現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

副業か転職か 携帯からの書き込み

まある
2019年4月28日 4:58

地方で営業事務をしている契約社員50歳女性です。
副業するか転職するか迷っています。

社内規則で、兼業の制限という項目があります。
他に雇い入れたり、事業を起こしたりして業務に支障を来たしてはならない的なことが書かれています。
同じ立場で副業している人がいるようですが、黙認されているようです。

今の職場は大手の子会社です。
勤務時間は9時〜17時で残業も休日出勤もありません。
年間休日は有休も入れると150日以上あります。契約社員は有休が取りやすく、ほぼ希望通りに休めます。
交通費ボーナス込みで、年収250万円です。月々のお給料は手取り12万位です。

母子家庭で子供中心の生活でしたので今までは、お給料は安いけど条件は良かったので約10年勤めてきました。
今春子供が大学を卒業して都心に就職したので、時間に余裕ができました。

学費の借入金の返済が数百万あり、親も高齢で今後介護しなければいけなくなる可能性も高いので、今のうちに沢山稼ぎたいと思っています。子供の就職のさい、予想以上にお金がかかったので貯金も殆どありません。
私が幼少時に父は他界していて、母は自営業をしてきました。
年金額は毎月8万円です。

私の今の収入ですと、切り詰めて節約してもなかなか貯金できません。

みなさんが私のような立場だったら、副業しますか?転職しますか?

今の職場の人間関係は、若干嫌なことがある位で許容範囲です。
業務に関しては、毎日同じようなことの繰り返しで、かなり暇で楽だと思います。これ以上のスキルアップも望めない生ぬるい環境です。やりがいも無いです。

転職先は税理士事務所の正社員を考えています。
就業時間は8時半〜17時半で月の残業が10時間ほどあるようです。年間休日120日。
初年度年収は280万円位で、今より30万アップします。
他に住宅手当等の各種手当もあります。

ユーザーID:7824112423  


お気に入り登録数:4
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:2本


タイトル 投稿者 更新時間
あまりわかりませんが
チュン夫
2019年5月2日 16:41

現在が大手企業の子会社で楽な環境であれば、仕事に対して給与が恵まれている可能性もあります。

各個人の業務分担もきっちりしているかもしれません。

小さな税理士事務所なら、人間関係が良くなければなかなか続きませんし、所長(税理士)の人柄にも影響されます。

限られた人員で回しているのなら、残業や休日出勤は繁忙期に多くなる場合も考えられます。

資格がない「事務」でも、いわゆる「なんでも屋」になり、いろんな雑用もあるかもしれません。

今の職場の人数にもよりますが、極端に小人数の職場に移ると、業務範囲が広すぎて今までの職場とのギャップに驚く場合もあるようです。

転職するのなら、単純な金額比較や待遇比較だけでない部分もできるだけ勘案し、何か想定外があるかもしれないという覚悟をする必要があります。

副業ならその心配はありませんが大幅な収入アップは難しい場合もあります。

「何があっても、なるべく後悔しないで頑張る」と覚悟して、思い切って飛び込む勇気があれば転職を。

そうでないなら、副業が良いのでは。

ユーザーID:2885991731
まずは相談してみれば?
エス
2019年5月5日 1:33

 転職は大なり小なりリスクはあります。若い人ならば改めて再転職という手もあるかもしれませんが、失礼ながら微妙な年齢ですし、個人的な事情も考えるとリスクは無視出来ないと思います。

 昼食の休憩時間を1時間とすれば現在は一日7時間労働。新しい会社だと8時間労働と1割以上の増加です。1割程度の給料アップでは年間休日数の減少も考えると時間単価は下がってしまいます。各種手当ての分を含めると実質的にどの程度になりますか?残業費で稼げる期待もあれば、時間だけをとられる場合もあります。もう少し自分の希望に照らして新しい会社の待遇を冷静に見てはいかがでしょうか。入社前に見えている部分だけでトントンであれば、人間関係など入社後に分かるデメリットの分がリスクになりますよ。

 また就業規則違反は懲戒の対象です。無許可での副業は、現在の収入と再就職の可能性の両方を同時に失う可能性がありますからお薦めしません。

 ただし副業禁止は多くの会社で定められているルールですが例外が認められる場合もありますよ。あなたは黙認と思い込んでいますが、副業をしている人の何割かは許可を取っている可能性があります。諦める前に相談(質問)をしてみてはいかがでしょうか。副業禁止の目的は通常、「本来の業務への支障」と「企業秘密やノウハウの漏洩防止」「企業イメージへの悪影響」です。疲労面や勤務時間、情報管理上の問題、会社のイメージへの影響などがない副業を具体的に見つけることが出来るのであれば、副業が必要な自分の事情を付け加えた上で「この副業の許可は貰えないか」と相談をしてはいかがでしょうか。
 私の会社でも副業は禁止です。でも、ほんの一部ですが副業の許可をもらっている人がおりますよ。

 転職のリスクを選ぶ前に、ダメ元で相談する価値はあると思います。
 その上で考えてみてはいかがでしょうか。

ユーザーID:4939412573
 


現在位置は
です