家族との嫌なことを忘れる方法

レス27
(トピ主0
お気に入り57

家族・友人・人間関係

アール

母親に関しての悩みです。
私は21歳の大学4年生です。
ちょっと心がモヤモヤしている状態です。

私は幼い時にピアノを習ってました。
コンクールに出場し、そのコンクールの予選通過者だけの発表会があって、そこで演奏しました。
でも、他の子に比べるとかなりレベルが劣っていて、それは当時の私も感じていました。
他の子は上手だなあ、私は全然うまく弾けなかったなぁと。

その発表会には母も当然来ていて、私の演奏も聞いていました。
演奏のあと、私は客席の母の元へ戻りました。
うまく弾けなかったけれど、「頑張ったね」とか「上手だったよ」とか、声をかけてくれるのは母しかいなかったので、私は期待していたのです。
他のお客さんには下手と思われてもいい、それでも母だけには褒められたいと。

演奏後に母の元へ行きましたが、母は私の方を見てくれませんでした。
きっと、今は演奏中だからだと、会場を出たら褒めてくれると思っていましたが、そのあとも母は同行者に「もう〜親子でがっくりよ」と言っていました。

もうひとつ、思い出したことがあります。
私はそろばん教室にも通っていました。
年に一度、いろんな教室が集まって珠算大会がありました。
そろばん教室には友達2人と一緒に通っていて、珠算大会も3人で出場しました。
ある競技で、すべて満点だと小さなトロフィーがもらえました。
それは毎日毎日練習してきた競技でした。

結果、友達2人は満点で、私は満点ではありませんでした。
友達2人はトロフィーをもらい、私は当然ですがもらえませんでした。
大会が終わった後、母の元へ行くと、「あんただけがトロフィーもらえなくて、ママ悲しかったよ」と言われました。

普段母と仲良しです。母のことも好きです。
でもこのことを思い出すと、心がモヤモヤするのです。
どうしたら忘れられますか。
きっと母は覚えてません。

ユーザーID:3740157699

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 忘れなよ

    嫌な思い出を背負わずにおとなになった人なんて居ない。難しいことじゃない、ただ、いい思い出を増やし嫌な過去をそれで埋めればイイじゃんか。

    ユーザーID:6249019976

  • 受け入れてあげて

    確かに、娘が必死で努力したことを認めず、一方的に失望したと伝えることは、母親として酷い態度だと思います。
    その瞬間、確かにお母さんは「母親」として間違った態度をとったんでしょう。
    でも、それは仕方ないことかもしれません。

    女性は単に子供を産んだから「母親」になれるわけじゃないです。
    「母親」になるスピードは人それぞれで、元々母性が強くて出産前から苦も無く「母親」になれる人もいれば、何年も時間をかけて試行錯誤しながら「母親」になっていく人、あるいは子供を産んだものの一生「母親」にならずに過ごす女性もいると思います。

    トピ主さんのお母さんは、時間のかかったタイプなのでしょう。
    あるいはいまだ「母親」にはなれていないのかもしれません。
    今トピ主さんがお母さんと仲良く付き合えるのは、トピ主さんがすでに子供ではなくなって、大人の女性になったからです。
    「子供と母親」としての付き合いではなく、ある程度意志や価値観を共有しえ合える「大人同士」になれたから、仲良く過ごせるようになったのでしょう。

    お母さんは過去に確かに「母親」として失策を犯した。
    でも、完璧な人間などいません。
    トピ主さんは今はお母さんを女性として尊敬している(だから仲良く付き合える)んだと思いますが、そんなお母さんですら、母親としては二度も子供の記憶に残るような大きな失策を犯しているのです。
    そのくらい「母親」になるって難しいこと。

    子供は親を選べませんから、お母さんが「母親」らしく行動できなかったことは、トピ主さんには何の落ち度も罪もありません。
    だからどうか広い心で許してあげてください。
    今許せば、トピ主さんが母親になった時にその許しがきっとあなた自身を助けてくれると思いますよ。
    自分の為に、お母さんの未熟だった事実を受け入れてあげてください。

    ユーザーID:0745744976

  • わかる

    ああ、それね。私も似たようなことあります。
    割と多くの人が抱えている悩みかもしれない。
    我が子が幼い頃、親も若いし未熟だし悪気なく発した言動が子供の心には傷として残り続け、大人になってそのことを話しても言った本人、覚えてないってやつ。

    あなたがお母さんに伝えるしかないと思います。
    昔のことだけどごめんね、ずっとモヤモヤしててさ、って。
    あの時お母さん、どんな気持ちだったの?って。

    もしかしたらお母さんは覚えているかもしれない、なんとなくでも。「そんなこと言ったっけ?」なんて態度でも「そっか、悪かったね、ごめんね」って言ってもらえたらそれでなんとかなるんです。
    ちなみにうちの母親は60を過ぎてようやっと謝ってくれたなあ。「今ならわかるけどあの当時はわからなかった、ごめんね」って。

    もし「昔のことなのに今更」みたく相手にしてくれないようなら、あなたの心のわだかまりはこの先も続くと思います。
    それはもうしょうがないことなので、うまく共存して生きていくしかない。
    でも諦めることはせず、お母さんがいつかわかってくれる日を待って、母娘関係は良好にし続けていくのがいいですよね。

    >どうしたら忘れられますか

    無理です。

    >きっと母は覚えていません

    わかりませんよ。

    ユーザーID:7769235129

  • お母様に気持ち話してみたら?。

    トピ主さんのお母様の様な母親って結構居るかもしれません。
    ピアノの件は例えトピ主さんが上手に弾けてもお母様は同行者に「大したことないわ。」と謙遜するタイプかもしれません。
    そろばんも娘の友人二人はトロフィー貰ったのに娘だけ貰わない悔しさから言ったのかもしれません。悲しさと言うより悔しさ。
    きっと娘は娘と言うより娘と自分が同一化しているのかもしれません。

    何れにしても子供にしたら母親の其の言葉は悲しい以外何も無いですね。
    此処はお母様が覚えてなくても「今更だけど。」と話してみたら如何です?。
    其処で素直に謝ってくれるお母様なら謝罪を受け入れてあげましょうよ。
    其処で「そんな事。」と」言う様なお母様でも「お母さんにとってはそんな事でも私は何年たってもお母さんの言葉が消化出来なかった。お母さんにとっては大したこと無い一言でも私には悲しかったと言う事だけ覚えておいて。」と言ってみては如何でしょう。

    ご自分の気持ちを母親に話したって良いと思いますよ。

    ユーザーID:5631759122

  • 大人同士のつきあいをする

    トピ主さんの悲しい気持ちは十分わかります。私の母もそんな人でした。100点とっても当たり前。98点だったらなぜ2点間違えたのかとしかられたものです。

    でもトピ主さんは21歳。もう十分な大人ですよね。一人の大人としてお母さんと接するといいと思いますよ。

    自分のお母さんはすばらしい人であってほしいと思うけど、ホントはお母さんは「ただの人」なんです。実はトピ主さんのお母さんだけじゃなく、みんなみんな普通の人なんです。トピ主さんの友達にも「どうしてこんな事言うのかな」と思う人いるでしょ?そう、どこにでもいる普通の人なんです。

    もちろんお母さんは世界で一番素敵は人であってほしいけど、そんなことを願ってもしかたがないんです。ちょっと残念なことではあるけど、実際には仲良くて好きなんですよね?それで十分じゃないですか。

    そう思って生きていったほうが、トピ主さんのためです。そしていつかトピ主さんに子供ができたとき、自分がこうしてほしかったと思うことを一杯してあげてください。

    でもそうすると意外とうるさいお母さんと思われちゃったりするかも。皆ないものねだりなんですよ。

    ユーザーID:1076714926

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • うーん、何故誉めてもらえると思ってるのか?

    不思議、、私も2人子供居ますが、上記の場面なら誉めたりはしない
    何故誉めてもらえると思ってるのかが不思議ですけど、、
    親なら誉めないといけないの?その誉めるてどんな言葉が欲しかったわけ?

    ピアノの件、私なら「お疲れさん」
    そろばんの件、私なら「残念だったね」

    ユーザーID:2401844628

  • 遠い思い出

    100%完璧な母親はいませんよ。

    忘れられないという事は悔しかったんでしょう?
    悔しかったという事はまた頑張ろうと思えたのでしょ?

    素敵な母親だと思いますよ。

    ユーザーID:0925305240

  • お嬢様なんでしょうね

    21歳といえば独立して家庭を持っていてもおかしくない年齢です。
    これがトピを立てるほどのお悩みとは、さぞ大事に育てられたのだなと思いました。
    忘れる方法とは「毎日忙しく生きること」でしょう。
    大学を卒業したら、実家から少し離れたところで一人暮らししましょう。
    家事も全部自分でやり毎日の生活が精一杯になれば、きっと頑張って思い出さないと忘れてしまうほどの悩みだと思います。
    悩みを抱えたままになるでしょうから、間違っても院には進まないことをおすすめします。

    ユーザーID:8131869101

  • 文句は今からでも心ゆくまで言っちゃう

    ちゃんとその思い出を話し、そして思いっきり泣いて「あんなふうに言われて悲しかった!」と訴えましょう。
    いわゆる、育て直しの育ち直しです。

    正直、私も娘の中学受験勉強中はテストのたびにため息をついてがっかり感を出してました。
    それは娘を傷つけるためでもなんでもなくて、期待するがあまり本気でがっかりしちゃうからです。
    数年後によその子の家庭教師として勉強をみてましたが、どんなにテストが悪くったって、そりゃあ良かったときよりがっかりしますが
    顔になんてでません。余裕です。笑顔です。かろうじてできたところを褒めるのなんて朝飯前です。
    自分の分身のように思う我が子だから自分のことよりも落ち込んじゃうんです。
    でも、娘は今でもそのことを不満だったと私に言います。
    その度に謝りもするし、いや、でもあれはいくらなんでも出来なさすぎでしょーとも笑いあったりもします。

    辛い思い出は蓋をしても癒えません。
    表にさらし、何度も吐出し、互いに悪気はなかった、いやあれは傷ついた、と振り返りながら鋭利なつっかかりを丸くしていくしかないと思います。

    正直、お母さんが褒めてくれなかった、むしろ塩をこすりつけられた、と、その思いだけに捉われていますが
    実際は一人だけ出来がよくなくてみじめだったという気持ちをそのお母さんとの関係にすり替えている気もします。

    そして、母だからといって娘にとって素晴らしい慈愛にみちた言動をできるかどうかは個人差です。
    妻だからといってパートナーに常に愛らしく癒し系でいてしかもいざとなれば強く支えるそんな女性でいるかといえばそれは個人差でしょーというのと同じです。
    お母さんはちっともお母さんらしくなかったよねー、と笑って言えるよう、きちんと育ち直しをしたいものです。

    ユーザーID:3436509750

  • 悲しかったですね

    多分それは、自分が親になるとわかるかな?多少許せるようになるかな?と思います。
    親は子供に、過度な期待を持ってしまうのです。
    子供はそれに答えようと必死になります。褒められれば安心し、嬉しくなります。

    ただ親は、成熟していない生き物なので、子供がその期待に答えられないと、ショックを受けたり、子供への苛立ちに変わったりします。
    親になるためには、勉強したりテストして資格を取ったりはしません。

    だから、皆、誰でも最初は素人なのです。
    親の中には、不器用で、子供への声掛けが下手な親がいるのです。こればかりは仕方ありません。

    主さんも子供を持ったら、失敗をしてしまう事も多いと思います。
    ああすれば良かったこうすれば良かったと、失敗を繰り返して成長します。それが親と言う生き物です。

    お母様は、まだ親として成熟していなかった。
    ただそれだけの事です。許して差し上げて下さい。

    主さんがもし子供を産んだら、親の失敗を教訓にして、子供へどのようにしたら上手く声をかけられるか、育児書を読んで勉強してみてください。
    その時に主さんの経験が生きると思います。

    ユーザーID:3383024823

  • 親だって人間ですから

    そんなこと、山ほどありますよ。

    親だって人間ですから完璧なわけありません。
    完璧な母なんていません。

    いつもいつも、あなたが喜ぶ言動をするわけではないのです。

    逆にね、あなたの言動で親が傷ついていることも
    沢山あるんですよ。
    毎日毎日、必死になって育てているのに、これか〜っていう言動。
    子どもだから、そうやって成長していくんだからいいんですけど
    でも、親も正直「まだ伝わってないのか」と残念になり傷つくことも多々。

    かといって、それを根に持ってモヤモヤしていても仕方ありません。

    あなたももう成人した大人です。
    忘れなくていいんです。
    自分の母は、そういうちょっと見栄っ張りなとこがあるんだなって認識をすればいいのです。

    そして、あなたが嫌だったのなら、あなたが自分の子を産んだ時には気をつければいいのです。

    ユーザーID:7516693832

  • いつも、高い目標に向かって、頑張りましたね

    お母さんの気持ちとしては、自分の子供が一番だといいなと夢見ているんでしょうね。
    現実は、厳しい競争で、一番でなくても、頑張ったことは褒めていいんでしょうが、お母さんとしては、次頑張ればいいと、子供の気持ちより自分でいっぱいいっぱいだったのでしょう。
    今時のお母さんは、子供の気持ち重視ですが、少し前のお母さんはそういう人が多いのだと思います。

    お母さんと仲良くて、いい関係なら、お母さんって子供っぽい面がある人だと思って、許すことが出来るなら許しちゃいましょう。

    モヤモヤ許せないと思うなら、自立のチャンスです。
    お母さんのいい娘をやめて、好きなように生きると決意して、自分の気持ちを一番大切にしながら、たまには、譲れない気持ちをお母さんにぶつけてみましょう。

    ユーザーID:3333331992

  • 私も

    同じです。

    幼い頃から生活の時間のほとんどをピアノにかけがむしゃらに取り組みました。

    毎年のコンクールも、予選通過、本選、全国大会、入賞が当たり前の状態でした。

    学校から帰ってきた兄には、「おかえり〜」「ごはん食べなさい♪(笑顔)」

    私には、学校から帰って「おかえり」はありませんでした。

    代わりに、「遅い!!さっさと食べて早く練習しなさい!(怒)」

    あのころの私が欲しかったもの。
    それは、優しい「おかえり」でした。


    今、私は、自分が欲しかった「おかえり」を娘に大きな声で言っています。
    「おかえりーお疲れ様!寒かったね」と笑顔で出迎えます。


    ある日、娘がピアノの先生にやられたことがありました。
    懸命に頑張ったコンクール。
    先生から「お疲れ様」「頑張った」の言葉は一言もありませんでした。無言。

    次のレッスンで、速度がやや乱れたとき

    「ほらーー(怒)!こんなだから、こないだ(コンクール)もこんなことになるのよ!(怒)」と。

    ・・・私の中で、何かが切れました。

    (先生には、何も言っておりません)


    本題に戻ります。

    あきらめましょう!

    そして
    いつか生まれるかもしれないトピ主さんの子供さんにたくさんそそいであげてください。

    ピアノに限らず、勉強・スポーツ・日々の遊び
    なんだって たくさんたくさん褒めて認めてあげましょう。

    「がんばったね」「見てたよ♪」「すごいねーー!」「お母さん、〇ちゃん大好き!」

    母親は子供の一番の味方です!応援団です!

    ユーザーID:7636939303

  • 本音を隠しておくと後に来る

    お母さん、我が子であるからこそ悔しくてたまらなかったのかもしれないですね。
    私がまさにそういう育てられ方をしてきました。私はあなたのように、昔は母が一番でしたが、大人になった(中学生の娘も持ち)今では大嫌いです。
    常に友達と比べられ、やる前から不安がらせる事を言うくせに出来ないと怒る…

    人と比べられるのは結構、長いこと傷つきますよ。忘れることは容易ではないです。
    自信もなくします。
    出来たことを認めてあげれば、その子のモチベーションも上がると思うのに…
    だから私は自分の娘には、そういう所は気を付けてます。
    あなたはお母さんが好きで、仲も良いみたいだから、機会があったら本音で話してみたらどうかな?
    人と比べられたのは傷ついたよって。
    自分なりに頑張っても、追い付けなかったのは私が1番悔しいんだってこと。

    上手く、モヤモヤが解消できるといいですね。

    ユーザーID:0759042665

  • 諦める

    諦めたらいいと思いますよ。
    主様は『親はこうあるべき』と決め過ぎている気がします。

    私の親も「もう〜親子でがっくりよ」「あんただけがトロフィーもらえなくて、ママ悲しかったよ」と言う親でした。

    幼い頃はすごく親に期待しましたが、私も親の期待に応えられる娘ではないし
    まあ仕方がないかなと思うようになりました。

    ユーザーID:3924327278

  • 忘れない方が良いんじゃないの?

    うーん
    主さんは、「自分のお母さんがそういう人で、私って可哀想だった」って思ってるのかなぁ?

    同じ経験をして
    「自分が下手だったから、お母さんをがっかりさせて、ごめんね」って言う気持ちばかりで、いっぱいになっちゃう子供もいると思うよ

    でも、トピを見る限り、主さんの中には、そういう視点は見えないよね



    第三者目線で見ると
    「自分が相手をガッカリさせたことに気がつかないし、それを申し訳ないとか、ダメな私とか思う視点がなくって
    相手に自分がガッカリさせられたことにばかり気を取られて、不満を溜め込んだり、、可哀想な私って思ってしまう」

    そういう点が、主さんも、お母さんも、同じなんじゃない?って思うけどね




    お母さんのそういうところが、子供として、家族として嫌だったと思うなら、
    友達や、今後、主さんが作っていく家族(夫や子供)には、そういう思いをさせないように
    妻や母の立場の主さんは、「自分がお母さんにして欲しかったこと」が夫や子供にできる人になれるように頑張ってね


    手始めに「あの時、お母さんは私になんて言って欲しかったのかなぁ?」って考えてみたら?



    とにかく、こういう事件は反面教師としてしっかりと覚えておくべきだと思うよ。
    絶対、忘れちゃダメ!

    ユーザーID:3228784656

  • そうやって振り回されてやがてコントロールされていく

    いつまで、そうやってママに褒められたい自分でいますか?

    こういう事を繰り返していると、自分を認め受け入れてくれる危険な人物に将来あっさりハマってしまいますよ。

    トピを立てた事で、今の自分を第三者の目線で語ってもらえるレスを目にするでしょう。

    お母さま、「異様」ですよ。

    好きな部分はそのままでいいのです。

    そして、母親に娘が違和感を持っても別にいいのですよ。

    それが人格を形成出来ている、していっている証拠。

    このまま振り回されてコントロールされ続けてはいけません。

    貴重な一度だけの人生を、そういったものに費やし棒に振った同世代の末路を見るにつけ切ないです。おばさんは。

    ユーザーID:6695191731

  • 半面教師と思えばいいですよ。

    昔の親は、生活も苦しく、子供を褒めて育てるなんて、知らなかった人も多いと思います。

    あなたは兄弟姉妹何人ですか?

    兄弟は多いと、親は何かと比べますよ。

    小学校から成績を言われたので、努力してずっと上位を保って来ました。
    ところが、中学になると、妹の身長が高くなり、身長やスタイルを比較されます。
    結婚も相手の収入で比較されます。

    結構傷ついたことは沢山ありますが、まあ、昔の親は苦労して、子供たちの学資を出してくれたので、私はすべてを許すことにしています。

    親が高齢になり、弱ってくるのを見ると、親の愛情もいっぱいあったという良い思い出ばかりになり、親を許せるようになりますよ。

    あなたは子育てする時に、「子供を褒めて育てる」を基本におけばいいのですよ。

    ユーザーID:6161604601

  • あなたは親を傷つけてないの?

    そろばんもピアノもがんばった記憶しかありませんか?
    人より頑張った記憶がありますか?

    そろばんもピアノの月謝も、今通っている大学の授業料も
    全て全て親が汗水流して働いて稼いで、自分の事は後回しにして
    欲しいものもあきらめて、
    あなたに遣っている、そういうお金ではありませんか?

    その習い事中、ここまで頑張ってその結果だったら仕方がないと
    周りが言うほど頑張ったんですか?
    習い事の月謝は高いです。特に結果が出ないのに、何か月も何年も…。
    その金額を思うと、子供にかける親の思いもわかると思います。
    褒めてほしいのはわかりますが、自分はその結果に合うだけの努力をしたのだろうか。普段はだらだらして
    親に「練習しなさい!やる気がないならやめなさい。」
    なんて言われませんでしたか?
    それでも、なんとなくもったいないからとずるずるやめるのを引き延ばした…。
    親はそういう時も月謝を払ってくれてましたよね。

    親はあなたの「いつかやる気になる」可能性に賭けて叱咤激励し
    子供に何度も騙され、裏切られても、最後は信じて
    ただただ、働いた。

    自分が褒められなくて悲しいと言いますが
    その習い事のために親に感謝の気持ちをちゃんと伝えたことありますか?

    もし、トピ主さんが親も認めるぐらい本当に一生懸命頑張って
    そのコンクールや大会に臨んでいたならば

    >「もう〜親子でがっくりよ」

    ではなく
    「よくやった!」
    って言われませんか?

    普段を見て言われているんじゃないですか?

    やっぱりトピ主さんの努力はそういう言われるだけの内容だったのではと思います。

    親だって、あなたにかけた期待、投資金額、普段は言わないようにして忘れたふりしてくれてるんですよね。
    だったら、あなたも同じことしなくては。
    親だって十分傷ついてますよ。

    ユーザーID:5488694568

  • 私は逆

    褒めてくれる母でした。

    絵を描くと、上手!凄い!もともと絵は好きだったので、デザイン系の学校へ進学。いや、私なんかよりもっともっと才能がある人がたくはん。現実を知らしめられました。

    あんたはスタイル良い!ママの友達もみんな褒めてるよ。将来鼻も高くなる。モデルになるとよい。世の中もっともっと綺麗でスタイル良い人はゴマンといます。今はちょっとだけ綺麗なおばさんです。

    どちらが正解かわかりません。ただ過去のことをいつまで根に持っていても仕方ない。
    そんな私の母は今年、十三回忌です。私が第二子を産んでひと月で、61になってすぐ亡くなりました。

    過去より、これからのお母様との時間を大切にして下さい。まだ若いからわからないかなー?

    ユーザーID:3543081510

  • 私は大人になって言いました。

    100点をとれば「みんな100点だったんでしょ?」と言われ

    小学生の時、鼓笛部に入りたいと言えば、「あなたみたいなチビが楽器できるの?」と言われ

    他にもいろいろありましたが、モヤモヤしてました。

    大人になってから、こうこう言われて傷ついていたことを話しました。

    母は覚えていませんでした。どれ1つとして

    謝ってもらい、今では笑い話です。

    アールさんも忘れるというのではなく、お母さんに正直に話して、ぶつけてみては、どうですか?

    ユーザーID:6823920121

  • 人間だもの

    お母さんだってただの人間だもの、やらかしてしまうことはありますって。
    私もね、子供を二人育てましたが、トピ主さんのお母さんよりもっと酷かったかもしれなき。
    まぁ、少なくとも私の母はトピ主さんのお母さんよりずっと酷かったな。
    トピ主さんももやもやするかもしれないけど、自分もお母さんになったらそうそう完璧な母親なんて無理だってわかるから。
    世の中のお母さん達はみんな似たり寄ったり。
    いい時もあればダメな時もある。
    それだけだよ。

    ユーザーID:0135346668

  • 褒めたら褒めたで勘違い人生

    2度目のレスです。急に思い出したことがあるので…。

    私の母も同じような人だったと言いましたが、褒めて(?)くれたこともありました。小さい頃から「カホコちゃんは顔が小さくてお母さん羨ましいわ」って。そう、母よりは小さかったのです。でそれをずっと信じ込み高校生の頃男友達になにげなく「私って顔が小さいから…」って言ったら「プッ」と笑われました。

    褒められたら褒められたでずっと信じちゃうこともあるから、ハッキリと言われるのも意外と現実を知っていいのかもしれませんよ(笑)。

    ユーザーID:1076714926

  • 自立かな

    カウンセラーでもセラピストでもない私の素人考えですが。

    トピ主の母親みたいな人は割と沢山います。感覚的には数割くらいでしょうか。
    親に褒められたいというのは子供の基本的な感情です。特に女の子に多いような気がします。
    なので小町でも実社会でもよく見かけます。
    その度に切ないなあ、と感じます。

    >きっと母は覚えてません。

    今仲良しならば覚えていないのでは。
    一方人間でも他の高等動物でも子供の時の強い体験は生存本能により長期間意識に残ってしまいます。
    言った方は強い体験ではないため意識に残りません。

    モヤモヤを忘れることは容易ではないと思います。
    そして他人というものはなかなか変わりません。
    またトピ主は同様な言葉に敏感になっている状態なので今後さらにモヤモヤは増えていくかもしれません。

    >それでも母だけには褒められたい
    >母は私の方を見てくれませんでした
    >毎日毎日練習してきた

    これは子供の普通の感覚だと思います。
    でも他人である母親が子供の望む通りに行動してくれるとは限りません。

    >私は21歳の大学4年生です

    そろそろ他人である親と精神的に親離れする時期が来たのかもしれません。
    自分の選択や未来の責任を自分で負うという意味での親離れです。
    褒められそうだから、やる。とか、褒められないから哀しいというのは今後は無し、ということです。
    何時までも親の感情や嗜好に揺さぶられているわけにはいきませんものね。

    >普段母と仲良しです。母のことも好きです。

    好きな人にはモヤモヤは感じないのでは、というのが私の感覚ですが、トンチンカンだったらごめんなさい。

    ユーザーID:7928153003

  • いつかどうでもよくなるといいね

    今何かつまづいていることありませんか?悩み事があったりしてイライラしているとかないでしょうか。

    気がかりなことがあると、過去の嫌な出来事が蘇ってきたりすることがあるのでトピ主さんはどうですか?

    お母様のこと、モヤモヤするのはしかたないです。結果はどうであれ一番に努力を誉めて認めてほしいのにそれが通じなかった。思い出すと悔しいし昇華できない思いがあるのだと思います。自分もたくさん不満はありました。

    ご自身がこれから、経験から感じたことを活かしたらいいと思います。家族だけでなくまわりの人に対しても心を尽くしてください。

    お母様はそういう人です。自分の母親はプライドが高く失敗を認めたくない人と思うとあきらめがつきました。

    ユーザーID:5477677126

  • 手紙でも書いたらどうですか?

    普段から相手の気持ちより自分の気持ちを優先する
    お母様だったんじゃないでしょうか。

    「お母さん、悲しかった」と言われて傷ついたこと
    手紙か何かに書いて渡したらどうでしょう?

    そこで
    「そんなの忘れたわ〜」と平気で言ってくるか
    「ごめんね」と謝ってくるか
    「なんなの!今頃になって!」と逆ギレしてくるかは
    はわかりませんが
    あなたのお母様の人格のレベルを知る
    いい機会になると思います。

    ユーザーID:3156011665

  • 自分でわかってるでしょ?

    パーフェクトではなかったと。
    そう言う時に無理くり褒めるか
    叱咤激励するかは人によってまちまち。

    お母さんは叱咤激励するタイプだった。
    それだけのこと。
    嫌味だけど。

    その時、あなたが何クソ!と頑張らないのも
    またお母さんからみたらモヤモヤするかもしれないよね。

    あなたが褒めてくれないとモヤモヤするように。

    そんな気にすることじゃないよ。
    あなたも忘れてしまいなさい。

    経験上、自分で「褒められて伸びるタイプ」と言う人で
    本当に伸びた人は見たことなかったことだけ付け加えておきます。

    ユーザーID:7238643171

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧