彼氏・旦那がいないと負け組?

レス25
お気に入り23
トピ主のみ2

さは

男女

こんばんは。とある女子大生です。
人前では言えないけれど心の奥でモヤモヤしていることがあるのでここで吐き出したいと思います。
世の中、恋人がいないと負け組みたいな風潮があるようなきがしてならないのです。
実際それもあって恋人が欲しいと思う人も結構いるようなきがします。
ぶっちゃけ私もその風潮があったために、彼氏をつくったところはあるし(勿論彼氏のことは好きですが)
彼氏という存在がいることに、心のどこかで安心しています。
「とりあえず自分は社会的に大丈夫だ」って。

みなさんは実際どう思っていますか?

私は、綺麗な部分では「そんな事ない。恋人がずっといない人でも素敵な人は男女ともに
たくさんいる」と思っていますが
一方で、恋人がいる人にはどことなく「魅力的な人なんだろうな」というイメージを抱き、逆にずっと恋人がいない人に対しては「恋人ができない理由があるような人なんだろうな」というマイナスなイメージがついてしまっています。
また、自分自身も、彼氏がいない時の周りの反応と彼氏がいる時の周りの反応を比べてみると、後者の方が確実に「周りに認められてる」感覚があります。

これは彼氏だけじゃなく結婚にも、やはり似たような風潮があるようなきがします。
結婚指輪をつけている人にはどことなく信頼感が増す気がするのです。逆も然り…。

現代においてこんな見方をするのは時代遅れな気もしますが、内実やはりこのような風潮があるような気がしてなりません。

率直な気持ちや意見を聞かせてください。

ユーザーID:3871753080

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数25

レスする
  • 両立しながらうまくやる

    恋愛も大事な人生の要素ですから
    そういう雰囲気を醸成しておくと結婚も出産も手遅れになりにくいという一面の真実があるんだと思います
    まあ良いんじゃないですか?
    何事も練習というのは大切ですから
    いろいろ経験して見る目を養ってから生涯の伴侶を決定するということで
    今があると考えましょう
    初めの一歩です

    ユーザーID:1103538699

  • そう思ってしまう事自体が

    負けている証拠です。

    気にしないで自分を貫けば良いです。

    ユーザーID:8529198979

  • 勝ちというより「ラク」

    夫ならともかく、彼氏の有無で周囲の見方がそんなに変わるのですか?
    たった数人の意見ではなく?大多数がそう?
    ・・・大変そうな環境にお暮らしですね。それは焦るのも無理はない。
    でも結婚に関する環境としては良いですよ。早く結婚できますから。

    私は正反対の環境で、いくつになっても全く焦ることなく、彼氏も結婚も遅かった。
    38歳で結婚したのに、同僚は未婚者の方が多かったですもん・・・。
    結婚8周年ですが、わたし以降同僚で新たに結婚した人はいません。
    が、皆信頼でき認められている人間的に優れた人たちです。

    結婚して経済的にも精神的にも豊かになりましたが、一番よかったのは「結婚しないの?」と聞かれなくなったことです。

    独身生活は充実していたけど結婚に関して触れられるのは非常に面倒くさかった。
    結婚願望がなかったわけじゃなく、自分はいずれはしたかったから。
    誰でもいいわけじゃなかったし、夫がいなかったらきっとまだ独身だった。

    既婚者という肩書や結婚指輪は自分の年齢に合っていて違和感がなく本当にラク。
    でもそれだけ。

    時代もいずれ変わり、結婚をせかす風潮もなくなり、独身者はもっと増えるでしょう。
    その時一番不幸になるのは、周りに流され世間体で結婚してしまった人なのでは。

    これぞという相手が現れなかったら、することないと思います。

    ユーザーID:7104769224

  • 他人との関係性の構築

    一時的にせよ他人と深い人間関係を結べている、
    これは恋人いない歴イコール年齢の私にとっては羨ましくもあります

    でも反対に、パートナーがいる人がこれを他人を見下す武器にしてはいけないよね

    ユーザーID:9442452930

  • 「負け組」「勝ち組」という言葉が生まれると 

    学ばずとも受動的に、それによる分類ができるようになると当時に、その差異も知覚できるようになる。
    余談だが、イヌイットは他国の人からみて「白」にしか見えない色でも30数種類に同値分類でき、その白達を瞬時に識別できるという。それはそれぞれを意味する言葉が同じ数あるからだという。

    「負け組」「勝ち組」という言葉達もそのような機能を有するのだと思います。それらの言葉を厳密に定義できずとも我々各々がその言葉の機能により分類できてしまう。結婚しない或いは恋愛しない人が「負け組」という風潮があるのじゃなく、「負け組」「勝ち組」という言葉が生まれる機運が近年あったということでしょう。

    恋愛や結婚の本質的な価値観とは、それほど関係がある分類ではないと小生は思います。恋愛や結婚を論じる時にそれらの言葉に重きをおかなくてもいいのかなぁと思いますけれど。

    言語学の素人の小生が、言語学を修めた知人から聞いた話題を参考に上記を書いてみました。参考になれば幸いです。

    「組」と「会」とかの差異を議論することもできるかもしれませんがそんなことしなくても、これらの言葉が生まれる以前の大昔から皆さんは恋愛、結婚してきたと思います。だから彼らの子孫として、今私はここに生きてるのです。と思います。

    ユーザーID:9011888001

  • 風潮はありますね。

    トピ主さんか彼氏がいて安心しているのであれば"社会的に大丈夫"というより
    トピ主さんにとって素敵な彼だからではないですか。相性がよくない人なら
    安心できないと思いますよ。

    負け組・勝ち組なんて、それをどう定義するかによってかわってきます。
    今でこそ夫婦共働きは珍しくないですが、昔は妻が働くと
    ・あそこの奥さんかわいそう
    ・夫は甲斐性なし
    といわれ、学校行事(入学式・参観日など)に夫が参加するなんてことは考え
    にくかったです。

    時代遅れとかいうより、考え方(物事の定義)は変わるものです。
    なので、考え方に正しいや間違いなんてこともないし、その考えは時代遅れだから
    間違いと決めつけることも間違いだと思います。

    その考え方で行動した結果どうなったか?。結果が自分の思い通りであれば
    正しかったということだと思います。

    世の中にはいろんな風潮があると思いますが、参考にはしても気にしすぎないことですね。
    自分の人生。しっかりと考えて、自分にとってプラスになるような行動をとれば
    いいんじゃないですかね。
    結婚したいと思えばすればいいし、したくなければしなくていいし。
    どんなことでも、こんな風潮があるからと嫌々しても上手くいきません。

    ユーザーID:7869872612

  • まあ

    そもそも、自分の好きなようにはさせないのが社会なので。

    秩序や効率化を進めるには大枠で括らないことには始まらないのです。
    本当に好きに生きるなら、国名も県も市ももろもろ要らないし、税金も保証も要らないわけで。

    一代限りで考えるなら、結婚しなかろうが、子供生まなかろうが、社会の形、システムが構築仕切れずに破綻しようが、その頃には自分は高齢だからいいやとなるわけです。
    それじゃ困るだろという人が維持しようと躍起になってるところはありますね。

    だから、別に恋愛しなくても、子供居なくても、その独身世代を支えるのも同年代のあなた方ですし、多様性を認めようと管理コストが増える税金を払うのもあなた方。
    他国との競争力が減ろうとも、学力が全てではないとするのも自由。
    なるようにしかならないわけです。

    ユーザーID:5221321673

  • どちらもあり

    独身専門職の50代です。
    これはもう、どちらもあるとしか言えません。
    ようは、自分の受け取り方なんですよ。

    彼氏がいないことや結婚していないことに、自分自身でコンプレックスを持っていると、何をしても人から負け犬に思われているんじゃないかと思いがちになるんじゃないかな。
    そして、そういうのって、人は良く気がつきます。
    特に、マウンティングしたいような人は、相手の弱いところを探していますし、見つけるのもうまいですからね。

    私は、本当に子供のころから結婚や出産にあこがれがなかったので、その点について何を言われてもどこ吹く風で、気にならなかったし相手にもしませんでした。
    あんまり、何か言われた記憶もないんですよね(笑)。
    そもそも、彼氏や結婚が自分の人生にとって重要だと思ったことがないんで、若いころも今も、負け犬でいいですけど?って思います。

    若い人と関わることが多いですけど、子供のころから一度でも、結婚するのが当たり前と思ったことがあるなら、結婚した方がいいよ、と言っています。
    そういう人は最初に書いたように、結婚しなかったことがすごいコンプレックスになっちゃうことが多いので。
    それがないなら、別に彼氏がいなくても、結婚しなくても、問題ないと思いますよー。

    ユーザーID:1258029644

  • 時代が変わったと感じます

    ネットの投稿を読んでいると、60代女性も変わってきましたよ。
    自分の子供に結婚してほしいという人もいるけど、自由でいいという人も増えてきた。
    夫や子供の自慢をする人は、嫌われます。
    そして不思議なことに、自分を大事に生きている人は友人を選ぶようになります。
    最近私は趣味で知り合う人が多くなったのですが、心地いい人と接することが多くなりました。

    ユーザーID:8307032381

  • つづきです。


    >他人にどう思われるか気にしなくなってもいけませんが、自分をどう価値をつけるかは最後は自分が決めるんです

    >今からそんなだと、今後もずっと競争ですよ。
    ...
    トピ様はずっとカウントして生きていくのでしょうか。

    >どう、くだらないと思うでしょ。
    ある種の基準で人を判断するのは当然ですが、勝ち組負け組という色分けはくだらないですね。


    本音を言えば、私は出来るだけ自分の好きなように生きていたいです。
    しかし、社会の波は思ったよりも荒く大きく、建前では「皆それぞれ皆良い」の思想を掲げているものの、実際生きていると「評価基準」があり、何かしらで優劣がつけられていると知りました。
    そんな社会に飽き飽きしているし、本当はもっと常識から解放されて生きたいですが、そう感じる一方で、自分自身、人を評価してしまっている部分もあり、悶々としていました。
    でも皆様のレスを読んでいて、
    社会には一定の価値基準などは存在しているけれど
    そこに気を取られすぎず、
    自分の価値基準を一番大切にして生きていきたいと思えました。
    思ったよりみんな「周りの評価」に嫌気がさしていたり「自分の価値判断」でいきたいと思っていたり、実際そうしていたり、
    少し安心しました。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:3871753080

  • 皆様ありがとうございます。

    トピ主です。皆様ご意見ありがとうございます。

    >今の若い子はもう少しドライになっていると思っていましたが
    (ネットでも、草食化が話題になっていましたし)
    未だに「男に選ばれること」が最重要事項のまま。

    リアルな大学生事情だと、確かに草食化、進んでいます。「恋人そんなにほしくない」という子も結構います。でも、そんな子とも、話していると「本音では要らない。けど、社会的面子を考えると欲しい気もする」という意見も多いです。インスタに並ぶカップル投稿を見ると、このままではいけないんじゃないかという謎の焦燥感が生まれると。ずっと彼氏いない=劣 みたいな謎の重圧。でもこれって気にしすぎとかじゃなくて、本当にある気がするんです。
    全然古いままです。

    >男性に選ばれたから勝ち組というのも、素敵な男性に選ばれたらの話で、どんな男性でも選んでもらえたら勝ちなんてことは絶対にない。

    そこもあると思います。でもだからこそ、彼氏自慢マウントがインスタで繰り広げられたり…。
    パートナーの質も加味する世間という審査員。
    そんな感じがします。
    これは大袈裟な表現ですが、結構人と話してると皆思った以上にすぐ人を評価するんですよね。しかも結構細かいところまで知ってたり。
    そういうのを目の当たりにし続け、モヤモヤが溜まっていました。

    ↓つづきます

    ユーザーID:3871753080

  • えーと

    「既婚者の癖に不幸せ」だったり、「彼氏が居るけど不幸」な人は、シングルを見下す傾向があります。

    本当に幸せな人は、他人が独身だろうが既婚だろうが気にもしません。

    ユーザーID:9098804458

  • 一種のステイタスであることは確か

    でもそれってちょっと高級な鞄や靴を持っているのと大して変わらないと思います。一生ものに近いけど、絶対にずっと使うとは構わない、て感じ。

    独身で彼氏もいないことが侘しい、悔しい哀しいと思う方はそうなのでしょう。
    でも悲観されているのはその人だけで、周りは案外気にしていないかも。
    マウンティングされると不利ではありますが、笑い飛ばしてしまうくらいの気概を持ちましょう。


    ユーザーID:5881350211

  • 気にすることない!

    私自身は恋人が切れたことがないタイプです。もう彼氏いらないと言いながらすぐ作ってしまいます。恋愛体質なだけです。

    主さんと真逆な私の感覚では、ずっと彼氏がいないとマイナスなんてこと全然ないです。

    ただ、嘘でも「彼氏ほしい〜」とか言わない方がいいと思います。求めてるのにできないのは、やっぱり魅力がないのかなぁ?なんて思うことあります。


    彼氏いらない!と豪語してても、出会う時は出会うし、種まきしてもあんまり意味がなくて、本当に縁だと思うので。


    今欲しくないなら「あんまり出会い求めてもない」と言っていいかと。

    ユーザーID:0662779563

  • 勝ちも負けもない

    世の中
    お一人様、主流の時代
    彼氏、旦那
    いても、いなくても
    どちらでもよい

    ユーザーID:6388871281

  • 価値観は時代と共に変わるのよ。

    あのね、バブルの頃は
    「24才まで」に「恋愛結婚」で「寿退社」して「専業主婦」になるのが「勝ち組」だったの。
    その基準でいったら、今ほとんどの人が「負け組」ですよ。

    「うわー25過ぎてるんだ」とか「なんだお見合いなの」とか「えー旦那さんのお給料で生活できないの?」とか、そんな風に人が評価されたんです。
    どう、くだらないと思うでしょ。

    ある種の基準で人を判断するのは当然ですが、勝ち組負け組という色分けはくだらないですね。

    ユーザーID:6559750811

  • 負け組みの既婚者もいますよ

    確かに30歳まで彼氏なしだと、変人扱いされるだろうし、それは辛いです。でもビクビク人目を気にして生きたら、それは他人の目から見て勝ち組でも実際は楽しくなく、人生の負け組みになっていませんか?

    今からそんなだと、今後もずっと競争ですよ。

    結婚したら勝ち組というものではなく、浮気されたり、DVされたり、ギャンブルで借金してくる夫だったら完全に負け組みです。それじゃ独身の方がマシです。子供が生まれても、また競争は続いて、障害があったら負け組、障害がなくてもすごく成績悪かったら負け組、ニートになったら負け組とか、トピ様はずっとカウントして生きていくのでしょうか。老後に年金がどのくらいあるかでも勝ち負けができるし、立派に成人した息子がいても、嫁に取られて絶縁したら負けとか、いろいろ考えたら楽しくないですよ。

    私は誰かに非難されても付き合うくらいは彼氏が大好きだし、命かけてます。人目を気にするより、大恋愛したいです。若いうちから守りに入って、それで本当に負け組じゃないのですか?

    ユーザーID:7533981416

  • 匿名さま、よく言ってくださいました。

    既婚と言うだけでマウントしてくる女って
    他人を自分の証明のために使っているんですよ。
    別名「虎の威を借る狐」ですね。

    それが高じて、結婚相手の学歴や職業、子どもがいるかいないか
    子どもがいるならどこへ進学したか、どこへ就職したかでマウンティング合戦。
    自分じゃなくて家族の手柄がアイデンティティになっているんですよ。
    ○○さんの嫁、××ちゃんママってやつですね。
    自分はどこ行ったんだ?
    こういう人と話をしても、底が浅いので本当につまらないです。

    でも、地方は未だにこういう価値観が根強く残っていますよね。
    私や匿名さまのような考えの持ち主は、本当に少数です。

    でもね、自力で自分の地位を得るのは大変ですが
    達成した時の嬉しさ楽しさは
    誰かの彼女、誰かの奥さんとしてオトコに底上げしてもらうより
    何十倍にもなると思います。

    ユーザーID:1195309979

  • そんなことない

    ケチな人。自己愛が強く相手は二の次な人。相手を思い通りに操作したい人。
    束縛が強い人。友達がいない人。
    幼稚な人。こんな人旦那で幸せですか?
    うちの娘が付き合っているタイプです、
    別れさせるし、いずれ別れると思いますが、こんなんだったら、
    1人の方が幸せでしょ。

    ユーザーID:1042543225

  • あはは、正直なヤツ!

    そうですね、彼氏・彼女がいる、結婚している って情報は、
    その方を評価する一つのプラスのポイントにはなりますよね。
    (もっとも、ここ5年で15人の彼氏がいたなんてのは逆にマイナスポイント)

    もちろん、それはすべてではないし、それほど大きい評価ポイントではないけど、間違いなく「評価ポイントの一つ」ですね。

    例えば、
    ・いい大学を出ている
    ・いい会社に勤めている
    ・有望な国家資格を持っている
    ・国体やオリンピックに出た
    ・お花、お茶、お琴の免状を持っている

    なんてのは、いずれもその方の「人格そのもの」の優劣とは全く無関係ですが、
    プラスポイントになりますよね。それと同じ。
    勉強ができるのも努力と才能、彼氏ができるのも努力と才能です。

    逆に30過ぎて今まで交際歴がない、とか、既にバツ2なんてのはマイナスポイントになるででょうね。

    ---
    ただね、そういう「正直なコト」を口に出して言うと、
    『交際相手の有無は人格とは無関係、彼氏がいなくても素敵な人は一杯いる!』
    って、熱く語るヒトと言い合いになっちゃうので、心の中にしまっておく方が「生きやすい」のです。

    ユーザーID:9421639157

  • 自分の機嫌は自分でとる

    恋人がいないと負け組なのか
    結婚していないと負け組なのか
    じゃあ子供は?
    家は?
    あれやこれや他人との比較や世間の声とか
    結局のところそういう事って世間にはたーくさんあります。

    そういうのを全く気にならない人って言うのはまぁいません。
    また、誰からも見ても文句のつけようのない人っていうのも案外いろいろ悩みがあるもんです。

    >現代においてこんな見方をするのは時代遅れな気もしますが、内実やはりこのような風潮があるような気がしてなりません。

    気にするなと言うのは建前です。そういう事が気になるから裏返しでその他のいろんなことを頑張ることが出来るという事でもあります。

    他人にどう思われるか気にしなくなってもいけませんが、自分をどう価値をつけるかは最後は自分が決めるんです。

    ユーザーID:8540123064

  • 今の若い子でもそういう風に感じるんですね。

    私が女子大生だった頃はバブルの終わりくらいで
    トピ文のようなことが当たり前でした。

    私も若気の至りで付き合った彼氏が
    何かあるとすぐに仕事からも親からも逃げるヒモ系ダメ男で
    その後も一方的に甘えて負担ばかりかけそうな男性に好かれがちだったので
    世間体<<<自分の体が楽
    を取り、そこそこ余裕のある生活ができるだけの収入を得ているため
    生きるために妥協して結婚しなくて良いため
    「どなた様に限らずお断り」でアラフィフまで来ました。

    今の若い子はもう少しドライになっていると思っていましたが
    (ネットでも、草食化が話題になっていましたし)
    未だに「男に選ばれること」が最重要事項のまま。
    既に平成が終わり令和になったにも関わらず
    まるで昭和のままで時が止まったかのように感じます。

    ひょっとしたら、地方在住でしょうか?
    私も都会から転職して地方に来て
    そういう風潮を感じています。

    私は今地方在住ですが
    既婚と言うだけでマウントしてくる賢くない女や
    未婚=ボクちゃんにもチャンスがあると秋波を送ってくる非タイプな男性を
    威嚇するため、ナフタリング(ニセ結婚指輪ニセ恋人指輪)をつけております。

    めんどくさいなぁと思ったら
    私のように疑似「恋人から送られた指輪」をつけておくと
    余計な面倒事や見下されることも少なくなると思いますよ。

    日本では社会通念上「男が女を選ぶ」時代がしばらく続いていましたが
    それは、女性が定年まで働ける仕事が少なかったから
    男性に選ばれ結婚してもらえないと、生きていけなかったからです。
    今は自分が努力すれば、定年まで働ける社会になっています。

    加えて生物学的には「女が男を選ぶ」が正解です。
    女性は少ない数の子どもを産み育てるため
    優秀な男性とだけカップルになりたいと考えるのが、本来の姿です。
    本来の姿になるには、自分の収入と世間体を捨てることが大事です。

    ユーザーID:1195309979

  • どんな男性か次第

    勝ち組負け組という表現自体本当に好きになれませんが、昨今、よく使われている表現ではありますよねー。

    で、その辺りどう思うかですが、相手によるとしか言えません。
    彼氏がいたって旦那がいたって、その相手が魅力的で本人も幸せで充実してそうなら、強いて言えば「勝ち組」って思うかな。今はね。先のことは知りません。

    でも意外とみんながみんなそうじゃないですよね。
    よく見ると彼氏がいても結婚していても、あれだったら一人で頑張ってるほうがずっと素敵って思えるような女性もいます。

    男性に選ばれたから勝ち組というのも、素敵な男性に選ばれたらの話で、どんな男性でも選んでもらえたら勝ちなんてことは絶対にない。

    なのでホント、一緒にいる相手次第って感じかな。

    ただ「結婚指輪をしているとなんとなく安心感を与える」というのは、確かにあると思う。
    でもそれは相手が何もわからない状態の時に、相手を知るひとつの目安に過ぎなくて、実際その人と会話をし、関係性が生まれたらその事自体がどういうイメージを及ぼすかはやっぱりパートナーの質次第です。

    ユーザーID:1367450230

  • 一般では、そこまで調べない

    人を見極めるに、前から知っている人なら、変な先入観を持つかもしれませんが、
    新しく知る人に、結婚してるか恋人がいるかとか、聞かないので、あんまり重要だと思いません。

    私世代60才だと、普通は結婚していたと言うことがあるけど、
    若い世代だと、変な意味で無理やり焦らせるのも良くない気がします。

    それに芸能人とかだと、独身でも大好きな人や尊敬できる人が居るから、気にしません。

    縁のもんだから、変な優越感や劣等感は、不必要な時代が来てほしいです。

    ユーザーID:0769114744

  • レスします。

    「他人を自分の証明のために使わない」
    これ、大人の鉄則です。
    自分の証明を自分でする機会は学問なり仕事なり、いくらでもあります。
    そういった機会で自分を証明し続けた人にはある種の凄みがあります。(怖い人って意味じゃなくてね)

    社会や周囲の身勝手な価値基準にふらつくならまだしも、そのワケの分からない圧力に負けて、自分の証明のために他人を使う人は、はっきり書きますが、話して3分で底の浅さが分かります。

    ただ、ですね。ただ、ですよ。
    こんな意見、少数です。

    あとは主様が、どのステージで生きていきたいか、です。

    誰にも代替えできない自分だけの幸福を追求するのか(結構、大変です)、
    誰にでも共感される偏差値型の幸福を追求するのか、
    ご自身で選ぶだけです。

    ユーザーID:5470672595

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧