• ホーム
  • 子供
  • 2歳半、自閉症スペクトラムと言われました

2歳半、自閉症スペクトラムと言われました

レス21
(トピ主7
お気に入り89

妊娠・出産・育児

おちゃまろ

2歳健診で全体的に発達が遅いと言われ、今年4月から通園しだした保育園の先生にも「他の子はみんなできるんですけど〜」と言われる事が多々あり、気になったので意を決し発達相談に行きました。

多少、誘導尋問がありましたが、思い当たる行動もあり、
「自閉症スペクトラムなんだ…」
と、現実を突きつけられ、動揺を隠せません。

恥ずかしながら、保健師さんや担任の先生に言われるまで、私自身全然気づかなかったのです。
むしろ「他の2歳児ってそんな事までできるの?!」と驚いたほとでした。
ただ、気に入らない事があると自分の頭を叩く癖があり、それはちょっとおかしいなぁと気にはなっていました。

自閉症の子供を描いた漫画を前に読んだことがあるのですが、描かれた症状が見られなかったのもあり、我が子が自閉症だと感じた事がなかったのです。

療治訓練を勧められ、今後訓練に通うようになるのですが、いまだに気持ち?頭?に整理がつかず、何をどうすべきなのかわからなくてプチパニックに陥っています。

自閉症スペクトラムのお子さんをお持ちの方、初めて診断された時どうされましたか?
発達障害関連の本など、読んだほうがいいですよね?

あと、自閉症スペクトラムって改善はされますか?
重度・軽度はありますか?

オススメの本や資料などあれば、そちらも教えてほしいです。

混乱して質問内容が読みにくいかもしれませんが、よろしくお願い致します。

ユーザーID:1362587977

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
  • 自閉にもそれはそれはいろいろな子がおりまして

     うちの子みたいに素人目には全く自閉とわからず、勉強も生活技能もそこそこやれてしまうため療育手帳が非該当の子から、素人目にも明らかに発語がなくて自閉がありそうだよねという子まで、それはそれはバリエーションが豊富で、誰一人同じ子はいません。なので、2~3歳程度で自閉と言われただけでは、その後どう育つかなんてことわからないんですよね。

     「自閉」っていうのは、単に子どもの扱い方にコツや技術が必要ってだけのことです(大人になったら自分でそれをコントロールする)。この特性の使い方によっては社会を生きていくための武器にもなりえますし、実際にうちの子にも定型発達の子とも同等に競える特技もあります。

     うちの子は療育を受け、小学校中学校では支援学級にも所属しています。うちは、その目的を理解できるまでは成長してくれましたが、そうじゃない子もいます。親も子どもがやりやすく動けるようにいろいろやりましたが、結局のところは一番頑張っていたのは本人です。一見して自閉があるとはわからないのは、本人が「一般的な人のあり方」を学んで、社会に溶け込もうと努力を積み重ねているからでもあります。

     なので、トピ主さんのすることは我が子を知り、最大の理解者となることだと思います。もちろん、本を読んで自閉ってこういう感じ、というのを知ることも関わりの幅を広げる上で役には立つのですが、あくまでも「自閉」はその子の一側面にすぎず、我が子を扱う上でのヒント程度のことです。何が好きで、どんなことが楽しいか、どんなことが苦手で嫌なことなのか、本人の反応を見なければすべてわからないことです。

    ユーザーID:3878491354

  • お伝えしたいこと

    4才自閉症の子がいます。
    自閉症には軽度から重度までありますよ。
    改善されます。
    どうしたら改善されるのか?
    今日から簡単にできるのは、誉めて誉めて誉めて笑わせて、他人と関わるのは楽しい!と思う経験をたくさん積ませることです。

    主に海外には治療例もあります。
    誰にでも効く治療方法はないけれど、その人の自閉症の症状が出ている原因と治療方法が合えば、完治といえるほど効果の出ることもあるそうです。集中的な早期ABAセラピーやサウンドセラピー(耳の訓練)など。
    栄養療法や漢方薬なんてのも。本人に処方が合えば、数週間で効果が現れます。

    定型児とは違うところが色々あるので、普通の育児が通じないところもありますが、基本的には普通の子育てで良いのです。
    可愛がる、しつける、教える、遊んであげる、十分に睡眠を取らせる。
    自閉症児である前に子どもですから。
    肯定の言葉がけをする、伝わりやすい簡潔な言い方をする、絵や写真など視覚の情報を与えるなど、工夫できることは工夫します。

    自閉症の特性に当てはまらない点が少なからずあるのは、珍しくないですよ。うちの子もほぼ当てはまりませんでしたので、発達障害だろうと思っていたけど自閉症ではないと思っていました。そのくらい、どの子もみんな特性が違います。
    知的障害のあるなしでも、この先違いが出てくると思います。

    初めて診断された時どうしたか。
    療育に週一通ってたので、そのまま継続でした。丁寧に関わる以上に、特にすることはありませんでした。

    オススメの本については、ご自分で探すのが一番と思います。
    自閉症の何について知りたいですか。
    基本的なことを知りたいなら、大判の実用書をいくつか見てみると良いです。特性や接し方や療育のことなど、幅広くざっくりと書いてあります。
    親の手記や当事者の手記も、面白いですよ。

    ユーザーID:5529163306

  • 自閉症児2人です

    長男は全体的に発達が遅く、一歳半検診で引っかかりその後1ヶ月に一度お医者さんと定期的に面談があり直接ではないですが、2歳くらいの時に自閉症だろうというニュアンスのことを言われました。
    その時はまさか我が子が自閉症だなんて!絶対違う!と腹立たしかったです。
    2歳半から療育に通い出すも一年かかっても発語なし。
    3歳児からは障害児枠で入園し、療育には週に一度通ったら発語自体は出て きて療育先では積極的に医療機関は勧められなかったのですが、通っているうちにおそらく自閉症だろうと思うようになりました。
    そして、一歳半違いの次男がいて、こっちは発語は比較的順調だったのですが、長男が療育に通っているからということで一歳半で引っかかり、なぜこっちまでと思いながら、渋々療育に通わせ出しましたが、徐々に育てにくさが出てきて3歳くらいでこっちも自閉症かもと思うようになりました。
    そして、意を決して長男は5歳直前、次男は3歳ちょっとのタイミングで、病院に行き自閉症の診断がおりました。その時はやっぱりと思いもうショックはありませんでした。
    次男は比較的軽く多分、診断をつけようと思わなければつかないくらいのタイプでした。
    まぁ、やはりところどころ集団の中で配慮が必要で、クリスマス会ではみんなの前に出るのが嫌で役をできなかったりしました。
    でも、お友達は普通にいました。

    今、8歳と7歳で、お薬も2件目の病院で飲ませることになり、次男はだいぶ変わったなと思います。
    長男も支援級に行って成長しました。
    次男は普通級に入学したばかりですが、まぁまぁ順調です。
    自閉症といっても個性みたいなもので、ほんとに個人差が大きいものです。
    また、療育は定型の子にもいいので受けれること自体はラッキーだと思えばいいですよ。
    本は全然読んでないのですが、病院で相談し、子育て支援センターでも相談しながら試行錯誤してます。

    ユーザーID:4973283262

  • 早目に気づいてよかった

    発達障害の子もたくさん通っている教育機関で事務職してます。
    私は専門家じゃないので正確な事はいえませんが
    個人的な印象では発達障害といってもさまざまで自閉症でも様々な子がいます。

    一番かわいそうだなって思うのはこちらからみたら明らかに発達障害なのに
    親御さんがそれを認められず、周りと同じようにできるはずだと抑圧してるパターン。
    こういう子はたいてい劣等感が強くて、自己顕示欲が強いと思います。
    逆に発達障害だと認めて、その子に適した訓練をして、
    障害も個性の一つだと割り切ってる親だと、子は自分の障害をそんなに気にしてない感じです。
    「私はコミュ障だから仕方ないの」とか言っちゃいます。
    兄妹で妹ちゃんはごく普通な子も見ましたが普通に仲良かったです。
    後者の方が圧倒的に生き易いと思います。

    イマドキ、発達障害は珍しくないです
    特性にあった訓練を早目に始められてよかったですね。
    先生も良く見てくれていて、トピ主さんも柔軟な方みたいだしのんびり見守ってあげてください。
    足の速い子も遅い子もいますし、おしゃべりの上手な子も下手な子もいますよ。
    はしるの苦手な子に、○○君は何秒で走るのだからお前もできるはずだ!っていう人は変です。
    出来ないのを無理に押し付けるのでなく、その子にあった発育ができるといいですね。

    ユーザーID:6288882433

  • 図書館で沢山読みましょう

    うちの子も自閉症スペクトラムと分かったときに、
    まずは知識が必要だと思って、図書館のサイトで「自閉症スペクトラム」と「発達障害」を検索して、沢山本を読みました。
    我が子は自閉症スペクトラムですが知的遅れはありませ。
    実際購入したのは、「自閉症スペクトラムがよくわかる本 本田秀夫」「発達障害の子どもを伸ばす 魔法の言葉かけ」「発達障害の子の励まし方がわかる本」「自閉症の僕が跳びはねる理由」です。

    ともかく本を読んでください。
    自分の中の誤解と偏見がとれます。


    特に私は「自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫) | 東田 直樹」の本で、最後の最後に、子供のことを受け入れることができました。
    長い葛藤でしたが・・

    医者から、療育を頑張れと言われてがむしゃらに頑張りました。
    今、普通学級から小学校をスタートさせました。
    うまく行ってます。

    お互い頑張りましょう

    ユーザーID:1979764617

  • 学習能力しだい(2歳半ならまだ未発達)

     最近は本当に早い段階で診断がつくんですね。驚きます。

     長男の2歳半のころといえば、私はただひたすらに子育てが楽しかった。長男は言葉に関する感度が高く、それに付き合っている生活はもう毎日がキラッキラでした。
     電車が好きでした。毎日の散歩は電車スポット(安全に電車を見れる場所)のチョイスから。「あの特急電車をもう一本見送ったら」が我らの時間割。電車を待ちながら、散歩で通りかかる犬たちと仲良くなる。マンホールの模様に気付く。ポケットはどんぐりだらけ。公園で電車ごっこして、帰り道で再度電車スポット。帰宅後プラレール。電車の図鑑は全部の名前を正解して、親戚は字が読めると勘違い。

     最初の違和感は幼稚園の面接です。「他の子はママにくっついて動かない」のに、我が子は目新しい場所で「発見と探索」に忙しかった。入園後、自閉症スペクトラムとしての苦悩を一通り発現して行きます。
     しばらくして園の専門家に相談しました。子供の発達に非常に配慮できる幼稚園だったと思います。園と家庭で同時に「絵カード」を使ったサポートを開始しました。結果から言えば、その時抱えていた問題はほぼ一気に解決です。彼の「学習」に届く伝え方が判ってみると、彼は「学習能力」によって様々に乗り越える事ができました。

     成長に従い、絵が文字に変わり、カードや掲示も卒業。道のりは波乱万丈でしたが、彼はこの4月、現役で私大文系としては国内最高の偏差値の学部学科に入学しました。発達障害のサポートも充実しており、今彼は自らその相談窓口も活用しています(ちなみに自宅も出て寮生活)。

     自閉症スペクトラムで学習能力があるならばなんとかなります。かなりクセのある「学習能力」なので、自立を始めるまで丁寧に伴走して導いて行く事が必要です。お子さんの思いや行動に、よく観察して気付いてあげると良いと思います。

     悲観は禁物です。

     
     

    ユーザーID:5708449141

  • 次男26歳、軽度の自閉症だと思われます

    私、60歳も軽度の自閉症だと思います。
    小・中・高の教員免許持ち、知的障害の特別支援級の担任の経験があります。

    >初めて診断された時どうされましたか?
    診断はありません。
    今から15年位前あたりからやっと「知的障害の無い発達障害がある。」ということが教育界に認知されました。(教員免許更新講習で習いました。)
    なので、次男の診断はありませんでした。
    ただ、教師という仕事柄、次男が普通(定形発達)の子どもではないことは分かりました。

    >重度・軽度はありますか?
    あります。程度と特性は様々です。

    >自閉症スペクトラムって改善はされますか?
    される場合があります。
    私と次男は改善されましたが、定形発達にはなりません。
    私は教職につき普通に先生をしていました。ただし言葉の裏を読むことができないという私の特性ゆえ、低学年中学年の担任ばかり、高学年は受け持ったことがありません。
    次男は製造業についています。仕事はきちんとできますが、会社の人には「おまえ変わってるね。」と言われたそうです。

    次男は5歳になってもほとんど言葉がなく、他の子がプールではしゃいでいても1時間ずっとアリの行列を見ている、好きなアニメも何冊もの図鑑も丸暗記。
    保育所の年長さんのときに「今日次男ちゃんが友達に教えられて列に並べたんですよ。今まで先生に促されないと並べなかったんです。」と言われた子です。
    療育も訓練もなかった時代ですが、少しずつ改善されていきました。
    今は早い次期から療育をするので、改善に期待が持てると思います。

    続きます

    ユーザーID:4826867169

  • 続き

    子どもさんを育てるにあたって、守って欲しいことがあります。
    それは自己肯定感を損ねないように育てる、です。特別支援にかかわる先生達全員がそういいます。

    定形発達=多数派で、発達障害=少数派なので、他の子が当たり前に出来ることが出来ないことがたくさんあります。
    何故出来ないの、と詰め寄られても出来ないものは出来ません。脳の構造が定形発達の子と違っていて、その能力が無いのです。
    あなたはあなたでいいのよ、と育てて下さい。

    私は子どものころは、友達と遊ばず、本を与えておけば1日中本を読み、囲碁の白い玉と黒い玉を交互にずっと並べている、そんな子でしたが、父は友達と遊べとも本ばかり読むなとも言いませんでした。
    逆に、自分が勤めている小学校の図書室から本を借りてきてくれ、昆虫が好きだと分かると虫取り網と虫かごを買ってくれました。

    もう一つお願いです。
    子どもさんが一定の年齢になったら(何歳、とはいえません、あなたが判断して下さい。)
    「世の中は定形発達である多数派の原理で動いている。少数派のあなたのこだわりを強く主張すると、多数決の原理であなたが負け、あなたが苦しい思いをする。納得できない(本当!)かもしれないし、ものすごいエネルギーが必要(本当!)かもしれないが、多数派の行動に倣おう。」と話して下さい。
    私は疑問に思うことは定形発達の夫に「こういうときはどうすればいいの?」と聞き、心の中に対処法のファイルを作っています。何十枚もあります。


    ユーザーID:4826867169

  • うーんさん☆

    昨日、図書館に行って自閉症についての本を読んできました。
    色々頭に詰め込みすぎたのか、熱が出てしまいましたが(笑)
    自閉症スペクトラムといっても、様々な症状があるのですね!

    我が子は家では全然育てにくいとかもなく…
    ただ、ハイハイをしないまま歩いたり(歩くまではシャフリング移動)歩けるようになったのも1歳半と遅かったので、その片鱗は現れていたのかもしれません。
    保育園に行きだして「他の子はみんなできるけど、息子さんだけできません」と言われたのも、保育園に行くまで私が全部してあげて【本人にさせる】という事をしていなかったので、ただの経験不足かなーと思っていました。
    お着替えはまだ無理ですが、食事を自分でするのは、練習させるとすぐできるようになりましたし…。

    でも、発達相談の際に、担任の先生が園での様子を報告してくれた内容が、家とは全然違っていて、それはもうビックリの連続で…。

    オモチャで遊ばない。
    砂場遊びもしない。
    ヨーイドン!で走り出さない。
    自分でご飯を食べない。
    お友達に興味がなく1人で静かに座っている。
    …など、家では全部普通にするのに、保育園ではしないようです。

    昨日読んだ本にも、家でしていても保育園でできない。みたいな記述がありました。

    二語文は出ますが、理解できない言葉はオウム返しをします。

    これから訓練に通いながら、息子の得意不得意を見つけ出し、サポートできるようにがんばろうと思います!
    レスありがとうございました。

    ユーザーID:1362587977

  • きらりさん☆

    図書館で本を読み、少しだけですが自閉症スペクトラムについてわかりました。
    本当に様々なんですね。

    表情や感情表現は豊かなので、いつも何かできた時は
    「わー!すごいねー!えらいね!」
    と誉めていました。
    (すごく喜びます!笑)
    これは今後も継続して、上手にできた事や言えた事には誉めてあげようと思います。

    まだ2歳なので知的な面はわかりませんが、訓練に通わせてみて様子を見てみようと思います。
    息子に合った訓練が見つかると嬉しいです。

    発達相談の専門医に
    「車のオモチャを一列に並べるでしょ?」
    「テレビにかじりついて離れないでしょ?」
    と決めつけられましたが、このような行動はありません。
    (ですが、何度も言われて、こちらが折れて「そうですね…」と言ってしまいました…汗)
    専門医がこんなんで大丈夫?と疑問もありましたが、訓練は別の医師さんがしてくれるそうなので、まずは訓練から頑張ってみようと思います。

    レスありがとうございました。

    ユーザーID:1362587977

  • ローヴィさん☆

    息子も全体的に発達が遅かったです!
    1歳健診では引っかかりませんでしたが、2歳健診で「気になるなら発達相談を受けますか?」と言われ、受けました。

    私も、頭を叩く自傷行為は気になっていましたがそれ以外は特に何も違和感がなかったので、自閉症スペクトラムと言われた瞬間は
    「えー?!嘘?!」
    と半信半疑になりましたね。
    こういう行動するでしょ?と聞かれて、しません。と答えても「でもしてるでしょ?」と誘導尋問されたり「もうすぐするようになるから(笑)」と鼻で笑われたりしたので、余計に信じられなかったのですが…
    でも、保育園での様子を聞いたら家とは明らかに違い、集団行動が苦手なのかも…これは訓練させてあげた方が息子もラクになるかも!と思い、気持ちを切り替えました。

    発達障害にも投薬治療があるのですね?
    これから息子も様々な症状が現れるかもしれませんし、本の知識だけでは固定観念に捕らわれる恐れもあるので、療育訓練や保育園の先生と一緒に息子の特徴を見極めていくのがいいかもしれないですね。

    レスありがとうございました。

    ユーザーID:1362587977

  • 教育系勤務さん☆

    ホントに!早くわかって訓練を受けられるのはラッキーだったのだと思います。
    親の立場からすれば、発達障害を認めたくないって気持ちはわかる気がします…。
    でも、認めない事により一番大変な思いをするのは我が子だし、子供がより生活しやすいようにするのが親のつとめですよね。

    実際、自閉症スペクトラムの症状です。と診断された日はショック(という言い方はいけないのですが…)と動揺がありました。

    ママ友にアスペルガーグレーゾーンの子を持つ人がいて、その友達にその日連絡しました。
    その時に
    「うちはグレーゾーンだから訓練も受けられなかったし、様子見とか経過観察しか言われなくて、息子とぶつかった時にどうすればいいかわからなくて困る。だから訓練受けれるのは息子君にとってもいい事なんだよ!」
    と言われ、目が覚めた思いでした。

    訓練も予約がいっぱいで、6月になると言われ、他にも頑張ってる子達がたくさんいるんだなーと。

    私も子供の頃、姉やイトコ達が徒競走で1位をとる中、いつも私だけビリでした(笑)
    子供それぞれ、得意不得意がありますよね!
    息子と一緒に訓練で成長していければと思います。
    レスありがとうございました。

    ユーザーID:1362587977

  • 夢子さん☆

    オススメの本を教えていただき、ありがとうございます!
    図書館をハシゴして探してみます♪

    息子はまだ2歳なので知的な面はどうなのかわからないです。

    昨日、図書館で自閉症について書かれた書籍を少し読みました。
    症状も様々で、自閉症スペクトラムというのも色んな症状の集合体?みたいなものなのですね。

    うちは自傷行為とオウム返しが症状に合っていました。
    オウム返しは毎回ではなく、自分が理解できない言葉はオウム返しをします。
    自閉症スペクトラムと言われるまで、
    「覚えようとして反芻してるんだろうな」
    と軽い気持ちで考えていました。
    今思うと、お気楽ですよね私。

    療育訓練をして、普通学級に通える事もできるんですね!
    まだ息子はどうなのかわかりませんが、今は息子のペースで訓練をして、少しでも息子が生活しやすくなるように頑張りたいと思います。

    レスありがとうございました。

    ユーザーID:1362587977

  • 長男はスペクトラム君さん☆

    息子さん、電車が好きだったんですね!
    うちはその車バージョンです。
    車種名をよく覚え、アルファードとヴェルファイア、キャラバンとハイエースなど、大人でもよく見ないとわからない違いを理解し、すぐ覚えます。
    車だけでなく、虫や動物、数字や英語(単語のみ)なども教えるとどんどん吸収して、わー息子天才♪(親バカ)とか思ってました(笑)
    よく喋り、よく笑い、怒り、泣きます。
    オウム返しは多いですが、診断されるまで本当に発達障害があるとは全く感じませんでした。
    でも、

    絵カード方法は専門医から勧められました。
    視覚からの情報が飛び抜けて理解するらしいですね。
    うちの保育園も絵カードを作ってくれるとの事で、少し安心です。

    息子さん、大学に入学すごいですね♪
    子供に合った教え方さえすれば、大丈夫なのですね!
    うちはまだ知的な面はわかりません。
    これから様々な症状が現れるかもしれません。

    とにかく療育訓練して、先生に色々アドバイスをもらいながら、息子に合ったやり方を探していこうと思います。
    悲観だけはしないようにします。

    レスありがとうございました。

    ユーザーID:1362587977

  • 茶トラ11キロさん☆

    教師をされていたのですね。
    色々と参考になります!

    ひたすら並べるという行為はありませんが、アリなど虫を見ると食いつきますね〜。
    飽きっぽいのか、長時間見続けたりはしませんが、見つけるとすごく凝視します。
    言葉も二語文はありますが、オウム返しが多いです。
    暗記力はすごいですよね!
    子供はみんな吸収するのが早いと思って気にしていませんでしたが、それも自閉症スペクトラムの特徴だったんでしょうね。

    「何故できないの?!」
    と言ってしまわないように気をつけます。
    できない事を怒るのではなく、どういうやり方で教えれば理解してくれるか?を考えるようにします。

    大きくなり、ある程度の年齢がきたら、こだわりを抑えて多数派に倣うのも大事ということを言い聞かせてみます。

    まだまだこれからの段階なので、息子がどこまで改善できるかわかりませんが、親としてできる事をしっかりしていこうと思います!

    レスありがとうございました。

    ユーザーID:1362587977

  • 丁寧な返信嬉しかったです

     長男のようなタイプの場合、「学習能力」は「ものすごい学習能力」なんです。他の人が感じたり気付いたりして身に着けるものを何せ学習して獲得するのですから。まるでAI(人工知能)が学習していくようなイメージに近い物があります。表情とかを検知する機能が無い、少し前のAIがぴったりかもしれないです。
     車や虫、単語など、息子ちゃんが楽しんで吸収しているものがあるなら、学習能力の発達はうちの長男タイプに近いかもしれません。一緒に付き合うの楽しいでしょ?

     息子は13〜14歳の頃、「電車」を卒業しました。○○系のドアが開く音、△△形の加速の音、とかどんどん誰にもわからないような世界に行っていたんですが、急にしぼみました。きっかけは、テレビの番組で電車オタクの人が、自分と同じ様な知識をとうとうとしゃべっているのを見た事でした。私は「お友達になれそうだね」って言ったんですが、息子の顔はこわばっていました。自分がどう見られているかを意識したんだと思うんです。

     そんな風にして、彼独特ではありましたが思春期を迎え、彼独特のかなり独創的な方法で反抗し、卒業していったようです。
     
     長男が反抗期を迎えるまで、私は一から十まですべてを教えたり導いたりする必要があるだろうと思っていました。彼を一般社会で生きて行けるようにソーシャライズするためには必要だろうと思っていたんです。自分で気付くはずの事を教えるのだから、当然大人になるのが送れるだろうとも思っていました。でも、それは間違いでした。

     勿論、個人差はありますが、思春期や反抗期は普通に訪れます。それはつまり母親が伴走できなくなるという事です。ですから、向こう十年が大切です。是非、楽しんで楽しんで息子ちゃんのキラキラを、母として楽しんで下さい。学童期、中学高校、決して平坦ではないかもしれません。その時のための滋養になります。

     

    ユーザーID:5708449141

  • 発達障害の人は

    定形発達の人が持っていない能力を持っている事があります。

    整形外科高洲クリニックの院長、高須先生はアスペルガーだそうです。
    医者になるくらいなので、知的には問題ありません。
    高洲先生は、大学受験も医師免許国家試験も某秘密結社の昇進試験も、ほぼ、一夜漬けだったそうです。
    「一回読めば全部暗記できる。」
    と高須先生が言うので、パートナーの西原さんが、
    「本当にテキスト全部暗記しているかチェックするから、言ってみて。」
    と言ったら、50ページ全部喋ったそうです。
    発達障害の人の中にはサヴァン症候群といって、常人には出来ないことが出来る人がいます。

    私はサヴァンではありませんが、物の長さが見えます。
    15センチの線を定規無しで引けます。1ミリか2ミリ誤差が出ます。
    30メートルぐらいまでなら、メートル単位で長さを言い当てます。
    教師は先天性心臓疾患の三男を産んだ時に辞め(生きるか死ぬかの病気で大学病院で手術が必要だった)、三男回復後は、夫の測量助手をしています。
    私と組んで土地境界の復元作業をするとものすごく早く終わるそうです。
    他の人はメジャーで測ってここら辺かな?と当たりをつけますが、私はそれが要りません。
    8センチ右、と言われれば他の人はメジャーで測りますが、私は目測で8センチ離れたところをを見つけます。(目の高さから地面を見て8センチが見えます。)

    発達障害の人が全員そのような能力を持っている訳ではありません。
    長さが見えても、先生をしている時は何も役に立ちませんでした。
    子どもさんがこのような能力を持っているかどうか分かりませんが、覚えておいて下さい。

    ユーザーID:4826867169

  • いろいろ

    あら50既婚男性です。
     スペクトラムには、多様なという意味あいもあって、自閉症スペクトラムといっても、人によって症状が違います。
     療育を薦められたとのことですから、まず、療育を受けられるように手配しましょう。お住いの自治体から補助があるかもしれません。
     北海道在住時代、某市からは療育費の9割の補助と、送迎にかかる交通費が支給されました。
     また、療育をうけるためには、発達障害者として認定を受け、療育手帳を発行して貰わないといけないかもしれません。それには医師の診察も必要です。
     息子の成育過程を観察するに、療育は、病気が治るというようなものではなく、療育によってスキルを身に着けることで社会に適合しやすくなり本人のストレスが軽減されるものです。
     やはり2歳のときに診断され療育手帳が交付されました。保育園に通いつつ週1で療育に通っていました。今は、小学校高学年ですが、普通級に通い、なんとかやっています。

    ユーザーID:2671762994

  • 3歳息子の場合

    3歳の息子は、2歳半の時に中度知的障害を伴う自閉症スペクトラムと言われました。発達相談で相談したら、違う障害を疑われ病院を紹介されました。

    初診までに日にちがあり、自分で色々調べてみたら、なんか違うんじゃないかな?自閉症の特性なんじゃないのかな?と思い、紹介された病院に行き、結果 自閉症スペクトラムと言われました。言われた時は、あー、やっぱり。と思いました。先生にも「ですよね。私も色々調べて自閉症スペクトラムの方なんじゃないかと思っていたんです。先生の問診も、その特性の内容だったので、当初疑われていた障害じゃなく、先生も自閉症だと思っているんだな。と思いました」と言ったのを覚えています。その時は、すんなり受け入れられました。続く

    ユーザーID:8070234637

  • 3歳息子の場合 2

    続きです。

    ただ、詳しい発達検査の結果、中度知的障害を伴う。と言われた時は、正直、少しショックでしたね。3歳の時で発達が1歳半程度と言われ、この子の将来はどうなるんだろうと。。。うちは母子家庭なので、私亡きあと この子はどうなるんだろう。と涙が出ました。

    でも、毎日ニコニコと笑い掛けてくれる息子、出来ない事を頑張ってしようとする息子を見て、泣いていられないなと。息子が自分の特性をきちんと理解し受け入れて、私亡きあとも笑顔で生きていけるように育てないと!と思いました。

    先生からは、とにかく褒めてあげて下さい。と言われたので、毎日毎日大袈裟!と思われるくらい褒めていたら、二語が言える様になったり出来る事が増えて来ましたし、息子には息子独特の世界観があり、それがとても新鮮で面白く、息子から見える世界をもっと見てみたいと思いました。

    癇癪が起きたり、こだわりが出たりすると大変ですが、息子の気持ちやどうしたらいいのか頭をフル回転させ、あーでもないこーでもないと考えていると、「クイズ!ボクは今なにがしたい!?」というクイズを出されてるんだなと思います(笑)

    >何をどうすべきか〜
    まず、お子さんの特性を理解し受け入れてあげるところからだと思います。
    それが第一歩だし、一番重要な基盤だと思います。

    ユーザーID:8070234637

  • 本を読むのはいいが、振り回されないように

    私は会社経営者なのですが、ご縁があり請われてとある
    社会福祉法人と学校法人で、理事を務めています。

    保育園と幼稚園の先生方と話す機会が多いのですが、
    自閉症をはじめとした発達障害は本当に千差万別なの
    だそうです。

    ですから、読んだ漫画のケースとお子さんのケースで
    まったく様子が違うというのはよくある話で、同じ園
    に通っている似た診断のお子さん同士でも全く違う。

    なので、色々な勉強をするつもりで本をたくさん読む
    というのは悪いことだとは思いません。いろいろな
    ケースについて知ることができますからね。

    でも、結局のところ一番大切なのは「トピ主のお子さん
    にとって何がベストか」ということ。
    別に発達障害の専門家になるわけじゃなし、お子さんに
    とっての最高の接し方がわかればそれで十分です。

    いろいろと書物を読んで「わかった気になってしまう」
    結果、「我が子」の「現在の状況」から乖離したケアを
    したり、接し方をしてしまったりした場合、何の意味も
    ないわけで、思い込んでやってしまう分、害悪ですら
    あるかもしれない。

    なので、現場の先生たち曰く「本を読んでも自分では
    判断せず、必ずお子さんを発達支援施設などでみて
    もらい、そこで受けたアドバイス通りに接する」事が
    重要なのだそうです。

    ユーザーID:7830394020

レス求!トピ一覧