現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

小さい頃の虐待とその後について教えてください

だぐ
2019年5月15日 10:48

0〜3歳の時、年齢(月齢)相応のことをしたら父親に激しく怒鳴られ詰められたり、その剣幕に怖くて泣いたら即座に「泣けば何でも許してもらえると思ってる」とすり替えられたり、甘えを許してもらえなかったり、両親が自分のしつけのことで激しく言い合ったり、父親が母親に死ねと強く迫ったり、(いずれも面前で)
そういう状況があった場合、
たとえ、その後家庭が落ち着いても、
大きくなって幼少期を回想した時に弊害が生じますよね?

急に性格が変わったり、情緒不安定になったり
不登校になったりするでしょうか?

また、そういうのを少しでもカバーするために必要なのは何でしょうか?

皆さんのご経験に知恵を借りたくお願いします。

ユーザーID:8552222845  


お気に入り登録数:20
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本


タイトル 投稿者 更新時間
自分の経験を積むしかない
のここ
2019年5月15日 13:21

世の中こんな世界もあるんだ!
こんな人も居るんだ!
自分だって頑張って出来る!

と、自分を成長さしてくれる経験を積む

たくましく生きる

以上

私は小学生から高校生まで虐待されてました
産まれた時も男の子が希望だったみたいです
親の保護下に居る内は世界が狭い・視野が狭い・自分だけが不幸などと思いがち

親を切り捨てれば、世界は広く視野も広がり、自分だけが不幸では無いと知る

ユーザーID:5568925715
えっと
AC
2019年5月16日 16:26

あの、トピ主って、当事者?親の立場の人?ただの興味的質問?
それによってレスも変わって来るかと。

幼少期を自ら回想した時に弊害が出るのでは無く

むしろ、意識下に追いやられてた記憶や感情が
何かをキッカケに揺り戻されるのでは?

乳幼児期の記憶がそこまで定かかどうかは知りませんが
恐ろしい記憶であっても、意識できるのならマシな方かもしれず
より恐ろしかったら、抑圧とかしてしまうのかと。

何かをキッカケに思い出してしまった時
不安定になるかもしれませんね。
その影響で、性格が変わったり、不登校に、も有るかもしれない。
でも、現状として家庭が落ち着いているのなら
成長の過程として、何らかのフォローが有ったのかもしれないから
両親の教育や、夫婦関係が良好になったとか。
その場合は、嫌な記憶も、良いものに上塗りされてるかも。

しかし、やはり、虐待は子供の脳に傷をつけるというので
カウンセリングなどトラウマ治療が必要だと思うけど

少しでもカバーする為に必要なことは
カウンセリングと重複するけど、「安全な場で、嫌な思い出を言葉にして聞いて貰い
受け入れて貰う事」
ではないでしょうか?

トピに書かれていない弊害として、過去の追体験というか
自信を持てなかったり、自分を貶めたり、自責の念を持ったり・・・
なども出て来るのでは?とも思いますが。

ユーザーID:8795393318
んー携帯からの書き込み
まー
2019年5月16日 20:51

人によります。

私は母親から虐待経験ありです。
当時私は年中、母親無職、父親長距離ドライバー。
私が保育園の時にベルトの金具で母親からバシバシに背中叩かれたり
お漏らしをした時は寝てる私のズボンと下着を掴み振り回されたり
灸されたり
首を絞められたり。
食事はまともにつくらない。
飲まなきゃいけない薬を飲ませない。
病気をしても病院に連れて行かずいびきかいて寝ている。
なかなか家に帰ってこず、、帰ってきたかと思うと親父の家に不倫相手連れ込む。
などなど、、
常に母親の恐怖と不信感生きてきて、
結局母親の繰り返す不倫や虐待で小学3年で施設に入れられました。
施設に入り環境が変わっても上下関係があり
知らない人たちとの生活を約7年程しました。
高校生の時妊娠して子供をうみました。
当時付き合ってた彼に私の母親がお金を請求し、彼は逃げました。
高校生だった彼に金の請求した母親を恨みました。
彼とは別れたけど、我が子ができた時自分の母親みたいにならない。と自分に誓い子育てしています。
虐待された子供は我が子を虐待すると聞きました。
けど私は自分の決めたことは曲げないと決めてるので虐待はしません。
虐待している人間が許せませんよ。
ただ、未だに母親は嫌いです。

結局は子供の頃に受けた傷だろうが
大人の頃に受けた傷は一生もんです。

ユーザーID:0505400011
後悔って大事。
そう
2019年5月17日 1:16

信頼を積み重ねれば、子供は許すかな。

その父親は精神的に追い詰められてたんだけど、だからといって許容範囲を越えてる可能性もあるよね。

こればっかりは相手次第で、力をつけた子供が許さないって思って距離取ったりするかも知れないけど、
それはやむなし。

今、出来るだけ穏やかに暮らせる努力をしてくれること、それが大事だし、それしかない。

とにかくその父親が自分のことしか考えてないのか、家族のために変われるのか、
後者が一番良いし、父親も最後しあわせになれると思う。

ユーザーID:1283630611
自分の子育てで思い出しやすいかも
はあと
2019年5月17日 8:34

家庭が落ち着いたなら、多分しばらくは大丈夫じゃないかと思います。
でも、潜在意識に残りそうだから、ふとした瞬間に思い出したりするかもしれませんね。

特によく聞くのが、子育てを始めてから思い出すというもの。
元旦那は父親から虐待を受けていましたが、結婚した頃は、義父も歳を取って落ち着いていて、同居していましたが、そういった素振りは全くありませんでした。
旦那自身も、もう昔のことだからと義父と談笑さえして、一見仲がいい親子に見えました。

ですが、妊娠してから優しかった旦那は変わりました。
私が何かをするたびに「お前も母と一緒だ」「俺より子供なのか」といった発言が増え、義実家で子供(孫)が可愛がられると、「あんな両親の姿は初めて見た。不公平だ。」と言い出しました。
子育ても何もせず、部屋に籠ってゲームばかり。子供が泣くたびにうるさい、躾が悪いと言い、家事の最中に子供の世話を頼んでも、18禁の映画やテレビを一緒に見るだけ。怒ったら、赤ちゃんだし意味が分からないから!嫌なら俺に子守を頼むな!と開き直り。

旦那は、親からネグレクトや暴力を受けて辛かった。自分は絶対にそんなことはしない。と言っていたのに、同じことをしました。同じじゃないかと言うと、暴力は振るっていない。父親とは違う、と。確かに暴力だけは何があっても耐えているようでしたが、暴言やネグレクトのDVには変わりありませんでした。

耐えかねて、2歳半の時に離婚しました。子供は、一緒に住んでいた時のことは覚えていません。パパとは今も面会していますが、パパはママと同じぐらい好きだと言います。
明るく優しく元気な子に育ちましたが、大人の男の人は苦手なようです。友達のパパや店員さんにも話しかけようとしません。何か覚えているのでしょうか。

ユーザーID:8959278238
わりと気をつけて経過観察したほうがいい
いろいろ
2019年5月18日 13:51

 結論からいうと、事件や事故に巻き込まれやすく、自殺率も高いです。被虐待児症候群になっていたり、PTSDの症状もでている場合も珍しくはありません。なので、慎重な経過観察が必要になります。成人後も自立でき、自分で生計をたてる力をつけても子どもに何らかの形で少なからず影響は残ります。

 起きてしまったこと、対応が遅かったことを今更変えることはできません。子どもも親もそれを一生抱えて生きていくのです。子供はともかく、親は虐待環境に置いていたことをなかったことにしてはいけません。例え子どもが荒れて犯罪者になってどうしようもなくても、親だけは最後まで責任を持って生き続けることです。

ユーザーID:1813183955
適切な医療やカウンセリング
DV親の娘
2019年5月18日 14:51

>大きくなって幼少期を回想した時に弊害が生じますよね?

ソース(恐らく新聞だと思うのですが、どの新聞の記事なのか…)は忘れてしまったのですが、よく言われる(そして私自身も言う)『虐待の連鎖』ですが、この認識は半分は間違いで、要するに原因が『適切な時に適切な医療を受けなかったため』なのだそうです。
簡単に言ってしまうと、当時虐待等で鬱状態など精神的に異常があるのに、適切な医療を受けずに完治していない状態なので揺り戻しがあり、その時にやはり適切な医療を受けていないと子供にそのまま繰り返してしまう可能性があると。
ですから、できれば幼少期の頃に何か精神的な問題が発生すればその時点で第三者の力を借りて何とかすべきなことだし(※子供が悪いわけではありません)、もし大人になった時点で何かの精神的揺り戻しがあって辛かったら、素直に「あの時完治していないから」と医療なりカウンセリングなり専門家の力を借りるのがいい……って感じの記事でした。

DV被害者がそんなもの進んで受けられるほど元気なわけないし、精神的な病についての偏見もまだまだあるのに……と記事を読んでため息をついたのを覚えているのではっきり記憶しています。

ただ、少なくとも虐待やDVに関しては、数十年前よりは明らかに社会に「あるもの」として意識されました。もう少し生きやすくなればと思っています。

ユーザーID:7717353499
非常にデリケートな問題
えーと?
2019年5月18日 16:06

うーん、トピ文を読む限り
虐待問題に関してトピ主さんの情報がほぼありません

トピ主さんが虐待を受けて苦しんでいる状況なのか
または友人や、お付き合いしている人がそうなのか

それとも、単純に興味本位なのか…

興味本位でこういう質問は、できれば避けて頂きたいところです
本当に辛い生育環境にあった人は
人によっては一生ものの治らないままの傷なんです

興味で聴くものではないと思いますよ

追加トピに何かあれば、またレスさせて頂く用意があります

以上によって、トピ主さんのご期待に沿えませんでした
 

ユーザーID:1766233483
思わしい影響ではないことは確か
ぎんねこ
2019年5月18日 21:01

人によるという意見に一票。

人間は複雑な精神構造をもつ生き物であるので、単純に虐待の連鎖を生むという結論には行きつかないと思います。
ただ小さいときから、恐怖心や萎縮するような場面にばかり遭遇していると、精神の健全な発達や発育に影響は出ると思います。家庭環境は大事です。

年齢にそぐった児童心理を組む教育をしてこなかった場合、完璧主義的な、アダルトチルドレンという心理傾向を持ちます。悲しいのに泣けない、自分の感情に素直になれない人になります。

すぐには、影響は出ないけれど、長い間には、あるいは第二世代の子育てになったとき、じわりじわりと結果が出てくるのではないでしょうか。

虐待も、育児放棄(ネグレクト)の場合もあります。いずれにせよ、心を完全な人に育てることは、ものすごく難しいです。

人間は、完璧な人などいない、自分の親も不完全ながら、子育てをしてくれたという結論に行きつくまで、自分が子育てをする時期まで、かかるでしょう。

親も子も許しあうことが大切だと思います。

ユーザーID:2418802333
その後の関係によるのでは?
りんご
2019年5月19日 10:39

正直0〜3才の間のみであれば、その後の関係による部分が大きいのかなと思います。
その当時そういうことがあっても、その後そういうこともなく過ごせていればそこのイメージがつくというか。

もちろん心理上で何か思うところはあるのかもですが、それでも正直3才はまあ記憶あるでしょうが断片的なもので単純に両親が言い争いしてるなどはぼんやりした記憶ぐらいだろうし、さらには2才前であれば記憶ないぐらいの子も大半だと思います。
肉体的にすごい虐待うけたなどはさすがに残るでしょうが暴言などはその場で怖いと思ってもその他の記憶で埋もれていくのかなと。

私も、我が家の子もやはり2才ぐらいまでの記憶ってほぼありません。3才もなんとなーく残ってる記憶あるぐらいです。

かなり厳しい親の元で育ってもその親がずっと愛情もってそばでいてくれてると思えばその厳しいしつけもそれなりにいいこととなったりしますよね。
逆にいつも優しくいうこと聞いてくれる親でも、いざというときに不信感ある行動されると一気に不信感だけになったり。

やはりその後の関係によるところが大きいと思います。

ユーザーID:1307023997
虐待されてました
ゆり
2019年5月20日 12:21

私は母に幼少期から虐待されていました。
弊害ですか?
私の場合は虐待の恐怖から同級生(いじめっ子)の顔色を伺うようになりました。
いじめっ子=母と同じオーラがあるからです。
いじめっ子の方も、おどおどしている私をいじめ易いようでした。
性格が変わるというか、素の自分を見せられないです。母に服従している状態でした。
いつ虐待を受けるかわからないので、情緒不安定は常にです。
いじめられましたが不登校はありませんでした。
ただ、母とは違う優しい友人に出会うことは出来ましたので、その人達との関係を大事にしています。

今家庭が落ちついているのなら、二度と虐待をしないことです。
3歳くらいなら大きくなっても記憶に残っているかもしれないですね。
必要なのもは親に対する信用かな。
愛情や守ってくれなくてもいいから、虐待だけはしないという信用。
虐待した親に対して信頼はないです。

ユーザーID:0961815945
問題は二点
おかあさんだよ
2019年5月20日 13:05

そういう体験をしたことの記憶が残る子どもも居ます。
そういう体験ゆえに、揺れ動く思春期を送る人もいます。

ただし、そういう環境を子どもに与えてしまった親の独特の思考方法というものもあります。
実の親であれば、その思考方法は、子どもに継承される可能性もあります。

体験で人が作られる。
遺伝で人が作られる。

どちらもあるのです。

親がなぜその時そんな環境を作っていたのか。

余裕がない環境におかれると豹変する人も居ます。
貧しい環境から、豊かな環境に変化することで落ち着いたように見える人も居ます。
見えるだけなので、また、貧しさがくれば豹変します。

そういうことは、身内には見えません。利益を共有しない他者の視点でしか見えないことがあります。

とにかく、常に環境の風通しをよくしておくしかないです。

常に、多様な価値観の人と、交わり続ける。
当人が引きこもるなら、周囲の人間が多様な人の手を借り続ける。

悲惨な体験を隠さない。
ただし、素人にはうかつに話さない。
今は、多様な場所にカウンセラーが配置されています。

いま、つまづいていなくても、つまずく前にいろんなカウンセラーと話をしておいてください。
動けるときに保険をかける行動をしておけば、何かがおきて追い詰められたときに助けを求める方法は知っておけます。

支援者のあることは、自分の心の支えになります。
ただし
「私だけが正しいのだ」
という支援者を装う人に気をつけてください。
普通の支援者なら
「一緒に考えて生きましょうね」
と寄り添ってくれます。

ユーザーID:6864945531
レス
田中
2019年5月22日 1:40

>大きくなって幼少期を回想した時に弊害が生じますよね?

何を言ってるのでしょうか、大きくなるまでに、いま既にもう性格形成に影響してますよ。
今、自分がやる事に自信が持てなかったり、人の顔色伺いながらだったり、また乱暴だったり。
過去は未来に影響するのではなく、今、影響してるんです。

ユーザーID:3700643328
 


現在位置は
です