• ホーム
  • ひと
  • 息子を送り出す母です。どうか背中を押してください

息子を送り出す母です。どうか背中を押してください

レス8
(トピ主1
お気に入り25

家族・友人・人間関係

ねこ

某地方都市在住の、50才のシングルマザーです。
20代後半の息子が2人います。

長男は結婚して、地元に住んでいます。

次男は、地元の国立大を卒業し就職、
地元支社配属で、まる1年になりました。

先日次男から、仕事を辞めて東京に行く
今やりたいことに挑戦してみたいと言われました。

以前から、東京に行きたい思いがあったようです。

本人いわく、大きな賭けは、
もう今しか出来ないと思う。
結婚したら仕事辞めたり出来ないし、
今やりたいと思うことを、やってみたいと。

男の子だし、いずれこういう日が来るのは
覚悟していました。

やりたいことがあるなら、やってみなさいと
笑って送り出したいと思うのですが

その気持ちとは裏腹に、悲しくて仕方がなく
元気が出ない毎日です。


何故そんなに悲しいのか考えてみました。

おそらく長男が結婚したあと、自分の中で、
次男の存在が励みだったように思います。

その励みというか、気持ちの支えが
なくなることが悲しいのだと思います。


本人は、これから先のこと、
希望に満ち溢れているはず。

私はどのように考えれば、
前向きに笑って送り出してやれるでしょうか。

いよいよ本当に、子離れしなければならない時が
来た気がしています。

とても寂しいですが、
背中を押して頂けるとありがたいです。

ユーザーID:1240451800

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子離れの時期は辛いですね

    こればっかりは、いいお母さんでいたいと思っていても、心がじわじわ参っていくというか、空のす状態ですよね。

    私も体調をくずしたり、いろいろ行動しようとして疲れ切ったり、
    年齢も年齢だし、優しい男の子が家にいない寂しさは、特別だと思います。

    ですが、そうはいっても、息子たちに心配させてはいけないですよね。

    時間がかかっても、なんとかなりますよ。
    私は、いろんな事に挑戦しようとしたけど、今は、童心に返って水泳をしています。
    同じような年齢の方たちと、頑張ったり遊んだりが楽しいです。

    こういう年齢は、子供の親離れの他に親の介護とか、いろいろ悩みがある人も多いですが、私の言っている水泳では、乗り越えている先輩も多いです。
    明るい先輩は、いいですよ。

    ユーザーID:4058971037

  • 押します

    私も息子2人、遠方に住んでいます。
    下の息子が大学進学で家を出た時が一番きつかったな。

    でも、たまに帰省するととっても疲れるんです。
    こちらも年をとったのだと実感します。
    そして、子育て中に出来なかった事ができる幸せ。
    それは、子供がちゃんと巣立った証拠です。ありがたい時間をもらった。
    主さんは、立派に子供を育てたし、子供はちゃんと成長している証です。

    今はSNSもありますし、一人旅しながら会いにいけばいい。
    それも楽しそうです。
    それも出来なくなったら、彼の幸せを祈る事が出来ます。

    ユーザーID:0680438778

  • あえて、背中は押しません。

    お子さんが離れていって寂しい、という感情はとりあえず横に置きます。

    次男さんが東京へ行くのは、すでに就職先を確保しているのでしょうか?

    また、「今やりたいこと」とは、大人の目からみて、実現可能なものなのでしょうか?

    そうでないなら、私なら全力で止めます。

    実現の可能性がある「目標」へのチャレンジならともかく、いわゆる「夢」はかなわない、と教えるのが、大人の、親の責任だと思っています。

    ユーザーID:7494358621

  • 親が精神的に自立しているほど子と心が繋がっていられる

    実母との関係で実感しました。
    ちなみに私は女です。
    子離れがつらかっただろう母に
    追われるほど逃げたくなりました。

    ある時から母が私を追わなくなりました。
    趣味を見つけ、新しい友人を作り生き生き
    してきました。そういう親は子から見ても
    魅力的です。話していても楽しいですし。

    今は母との関係は円満です。
    距離は離れて住んでいても、母が困ったら
    いつでも助けたり寄り添ったりしたいと
    素直に思えます。

    参考になれば幸いです。

    ユーザーID:5066103914

  • 元に戻ったと思う

    私も同じような状況で長男は結婚して他県で暮らしまもなく子供が生まれる予定で、お嫁さんの実家と懇意にしているようです。
    車で1時間も走れば来れる距離でも、盆と正月くらいしか顔を出しません。

    トピ主さんと同じく、ひょうきん者の次男が私を笑わせてくれていた生活も来年から自活するらしく、息子は会社から帰ってくると物件を楽しそうに探しています。

    片方はスタート地点に立ち、こちらは終着地点に着いたような、一緒に暮らしていても別々な心持ちなんだなぁと思います。

    男の子ってのはいくつになっても母親にとっては小さな恋人ですよね。
    ポケモンや遊戯王カードを集めていた頃、部活の応援で汗だくになっていた頃、大学受験に合格の瞬間、社会人になって大人の表情になってきたスーツ姿、どの瞬間も鮮明に焼き付いていますよね。

    子供はいつまでも子供のままじゃないから、巣立つのは自然なことで、居なくなる今、ようやく元に戻ったって思うようにしています。
    本当はすごく寂しいけれど、それを息子に見せてはいけないと思うのです。自立する気力を母親が阻んでしまっては取り返しがつかなくなります。
    働かず、外出もしないで太ってゲームしてるようなニートになるくらいなら、何事にも挑戦して失敗してもやり直す強い男になって欲しいですね。それには失敗しても帰って来れる古巣があるっていう安心感を子供が持てることだと思うのです。
    私たちは人並みに子育てをして税金を払える社会人に仕上げたのだからお役目は果たしました。

    トピ主さん、趣味はお持ちですか?
    介護などのお役目がなければ、ご自身の身体のメンテナンスしながら趣味を広げてはいかがしょうか。
    いよいよ女の第三章の人生幕開けです。

    ユーザーID:5156876702

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • トピ主です

    皆さま、コメント下さり
    ありがとうございました。

    とても胸に染みました。

    すごく寂しいけれども、絶対にそれを見せず笑って
    がんばれと送り出そうと心に決めました。

    これからは遠くから、見守っていようと思います。

    私もこれからひとりで楽しいことをたくさん見つけて
    自分の暮らしを充実させられるように頑張ります。

    まずは、某アーティストのコンサートチケットを
    購入しました。

    ひとつ楽しみと目標が出来たことで、
    東京行きが決まって以来、
    沈みがちだった気持ちが少し上がった気がします。

    そうですね、ちゃんと自立出来たのだから
    これでひと段落。

    人生はまだまだ先が長いですもんね。

    小さい頃から、男の子だし一緒に居られる期間は
    そんなに長くないと覚悟してはいましたが
    過ぎてしまえば本当にあっという間で
    寂しいものですね。

    しばらく泣くかもしれませんが
    先に送り出している方たちを見習って
    わたしも頑張ります!

    ユーザーID:1240451800

  • アテもなく東京へ行く

    ようですし、主もとても寂しがってるようですし、

    止めたらいいのに、と思います。

    真面目な息子さんだったとしたならば、余計に心配ですよね。

    多少いい加減で遊んでるなら、まだいいと思いますけどね。

    別に、親の意見を押し殺して笑顔で見送るだけがいいことだとも思いません。

    ユーザーID:9411247283

  • すみません、自慢話してしまいます

    子供達は進学や就職で家を出て行きました。
    その後結婚。
    でも寂しいと思ったことはありません。
    仲悪いわけでもないのに電話もメールも1年に何回あっただろう。
    帰省してきた時はやはりうれしくてあれこれ構うのですが、離れている時は基本忘れています。

    一見ドライな親子関係ですが、なぜか向こうから寄ってきます。
    進学で遠方に引っ越した時はもう帰ってこないだろうと思いましたが、意外にも近くで就職。
    結婚したら夫婦でさらに近くに引っ越してきました。
    呼んだわけでもないのに。

    子供達に限りません。
    その他の身内ともドライなつきあいをしてきました。
    でも来てくれた時は歓迎し、困った時はできる限り手を貸してきました。
    結果、向こうから寄ってきてくれるのです。

    来るもの拒まず去るもの追わず。
    だれにもしたことのない自慢話です。
    トピ主さんの心に響けば幸いです。

    ユーザーID:6003759600

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧