• ホーム
  • 子供
  • 自分が妊娠中 ペットが抗がん剤治療していた方

自分が妊娠中 ペットが抗がん剤治療していた方

レス2
(トピ主0
お気に入り17

妊娠・出産・育児

むーさん

自身の妊娠中に、ペットが抗がん剤治療していた方いませんか?
今妊娠5週目になるのですが、愛犬がちょうど着床時期から抗がん剤治療をしています。病名は消化器型悪性リンパ腫、高グレードです。
2週間に一度、病院で抗がん剤投与を受けて自宅で過ごしています。
病気でやせ細り、薬の影響で脱毛も激しいです。
ご飯もあまり食べずなのでペースト状にしたものをシリンジで強制的に口を開けさせてあげるときもあります。抱っこが安心するのか、抱っこするとお腹の上でそのまま寝ます。寝るときも一緒ですし、あまり目を離したくなく、ほぼ一日中一緒にいます。(買い物などあるときや子供を遊びに連れていくときは1〜2時間お留守番させたりはあります。)
ふと、お腹の子に影響はないのか?抗がん剤の曝露は大丈夫か?心配になりました。
もし同じような状況になったことがあるという方がいれば、
お腹の子は大丈夫だったか?
どのように過ごしていたか?(常にマスクしていた、など)
教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:4367235757

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
  • 何%の確率

    何%の確率で完治するのですか?しない場合は、やはり子供を選択すべきでは?金銭がある場合は、入院させる。初期の妊娠中で、病気の犬の看護は、やめたほうが無難でしょう。

    ユーザーID:1434566747

  • 0%ではないでしょう

    薬を飲ませる時と嘔吐物や糞尿に混じる抗がん剤からの曝露は0%ではありません。
    0%でないことは確実です。
    微々たるものであっても染色体に影響がない場合と有る場合があると思います。

    妊娠中の看護師は、担当を変える病院もあります。
    ただ、一般人が見られるような詳細なデータはないでしょう。

    一番危険なのは、錠剤のままでは飲めないからと、手でくだいて割って飲ませる場合です。
    近くにいる人の鼻や口から微量ですが入ります。
    傷があれば皮膚から。
    ただ、それもどれぐらい曝露しているかのデータはないでしょう。

    私なら、妊娠中に自分の身とお腹の子の危険を顧みずにできるのは、夫のみです。
    いくら可愛くてもペットにはできません。

    ちなみに、もし末期ガンなら、緩和ケアのみで治療はしません。
    老化による心臓疾患などもしかり。
    高齢犬を一日置きに病院に連れて行き老化による持病の治療をする人もいますが、私なら寿命だと自然に任せます。

    ユーザーID:7126573262

レス求!トピ一覧