やっぱり昭和に戻りたい

レス78
お気に入り132
トピ主のみ3

さよならバイバイ

ひと

令和になり、昭和時代の事は、字面上のただの情報になって行くのでしょうね。

昭和の日常生活を経験と共に記憶しているのは昭和50年生まれぐらいまでの人と
思いますが、何が一番懐かしい、または今でも残っていてほしかったと思いますか?
私は、携帯電話の無い不便さが懐かしいです。
人と待ち合わせするにも、誰かに連絡するにも、色々申し合わせしながら事を進めた上で上手くいった時の有り難さは、今は無くなりました。

ユーザーID:6055154520

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数78

レスする
  • 静かな正月 と 年越しの夜

    昭和40年代が小学生、中学生でした。
    大晦日の夜、ワクワクしましたね。

    正月三が日は都内でも営業している店は、ほとんど無く静かな、静かな世の中でした。
    近年と比べると、まさに隔世の感があります。

    ユーザーID:0298751762

  • 昭和は良かった

    戦後直後の生まれです。 私が懐かしいのは

      ・小学生の時、川を堰き止めた天然プールで泳いだこと

      ・家では風呂焚き役、学校から帰ってから本を読みながら風呂焚きした

      ・中学校の修学旅行では夜行で東京へ行った

      ・現上皇様の結婚パレードを白黒テレビで観た

      ・中卒で就職する人50%いた

      ・定期的に家のトイレの下肥を近くの畑まで運んだ

      ・高卒で就職したが、一時期定昇とベースアップで年間4万円も昇給
       した時があった

    その他色々ありますが昭和は懐かしくいい時代だった。

    ユーザーID:7119115392

  • やはり

    ゆるい感じの生活ですかねえ。

    40年代生まれのアラフィフです。

    東京の下町の生まれですが、周りに芝生が沢山あって近所の幼稚園〜小学生迄、それこそ親なんて付き添いせずに遊んでいました。
    今も割りと下町寄りに住んでいますが、子供はまだ小学生なのですが、高学年になった今も一人で買い物とか心配で行かせられません。

    後は私が小さい時は母が夕食の支度していると近所の子が「○○作ってる?妹が食べたがっているんだけど」と来ると「ほらほら、持って行ってあげな」みたいにお裾分けしたり。

    そんな環境で育った私でも、今そんな子が近所にいたら「なんて図々しい子供」と思ってしまうと思います。
    夏休みは近所のお母さんが一人で7、8人連れてプールに連れて行ってくれたりね。これも現代では非難されますよね。

    人も町の流れも穏やかだったな〜と懐かしいです。

    ユーザーID:1939246635

  • 覚えてますか?

    待ち合わせで連絡手段がなかったころ、駅に伝言板があったのを思い出しました。
    「先に行ってるね<名前>」とか書いてありました。
    みんなに見られちゃうから書き辛いなぁと思って、来ない相手になにか書き残して先に行っちゃおうか悩んだ事がありましたよ。
    今は連絡手段がいっぱいありますもんね。
    でもあれがなんだか懐かしいです。

    ユーザーID:1235771310

  • 少女マンガかなあ

    昭和にいい思い出なんかありませんが、
    んー、少女マンガに関しては戻りたいかなあ。
    1970代末〜の少女マンガの大爆発、24年組の大活躍時、
    私はまさに小学校高学年〜中学の1番いい時期だったのに、
    親の「マンガ禁止」で全く読めなかったので、
    当時の熱気からぽつんと外れた気がしてて喪失感あり。

    後から幾らでも読めたけど、
    リアルタイムの熱気ってその時にしか味わえないもんだから。

    遡るけど、ピンクレディーなんかも歌番組とか見るのも歌うのも禁止だったからみんなが歌って踊ってるの見てもよく分からず悲しかった。皆の踊りを真似してみても皆指さして笑うし。

    ということで、その辺りは戻ってリアルタイムでちゃんと体験してみたい。

    ユーザーID:5917781342

  • 子供時代なら断然昭和。

    便利な今の時代、この年(58才)なら断然今が良いです。

    でも子供時代なら昭和。

    今の時代、公園はボール遊び禁止、奇声禁止、道路遊び禁止。遊び辛い時代ですね。

    私の子供時代、他人の家の屋根てボール遊び、一番さん、二番さんしたり、道路に書いて、けんけんぱっしたり、、、。

    今の時代考えられ無い、、、。

    ユーザーID:2880848026

  • re:やっぱり昭和に戻りたい

    大晦日ワクワク感、静かな正月…もう無くなりました涙
    大晦日正月の思い出
    ・米屋からの餅配達か餅米から餅作り
    ・商店街の歳末大売り出しや福引の特別感
    ・赤穂浪士等大河的時代劇12時間放送
    ・レコード大賞と紅白の特別感
    ・ゆく年くる年は、必ず雪深い比叡山延暦寺の様子
    ・除夜の鐘
    ・お屠蘇
    ・出すのが当然だった年賀状
    ・お年玉の特別感
    ・飾るのが当然だった正月飾り
    当然自家用車の正面にも飾り付け
    ・凧揚げは正月三ヶ日のみの楽しみ
    ・お出かけ着でしっかり初詣
    ・旗日で日の丸掲揚
    ・鏡餅の乾燥ひび割れ
    ・子供は、大晦日だけ21時以降も起きている
    ・近所の人達に新年の挨拶
    ・社宅街での新年挨拶回り
    ・従兄弟姉妹達とのボードゲームや福笑い
    ・個人法人問わず、大晦日18時前には店終いし三ヶ日お休み

    まだまだ頑張って挙げてください

    ユーザーID:6055154520

  • 家族でテレビを見る時間

    昭和40年代が懐かしいですね

    田舎でしたから核家族とは無縁で、じいちゃん、ばあちゃん、両親、兄弟と同じテレビ番組を見て、幸せな時代でした。携帯電話もなく不便な時代でしたが、今よりも心が豊かだったと思います

    ユーザーID:4207388055

  • re:やっぱり昭和に戻りたい

    季節毎にハッキリ違いがあった日常生活、風呂焚き、集団就職、高度経済成長の実感…日本らしい歳事記、生活の実感、給料袋の厚み、もう思い出すのみです涙
    いつから給料が口座振込になったのか憶えてないです。
    給料口座振込により、父親の一家の大黒柱感無くなりました。

    ユーザーID:6055154520

  • 記憶はほぼないけれど

    未就園、未就学児だけで道路で遊んだり友達の家や公園に行けたあの時代は良かったですね。
    専業主婦が主流で、幼稚園は2年が主流でほとんどの子は4歳過ぎまで地域できままに過ごす事ができた。
    0歳からいそいそ支援センター連れていったり、どきどきしながら公園デビューとかしなくても、自然と子供の周りに遊び相手がいた。
    お菓子を出さない家、出してくれる家とあったけど、子供が「おかしもらえてラッキー」と思うぐらいで、(うちはあげたのに…)とか(お返ししなきゃ)とか親間の問題にはならなかった。
    旦那の稼ぎだけで暮らしていける家庭が多くてお母さん達は家の事に専念できた。
    周りも専業主婦だから、「仕事をしていないのだから主婦業を完璧にしなければ」という圧は、少なくとも同性からのものは今より少なかったのではないか。
    (ぎりぎり)昭和の子供で良かった。そして昭和のママが羨ましい…。

    ユーザーID:9818416274

  • 調味料

    子供の頃、母が晩御飯の支度をしていて調味料を切らしているのに気付いた時、
    お皿を持って仲良しのお宅に調味料を借りにおつかいに行きました。

    今みたいにコンビニもなくて、お互いさまって感じでほのぼのとしていい時代だったなと
    思い返しました。

    でも目まぐるしい平成もそれなりに良かったし、令和もきっと良くなると願ってます。
    人生の締めくくりに向けて素敵な日々を過ごしたいと思っています。

    ユーザーID:1448964065

  • re:やっぱり昭和に戻りたい

    輝かしい小学生時代の思い出…土管、近所の正しく怖い大人、友達の家での3時のおやつ、毎日は変えなかった服、白靴下、年中半ズボン、子供会行事当然参加、瓶入りファンタオレンジ、自転車で知らない街へ遠出、赤チン、擦り傷は唾、ボーイスカウト、クリスマスは、オモチャ屋チラシから写真切り取り希望出し、変速ギアあり自転車、外遊びばかりで唯一野球盤とか人生ゲームとかする時だけ部屋、なぜか林とか茂みに捨てられていたビニ本、野球帽か白帽、半どん土曜日は、危険遊具でグルグル回ったりブランコジャンプでたっぷり遊んだ。
    もう、土管無い、危険遊具ない、空き地ない、正しく怖い見張り番いないです

    ユーザーID:6055154520

  • 確かに昭和は良かった

    おもしろい番組がたくさんあった クイズ100人に聞きました、ビックリ日本新記録、世界まるごとハウマッチ、クイズダービー、ギミアブレイク、 などなど おもしろかったなぁ〜
    あ!!元気が出るテレビも

    ユーザーID:9806201608

  • 同棲。電話の緊張。

    ただただ、好きな人と一緒にいたいが為の同棲。

    携帯電話なんて無い時代。
    ドキドキしながら、好きな人のお母さんに気を使いながらの電話。

    それぞれの時代である事はわかりますが、
    同棲に親の許可?????
    結婚のお試し期間????
    なんじゃそれ、と思います。

    ま、私たちが”明治は遠くなりにけり”に感じたような
    年寄の戯言だとは思いますけどね。

    ユーザーID:7997098179

  • 昭和53年生まれですが…

    昭和53年生まれですが、トピ主さんが書かれている日常とは全然違うな〜と思って読んでいました。

    きっとグラデーションのように変わってきたのでしょうね。
    でも駅の伝言板と切符切りの駅員さんの事は覚えています。

    後は、昭和のお母さん(うちの母親世代)が羨ましいです。

    どこのお母さんもほとんど専業主婦で家にいましたし、父親も忙しいけれど、どんどん給料が上がり、どこの家もそれなりに裕福でした。

    みんながのんびりとしていて、幸福だった気がします。

    テレビも面白かったし、アニメもたくさんやっていました。

    ゴム飛びとか木登りをしたり、グルグル回る遊具で遊んだり、虫を捕ったりして遊んでいた記憶があります。

    大学でその話をしたら驚かれたので、都会と田舎もまた違うのかもしれません(←都会の子は、すでに木登りも虫捕りもしなかったみたいです)

    昭和は良かったな…。

    青春は平成初期ですが、昭和はみんながそれなりに裕福だったイメージがあります。

    就職難どころか、従兄弟が会社からの囲い込みで研修でハワイに連れて行ってもらったりしていた記憶が…。

    後、年上の従姉はかなり華やかな青春をおくっているようでした。

    羨ましい時代です。
    今よりはみんなが幸福で、将来に不安がなかった気がします。

    良い時代がずっと続くと信じられていたのでしょうね…。

    ユーザーID:5283243113

  • 笛の貸し借りなども!

    とても大らかな時代でしたよね。
    大人たちは大変だったのかもしれませんが、その分(?)子供たちはのびのび社会にも育ててもらったような、そんな感じが今はします。

    ちびまる子ちゃんを観ると本当にあの世界が私が子供だった時の昭和。
    貧しい家の子もいれば裕福な家の子もいて、でもそこで「みんな同じじゃないと」と張り合うこともなく暗黙の了解でみんな「それはそれ」と受け入れていたあの空気。

    親は世間様を大事にし、何かもめごとがあれば「うちの子が馬鹿ですいません」と頭を下げたり子供の頭をゴツンとしたり。
    それでも愛情はたっぷり注いでいて、父親は仕事に精を出し母親はいつ寝ているのかと思うくらい家族の世話をするのが当たり前だった。

    大雑把に育つ分、身体も強かったかな。
    今思い出して愕然とするのは、小学校の時、縦笛(リコーダーですか)の貸し借りをしていたこと。。ハーモニカも友達同士使いまわしていたっけ。
    それでも誰も病気になることもなく元気に育ちました。

    ラーメンと言ったら醤油ラーメンしかなかった近所の中華料理屋さんのラーメンが懐かしい。今食べたら大して美味しくないのかもしれないけど。
    いつも頭を撫でてくれた八百屋のおっちゃんとかコロッケ屋さんのお姉さんとか、常にどこでも人と人との会話が溢れていた時代だったなと思います。
    ホント、、変わりましたね、世の中。

    ユーザーID:3654103745

  • そーですね

    小学校上がるまでの生まれてからの6年間は、完全海外にいたので、小学校の6年間だけが昭和生活でした。その時の思い出では、学校後は必ず駄菓子屋、子供会の行事、ファミコンに感激してハマりました、ラジカセとテープで録音したり、曲を聞いたりなどが思い出にあります。
    昭和は長いから初期の人たち、中期の人たち、後半の人たちでは結構ギャップがありますよね。

    ユーザーID:2485071529

  • 商店街かな

    小規模の市で育ちましたが、商店街が活気に溢れていた時代でした。魚はお魚屋さんで、お肉もお肉屋さんでそれぞれ注文して購入してましたね。その他、青果店、乾物店、衣料品店、玩具店、酒屋、家具店などいろいろあり、何度も行くと店の人が顔や名前を憶えてくれていて、人情味のある時代でした。

    次第に大型スーパーなどが立ち始め、商店街はあっという間に廃れました。そこを通ると、今でも少し悲しい気持ちになります。

    インターネットのある今の時代は助かってることが多いので、昭和に戻りたいとまでは思いませんが、商店街が一番、私にとって昭和の思い入れです。

    ユーザーID:3378493794

  • 東京の新興住宅街育ち

    子供の頃は空き地がありましたね。公園もあったけど、遊具などの邪魔なモノが無い空き地で遊ぶ方が楽しかった。

    近所には防風林に囲まれた大地主の農家らしい屋敷がいくつもありました。そうしたお宅も、代替りの所為でマンションになり、小さな畑も消えました。その家の所有の空き地だった所も建売住宅やマンションが建ち、平成の間に空き地はすっかり見当たらなくなりました。

    子供の頃は、そういった空き地でよく捨て猫を拾いましたね。
    生まれたばかりの小猫が可愛くて、一緒に遊んで、夕方になり家に帰るのに別れづらくて、つい連れて帰る。笑
    親に叱られながらも、結局、飼う事を許して貰った事も、今ではいい思い出です。

    懐かしいなぁ。雑草に覆われた空き地。地方でも、今時は空き地は無くなりましたか?

    ユーザーID:9510219948

  • 私は農業系かな

    昭和47年生まれです。

    もう何年も前からですが、地方では休耕田畑や放棄田畑がいっぱいあります。見ていて悲しくなるほどです。

    昔は耕作されていない田んぼや畑なんかなかったのに…。あ、でも余剰米を押さえるために休耕させられてる田んぼはあったな。

    それに農薬が昔と違って強力なので、少ない回数の散布で虫や小動物が一網打尽。
    お陰でカエルやトンボが少なくなってしまいました。

    私が子供の頃は、田んぼの中を通る細い農道に立って空を見上げると、トンボが本当にたくさん飛んでいたんですよ。
    民家の庭のフェンスとか園芸の支柱とかも、トンボがいる季節はトンボが必ずとまったんですが、今は本当に数が少なくなってしまった。
    もう元には戻れないのかな。淋しいし、ちょっと怖いです。

    ユーザーID:4410247252

  • いい思い出ないです

    小学校は先生の体罰当たり前。

    給食は残すことをゆるされず、完食するように強制。

    真冬に半袖、ブルマーで外で体育。
     
    子供が多かったので大事にもされず。

    電車に乗っても「子供は立ってろ」とか知らない老人に怒鳴られたり。

    道路遊び、禁止でしたよ(都内)

    いい思い出なんてないですねぇ。

    戻らなくていいです。

     

     

    ユーザーID:0474286586

  • 家が貧乏でないと

    小学校の教室。
     先生が、偉人の伝記を子どもたちに話して聞かせます。
     一人の少年が、心配そうに手を上げて質問します。
     「先生、家が貧乏でないと、偉い人にはなれないんですか?」

     偉人伝の多くは、貧しい子供時代を送った少年が、努力して立派な人物になる物語なのです。

     現実はどうか分かりません。やはり今日と同じように、格差があり、社会のエリートは、エリートの家庭から輩出されることが多かったのでしょう。
     しかし、少なくとも、あの時代に生きた人々は、理想や夢を信じる子供の時間を持つことができました。

     上記のエピソードが、面白おかしく語られていたのは、昭和三十年代頃までであったでしょうか。

     やがて日本は豊かになり、と同時に、例えば東大入学者の親は高所得者であるといった情報が、人口に膾炙するようになります。
     大人たちは自信をなくし、その苛立ちは確実に子どもたちに伝わり……途上国のような児童労働は存在しませんが、子どもたちが現実と向き合わされる時期は、急速に早まっていきました。

     昭和が懐かしいのは、夢を見ることが出来た一時への郷愁のように、私には思われます。

    ユーザーID:4528295443

  • 近所の市場

    昭和38年生まれです。
    小学生の頃、近所の市場へよくお使いに行かされました。
    その頃は卵屋さんがあり、1個ずつ電灯にかざして卵の中を確認してから茶色の紙袋に入れてくれました。
    プラスチックの卵パックなんてまだなかったです。
    漬物屋さんで沢庵1本を買うと包装は新聞紙に包むだけで、帰り道で沢庵をぺろぺろ舐めたっけ(笑)
    鶏肉屋さんでひき肉を買うと、固まり肉を機械に入れてハンドルを回すとミンチ肉が出てきて、
    その様子を見るのが好きでした。
    それを竹皮に包んで薄いビニール袋に入れて渡してくれました。
    発泡トレーもレジ袋もなかった時代だったけれど、不便さは全くなかった。
    まさしくエコの時代だったなあ。

    ユーザーID:9574843292

  • 音に対する寛容性や耐性

    昭和の時代、さまざまな「音」は今よりも遙かに大きなものでした。
    自動車、建設工事、人々が発する声…。公害レベルのものは別としても
    もう少し音に対して我慢強かったように思います。
    今はあらゆる場面での「静音化」が進んだ結果、音に対する寛容性や
    耐性が著しく低くなってしまい、却って息苦しい結果になってしまって
    いるような気がします…。

    ユーザーID:2332172736

  • 昭和でも時期により違いが大きいですよね。

    どなたかも書かれていましたが、
    昭和は戦後、中期、後半でかなり印象が違うと思います。
    親世代は戦後でしたので話を聞いても未知の世界でした。
    私は後期にかかる頃に生まれたので経済発達後だったと思います。
    大学卒業時にはまさに氷河期突入で苦労しましたし。

    私が感じる昭和はみんなまだ夢を持てた。
    もっと社会全体が大らかで温かみがあった時代だったと思う。
    人間関係も近かったし、コミュニケーションが自然と養えた。

    IT(ネット)の恩恵はとても有難いと感謝するけれど、
    当時は情報も今ほどなくて知らなくて済んだことも多かった気がします。
    今の世の中はあまりに現実が見えすぎてどこか冷めているような。

    学校でも社会でも自己の権利ばかりを通すのがまかり通っていて、
    日本人独特な謙虚さが薄まってしまった印象を受けます。
    日本が日本でなくなっていくような寂しさも覚えます。

    現代もそれなりの良さはあると思うので、
    また昭和に戻りたいとは思いませんが、
    これからに希望も持てないのは事実かなぁ。
    淡々と生きていければそれでいいって想いが強いです。
    でもこれは年齢的なもの?かも。笑

    ユーザーID:2798543301

  • 調味料の貸し借りはなかったけれど

    同居していた祖母がいくつかの貸間(部屋)を持っていました。自宅の正面に建っていたので、昭和時代には部屋を借りている人がたまにうちの固定電話を借りに来てました。単身の人やカップルなど電話がかかってくると、呼びに行ったことがありました。携帯電話が夢のまた夢の時代でしたからね。便利な時代になりました。

    モカさんお書きですが、商店街のことは同感です。自分のところもすぐ近くに商店街があり、母が買い物かご持って行き肉屋・魚屋とそれぞれのところで買ってました。スーパーマーケットも出始めてました。○○ショッピングセンターという名前が多かったです。

    八百屋などは店の前の道にまではみ出して商品を並べていて、細かいこと言ったら道交法違反なのでしょうが当時は緩かったです。

    令和時代には望を持ちたいです。子どもたちにちゃんと善悪の別や思いやりをだいじにすることを伝えたいと思うようになりました。

    ユーザーID:2314142630

  • 40年代生れです

    昭和と言っても60年以上あるので一括りにはできません。
    私は平成が良かったです。
    よく平成生れの人達が平成を語りますが、二十歳の時に平成を迎えて、まだ現役の時に平成を終えた私達こそ平成世代だと思っています。

    昭和に関しては、虫大嫌いだしアレルギーあるから草の生えた空き地も苦手だし、手書き苦手だから学校で黒板をノート取ったりとか向いてなかったです。
    井戸端会議も苦手だからネットのない時代は情報収集できなかったし、子供の頃からパソコンが普及してたら良かったのにって思います。

    ただ私でさえ情報収集できるようになったくらいだから、みんな知ってしまって、誰もが大学出てデスクワーク、中でも公務員を希望する人ばかりで、職業が偏ってしまいましたね。
    所謂3Kという仕事にはデスクワークにあぶれた人しか就かなくなった。
    希望の職ではない上に過酷だから辞めてしまったり・・・

    恐らく昭和なら、どの分野の仕事でも誇りもって働いていたし結婚もできた。
    そこに関しては世知辛いとは思います。

    ユーザーID:6528742025

  • 年寄の・・・

    はい、そうですね。
    私も過去を美化して思い出しています。

    年寄りになった証拠です。
    あまりめまぐるしく変化する世の中の
    ど真ん中に生きている感じです。

    それでも人の人生矢の如し・・・

    ユーザーID:0637948426

  • いいことあるの?

    私は53年生まれですが、全然いい思い出ありません。
    そして、昭和の価値観のまま生きてる旦那がいます。
    働いた会社も昭和の価値観のまま、大学のゼミもそう。
    もちろん、昭和には昭和のいいところあるんでしょうね。
    私にはさっぱりわかりせん。
    平成が良かったかはわかりません。
    でも、ある程度男女が平等と育った割に平成でも社会に出ればまだ依然として男性優位だったり、嫁はダメで娘はよいとかダブルスタンダードだったり、確かにまだ問題だらけの平成でしたよね。
    ちょうど過渡期というか。
    でも、今専業主婦しておいてなんですけど、働いていた会社がもう少し発展的で、旦那ももう少し平成の考え方ができる人なら絶対働きます。
    まぁ、そこまでの稼ぎもないのでそろそろ働かないと子供達にもお金がかかるのでやばいので、さて、旦那とどうやって共働きについて理解を得ようか悩んでますけどね。

    ユーザーID:2938058132

  • 子供だったから

    昭和の時代の思い出、懐かしいですね。

    でもうちの子供や義理の甥姪にその楽しみを与えるのは、
    嫁としてグッタリしそうです。

    ひび割れたお餅を切らなくて良い今の方がいいですね。
    子供ながらに祖母を囲んで叔母たちのバトルが怖かったですもん。

    ただし、携帯がない時代が良かったのは同意です。
    仕事柄、携帯にいつ何時でも連絡が来るようになってから、
    不眠症になりました。
    夜は寝たい。休日は休みたい。

    ユーザーID:7749164190

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧