従兄弟からの感染症で子供に難聴

レス155
(トピ主0
お気に入り1,218

妊娠・出産・育児

あい

レス

レス数155

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 155
次へ 最後尾へ
  • 順番おかしくない?

    >現実的な提案は
    ・主さんの実家に避難し、心を落ち着け、旦那さんと話し合う
    ・旦那さんが了解してくれるなら義実家と別居して、夫婦と娘さんだけで暮らす
    ・我慢する
    このくらいではないでしょうか

    現実的かどうかっていうより、まず義姉の来訪を断ってもらうよう交渉してからやることではないですかそれ?

    トピ主さんてまだ本気で交渉してないと思う。
    夫が蒸し返すのを嫌がるって理由で話をするのを躊躇っているし、義姉に本気で謝罪も要求していない。

    義母に対し「許してやり直すためにこそ義姉の来訪を断ってもらいたい、会う必要がある場合は義母が出向いてほしい」と再度交渉し、それがうまくいかない場合に非難とか我慢を考えるところでしょう。
    何も言わずにどうせうまくいかないなんて我慢するのは思慮が足らないです。

    難聴の娘さんが苦労するのはこれからです。
    トピ主が今家を出て仕事を持つなんて無理。
    軽度でも、難聴児である以上普通の子と同じ生活とはいかないのです。さらなるフォローが必要になる。
    トピ主さんは療育に専念するとまではいかなくとも、フルタイムで働くのは相当厳しい。

    これで義親たちが働けとかこの家が気に入らないなら出ていけとかいうなら、少なくともしばらくは絶対無理!誰のせいで働けないと思ってるんだ!と言ってもいい位ですからね。

    ユーザーID:7252692326

  • うちの子も難聴です。

    義理家族との関係も問題ですが、
    まずは娘さんの難聴ケアを第一に考えてほしいです。

    うちの子は先天性難聴なので、ムンプス難聴のことはよくわかりませんが
    両耳難聴なら必ず人工内耳ということでもないですし
    普通小学校には絶対通えないということもありません。

    ただし、日々の話しかけや周囲への相談、リハビリは欠かせません。
    治療費とかお金で解決するものではないのです。
    耳鼻科へは通っていらっしゃると思いますが、
    早いうちにお近くの特別支援学校へ相談されることをお勧めします。
    言葉の伸び、学習面、人間関係の構築全てに関わります。
    もう2歳でしたら、今が一番大事なときです。

    ユーザーID:3119639777

  • 辛いと思いますが、将来に生かしましょう

    例えば兄弟がいる家族なんて常にそんな環境です。上の子が病気になって、下の子に感染して、親に感染して・・みたいな。
    トピ主さんにとって夫側の従兄弟は血のつながりのない他人みたいなものでも、夫側にとっては同じ家族なわけです。
    家族なら、困ってる誰かだけを排除するのは難しいと思います。

    今の環境が、トピ主さんが現実に暮らしている環境です。
    それを受け入れて将来を考えないと。

    親戚家族だけでなく、例えば子供がお友達の家に行ったら兄弟がウイルス性胃腸炎で感染して帰ってきたとか、夫の友達夫婦が家に遊びにきたら実は彼らの子供が先週まで水疱瘡で私以外家族全員に感染したとか、私も多々悔やむ経験があります。
    保育所や学校に行き始めれば、それこそ避けられないこともあります。

    私は子供や自分が重篤になる可能性のある感染病になったら回復後もしばらく人に会わないようにしていますが、意外と自分が病気を移すことに関しては気にしない人は多いのだと思います。
    将来的にいくらでも同じ状況が繰り返される可能性はありますし、その時自分の子供のためにどう対応すればいいか、今のうちに考えておくのが前向きかと思います。

    ユーザーID:2030364632

  • うちの場合・・・

     うちと似ているので投稿させて頂きます。
    母は80代ですが3歳頃に従兄が貝殻を潰して遊んでいた欠片が片目に入り、片目を失明してしまいました。
    年齢的に疎開も一人で経験しています。
    祖父母が心配したのか、高校から大学付属に入れてその系列の短大まで出ました。
    自転車も乗れますし、御裁縫も得意で家庭科の教員免許も持っています。

    ユーザーID:5565486076

  • 私なら弁護士に相談するかも

    おたふくだと知らなかったというならなんの罪にも問えないかもしれないけど義姉はひととしてありえません。
    義兄は何にも言わないんでしょうか?
    私なら家族で家を出ます。
    旦那様の態度によっては離婚も考えると思います。
    義姉には一生恨む的なことは言うと思うし従兄弟が理解できるようになったら本人にも話すと思います。
    そんなことしても難聴は治らないかもしれないけどそのくらいしないと気がすみません。
    そのへんのことを弁護士に相談するかな。

    ユーザーID:9611907981

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • いまは

    誰がどう慰めようと、トピ主様のお辛さは解消されないでしょう。

    今しばらく泣くだけ泣いて恨むだけ恨むのでも良いでしょう。
    それは当たり前の事ですし、だれにも止められない状況ですよね。

    でもね、それでもトピ主様も娘さんも・・・・そしてほかの家族も生きていかなければなりません。

    義姉さんや甥っ子さんの事を許せとは申しません。

    でも生きていかねばならぬのは皆同じなんです。

    どうか娘さんとトピ主様が今後、何か目標をもって「自分らしく」いられるようになって欲しい。

    恨みの気持ちだけでは心に光は生まれません。
    嘆くだけでは前進できません。

    どうぞ一人で抱え込まずに、家族会のような場で勇気をもらってほしいな。

    私は幼少時にある病気になりました。
    原因は現代でも不明です。

    母は永く思い悩んでいたようです。
    若かりし頃には母を恨んだことも有りました。

    ですが、ある時気づいたのです。
    「恨み辛みの感情からは何も生まれない」

    私は同病の仲間たちが諦めたことを諦めませんでした。
    もちろんわたしより先輩患者さんの仲にも立派になられた方はいます。
    でもそういう方々にも「諦めたこと」は沢山あるのです。

    私は自分が望んだ事んたいして諦めは持ちませんでした。
    いえ・・・・・持たないように心がけてきました。

    恋愛すること
    臨んだ職業につくこと
    結婚
    出産
    趣味

    自分が自分らしくいるためには誰か(私の場合母)を恨んでいてはドロドロになるだけだと考えてきました。

    現在50代です。
    ようやく80を過ぎた母が涙して「よかったよかった。ICHICOは立派になったね。」と涙します。

    トピ主様の想いが昇華されるのは永くかかる事とおもいます。
    でも、嘆くばかりでいては良くないですよ。

    ユーザーID:5349114644

  • ご両親に相談

    ●義母:仕事や家は長男であるトピ主夫に継がせるが、大事なのは長女とその孫。
    ●義姉:弟であるトピ主夫と仲が悪い。トピ主が嫌い。病気の子供を親に預ける。実家で好き放題振舞う。
    ●夫:親の事業を継ぎ、同居している。母や姉に強く出られない。引越しはしない。これ以上揉めたくない。

    この中で変えられそうなのは誰ですか?
    義母と義姉は、どうにも変えようがないでしょう。
    変えられるとしたら、あなたのご主人しかいません。

    あなたばかりが常にアウェーの環境で頑張っているのはフェアではありません。あなたの実家のご両親と相談して、義家族を交えずに、ご主人と話してもらってはいかがですか?

    ユーザーID:7594313966

  • 私なら家を出る

    その状況で頻繁に義姉が子どもを預けに来るのなら、義姉家族に同居してもらって自分ら家族は家を出て近所にアパートでも借りますけどね。

    娘を難聴にした張本人を受け入れて穏やかでいられるほど人間ができていないので。

    義両親が義姉をかわいいと思うのと同じように自分も娘がかわいいですからね、自分の娘を守るために家を出ます。

    ところでこの件、義姉の旦那はご存知なのですか?
    旦那さんに甲斐性があれば義姉がパートに出る必要もなかったでしょうからね、難聴の件は義姉の旦那にも責任があると思いますが。

    ユーザーID:2691427092

  • 不運だったのです

    まずはお嬢様のご病気について、悲しくて苦しくて怒りが湧くのは仕方のないことだと思います。

    でも、やはり「前を向いて歩いていく」それしかないでしょう。

    もちろん、トピ主さんのお子さんが小さいうちだけでも別居が出来たらいいでしょう。
    私なら、泣いて夫にそのように訴えます。
    その義姉さんの言いようはひどすぎます。

    でも、もし今回のおたふく風邪をうつしたのが甥っ子ではなく
    お嬢様のお兄ちゃんだったらどうでしょう。

    おたふく風邪と診断される前の風邪症状の兄弟がいたとして
    いくら妹が1歳未満だからといって、その兄弟(もしくは妹)を
    完全に隔離するなんて出来ませんよね。

    悲しくて辛いことですが、病気がうつってしまうのは仕方のないことなのです。
    うつしたであろう相手がトピ主さんにとっては血の繋がりのない相手で、母親が謝罪すらしない、避けることの出来る事態だった。
    どうしてもそう思ってしまい憎しみの気持ちが消えないのは無理ないと思います。

    でも、お嬢様が物心ついた時に「自分が病気になったせいで
    おばさんやおじいちゃんおばあちゃんとの関係が悪くなったんだ」なんて思ったら、それはとても悲しいことです。

    トピ主さんがすべての責任も負う必要はないのですよ。
    とても不運だったと思いますが、ご夫婦で協力して
    お嬢様を幸せにしてあげてください。

    ユーザーID:7612803788

  • 事実

    親とは保護観察する者
    娘を守る義務があり事実守らなかったのはあなたなのに
    義理姉のせいにして被害者意識しかない自分を省みるべき。

    娘さんがかわいそうです。

    ユーザーID:2636711454

  • 追伸:予防注射の義務化は国の政策ですが、社会の総意が必要です

    どうしてもトピ主の怒りが収まらないのなら、その怒りは行政に向けるしかないと思います。

    なぜなら、娘さんの悲劇の本当の原因は、親がおたふくの予防注射を受けさせていなかったことにあるからです。

    なぜ受けさせなかったか?
    日本ではおたふくの予防注射が任意だから。
    どなたかのレスにあるように、例えば米国では義務です。だから日本人が米国の滞在ヴィザを取るには、大人になってもおたふくその他の予防注射を受けなければなりません。

    なぜ日本では予防注射が義務でないのか?
    日本の防疫当局がおたふくかぜをさほど危険視していないからです。
    だからこそ、多くの子が予防注射を受けておらず、従兄弟もどこかでうつされてきたし、それがトピ主の子にうつったんです。

    1.5万分の1の確率で片耳難聴になるリスクを大きいと見るか、容認できる範囲と見るか。これは行政の政策判断です。娘さんが難聴になったのは、この判断の帰結です。

    もうお分かりだと思いますが、義姉もわが子に予防注射を受けさせていなかったので、実は従兄弟も娘さんと同じリスクに晒されていたのでした。
    難聴の悲劇は娘さんではなく、従兄弟を襲っていたかもしれないのです。

    娘さんの運が悪かっただけ、というのはそういう意味です。

    それを仕方ないと受け入れられないのなら、親としてなすべきことは、同じ危険に晒されていた義姉母子を恨むことではないでしょう?
    国の政策が変わらなければ、同じ悲劇が他の多くの子に毎年起こり続けます。

    ただ、決して忘れてはならないのは、予防注射には一定のリスクが伴うこと、そして日本にはこのリスクを極端に恐れる親が特に多いということです。
    日本の防疫当局がおたふくの予防注射を義務化せず、結果として毎年一定数の子供が難聴になるのを許容しているのは、ただの怠慢ではありません。
    娘さんの犠牲を許容してきたのは社会、つまり我々自身なんです。

    ユーザーID:5491666375

  • 違うと思います。

    >もうお分かりだと思いますが、義姉もわが子に予防注射を受けさせていなかったので、実は従兄弟も娘さんと同じリスクに晒されていたのでした。
    難聴の悲劇は娘さんではなく、従兄弟を襲っていたかもしれないのです。

    任意でも、予防接種の副作用と罹患後の後遺症リスクを秤にかけて、予防接種を選ぶご家庭も多いです。
    仮に甥っ子に難聴の悲劇が襲っても、それは敢えて接種しないを選んだ親の自己責任、つまり自業自得です。

    でも、予防接種をするつもりでいたトピ主さんが、対象年齢前に、敢えて接種しないを選んだ義姉の子に移されるのは自業自得ではありません。

    ・自らの意思で感染リスクを受け入れた人

    と、

    ・後遺症リスクを危惧して予防接種予定だった人

    この違いが分からない人が、「運が悪かった」と言うのだと思います。
    社会のせいにする前に、自分で出来る予防があるのです。何でもかんでも社会が国が手厚く援助してくれるわけではないのです。

    ユーザーID:5799594460

  • 体験で学習

    親がおたふくの予防接種を受けさせないのは行政の怠慢だからという意見もありますが。
    それはそれとしてやはり予防接種を受けさせてないのは普通に親の怠慢ですよ。
    それを「甥が難聴になったかもしれないから義姉のせいじゃない」というのはちょっとずれています。

    そして、運が悪かっただけでも取返しがつかないことになってしまったケースはざらにある。
    そういう場合は、加害者の立場になった人は皆責任を取って行動しないといけないのですよ。
    運が悪い「だけ」でもやったことの責任は取らなきゃだめ。

    やるべきことは同じ危険にさらされている義姉親子を恨むことではないというけど、恨むかどうかは心の中一つとしても、以後トピ主親子が巻き込まれなければならない理由は何一つありません。同じ失敗を繰り返してはならない。

    故に、以後最低でも病気の場合の訪問は一切断ってもらう、位の態度に出ることは、すべての人のためでもあります。
    義姉の手をこれ以上汚させても仕方ない。
    義姉と甥のためでもありますし、前を向いて歩くってのは「具体的には」そういうことでしょう。
    体験で学習するんですよ。

    ユーザーID:5304303855

  • 予防接種受けさせても罹患します

    甥が予防接種を受けていないという情報は記載されていません。
    予防接種を受けても罹患したかもしれません。

    また、うちの子は、毎年インフルの予防接種を受けても、罹患します。
    予防接種受けているので、症状が軽くて気がつかない年もありました。
    風邪だと思って診察行ったら、インフルだと。

    ちなみに、うちの姪はロタ受けてません。
    共働き家庭です。
    色々あって、ドクターに相談したら、ロタをやめましょうか、と言われたとか。

    共働きの家庭はロタ含め全ての予防接種を受けるはず、という意見はちょっと違うのでは。

    ユーザーID:1541144966

  • お気の毒です

    まずはお気の毒に思います。
    ご主人までもがトーンダウンしてしまって、自分ひとりだけが消化できなくて、怒りと同時に不安も抱えているのですね。
    トピ主さんがそういう気持ちでいる事を、まずはトピ主さん自身が認めてあげましょう。
    トピ主さんの怒りはおかしくないですよ。

    義実家の他の人たちは家族だから許せるし、家族だから前向きになれるのです。トピ主さんは義家族と血のつながった家族ではないのだから、義家族と同じ気持ちになれるわけがない。なれなくて当たり前なんです。そこを、きちんと義家族、何よりもまずはご主人に伝えましょう。
    今は夫も含む義家族全体でトピ主さんに甘えている状態です。私は夫や他の皆さんとは立場が違うから、許してあげてと言われても簡単には許せないです。なにより、未だにお義姉さんから直接の謝罪もないし、ご本人も大して悪い事をしたという気持ちもお持ちでないのがはっきりわかるから。皆さんも私の立場になれば、おそらく同じように思われると思います。とでも言って、まずは立場の違いを明確にするべきです。

    トピ主さんに甘えて、そのままずるずる現状維持をもくろんでいる義家族の目を覚まし、まずは「じゃあどうする?どうしたらいい?」というところに持ってくる必要があります。その上でトピ主さんがとりあえずしばらく実家に帰るなり義姉の直接の謝罪を要求するなり、トピ主さんが必要と思うことをして下さい。それこそ、義姉を怒鳴ってしまう前に。爆発してからでは、さらに状況が悪くなります。トピ主さんはまず、落ち着いてゆっくり考える時間を確保する必要があります。自分と向き合う時間が。

    トピ主さんはおかしくないし、当たり前の感情です。ここで流されたら、内心で不満が鬱積して、いつかもっと悪い形で露出する事になります。気持ちをきちんと消化する作業が必要です。

    ユーザーID:6254557729

  • トピ主さんはどうしたいのか?1

    トピ主さんは元々、お義姉さんが病気の子を実家に預けに来る事に不満があったし、その事を義両親にも訴えていた。
    実家と言う社会の中でトピ主さんの意見は少数派だったようですが、義両親もトピ主さんに配慮し、お義姉さんに伝えてくれた。

    3ヶ月ごろからという事は自己免疫を獲得する頃までですね。その頃まではお義姉さんもしぶしぶとは言え、控えてくれたようです。
    ただ元々神経質すぎると言う気持だったからでしょうけど、自己免疫を獲得し始めたころからは、また預ける機会が増えてきていた。

    そもそもトピ主さんとお義姉さんの価値観にずれがあることが軋轢の根源であり、この頃からは綱引き状態。
    この期間の義両親の対応が記載されていませんが、恐らくですが義両親の価値観も、お義姉さん寄りだったんでしょうね。特に口出ししなかったのではないですか?義両親にすれば板ばさみですからね。

    今回は実際に問題に発展してしまったわけですが、お義姉さんの行為が難聴に係らず何がしかの問題に発展してしまう可能性はどの程度あると言えるのでしょうか?
    この答えを明確に出せる方はいないと思いますが、そのリスクを大きく見ていたトピ主さんにこの様な結果が出てしまうのは、まさに悲劇としか言いようがありません。

    トピ主さんの心中はお察しいたしますが、今回の結果を持ってトピ主さんの主張が正しかったと言う事ではありません。
    ですから、「私は初めから嫌だったんだ。」と言うのは結果論にしかならないのです。
    トピ主さんとお義姉さんが綱引き状態だった時に、自分達の価値観に反してまでお義姉さんの子供を預からない判断をするのは容易ではありません。
    自分が必要と思わないことに自分が労力を払うと言うのは非常に難しい事です。
    先手トピ主さんが期限を切っていれば違ったかもしれませんが。

    ユーザーID:0129474892

  • トピ主さんはどうしたいのか?2

    私が言いたいのは価値観の違いがある中で、それぞれが出来る範囲での対応をしていた。と言う事です。
    確かに結果論だけで言えば、トピ主さんの考えるとおり預かるのを止めておけば良かった。
    ですが、この対応をするためには、義両親とお義姉さんには少なからず負担が発生するのです。

    その為に実家と言う小さい社会において、総意を得ることができなかった。
    そしてなるべく控えると言う折衷案を取ることしか出来なかった。
    これはその時点ではそうするより仕方なかったのだと思います。

    今、過去の事を掘り返して、私が正しかったと言うのは、ただの結果論にしかなりません。そんなことをしても先にはつながりません。

    トピ主さん自身が「今後」どうしたいのか?
    その事をもう一度よく考えて見て下さい。

    >>今は誰かを恨んでも仕方ないから、前を向くしかないと言い、私がこの話を蒸し返すのを嫌がります。
    旦那さんがこのようなコメントをするということは、トピ主さんの口からは過去に捉われた愚痴が出ていると言う事だと思います。
    ただの愚痴では旦那さんにしても、義両親にしても、板ばさみになるだけです。それこそ、上記の様なコメントが出て、もっといけばトピ主さんが悪者になります。

    5/7 1:57のいそべさんのレスが参考になると思います。
    娘さんの事を思えばこそ、前を向いてください。

    ユーザーID:0129474892

  • レスします

    トピ主の子供に病気が移っても構わない、とにかく無料で預けられる実家に連れてくれば、義姉は良いこと尽くめだから、無神経に預かってと連れて来るのです。乳幼児の病気って、大概感染するリスクが高いのに、何故移る病気だと思わなかったんでしょう?ただの言い訳ですよね。

    そして、トピ主の子供の事を義姉の子供と同じように大事に思っているなら、義両親は自宅で預かるのではなく、義姉宅で孫の面倒を看ると言う選択肢が出て来たと思います。

    結局、義姉も義両親も自分の事しか考えてない。トピ主夫も、自分の妻と子供より、自分の親と姉との関係が悪化する方が嫌なんでしょう。結局、トピ主だけが血が繋がってないので、価値観も違うし、許す事は出来ないと思います。我が子が同じ目にあったら、その状態を許せる人は稀でしょう。

    義両親と同居しなければ、トピ主宅の家計が回らないのでしょうか?長男だからと言うくだらない理由なら、即刻同居解除しましょう。この家では、娘の健康を守る事が出来ません。運が悪かったなんて、どの面下げて言えるんでしょうか?同居が解除出来ないなら、今後甥っ子の面倒は義姉宅で面倒見る、それが嫌なら義姉と同居なさってくだらないと言いましょう。

    同居してる息子夫婦に遠慮して、普通は義両親が娘に頻繁に家に来るなと言うものだし、もう代替わりして息子夫婦の家なんだし、実家ではないよ。親離れ、子離れ出来てないんですね。

    離婚覚悟で、夫と徹底的に話し合うしかないと思います。遠慮なんてしていたら、自分の子供の生命守れませんよ。

    義姉の夫は事の次第を知らないんでしょうか?普通、謝罪と今後の治療費の負担を申し出るもんじゃないですか?義親との関係より、我が子の方が大事なら、関係悪化する事を恐れるより、自己主張した方がいいですよ。所詮義理の関係なんですから、関係は悪くて当たり前なくらいです。

    ユーザーID:6476511400

  • レスします。

    運が悪かったなんて言い訳があるか!と思いますね。
    義姉が病気の子供を連れてこなければ
    感染も難聴もなかったのだから。

    裁判とかに持ち込んでも勝てると思います

    ユーザーID:5372931531

  • 前向くって具体的に何するのか

    義姉が家に来て「実家にくるのの何が悪い」とかいうなら「残念ながら運が悪い」でいいんじゃないですか?

    他の人が何人か、運が悪かったんだ、仕方のないことだというようなこと言ってますが。
    実際運が悪かったのは確か。そしてその怠慢は義姉、義母、トピ主によってもたらされた。
    自分が正しかった…のは実際確かなのだし、少なくともこの3人は以後同じ失敗をしないようにする義務があります。できるだけの事はするって言った以上行動で表して頂くしかないでしょうね。

    前を向いて歩くって具体的に何すんだかさっぱりわからない。
    過去のことを掘り返すのは結果論とかいうけど、過去から学習しないでどうするんだろう?
    前を歩くとか結果論とか、言葉遊びにしか見えないですね。
    具体的に何をアドバイスしたいのだろうか?

    普通こういうセリフって、謝罪金を渡すとかと一緒に言うものでは。
    それに被害与えた人が前向いて歩けってそれ加害者がいう台詞じゃないですよね。

    あと夫がトピ主がこの話を蒸し返すのを嫌がる=夫が正しい、てことじゃないですから。
    彼らが具体的な行動がないのに口だけでへらっとして、一度失敗した行動を懲りずに繰り返すのをそのままにさせといちゃだめでしょ。娘さんのために。

    ユーザーID:5304303855

  • 夫を子どもの養育者になるよう育てるしかない

    状況は、トピさんにしかわからない

    母親だから、なにが我が子にとって一番いいのかを考えよう
    真剣に考えよう
    ひとりで泣いて落ち込んでいたって、誰も助けられない
    実際の細かい状況がわからないから助けようがない

    最悪の状況を想像して最善の対処方法を考える
    自分で考えて行動するしかない

    今も、義理姉のお子さんを預かっている義理両親は、
    一緒に暮らしている孫が病気で苦しんでいた姿は見てないの?
    一緒に暮らしているのに今現在の聞こえていない姿を見ていないの?
    見てもなにも思わないのかな?

    もしも「跡継ぎ長男だから同居」なら、現状は外孫最優先になっているよね
    外孫の甥子は元気に育って将来は普通の社会人になるかもしれない。
    姉夫婦は二馬力で働いて、姉とその夫やその両親も不安のない老後かもしれない。
    かたや、とぴさん夫の家はどう?
    今後も一馬力で、今も家庭内ギクシャクしてる
    義理両親と夫に内孫より外孫を優先する理由を訊ねよう

    夫さんは、自分が痛くない所へ逃げようとしているよね
    娘が痛くて辛い思いをしていても、自分の身体は痛くないし辛くもない、自分は聞えるから平気でいられるのかな。
    「今」から逃げることしか考えてなさそう(失礼)
    お子さんには逃げくても逃げ場なんてないのに。


    トピさんは、もっと怒っていいと思う。
    その怒りを力に変えて子どもの将来のために行動しようよ

    何が一番我が子のためになるのか
    トピさん自身が笑顔でいられることが大切だと気が付こう

    子どもにはお母さんの笑顔が必要だから、その環境を作るためには、
    どうしたらいいのか。

    病院へは夫も一緒に行って医師の説明をきいた後は質問して知識の定着を図る
    子どもを安心して任せられるように夫を同等の知識量に育てるしかない。
    ついでに夫同様になにも考えてなさそうな義理両親も育てられるといいね

    ユーザーID:9934204900

  • 具体的なことは言えない

    トピ主さんの追加レスを見ていませんでしたので、多少の齟齬はありましたが、具体的な状況が分らないのに具体的なことなど言えません。

    ただ怒りに捉われて全て切り捨てる事が、必ずしも正解とはいえないと思います。
    この1件がトピ主さんにとっては全てではありますが、1件の結果を持って先のことを決める事が正しいとは、私には思えません。

    本件と同様の家庭が100軒あっても、不幸な結果になる家庭はいくつあるでしょう?相手方がそう考えると言う事を、まず理解する事なくして、何かを変えることは出来ないのでは?

    宝くじが当たった人にとって、宝くじは「買うべきもの」であっても、具体的な期待値から考えれば「買わない方が良いもの」ですよね?
    「私当たったんだから貴方も買うべきよ」と言われても、宝くじ代を出すのは買う人なんです。

    本トピの件でもこれから具体的に何かをしようと思えば、その影響は実家と言う小社会に係る人全員に及びます。
    ただ「私が正しかったんだから、今後はこうすべき」では、変えられるわけがありません。
    何かを変えようと思えば、相手が何を嫌がるのかその事を理解し、そこに配慮する必要があるんです。
    私達は被害者よ!と相手を責めても、変わらないんですよ。

    今回不幸な事が起こってしまいましたが、過去は変えられません。
    そうであれば相手の負い目を利用してでも、今後の娘さんのために少しでも多くを引き出す努力が必要です。
    最終的には喧嘩をするという切り札もあるでしょうけど、それはまだ先の話ではないかと思います。

    何で被害者の私が我慢しなければならないの?と思うかもしれませんが、それこそが娘さんのためであるからだと思います。
    何もずっと我慢しつづけろと言っているのではありません。
    初手から方向性を一本に絞る必要はないと言っているに過ぎません。

    ユーザーID:0129474892

  • 別居しようよ

    私もね、主人側の実家でしばらく同居してました。
    赤ちゃん産まれて、ある日転んで義父が置いたあるものに頭をぶつけて病院行き。
    怒りましたよ。
    ハイハイの赤ちゃんいるのに、なんでそんな危ないものをリビングに置くの?
    この子は毎日そこでハイハイしてるの知ってるでしょう!って。

    色々あって別居。
    そしたらね、気づいたのです。
    赤ちゃんって、結局はどんな環境にいたって、怪我もするし病気もする。
    自分たちだけで暮らすと、全部自己責任。
    同居してた時は家具の配置も窓の開け閉めや姪の訪問にも文句言いたかったし、
    何かあったらそのせいにしてた。
    それって、楽だったかも。
    今は、娘に何かあったら、全部私のせいだもん。
    どこでどんな病気もらっても、どんな怪我しても。
    娘をその環境に置くという選択をしたのは私。

    sakuraさんのレスの通り。
    独立して、全ての生活の責任を自分たちで持とう。
    世の中の核家族のみんなって、そうなんだな、って別居して初めて気づきました。
    怒りのぶつけ先が全部自分って、結構怖いんだよね。
    旦那より私が一番子供といるから。
    でも、世の中のお母さん達って、そのプレッシャーを一人で背負ってるんだと思うと、
    私も強くならなきゃって思います。

    ユーザーID:7892761134

  • 弁護士に相談しては?

    お辛いですね。少しでもトピ主様の御心が晴れ、お嬢様が環境に順応できるよう願っております。

    トピ主様は何を最優先なさりますか? お嬢様の療育が大きなウェイトを占めると思うのですが。別居や離婚を推奨するレスも多く、トピ主様がそれで楽になるのなら賛成します。

    おそらく別居等は場所探し・書類手続き等お金も時間もかかると思います。お嬢様の療育・教育・遊びの時間が侵食されないならいいのですが。
    お金…と言ってしまいましたが、お嬢様関係で交通費をはじめお金がかかってくると思います。トピ主様がお仕事を持つことも制限されてしまうかもしれません。その保障や援助を義姉一家に求めることはできないのでしょうか? 私はそこを弁護士に御相談になっては?と思います。御主人を療育に巻き込み、一緒に法律家に相談し、御夫婦で進んでいかれますように。

    ユーザーID:5316230639

  • やっぱり運が悪かっただけ

    >弁護士に相談しては?

    おたふくによる難聴を発症する子は、日本だけで年間少なくとも数百人と言われています。
    その数百人の不運な子には、必ず感染源、つまりうつした別の子がいるわけですよ。
    感染源の子を特定して、親に対して補償しろ!って訴訟を起こしたっていう人の話を聞いたことがありますか?
    仮にこれが認められるなら、インフルを職場に持ち込んだと疑われた人は、うつされたと称する同僚や会社から莫大な休業補償を請求されることになりますよ?

    そもそも、トピ主のケースでも、感染源が甥かどうか、断定できません。
    病院で、保育園・幼稚園で、小学校で、遊園地で、スーパーで。
    日本では、どこでもおたふくの感染が起こりうるからです。
    なぜか。
    日本では予防注射が義務化されていないため、おたふくは年間数百万人が感染する、ごくありふれた病気だから。

    日本に住む以上、おたふくをうつされることは風邪をうつされるのと同じ。

    なので、トピ主の子も、仮に今回運よく感染しなくても、予防注射を打たない限り、高い確率で、いつかどこかで感染していたんです。
    日本では大半の子がおたふくにかかります。予防注射ではなく罹患によって免疫を獲得する戦略が主流なんです。
    ただその過程で1万人に1人の確率で難聴を発症する。
    その1万人に1人にトピ主の子がなってしまった。それだけのことです。

    わが子が1万人に1人にならないためには、予防注射をするしかありません。
    でもそれには費用だけでなく、副作用のリスクを負わねばなりません。ごく稀ですが、副作用から難聴になることすらないとは言えないのです。
    任意接種である限り、そのリスクを考えて接種はせず、感染して後遺症なしで済むことを天に祈る。そういう親が多数出てくるのも当然。

    だからトピ主に非があるわけではない。
    でもそれは義姉や甥も同じ。トピ主母子の運が悪かった。ただそれだけです。

    ユーザーID:5491666375

  • 運が悪かったのは義姉もってのはどういう意味か?

    >だからトピ主に非があるわけではない。
    でもそれは義姉や甥も同じ。トピ主母子の運が悪かった。ただそれだけです。

    いや普通に非はありますよ。任意接種だから非はないって発想自体が問題でしょう。
    法的に義姉らを追及できないとしても、状況証拠としては果てしなく黒。
    いつかどこかで感染してたから何?

    運が悪かったのは義姉も同じという意味が今一つわかりませんね。
    運が悪かったことに感染し後遺症が残ったのだから、運が悪かろうとやってしまったことには責任を取る、起きたことに対し肉親としてフォローを要求するのは当然の事。

    その一万人に一人の子にしたのは結果義姉と義母のルーズさですよ。今かからなかったらこうならなかったのかもしれないのだから。トピ主にも責任はあるし。

    義姉が「何で私が悪いって言われなきゃいけないのか?」となったら「私の娘に移させて障害を持たせた。運が悪かろうと接種を怠った責任は逃れられない。こうなった以上、以後の感染を防ぎ同じ失敗を繰り返さないように協力はしてもらう」でしょ。

    トピ主は自分でフルタイム勤務は少なくともしばらくは絶対無理なんだから、親族としても金銭的精神的フォローが必要ですし。

    自分で避けようと思えば避けられることを運が悪いだけで片付けるのは、ちょっと発想が変ですね。副作用から難聴になった人のケースなどこの場合はしていませんし、すり替えもいいところだと思われます

    ユーザーID:5304303855

  • 義姉に非があるか

    レスでは分かれてますけど。
    義姉に非があるか。
    レスする第三者が裁判官じゃないんだから、非があるかないか論じても無意味。
    トピ主さんのレスだと、多くの人が、義姉が悪い!と言ってるので救われたと感じている。
    もうそれでいいじゃない。

    どうしても義姉が加害者か、非があるか、をはっきりさせたいのなら、

    〉法的に義姉らを追及できないとしても、

    これが全てじゃない?
    裁判とか弁護士とかレスしてる方もいますが、
    他人事だから息巻いているだけで。
    実際自分だったら、こんな勝ち目のない裁判に労力使います?
    だったら、旦那のアドバイス通り、前を向いて娘の養育に精を出した方が建設的。

    弁護士だって、過失の割合を計算するでしょう。
    あなたは何度も甥が病気で来るのをしっていて、その日も娘さんと一緒に家に居ますね。
    それは何故ですか?と。

    ユーザーID:0722164999

  • 小姑が出入りするような家に同居してはいけない

    病気のことは運が悪かったとしか言いようがない

    従兄から移らなくても、どこからか移って同じ結果になるかもしれません

    しかし、おこってしまったことは取り返しがつかず
    今の状況で義姉、義両親、あなたの一家が何事もなかったかのように
    過ごすことはできるのでしょうか?

    なし崩しして、あなたが負担を強いられている事実は変わらないです

    甥の事、害さない自信がありますか?

    今このトピを上げたということは妥協できていない証拠です

    義姉から謝罪があれば許せるのか?
    二度と病気時に会づけるのをやめるべきか
    いいとこどりをしようとしている義両親はゆるせるか?
    別居して距離をおきますか?

    事がおこってしまったことは仕方ないが
    その後の行動次第で心証が変わるものです

    義実家の対応は誠意があるとはいえません

    結局はあなた次第ですが、私なら割り切らないです

    ユーザーID:8902461788

  • 甥の病気を知ってて家にいる?

    裁判だの弁護士だのは、確かに他人事だから息巻いているだけ。

    でも、
    >あなたは何度も甥が病気で来るのをしっていて、その日も娘さんと一緒に家に居ますね。
    それは何故ですか?と。

    これも同じく他人事だから息巻いているだけかと。
    ひとたび同居をしてしまえば、いくら病気の甥が嫌でも、別居上等!ってワケには行かないんじゃないかな。家にいたのは何故なんてよく責められるなあ。

    部屋から出ないなど現状出来うる限りの事はされていたと思います。主様実家に避難という手段もありますが、可能だったかは?。

    どんなに前を向くべきと綺麗事言われても、義姉から謝罪一つないどころか「片耳きこえなくても」なんて聞こえてきたら、前なんて向けない、感情が追いつかないんですよ。

    トピ主様の追加レスが途絶えていて、一人で抱え込んでいないか、案じています。トピ主様、大丈夫ですか?

    ユーザーID:5799594460

  • 重く受け止めているからこそ、受け止めきれない

    >義姉は聞いているはずなのに、謝罪もなく、いまだに病気の甥っ子を預けに来ます。
    ちょっとした怪我や、破損程度なら誰だって謝罪できるでしょう。
    しかし、重大事故や事件の加害者になった場合、その事件や事故を受け入れられないのは、加害者も同じだと思います。

    その結果、ことが大きければ大きいほど、事態を客観的に捉えられるまでに時間がかかり謝罪行動が遅れるのだと思います。私が悪かったわけじゃない、大したことはない、と考えて、ことが起こる前の生活を送ろうとすることで、自分の心を守ろうとするのだと思います。

    謝罪とは、相当心に余裕がないとできない行動です。
    むしろ、すぐに謝罪に来る方が、事態を軽く見ている可能性があります。謝罪では、何も戻らないのです。それでも謝罪行為でなにかの埋め合わせが「できる」と思う時のみ、人は謝罪をする気持ちになれるのだと思います。

    つまり、義姉さんも義両親様も、相当なショックを受け自責の念に駆られている可能性があります。自分の非を認めようとしないのは、それだけこの事態を深刻に受け止めている可能性が高いことを示しています。

    勿論、そんな自己分析ができる方でなければ、そのような自覚はないかもしれません。本気で「誰を恨んでも仕方がないから」といっていると思っているかも知れません。どこまで気づいているかは、その人の知力次第です。

    我が子が原因で、別の子の聴覚に障害を与えてしまったと考えてみてください。加害責任の有無にかかわらず、その事実を知った我が子は一生責めを感じて生きるし、その責めを自分が負わせてしまっている母親は一生我が子と相手の子に責めを感じ続けるでしょう。

    事態を軽くみている人はいません。皆、重く受け止めているからこそ、受け止めきれないでいる。
    義姉さんも義両親様も、旦那様も、あなたもです。
    お察しします。

    ユーザーID:2140381701

先頭へ 前へ
121150 / 155
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧