現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

疲れることは、だらしないことなのか 携帯からの書き込み

るな
2019年4月23日 21:46

私の母は、体調を崩すことに関して、だらしないと思っています。
少しでも体調崩すと、だらしない、だらしないと連呼されます。なので、表に出ないように気を配っていますが、そこまで言われないといけないのか、よくわかりません。
大きなことが終わり、一区切りがついて、気が抜けることすら許されません。

しかし、自分自身が体調悪い時は、自分は大変で、頑張ってるから〜と体調が悪いことに関して肯定します。

体調を崩さないように、崩してもバレないように、疲れもみせないよう努力はしています。

・体調を崩すこと、疲れがあることがだらしないことなのか
・体調崩さない方法
・疲れがでない方法

等、何かアドバイスやご意見を伺いたいです!
よろしくお願いします。

ユーザーID:2627524600  


お気に入り登録数:38
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:19本

タイトル 投稿者 更新時間
食べ物が、お手軽かな
う〜む
2019年4月23日 23:50

腸を整える為に
オリゴ糖と水溶性食物繊維を
意識して摂取

そしてビタミン系は
必須で、しかも毎日摂取する必要があります
ビタミンC , E , D
は特に重要
ビタミンDは魚系が多いので
魚嫌いの人は不足がちですね
ビタミンCとEなどは果物からだと
楽に摂取できます

これで風邪とか
ひきにくくなりますよ

ユーザーID:3071138917
やってることと言ってること
ウサギのぴょんこ
2019年4月24日 0:43

やってることと言ってることが矛盾する人がいます。そういう人の言うことは、あまり気にしなくていいです。

体調管理が大切、くらいの受け取り方で十分です。どうせ、母親自身自分が何を言っているかわかってないのです。だから、やってることと言ってることが矛盾しているのです。

・体調を崩すこと、疲れがあることがだらしないこととは必ずしも言えない
・体調を崩さない方法は日常生活を整え、栄養と睡眠をとって規則正しく生活することです。
・疲れがでない方法は、日常生活で睡眠を十分にとる、作業の途中で適度な休みを入れる、普段から体を鍛えて疲れにくくする、頭をすっきりとさせておくです。

ユーザーID:6383752998
精神論ね
2019年4月24日 1:46

体力というものは日々の生活の仕方(食事も含め)である程度コントロールできますが、持って生まれた「体質」もあるのでなんとも言えない。
お母さんが言っていることは典型的な「体育会系」の精神論ですね。
お母さん自身、そう言われて育ったのかな。

>・体調を崩すこと、疲れがあることがだらしないことなのか

そうは言いきれない。でもお母さんの価値観ではそうなんでしょう。バランスよく食べ睡眠もとり身体の免疫力を上げる、気持ちを強く持ち、規則正しい毎日を送っていれば体調など崩さない、っていう感覚があるとそれのどれかができていないということになり「だらしない」となる。

>・体調崩さない方法
>・疲れがでない方法

上記のとおりかな。お母さんに聞いてみたらいい。私、食べ物が駄目かな、生活の仕方が駄目かな、どうしても体調は崩れるし疲れちゃうんだよねって。
いやだな、できないな、じゃなくて「お母さん、どう思う?」という感じで会話を持ってみたらどうでしょう。

ユーザーID:7058296813
レスします携帯からの書き込み
ミルク
2019年4月24日 3:11

一番の解決法は

「母から逃げる。」です(笑)
いや、真面目に。


体調崩さないためには、
・無理しない
・よく寝る
・バランスよく食べる
・適度な運動

かな。


幸あれ!

ユーザーID:3184892961
親元を離れる事はまだできないの?
還暦のベル
2019年4月24日 6:11

お幾つの方なのでしょう?
実家から離れることは出来ませんか?

>・体調を崩すこと、疲れがあることがだらしないことなのか

そんなことは無いと、本当はわかって居るでしょ?
違うと私も思いますよ

>・体調崩さない方法

そんなことができるのなら、医者も薬もサプリもいらないんだけど・・・

>・疲れがでない方法

それが分かるのなら、みんな知りたいと思う。

トピ主さんが、子供のころから、人一倍体調を崩しやすいのなら
遺伝子を分けてくれた、親の因果だろうし
夜更かしや偏食、暴飲暴食のせいで体調を崩しやすいのなら、自戒するべきでしょう

ただ、体は鍛えられます。
運動や食生活で多少は健康を保つことは出来るでしょうから、そこは気を付けて鍛えましょうね
で、ご自身でも仰るように

>大きなことが終わり、一区切りがついて、気が抜けること

があるのなら、大きなことが終わった段階で、気を抜くのではなく
体調を崩さないために、体を休める事
早めに寝ることが、気を抜くことではないし
マッサージなどをすることが気を抜く事でもないです。
次のステップに進むための休養は、気を抜く事とは違うので
其処は自分で意識して休養を取りましょう。

ユーザーID:3446156310
だらしないの意味がわからない
2019年4月24日 7:43

一つの仕事が終わり、打ち上げ後 飲みに行ったりするのがだらしないのか。
家で体調を整えるために、今までの寝不足分を一気に解消するため、ひたすら眠るのがだらしがないのか?
他にも体調を整え、今後に生かす事をしてのだらしないのか?

主様の母親にも実のところは解っていないのと違いますか?
何時までも母親の言い分を聞いて落ち込む必要も無いと思いますが。

主様は主様、一人の人間として、浮き沈みもあると思います。
沈んだ時まで、母親の説教が入るのは精神的にも辛いと思います。

主様の年齢が解りませんが、もう自立する年齢では無いですか?
親の勝手な意見に左右されず、ご自分の道を進んで下さい。

もしかしたら〈だらしない〉と言う言葉、母親の口癖と違いますか?
そんな言葉に惑わされないで。

ユーザーID:1416481821
違いますよ〜
あお
2019年4月24日 8:30

疲れることは、だらしないことではありませんよ。
疲れるって、体が休息を求めている状態のこと。休憩しないと、体が持ちませんからね。
だらしないというのは、動ける体力があるのにダラダラしていること。
まあ、第三者から見ると、確かに見分けがつかないかも。

見分けがつかないことに対して、思い込みで決めつけるのが、あなたのお母さんの特徴、ということになります。
対策は、ご自身で考えてください。
もし私でしたら、独立するかな。

ユーザーID:4032004146
自分に甘く子どもに厳しいタイプ
フラワー
2019年4月24日 8:34

トピ主さまのお母様は、自分に甘く我が子に厳しいタイプなんでしょうね。よくいます。

トピ主さまに言い続ける間は、お母様が休んでいる時に、「人に言っているくせに、ダラダラしない。」と指摘する。
自分は大変だからと正当化したら、「私だって頑張った後だから休んでいるの。自分がするなら言わないで!」と反発するもよいです。
お母様が変わるわけではありませんが、自分の本音を伝えると気が楽になります。

あるいは、いちいち面倒なので、お母様はかまわず、「まああんなこと言って〜」と流しつつ、これまで通り自宅では疲れた時は目につかないところでリラックスするのもよし。

どちらでも良いと思います。トピ主さまが、自分で考えて選択すれば良いのです。

私も外では働き者、家ではグダグダする時は思いっきりするタイプです。

また、疲れにくくなる方法は、たくさんあります。体質改善する。体質に合う漢方薬やハーブティなども良いですよ。ヨガや瞑想、マインドフルネスをする。自分に合うものを見つけて、生活に取り入れる。綺麗な公園をウォーキングなども良いですね。基礎体力が上がります。

これは大切なのですが、お母様はじめ他人の思考を自分の中に入れないことです。自分軸をしっかりして、人に振り回されない生き方をすると、身体も楽になりますよ。
自分と親の適切な境界線をつくることができると、他人との適切な境界線もつくることができて、他人の感情や思惑に影響を受けなくなり、自分らしい心を育てることができて、いろいろ楽になりますよ。

自分らしく生きることは、わがままとは違います。まずは、お母様が責めてきたら、自分の人生は自分のもの!防御!の気持ちでイメージで壁を作ってみると、ネガティブな影響を受けにくくなると思います。

母は母。私は私。他人は他人。このあたりがしっかりしてくると、疲れにくくなりますし、回復も早くなります。

ユーザーID:1328457886
気を付けていても体調は崩れる携帯からの書き込み
へいぞう
2019年4月24日 8:36

1.体調を崩す、疲れるのは、その人がだらしない(自己管理が出来ていない)からだけではないですよね。病気が隠れている場合もあるし、多忙や外的ストレス等自分ではどうにもならないこともあります。お母様の叱責は理不尽です。

2.体調を崩す=風邪をひく程度と仮定して、これは巷に情報は溢れてますが、
・うがい手洗いをする
・免疫の上がる食材を取り入れバランスのとれた食事を摂る
・疲れを感じたら休む
・しっかり睡眠をとる
・ストレスを溜めない など。
みなさん結局これが難しい。。

3.疲れが出ない方法、とはお母様に悟られない方法のことでしょうか?だとしたら1人暮らしがいちばんです。疲れを顔に出さないよう努力することそれ自体がストレスで体調を崩すのでは?1人暮らしをし、お母様の顔を心配することなく思う存分体調を崩せばいいと思いますよ。

ユーザーID:1629662603
言い訳っぽい人には辛辣になる
なな
2019年4月24日 8:44

私の母は80代ですが65歳まで男顔負けの自営業をこなしてきた人です。
物心ついたときから母が病気で伏せっている姿を見たことはほとんどありません。
刃物を使う仕事なのでよく手を切ったりしますが、それも包帯捲いておしまい。
普通だったら縫合するのが当たり前くらいの怪我でも医者に行くことはありませんでした。
なので、病気をしたり、ちょっと怪我をしてへたっていると(私は血を見ただけで貧血を起こします)
「甘ったれている」とか「我慢が足りない」「大げさ」と言われ
最終的には「間に合わない穀潰し」(今風に言うなら「つかえない奴」)って言われました。

だから、私はとにかく、どれほど大変な時も我慢してきました。
ある時、胃の痛みが中々治らず胃カメラを飲んだところ胃潰瘍寸前、と言われました。
お医者さんが「これだけ荒れていたら さぞ痛かったでしょう」と言ってくれたとき
思わず号泣してしまいそうになりました。
「私の辛さを痛みをわかってくれた人がいた!」と。
ちゃんとわかる人にはわかるんだ、と母の理不尽さを恨みました。

その一方で、そこまで我慢しなくてよかったんだ、とも感じました。


相手が何を言おうと、我慢した結果が重大な病気に繋がるかも知れません。
その時に誰も代わってなどくれないのです。
自分の体を労ることの方が大切です。

うちの母のようなタイプはタイトルに書いたように言い訳としか取りません。
良くても悪くても、相手をけなすタイプはいます。
「お母さんはそう言う人」とラベルだけ貼って、あとは自分を大切にしましょう。

ユーザーID:8549569560
お母様がもっともな一面も
2019年4月24日 10:18

体調悪くするとだらしないと言われる
体調を崩すのは 自己管理が良くないから すなわち だらしないということですね
一時期アメリカで肥満体型では出世できないとか 人格を疑われたようなことでしょうね

暴飲暴食し 不眠だからと夜更かし 専門家の指示を仰ぐ訳でもなく 世間では言われる有効な対策(エビデンスのあるもの)を試みるわけでもない人に対して、だらしないと決め付けたくなる気持ちもわかります

しかし今の世の中、上記のようなタイプで体調を崩す人は案外少ないですよね
本当に自己管理がダメで体調を崩すより 生来の体質であったり 性格によるストレスの受け方で バランスを崩しやすいという人の方が多いと思います
トピ主さんの 自分を肯定する 周りに配慮できるお人柄から だらしないというのはおそらく当てはまらない
大変 失礼なことを申しますが お母様は思慮に欠けた方という印象を受けます

体調を崩すのはだらしないから という場合がある
しかし、当てはまってない場合 だらしないと決め付けるのは余計なストレスを与えるだけ
そこに気づかない人は無知 無神経 な可能性が高いですね

また、お母様は「頑張れ」のかわりに「だらしない」を口にしている可能性もあります
いるんですよ 適切な言葉を選べない人
こういう人に会ってしまったら 私の知る対処法は2つ
1-逃げる
2-この人の〇〇は××だからと理解して 受け流す
今のところ2で対処なさっているご様子ですね

体調を崩さない 疲れない方法は
早寝早起き起き腹八分目を心がけて 適当にやってみる (適当というのが大事です)
好きなものを見つける(音楽でも 運動でも )
口角を上げる
こまめに動く(疲れるほどやっちゃダメ)
自分に合ったサプリメントを見つけておく(隣の人に合うものがあなたに合うとは限らないので 自分の症状に合わせて)
あたりかな

ユーザーID:0976050545
昔の人はね
pinoko
2019年4月24日 11:31

なんでも気持ちの持ちようで、解決するなんて迷信を信じていたんですよ。
私も子どもの頃、風邪をひいて熱なんか出したら、
「情けない、だらしない」と怒られました。

風邪だって、他の病気だって、それなりの理由があるわけだし、
疲労が溜まっていたら免疫力も落ちますから、よけい辛いのは当たり前。
その「当たり前」がわからないさ人なんだと思ってスルーした方がいいと思います。

疲れることも体調を崩すことも、誰にでもあることなので、だらしないとはいません。
ただし、日頃の生活習慣次第で改善できることでもあるし、自己管理の問題でもあります。

食生活はどうですか?ちゃんと適度に運動してますか?規則正しい生活をしていますか?
毎日ジャンクフードばかり食べ、夜中までゲーム三昧、昼過ぎに起きるようなニートなら、
その生活態度も含めて「だらしない」といわれても仕方ありません。

体調も疲れも、生活しだいでいくらでも改善できますから。
それでも体調が悪いなら、どこかに病気が潜んでいるかもしれないので、検査しましょう。

ユーザーID:5953004841
私は体が弱い
匿名
2019年4月24日 12:28

私は人より体が弱く、よく体調を崩します。
「気の持ちよう!」「病気になると思ってるからなる」とか
よく言われますが

実際20代ですでに死にかける病気に2度なり手術してるので…笑
親族も「あの子は体が弱いね〜」とかよくいいます。

で、その対応ですが、「うるさい」って私言い返しちゃう。
「疲れやすくてわるいか!」って。

ユーザーID:6625946168
だらしないね。大丈夫?
gura
2019年4月24日 12:45

と言ってみたら?

怒ったら、

え?体調が悪いのは、だらしないんじゃないの?
わたしにいつもいってるじゃない??

と言ってみたら?

ただ、大丈夫?はたくさん付け加えておきましょうね。

自分も同じ目に合わないと、何言ってるわからないんだから、経験させるしかないよ。

ユーザーID:9175591851
洗脳されないで
きり
2019年4月24日 12:50

私は、病気や体調不良を自己管理が出来ていないからだ。という意見は大嫌いですよ。
例外はありますよ。あまりに詰め込んで遊びすぎとか飲みすぎとか、そういう誰でもわかることはもちろん除きます。

体調不良にならない方法があれば私も知りたいです。
風邪を引きにくいじゃなく、引かない方法はお母様ご存知なんじゃないですかね?だからそんなに自信満々に言えるのでは。
嫌味ぽくなりましたが、主さんに対してではないので不快にさせたらすみません。

体調不良イコールだらしない、という考えはちょっと理解が難しいです。
なんとなく、二日酔いとかと一緒にしていませんか?お母様。
お母様がダウンした時に言ってやればいい。お母さんだらしないわねって。
私は頑張ってる。と言われても、そんなの知らない、周りはそんなのわからないんだから、結局だらしないよ。って。

わたしからすると、あーつらい自分は頑張ってるから可哀想、とアピールしまくるお母様のその態度の方が、主さんより数倍も問題だと思いますよ。

あまり疲れない方法、体調不良にならないようにしよう。って思い詰めるのが一番の原因になってしまいますので、自分が楽しいと思えることに打ち込むとか、お母様のその意見は取り入れないようにするとか、そういうアドバイスをします。

ユーザーID:9368022567
トピ主です携帯からの書き込み
るな(トピ主)
2019年4月25日 0:10

皆さん、ご意見や励ましの言葉ありがとうございます。

私は今、26です。今年の3月まで、学生をしていました。(大学院生でした。)両親に甘えていると思われても仕方ないですが、母親は、むしろ、まだ学生のままでもいいよ?と言っていたくらいです。お金もまだまだないですし、自立はまだ難しいです。

私はあまり、風邪をひくことはなく、ストレスや、最初のトピでも書いたように、気が抜けた時に、食欲がなくなったり、なんとなくダルい感じがします。胃痛はよくあります。

サプリメントをのんだり、友人に、体のことに詳しい方がいるので、アドバイスを貰ったりしていて、心身、変わるように努力しているところです。
ただ、運動不足は否めないので、最近はウォーキングをはじめました。

ユーザーID:2627524600
一つの可能性ですが
ミル
2019年4月25日 8:27

お母さんは、内心あなたが体調が悪いことに対して
すごく不安を持っているのではないでしょうか
いつも健康で元気であってほしい、体調を崩したりしたらどうなってしまうか…
そんなことがあってはならない!
元気なあの子しかイヤだ、元気で健康なあの子しか認められない

というようなすごい不安を持っているので
だらしない!と叱咤することで、疲労や病気の兆しを払拭できて
ただ、健康だけど、だらしないから、疲れたなんて言うんだ、と
言い換えて、自分を騙し、安心するために、そういっているのではないかと思います

自分の心の安定のために、実際は疲れている娘に追い打ちをかけているのですが
無意識なので、そうは思っていません
意識の中では、心から、すぐ疲れたなんて言うのは娘がだらしないから、と
思い込んでいると思います
それくらい、自分の心を守る力は強いです

お母さんは、何かで大事な身内を亡くしたとか、子供の頃不安定な家庭にいたとか
不安の原因になるものを持っているのだけれど
それを大っぴらに認めることができず、不安という形に収斂しているのだと思います

るなさんにとっては、そんな歪んだ気持ちを押し付けられ迷惑だと思いますが
本人は、だらしないむずめにだらしないと言って何が悪い、と心から思っていると思います
もう、心の動きのパターンが固まってしまっているのです

解決策を提示できず申し訳ないですが、可能性として探って見てください
もしそうだったら、理解するだでけ少しは助けになるのではないかと思います

それから、疲労は誰でもするものなので、無視すると体に悪いです
体調を崩さない人はいません
また、人によって体力も回復するための時間も違うので
自分の体をよく感じ、見極めて、大事に労ってあげるようにしてください
疲れたら休みましょう

ユーザーID:3038400248
それが貴女の母の価値観
とこ
2019年4月25日 14:30

私の母もそのようなタイプです。

まず早寝早起き等、完璧に生活コントロールしてれば体調を崩すはずがない。
体調を崩すのは自己管理不足からで恥ずべき情けないことという価値観なのでしょう。

かつ、疲れてもそれを見せないのが人としてのたしなみ。
周りに疲れていると思われるような態度になることが人として情けないという価値観。

まあ、昔の女の人はどんなに体調が悪くても寝込んだりせず家族のために働く、泣き言は言わないという価値観があったから、それに比べて娘は甘い、こんなだらしないことではるな本人が将来困る、将来、結婚して子どもを持ちかつ仕事をしていたら、疲れたから、しんどいからと言ってグタグタしてられない、どんなに疲れてしんどくても育児や家事は待ってくれないし仕事にも出かけないといけない、職場で疲れましたぁとグタグタした態度は取ってられない、だから今のうちからるなが情けない人間にならぬように鍛えるのが親としての務め、なんて考え方なのだと思う。

一方、自分については自分はやるだけの自己管理はしっかりやりまくりその上で仕事が過重なので体調を崩している、るなが体調を崩すのは努力不足だが、自分は十分な努力をしてなお体調を崩すぐらいの負担を負っている、そんな認識では?

貴女に厳しいのは貴女の行動が母基準で甘いからと貴女の将来のためということなのではと思います。

私もこんな母に辛い思いをさせられました。二言目には「ダラダラするな!女がこんなことでどうする?結婚したらどうする?旦那さんに家事でもさせるつもりなのか?!」

で結婚後、実際自分の予想に反して夫にかなり助けてもらうハメに。夫は「人間、体質、体力差があるのだから仕方ない、君は無理し過ぎ」という認識。
「母にダラダラしてるからしんどいんだ!と言われた」と言うと、夫は「それは逆。しんどいからダラダラせざる得なかったのだろう」。

ユーザーID:0337522177
お母さんに支配されすぎ
ミル
2019年4月27日 14:52

一番基本的なことは
誰でも、疲れて体調を崩したり
自分がほっとしたい時に気をゆるめてぼーっとしたり
ストレスを感じた時に食欲が落ちたりすることは
全く自然なことだということです
それを、批判したり、裁いたり、責めたりする権利は誰にもありません

それが基本です

子供ではないので自分の体調管理は自分の仕事ですよね
文句をつける権利は、親にもない
何より、体調が良い時ばかりでないのが普通の人間なので
それを責めることは理不尽
時々ちょっと疲れたからのんびりしたい、と思うのは当たり前
それで親に迷惑をかけているわけでもないのに
疲れた姿を見せられないと思ってしまうほど支配されているんですね
今日は疲れた〜、ああシンドイ、もうクタクタ〜なんて誰でもいいます
それを、言うなと責める権利、裁く権利は誰にもないです

あなたの母親は
迷惑をかけられているのでもなく、悪いことでもないそんな事を
その権利もないのに、裁く事で
あなたを暗くさせ、責められたくないばかりに疲れも隠しと、一種のパワハラを行い
あなたの自分の体調をコントロールする権利を侵害してる
と言えます

私が疲れているのは、だらしないからじゃない
勉強が忙しいから、季節の変わり目で体が不安定だから、風邪をひいたから、生理だから
ダラダラしてるのは、論文を書き上げてホッとしてるから、試験が終わって解放されたから
今、特にすることがないからゆっくりしたいから
と言えない関係はおかしいです

あなたが普通のことをしているのに、いちいち親に言い訳しなければいけない
と思う関係はとても歪んでいます

ユーザーID:3038400248
 
現在位置は
です