現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

理系国立大の講師との恋愛について。 携帯からの書き込み

chuu
2019年4月29日 20:14

初めて投稿させていただきます。

昨年の7月からご縁があり9歳上の理系国立大の講師とお付き合いしています。

論文執筆、研究、授業、学会、出張と常に多忙を極めています。
クリスマスはおろか、年末年始でさえも仕事に没頭していました。
週一回は会える時間を作ってくれているので、あまり不満はありませんが、いつかは同棲・結婚も視野に入れております。

ですが、そう簡単には行かず、彼は自分の自由奔放な生活リズムに付き合わせるのが申し訳ないと言っており、同棲・結婚はまだまだ程遠いと感じております。
彼が次の大学へ転勤するまではとりあえずお互いに今まで通り過ごしていこうかなとも思っています。

そこで大学講師(または大学教員)と同棲・結婚をして感じたことやメリット、デメリットはありましたでしょうか???

拙い文章で申し訳ありませんが、ご回答頂けると嬉しく思います。

ユーザーID:1746634155  


お気に入り登録数:48
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:38本

このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました。
タイトル 投稿者 更新時間
孤独を愛し孤高に生きる
孤独な主婦
2019年4月29日 21:36

あなたが孤独を愛し、孤高に生きることができるかが結婚生活する上で鍵となると思います。
理系、となると実験やゼミ、フィールドなどがあったりして人生の大部分を仕事を占め、彼はいわば大学と結婚しているようなものです。

なぜなら、他のサラリーマンと違って、趣味、好きなことを仕事にしているからです。
飽くなき好奇心、のめり込む集中力、研究への情熱、これらは彼女、妻としては尊敬するものの、一緒にいて寂しさを強烈に感じます。

ですから、始終彼のことが気になる、そばにいないと辛い、苦しい、なんでも彼と話し、時間を共有したい、といった依存型のタイプなら本当に辛い結婚生活だと思いますよ。
彼を応援し、サポートし、私は私で人生を謳歌するくらいの気構えでないと。
大学教員の妻なんて。

ユーザーID:1308820477
情報不足
一応は大学教員
2019年4月29日 21:39

「理系国立大の講師」とのことですが,専任講師・非常勤講師のどちらですか?
前者は最近あまり見かけないこと,後者は講義担当のパートタイマーのことなので,
ちょっと気になりました.

また,「彼が次の大学へ転勤するまで」とありますが,
次はもう確定(=転勤先の大学の会議で決定)しているのでしょうか?

若干危うい(トピ主さんが,大学教員についてあまりご存じない)気がします.
可能な範囲で情報を追加頂ければ,もう少し具体的なアドバイスができるかもしれません.

ユーザーID:4523031354
うーん・・
トレジャー
2019年4月29日 21:41

講師と言っても専任講師、非常勤講師、任期付講師と様々ですね。
次の大学を探すようなので、任期付講師かもしれませんね。
5年契約、更新不可など。

専任を取れなければ5年単位で全国を転々とする可能性もありますよ。
また自分の専門分野の空きが出ないと暫く非常勤講師で食いつなぐ!なんて場合もありますし・・。

独身なら非常勤で食いつなぐ事も可能ですが、結婚は中々難しいですからね。

また国公立大学の方が私大に比べると収入は低いですよ。

彼のステイタスを教えてもらう事ですね。

ユーザーID:9359160716
情報不足で申し訳ありません携帯からの書き込み
chuu(トピ主)
2019年4月30日 6:53

任期付き講師だと思います。
前回は東京の私立大に3年勤務し、去年の春に今の国立大に転勤してきました。
理系と明記しましたが分野は医学です。

私自身あまり彼の仕事について知らないのは事実です。
どちらかと言えばあまり触れたくないというか、大学講師という肩書きが好きで付き合っているわけではないのでしつこく聞いてしまえば何か気に触るかなとも思いました。

これを気にもう少し彼の仕事について学んでみようと思います。
みなさんレスありがとうございます。

何かアドバイス頂けると嬉しく思います。

ユーザーID:1746634155
うーん。携帯からの書き込み
リリス
2019年4月30日 6:56

講師の妻の友人曰く
デメリットは
低収入である事。
もう50代なのに彼女はまだまだ働いていかなくては、ときつそうだ。
今の夫(講師)と結婚して彼女は凄く老けたと思う。

ユーザーID:0581415396
常勤か非常勤かで大きく異なる携帯からの書き込み
ぬこ
2019年4月30日 10:18

そうですね。
他の方のレスにもありますが、彼がどういう立ち位置の「講師」なのかによります。

普通の大学教員(常勤の助教、准教授、教授)であれば、相手は研究、教育とほぼ休日のない生活を送るので、自分の趣味や没頭できることをつくって、精神的に相手に依存しない関係をつくることが大事だと思います。(それができずノイローゼ気味になった奥さんを知っています。)ただ、経済的な心配はまずありません。

非常勤講師や任期付き講師であれば、悩むポイントは全く異なります。つまり、この人は常勤職につけるのか。分野にもよりますが、常勤職につげず、15くらいの大学の非常勤講師を60歳くらいまで続けている方もおられます。子どもが2人くらいいたりして、その場合は奥さんの収入の方が高かったりします。つまり、この人が万が一常勤になれなくても、愛しているから、尊敬しているから、自分が経済的にも精神的にも支えていける覚悟があるか、ということも含めて検討する必要があります。

その彼氏がどの立ち位置になるか、よく検討されるといいと思います。

ユーザーID:3086690898
将来のことを教えてもらう
May
2019年4月30日 10:23

大学の正規教員を目指し、任期付き講師やポスドクをしているひとはそこそこいます。

ひとくちに「理系講師」と言っても、斜陽な業界もあれば脚光を浴びている業界もありますので、彼に「今の講師の任期が切れたらすぐに次は見つかるものなのか」「正規教員になれそうな可能性はどのくらいあるのか」などを聞きましょう。結婚まで意識している相手ならアリな質問だと思います。

実際、一生講師(非正規雇用)から抜け出せない人もいます。正直、出身大学によってかなり違いがあります…。旧帝大以上じゃないとほぼ無理、東大京大ならそこそこ可能性が出てきます。

彼が次の大学へ転勤、とさらっと書いてありますが、世界中どこになるかわかりませんよ。外国もあり得ます。外国といっても研究内容によっては発展途上国の場合もあるでしょう。

また、年末年始が無いのは当然です。私は理系の大学院を出ていますが、学生時代に「お盆に5日実家に帰るつもりだ」と先輩に言ったら怒られ、3日に短縮させられました。学生でもこんな感じですからね、そういう業界です。

非正規雇用だと経済的には不安定です。任期制講師を続けるなら5年くらいの単位で引越しの連続でしょう。それこそ北海道から沖縄なんてこともあり得ます。それについていくならあなたのキャリアは望めません。それでいて薄給なのでパートなどは続ける必要があります。子どももずっと転勤族の子として全国を転々とします。もしくは単身赴任です。

それでも講師の口があればいいほうで、研究だけで食べていけなくて、塾の講師や家庭教師をする人もいます。

なかなか厳しい道ですよ。非正規雇用の人は結婚しない(できない)人もたくさんいます。

ユーザーID:3299673894
医系はいろいろ大変
みみ
2019年4月30日 11:15

メリット・デメリットを考えている時点で、その方との結婚は考えない方が良いのかも。
相手が本当に好きだったらいろんなことはあまり気にならないけど、そうでないから気にしているわけでしょう?

身内に似たような立場の者がおりますが、トピ主さんが書いていらっしゃる通り、診察、論文執筆、研究、授業、学会、出張で本当に忙しそうです。家(書斎)は壮絶な散らかりよう。帰宅したらすぐバタンキュー。
家族でのお出かけでも常にパソコンをパタパタしてます。
もしあなたが依存体質だったら耐えられないかも。
子どもができたら、ほぼワンオペです。

私は文系の大学教員ですが、同じ大学勤めでもこんなに状況がちがうんだなあと見ています。
私学の文系では比較的昇任も容易ですが、医系はかなり難しいです。

ユーザーID:8259106107
トピ主さんが養う気、ありますか?
ochapi
2019年4月30日 11:54

大学教員の結婚パターンって2つあって、

(A)大学での常勤職が決まる前に結婚して、配偶者に養って貰いつつ研究。
(B)大学での常勤職が得られてから結婚。

任期制の講師ということだと、「次の職」があるとは限りません。また、次の職が現在の職場の近所である保証もありません。今結婚するならパターン(A)になるので、「トピ主さんが一家を支えるくらい稼げる」かつ「彼氏がうまく就職できなかったら一生養ってもいい」が成り立たないと難しいでしょう。彼氏の優秀さと運次第ですが、結構なバクチです。そこまでトピ主さんが思い切れるかどうか。

(B)については、大体晩婚になります。トピ主さんが待ちきれるかどうかという話になってきますし、お見合いで結婚しちゃう人も多いので、トピ主さんは選ばれないかもしれません。

ユーザーID:9954363091
経済的に大変かも
2019年4月30日 12:32

他の方も書かれていますが、一番大事なのはその経済力の不安定さです。
私の父の知り合いの息子さんが東大を出て文系の研究者になっていますが、収入としては「任期制の講師」なので結婚した後家計は同じ大学を出て一般企業に総合職として就職した奥さまが支えていました。
任期制の講師と言えばアカデミックな感じがしますが、要は契約社員と一緒ですから。

最近その息子さんが私大で無任期(任期で失職しない)の職を得たそうです。
親が亡くなって以来あまり付き合いのなかった私にまで年賀状で報告を頂いたので、よほど安心したんだなと思いました。

ユーザーID:2112590149
うーん
くま
2019年4月30日 13:45

そもそもメリットデメリットという目線でしか考えられないなら無理では?

こういう男性って恐らく好きなことを仕事にしている。

つまり、トピ主さんの都合に合わせて自分を変えることはしないということ。

将来にわたりこの男性と隣にいれるのは、彼を支えていける女性という事。

間違っても損得勘定をする女性ではないと思う。

ユーザーID:0917502910
あまり勧めはしませんね
トマトピーマン
2019年4月30日 15:54

夫は理系大学教員です。
研究に没頭。
生活の中でバランスとれない。
マルチタスキングできない。
任期付きを長く続け、ようやく専任になれました。
給料は民間ほどよくはありません。
子供と妻は犠牲になってます。
夫婦喧嘩にはなりません。
私が夫をあきらめてますので。

ちなみに経済的には私が8割負担してます。
子供の教育費、家のローン、私もちです。
私はフルタイム正社員を続けてます。
そうしないと生活できないですから。

ユーザーID:9213822788
補足です。携帯からの書き込み
chuu(トピ主)
2019年4月30日 17:49

みなさまレスありがとうございます。

私の言葉不足で申し訳ありませんが、デメリット・メリットで同棲・結婚を辞めると考えてるわけではありません。
あくまでも1つの意見として受け止め、これからに備えるためです。

もう1つ、みなさま経済的にきついとおっしゃっていますが、どのくらいきついのか詳しくお聞きしたいです。
彼の大学では講師で一番下の号数でも月30万ほどは頂けます。
家を建てて貰う気はありません、分譲マンションもいりません、子供も産む気はありません。(子供ができないようにしています。)
結婚後は私もパートタイムはしようと思っています。

一人暮らしはしていますが、結婚後の生活費などは詳しく分からないので教えていただけると助かります。
研究費などで経済的にきついとおっしゃっているならそれは私の勉強不足です。御容赦ください。

ユーザーID:1746634155
うちの父親が大学教員でしたが けっこう 子煩悩でしたよ‥‥携帯からの書き込み
ねこがだいすき
2019年4月30日 18:53

私の亡き父親は,大学教員などでしたが,すごく子煩悩だったと思います。

又,学者だったので,わがままでしたが,すごい愛妻家でしたね‥‥‥

国公立大学の理工系などの専門科目系の教授などでしたので,普通の公務員扱いでしたが,生活的には,豊かな方でした。

母親との出会いは,当時,お互いの勤めていた大学に関する縁などで,父親の勤めていた大学の某教授の紹介とか‥‥‥母親も,理工系ですが,父親とは,別の大学で,研究者として勤めていたようですし,父親と同じような学術分野の縁などですかね‥
私は 文系ですが‥‥‥

質問者様の彼氏さんも,現在の勤めている大学などで,正職員なら,普通は,そこで 階級が上がったりするので,いきなり 転勤というのは,無いと思いますが,どういったポジションなのですか?

ユーザーID:6515642443
質問の核心がわからないんですけど
一応は大学教員
2019年4月30日 18:59


推測の範囲で.

現状のままかそれ以上の月収が確実にあれば,DINKS覚悟なら,
浪費癖とか,衣食住より専門書を買うような性格でなければ,
普通に暮らしていくには問題ないんじゃないですか.

ただし,任期終わったあと,その先どうなるか,目算があるんでしょうか.
なければ,最悪,無職です.
あってもまた任期付きの場合,すべての条件がかわると思います.
勤務歴とかによらず,年俸制の場合が多いはずで,手取りが下がる場合もあります.
また,年齢が上がっていくと任期付きポストは難しくなっていきます.
(取る方は将来性や先々を考えて若手をとりたい傾向がある).
そのあたりが,いまどきの大学教員のリスクですね.

たとえば,自分の研究分野と近いことをやっている他大学の(任期なし)准教授が異動,
あるいは昇任すると聞いたので,そこの後任の公募が出たら応募するつもり,とか.

月収がわかっているくらいなら,
「研究者としてはこれからどんな感じで進むの?」などと聞いてもいいんじゃないですか?
実際は,専門によって千差万別なので,ここで聞いても参考になるかどうか,という気もします.

ユーザーID:4523031354
勉強ウィドーを覚悟すること
すっとこ
2019年4月30日 19:05

国立大学で教授をつとめて、5年前に定年退職した者です。

理系文系を問わず、研究者の世界は激しい競争がつきものです。
少しでも優れた研究成果を残して、他の研究者よりも優位に立つ
ことが求められます。

したがって、普通の家庭生活は無理だと思います。わたしの場合も
定期的な家族サービスのようなことはほとんどできませんでした。

連れ合いは「私は勉強ウィドーだ」といつもぼやいておりました。
おまけに今の大学は研究と教育以外の業務が猛烈に増えており、
時間的にも精神的にもまったく余裕がないのが実情です。それは
専任職を得てからのほうがはるかに厳しいのです。

リタイアした今になってやっと連れ合いと一緒に旅行したり
することができるようになりました。いつも「悪いなあ」と
思いながら暮らしてきたので、やっと女房孝行ができる立場
になりました。

ですから、研究者は結婚相手としてはさほどいいものではない
と心得たほうがよろしいかと思います。

ユーザーID:0081641247
2度目です・具体的な経済的な不安定さ
May
2019年4月30日 19:51

主さんの2つ目のレスを拝見してのコメントです。

任期制講師とのことですが、年金と健康保険はどうなっていますか?そこまでは聞きづらいですよね…。
もしかしたら「国民年金」と「国民健康保険」だけかもしれません。

国民年金は現在、満額でもらえたとして一か月7万円しかもらえません。
これは現在の金額で、今後もっと減少する可能性が大きいです。若年層が減少しますから。でも当然一か月7万円では暮らしていけないですから、それなりの額の貯蓄が必要です。

また、任期制であると定年になっても退職金は出ません。

それと、私の申し上げた「不安定さ」というのは、ずっと任期制でも仕事があればいいですが、65歳くらいまでそれが続けられるか?ということです。不透明なことと思います。
医学系については詳しくないのでわかりませんが、あと何十年も任期制の仕事が続けられるのか…。

任期制だと研究が進めづらいです。例えば5年でとある大学に勤めてAというテーマについて研究する、やっとめどがついてきたころに次の大学でテーマがBに代わる…ということもあり得ます。となると、研究者として成功しづらくなり正規教員になりづらいという悪いスパイラルに入ってしまうんです。そういう研究者は山ほどいるのが現実です。

そこを指して私は「不安定である」と表現しました。

今の月収だけを見れば充分暮らしていけるかもしれませんが、自腹で専門書や研究材料を買う人もいますからね…。

ユーザーID:3299673894
うん?
くま
2019年4月30日 21:43

何故トピ主さんはパート?

そこからしておかしい。

ユーザーID:0917502910
補足です。携帯からの書き込み
chuu(トピ主)
2019年5月1日 6:21

すみません、今はパートではなく正社員です。

結婚後は転勤の可能性があるので今の会社をやめてパートで働くつもりでした。

それとも結婚後に転勤してもその転勤先で正社員としてまた就職した方が良いのでしょうか?

ユーザーID:1746634155
貧乏覚悟
たまたまご
2019年5月1日 11:16

ochapiさんの仰る通りです。
任期制の研究者との結婚なんてとてもとても
ゴールではありません。試練の幕開けですよ。
悲しいのは世の中、大学教員と聞くとセレブ
と勘違いする人が多いことです。
私が養ってやるわ、という妻の覚悟が入ります。
我が家もそうです。夫がなんとか定年まで
常勤としてやっていけそうになったときに
私は仕事を辞めました。
普通の人より社会保障の面でも落ち着ける
のが遅い。スタートが遅いんです。家を
建てるのも、子供を持つのも。
住宅ローン、教育費、生活費これだけでも
苦しいお給料の上、持ち出しが多い。学会費、
お高い研究書物、出張の建て替え、
出張時のお小遣い、飲み代。。。
決して高収入でないのに
出て行くお金の多いこと。
今更ながら仕事を辞めたことを後悔しています。
だから、トピ主さんはせめて正社員
として働くことをお勧めします。
子供を持たないなら安い中古物件くらい
買えると思います。
子供を持たないなら非常に暇になるので
ぜひ働きましょう。そうすれば、
今の憂いなんか時間がもったい
ないくらい忙しくなりますから。

ユーザーID:1308820477
 
現在位置は
です