• ホーム
  • 話題
  • どうしたら。。。好きなコトやモノがない人

どうしたら。。。好きなコトやモノがない人

レス15
(トピ主1
お気に入り28

生活・身近な話題

白い犬

趣味にしても、特に何も好きな物がないので、何かを楽しむということができません。
料理や、裁縫関係、ガーデニングも好きですが、、特に趣味ということもなく、、。
アイドルの追っかけやアーティストのコンサートのために遠方へ行くとかファンクラブに入るとかしている友人が凄く羨ましいです。

生まれて、学校を出て就職して、結婚して子供を産み育てたら、私にはもうすることがないように思えてきます。
それではいけないと思うのですが、どうしたら自分の好きな物を見つけられるのかわかりません。

一体この気持ちは何なんでしょう。
この気持ちわかる方はいらっしゃいますか?
このモヤモヤを解消する手立てがあれば、教えていただけませんか?
誰にも言えないので、こちらにトピを立てさせたいただきました。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:1391255779

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 視野を広げるところから

    私にとっては、トピ主さんの絵にかいたような順調な人生が羨ましいですけどね。

    まずは毎日、特に全国版の新聞を読まれてはいかがでしょうか。普段から読まれているかもしれませんが、海外のニュースや日本各地のちょっとした出来事、トレンドの連載記事、お便りのコーナー、人生相談の欄など…いろいろな記事を、毎日じっくり読む習慣がつくと、自然となにか、関心を持つものが発見されるのではないかと思いました。

    おじさまのイメージのある日経新聞とかも、けっこう面白いですよ。私は読売新聞を毎日読んでいます。

    ユーザーID:3765995235

  • なければ、ないでいいのでは

    生きれてば
    そのうち
    何かに
    はまるかもしれませんよ

    なので
    今は、特に
    わざわざ探したり
    詮索する必要はないのではないか

    ユーザーID:3501485259

  • ボランティアは・・・?

    トピ主さんとは逆に、好きな物が多すぎて大変です。
    今までにはまった物は、まず洋裁、木彫り、編み物、折り紙、映画鑑賞、演劇鑑賞、パッチワーク、押絵、刺繍、卓球、ヨガ、太極拳、バドミントンなどなど・・・。70代ですが、今は水彩画(22年間)
    コーラス、ガーデニング、読書、ストレッチなどを続けています。今からやりたいものは俳句や小説を書くことかな〜〜〜!!
    ちなみに夫は無趣味で、仕事一筋の人でしたが、今は地域のためにボランティア活動で忙しいです。あなたもボランティアで人助けをされては如何でしょう。

    ユーザーID:0794036155

  • どうしてもと言うなら

    好きなものに出会えるまで片っ端からやってみれば良いのでは?
    世の中に趣味的なものは数限りなくありますよ。
    とりあえずやってみなくちゃそれが好きになれるかどうかなんかわかりません。
    そうやって自分の趣味を探すことを生きがいにしてもいいかもしれません。

    結局考えるだけで行動に移せない自分自身にやきもきしているのでは?

    ユーザーID:9422388816

  • 無趣味と言うのも趣味のうち

    何もしないというのも趣味の一つです。

    世間の風に流される必要はありません、他人に迷惑をかけない限り、何をしようと、何もしないでいようと、それぞれ個人の自由です。
    もっと気楽に生きましょう。

    ユーザーID:4721643862

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • トピ主です。続きの文章が先に反映されています。こちらが先です

    【投稿の仕方を間違ったのか、初めの投稿が反映されていませんでした。】
    私は趣味はおろか、好きなコトやモノがない人間です。55歳女性。既婚、子供2人は就職し親元を離れています。

    最近、親しい女性の友人に「何か好きな物ないの?何かプレゼントしたいけど、いつも『何もない、、』とか、『要らない』とかだよね。」
    と言われ、ハッとしました。

    そういえば、趣味というものもなく、何かにのめりこんだこともありません。
    同じ年頃の友達は「子供も手を離れたから、好きな○○を楽しんでる。」
    などとよく聞くようになりました。
    幸い仕事を持っているので、毎日暇ではないのですが、この先の退職後どのように過ごしたらいいのかな、、と不安になったりもします。

    何より悲しいな、、と思うのは、買い物中に何か欲しいものがあっても、絶対に第一印象で買えないことです。
    衝動買いができないし、すごく気に入ったものでも買い逃します。
    例えば、すごくいいなと思うブラウスを見つけた時も、これを切るタイミングが何回あるか、私には派手すぎるのではないか、コスパはいいか、などなど考えると買えません。
    そうこうしているうちに売り切れています。
    買えるのはそういう自問自答をクリアした、それこそすごーく安価なバーゲン品をさらに値下げしたようなものです。
    それほどお金がないわけでもないのですが、いつもこうで、自分のことながら情けなくなります。
    小さい時から何か欲しいものは?と聞かれても頑なな態度をとってよく親を怒らせていました。
    仮にほしいものがあったとしても、当時あまり裕福ではなかったというのを子供ながらにわかっていて、いつも我慢していました。
    それをいまだに思い出しては、バカだったな、たまにはわがまま言って買ってもらえばよかったのにな、、なんて思っているので、その分大人になった今買えばいいのに、、って思うのですが、、。

    ユーザーID:1391255779

  • 取りあえずやってみたら?

    絶対に好きじゃないと思っていた物に今ははまっています(笑)
    取りあえず なんでもやってみたらどうですか?

    それに 今趣味がなくても別に良いのでは?
    ガーデニングや料理が好き・・・それでよいのでは?

    趣味が昼寝だってよいわけですし
    友人の趣味は人間観察(=ママ友の悪いとこ探し)ですよ(笑)

    趣味ではなく好きな事が沢山あるってだけでも素敵だと思いますよ。

    ユーザーID:7938943710

  • 私の場合、降りてきた?

    50代の女性です。

    つい最近まで趣味の全く無い人生を歩いて来た者です。。50年余り趣味が無いと嘆いて来ました。

    子供時代も成人になっても結婚してからも本当に何もなーんにもひとつも趣味の無い日々でした。

    楽器、プール、筆ペン、洋裁、物書き?、投稿、懸賞、など今までしましたが別に楽しい程でも無くいつの間にか埋もれてしまいました。

    そんな私でしたが今から2年程前にある石に取り憑かれたのでした。急に石が気になりだし居ても立っても居られない状態になりました。

    毎日明けても暮れても石の事で頭がいっぱいでした。自分でも何故こんなに石が気になるのか全く思い当たる節はありませんでした。

    しかし、その石は希少性のあるとても高価なものでした。でも、どうしても欲しくて無理をしていくつか購入いたしました。

    現在、海外で石の買い付けをして少しづつですが自分でデザインをしたアクセサリーを作製して販売をしております。

    これが趣味なんだなぁと思えるものに50代で初めて出逢えました。

    だから、トピ主さんも焦らずに日々の生活をお過ごし下さい。何かのきっかけで降りて来る?事もあるかもしれないですから。

    ユーザーID:7671053412

  • 罪悪感なのかな

    欲しいと思う気持ちそのものが、
    トピ主さんに取っては、罪悪感なのかもしれませんね。

    過去悲しいことがあったり、手に入らなくて
    心を閉ざしてしまったようですが、
    ずっとそのまま引きずっていては、不幸なままなのではないですか?

    なんというかね、不器用さんなのだと思います。
    気持ちの切り替えがね。

    いいな、欲しいなと思ったもので、
    手が届きそうなものは、
    年齢からしてもすぐに買ってしまってもいいんじゃないですか?

    まあ、とはいえ、55歳でお子さんがもう独立されて
    いるとのことですから、ご結婚や出産など、
    人間関係はきっちりゲットしてらしたのでしょう?
    物だと躊躇しちゃうの?

    お財布はもう自分のものなのでしょうから、
    何か買っても、あなたを叱る人はいないですよ。

    欲しくないものは無理にはいいけど、
    欲しいものに関しては、これからはきちんと購入されたら良いと思う。

    ユーザーID:6419078497

  • 私もそうです

    私も買い物は下手です。趣味も無いし、欲しい物もやりたいことも有りません。

    でもこれではいけないと思い、無理して自分に課すことに。
    それは老後に向けて「体」と「脳みそ」を動かす事。理由は介護者に迷惑かけたくないからです。

    内容は流動的です。例えば「テニスとピアノ」「水泳と裁縫」「ジムと英語」と、何でも良いのですが、必ず組み合わせて同時進行させています。
    主さんも自分に課してみたらどうですか?

    楽しい物が見つかればそれを続ければいいし、見つからなければ、次へ行きます。

    人との交流が好きなら、仲間やご主人がやっている趣味に参加してみる。
    勉強系が得意なら資格を取る。

    人の世話が好きならボランティアする。
    子供好きなら童話を書いたり紙芝居を作る。


    今迄やってきた事に変化を付けるだけで、違う楽しみ方も出来ます。
    ガーデニングが好きなら野菜を栽培してそれで保存食や発酵食品を作る。
    裁縫が好きなら、作った作品をネットで売って小遣いを稼いでみる。自宅の古着をリメイクしてみるとか、裂き織りで鞄を作るとか。

    どうでしょうか。

    ユーザーID:7409820978

  • そうねー

    色々な生き方があるから、、私は「これが私なんだ」って自己を肯定すれば良いのかも。洋服を買いそびれたら、縁が無かった、と過去の決断に執着しないのはどうですか?逃がした獲物は、大きく見える物です。そして、今度こそは思い切って気に入ったら買ってみよう、とチャレンジ精神を持つように心がけるのは如何ですか?
    私が困るのは、食べる事への執着がないことです。知人とランチするときに、、何でも良い、と返事して、、、、でもそんな私のことを理解してくれる人とのランチなので。物欲もないですよ、余り。何か欲しいものは?と言われても、私も答えられない気がします。年齢的に、もう物を増やしたくないしね。何かプレゼントを、と聞かれたら、品物ではなく、映画のチケット、ランチクルーズなんていうリクエストもありですよね。また趣味が無いように御自分では思っておられるようですが、自分がしていて、楽しいことだったら、何でも<趣味>と思えば良いのでは?私は、ゴミの日には、玄関前の道路を掃くことが楽しいですよ。あるとき、足が腫れて、歩行困難になったことがあって、それ以来、些細なことでも、歩けることが幸せに思えるようになりました。料理だって、趣味に特化していけば、色々凝れる箇所もあるんですよ。薬罐磨きも、お風呂掃除も、趣味に昇華してみては如何?ガーデニングだって立派な趣味ですよ。私も、追っかけはしませんが、している人を羨ましいとは思わないかな。一人で過ごすことが好きな人も居ます。大勢で群れていないと落ち着かない人も居ます。良い品物を値下げ品で買うのが主婦の腕と言う人。新刊本は出たらいち早く買うのが好きという人。私は、古本派です。余暇の過ごし方だって人それぞれです。

    ユーザーID:8389474296

  • 何かやってみては

    白い犬さんのような方、少なくないと思います。自分は同世代主婦ですが、これと言って熱中しているものが今はないです。日々淡々と家事中心の生活でこれからもそんな感じでしょうね。

    とても堅実に生きてこられたのではないですか?それはそれですてきだと思います。

    でもモヤモヤがあるということはどういうことなのでしょうね。やはり本当はもっとやりたいのに我慢しているのではないでしょうか。小さい時あまり裕福でなくいつも我慢しておられたことが影響しているかもしれません。今はもうちがいます、ご自分の裁量で人生を好きに彩ってください。

    お金をあまり使わないことで、例えばマラソン大会のボランティアはとてもいい刺激を受けます。手始めにいいと思います。

    ユーザーID:1536419247

  • 私もないかな

    すごく好きなアーティストがいるわけもないので夢中になっている人が不思議です。
    スポーツも見るのもやるのもそれほど興味ありません。
    今は子供が小さいので子供中心の生活をしていますので趣味、なんて本当に無いです。
    楽しい、と思ってやり始めたことが私は義務みたいになってきます。
    好きだった水泳もやらなくちゃ、になり続けていても夫からは楽しそうに見えない、と言われました。本当にそうです。今が時間がなくなり全くやっていませんが落ち着いたら再開!とも思えません。
    料理も家族がいるから仕方なく作っているだけで私自身夕食もほとんど食べません。
    なんだかつまらない毎日かも・・・

    ユーザーID:3392500329

  • 好きなものを知らない

     共感いたします。
     小さい頃から「贅沢」「ワガママ」「身分不相応」と、自分で自分の欲求を抑えているうちに、好きなものが何だったか、わからないまま大人になってしまうんですよね。

     私も30代半ばぐらいまで同じでした。
     一見謙虚で堅実な生き方ですけど、本当は、求めているものがないから、適当にその場をつくろって過ごしているんです。空っぽの人間だなあ、と思いながら過ごしていました。
     職場で「目標設定」みたいなことを毎年しないといけないのですが、何も目標がないんです。
     欲しているものがない、というのはむなしいですよね。不満というほど不満もないけど満たされているわけでもない。執着がないから絶望はないけど期待も希望もない。

     どうすれば、とのことですが、私は、自分でどうこうという話では、なかったです。ほんと、その機会が「降りてきた」ですね。
     ひとつ気付くと、「そういえば私はこれが欲しかった」と思い出して、子どもの頃欲しかったもの、着たかった洋服、したかったこと、沢山叶えました。
     
     眼鏡を知らなかった人が眼鏡を得て、初めて世界の美しさを知り自由に行動し始めたみたいな。眼鏡を失うことの恐怖も同時に発生しますけどね。

     そういうものに出会う時期が、1人1人違っていて、知らずに終わる人もいるのかもしれません…。希望がないと不便ですよね。トピ主様が「それ」に出会えますように。 

    ユーザーID:4593879881

  • 無くていいですよ。

    生きがいが欲しいのですか?
    熱烈に好きなもの、
    応援しているもの、
    あるのはあるでとても苦しいです。
    お金はかかるし、体力精神力も消費します。
    飽きた時、なんであんなものにハマったんだろう?と自己嫌悪。
    堅実に生きてる方のほうが私は羨ましいです。
    私は本当に色々なものに振り回されてきました。
    もう何も好きになりたくないし、趣味もいりません。
    何も愛したくない。

    ユーザーID:3264466547

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧