現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

アラフィフ、自分が説教くさい?「私が」「私は」になる

モルガナイト
2019年5月14日 12:17
古いレス順
レス数:25本

タイトル 投稿者 更新時間
それは老化の一種らしいですよ
ないしょで
2019年5月16日 19:40

中年以降、友人関係の一部にそうなった人がいて、何となく疎遠に。

環境や大体先が見えてくる年齢だからかな…と思っていたのですが、何かのコラムに「それは前頭葉の老化」とあって、意外でした。

確かに、環境は関係なく困難の最中の人でもならない人はならないですし、悠々自適な暮らしなのに会話泥棒ばかりでうんざりする人もいる…

工夫が好きで何にでも興味を持って自分でやる人は、老化しにくいそうですよ。

思い当たりますね。
会話泥棒にならない人って、生き生きして頭が柔軟で、つらいときであっても愚痴になる所を面白おかしく笑い話に変えてしまい、一緒にいて愉しいです。

お肌の曲がり角のように、「どうしちゃったの?」と思うくらい私が私がコース真っしぐらの人にたいしては少し切ないですね。
元の魅力的な彼女を知ってるだけに…

ユーザーID:5748843179
聞きたかねーよ! どうでもいいし!
まこ
2019年5月17日 10:08

50代半ば、実は私は昔から「私が〜」の人でした。
と言うか「うちの子どもが」 「私の若い頃は」 「私たちの時代は」って。
それこそ30代くらいの頃から自覚はあったんだけど、その一方で
「自分の経験が少しは役に立っているはず」と思い込むことで過ごして来ました。
相手も何も言わないし

しかし!! 最近の人は 言うんですよ。
表題のようなことを、面と向かって

まあ、30歳も年の離れた2000年代生まれなので感覚も全く違うんでしょうが
言うかね〜、目上の人に(笑)
いやいや、「年取ってるからって偉いわけじゃないし」って
一応、非常勤とは言え先生なんですけど・・・

ああ、でもそう言えばうちらの時にも学校の先生って何かって言うと「昔は〜」って言ってたなぁ
私の場合、職業病+老化のダブルなんですね。

よそでもやらないように気をつけなくては!

ユーザーID:1961961540
トピ主です。
モルガナイト(トピ主)
2019年5月17日 13:09

引き続きレスを頂きありがとうございます。
ご叱責も共感頂けることも有難いです。

聞く方、話す方、色々な状況があると思いますが、私自身は「話したい」欲求が相手や状況を見るよりも優先してしまった時にそうなるのだと思います。
悩みのある友人にも新しい持ち物に喜んでいる友人にも「こうしたら良かった」ということを伝えなきゃ、と思い、空気を読む前に話してしまっている感じでした。
どちらの友人とも基本、愚痴でも面白おかしく笑いながら、楽しく会話出来る相性があり、それがあるので何時間も一緒に過ごせるのですが、上記の思いに囚われている時や、年上ということを意識してしまった時に、間違ってしまうようです。

同じ年ならそうならないかというと、やはり「これが面白かった!言いたい!」という時に強引に自分の話に持って行くところはありますね・・・。
周囲は大抵は乗ってくれ、笑ってくれるのですが、あとで「今は私の話(をする場面)じゃなかったな」と感じる時もあります。

何人かで集まる時は人の話に笑う時間も多いですが、会話がふっと切れた時に話を出さなきゃと気を回すこともあります。
子供には時々、反応が大袈裟と言われます。
会話を自分の話にしてしまうのと、そんなに気を回さなくても自然な成り行きでいいのだということも、気を付けたいです。

ユーザーID:8903819468
親が正に会話泥棒でウンザリですが・・・
見習います
2019年5月17日 16:11

最近とみに実親義親共に会話泥棒甚だしくてげんなりしているところ…
親たちは後期高齢者ですが…

曰「同年代友人の話は頑張って聞いいるので自分の話は子供に聞いてほしい」

かくいう私も夫にはついつい会話泥棒して呆れさせてしまうのです…ゴメンね夫…

老化ですね…身の振り方考えます…

ユーザーID:1055091608
トピ主です。有難うございました。
モルガナイト(トピ主)
2019年5月21日 10:06

先日また別の友人(同年代)とカフェに行き、3時間くらい楽しく話して来ました。

相手の言わんとしていることをよく聞き、会話の雰囲気を壊さないように心掛けました。
相手もこちらの話を聞いて会話を広げてくれて、大勢でも一対一でも心地よい距離感の人なのですが、内心なるほどーと感心しました。

白けた空気にもならず、別れ際「今度は○○に行ってみようよ」と笑顔で言われました。お互い楽しく過ごせたのではないかと思います。

老化というご意見が多く、自分を省みても、親や親戚の事を考えても一因としては至極当然で納得しました。脳の老化、感性の老化を減らすべく、日常を生き生きと過ごす努力をしたいです。
そして自分の性格的なところも意識して行きたいと思います。
今後はさらにしっかり自覚して行かないと、気が付いたら友人知人に敬遠されているという状態は避けたいです。
お付き合いいただきまして有難うございました。

ユーザーID:8903819468
 
現在位置は
です