解釈か判断は難しいと思います。

    面白い、つまらない、それだけでも立派な解釈・批評だと、私は思っております。
    作家さんは、結局この二つが聞きたいようですよ。

    ユーザーID:4252854984

  • 「感想」ならいい。

    書いている人が「感想」だという認識のもとに「感想」とわかるように書いているのなら、主観のみで書いていいと思います。読む方もそういうつもりで読めますから。

    でも単なる主観的な感想なのに、説得力を持たせたいのか一見レビューの体裁で書いてあると、読んでいてイラっときちゃったりしますね。こじつけじゃんって。たまにプロのレビューでもありますけどね。

    そんな感じです。

    ユーザーID:9851292238

  • 辛口とは言わない・・・かな

    感想は強制できないから、どんなに辛口でもいいと思いますよ。

    ただ、私はトピ主彼の感想を「辛口」とは思いません。
    単に残念な人の戯言だと流しますね。

    そのジャンルに対する深い知識があり、視点の鋭さがあって批評しているのならまだしも。
    例に挙げられている文章って、読む価値もない感想でしょう。
    フィードバックにもならないので、クリエイターはスルーしますよ。

    私は映画や舞台が好きで、夫と見て感想を伝え合うのも好きです。
    ネガティブに切り捨てる感想しか言えない人だったら、親しく付き合いません。
    一緒にいて楽しくないですから。

    ユーザーID:8491686319

  • 昔から批評家は嫌われ者

    昔から映画や文芸・絵画などいろんな分野で批評を書いて生計を立てている「批評家」はたくさんいます。

    その「辛口」批評を読んだ作者が、その批評本を投げたり、細かく破いたり、相手に文句を言ったなどのエピソードもいろいろ読みました。

    少なくとも「批評家」は作り手の気持ちを考慮して批評を書くわけではありません。

    SNSでの批評だって同じです。

    >第三者が見て納得できる感想・評価なら良いと思います。

    トピ主さんがとっても良いと思って気に入った映画をボロクソに批評していても、トピ主さんがその批評に納得したら、トピ主さんはその映画の評価を「良い」から「悪い」に変えますか?。

    それとも、その批評が「納得」できても、評価は「良い」ままでしょうか?。

    批評家が絶賛した映画でも興行収入は赤字だったり、批評家がけなした映画が大ヒットすることだってあります。

    ユーザーID:3306644750

  • 昔から批評家は嫌われ者(2)

    せっかくなので、ついでに書きました。トピの直接の回答にはなりませんが。

    トピ主さんは「金曜ロードショー」など、映画をテレビで放映した後で、淀川長治さんなどの映画評論家が、映画の解説をしていた番組を知っていますか?

    有名な名作映画なら、いろんな良い批評が聞けますが、見ていた私がどんなに「つまらない」と思った映画でも、必ずどこか良い個所を指摘して褒めているのです。

    子供の頃は「評論家」って何でも良い視点で解説できる凄い人なんだ。と感心して見ていましたが、どうもウラがあったようです。

    テレビ局が映画の放映権を映画会社から購入する時、有名映画だけを売ってもらえるのではなく、他のB級・C級映画も抱き合わせで買わないと売ってくれなかったようです。

    だから、有名映画と一緒に、さほど面白くない映画を買ってしまえば、それもテレビで放送しないと帳尻があわないわけです。

    でも、テレビで放映した後で、淀川さんがその映画を酷評することもできません。(それなら視聴者に「放映するな」と言われます)

    淀川さんはその映画の良い個所を必死に捜し出して、その点を褒める解説をやりました。と読んだことがあります。

    SNSや雑誌などでは自由に批評することができても、テレビ放映した映画を直後に(悪い批評も)自由に批評すると「なぜ放映したのか」と叱られますから、良い批評を言うしかなかったのだと思います。

    とは言え、実際は「さほどでもない」と批評したくなる映画の良い個所を捜し出して「褒める」ということは、誰にでも出来ることでもないと思っています。

    ユーザーID:3306644750

  • 語るようなことがなにもないほど駄作というのはある

    言葉にして伝えたいことが浮かばないほどの駄作というのは現実に存在しますので、
    時間の無駄だった系の作品はそれらなのではないでしょうか。
    こうした方が良いと思うとかは、まだ救いようのある作品というか、
    改善の余地があるものですよね。
    そんなレベルではなく、ものすごーくつまらない、見ていることが苦痛だったという
    作品が世にあるのですよ。
    もちろん、そういうものでも高評価する人はいます。感性やなにを求めるかの違いだったりします。
    時間の無駄だったというのは、端的な評論としていいと思いますよ。
    この上なくよくわかるレビューではありませんか。
    全米が涙したのネガティブバージョンだとでも思ってください。
    全米が涙しただって漠然とし過ぎていて、なにに?なにが?という感想ですよね。
    何の参考にもならない。わかるのは感動ものだということくらい。
    同じように、時間の無駄だったも漠然としています。
    でも、つまらないことだけは明確に伝わりますね。内容はわからないけれど。
    トピ主さんは悪く書くことが苦手ですか?
    私はAVのレビューをよくみますが、あれらはそんじょそこらの映画の
    レビューなんかよりかなり細かいですね。パートごとに評価している人も少なくない。
    そういうレビューにおいての情熱が欲しいってことでしょうか。
    観た結果語ることすらないほどの駄作だったら、
    最も的確に作品を言いあらわす言葉は「金返せ」、「これで金を取るな」、
    「時間の無駄」が最強にして最適なのでは?
    そして、制作者側もそう思わせたということは理解した方が良いでしょう。
    私は商業で創作物を出していますが、知りたいのは良かったか悪かったかだけであり、
    細かな論評はスルーです。
    作り手の一人としてはどう悪かったかなんかより、ダメだったの一言で終わる評価の方が
    有難いですね。事細かなレビューを作品作りの参考にすることは私はありません。

    ユーザーID:1784842224

  • 素直な感想が「つまらない」ってこともある

    >でも私はまた作品の作り手や関係者がチェックすると分かっている場に「つまらなかった」と書くことが嫌いなんです。


    なぜですか?
    素直な感想が「つまらない」なら、そう書いても仕方ないと思いますが。
    私もSNSに感想を書くことがありますが、あまりにもヒドイ映画には「時間返せー!」ってつぶやきを一言だけ投下したこともあります。
    まぁ、その後に何故つまらなかったのか、どこがどう駄目だったのかきちんと感想を上げてますが、でもとにかく映画館を出た直後の感想をつぶやきたい!ってこともあります。

    それを「見るかどうかも分からない映画関係者の気持ちを忖度して」UPするなと? 

    そんなの、SNSの意味なくないですか?


    トピ主さんは料理を作って誰かに振舞ったとき、実はとっても不味いのに「おいしいよ」って嘘ついてほしいと思うんですか?
    実はすっごく不味いレストランの評価を、「関係者が見るかもしれないから」と実際より良い評価をつけるべきだと思いますか?

    でも、それって誰のためにもならないですよね。


    >第三者が見て納得できる感想・評価なら良いと思います。

    誰でもが納得できる感想なんてありませんよ。
    感想なんて、所詮は個人の受け取り方次第なんですから。
    世間が酷評する映画でも、「私は好き」って人は必ずいますしその逆もまた然り。
    感想の理由を説明することは出来ますが、それを他人が納得するかはまた別の話です。

    彼氏がどんな映画を見ても「つまらない」としか書かないのなら、そんなレビュー誰も読みませんから気にする必要はありません。
    つまらなかった理由をきちんと書いてるなら、トピ主が口を出すことではありません。

    ユーザーID:1922454271

  • あともうひとつ

    トピ主さんが見落としている視点をひとつ付け加えます。
    お金をもらっているか否かです。
    お金をもらって仕事として論評するならあれこれ分析は必要です。
    (評価の中で駄作やみる価値なしと書かれることももちろんあります)
    他のレスで例に出されているロードショーの評論などはまさにそうで、お金もらってるんですよ。
    だから駄作だったとしてもいい部分を見つけたりもしないといけないし、
    お金もらっているからスポンサーが気に入るようなこともしないといけない。
    心の中で時間の無駄としか思っていなくても、お金をもらっていたら分析して評論せねばならないのです。
    一方、お金を誰からも受け取らない素人は、誰に気兼ねなく言っても良いのです。
    無責任に気持ちのままに。
    つくる側は、心優しい人も心が荒んだ人もみることは知っていますから、
    優しい意見もあれば抉るようなただの暴言があることも知っています。
    お金もらってつくってます。道楽じゃない。
    だから、心ない暴言だってそれはそれ。優しい意見と等価値なんです。
    ボランティアに暴言を吐くのとは違うのです。
    そういう反応込みのリターンをもらってつくってます。
    お金が絡んでいるかはどちらの立場にとっても重要です。
    トピ主さんはそのあたりを失念されているようです。
    彼はお金をもらって評論しているのではないでしょう?
    その映画を作った人は無償労働ではなく報酬を得ているでしょう?
    その報酬には、辛辣な意見へのお金も含まれていますよ。
    嫌ならそんな作品つくるなってことですしね。
    多くの呟き等々はお金の絡まないものです。
    だから無責任に思うままでいいと思いますよ。
    お金をもらってつくっている人間は、トピ主さんが考えるようなことは気にしませんよ。
    だから、あなたがそんな気を回す必要はないのです。
    我々、お金をもらっているプロです。

    ユーザーID:1784842224

  • 作り手は反応がないことが一番悲しい

    トピ主さんはお優しい方なんだと思います。
    確かにあまりにも的を射ない、批評や感想を目にすることもありますよね。
    でも、作り手が一番悲しいのは反応(感想)がないことです。
    愛の反対は憎しみじゃなく「無反応」っていうでしょう?
    そして、反応がなければ作り手は、自分の作品を見たり読んだりした人が、どんなふうに受け取ったかわかりません。
    作り手は、テーマや演出が伝わったかな?こんな思いで作ったけど、うまく伝わっただろうか?と気になるものです。
    賛辞も酷評も受け取って、喜んだり反省したりして、勉強して次の作品に繋げるんです。それができなければプロの作り手ではありませんからね。
    それと、映画や書籍の感想に第三者はいないと思いますよ。
    作り手(作家・製作陣)と受け取り手(視聴者・読者)という当事者が存在するだけだと思います。

    それにね、「へーそこまで酷いのかー見てみよー」って興味を持つ人もいるんです。(あ、私がそういうタイプです)

    ただ、SNSの書き込みは、作品の作り手よりも、あなたのリアルに関係のある人が目にすることのほうが多いから、行き過ぎた表現や毒舌はほどほどにしておいたほうがいいよーと彼氏には言ってあげてくださいね。

    ユーザーID:5488326193

  • 貴方自身が他人を評価するという行為

    お金と時間を使って見たものに対して
    それをどのように評価するかは自由ではないですか。
    作り手はそれを真摯に受け止めるべきです。
    悪評でもそれは見たという前提からくるものだかです。
    作り手にとって一番よくないのは、誰からも興味が持たれないということです。

    >第三者が見て納得できる感想・評価なら良いと思います。

    具体的にどういう書き方なら良いと思うのでしょうか?
    あなたがそう思うなら、貴方自身がそう思う書き方をあなたが自分ですればいいだけの事です。
    彼が自分のお金と時間を使ってみたものを、また時間と手間をかけてUPしていることをあなたがはたから批判することにどんな意味があるというのでしょうか。

    貴方の行動自体が矛盾しているという事です。

    ユーザーID:2556473432

  • 気にし過ぎ

    プロは素人の映画評なんか、戯言程度にしか受け止めないと思います。

    ユーザーID:2586210035

  • SNSって

    彼氏アカウントの個人の?それとも公式とか、いろんな作品を評価するために個人がつくったアカウント?

    私もあるサイトで映画レビューを長く続けていますが、ほとんど辛口、酷評ばかりの人が何人かいるんです。
    そういうのを見て私が思うことは、作品選びがヘタだなってことです
    見る映画のほとんどに感動しないならどうして映画見るんだろうと不思議になります。評価をするために見てるのかしら

    ただ
    >「上映時間100分。時間を無駄にした。」
    >「予想どおりの結末。つまらなかった。20点」
    このような一行コメントは素人も誰も参考にしません
    なのでやりたいだけやらせとけばいいと思います

    ユーザーID:6733915534

  • いますねこういう人

    木を見て森を見ない人がいますね。
    評論家でも無いのに細かい部分ばかり気にして、
    全く映画全体を見ていない人。
    高い金払って観に行ってるのだからもっと楽しめば良いのに、と思います。

    こういう人はそれが楽しみなんですよ。
    人が面白いと言った映画は、まず面白くなかったと否定するところから始めます。
    そしてなぜ面白くなかったかと、全く本質から離れた所を指摘します。
    そんな批判をすることによって、自分は他の人間とは違って映画通だと思わせたいんですね。

    彼氏は日頃からマウンティング傾向がありませんか?
    素人の映画批評は面白かったか、面白くなかったかだけで十分です。

    鈴さんが書いているとおり、プロ方達は素人の戯言なんか全く気にしていません。

    私もたまに素人の書いた映画評を見ますが、「こんな映画の見方してもったいないな」と思うばかりです。

    ユーザーID:3141733722

  • 言うは易し

    >第三者が見て納得できる感想・評価

    これって実は大変難しいことだと思いますよ。
    第三者って具体的に誰でしょうか。「世の中全ての人」が納得出来る感想・評価なんて、はっきり言いますが存在しません。
    こんな事を言っていると何も言えなくなります。

    これもはっきり言いますが、作り手や関係者は、聞くべき価値のある感想・評価と、ゴミみたいな感想・評価、どっちも溢れるほど目にしていますから、わかっています。わかっていないと、世間一般に向けて何かを発表するなんて仕事はできません。ネットの普及した今の時代は、なおさらです。

    私がどう思うかについては、究極的に「第三者が見て納得出来る感想・評価」なんてものは存在しないというのが私の考えです。

    ユーザーID:8277117395

  • いや・・・

    その彼氏のコメントが20点だよ。

    もっと具体的に何がどうダメだったのか書いてあるんでしょうか?

    誰もがなるほどと、納得できるダメだしが書いてあるのならいいと思います。

    ただ、つまらなかったと書いてあっても、誰もそれを真に受けないと思いますよ。

    むしろ、彼氏がつまらない人だと思われるだけ。

    肯定も否定も、ちゃんと理由が書いてあれば何を書こうが、評価だと思います。

    辛口評価でもぜんぜんOK!

    作り手は、それも含めて反応を期待しているのです。

    見てもらえないことが一番の問題。

    だって、興味すら持ってもらえないなんて、作った甲斐がないでしょ?

    ユーザーID:1949449851

  • ヤジ(不規則発言)。

    トピ主さんは、球場や競技場でプロ野球やJリーグの試合を見たことありますか?
    多種多彩なヤジが飛び交いましてね、なかには彼氏さんの評論レベルのヤジもありますし、時には外国人選手に対する差別的なヤジが問題視され、発言者にそれなりの処分が下される場合もあります。
    そんなものを、監督や選手が「フィードバック」するとあなたは思いますか?

    また私は、国会中継をたまに見ることがあります。ヤジは「不規則発言」と定義されます。
    その中には発言者のユーモアやセンスを感じさせるものもありますけど、だいたいは悪口雑言レベルであり、ほぼ無視黙殺されるだけです。
    (ただしあまりにも酷いヤジについては、発言者が謝罪に追い込まれたり、処分されたりする場合もありますけど。)

    ユーザーID:1309551430

  • 自由に発言出来る場が出来たがゆえの問題ですね。

    私は演劇、ライヴ、映画を観る前にクチコミを読むことは、ほとんどありません。しかし、タイトルにも、ストレートにつまらないということを出して書いている人達がいますよね?確かに自分に合う作品や演目や合わない作品や演目があるんですよ。だからといって、自分の不満を不特定多数のお客様が目にするものに書き込むのはよくないと思います。
    また、私がクチコミを読まないのは、作品や演目に対して先入観を持たないようにするためです。公開前のインタビューとか、公演に対する意気込みを語っている俳優さんや女優さんの雑誌とか、バラエティやトークの番組は見たり読んだりしますが、すでに映画やドラマは作られたり、演劇ならば、リハーサルをしっかりした上で臨んでいらっしゃるでしょうから、それを信じるしかないと思ってます。
    それでも自分に合わない作品や演目だったなら、それは自分とは縁がなかっただけですね。なので、トピ主様もクチコミのサイトなどは読まないようになさってみては?

    ユーザーID:2423694203

  • プロの作品なら

    厳しい批評を受けるのは覚悟の上でしょう。見る側もお金を払って見ているのだし、そこに作り手と受け手が毅然と向き合う姿勢(というのは言い過ぎかもしれないけど)があるのは当然のことだと思います。けなされることを受け入れられない人は「ちょっと上手なシロウト」のポジションにいるしかありません。それならお世辞でも褒めてもらえますから。

    私は彼がつまらないとの評価を書くことに反対ではありません。名誉毀損レベルのひどい書き方でない限り作り手の気持ちを考慮する必要があるとも思いません。彼の批評はたくさんある批評の中の一つであることは、作り手も彼の批評を読む私のような第三者もわかっています。

    というわけで彼の批評スタイルは別に構わないと思いますが、もし彼が「厳しい批評を書くオレ、カッコいい」と思っているなら鼻につくでしょうね。それはまた別問題ですが。もしかしてあなたも、ケチばかりつける彼の姿にそういう感じが透けて見えて、それが嫌なのでは?

    ユーザーID:7537352567

  • 作り手の気持ちとは?

    皆さんのコメントにもありますが、
    第三者が見て納得できる感想・評価は存在しないと思いますよ。

    生き方も価値観も好みも違う人が観るので、
    作り手も評価が分かれることは十分に把握しています。
    その中でも、1人でも多くの人に観て評価してほしいと願うだけで。

    また作り手に忖度した評価をSNSに挙げたところで、
    他人の評価を気にする人もいるけど、自分で観て評価したいという
    人もいるわけですから、どんな内容でもいいと思います。

    ユーザーID:2639143657

  • う〜ん・・・

    結局のところ、自由で良いと思いますけどねぇ。
    作り手の側の方だってありとあらゆる感想が放たれる事は想定しているでしょうし
    どんな感想だとしても「その作品を観た」事には変わりないのですから
    全く見向きもしないよりは嬉しいんじゃないんですか?
    もしくは観ても何の感想もない、評価すらしない、というよりは。

    まあ、つまらないならどうつまらなかったのかを詳細に書けば更に作り手の気持ちを考えての事になるとは思いますが。。。

    ユーザーID:2477613478

  • そのSNSも同じように評価されるよ(笑)

    >「上映時間100分。時間を無駄にした。」「予想どおりの結末。つまらなかった。20点」と辛口な評価が多いです。

    そのSNSを見た人は、まったく見る価値の無いSNSと評価して、二度と見なくなるでしょう。
    それでいいのではないの?

    ユーザーID:7760621776

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧