還暦を迎えてもう一踏ん張り

レス8
(トピ主1
お気に入り6

家族・友人・人間関係

だんご3兄弟の母

3人の息子の子育てを終えて、今春遂に還暦を迎えました。
去年の今頃この春に退職をするものとして、職場にも伝え退職に向けて後任の新人職員の教育に努め、夏位にはその道筋も立っていました。
それが、秋になり期待していた新人職員が結婚し更に体調を崩し急遽退職することになってしまいました。私は専門職でその職場には専門職の定員数があるので、私が退職をすると欠員が出てしまい、また急遽求人を出して採用しても、引継ぎや育成期間の必要性から施設長から退職延期を打診されました。
定年も65歳までの延長が可能となっているので、私に仕事を続ける意思と意欲があればということで決心を委ねられました。

少し悩みました。体力的に夜勤を続けられるか、気力的により責任が重くなるであろう職責を果たせるか、新しい仕事内容に挑む意欲があるか、、、

結局は、新年度からの新しい職責を担ってのスタートを切ることになりました。
今までの専門職とは別に、仕事しながら50代過ぎてから取得した違う分野の
国家資格を活かせる職責です。
本当なら50代のうちに担いたかった分野で、でもその時には前の専門職の定員が足りない為に別の人が担当していました。
実は施設長からはいずれ任せたいと言われてはいたものの、上記の理由でそれは
叶いませんでした。少しずつは関わって今までも仕事してきているので、その責任者となる職責の重さも実際大変な仕事なのは重々わかっています。
でも、やってみたかった。正直辞令を受けた時は、今!?と思いましたが、
そのすぐ後にドキドキしながらもワクワクしている自分がいました。
還暦になってから、新しいことに挑戦する機会を与えられた、自分に期待してもらえたことが嬉しかったです。
悠々自適の老後生活の前に、もうひと踏ん張りです。

ユーザーID:4603467327

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 頑張りましょう。

    私もあと二年で還暦です。

    40代の頃は60才で仕事やめると思ってました。

    けど肉体的にもまだいけるなぁと感じております。

    トピ主さんのようなスキルはないですが、退職後のやりたい事はお預けにしようと思ってます。

    私なんて70才まで働くつもりです。

    60才はまだまだ若いと感じてるアラカンです。

    ユーザーID:7345545897

  • そう、まだまだやれるわよ

    連休前で忙しく昨日は徹夜でした。

    今日もこれから仕事です。

    子供も連休で帰って来るのにバタバタしてます。

    今週はベッドに寝られません。

    そんな状況で小町へ立ち寄るのがほっとするひとときです。

    互いに頑張りましょう、仕事してた方が若々しくいられます。

    ユーザーID:3670093157

  • 新人さんは可哀そうだけど

    新人さんでこれからって時に、体調を崩して一時休みや休職でもなく急遽退職とは可哀そうですね。ほんとの理由はどうだか、旦那さんと遠方へ引っ越しか、専業主婦になるのかしらとか思えて、余計なお世話ですね。

    還暦過ぎて新たな職責で働く方が居る、一方で新たな職場に来た間もなく辞めざるを得ない方も居る。

    所詮は他人事なんだけれど、前向きに社会で活躍できている方々を見ると、自分ものほほぉんとしてられないなぁと刺激されます。新たな事始めを考えよっと。。。

    ユーザーID:0764627619

  • そこで辞めたらかっこういいのに

    貴方のような人が多くなりましたね。

    要は、会社に飼いならされた人です。

    そのような状況で貴方が辞めても代わりはいくらでもいるし会社はなんとか

    いくものです。

    それを会社に恩を売るように居残る人です。

    会社辞めても余程することなのでしょうね。

    辞めるのを先延ばしするほど、辞めてからすることがなくなりますよ。

    ほどほどに!

    ユーザーID:3215159390

  • これからです

    私は60代前半ですが、去年それなりに難易度の高い国家資格を取りました。
    個人での開業なので定年はありませんが、75歳ぐらいまでは現役で走ります。

    年齢で自分の可能性をあきらめたりせずに、いつも上を目指して頑張ることは、
    心も体も若くいられる秘訣です。(笑
    人前にも出ることが多いので、スタイル維持も心掛けています。
    身も心も、いい意味での『緊張感』って大事です。

    まだまだこれから・・・人生100年時代になりました。

    ワクワク、ドキドキしながら、好奇心と向上心の赴くままに、
    さらなる成長を目指して、お互いに頑張りましょうね。

    トピ主さん、素敵なトピを有難うございます。

    ユーザーID:5479362109

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • あらあら

    >辞めるのを先延ばしするほど、辞めてからすることがなくなりますよ。


    辞めなくても出来る事は沢山あります。

    辞めてからする事がない人は現役の時にバランスとって
    趣味を楽しんでこなかった方でしょう。

    ワークライフバランスで人生楽しんでますよ。

    ユーザーID:3670093157

  • がんばってください

    新しい職責を任されて意欲的なトピ主さんは、とても素敵です。

    私も同世代有職女性です。75歳くらいまで働こうと思っていましたが、先日職場でごく些細な出来事が起こり、長く働いてもいいものかと考えさせられました。還暦を迎えた女性が、周りに違和感を与えず迷惑をかけずに働くことは、容易ではありません。

    話は変わりますが、フェリシモさんのレスに勇気づけられました。60代前半で「それなりに難易度の高い国家資格を取得された」とのこと。私も長く続けてきた語学で目指したい資格があるので、もうひとがんばり・・と思いました。トピずれ申し訳ありません。

    ユーザーID:3988489264

  • 60代の皆様の元気さとやる気を感じて自分も頑張ります

    皆様、応援ありがとうございます。
    60歳はまだまだ現役で頑張れる年齢だと改めて
    気合を入れようと思います。
    夜勤でぐったりして帰ると、もう限界かなと
    弱気になるのですが、仕事そのものは遣り甲斐も
    感じており、その苦労により得られる収入は、
    生活に余裕を与えてくれます。

    先日思いがけずに自分用の車を自損事故で廃車処分にする事態に
    なり、急な物入りでも、働いている間は必要経費かな?と
    思って軽の車を購入する決心に繋ぐことが出来ました。
    実は、定年を60歳で考えていたのは、長期の休みが現役のままだと
    取り辛く、未だに海外旅行の経験がありません。
    スイスやカナダの自然豊かな国でトレッキングをしたり、
    北海道を1ヶ月位掛けて車中泊をしながら夫婦二人でのんびりとした
    旅行をすることが子育てを終えてからの夫婦の夢でした。
    トレッキングをする体力があるうちにしようと、それで60歳定年を目安に
    していました。
    2泊程度の休みを利用した軽い登山などのトレッキングはすでに50代の初め頃から実行しています。信州の山々は色々と登りました。
    でも、海外旅行も10日以上の休みとなると、夫婦そろっての休みは難しかったです。現役のままでは叶いませんでした。
    でも、気持ちを切り替えて、年齢がいっての旅行になった時には資金に余裕が出来る分、少し贅沢に体に楽な旅行を考えればいいかと思っています。
    まずは、仕事を頑張ります。

    ユーザーID:4603467327

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧