現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

彼氏・旦那がいないと負け組? 携帯からの書き込み

さは
2019年5月13日 1:11
古いレス順
レス数:25本

タイトル 投稿者 更新時間
「負け組」「勝ち組」という言葉が生まれると 
pax
2019年5月15日 23:42

学ばずとも受動的に、それによる分類ができるようになると当時に、その差異も知覚できるようになる。
余談だが、イヌイットは他国の人からみて「白」にしか見えない色でも30数種類に同値分類でき、その白達を瞬時に識別できるという。それはそれぞれを意味する言葉が同じ数あるからだという。

「負け組」「勝ち組」という言葉達もそのような機能を有するのだと思います。それらの言葉を厳密に定義できずとも我々各々がその言葉の機能により分類できてしまう。結婚しない或いは恋愛しない人が「負け組」という風潮があるのじゃなく、「負け組」「勝ち組」という言葉が生まれる機運が近年あったということでしょう。

恋愛や結婚の本質的な価値観とは、それほど関係がある分類ではないと小生は思います。恋愛や結婚を論じる時にそれらの言葉に重きをおかなくてもいいのかなぁと思いますけれど。

言語学の素人の小生が、言語学を修めた知人から聞いた話題を参考に上記を書いてみました。参考になれば幸いです。

「組」と「会」とかの差異を議論することもできるかもしれませんがそんなことしなくても、これらの言葉が生まれる以前の大昔から皆さんは恋愛、結婚してきたと思います。だから彼らの子孫として、今私はここに生きてるのです。と思います。

ユーザーID:9011888001
他人との関係性の構築携帯からの書き込み
ややこい
2019年5月16日 0:35

一時的にせよ他人と深い人間関係を結べている、
これは恋人いない歴イコール年齢の私にとっては羨ましくもあります

でも反対に、パートナーがいる人がこれを他人を見下す武器にしてはいけないよね

ユーザーID:9442452930
勝ちというより「ラク」
まーさん
2019年5月16日 21:15

夫ならともかく、彼氏の有無で周囲の見方がそんなに変わるのですか?
たった数人の意見ではなく?大多数がそう?
・・・大変そうな環境にお暮らしですね。それは焦るのも無理はない。
でも結婚に関する環境としては良いですよ。早く結婚できますから。

私は正反対の環境で、いくつになっても全く焦ることなく、彼氏も結婚も遅かった。
38歳で結婚したのに、同僚は未婚者の方が多かったですもん・・・。
結婚8周年ですが、わたし以降同僚で新たに結婚した人はいません。
が、皆信頼でき認められている人間的に優れた人たちです。

結婚して経済的にも精神的にも豊かになりましたが、一番よかったのは「結婚しないの?」と聞かれなくなったことです。

独身生活は充実していたけど結婚に関して触れられるのは非常に面倒くさかった。
結婚願望がなかったわけじゃなく、自分はいずれはしたかったから。
誰でもいいわけじゃなかったし、夫がいなかったらきっとまだ独身だった。

既婚者という肩書や結婚指輪は自分の年齢に合っていて違和感がなく本当にラク。
でもそれだけ。

時代もいずれ変わり、結婚をせかす風潮もなくなり、独身者はもっと増えるでしょう。
その時一番不幸になるのは、周りに流され世間体で結婚してしまった人なのでは。

これぞという相手が現れなかったら、することないと思います。

ユーザーID:7104769224
そう思ってしまう事自体が
まも〜ん
2019年5月17日 7:51

負けている証拠です。

気にしないで自分を貫けば良いです。

ユーザーID:8529198979
両立しながらうまくやる
藁ぶき
2019年5月17日 9:13

恋愛も大事な人生の要素ですから
そういう雰囲気を醸成しておくと結婚も出産も手遅れになりにくいという一面の真実があるんだと思います
まあ良いんじゃないですか?
何事も練習というのは大切ですから
いろいろ経験して見る目を養ってから生涯の伴侶を決定するということで
今があると考えましょう
初めの一歩です

ユーザーID:1103538699
 
現在位置は
です