現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

昇給の査定

haru
2019年5月3日 8:00

昇給の査定について…モヤモヤしています。

わが社は通常、4月の昇給で4〜5千円upします。
あくまでA〜Dの査定基準により、真ん中あたりが4〜5千円です。

私は経理をやっていて、これまでほぼB判定だったように思います。
ですので、4〜6千円程度の昇給を繰り返してきました。

2年前に直属の経理課長が突然亡くなり、課長不在のまま、その仕事を引き継いできました。
そんな状況だったので、とれずじまいの公休も2週間以上残したまま年度が明けてしまい、買取もありませんでした。

全国に30の支店があるわりと大きな会社です。

支店長には変わりの課長を据えて欲しいと頼みましたが、私の支店単体では収益が悪く(課長がいた頃からもう何年も)、
「給料の高い課長はおけない」と言われてしまいました。

…と、こんな状況なのですが、今年の4月の昇給で私はC〜D査定を受けました。

課長不在のうえ収益も悪いので、経費の使い方等、本社で指導を受け、それを社員に伝える役目でもあります。
といっても、私のお小言など誰も聞いてはくれませんが、もしかしたらそれが私個人の査定につながったのかもしれないと疑心暗鬼になっています。
当支店の支店長は飲み食いが大好きで、本社からも「1人の接待客に会社の人間が5人も同行するな」と注意されたことを冗談めかして「本社から怒られました」と話したことは何度かあります。

そういうことが気に障ったのでしょうか?

課長不在になってからは本社の会議も出席していますので、その都度こういった注意を受けるのも私です。
確かに収益の悪い支店での交際費はお小言を言われても仕方ありません。

この査定は本当に私の能力に対する評価だったのでしょうか? モヤモヤが消えません。

ユーザーID:8079082023  


お気に入り登録数:7
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:16本

タイトル 投稿者 更新時間
もう伝えなくてよい
白クマ
2019年5月3日 11:48

トピ主様の危惧されている通りだと思います。
会社のお金で飲み食いすることの大好きな支店長が、交際費の遣いすぎを指摘されて、腹を立てた結果の査定でしょう。

私がトピ主様の立場だったら、本社の会議で何を言われても、もう支店長には伝えません。
伝えたからと言って、支店長が素直に改めるとは思えないからです。
恨まれてトピ主様が損するだけですよ。

本社で「業績が悪いままなのになぜ交際費はが減らないんだ?」と怒られたら、「私のような下っ端がいくら注意しても上の人は聞く耳を持ちません」と涼しい顔で答えます。
実際、経理課長を置かないのは会社都合なので、それ以上、トピ主様を責めることはできないはずです。

ユーザーID:3983296288
誰がトピ主様の評価をしているのでしょう
Rem
2019年5月3日 11:57

私の知る限り、直属の上司が評価報告書なりをつくって上にあげていると思うのですが。
だから、、、トピ主様に成績をつけた方が誰か、トピ読む限り(支店長)なら、こうなるでしょうね。
残念ながら、人が人を評価するシステムなので、個人の感情も入るでしょうし、結果(数字)が全てだと思います。

今回の査定問題は別として、
組織として、どこまで一個人が意見を言えるかは判断しかねますが、重要な経理を任されている以上その職務を遂行すべきことは当然です。
せっかく本社の会議にも出席出来るのなら、その際に職場の現状をこっそり上層部に相談するべきだと思います。

言い方が悪いですが、「根回し」って必要なんですよ。
周囲から固めていくのです。
この時必要なのは、決して自ら悪者を作らないことです(支店長が悪くても支店長の名前は自らは出さない、遠まわしに相手に理解させること)
坦々と現状を説明し、問題点を客観的に相談すること。

それでも改善されないなら、そのような組織だと諦めることです。
今の支店長が転勤で居なくなることを祈るしかありません。

ユーザーID:1376718713
なんとも言えませんが
チュン夫
2019年5月3日 12:03

昇給などの査定は、査定する人や会社の方針が変わっても変化するので、何がどうなっているのかはよくわからないです。

トピ主さんの上司は支店長なのでしょうか。

トピ主さんの支店長評価がメインなら、一部にはトピ文の理由もあるかもしれません。

ただ、支店の経費の使い方を指導するのがトピ主さんの業務であるなら、経費のチェックを綿密におこない、経費(特に交際費)の伝票が出てきても、必要不可欠であるという理由を明確に文書で出してもらい、簡単には決裁しないことも必要だと思います。

そのためには、本社からの指導は「怒られました」と冗談めかすのではなく、「こう言われました」と指摘のポイントや今後どうすべきかを書面で貼り出したり、電子掲示板に掲示すべきです。

そして「本社の指導があり、○月○日から経費伝票(特に交際費)は厳格に査定し、却下する場合もある」という告示を支店に出して、却下する基準もできるだけ書く必要があります。

>1人の接待客に会社の人間が5人も同行するな。と注意されたのなら、
「1人の接待客に会社の人間が5人も同行するな」と本社からの指示がありました。「商談での必須理由がない限り、1人の接待に同行者は1〜2名にしてください」と掲示しましょう。

もっと書けるのなら、「2名までの経費は認めます。それ以上の経費は経理として認められません。自費負担願います。特別な理由があるのなら理由書を提出してください」とか。会社負担金額の伝票が必須なら分割してもらうか、全額自費

それで支店長がホイホイと理由書を書いて決裁印を押せば認めざるをえません。

ただ、本社で指導されたときに、(原則同行2名までという)支店独自のやり方と、支店長決裁済みの理由書を見せて説明すれば、本社はトピ主さんはきっちりしている(原因はトピ主さんではない)と認め、かえってトピ主さんは本社から信頼されると思いますよ。

ユーザーID:6107294873
昇給って携帯からの書き込み
とうさん
2019年5月3日 17:54

低すぎる、もっと上げるべきって文句言う人はいるのに、頑張りの割には高いとか、下げるべきと言う人はいませんね。

評価以上に自分はできてるって思ってる人ばかりなわけで、実際は思ってるほどでもない人が多い。
元々評価なんてその程度のものではないですか。

それにいつもいつも自分を買ってくれる人が上にいるわけじゃない。

自分への評価であっても、評価自体は人がしたもの(人のもの)。なので、いい時も悪い時もあるのが当然だと私は思います。

ユーザーID:7011924226
トピ主です。
haru(トピ主)
2019年5月3日 20:10

皆様、早速のレスありがとうございます。

Remさん、「やはりそうか」と思う半面、本当にそんなことで査定されるなんてやっぱり信じられないです。

最初の本文に書いた通り、直属の経理課長が着任して間もなく突然死し、今は経理作業の全ての責任が私…ということになっています。
一年前に着任した総務と経理を兼務する立場の上司(次長職)は100%総務の仕事しかしていません。ですから事実上、私に上司はいません。
経理のことなど、何一つ気にかけていない様子で決算時など半月以上休みなしで残業をしていても進捗状況や体調など
気にかけてくれたこともありません。
経理に無関心なのは、「経理の経験もないし、何もわからないから」だそうです。
チュン夫様のご質問の『査定する人は誰?』は他でもない、この兼務のはずの次長です。
以前の経理課長がいた頃は特に気に入ってもらっていたとは思いませんが、A〜B評価でした。

今の兼務次長は支店長の完全なるYESマンですので、経理課を守ってくれる人は今はいないのだと今回のことで知った具合です。
私の本当の敵は支店長ではなく、次長なのかもしれません。

ここまで、まじめに経理の職務を遂行しようと力不足ながら、初めてだらけの課長がやっていた仕事に不備がないよう努めてきました。 休みも返上して。
とうさんさんのおっしゃる通り、『評価』なんて人間が下すもの。その程度のもの。なんですよね、きっと。

ユーザーID:8079082023
トピ主です。つづき
haru(トピ主)
2019年5月3日 20:16

自己評価が高いだけ、かもしれません。 でも、やっぱり私は一生懸命取り組んできました。
課長を含む4名でやっていた頃もある仕事量を、今は私と新卒で入った新人を育てながら2名でやっています。
それなりに苦労もしたし、体力的な限界ギリギリも乗り越えてここまできました。

会社は、私が何とか業務を全うすれば「なんとかなっている」と思うのでしょう。
支店長も、課長職の賃金を払わずに安い労働で「なんとかなっている」と思いながら、痛いところを指摘する経理のオバはんにはムカつくのですね。

本社にも昔一緒の支店で勤務した上司(支店長より役職は上)がいて時々電話をくれますが、
そこで何か業務の相談などすると「チクってる」と支店長は感じているようです。
今年来た別の課の課長に、私がこの昔の上司に「ご寵愛を受けている」と言ったそうです。
なので私はできるだけ、当支店のことをこの上司に話しません。なので、「根回し」という線も私にはありません。

今は白クマさんの「伝えなくていい」が私のチョイスかなと思います。
ただ…
当支店のことなど、どうなってもいい…このまま赤字なら閉鎖になって違う支店に転勤すればいい…という気持ちに傾きかけている自分も悲しいですし、
支店長が交代するまで適当にやりすごせばいい…というのも自分には難しいことのように思います。
なのに、こんなくだらないことで評価されたという虚しい気持ちも今はなかったことにできずにいます。

長々と心情を吐露するだけの文章になってしまい、申し訳ありません。
でも、モヤモヤは少し晴れて、ちょっとだけ虚しさと悲しみに気持ちが変わりました。
それはそれで、少し先に進めているのかも、と思います。 ご意見を頂いた方々、ありがとうございました。

ユーザーID:8079082023
減給じゃないのよね??携帯からの書き込み
まりの
2019年5月4日 10:56

私のトピックスの理解が間違っていなければ、トピ主さんは平均以下の昇給額であったが、減給ではない。
従って、今年の年収は昨年度よりは上がる。

と言う事ですよね?

一生懸命に頑張ってきた事は分かります。
日本が年功序列制度の国であることも。

しかし普通に考えて、これまでと同じ仕事をしているのに、これまで以上の給料を貰える理由はありません。

この1年間で、最低でも5000円、会社に貢献出来る様になって始めて昇給する権利があるのです。

残業を沢山したとかは関係ない。
むしろ残業は、通常より割増の賃金が支払われているのですから。

課長が配属されずに新人が配属されたと言う事は、課長とではなく、新人と二人でもこなせる仕事だと会社が考えていると言う事です。

この辺り、国際化社会に対応していく為には年功序列では採算が合わないと日本企業が気付き始めたからでしょう。
管理部門の経費節減は今や常識です。

もし仮にトピ主さんの会社がグローバル化していなくても、他社がそういった意識で活動しているのに、自社が経費のムダを続けていたらコスト競争に負けます。

今年、トピ主さんに出来ることは、早く新人さんが一人前に仕事を出来る様に仕込み、また、自らも業務の効率化を図ることで出来る限り残業をなくす。

そうすれば来年は、残業代相当の昇給を正当な理由を持って主張出来ると思います。

ユーザーID:8702859455
トピ主です。
haru(トピ主)
2019年5月4日 13:06

まりのさん、確かに減給ではありません。
支店単体の業績が悪い中、確かに減給はされていません。
通常の定期昇給にも及ばなかったということがショックでした。

今は他支店の黒字を搾取している状況ですので、それだけでも感謝しなければいけないのかもしれません。

ただ、残業を沢山したということより、公休も取れないほど励んできた、ということにもこの査定の虚しさを感じています。

そして、課長の代わりに新人が入ったわけでもありません。
課長亡き一年後、ベテラン社員さんが定年退職した代わりに入ったのが新卒の新人さんでした。
ですので、さらに状況は悪化したのです。

仕事量は前のレスにも書きましたが、一時は4名でやっていた仕事量から決して何か減っているとは考えにくいです。
この状況からみても、私が去年や一昨年と同じ仕事をしているとは思えないし、断言できます。
成果や貢献…などと言われると、確かに目に見える功績はないのでしょう。

確かに新入社員は去年の今頃、何もわからず、どこから教育していいのかも途方に暮れていましたが、
今年は頼もしくなって私を助けてくれています。
私はきっとこういうことに「感謝」しなければいけないのですよね。

腐っていても仕方ありません。 上司とも相性というものがあるのでしょう。

腐らず焦らず投げ出さず、私は私のすべきことをする。

皆さんから、ご意見をいただいてそんな気持ちに気づきました。感謝します。

ユーザーID:8079082023
休んで良いのでは?携帯からの書き込み
まりの
2019年5月4日 14:44

よく分かりませんが、公休を申請したのに総務の課長に却下されたのですか?
それならば、労基署に訴えて良いと思います。
でも、多分違いますよね?

休む暇がない!

と判断したトピ主さんが権利を放棄した。
そう言う事ですよね?

私は経理の仕事をしたことがないのでよく分かりませんが、本当に今ある仕事の全てを今と同じレベルでしなくてはならないのでしょうか?

多分、やらなくて済む、もしくは簡略化出来る仕事もあるはずです。

例えば本社に行くのは、トピ主さんではなく総務の課長や支店長が行っても良いはずです。
社内の会議ですよね?

トピ主さんが今すべき事は、仕事を減らす為に何が出来るのかを考える事だと思います。
4人でしていた事を2人で同じ様に出来る筈はない。

2人でするにはどうしたら良いのか?を考え、実行する事です。

年間休日日数が何日かは分かりませんが、今年から年休取得5日も法律化されました。

休むことを前提に、定時で帰る事を前提に仕事を進める算段をつけると良いと思います。

今までの7割の完成度になるかもしれません。
結果、社内、支店内の人が困ったら人員が増強されるかもしれません。

でも、私は何だかんだで殆どの事が7割の完成度で回っていくと思います。

営業職なら失注して売り上げが落ちるかもしれませんが、トピ主さんは管理部門ですからね。

そして、そう言った業務の整理能力こそがこれからの日本企業で働く社員に必要となるスキルだと思います。

それを身につけたら、昇進も昇給もあると思いますよ。
頑張って下さい!

ユーザーID:8702859455
そりゃそうなんでは
おおば
2019年5月4日 16:03

結論から書くと「それって自分が課を代表していく気持ちのなさが反映されたのでは?」と思ってしまいますね。

トピ主の書き方を見ているとどこか「私は将来課長になりたくないし、そんな責任も負いたくない、言われることだけを行いミスがなればそれは良い評価をしてほしい」

そんな雰囲気を感じますね。

ですが、トピ主が置かれた状況は
上司がいなくなり、新人が増えた
ですね。
それはつまり上の立場に近くなったということです。

それなのにトピ主の意識は変わらず(おそらく確信犯的に)ということで。「トピ主の意識は以前と代わらず、現状認識ができていないやる気のない人」に映っているのではないかと思いました。

だったら年齢もありますし、評価は少しずつ下がって当たり前ですよ。
年相当の役目というものがありますので、去年と同じ出力で同じ評価がもらえるのは新人と言われる年齢までですね。

機械(育つ気がなく同じことを繰り返し行うだけの人間)に払える金額は多くないのです。上限が見えてきているということでもあります。

ユーザーID:0314887391
トピ主です。
haru(トピ主)
2019年5月5日 7:37

まりのさん、本当その通りかもしれません。

私が勝手に「終わらない仕事」に取り組み、休めないと判断しただけです。
だって誰も助けてはくれなかった。

そしてそれは全ての仕事を100%やるべき仕事だと思い込んでいるのかもしれません。
ソツなくミスなく。

本社の会議は、2・3度次長に「体調が悪いので代わりに出てもらえませんか?」とお願いした月がありましたが、
「俺が出ても何もわからないから」と断られました。
そのうち、1度は欠席しましたが、結局自分で行くことにしました。(本社サイドからもそれを望まれました)

当社では昨年から有休取得義務の予行練習が始まりましたが、公休が取れていないのですから私は結局1日も取得していません。
今年から本当にこの義務を行使できるのか…と思っています。

まりのさんの「7割の完成度」・・・すごく響きました。目からうろこです。
7割も10割も見かけは同じかもって、思います。
自分の為に10割を守ってきただけかもって。

私は「年齢的に課長職は難しい」と、昔の上司(今は本社の偉い人)に言われています。
ですので、「課長になる覚悟がない」のではなく、「その道は続いていない」のです。
年相当の役目があるとしたら、役職相当の役目もあるのではないでしょうか。
私は今その役職相当の役目に相応しくないのでしょうか。

「私は将来課長になれないし、そんな責任も負う必要もないし、言われることだけを行いミスがなればそれを良しとして定例(普通)の評価をしてほしい」
と思っているのは本当です。
言われることだけ…にも、次の要望はそれこそ次々突きつけられます。
周囲の要望はあれもこれもと際限なく、同じ山だけを登っているわけではありません。

ユーザーID:8079082023
トピ主です。つづき
haru(トピ主)
2019年5月5日 7:38

言い訳ばかりを並べてしまいましたが、自分の気持ちも正直に書きました。
こういう場で、上司の立場の意見も聞けて「そうか」と自分の凝り固まった概念を覆され反省もあります。
わたしにとってはすごく意味のあることです。
企業とは、組織とは、そういうことかと自分の幼稚さに気づきました。

モヤモヤとくすぶっていた火種が、違う視野で燃やしていかねばと気持ちのシフトチェンジできたような気がします。
忌憚なきご意見をぶつけてくださった方々皆様に感謝致します。

ユーザーID:8079082023
いっぱい休んでいます携帯からの書き込み
まりの
2019年5月5日 13:08

私はいっぱい休んでいます。
子供が3人いるし、働くのはそんなに好きじゃないので。

でも、ただ休むだけだと迷惑をかけるので、いつもいつも、短時間で済ます方法を考えてきました。
効率良く成果をあげる方法を。

最近になって、私が勤める会社では残業0を推進し始め、査定に関わる年間目標にもなっています。
フレックスタイム制なので、毎日定時に帰るわけではないですが。

それで、残業しないために、業務の棚卸しをしろ、効率良く作業しろ、っていうのも叫ばれています。

私には今更な感じですが、周りを見渡すと上手く仕事が出来ていないと感じる人はいます。
そう言う人はたいてい、優先順位の付け方が下手だなって思います。

絶対にやらなくてはいけない事を後回しにしたり。
そうすると、5時になっても帰れない。
やらなくてはいけない事をやり残してるから。

あと、どっちでもっていう仕事を切り上げるのも下手です。
明日にしたら良いのに、とか、そこまでしなくても良いのに、とか。

私は会社で忙しいって思うより暇だな、って思う事の方が多いです。
忙しそうにしている同僚の隣で口には出せませんが。

暇だから、どっちでも良いかなって事をやって、時間を潰す感じです。
あと、同僚の仕事を手伝ったりとか。
だから私は+αの評価ですよ。

ユーザーID:8702859455
もう見ていないのかな?
ara
2019年5月11日 17:27

>残業を沢山したということより、公休も取れないほど励んできた、ということにもこの査定の虚しさを感じています。

言い方は悪いけど、
欠員補充をしないという形でリストラしてるよね。

リストラで仕事が忙しくなった、
休みも取らず頑張っているのを評価されない
っていうのは違うんじゃない?
逆に言えば、4人でやっていた仕事は2人でやる事も可能、
今までが無駄な人件費を使っていたって言う事も出来るよね。

>経費の使い方等、本社で指導を受け、それを社員に伝える

本当にそうなの?
一介のヒラの経理職員にやらせる仕事なの?
支店長の会議とかはないのですか?
それも不思議ですね。

>このまま赤字なら閉鎖になって違う支店に転勤すればいい…

他の支店に異動って出来ますか?
支店閉鎖で解雇ってケースもありますけど。

ユーザーID:9385965825
低い上限の機械を受け入れましょう
おおば
2019年5月11日 21:05

「私は将来課長になれないし、そんな責任も負う必要もないし、言われることだけを行いミスがなればそれを良しとして定例(普通)の評価をしてほしい」

ということであれば、それはもう上限が見えてきているということです。

キャリアが繋がっていないことで年相応の貢献ができないという論理は会社の論理ではありませんから。

低い上限のキャリアを選んだのなら受け入れましょうというのとですね。

もしくはどんな方法があるのかはわからないですが、キャリアを繋げることです。低い上限の機械になるか、キャリアを繋げて上限を高くするか。

基本的にはその二つに一つではないでしょうか。
過去というものは変えられないので心苦しいですが、それがトピ主の文章を読んで感じる本音ですね。

ユーザーID:0314887391
査定する上司に聞けばいい
黒猫
2019年5月12日 10:30

「昨年までB評価を安定して頂いてました。今回の評価に納得いきません。課長が居なくなってからその仕事までカバーして回しているのになぜ評価が下がるのでしょうか?」

課長を置く費用が無いならあなたを「主任」とか「係長」に昇格させて基本給を上げ、仕事を増やすならまだわかります。
で、「主任/係長としてはB評価とは言えない」と言うなら納得も行くでしょう。

ユーザーID:5167906788
 
現在位置は
です