わたし、定時で帰ってました

レス30
お気に入り39

子なし専業主婦

働く

こんにちは、子なし専業主婦です。数年前に結婚し、夫の転勤先についてきました。

タイトルは、今話題のドラマ「わたし、定時で帰ります」をもじってみました。

以前の仕事は、業務量は少なくなかったですが、なるべく定時で帰れるように工夫していました。(資料を整理したり、物の配置を変えたり等、小さいことです。が、効果あります)


その職場には、日中ペチャクチャおしゃべりして、夕方頃突然デスクに向かい出す同僚がいました。

それで「毎日残業、忙しい忙しい」が口癖です。まるで会社をブラック企業扱いですが、他の社員は私含めほとんど定時で帰ってましたから、異常ではないはず。

繁忙期で業務が多すぎるときは、上司に掛け合って他の人に引き取ってもらったり、納期を変更することもできたので、むしろ融通のきく職場だと思ってました。

皆さんの周りにも、働き方改革(環境)ではなく、本人の意識改革が先じゃない?という人はいませんか?

ユーザーID:2726222963

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数30

レスする
  • トピ主です。

    トピ主の子なし専業主婦です。
    ご意見ありがとうございます。まとめてのお返事で失礼します。

    「同じようにそういう残業ワーカーが周りにいる」というお話には、やっぱりそうなのかと思いました。どこにでもいるんですね。

    そして、皆さん、きちんと日々の業務を淡々とこなしてらっしゃる。尊敬します。


    また、はちみつさんの

    >むしろ仕事のクオリティを高めすぎない、
    >サービス過剰にしないといった意識改革は、
    >何かと緻密な仕事をしようとして注力し勝ちな
    >日本の働く人には必要だと思います。

    虹色さんの

    >残業しなきゃいけない仕事もあるだろうけど、
    >必要ないのに会社にいるだけの人が今でも大勢いると思います。
    >プライベート、ないんだろな。

    こういったご意見にも同感です。


    それで、私目線で、残業ワーカーをざっくりと3タイプに分けてみました。

    その1、頑張り過ぎちゃう人
    その2、残業代稼ぎたい人
    その3、プライベートなくて暇な人

    1の人には働き方改革で環境を良くしてあげることが必要と思いますが、2と3は本人達次第という気がしています。


    2の人は、安い基本給のせいで残業代を稼ぎたいのかもしれませんが、そもそも会社がその程度の能力だと判断したのであって、納得できないなら条件の良い職場に転職すればいいと思います。

    3については、つける薬はないかもしれない、、、趣味が仕事って人は一定数いるんじゃないでしょうか。



    今、日本に、どれだけ「普通の」働き方して、それに「納得」しているのでしょう。働き方改革がちゃんと、困っている苦しんでいる人達のために機能してくれるといいなと思います。

    引き続き、ご意見お待ちしております!

    ユーザーID:2726222963

  • トピ主です。ご意見ありがとうございます!

    引き続き、様々なご意見をありがとうございます。
    今後社会復帰する時の、自分自身の働き方の参考にもなります。

    さて、補足説明いたしますと、私の職場にも残業申請はありました。

    ですが、ザル申請と言いますか、、、上司は後からハンコ押してたし、その残業ワーカーさんの雰囲気にのまれて、他の人はもう何も口出しできない感じでした。

    ああ、なるほど、だからこそ、

    本人の意識改革も必要だけど、そもそもザル残業できない仕組みが必要ですね。

    見てきた業界は一つではないですが(もちろん全てでもない)、同じ業界内でも定時に帰る人帰らない人がいましたので、どこの業界にでも個々の能力の差、時期的な差は、あると思っています。

    (まあ、救急医療やマスコミの最前線なんかは、定時はあってないようなものですね。急患です!って時にドクター帰れないですよね。台風きてますって時にカメラマンが今日午後休なんでとか言えないですよね。それと、窓口にお客さんがまだ並んでる時は無理か。海外だと「はい、今日はここでおしまい」って閉店前からシャッター半分下ろす国もあるらしいです。日本もそこまでやるか!?)

    組織内で仕事量がピシッと平等というのは、単純作業(入力だけ、決まった数量運ぶだけ)くらいではないでしょうか。

    私が抱え過ぎていた時、その時期ヒマな同僚に振り分けてもらいました。逆に私が繁忙期を過ぎたら、忙しい同僚から業務を引き取ってました。

    だから、基本の業務量に差があったとしても、柔軟に対応すれば働き方は改善できると私は思っているのです。

    抱え込んで負担してしまった方が稼げてしまう(目先の利益ですが。長期的にはどうでしょう。自分の時間を売っているわけだから)、そういった矛盾をなくしていけたらいいなと思います。samさんがおっしゃるように「のんびり残業してる人の方が給料が高い」って、なんだかなあ。

    ユーザーID:2726222963

  • ローヴィーさんへ

    大変だったんですね、、、
    ローヴィーさんの場合は
    その1、頑張り過ぎちゃう人
    に該当すると思うので、残業代目当てじゃないでしょ。

    ローヴィーさんは寿退職とのことで少し事情は異なる部分もあるでしょうが、頑張らざるを得ない状況が続き、もう限界だーとなって辞める人がいるのは、会社にとって大きい損失ですね。

    ちなみに、私はもっと前の職場ではそのパターンで退職したので(残業100超)、二度と無理はしないぞと心に誓っております。

    ユーザーID:2726222963

  • トピ主です。

    皆さん、引き続きのご意見どうもありがとうございます。
    色んな体験談を読んで、様々な職場と人間模様があるんだなと思いました。私の認識出来ている「働き方」なんて、ほんの一部です。

    日中の勤務時間内に真っ当に働いてる人が、正当な対価を受けられる社会になりますように。

    生活残業ワーカーの意識改革は、それが出来てしまう環境が整ってる?時点で無理そうですね。

    ユーザーID:2726222963

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧