現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

ピアノ演奏時に体が揺れることについて

レンヨル
2019年5月5日 0:26
古いレス順
レス数:31本

タイトル 投稿者 更新時間
情感を入れても音が悪いのって駄目じゃん
K
2019年5月7日 20:01

情感を入れると身体が動き音が悪くなるのって音楽として本末転倒ではないでしょうか?
それってただの自己陶酔ですよね。
人に聞かせる音じゃないですよね。

身体を動かさなければ綺麗な音だけど機械的というのなら、身体を動かさないで表現出来るよう練習すれば良いでしょう。
その延長上に音と同化した身体の動きがあるのではないでしょうか。
気持ちばかり先走った演奏は聞いている方は感動しません。

プロピアニストは基本の正しい姿勢での演奏を完璧に身につけた上で自己表現で身体が動いているのだと思います。

ユーザーID:9801763458
意識して揺らす必要は無いでしょう
素人ピアノ弾き
2019年5月7日 23:06

女流ピアニストの演奏を見てみると、
ユジャ ワン(超絶技巧系の売り出し中の若手)やアルゲリッチは、心持ち前後に状態が動くだけで背筋はおおむね伸び、動きが少ないことがわかります。
動きが多いと思うのはグリモーですが、彼女は感極まると鼻が天井を向くくらい上を向くから動きが多いと見えるので、上体の左右の揺れなどは少ないです。

しかし、日本人の平均的体型(私も、です)は、高速オクターブなど技巧系パッセージでは、腕を鍵盤に正対させるように上体を動かさないと正しい音が弾けない、という問題があります。

過剰に上体の揺れを意識することはないでしょう。

ウェイトトレイニングなどで体幹の強度が増すと、自然に上体が安定し、ピアノが自然に弾けるようになります。

情感をあらわすために過剰に状態を振ったり揺らしたりすることは良い音につながるとは思えず、故意に行うことには賛成しません。また、自分の音を客観的に聞くためには頭の位置が一定していたほうがいい、という気もします。

私なりの結論は、自然に上体が揺れるのは気にする必要はないが、故意に揺らす必要はない、というあたりになります。

ユーザーID:6152712899
見苦しい
きらり
2019年5月8日 8:43

意識して、かつ、自己陶酔の境地の揺れは、見苦しい。
それにつきます。

本人は良いと思っているでしょうが、聴いている人には不必要な動作です。
一人の時に、自分の演奏スタイルに酔ってください。

ユーザーID:0199006963
聴き比べてみて
とりとりとりる
2019年5月8日 10:08

いろんな弾き方で演奏・録音して、
聴き比べてみて、
良いのを採用しては?

ユーザーID:1060538329
客観視
とーしろ
2019年5月8日 11:37

ご自身の演奏している姿を動画撮影して、見たことはあるんでしょうか?

なければ試してみて、その上でやっぱりこれがいいと思うならいいのではないでしょうか。あくまで、趣味ですし。

まあ先生は変えたほうが互いのためのようには感じます。

ユーザーID:8483381150
今度は脱力の視点から
pax
2019年5月8日 14:46

どんな楽器でも言えることですが、

指や腕の静止、これは脱力でも達成しえるし、拮抗筋同士の怪力的綱引きでも達成できる。
大概、凡人初心者は極力動かさないでと注意されると、後者の方で達成させようとする。むしろ多少動いていた方が脱力できているということになる。これに関しての小生の管楽器での体験です:

ロングトーンで無駄な動きをしないで、まっすぐな音でと指示されると、体全体がガチゴチに力が入る。
響をための稽古なのに余計に硬い音になる。これが1ヶ月続いたので、君はパラパラっと音階吹いてるときの方が良い響してるので、響の練習は音階と分散和音でやって行こうということに。その後呼吸、アンブシュル、指の稽古で試行錯誤した結果、それの延長上に全ての調で楽器が発音できる最低音から常識範囲の最高音までの音域で音階練習を日課でやるようになりました。

が、知らず識らずのうちに、どんどん悪い癖がつき全うに演奏できなくなり、違うお師匠に師事。徹底的に厳しいトレーニングに打ちのめされましたが、才能至らずで良薬の副作用のみ出てしまった。極力の脱力と無駄な動きのない状態であるエクササイズの1課から2課をしたのだが良好とのことで先へ進む。そこで才能の有無の差が噴出。既存課題と同じに稽古したがいつの間にか、楽器と身体との運動と位置関係に違いが生じ1課と2課で身についた技能を相殺する稽古を懸命にしてた訳。当然より一層下手になってくる。できたたものもできなくなる。お師匠に相談しても、いや白紙にもどすという意味では効果があるのだとか言われ、挙句は楽器とオケの件でトラウマ化してしまった。1年間楽器を全く触ることなく過ごした結悪い癖は消失。一身上の都合で旧式の楽器へ鞍替えした。

実は上記拮抗筋同士の時間的整合障害が早いパッセージでの音の不均等化と、走ってしまうことを引き起こすが、またの機会に、、、

ユーザーID:6377042186
大事かもしれない追記等など 
pax
2019年5月8日 16:39

> 実は上記拮抗筋同士の時間的整合障害が早いパッセージでの音の不均等化と、走ってしまうことを引き起こすが、またの機会に、、、

と書きましたが、裏拍を感じて稽古することで防げます。才能ある人は少々演奏できるようになっても実践続けてると伺いました。面白いことに超初心者(楽譜の読み方や初歩の楽典を教わるレベルの)は意外と裏拍を意識してるが、慣れてくると意識しないで勝手に演奏してしまうということも伺ったことがあります。

自分の演奏の録音をフィードバックして聴くことできれば動画も は必須ですが 録音機の録音スイッチを押すのは演奏者が知らぬうちにお師匠とか第三者にしてもらうのがいいです。自分でスイッチを押したということで、いつもと異なる演奏の仕方をしてしまってることは小生の場合常でした。

こういう状況での録音は、リズム、テンポ、イントネーション、フレーズに対してはとても有効でした。気付くという意味では。でも自分では欠点を是正できなかった。お師匠も匙を投げたこともあった。
響に関しては必ずしもこの方法が最適ではないと感じる。発表会などでの実際のホールの演奏のフィードバックが適切と思う。

ユーザーID:6377042186
体ではなく頭の中で携帯からの書き込み
2019年5月10日 11:22

動画を見てると、音楽にあわせて大袈裟に体をゆらしたり天を仰いだり、それが感情をこめてるとして弾く方を見かけますが、個人的に決めつけですが、きっと上手くないんだろうなと、すぐ動画を消します。音楽の感情表現は頭の中から指先に伝わるものと思うし、うまいピアニストが体を揺らしてるでしょうか。
体を揺らして音楽にのってる姿は本人には気持ちいいかもしれないけど、滑稽だなって思います。全く動かないというわけでないですよ。
なかにはそういった方でも天才的に上手な子供もいましたが、外国に留学して演奏スタイルを矯正されたと言ってたと思います。

ユーザーID:7904295768
オーバーアクション
ピアノ
2019年6月5日 17:12

コンクールや審査員によっては嫌われる事があると聞いたことがあります。
やり過ぎはよくないと思います。
辻井伸行さんは、視覚障害があり、身体を揺らすのは違う理由だと思います。

ユーザーID:5131601899
オーバアクションは
pax
2019年6月6日 11:02

--------- 知覚と運動は、双補完的という意味を考慮すると --------- 知覚を減らして(自分やアンサンブル仲間の演奏をあまり聴かずという意味ですが)、自己陶酔してるかをしめす指標といえると思います。

この双補完性という概念を考慮すると、視力障害がある方々はその分知覚の量?(どう計測するのか不詳だが)が少なくなるので、体全体の運動が増えても、結果的に名演ができるのなら、なんら問題ないと思います。

ユーザーID:6377042186
星さんにつけたし
ピアノ
2019年6月6日 16:29

私も聞いたことがあります。
オーバーアクションは、日本より海外で嫌われる事が多いそうですね。
海外に留学した人が、「なんでそんな気持ち悪い弾き方をするんだ。」と言われて弾き方を直されたそうです。
私は音大でピアノを専攻していましたが、自分のピアノを弾いている動画をみて揺れているのに気付き気持ち悪いなと思いました。無意識だったんですけど。教授に指摘される事は有りませんでしたが直そうと思いました。

ユーザーID:5131601899
 
現在位置は
です