不妊治療のモチベーションについて

レス5
(トピ主1
お気に入り6

妊娠・出産・育児

So

結婚2年目、29歳専業主婦です。
旦那(36歳)が軽度男性不妊のため、半年前から不妊治療を開始しました。
(自分側は、検査上問題なしと言われています)
大学病院の不妊専門センターに通い、人工受精2回目でリセットしたところです。

主治医の方針で、人工受精を5,6回続けた後は、ステップアップになるそうです。
若いから焦らなくて大丈夫ですよと言われますが、なかなか気持ちの切り替えができません…
旦那は優しく治療にも協力的ですが、リセットすると毎回悲しそうにしていて、私も落ちこんでしまいます。
旦那は実の兄弟を若くに亡くしていて、子供を強く望んでいるので尚更申し訳なくなります。

もちろん、もっともっと大変な思いをしている方が沢山いらっしゃるのも承知しています。
ただ、治療がいつまで続くのがわからなくなり戸惑っている状態です。
治療中の方にはまだまだ甘いと言われそうですが、これからも続けるにあたり、気持ちの切り替え方などアドバイス頂きたいです。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:4667182563

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
  • 気長に待ちます

    こんにちは。不妊治療をして子供に恵まれたものです。私は男ですが、妻が不妊でして2年ほど治療を行いました。
    毎月毎月行っていて難しさと悲しみ、普通の人は簡単にできるのにという良くない感情も抱いた事があります。
    そんな私が子供に恵まれたのはこのチャレンジを最後にして違う方法を試そうとしていた時でした。
    当時、こんだけやったのだからこの方法では無理だよねとか、できなくて当然というか本当に些細な事ですが、気楽に構えていたと振り返って思います。あんなに欲しかったのに、できるはずがないと口にしていたタイミングで出来るなんてと良く笑い話になります。

    前置きが長くなってしまいましたが、そんなに気を落とさない様にするのが一番です。
    お互いに不妊などではない人でも妊娠の確率はそこまで高くないのですから、一度や二度でクヨクヨしない事です。

    とってもとっても難しいですが、気を楽にして、1ヶ月休んで旅行に行ってまたチャレンジするぐらいの余裕があった方が良いですし、絶対確率が上がると経験上思います。

    子どもは授かりものだと良く言ったものです。
    前向きに諦めず頑張ってください。

    ユーザーID:8898213602

  • 体外は早いような

    顕微授精で妊娠しました。

    女性の卵子と子宮の状態が良ければ、体外受精をすればわりとすぐ妊娠します。

    その反面、女性側に問題がなくても卵子の状態なのかなかなか妊娠しないこともあります。(私がそうでした)

    ただ、その日の体調もあるし、そうそうに高度治療に進むことはないし、しばらく自然に任せてもいいと思いますよ。

    高度不妊治療はほんとうに女性の負担が大きいです。

    ユーザーID:1930179207

  • 10歳年上です

    出口が見えない、どんなに努力したところで、お金をたくさんつぎこんだところで結果がついてくるとは限らない。不妊治療で本当に精神的につらいのはそこですよね。

    1つ気になったのが旦那様が「協力的」で、リセットすると悲しそうにし、トピ主さんが「申し訳なく」なるというところ。治療は夫婦ふたりで行うもので、妻が行うのを夫が協力するというスタンスは違うと思います。うまくいかなくても、トピ主さんが申し訳なくなる必要はありません。かといって原因のある旦那様を責めろということではなく、子供が欲しいのは夫婦の意思、治療は夫婦の共同プロジェクトです。リセットになったとき、悲しいのは分かるけど、その気持ちを妻に伝染させて落ち込ませるのではなく、お互いに前向きになれるように、モチベーションを二人であげていくことが、大事ではないでしょうか。

    私は治療によって夫との絆、夫婦の愛情がより深まったと実感しています。大変なことを夫婦で一緒に乗り越えてきた、その歴史は無駄ではない、これからもきっと私の心に力を与えてくれると。

    具体的な気持ちの切り替え策としては、私と夫は夫婦で楽しめること、子供がいたらできないこと、例えば二人でトレッキングに行ったり、スノボしたり、小旅行に出かけたりしてリフレッシュしています。また、個人的にはランニングが趣味なので、生理がきてしまったら(体調が安定してからですが)外に出てどんどん走ります。治療中はランニング禁止なので、「仕方ない、次の治療まで、今しかできないことをしよう!」という気持ちです。

    トピ主さんも旦那様との時間を大切に。子供がいない今だって、不幸なわけじゃないでしょう?今の幸せを楽しみ、心と体を休めて、また次の挑戦へ夫婦手を取り合って向かいましょう。

    ユーザーID:5768921238

  • あなたが若いうちに体外受精を

    あなたが若いうちが勝負です。

    34過ぎたらがくっときます。

    妊娠は卵子の力が大事です。

    体外受精で一気に妊娠しましょう。

    頑張ってください。

    私は、そういってきた女性医師のアドバイスを蹴って

    ひたすら人工授精をしていて失敗しました。

    結局39歳で体外をして、40歳でやっと子供出来ました。

    もっとはやめに体外に行っていたらと後悔しています。

    卵子はすぐ老います。

    旦那さんが少ないなら、あなたが若いうちが勝負です。

    ユーザーID:9795607973

  • 皆様ありがとうございます。

    皆様優しいお言葉ありがとうございます。
    治療経験や授かるまでの経緯など、とても参考になりました。
    改めて夫と話し合ったところ、
    私がそこまで悩んでいたとは思わなかったらしく、謝ってくれました。
    夫も色々考えてくれていて、お互いに誤解があったこともわかりました。

    また、体外に進んだほうがいいというご意見もありがとうございます。
    もし人工で駄目だったら…なんて弱気になっていたのですが、
    もう30歳になりますし、早めにステップアップするべきだと覚悟ができました。
    主治医には、あと3、4回人工受精をして授からなければ、すぐ体外に進みたいと伝えました。

    授かった皆さんのお話、励みになりました。
    もし高度治療に進んでも、夫婦で協力して頑張っていこうと思っています。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:4667182563

レス求!トピ一覧