• ホーム
  • ひと
  • もっと大変な人がいるよ…と言うのって、慰めなのでしょうか…

もっと大変な人がいるよ…と言うのって、慰めなのでしょうか…

レス124
(トピ主21
お気に入り129

家族・友人・人間関係

りこ

40歳、結構深刻な持病がある者です。

よく「もっと大変な人がいるよ」と言う人がいるのですが、慰めているつもりなのでしょうか?

私は20代で病気になったので「あなたみたいに若い頃に病気にならなかっただけ幸せね」とか「あなたの方が若くて辛いのにごめんなさいね」と言われる事が多かったせいか、なぜ人と辛さ度合いを比べるのか不思議でなりません。

Aさんは軽い持病でも死にそうに辛いかもしれないし、Bさんは重い病気でも心は元気かもしれません。

状況と心情は違うし、「もっと大変な人がいる」って、何だか失礼な気がしてなりません。

別に誰がどんなに辛かろうと、楽しかろうと、自分には関係ないし、私が辛いって言っているのに、なぜ他の人がもっと重い病気とか、もっと辛い人がいるとか関係あるのだろう…と思ってしまいます。

関係ないですよね?正直…。

あれは励ましなのでしょうか?

後、「元気出してね」も不思議です。
別に元気じゃなくてもいいじゃない…と思います。
辛い時は辛さを味わった方が、そのうち立ち直ってくる気がしています。

世の中には不思議な励ましがたくさんあるなと思いませんか?

ユーザーID:5656807304

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数124

レスする
  • なら、なんて言えば?

    「大変な人がいるよ」とか「元気だしてね」は
    一般的には、慰めの言葉です。

    なんて言えばトピ主さんは喜ばれるのですか?
    逆に、何も言わないほうがいいのですか?
    それとも、会わなければいいのでしょうか?

    教えていただけると、今後のために役に立ちます。
    いらぬ気遣いをして嫌われるのも嫌ですから。

    ユーザーID:5040936044

  • カドが立つ元ね

    あれはカドが立つ元だよな。
    ウチ身体障害児いるから、患者会とかネットとかちょっと顔突っ込んできたんだけどさ、
    まあ大体途中で「私の方が大変」合戦になって大変なんだよな。
    それで決裂したりツブれる集団も多い。
    で、ツブれずそこを何とか潜り抜けると、
    「重度も軽度もそれぞれに苦しさ、大変さがあります。大変さを比較するようなことはやめて、有益な情報交換の場にしましょう」
    みたいな巻頭言がつくんだよ。

    まあスルー検定だと思ってやり過ごしてください。

    ユーザーID:7749275683

  • 一寸分かりにくいですが、、、

    トピ様はご自分の持病を辛い!と人に話して、励まして欲しいのですか?それとも放置して欲しいのですか?トピ文を読むと、人から若い時から、大変ねぇ、、、単純に特別扱いされるのは慣れているけど、もっと大変な人が居ると言われると、腹が立つ。まるでバカにされたように感じる?いつも言われて来た慰めの言葉だって、所詮はトピ様との比較ですよ。

    自分が慰めてもらえるのは受け入れる、でも頑張ってと言われるのは心外。要は特別扱いして、腫れ物に触るように付き合って欲しいという事?

    人の辛さなんて、言われた方が困りますよ。なんと答えたら良いか、、、あまり甘えないで欲しい、、、という意味で、もっと大変な人もいる!と言いたくなるのではないでしょうか?

    元気出してと言われるのも、お嫌な様子、、、難しい方ですね。
    同情は大歓迎だけど、元気出してとか、大変な人は沢山いると言われるのは不愉快。それなら、トピ様が辛いと言わなければ良いのです。

    人に辛い!と弱音を吐くから、それぞれの反応に一々過敏になるのです。世の中には、持病を他人に言わない人も多くいます。トピ様もそのようになさったら如何ですか?

    ユーザーID:4206680344

  • わかります。あれは腹が立ちます。

    もっと大変な人がいるからと言って、今の自分の大変な状況が楽になるわけでもなし、何が言いたいんだと思いますよね。
    慰めではなく、叱責なんでしょう。
    そんな小さなことでいつまでもがたがたうるさい、と言いたいんじゃないでしょうか。
    まあ、そこまで言う気はなくても、言われた方はそう感じてしまいます。

    昔、健康上の理由で子供が持てないことが確定して落ち込んでいた時、実母から「世の中もっと不幸な人はいる」と言われて悲しかったです。
    だから何なんだと思いました。
    少しは共感して欲しかったです。
    かなり自分勝手な人でしたから、慰めるのも面倒だったのかなと思っています。

    ユーザーID:6661012802

  • 励ましは難しい

    辛い人にかける言葉って難しいんですよね
    「わかる、辛いよね」というのも当事者じゃないのに言えないし
    「きっと良くなる」なんていうのも確証なんてないからいえないし
    せめて「元気出して」とか…
    言いたくなってしまうんですね。だって本当に元気出してほしいから。べつに今すぐじゃなくていいし、辛いときは辛いでいいけど、でもやっぱり最終的にはその人が笑顔でいてほしい、そう願うのは悪いことではないと思います。

    ただ、「あなたよりもっと辛い人がいる」とかっていうのは嫌ですよね。
    たしかに人間は、社会的動物である限り相対的にしか自分を知ることができないものです。だから、人と比べるとことであの人のほうが辛い=自分はまだマシ、まだ幸せなのだと思うこともやはりあるんじゃないかと思います。(イヤな話ではありますが)
    でもそれを病の人に言うというのは、いくら言いたくなってもデリカシーがないと思うので、それに対してトピ主さまが不快な気持ちになるというのは全くその通りだと思います。
    ただ、「あなたのほうが若くて辛いのにね」という言葉は、前者のような「あなたより辛い人がいるのにそんなに苦しむんじゃない」というような押し付けがましいものとはまた少し違ったニュアンスで言ってるような気もします。
    きっとその言葉を言った人は、あなたに対して苦しみの理解を示したくて、それでもあなたのほうが辛い状況ではあるから、私が共感を示すのも不快だったらごめんなさいね、というような、遠慮したような言葉掛けだと思うのです。
    トピ主さまからしたらどちらも比べるような発言で、モヤっときたかもしれませんが、その言葉の裏にある人への思いやりには差があるんじゃないかと思いました。

    少し話軸がずれたので戻します。
    要は、励ます方もどう励ますのが一番いいのかわからなくて、難しいってことです。

    ユーザーID:9351928573

  • しかたない。

    幸い私の近しい人ではあんまりそういうことを言う人はいないのですが、トピ主さんのおっしゃることはとてもよくわかります。
    でも、しかたないんじゃないかな。所詮は人ごとですもの。

    でも、やっぱり人間って経験してみないとわからないことってありますよ。その立場になってみないとなかなか分からないんじゃないでしょうか。自分も元気だった時とか、子供がいなかった頃などは、病気の人や子育て中の人に対して、悪気ではなく、でも無神経なことを言ってたなって思いますもの。

    先日美輪明宏さんが「『思いやる』というのはただ何かをしてあげるということではなく、洞察力と想像力を持って相手を見ること」というようなことを仰っているのを何かで見たのですが、ほんとですね。大事にしたいお言葉だと思いました。

    ユーザーID:3283937544

  • あれね、嫌だねぇ

    私も持病もちです。
    最近は、あまり聞かなくなりましたが、嫌ですねぇ。

    子供の頃、お腹が空いてない又は体調が悪いときに、食べ物を残して、

    「難民の人は食べれずに困っているのに、おまえはなんて食べ物を粗末にして!
    なんて酷いやつだ!!」

    と、学校でも両親からも、言われたことがあります。

    私が食べれない事情と難民の不幸は、直接的には関係ないんですけどね。

    こちらに有無を言わせない強制力というか、脅迫力がありますよね、あの台詞。

    ◯◯よりマシ!、
    まだ恵まれてる!、

    これで慰めた気分になれる人の方が
    可哀想な感度の持ち主かもしれませんね。

    まあ、色んな人がいますから、スルーするしかないでしょう。

    怒ると、なんだかこちらが損した気分になりますしね。

    ユーザーID:6221889152

  • 日本は寄り添い文化だから

    私も軽々しい慰めは嫌いですが……

    日本はまだ優しい慰め方だと思いますよ
    海外では大抵「神様が貴女に与えた試練なのよ、それに耐えなきゃ」が
    日本で言う所の「他にも辛い人は居る」的な慰めだから…
    打ち勝つ事も出来ないの?と(打ち勝つのはダメらしい)日本人の私は思いますもん。

    けど、何か事情を見るなり知るなりして、何も語らないのも不自然なのよ。
    頑張ってね、とか、元気出してね、等は、もう本当「良い天気ですね」ぐらいに
    受け取って貰えればイイかと。

    各種困難な事情を聞かされるから、言うしか無いって事情もあるよ。

    ユーザーID:0078472904

  • レスします

    >よく「もっと大変な人がいるよ」と言う人がいるのですが、慰めているつもりなのでしょうか?

    うーん。
    その人は、自分よりもっと大変な人がいると考えると、救われるタイプの人なのでは?

    >後、「元気出してね」も不思議です。
    >別に元気じゃなくてもいいじゃない…と思います。
    >辛い時は辛さを味わった方が、そのうち立ち直ってくる気がしています。

    これは私も同感です。
    辛さや悲しさを無理に打ち消して元気を出そうと頑張るほうが、キツく感じます。
    だから私は感情にまかせて、自然に気持ちが上を向いてくるまでどっぷり悲しむし、辛さの中に身を任せます。
    でもそこは多分人それぞれなんですよね。
    「元気出してね」と言ってくる人は、日々、自分を奮い立たせながら生きている人なのかもしれませんね。

    まあ、どんな言葉でも、厚意で、励ましたくてそう言ってくるのだと受け取っておくほうが、楽じゃないですか?

    ユーザーID:7656185366

  • 人それぞれ!

    おはようございます。
    自分は当年58歳・先天性の視覚障害(全盲)です。
    子供の頃母親に「どうして俺だけが…」と言ったことがありました。
    母親の答えは「お前は目だけだよ?」というものでした。
    成長するに連れて、様々な障害を目の当たりにするようになると、
    自分の障害はさほどでもないと思うようになったものです。
    それ以来、母親の言葉を発奮材料にして、
    今では杖1本を携えて、日本全国どこにでも1人で行けるという自信がつきました。
    確かに辛さは辛さとして感じるのも、自身の病気を受け入れる方法と言えるかもしれません。
    ですが、殆どの人は
    「もっと大変な人がいる」という言葉に、
    あなたを励まそう・発奮してもらいたい
    そうした願いを託しているはずです。
    決して悪意などは存在しないはずです。
    誰かの「励ましの言葉」をどう感じるかは人それぞれです。ですが、皆一様に
    あなたに良かれと思っての言葉だということを忘れないでください。

    ユーザーID:9834437429

  • 親の差だて方

    親が子供の愚痴を聴かず他にもっと大変な人がいると言ったり
    子供に対抗して親が自分の苦労話とかすると、
    その子供は親そっくりになるしかない。他のお手本がないし親のことは大好きだから。
    だから、もっと大変な人がいると言ってしまう人は、その人自身話を聞いてもらっていない人。
    励ましているつもりだろうが、単に親の真似して話を聴けない大人になっている、
    保護してくれる人に話を聞いてもらったことがない人は本人も気づかないような深い不安を抱えているので
    他人の不安を聞ける心の余裕がないとも言える。

    そういうカラクリが分かるとそれを疑問に思うこともなくなる。
    育ちが出てしまうのです。

    ユーザーID:5984057388

  • そうですね

    私もトピ主さんと同じように思います。つらさはそれぞれのものであって、他人がその重さを判定したり比較したりできるものではないですよね。
    「あなたよりもつらい人がいるはずだ」という言葉は、今そこにあるその人自身のつらさ、苦しさを他人が矮小化してしまうことになるわけで、その人にとっては何の励ましにも慰めにもならないと思います。

    とはいえ、「私よりもつらい人がいるはずだ」と思うことで自分を励ます方もいます。そうやって自分を鼓舞してほしいという意図から「あなたよりもつらい人はいるよ」と声をかける方もいるのだと思います。励ましにならない言葉だけれど、励まそうとしてくれている純粋なお気持ちは受け取りたいものです。

    ユーザーID:7257425853

  • 『もっと大変な人』が居ても居なくても

    「もっと大変な人がいるよ」は私も不思議な慰め方?だと思います。

    そういう人だって自分がお腹が痛くて唸っている時に
    「もっと大変な人がいるよ」と言われても「そうだな。こんな事で
    お腹が痛いと思ってちゃダメだな、我慢しよう」とは思えませんよね?

    「『もっと大変な人』がいてもいなくても、取りあえずこの痛さを
    取り除いてくれ!」って思いますよね?

    「もっと大変な人がいるよ」ってそれなら大抵の人が
    殆ど全ての事を耐え忍ばなくてはいけなくなりますよね?

    例えばとても大切な人が亡くなった時にも、もっと大変な
    自分の家族を一時に亡くしてしまった人が居るから我慢しろって事でしょ?

    『もっと大変な人』が居ても居なくても、痛いものは痛いし
    悲しい時は悲しいし、辛い時は辛いものなんですよね。

    ただ「元気出してね」は定型文だとして聞き流しますが。

    ユーザーID:3832825115

  • 慰めているつもり

    慰めているつもりなんだと思います

    全く状況はちがいますが、

    悪い人ではないけれど
    何を話していても「もっと大変な人がいる」と返されるものですから

    何も話をすることがなくなりました
    ついでに、こちらも「もっと大変な人がいる」と返すようにしています

    べつに愚痴ばかりを受け止めてほしいというわけでなく
    現状をわかってほしいだけなんですけどね

    真っ向から否定していることに気が付いていないようです
    慰めているつもりですからね

    でもね、重い病気とのこと
    お辛いとはわかりますが、健康な人は理解はできません
    あまりにも重い話は、受け止めきれないことがあります

    どうしていいかがわからない

    ということもあるのかなと思います

    ユーザーID:6856177666

  • なにか、言ってあげて励ましているつもり

    言葉は難しいので、何か、言ってあげたい場合に、的外れなことを言って失敗した経験があります。

    この、もっと大変な人がいるよ発言は、重い気持ちを逆なですることが分かりました。

    なるべく言わないようにしてるけど、慰めるって、難しいことですね。

    本当に大変で、苦悩しているときって、何も言わずに普通にしているのが一番かなと思いようになりました。

    人の話も耳に入らないし、かわいそうって顔で同情されるのも嫌だし、
    出来たら、そばにいて、勝手におドジやって笑わせてくれた方が、癒させるかもですね。

    ユーザーID:3561576966

  • ありがとうございます

    レスありがとうございます。

    >なんて言えばトピ主さんは喜ばれるのですか?

    これは、ただただ黙って聞いて欲しいなと思います。

    私が病気の辛さを愚痴って、「もっと大変な人がいる」と言われるのは分かる(仕方ない)のですが、何も言わずに症状に苦しんでいるだけで、なぜだか向こうから言ってくる人が多いので、なぜかなって…。

    何というか風邪で熱を出して寝ている時に、突然「インフルエンザの人もいる。向こうの方が辛いから」と言われるような違和感があります。


    >若い時から、大変ねぇ、、、単純に特別扱いされるのは慣れているけど、もっと大変な人が居ると言われると、腹が立つ

    逆です。「あなたみたいに若い頃に病気にならなかっただけ幸せね」という言葉に「私はあなたよりは幸せよね」というニュアンスを感じて、嫌な気持ちになりました。

    「あなたより自分はマシ」と言われると、馬鹿にされたような気がしてよけい辛くなりました。

    これも私から愚痴など何か言ったなら仕方ないのですが、病院の廊下を歩行器で必死に歩いていた時に突然言われたので、何だか私を見て、自分より大変な人もいるから頑張らなきゃ…と勝手に思われている気がして不快だし、何より悲しかったです。

    ユーザーID:5656807304

  • わからないかも

    主さんはどこがお悪いのかわかりませんが あなたのような若い方が病気になって というのは 年配者が元気でごめんね そんな感じ

    もっと深刻な病気を抱えている人もいるよ は たぶん 励ましのつもり

    でも 病気以外でも 家庭や仕事の問題 お金の問題を抱えている人もいるだろうし なんていうか 何も知らないのに 気休め言わないで と言いたくなりますね

    できれば ほっといてくださいって感じかしら

    おそらく そうやって 慰めた(と言った本人は思っている)つもりで 自己満足かな これで主さんも元気がでたかもって 思っていると思います

    私も 何度か頭にくるような言葉は聞きましたが 何を言ってるんだよって 聞き流すしかないかな

    ユーザーID:6286870587

  • 私がそれを言うとしたら

    「あなたの方が辛いのに…」
    と言ったのなら病自慢をした自分を恥じての言い訳かな。

    「もっと大変な人がいる」
    と言ったのなら
    「わたし病気なの。大変なの。辛いの。」
    という訴えがうっとうしくなった時かな。

    トピ主さんが病気アピールをしていなくてもそう言われるのですか?
    病気への慰めや「大変」比べって話題に出さない限り発生しないのでは?

    嫌なら話題に出さないようにしましょう。

    もし、見ただけで病気がわかるのであったならごめんなさい。
    でもねそうなら普通はそこには触れないようにすると思うんだけどね。
    トピ主さんの周囲に心無い人が多いんでしょうかね?

    そうそう、「元気出してね」にもいろいろな意味を含めてますよ。

    >辛い時は辛さを味わった方が、そのうち立ち直ってくる気がしています。

    その立ち直りが早く来るように祈ってるよって意味もあるんです。
    病が辛く、気分が晴れないせいでしょうか。
    少々卑屈になっていませんかね?

    ユーザーID:6295631807

  • 価値観の違い

    比べたって無駄

    あなたより苦労してるしてる人なんて五万といる

    それは事実です
    世の中には神も仏もない出来事に溢れています。


    でも、そんなことはわかっているし、欲しいのは叱咤激励じゃないですよね


    そういうのわからない人もいます。
    偉そうな事を言えるのは同じ立場にある人だけです。
    挫折を味わったことがない人に、大したことないって言われても気持ちを逆なでされます。
    最愛の人を亡くした事のない人に気持ちはわかるって言われても叫びだしたくなるでしょう。

    それを言うその人は善意の人なのか?それとも悪意があるのか?

    そんなことはどうでも良い

    どっちにしろ聞きたくないのだから離れるのみです。

    ユーザーID:0078547866

  • ありがとうございます 2

    >あなたのほうが若くて辛いのにね」という言葉は、あなたに対して苦しみの理解を示したくて、それでもあなたのほうが辛い状況ではあるから、私が共感を示すのも不快だったらごめんなさいね、というような、遠慮したような言葉掛けだと思うのです

    そうだったんですね!てっきり、私はあなたよりはマシな状況よね…という意味に捉えていました。

    性格が悪いですね!

    はなさんみたいに、優しい捉え方ができるようになりたいなと思いました。

    「元気出してね」も私が愚痴って、そう言われたなら仕方ないのですが(←相手がどう言うかは、相手の自由なので…)

    症状が辛くて苦しんでいる時や、トイレに行こうとどうにか歩いている時、何も言わずに黙って落ち込んでいる時に言われる事が多く、なぜわざわざ言ってくるのだろうと…。

    そっと見守ってくれればいいのにと思うのですが、贅沢なのでしょうか?

    特に励まさず、辛いんだな〜と思って見守ってくれればいいのに、妙に「元気出して」と連呼されると、しんどい時に元気なんか出ないし、逆に苦しんでいるのを見るのが嫌なだけなのでは…と邪推してしまいます。

    長い闘病で気持ちがひねくれているのか…でも何か見たくない的な事を言われる事もあります。

    しかし痛みがあれば苦しむし、熱が出れば朦朧とするし、重症な病気になれば寝たきりになってしまうのが人間で、さらに私が見たくないから元気を出してよと言われてているような気持ちになってしまいます。

    そっと見守ってくれたらいいのに…と思います。

    ユーザーID:5656807304

  • 余計な一言だと思う

    他の人と比べてる段階で他の人にも十分失礼だと思うし、私には全く慰めにもならないし、逆に頭に来るかもしれない。
    辛い時には何も言わずただただ側にいて聞いてくれるだけでいい

    元気出して?
    出るワケね〜!
    喧嘩売ってんの?って感じ。

    ユーザーID:3345901982

  • ありがとうございます 3

    >◯◯よりマシ!まだ恵まれてる!
    これで慰めた気分になれる人の方が可哀想な感度の持ち主かもしれませんね

    私の気持ちを分かってくれる方がいて嬉しかったです。

    これって「トピ主(りこ)よりマシ!まだ恵まれている!」と言われるのも不快で辛いし、「相手より私の方がマシ!まだ恵まれている!」と思うのも失礼な上に嫌だし、どちらの立場になってもすごく嫌な気持ちになる言葉なのに、言ってくる人が多いなって…。

    しかも辛さって比べられないと思うんですよ。
    重病でも心は元気で幸せな人もいれば、誰もが羨む生活をしていても不幸せな人もいると思うのです。

    私自身だって、同じ人間だけど、症状だけで幸不幸の気持ちになるかというと、そうでもない時もあります。

    なのに勝手に人の状況を見て、「◯◯さんよりマシよ!」と言うのも、「あなたより大変な人もいるのよ」と言うのも、何か失礼な気がして…。

    それが言いたかったのです。
    分かってもらえて嬉しいです。
    ありがとうございます。


    >どんな言葉でも、厚意で、励ましたくてそう言ってくるのだと受け取っておくほうが、楽じゃないですか?

    なるほど!そうだなと思いました。

    何だかこちらが何も言っていないのに、ぶつかってくるテロみたいな気持ちになっていたのですが、厚意と思った方が楽ですよね。

    私もそんな風に考えられるようになりたいです。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:5656807304

  • 期待しなくなりました

    今日、必死に生きている人が大半だと思うので、普通の人には慰めてもらおうという期待はしなくなりました。
    そう思えるまでは紆余曲折ありましたが。笑

    私はトピ主さんより少し年上ですが人生の半分以上を障害者として生きています。内部障害なので、外見ではわからないようです。
    その経験から弱音を吐く相手を選ぶようになりました。
    身内も知り合いもカウンセラーではないので。。


    ご質問の『もっと大変な人がいる』と言われた時、そうは思えないという状態なら『今はポジティブには考えられないけど、励ましてくれてありがとう』ってさらっと返せたらいいですよね。相手に悪意があっても、善意であってもそれは相手側の問題なので。。
    『元気になってね』もまた然りですね。

    ユーザーID:4210807923

  • ありがとうございます 4

    >もっと大変な人がいると言ってしまう人は、その人自身話を聞いてもらっていない人。保護してくれる人に話を聞いてもらったことがない人は本人も気づかないような深い不安を抱えているので他人の不安を聞ける心の余裕がないとも言える

    ものすごく納得しました。
    そうなのかもしれません!
    そう言われると、言ってしまう人の気持ちも分かる気がしてきました。

    私も闘病で全く余裕がなく心がささくれ立っているし、言ってくる人も不安を抱えていて、私の痛がる姿や落ち込む姿、何とかヨロヨロと歩いている姿を見たくない、聞きたくないのかもしれません。

    そう考えると何もこちらが言っていないのに、私の姿を見ただけで「元気出してね」と何度も言ってくる人は、人が痛み苦しんでいる姿を見るのが、不安で苦痛なのかもしれません。

    こちらも「辛いので見たくない」と言われると傷つくし(←好きで病状が出ている訳ではないので…)向こうは私の姿に不安を感じるし…難しいですね…。

    何も言わずにそっとしておいてくれると傷つかないのですが、不安解消に何か言いたくなるのかもしれません。

    「自分がそんな病気になったらどうしようと不安」「うちの子供があなたほどのひどい症状になったらどうしようと思う」などと言われた事もあるので…。

    このような事を言われるうちに、すっかりいじけて卑屈になってしまいました。

    元気な時は誰も言ってこないのですが、入院して症状がひどい時に限って言われるので…なぜだろうって…。

    ちょっと疑問が解けた気がしました。

    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:5656807304

  • 誰も同じ経験をしないと分からないから

    「もっと大変な人がいるよ」と言う人は、自分がそう思うことで楽になるんでしょう。
    だからあなたにも楽になってもらいたくてそう言うのではないでしょうか。

    あなたはただ黙って話を聞いてほしいとのことですが、ただ黙って聞くのも大変です。
    そして話を聞かされた人間がどういう態度を取るかは自由です。
    その態度を話した方がどう受け取るかも自由です。
    愚痴としてのトピなのは分かりますが、あなたには病状を話す自由がある以上
    話を聞いた人がどういう態度を取るかまではコントロールできません。

    私もある病を抱えています。
    私自身が同じ病気の人に会ったことがないですし、症状も珍しい。
    日常生活に多少の支障はありますが、仕事を続けるのは難しいので辞めました。
    近況報告の一環で仕事を辞めたと言うと理由を聞かれます。
    詳しく言っても分からないだろうから「体調を崩した」と言うと
    「たったそれだけで?誰だって働いているよ」と言う人もいる。
    詳しい症状を聞かれて話すと笑う人もいます。
    理解できないからと眉間に皺を寄せる人もいれば「たったそれくらい」と言う人も。
    タイトルに書きましたが、同じ経験をしないと分からないんですよ。
    だから同じ経験をしていない人に理解を求めたり、
    自分が望む対応をしてもらおうと思わない方がいいと思います。

    ユーザーID:8345207839

  • ロザンナさん

    「ヒデとロザンナ」のロザンナさん。
    夫のヒデさんが亡くなって悲しみのどん底にいた時、まわりから色々な「励まし」の言葉が逆に辛く感じる時があったそうです。

    そんな時、故郷イタリアの家族は何も言わず黙って肩をだいてくれて、それがとても嬉しかった。
    日本人はハグの習慣がないから、「言葉で励まさなくては」と頑張りすぎてしまうんですね。

    こんなお話をされていたのを思い出しました。

    ユーザーID:2569667361

  • 比較することってできない

    もっと大変な人がいるという言葉は慰めや励ましなんだと思いますよ。思い起こせば言われたことありますし、自分もそのような考えになったことがあります。
    しかしよく考えると、見えない相手に対し、自分の価値観だけで不幸だとか恵まれてるとか決めつけることは自分の基準でしかなく、それで優劣をつけたり比較はできませんし、場合によってはそんな考えでいると、ストレスをためることにもなります。
    最近ようやくそのことに気づき、何事においても周りと比べるのはやめるようにしています。
    ですので、周囲の人と比べない、自分は自分という、りこさんの考え方ってすごくまっとうであるべき姿ですばらしいと思います。少なくとも私はそうなりたいです。

    ユーザーID:5380930276

  • 話す相手を間違えたからでは?

    慰めの言葉はいらず聞いてほしいだけという
    要望は簡単そうで難しいことだと思う。

    トピ主ならどのような慰め方をしますか?
    そもそもトピ主に辛い話をしても大丈夫なのですか?
    一方的な関係は両者が辛くなります。

    辛い話や苦労話をあえて聞きたいという人は
    どういう人だと思いますか?

    聞き上手や励まし慰め上手な人は少ないと思います。
    聞いてほしいと思う人はたくさんいると思います。

    仮に慰めではないなら
    もっと大変な人がいるというのは
    そろそろ話を終わりしてほしいってことかもね。

    聞きたくない言葉を聞かされるのは共通しているのかもしれない。

    ユーザーID:0285995098

  • 愚痴らないで

    聞いているほうもつらいのです
    それでも何か言わなきゃと慰めの言葉を言ったら
    その気遣いも,気に入らないと、、、
    こっちも、どうすりゃいいのさ

    主さんは愚痴ってないのかもしれませんが
    愚痴る人は対応に困るのですよ

    ユーザーID:9224232766

  • 「慰める」ために言っているのではない

    もっと大変な人がいるよ、って、不幸な人に同情して慰めたい時にかける言葉というより、この世で自分だけが不幸(自分が一番可哀想)、みたいな気持ちで生きてる人に、「もっと客観的な広い視野をもって世の中の不条理について考えてみろ、自分だけが辛い思いをしているわけじゃないだろ?」と、渇を入れるための言葉掛けだと思いますけど。
    まぁ、叱咤激励という意味では励ましの一種なんでしょうが。

    自分の持って生まれた条件や巡り合わせときちんと向き合い、受け入れながらも、常に希望を持ち前向きに健気に頑張ってる人に、そんなこと言おうなんて思いません。

    つい言いたくなるのは、自分の苦しみや自分の辛さにしか興味がない人、他人には他人の、その人なりの苦悩があるという事実にこれっぽっちも思い至らない人、いつもいつも「自分は不幸」と信じて、周りにも不幸そうな顔を見せつけて、皆を憂鬱にさせている人ですかね。

    苦しんでいる人でも、その生き様次第では他人に勇気や希望を与えたり、共に生きる幸福感を与えることもできますが、「私は不幸です」という顔をして生きている人は、一緒にいるとこちらもげんなりしてしまい、疲労感を感じます。


    「もっと大変な人がいるよ」って、誰にとっても「本当」のことですよね。そう言われて、

    「本当にそうだ」と素直に思える人は、心が強くて幸せな人。今あるものに感謝できる人。

    「そうは言っても、私の気持ちがすべて。私が不幸なことには変わりない!」としか思えない人は、裏を返せば自分さえ良ければいい人、心の弱い、本当にかわいそうな人だと思います。

    傍目から見ても充分健気に頑張ってる人に、「もっと大変な人がいる」と言うのは大変失礼ですが、そんな失礼な人ってそうそういないのでは?

    もし良く言われるなら、「もっと大変な人がいるよ」と他人に諭されてしまうような態度で常日頃生きてる方もどうかと思う。

    ユーザーID:3967003657

レス求!トピ一覧