アラフィフ、自分が説教くさい?「私が」「私は」になる

レス26
お気に入り80
トピ主のみ3

モルガナイト

話題

アラフィフ女性です。

最近友人・知人と話していて、相手の白けたような空気を感じることがあります。

例えばある人が「義姉に子供についてこんなことを言われた。腹が立つし悲しい」と言い、それについて「それは腹立たしいね。私も子供が小さい時に〜〜なことがあったよ。私は〜したわ」と返します。
それがどうも「私は〜したことで上手く対応できた。あなたもこうしたら?」的な言い方になっている、相手はそう聞いている・・・ような気がするのです。

私の子供はもう大学生で、お相手は小学生のお子さんです。
彼女にとっては今が辛い時で、でも私には大変だった過去のことのため、「そうねえ、私の場合は・・・」という話にしてしまうことが多いです。
きっと、それを求められているのではないのですよね。
彼女は今の自分の話を聞いてほしいだけで。

他にも、「こんなものを購入したの♪」と嬉しそうな友人に、「私も持ってるわ。それ、○○してなかったら、トラブルになってこんなにお金がかかった」と水を差してしまったり。
私は大変だったのでよかれと思って言っているのですが、相手の白けた空気で「あ、間違った」と気付きます。説教おばさんになりつつあるのでしょうか。
いいことがあって喜んでいる人に、「良かったわねえ、そういえば私も〜」と言ってると、下手をしたら張り合ってる?と取られてしまいそう。
そのうち「あんたのことなんか聞いてないわ」と思われそうで・・・。

経験を積むと言いたくなる、知識があるとひけらかしたくなる、のだと思います。
それと苦しいこと辛いことも少々経験があるため、「そんなにひどいことが!」ではなく「ああ、あったわ、そういうこと」くらいに鈍ってしまっている気もします。

感受性が鈍っているのは仕方ないとして、話している時に「私が〜私は〜」ばかりの人にはなりたくないものです・・・。

同年代の皆様はどうですか?

ユーザーID:8903819468

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数26

レスする
  • ありがとうございます。

    トピ主です。皆様レス有難うございます。

    何人かの方が言われているように、私が例に挙げた会話の相手は二人とも年下です。
    私が50代前半、友人は40代前半です。
    年上ぶる必要も、経験者ぶる必要もない関係であり、レスを頂いたように、大したことをなしたわけでもない、子供も特別優秀なわけでもない私の言うことなど、わざわざ披露する必要はありませんでした。
    とくに育児の問題はデリケートだと思いますから、本当に気を付けたいです・・・。

    私が親しくなる人はしっかりした体育会系の人が多く、自分で考え、行動できる人達で、そういう意味でも、求められないのにあれこれ言うのは相手もカチンと来るだろうと思います。
    年上の友人もいますが、はっきり意見を言う人ですが押し付けはなく、こちらが言うことも聞いてくれます。別の人は穏やかで意見を言いあう会話になりませんが、そうしてもらっているのかもしれません。

    会話を自分の話にしてしまうのは以前からではなく、やはり年々・・・のような気がします。以前はそういう人に対して引いている方でした。
    今も会話が終始「私が〜私は〜」で終わっているわけではなく、ランチをしたらお互い相手の話を聞きあう中で、一、二度あれ?今間違ったかな?と思う瞬間がある感じです。
    もちろん自分が相手の不満に気付いていない可能性もありますから、ここでしっかり自覚して、いい友人関係を続けて行きたいです。

    ユーザーID:8903819468

  • トピ主です。

    引き続きレスを頂きありがとうございます。
    ご叱責も共感頂けることも有難いです。

    聞く方、話す方、色々な状況があると思いますが、私自身は「話したい」欲求が相手や状況を見るよりも優先してしまった時にそうなるのだと思います。
    悩みのある友人にも新しい持ち物に喜んでいる友人にも「こうしたら良かった」ということを伝えなきゃ、と思い、空気を読む前に話してしまっている感じでした。
    どちらの友人とも基本、愚痴でも面白おかしく笑いながら、楽しく会話出来る相性があり、それがあるので何時間も一緒に過ごせるのですが、上記の思いに囚われている時や、年上ということを意識してしまった時に、間違ってしまうようです。

    同じ年ならそうならないかというと、やはり「これが面白かった!言いたい!」という時に強引に自分の話に持って行くところはありますね・・・。
    周囲は大抵は乗ってくれ、笑ってくれるのですが、あとで「今は私の話(をする場面)じゃなかったな」と感じる時もあります。

    何人かで集まる時は人の話に笑う時間も多いですが、会話がふっと切れた時に話を出さなきゃと気を回すこともあります。
    子供には時々、反応が大袈裟と言われます。
    会話を自分の話にしてしまうのと、そんなに気を回さなくても自然な成り行きでいいのだということも、気を付けたいです。

    ユーザーID:8903819468

  • トピ主です。有難うございました。

    先日また別の友人(同年代)とカフェに行き、3時間くらい楽しく話して来ました。

    相手の言わんとしていることをよく聞き、会話の雰囲気を壊さないように心掛けました。
    相手もこちらの話を聞いて会話を広げてくれて、大勢でも一対一でも心地よい距離感の人なのですが、内心なるほどーと感心しました。

    白けた空気にもならず、別れ際「今度は○○に行ってみようよ」と笑顔で言われました。お互い楽しく過ごせたのではないかと思います。

    老化というご意見が多く、自分を省みても、親や親戚の事を考えても一因としては至極当然で納得しました。脳の老化、感性の老化を減らすべく、日常を生き生きと過ごす努力をしたいです。
    そして自分の性格的なところも意識して行きたいと思います。
    今後はさらにしっかり自覚して行かないと、気が付いたら友人知人に敬遠されているという状態は避けたいです。
    お付き合いいただきまして有難うございました。

    ユーザーID:8903819468

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧