恋愛・結婚・離婚

好き嫌いが多いから結婚できない

レス467
お気に入り1,208

大嫌い大好き

男女

私には同い年(30歳)の交際相手がいます。
一年付き合い、お互いに結婚を考えるようになった会話が増えてきたのですが、先日「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」と話をされました、
理由は私の偏食です。
私は昔から偏食で、母も同じでした。
なので、食べられるものが限られます。
肉はダメ、野菜は数種類、果物も数種類、魚も白身の焼き魚くらいです。その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています。栄養はサプリメントを活用しています。これは母がそれしか食卓に出さなかったのでいつのまにかそうなっていました。
でも今まで健康診断でも家族全員正常です。
ただ、彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした。

確かに彼の言うこともわかるのですが、でも彼も私の大好きな蕎麦を食べられないので、私も旅行などで蕎麦所に行っても食べられないことが何度もあったことや、私も無理に食べようとすると気持ち悪くなるので、お互い様だと思っています。

偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

参考までに彼は蕎麦以外なら日本で一般的に食べられているものなら、好んで食べないものはあっても食べられないものは基本ないので、私の苦労がわからないのだと思います。

ユーザーID:0783372073

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数467

投稿する
このトピックはもうすぐ投稿受け付けを終了します
  • 「偏食を直すことを約束して」

    結果約束を破った。
    理由はどうであれ。

    決して「好き嫌いが多いから結婚できない」ではありません。
    約束を破る人は信用できません。
    安請け合いする人も。

    信頼できない相手を配偶者に選ぶ?
    トピ主さまは信頼できない人と結婚できるんですか?
    彼を説得することはできません。

    「今まで健康診断でも家族全員正常」?
    今まで大丈夫でもそれが将来にわたって保証される保証はありません。
    リスク管理能力に疑問符が。

    またご両親とトピ主さまは別の人間。
    ご両親が健康でもトピ主さまが将来にわたって健康、とは限りません。

    母上が偏食で適切な食育を受けられなかったトピ主さまはお気の毒。
    でも既に30歳。
    親に与えられたものしか食べられないわけじゃないでしょう?
    アレルギーならともかく偏食は直しましょう。
    気持ち悪くなるのならアレルギーテストを受けましょう。

    アレルゲンが見つかったら彼は同情してくれるかも。

    ユーザーID:7525550161

  • 一言

    私の伴侶はイタリア人ですが、色々と「私にとっては美味しい」と思う日本のものを勧めて食べてもらいます。

    結果、お気に入りになるもの、もういいや、になるもの、色々ですが、そうやってああだこうだ言いながら食べるのが楽しいのよ。

    トピ主にはこの気持ち、分からないのでしょうね。

    ユーザーID:3831820364

  • 彼との結婚に関しては

    最早、偏食だけが問題ではありません。
    偏食でなくても、トピ主さんの人間性、価値観の違いから、結婚は無理と言う結論を彼は出したと思います。

    偏食に関しては、今からでもなおせるならなおした方がいいと思います。
    ここを読んでも分かるように、食は結婚するにあたって、大きなウエイトを占めている人が多いです。

    これで、トピ主さんが自分は偏食だけど、食卓には色々な料理を並べるって人ならいいですが、数少ない好きな物を食べて家族にも食べさせて、栄養はサプリで補えばOKって人だから更に問題。
    だって、トピ主さんと結婚したら、家族も同じ食生活を強いられる訳でしょう?
    旦那は外食が出来ても、子供は大きくならないと無理ですよね。

    私も子どもの頃は好き嫌い多かったです。
    今では、貝類だけが嫌いで食べないけど、後の嫌いで食べられなかった物は好んでは食べないけど、食べられるって感じになりました。
    でも、自分は食べなくても貝類も食卓にあげます。
    亜鉛だのタウリンだのが豊富ですから。

    子供の頃、大嫌いだった人参とピーマン。
    大好きだった、母の手作りのハンバーグに入っていると知った時は驚きました。
    気付かないくらい細かく切って入れていたんです。
    子供の頃、それを見てしまい、母はバレたかなんて言っていましたが、それ以来人参もピーマンも普通に食べられるようになりました。
    母は若くして結婚して、結婚当初は料理も殆ど出来なかったのに、そんな工夫もしてくれるようになっていました。

    でも、トピ主さんは子供も自分と同じ食生活で問題ないって人でしょう?
    食生活どころか、彼に対しても全てを私に合わせろ、受け入れろって人ですよね?

    それが出来る人もいるかも知れませんが、受け入れられない人の方が圧倒的に多いでしょう。
    自分が変わる気がないなら、受け入れてくれる人を探して下さい。
    彼に、無理矢理受け入れさせようとしないで。

    ユーザーID:4551199799

  • 衣食住は大事だよ

    トピ主さんはある意味気の毒です。母親が失格だったのに、そのとばっちりを受けているのですね。でも残念なことに自分の非がわからない。

    人間の暮らしで衣食住ってとても大事ですよ。食は特に子供を育てる上でとても重要。それがわからない人って残念な人です。

    ユーザーID:5510171856

  • 全然わかってない

    あなたの偏食自体が悪いのではなく、「偏食ぐらいどうってこと無いでしょ!結婚しなさいよ!」
    という、あなたの考え方が最悪。身勝手です。

    彼は、あなたの人の気持ちや考えを尊重できない自己中な性格がイヤで、
    偏食を口実に別れを切り出したんじゃないでしょうか。

    本当に愛していたら、偏食がひどくても結婚しようと思いますから。

    ユーザーID:6603983375

  • 主さんが悪い訳じゃないけれど…

    結婚する上で食の好みって重要です。
    主さん自身が偏食でも生活に困っていない事は分かりましたが、結婚して夫婦になったら毎日のように一緒に食事する訳ですからね。
    目の前で、あれ食べられない!これ食べられない!気持ち悪い!と訴えられるのは、大変辛いです。
    そういう意味で食の嗜好の一致って大事です。
    あと、アレルギーと偏食を一緒にしないで下さい。
    アレルギーは嗜好ではなく体質です。
    場合によっては命にかかわります。
    周囲にも主さんのような重度の偏食者が2人いましたが、周りは皆、振り回されっぱなしでしたよ。
    主さんが偏食なのは仕方ないけれど、それを仕方ない!と開きなおったり、周囲をそれに付き合わせるのはどうかと思いますよ。

    ユーザーID:6551302330

  • これは絶対無理ですね

    蕎麦アレルギーとあなたの偏食が同じな訳ないでしょ!
    拘りと偏食を同じ括りにしないで。
    それを許しているから、私の偏食も許して結婚するべきと言うのは違います。
    食がここまで合わないと、苦痛でしかない。
    一緒に外食を楽しめないと言う事は出掛ける事に無理がある訳ですよ。
    アレルギーは命に関わるんですよ?
    あなたのはただの好き嫌いなのだから同じな訳ない。
    そもそも一度断られている上に、約束が守れなかったのですから説得は無理です。
    往生際が悪い。

    好き嫌いは誰でもありますが、さすがに度を超えています。
    ご飯と牛乳とケーキじゃね。
    子供や将来を考えたら、そんな危険な結婚はわざわざ選びませんよね。

    ユーザーID:7015219767

  • 同じような人を探しましょう

    私も偏食です。
    でも野菜果物はなんでも食べるし、肉は苦手なのラム肉くらい。
    魚貝は、牡蠣やムール貝が苦手。キムチは食べますが、激辛のものもだめ。
    夫は一方なんでも食べる人です。嫌いなものなし。

    ただ、私は自分の好き嫌い、正しいとは思ってません。
    好き嫌いはないほうがいいと思ってますし、
    子供はなるべくなんでも食べるように育てました。

    彼に「私の苦労がわからない」などと文句言うのは、筋違いでは?
    私はむしろ「嫌いでごめん」と思ってますし、
    好きでないものも料理し、食卓に並べます。

    トピ主さんのその視野の狭さが問題なんじゃないですか。
    直せないから仕方ない、という開き直りや、相手に私の苦労がわからない、
    などと筋違いの事を言ってしまうところが。

    第一、トピ主さんの嫌いなものの方がずっと多いのに、
    自分は蕎麦が好きだからって、蕎麦だけ食べない彼をなぜ責めるのでしょう。
    なぜそんなことが言えるのか、理解に苦しみます。

    だから彼が別れたいというのも無理からぬことだと思います。
    トピ主さんは、約束も守れなかったのだから仕方がない。

    同じような好き嫌いの多い人を探したらどうでしょう。
    お互いの好き嫌いが重ならないとしても、同じくらい好き嫌いの多い人なら、
    理解しあえるし、無理な努力しなくて済むでしょうから、そうしましょう。

    ユーザーID:3833833967

  • 昔の彼氏が偏食でした

    三食炭水化物のみ
    肉は食べない
    野菜も食べない

    いいんだけど、付き合ってる間は。
    結婚ともなると食生活苦労しそうで
    色々あって別れて
    結婚した夫は
    『虫系はたべたくない(無理したら食べられる。実際何だったか食べてた)
    けど、それ以外は食べられる』
    虫とか別に食べなくていいし。

    なのでなんでも食べるので旅行でも外食でも困りません。

    つい半年ほど前偏食のある友人と旅行に行きました。
    食が合わないとこんなに大変だったのか!
    という感想です。

    私がいきたい店はほぼ行けなかった。

    彼は無理だと言ってるんですから
    あなたが諦めるか、食べられるようになるかどちらかではないですか?

    服の云々は別にあなたに迷惑かけてないので
    別問題です。

    と、私は思います。

    彼の
    「なんでも食べられるのにあなたが食べられないから我慢しなくちゃならない」
    という苦労を、あなたは分かっていますか?

    ユーザーID:7275540009

  • 同じ

     トピ主さんが食べ物の好き嫌いをどうしようもないから受け入れて欲しいということと、
     交際相手さんが「偏食の人を結婚相手と見なせない」ことはどうしようもないから受け入れて欲しい、ということは
     全く同じに思えます。

    ユーザーID:5593748032

  • 認め合えないなら別れましょう

    うちの弟も似たような偏食ですが結婚して子供もいます
    奥さんは一応自分と同じものを食卓に出すそうですが、食べないと言ってました
    野菜だけよけたり、その料理ごと食べないこともあるそうです
    それでもうちの弟用に作ったりはせずに腹が減ったらカップラーメンでも自分で作れ!というスタンスだそう。
    奥さんはそこまで気にしていないようで特にそのことで揉めたりしていないです

    子供にはきちんとバランスよく食べさせていて、
    「〇〇くんはパパよりお野菜食べれるね〜」とか言って笑っています

    あなたのパートナーさんは偏食が気になるんだったらうまくいかないと思うので仕方ないです
    食に限らず、相手のダメな部分を受け入れられないなら、うまくいきません

    うちの弟の奥さんみたいに気にしない人もいるので、、、

    ユーザーID:1455889161

  • ちょっと大変な人に感じる

    トピ主さんの責任というより、トピ主さんのお母さんの責任でしょうね…。
    ケーキやサプリメントで食事を済ませるのは普通ではありません。

    食育、という言葉があるくらい、食事は大事です。
    特に子供の頃は。

    洋服の好き嫌いや包丁の研ぎ方と、食事の好き嫌いは全く違うと思います。
    食事は人の体を作るものですからね。

    トピ主さんは子供の頃友達の家に行って食事をご馳走になったことありませんか?
    その時嫌いだから、ってほとんどを残したりしてませんか?
    子供相手になら何も言われないかも知れませんが、友達の親はいい気持ちしないはずです。
    大人になったときに会食で苦労しませんでしたか?

    もしトピ主さんの子供が出来て、同じような食事環境になったら可哀想だと思います…。

    因みにアレルギーは命にかかわる事があるので、「アレルギーも好き嫌いも同じでしょ」とは人に言わない方がいいと思います…。

    ユーザーID:4700716747

  • 分かり合えない

    意味が分からないなら仕方ありません。

    ある意味、あなたは被害者。
    責められるべきは、偏食を受け入れられない彼ではなく、
    自分が食べられるものしか出さなかったお母様です。

    私の友人は、箸がうまく持てず、親には箸の持ち方なんて気にしなくていいと言われたそうですが、
    このままでは良くないと思って自分で治したそうです。

    あなたも、もう少し危機感を持った方がいい。
    ご両親をお手本にして、偏食でもいいと思うのはやめた方が良いと思います。
    あなたと結婚したら偏食を強いられることが容易に想像できます。
    それで結婚を躊躇する男性は少なくないと思います。

    ユーザーID:3560016677

  • まぁ、結局のところ

    彼が「無理」って言っているんだから、ここでどう言ったところで彼を説得出来るもんでもないわけ。

    「説得したいけど、アドバイスを」って求めているけど、すでに「説得」するような関係なんだ。

    彼にとっては説得されようがもう愛情を持つことは無理だろうって話。

    説得しようとすればするほど、彼は君の愛想を尽かすのは明白だよ。。。


    そもそも、付き合うときに"偏食を直す"ことが条件だったわけだから、今更、「偏食でもイイでしょうが!」と開き直りの主張をして説得できると思うこと自体がおかしい。


    君の偏食を理解してくれる男と付き合ったほうが、お互いに幸せだよ。。。

    ユーザーID:1565768215

  • 偏食をあきらめられないなら、彼をあきらめるしかない…

    自分の偏食を棚にあげて、
    彼が私の偏食を嫌いだなんて許せない!
    というのはものすごくシュールだと思いました。

    恋愛でも結婚でも長続きする方法は、

    嫌いなものがあっている
    事だそうです。

    どういう事かというと、
    人間嫌いな事をされると頭に来るんですね。
    そういうのが積み重なっていくとどんどんその人の事が嫌いになってしまうのだそうです。

    結論から言えば、
    彼氏がどうしてもあなたの偏食を許せないのなら結婚は難しいでしょう。

    今の時点で許せないのなら結婚したら嫌いになる一方なのですから。
    破たんが目に見えてしまいます。

    私は同じように偏食が多い人と結婚するしかないと思います。
    それかお父さんのように許せる人とならうまくいくような気がします。

    好き嫌いが多いと知らず知らずのうちに他人に気を遣わせてしまいます。
    たとえば結婚して上司に挨拶に行ったとします。
    その時にそれだけの好き嫌いがあって『食べない!』となったら大変です。

    また自分の子供が偏食になったらどうしようと考えるのもあるのだと思います。
    なので結婚後の事も考えてしまうと踏み切れないのはその点だと思います。

    私の父母は好き嫌いが多くて、母は鶏肉料理全般が駄目です。
    でも嫌いであっても料理はしていました。

    食卓にはのぼらなくても給食ででたりしますよね?
    そういうので味を覚えるとかあるような気がします。

    ちなみにそんな両親から生まれた私は好き嫌いはなしです。
    正確に言えば、
    エビが大嫌いだったのですがそれを克服しました。
    今は食べられるようになりました。

    そういう場合もありますが、でも頑張っても無理なら偏食を治せないでしょう。
    だったら彼の言い分も仕方ないのではないでしょうか?

    ユーザーID:8735588995

  • 言えば?

    レス1見たけど、そこまで言うなら彼にそう言えば?
    「あなたの好き嫌いは認めてあげてるのに!
    私の好き嫌いはアレルギーのようなものよ!」って。

    まぁ言ったところで
    「テフロンは身体に良くない。包丁を砥石で研ぐのは趣味のようなもんだ。
    紺の服は嫌だとか、スリムなズボンは嫌だとか、スーツはシングルがいいとか、
    私物はなるべく赤がはいってるのものを選ぶとかって、君に何か迷惑かけた?」
    って言われて終わりだと思うけどね。

    ユーザーID:4381226060

  • うちの母は

    お肉が一切食べられません。
    生理的なものか、アレルギーなのかはわからないのですが。

    とにかく徹底していて、ドレッシングに肉エキスが入っていたら使わないし、お鍋の時は、自分は別メニューでした。

    そんな母でしたが、子供はこんなふうにならないように、となんでもお料理してくれたので、私は好き嫌いが全くない人間に育ちました。

    肉を焼くにおいですら、ダメだった母なのに、よく頑張ってくれたと感謝しか有りません。

    おかげで、食べることが大好きになり、少々のことにはへこたれない性格です。

    あなたのお母さんは、そうでは無かったのですね、お気の毒です。
    結果、大好きな人に娘が別れを告げられているのにね。
    あなたのお子さんには、同じ思いをして欲しくないでしょう?

    ユーザーID:2488203394

  • 理由は関係ない

    別れるのに理由は要りません。
    嫌だと思えば結婚出来ないのです。彼にとっては、トピ主さんを結婚相手とは思えなかった。それだけです。
    結婚は生活なので食事で合わせられないと大変です。
    無理に結婚しない方がいいですよ、お互いに。

    双方ピッタリというより、片方が我慢出来るか出来ないかなので、彼は我慢出来ないという事。
    今のうちに別れた方がいい。

    ユーザーID:5020751764

  • 好き嫌いがない人は安定している

    好き嫌いがない人は精神的に安定してます。
    ちょっと言われたくらいで私は悪くないと逆ギレするのは偏食で精神不安定だからです。
    あなたに子育ては任せられません。

    ユーザーID:5105221942

  • 多分理解出来ると思いますが

    たかだか偏食くらいで、どうして彼氏は別れを選んだの?!
    =彼の心が狭いから!
    トピ主さんは、どうしてもここから動けない様ですね。

    トピ主さん的には
    ◯ご両親だって夫婦円満、偏食の食卓だけど家族全員健康体
    ◯酷い偏食の母を父はしっかり受け止めて、幸せに結婚生活送ってる
    ◯娘の私も偏食だけど、何の問題もない

    きっと、たかだか偏食でお別れ??と心底不思議なんでしょうねえ

    キツイ物言いになりますが
    夫である父親は、ステーキや焼肉、すき焼きなど
    家で食べたくなかったんでしょうか?
    普通の結婚だったら家でご馳走!として家族で幸せに食べれたんですよ?

    1番の謎は妻であるお母様は、世間一般の肉料理を夫の為に
    どうして作って差し上げなかったんでしょう?
    さらに自分の娘に対して好き嫌いしないように
    どうして自分が食べれない物でも調理しなかったんでしょう?

    答え=自分の酷い偏食を、無問題!と一切妥協せず
    夫にも娘にも、偏食を強いたからですよ

    結果、娘のトピ主さんも母親と同様に
    私が酷い偏食なのだから
    夫も子供も無条件に自分の好きな物しか食べない一生を送るのは
    あ た り 前だ!と一切妥協しません。

    母親の思考回路そのままコピーです。

    ステーキも焼肉も、野菜炒めですら
    家庭で夫は食べれない、、
    肉を食べたがる夫は
    =偏食の妻を愛してない!我慢出来て当たり前なのに!

    夫婦として母親としてトンデモの非常識な思考なんだけど
    冷静に理解出来たかな?

    愛する夫には好物の肉料理を、喜んで食べさせて上げたい、、
    自分は一緒に食べれなくて申し訳ないけど、、
    そんな発想お母さんもトピ主も一切ないのね

    ユーザーID:1518474472

  • 彼の心が狭いのではなく

    >私の責任と言う声が多くて落ち込んでます。
    >そんなに悪いことですか?

    偏食に対して彼の考えに同意する人が多いってだけの話で、結婚するかしないかは彼の判断ですから、
    ここでいくら他の人のレスに反発してみたところで彼の考えには1ミリも反映されないのですよ。
    ですからこれは直接彼に言って反応を見てください。

    ただ一般論として、約束を破っておいて「そんなに悪いことですか?」は頂けませんよね。
    そんなふうに開き直られたら、こういう駄々っ子には言うだけ無駄。と私なら一線を引くと思います。
    そういう図太いところも彼にとっては許しがたい部分なのでは?

    偏食を良しとしない人は、食は健康でいるために大切なことと理解していると思います。
    あなたが偏食家なのはあなたの自由。
    ただ、彼にも食に対して考える自由があります。

    人が生活して行く上で必要不可欠な衣食住の部分で合わないのですから、合う相手を探すのがベストですよ。

    ユーザーID:4005749727

  • 危機感はなかったのかしら?

    お付き合い当初に偏食を直すというところからスタートされているんですよね。
    契約書の取り交わしは無いにしても「約束」に同意してるんです。
    で、結局あなたは理由はどうあれ「約束」を守れなかった。
    それだけの話ではないでしょうか。

    好き嫌いがあることを批判しません、私だってありますから。
    ただ当初の約束を克服したくてトライしてみたけど、守れなさそう・・・
    お別れしなければいけないかもという危機感はなかったのでしょうか?
    もし危機感を持たれていたなら、それを免除してもらえないか彼に相談しても良かったかもしれませんね。

    私は既婚者ですが、夫がもし極度な偏食で開き直っているとしたら結婚していないと思います。だって一緒にご飯食べても楽しくなさそうですから。

    ユーザーID:3655345640

  • 結局は縁

    超モテる同僚も偏食で、子柄でかなり細く、可愛くて、声が可憐。
    会う男性全てが惚れてしまう。

    だけど、野菜はレタスとコーンのみ。
    お昼は、チキンフィレサンド1個のみ、かなり小食でした。

    だけど20代前半でスンナリ結婚しました。

    結局、結婚は縁です。
    性格、容姿は関係なし。

    お相撲さん体型、悪口ばかりの既婚者いますし。

    ユーザーID:3899286921

  • 無理筋です

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。

    トピ主さんがその理由を理解するかどうか、納得するかどうかは
    トピ主さんの自由です

    そしてそういうトピ主さんと結婚したくないという思いも彼の自由です
    結婚はお互いの気持ちが1つにならないと出来ませんのでこの話は無理です

    トピ主さんは医療機関などの診療を受けてご自分の偏食に正面から向き合ってみる必要があると思いますよ
    遠回りのようですが一番の王道のような気がします

    ユーザーID:5161693207

  • 彼は答えが出ている

    もう彼は答えを出してしまっているので今更トピ主が何を言っても仕方が無いんです。
    趣味や好みの問題と偏食を同じレベルだと思っている所でもう自分の偏屈さに気が付かないと。

    トピ主がレスで“でもでも、だって・・・・”と言ってますが全て屁理屈に聞こえます。
    偏食で偏屈でもトピ主と結婚したいと思う人を探した方が近道です。

    ユーザーID:3914511449

  • 好き嫌いの有無よりも、その態度が受け入れられない

    彼も我慢するべきだ、この言葉が真っ先に出る態度が批判されていると思います。

    理由があって自分は我慢できないのは、ある程度の事なら仕方がありません。
    でも、そのツケを彼だけに押し付けるのはどうかと思います。

    今度は彼の好き嫌いを挙げ、それをトピ主さんが我慢してると主張しますが、
    何のかんので「許せること」と「許せないこと」はあります。
    トピ主さんが、「許してるんです」と言い切るからには、我慢の範疇なのです。

    彼にとって、偏食は我慢の出来ない事なんですよ。

    しかも、トピ主さんは、約束を破っています。

    直すという約束を守れない、これは結婚相手として受け入れ難いのは当然です。
    約束を守れないような信頼度の相手を、人生のパートナーには出来ません。

    だから私はトピ主さんに、偏食OKの人を選びなおしなさいと書きました。
    トピ主さんが努力できない内容を引きずるのは、トピ主さんの時間の無駄だからです。
    努力できない、約束を守れないのでしたら、他の選択肢を取るのが妥当なのです。

    ユーザーID:5723175938

  • "今"は健康でも…。

     いつも思うのですが、好き嫌いの偏食が多い人って
    『過去も現在も健康には何も問題はない。だから、このまま将来も問題ない』
    と言い切っている人が多いですが、偏食の人が何も病気もなく、ご長寿で長生きしている。
    と言うのは、正直聞いた事がないのですが…。

     実際、義父が若い頃から好き勝手に食事をとっていた。と聞いていましたが
    胃がんで胃を全部取り、その周りの臓器も取った後の食事を
    嫁の私と義妹で作る事になった時に(義母は既に鬼籍)栄養士さんの指導がありましたが
    食事の事を相談したたら、『今まで食べて来た物で体はできているから胃がんになったのもそれが全く原因ではないとも言えない』と話していました。

    過去から今現在で病気もなく、元気に過ごしているとしてもこれから先
    5年後、10年後…。
    絶対に健康でいられるとは限らないと思います。
    全ての人に当てはまる事だけど、そのリスクが高いとわしは考えています。

     それからアレルギーと好き嫌いは他の方も言っていますが
    全くの別物です。
    私も好き嫌いはありますが、トピ主の様に偏食ではないし
    友人にもそんな人はいません。
    結婚したら一生一緒に食事をする人に外食も楽しめない。
    家庭の料理にも問題があるならやはり考えます。

     これも他の方が書いていましたが、トピ主が譲れない物があるように
    彼にもあり、それが『食事』だっったと言う事です。
    付き合う前に条件を出され、それを納得して受け入れたのに
    守れないからと心が狭い。と言う考え方にびっくりです。

    ユーザーID:5237215944

  • 偏食の人とは結婚できません

    気にしない人もいるでしょうが、私は食べることが大好きで、生きている中で大事な部分ですので、食事を一緒に楽しめないような人とは結婚できません。

    主さんは偏食でもいいというご家庭に育ったので、同じような考えの方を探せばいいだけです。

    こればかりは絶対に譲ることはできません。
    人生の幸不幸を左右する大問題です。

    早いとこ、彼氏さんと別れてあげてください。

    ユーザーID:8563819313

  • それだけの偏食で

    自分で問題意識をもってないのが問題。

    そこまでの偏食の方はそう探してもいませんよ。

    それより給食の時はどうなさっていたのでしょう?

    病気になって入院になればどうする気でしょう?

    お母さまもそうですが、年を取ってディサービスや施設に入居なんてことになったら?
    お母さまは「食べるものがないから入りたくない」なんて言われるのかな?とぴ主さんも。
    食べ物原因で他に頼れないなら母子でちょっとずつ食べられるものを増やしていくしかないのでは?
    せめて病院食・施設食は食べられるようして。

    ユーザーID:4378496938

  • 偏食は氷山の一角

    トピ主の場合、その捻じ曲がって自分中心に偏った視野の狭い考えが根本の問題ですよね。

    相手の数少ない好き嫌いと、それとは桁違いで日常生活に障るであろうレベルの偏食を「おたがいさま」と同列に論じて相手を狭量と責める非論理性。

    食という「子供まで含めた生活の共通問題」と「服装やモノのプライベート領域の趣味嗜好」の問題をすり替えて何が何でも相手を貶めようとする卑怯さ。もしこの違いが本気で解っていないなら尚の事に知性を疑わざるを得ない。

    蕎麦で自分が辛い思いをするどころじゃない彼の苦境に想像すら及んでいない自己中さ。

    1年の猶予期間でどれだけの努力をしたのかも殆ど読み取れない。そのくせ自分の偏食を正当化して、それを認めない彼を狭量という傲慢さ。

    結婚なんかしたらそれこそ何かにつけ道理のとおらない難癖と我儘とヒステリーを起こされるのが目に見えるようです。

    それとトピ主は両親を成功例として、それを自身の主張のよりどころにしてますがそれも第三者から見ればどう考えても「失敗例」でしょ。だってその結果トピ主の現状があるわけですから。

    トピ主の見栄えがそこそこ良ければ恋愛ごっこはできるでしょうけど、少しでもマトモな考え方ができる男性なら結婚はまず考えないでしょうね。

    キビシイですが第三者から冷静にみたトピ主の現状ってこんなん(困難)ですよ。

    ユーザーID:2505859816

  • 相性の問題だと思います

    私は輸入牛肉と羊肉全般が喉を通りません。
    アレルギーではなく、単なる好き嫌いですが。

    未だに「牛丼屋に行けないだろ」とかわけのわからない事を言う人がいますが、
    行った事ないのかな?と不思議に思います。

    もし、
    絶対に牛丼屋では牛を食べないといけない!!!と強調する人がいたら、私なら結婚しません。
    わざわざ説得する気もないですし。

    トピ主さんは、特定の物しから食べられないんですよね。
    どうして、それを強制する人と結婚したいのかがよくわかりません。

    もし、彼にそれを超えるだけの魅力があるなら、
    もうそれは食べる努力をするしかないと思いますよ。

    何人かが言われているように、人それぞれ譲れない部分があるのでしょう。
    主さんにもあると思います。

    私が婚活をしていた時の条件に
    「一人旅をさせてくれる人」
    というのがありました。

    変ですが、これだけは譲れなかったんです。
    「結婚したら家でできる趣味をして云々」
    と言われただけで無理でした。

    主さんの彼は、食べ物の好き嫌いが多い人はNGと言う条件が譲れなかった。
    もうこれは、仕方がないと思うんです。

    主さんの偏食の良し悪しは別問題として彼との相性が悪かった。それだけだと思います。

    今のままの主さんを好きになってくれる人を探しましょう。

    ユーザーID:2153182190

  • たまにいますね、偏食

    蕎麦が食べられないくらいなら、蕎麦屋に行かなければ良いだけ。
    野菜、肉、魚、無理って、どうすれば食生活が成り立つのか想像できない。
    ご飯が食べられるなら、毎食ご飯にふりかけ、ご飯に納豆、ご飯に玉子?
    パスタに置き換えるなら、トマトは使えない、オイルパスタオンリーってところ?

    自分は、それで満足でしょうが、それに付き合う人は大変だよなぁ。
    外食は別々にオーダーすれば良いでしょうが、一切シェアできない。
    アレルギーがあるわけでもなく、徐々にでも克服しようと
    思えないのはなんでだろう。

    食事って、楽しいものなんです。
    大好きな人と一緒ならなおさらです。

    主さんは、母親の作る食事に満足していました?
    学校や人付き合いで、苦労しませんでした?
    それに気付かず、30歳ってどうなんだろう。
    旅行に普通に行ける友達います?
    イロイロなことがあって、ちょっとは克服できていることだろうけど
    壁にぶつかったら、その壁が悪い、というタイプなんだろうな。

    偏食、あるいは暴食が原因で、未婚の男性も多いと思います。
    そういう人と、価値観がわかちあえれば良いですね。
    でも、結構そういう男性は、好きな人ができたら、
    努力をして、結婚に至っていると思います
    だって、自分をちょっと改善すれば、好きな人と一緒にいられるのだから。

    純粋にそう思えないなら、結婚しないほうが自分のためだし、嘘をつかなくて済む。
    ケーキ大好き、でも野菜、肉、魚、嫌い。
    私は食べないけど、あなたはたくさん食べてね。
    で、納得してくれる男性を探せば良い。
    まぁ、私はそんなオトコとは食事すらしませんが。

    ユーザーID:7730491787

  • 偏食以前の問題

    偏食も結婚は無理だと言った理由の一つだと思いますが、主さんの自己中が大きな理由だと思います

    知り合いに主さん同様、偏食だけどスイーツは大好きという人がいて、お見合い相手が彼女の好きなキノコだけが食べられなかったそうですが、「こんなに色んな食べ物があるのに、何でキノコだけ食べられないの?私が食べられる数少ない食べ物の中で一番好きなのに」と言ってました
    私から言わせたら、こんなに色んな食べ物があるのに何でそんなに食べられない物ばっかりなの?って感じですけどね

    因みにその人、もうすぐ50ですけど未だに独身ですよ
    まさかと思いますが、飲食店で「この店に私が食べられる物あるかな?」とか言ってないですよね?
    お店の方にも失礼だし、一緒にいる周りもあんまりいい気分はしなかったです

    付き合う条件が偏食を治すことだったのに平気で破っておいて理解できないとか、我儘すぎです

    ユーザーID:8550521684

  • 彼は誠実な人

    食に関する価値観が違う彼を説得できる要素はない。

    1年交際してみて、あなたとは結婚できないとハッキリ伝えてるんだから、彼は誠実な人ね。
    ズルズル付き合い続けて、別れる結果になった時に婚期を逃してたらどうする?
    今ならまだあなたと同じような価値観の人と出会うチャンスはある。

    そもそも結婚て、お互いの了承のもとに成り立つのよ。
    片一方だけが結婚したいと言っても無理というもの。
    彼はあなたと結婚する気がないようだし、早いとこ次に行った方が良いと思う。

    ユーザーID:7523940469

  • トピ主は肉が嫌い、彼氏さんは「偏食の人」が嫌い

    好き嫌いの話ですよね。
    トピ主にとって嫌いなものはどうしても受け付けない。
    だったら「偏食の人」をどうしても受け付けない人を認めないのはなぜだろう?

    嫌いなものは嫌いなんでしょ。頑張っても無理なんでしょ。

    それは彼氏さんも同じですよ。


    可哀想だけど、トピ主は単に彼に嫌われたんですよ。

    ユーザーID:9636633704

  • 合う人と結婚しようよ

    トピ主さんのお父様は偏食の酷いお母様を受け入れて結婚したのですよね?

    そういう人も居るけど、絶対的に偏食を受け入れられない人も居る訳ですよ。

    トピ主さんはトピ主さんのお父様の様に、酷い偏食を受け入れられる男性と結婚するしかないのですよ。

    トピ主さんの偏食を嫌がっている人と結婚しても上手く行きません。

    食事の度に喧嘩ばかりの夫婦になって結局離婚だよ。

    大人になってから偏食を治すのは難しいと思うのです。

    偏食のままのトピ主さんを受け入れてくれる人を見つけるしかないと思います。

    あと、物の好みと偏食を同列に語るのはおかしいって。
    それとこれとは全く別の話です。

    何でも好き嫌いのうちに含めて同列に語るのだとしたら、こういうことも言えちゃいますよ。

    ・トピ主さんは肉が嫌いでどうしても食べられない。どうしても嫌いなのだからそれは仕方がないこと。
    ・彼は偏食が嫌いでどうしても受け入れられない。どうしても嫌なのだからそれは仕方がないこと。

    あなたが好き嫌いを通す様に、彼も好き嫌いを通す。

    そういうことにもなり得ますよね?

    ユーザーID:1075989326

  • 好き嫌いカナリあります

    夫とは食の好みがほぼ正反対です。
    結婚前からわかっていましたし、結婚してもうまくいっています。

    私とあなたの違いは相手を否定するかしないかです。
    約束を守らないで自分の言い分を通そうとするなら
    相手を否定しないと自分の言い分は通らない。
    自分を変えずに相手だけを変えようとするその心根が嫌われたのです。
    結婚生活には好き嫌いだけでなく様々な生活スタイルをすり合せていかないと
    他人同士が同じ屋根の下では暮らせません。
    あなたからの歩み寄りもなく、自分だけが否定されている。
    彼はこの事実を重く受け止めているのです。

    ユーザーID:4269484012

  • 皆さんのレスを良く読みましょう

    食べられる物が少ない vs 蕎麦だけダメ
    食べ物の好き嫌い vs 単なる趣味

    上記を比較するって大丈夫ですか?


    皆さんが言いたいのは「食べ物の好き嫌いが酷い
    トピ主さんとは付き合えない彼氏」の事実は
    変えられない。と言う事です。

    諦めなさいね。

    ユーザーID:4393253633

  • 批判もあるけど

    偏食が理由だろーが、性格が理由だろーが、彼が「トピ主との結婚は無理」と言うなら無理です。
    彼の答えが出たんだから受け入れるしかないんですよ。
    トピ主は「偏食は治せない、治す必要もない」という答えを出したのでしょ?決定的に合わないんだから結婚どころか付き合いも無理でしょう。

    トピ主がどんなに頑張っても偏食治せないのと同じで、1年付き合って頑張って理解しようとしたけど偏食もトピ主も受け入れられなかった、という事。
    自分が治せなかったのは仕方がない事で、彼が受け入れられなかったのは許せないんですか?一般的にはそれを「自己中心」って言います。
    彼を説得するなら、まずは自分が偏食を必ず治す事ができてからではないですか?偏食治せないなら説得する材料が何もないですけど。
    この1年彼の気持ちを変える期間があったのに、トピ主は早々に「偏食は治せない、治す必要はない」と答えを出したのが彼にも分かったのでしょう。だから、彼もその答えを踏まえて考えて「偏食がある女とは結婚できない」と答えを出した。
    二人の出した答えが正反対だったんだから、結婚という重要案件にGOサインは出ないという事です。ただ、それだけの事。
    受け入れるしかないでしょ?お互い頑張ったけど合意ができなかったんだから。
    30歳、彼に拘って浪費する時間なんてないね。切り替えて偏食でも結婚出来る男性探すしかないです。

    ユーザーID:7606875565

  • 食べ物以外の好き嫌い

    食育ってご存知ですか?
    知らなければ調べてみてください。

    彼氏さんの好き嫌いを並べてそれをトピ主さんは「許してる」とのことですが、そもそも彼がシングルのスーツを着るのは変なこだわりじゃないし、トピ主さんが迷惑を被る訳でもないですよね。

    かたや食事はどうしても家族で一緒にするものだし、特に子供の食事に大きな影響を与えます。
    トピ主さんのお母さんは自分が食べられないものは食卓に出さずサプリで補っていた。
    そういう食生活は残念ですが一般的とは言い難いです。
    食育という意味では論外ですね。

    彼氏さんはフライパンにもこだわりがあるようですね。
    「食べること」をとても大事にしている人なのでしょう。

    食べ物の好き嫌い自体はトピ主さんの自由でいいと思います。
    苦言が多いのは、彼氏さんの意見を尊重しなかったり、アレルギーを軽く見ている点だと思います。
    アレルギーって命にかかわるので、もしお子さんが出来た時など、好き嫌いと同じように考えると危険なことになりますよ。
    これを機会に少し勉強しておいた方が結婚後に役立つかと思います。

    ユーザーID:0047162251

  • 食生活が合わない

    断られた理由が「偏食が多い」ことだと思うから、
    それくらい飲んでくれたってと思うんですよ。
    食生活が合わないということが理由と思えば、納得では?

    私の友人で、私と食の好みが真逆の人がいます。
    甘い物がダメ、激辛が大好き、お酒大好き。
    私はその逆です。
    たったこれだけでも、友人であってもツラいなぁと
    感じることがしばしば。
    今や疎遠になりつつあります。

    彼にとっては、自分の大好きなものがことごとくNGな
    わけで、相当つらいと思います。
    ましてや結婚となると、お子さんにも影響が出ます。

    最初に偏食が理由でお付き合いを断られたんでしょ。
    で、付きあうための条件(約束)を出されて付きあった。
    けれど、それを反故にされた。

    なら、契約(お付き合い、結婚)成立しなくて当然じゃない?

    >私の苦労がわからないのだと思います。
    彼も同じことを思ってますよ、トピ主以上に。

    結婚は、パートナーとの食生活が一生続きますから。

    あと、やっぱり彼は諦めたほうがいいと思う。
    トピ主のことを結婚したいほどにホレてないんだと思う。
    偏食(食生活)なんて、どうでもいいくらいホレてくれる
    人と結婚すればいいんじゃないかな。

    ユーザーID:6265640968

  • 結婚してから料理する人

    食べ物の好き嫌いが良いとか悪いとかの問題ではないのですよ。
    結婚して一緒に生活するから問題になるのです。
    服の色の好みくらいならなんの支障もありません。
    まず、あなたが料理するとしたら、夫の好きなものを毎日無理して作りますか?
    そして、自分の分は別にするとか?
    逆でも同じです。
    私は夫が臭覚と味覚に敏感な上に、あまり食材を多く使わない家庭で育ったため
    好き嫌いが多いです。
    結婚して15年、私の料理したものもだんだん食べるようになりましたが、
    はじめは同じものばかりを自分で作ったりして食べていました。
    子どもが大きくなってくると一緒に食べられるものが少なくて困ります。
    外食はいつも同じ種類のお店かファミレスです。

    ユーザーID:2559766613

  • 私も偏食キツイかも、、、

    聞いた話だけど、偏食 、食べ物の好き嫌いが激しい人って
    人の好き嫌いも激しいんだって。
    実際 そー言う人と接したことがあったけど、食べに行っても
    それだと 何でも食べれる私からするとストレスでした。
    おまけに本当に人の好き嫌いが激しい。
    主人も 私のように何でも食べれるタイプじゃなく
    食べ物に拘りがあるようですが、本当将来的に各個人で
    ご飯用意するようにしようかと思うくらいですよ。
    単純に好き嫌いが殆ど無い私からすると人が食べ物に
    アレコレ言い過ぎるって言うのはストレスです。
    過去 初対面の偏食の人にキレた事あるくらいです。
    あれ食べれ無いこれ食べれ無い、、、
    単純に楽しく無いし食事をその人とするのも
    ストレスになりそう(汗

    ユーザーID:7070674833

  • トピ主は被害者

    人は、食べ慣れてないものは、なかなか食べられるようにはならないと思います。
    トピ主も、一応努力はしたようですね。

    まともな食生活を子にさせなかったトピ主親が悪い。
    トピ主は、その被害者でもあります。

    でも、その自覚がなく、母親ではなく彼氏を批判し、あげくの果ての逆ギレはダメですね。

    せめて、「自分は食べられなくても、調理キットをつかうなどして、子は自分と同じにならないようにする」との意識があれば、また違った結果になったかもしれませんね。

    トピ主が振られた理由は、「好き嫌いが多いとの事実」ではなく、「好き嫌いが多くても問題ないとの価値観」の方だと思います。

    ユーザーID:1531225147

  • 説得するものじゃない

    好き嫌いあることは仕方ないことです。

    でも、その人が何を望むか
    ってとても大切です。

    彼は、あなたの偏食は無理だと思ったんです。

    それを説得して一緒にいるのは、
    彼に無理させること、
    押し付けることになりませんか?


    わたしは、彼の理由が分かります。
    偏食って、食べるのが好きな人から見たらとても辛いことなんです。

    あなたのことも、あなたのお母様のことも、
    批判するつもりありません。

    お母様は、偏食を受け入れてくれるお父様と出会えたのだから。

    あなたにも、あなたの偏食を受け入れてくれる人を探したほうがいいです。

    そして、きっと、います。

    あなたの偏食を受け入れて、
    それでも一緒にいたいと言ってくれる人が。

    あなたに、
    「そうだね、好き嫌いは仕方ない。無理しなくていいんだよ」と言ってくれる人。
    「好き嫌いがあっても一緒にいたい。けど、少しずつでいいから、食べられるもの増やしてくれるといいな」と将来に期待してくれる人。

    どうしても彼と一緒にいたいなら、
    一緒にいるために自分が変わろうと必死で克服するしかないと思いますが。
    それは不可能だったんですもんね。

    ユーザーID:0801190518

  • いや

    好き嫌いの是非じゃなく
    偏食を直すことを約束して約束が果たせなかったから終わり。

    それだけでしょうに。

    ユーザーID:4251296558

  • 好き嫌いが多過ぎで【その彼とは】結婚を断られました

    偏食を治す約束に同意するも、努力してみたけど治らなかった。
    だから、結婚を考えた時毎日の食事の事や子供の食育の事を考えたら一緒に生活をするのは無理だと結論を出した。

    どこにも説得できそうな綻びはありません。

    トピ主は別にその彼に拘る必要ないですよね。
    トピックタイトルの如し、さっさと次の男性を見つけにいきましょう。
    同じ様な白色食品が大好物で肉も野菜もちょっとは食べる…など食べ物の好みが合う方を焦点に絞って探した方がよいと思いますよ。

    何の保証もない恋愛期間、時間は有限だし無駄な時間ないんじゃないかな。

    ユーザーID:9661769675

  • 食生活、大事ですよ

    トピ主さんの好き嫌い自体を批判しているわけではないですよ。

    でも、食生活は生活の中でとても大事な要素です。
    単にエネルギー源というだけじゃなく、メンタル面でも影響がありますし、
    食べること自体が一つの楽しみになることも多々あります。

    結婚したら、相手の行動や考え方が嫌でも自分の生活に影響します。
    トピ主さんが好き嫌いを克服できなかったように、
    彼は、好き嫌いの極端に多い人間との生活に耐えられる気がしなかったのです。

    好き嫌いを認めろとトピ主さんが言うなら、
    彼氏の女性に対する好き嫌い(極端な偏食は嫌い、結婚は無理)も認めてね。

    以上、説得材料はないのであきらめてください。

    ユーザーID:6688844280

  • 心が狭い広いの問題かな

    結婚ってね、一生その人と暮らしていこうってことなのよー。

    食事は毎日のことなのに、奥さんがそんな偏食じゃ、一緒に食事していて楽しくないじゃない。子供にも悪影響だし。

    あと、極端な偏食の人って

    わがままに育っている
    親が甘やかした
    しつけのなっていない家庭で育った
    親が教養がない

    そして

    頑固
    周囲を気にしない
    人の意見をきかない

    などなど、悪いイメージね。あなたが何を言おうと、これが現実。

    彼氏1人が悪いわけじゃないし、心が狭い広いの問題でもないと思うよ。
    他の人も書いてるけど海外には偏食の人が結構、いるから、海外に出て偏食の旦那を探したらどうかしら。

    ユーザーID:5006418408

  • 「好き嫌いがものすごく多い」場合でも。

    たとえば、見た目がすごく美しいとかかわいいとか。

    深田恭子や新垣結衣なみだったら、「好き嫌い多すぎる」欠点なんて帳消しになるかもしれません。

    見た目ではなくても、性格がものすごくよくて、男性がとりこになっているような人なら、「好き嫌いが多いくらい目をつむる」となるでしょう。

    相手に、ものすごーーーーーく好かれる女性じゃないかぎり、「好き嫌いが多すぎる」という欠点は帳消しになりません。

    そういうことですよ。

    心が狭いとかそういう問題じゃありません。
    トピ主さんに、その好き嫌いが多すぎるという欠点を帳消しにするほどの魅力がないってこと。

    ユーザーID:5455395099

  • ものには限度があるんですよ

    一つ二つの好き嫌いと
    それだけの偏食を同等に考えるのがおかしい。

    そこまでの偏食の人と
    一緒に食事しても楽しくはない。
    結婚なんてとんでもないということです。
    今更治すことは難しいでしょう。
    トピ主さんの偏食を受け入れてくれる人を探すしかありまません。
    食に興味のない人ならいいかもしれません。

    ユーザーID:8884961228

  • それが彼の選択だから

    >食べ物に限らず、好き嫌いなんて誰でもあることじゃないですか。

    そうですね。
    人それぞれ、「ここまでは許容範囲だけど、これ以上は無理」という判断基準がありますね。
    彼は「あなたとの結婚は無理」と判断した。
    それだけです。

    いくらあなたが「結婚を躊躇する理由が私にはわかりません」と言ったところで、
    彼氏が「無理」という以上どうしようもないのですよ。


    あと、他の方もさんざん書いていますが、アレルギーと好き嫌いを一緒くたにしているのが驚きです。

    >蕎麦はアレルギーだと許されるんですよね。
    「許される」って・・・。
    ただの好き嫌いなら「食べたら気分が悪くなった」ぐらいで済みますが、アレルギーの場合命を落とすことだってあるんですよ。
    この部分を読んだだけでも「この女性と結婚するのは絶対やめた方がいいよ」と思えるレベルです。

    ユーザーID:1959499929

  • トピ主さんに質問します

    トピ主さんって
    太っている男性
    禿げている男性
    お金がなくて女性から生活費を貰う男性と結婚出来るのですか?

    トピ主さんの理論だと
    太っている男性と結婚して
    禿げている男性と結婚して
    男性が主夫をして結婚して
    子供が元気に育っている家庭はいっぱいあると思うけど。

    で、男性に
    〇〇だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません
    これってそんなに悪い事なのですか?と言われ
    結婚出来ないのなら、トピ主さんの「心が狭い」って事になるけど

    これに対して「あなたを説得したいのですが、アドバイスお願いします」
    と聞かれてどう答えるのでしょう?
    是非、回答いただきたいです

    そもそも
    >先日「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」と話を…
    彼は「君が偏食だから結婚は無理」とは言ってないですよ
    結婚を考えたら君とは無理、なのです。

    そもそも付き合う時に約束した事も守れてない
    話し合おうにも論点が噛み合わない
    理屈になっていない理屈で自分を正当化
    結婚する事はいつの間にか規定路線
    自分の思い通りにいかないと逆ギレ
    挙げ句の果てには、心が狭いと言われる
    そんな女性と結婚して幸せになれる男性がいると思えないんだけど

    結婚しても
    約束は守らない
    なんでもかんでも女性が物事を決め
    変な理屈で自分を正当化
    反対すれば逆ギレされて
    心が狭いとか言われちゃう
    いくらなんでも、そんな結婚生活は無理でしょう

    彼は別れる事すら許してもらえないのでしょうか…

    ユーザーID:6274576118

  • 2人の問題

    結婚は両性の合意ってことだから片方が嫌だっていえば仕方ない事ですよね?

    お母さんもそうだという理論なら、お父さんのようにそれを良しとするお方を選ぶ以外ないでしょう。
    交際開始時から言われていたなら、無理だって自分で分かっていたのではないのでしょうか?
    直す気もないのに付き合い始めた主さまの方が騙した側に見えます。

    もし彼を説得できるとしたら、「彼の食べたいもの(美味しいもの)を何でも作る」それに加え「思っていても食材の悪口(嫌い)を言わない」同時に自分の食べるものも全部自分で作る。
    そうすれば残飯も出ないし、主さんが嫌いな食材をどけるところを見せることもないし主さんが偏食だということを意識しない生活ができたことでしょう?

    でも、そんな労力を払ってまで結婚したいとは思わないでしょう?
    無理に結婚したって続きませんて。

    彼の心が狭いってことでいいので、もう彼を自由にしてあげてください。

    ユーザーID:8191311971

  • お友達に聞いてみたら

    まぁ、友達がいれば、ですが。

    そこまでひどい偏食だと外食はほぼ無理ですよね?
    友達と出かけたりしないのでしょうか、そういう時はどうしてるんですか?

    自分の好みで周りを振り回して、支払い時に「自分はこれだけしか食べていない」などと言って周りを困らせてはいませんか。
    仕事してるのなら職場でも聞いてみたらいいのでは。

    ユーザーID:1601380264

  • がんばれ

    嫌いなものを、今更無理に食べなくてもいいですよ。
    偏食しても元気な人もいますが、健康に影響が出る人もいるので、やはり栄養バランスは考える必要がありますよね。

    トピ主さんが食べられなくても、結婚したら色々な食材を使ったお料理を作れることを、日頃から彼氏にアピールされてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:4598846066

  • レスを拝見し

    それでもトピ主さんと!という方を見つければいいのではないでしょうか?

    今回は「偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが」とトピ主は言ったが、
    約束は守られなかった・・・。
    仕方ないのでは?

    ユーザーID:7823557716

  • 「好き嫌い」の範疇を超えている。

    トピ主さんの場合、「好き嫌い」という範疇を超えていますよね。
    偏食、まさに「偏り」すぎです。
    しかもそれが母親譲りという事は、もしトピ主さんに子供ができたら、悪びれる事も無く同じような食生活を子供にさせるのでしょうから、全く「食育」なんてできないわけで。
    もう、負のループですよね。
    虐待が連鎖するように、偏りすぎた食卓も連鎖すると思います。(どちらも本人に「これは異常だ」という意識や罪悪感が全くないため、改善しようと努力をしない)

    トピ主さんがただの友達だったら、まぁ一緒に遊ぶときにちょっと我慢すればいいか〜で済みますけど、こんな配偶者では困ります。
    トピ主さんが主戦力で外で働いてお金を稼いで、彼氏さんが専業主夫で子供の食育担当する、というのであれば、まともな食環境の子供に育つでしょうけど。
    まぁ、そうはいかないでしょうからね。
    男性としたら、「こんな妻に、自分や我が子の食生活は任せられない。」と思ったら、結婚相手としては無理でしょうね。

    このままでは、どんなお相手でも結婚自体が難しいかもしれませんよ。

    ユーザーID:1407527734

  • この彼氏とはムリ

    >フライパンは鉄に限るとか、包丁は砥石で研ぐものとか、

    この言葉を見ると、彼氏は食べることだけでなく、料理することもお好きのようですね。
    一緒に料理を作ったり、食材について話したりしながら食事できるような女性が、お似合いだと思います。

    トピ主さんは、お父さんのように偏食を許容してくれる人がいいんですよね。
    この彼氏さんはそれは無理です。

    許すとか、許さないとか、トピ主さんと彼氏さんのどちらが悪いと言うよりも、単純にミスマッチだと思います。
    お互いに他の人を探した方が良いと思います。

    ユーザーID:0410456456

  • これだけ説明されてもわからないんだ

    いや、わかろうとしないのかな?
    偏食の人って、そういう頑ななところがありますよね、自分がいいんだからいいじゃないか!みたいな所。
    でも彼は嫌なんですよ。
    彼だって「自分はそんな女は嫌なんだ、結婚なんかしたくないんだ!」と言う権利があるの、わかってます??
    彼を追っているのはあなたで、彼はあなたを拒否しているんです。

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。

    あなたがわかろうがわかるまいが、彼はあなたとは結婚したくないんですよ。
    それすらわからないの?
    ついでに言うと、ほとんどの人が偏食の人間とは結婚したくない、一緒に暮らしたくないんです!それほど食は大事なんです。

    あなたののかわいそうなところは母親が偏食なので、偏食でもいいと育てられたところ。
    彼はその負の連鎖にしたくないんです。
    ほんと、こっちが聞きたいわ、どうしてそんに簡単なことがわからないの??

    いくらあなたが結婚したくても、相手が嫌だというのに、何をゴネてるんですか?
    なんで彼があなたの言うこと聞かなきゃならないの?
    意味わかんないのはあなたのほうです。

    ユーザーID:4260988164

  • えええ

    アレルギーと好き嫌いを同列に並べちゃうの???

    命に関わることなんですよ。

    あなたには母親になってほしくない。
    危険すぎます。
    思慮が浅いという次元で済まされない、関わりたくない人です。

    イヤなものはイヤで結構です。
    受け入れてくれるひとを気長に探してください。

    ユーザーID:1805669605

  • 偏食とアレルギーは違います

    アレルギーは生死にかかわります。
    わたしは牛乳が苦手で学生以来飲んでいませんでした。
    しかし、夫に飲んでみれば?と言われ試しに飲みましたがやはりダメでした。でも死にません。
    ケーキは毎日食べているそうですがちっとも褒められたものじゃないですよ。
    彼のフライパンや服の好み等のこだわりは多かれ少なかれだれでもあります。
    よほど非常識じゃない限り許容されるでしょう。
    食事は毎日3度のことですよ。
    比べてはいけません。
    わたしの夫が同じような偏食なら結婚しなかったな。
    今後食事はどうするの?
    自分が食べられるものだけ作るの?
    それとも二人分全く違うものを作るの?
    それをどうするか考えていますか?
    お母様は専業主婦だったのではないですか?
    仕事していたらとてもじゃないけど作れないと思います。
    あとアレもコレも食べられないは自分の親族に紹介出来ないじゃないかな。
    日本では偏食が多い人に対して風当たりが強い気がします。
    トピ主様が頑張って克服するか、偏食を受け入れてくれる人と付き合うかしかないですね。
    お辛いと思います、頑張って!

    ユーザーID:7977370625

  • その彼氏と結婚してはイケナイ

    命に係わる蕎麦アレルギーと単なる味の好みの問題でしかない偏食を同列に語るトピ主。その違いが理解できないトピ主。

    アナタは彼にとって生命の危機をもたらす可能性の高い危険な存在です。トピ主はその彼氏と共に生きてゆくには、著しく不適格な人間です。

    だからトピ主は、その彼氏と結婚してはイケナイ。

    アナタは彼と別々の人生を歩み、自分の好きなモノを食べて生きてゆきなさい。ソレがお互いの幸せの為。

    ユーザーID:8184202904

  • みんな彼と言ってる子と同じだよ。

    つまりは、あなたとは結婚できない。


    それだけです。


    彼と結婚しないんだし、一人で好き嫌いして楽しく生きたらいいよ。

    いやだ、お断り!!と言ってる人にまとわりつかないこと!

    ユーザーID:2412950496

  • お互いさまで何とかなるか・ならないか

    でいくと、彼にとっては、何とかならないという価値観なのでは?

    食事は、生きていくために必要であると同時に、食を楽しむという趣味嗜好もあります。

    トピ主さんが食べれるお蕎麦は彼が食べれない

    お蕎麦以外でトピ主さんが食べれるものはかなり少ない

    彼が食べたいもの・好きなもので、トピ主さんが食べれないものが多い。

    となると、お互い楽しく食事を楽しむことが、かなり制限されそうです。

    交際期間中で外食であれば、お互い違うのを頼めばいいけど、生活して、作って食卓を囲むとなるとちょっと厳しいかも。

    特に私は、食べることが大好きなので、そういう人とはちょっと...

    「胃袋を掴まれた」って言葉があるくらい、「食」って大事。

    彼は納得できていないから断っているし、説得は無理かと・・・

    「偏食を理由に交際を断られている」「頑張ったけど偏食が治らなかった」のであれば、もうあきらめるしかないと思います。

    お父様は、「それでもいい」もしくは「気にしない」方だった。

    彼は「それでもいいとは思えない」もしくは「そこが気になる」方だっただけのこと。

    彼にこだわるのであれば、貴方が折れるべき。

    だって、彼はあなたにこだわっていない。

    「偏食でもいい」にこだわるなら、彼でなくてもいいでしょ。

    ユーザーID:1775149381

  • 別に批判はしない

    私は別にトピ主さんを批判する気はありません。

    私の夫は主さんに負けないくらいすごい偏食でしたが、私は結婚しました。
    それは、私が夫を愛しているからです。

    主さんは、彼から受け入れてもらえない、それはお気の毒だと思います。

    でも、逆ギレのレスはいただけないですね。
    彼のこだわりはどれも「ワガママ」の範疇には入らない程度だと傍からは思えるのに、「それを私は許している」って偉そうに言われたら腹立たしいです。
    あと、アレルギーと好き嫌いの問題を一緒にされると、それも迷惑です。
    特にそばアレルギーは命に関わることもあるのですよ。

    ただ、主さんの場合、頑張って食べようとしても気持ち悪くなって吐くとのこと。
    もしかしたら単なる好き嫌いではなく体質かもね。
    きちんと調べてみたらいかがですか?

    どちらにしろ、彼は主さんの「偏食」を「受け入れられない」と言っている。
    恋愛も結婚も、「双方合意の自由意思」によるものだから、彼が「合意」しない限り、どうしようもないのです。
    彼には主さんの好き嫌いを受け入れる義務はない。

    お父様はお母様にベタ惚れだったけど、彼は主さんのこと、そんなに好きではないのです。
    ただ、それだけのことです。

    ユーザーID:7557057843

  • 説得は無理

    そもそも偏食とアレルギーを同列に考えている時点で、
    問題を受け止めている気がしません。
    それも極端な偏食・・・

    また「偏食を直すことを約束して付き合い始めた」けど、
    その偏食が治っていない現状で、何故結婚しようと思えるのか不思議です。

    治療に取り組んだことはおありようですが、
    彼の求めているのは経過ではなく結果ですから、
    それでも健康とか元気といった点は求められていません。

    結婚の説得を試みるのは勝手ですが、
    彼は「結果」に対して信頼を寄せているので、
    信頼を裏切らないことをお勧めします。

    ユーザーID:0480546913

  • 理解不能です!

     トピ主に! アレルギーと好き嫌いを一緒にしていることがありえない。アレルギーは死に至るケースがあるけど、好き嫌いは単に好みの問題です。何か生きる上での基本的なところがズレている気がする。皆さんのレスをよく読んで、理解して生きて下さい。

     尚、結婚は今の彼ではなく、食べ物の好き嫌いの合う相手として下さい。お互いのためです。

    ユーザーID:9581125927

  • 結婚に求めるものはそれぞれ

    顔が第一、顔の良い人と結婚したい。
    顔が好みじゃない人とは無理。
    又は、お金が大切。高収入の人との結婚を望む。
    お給料の少ない人はないな。とか。
    性格が第一とか。
    相性だとか。
    趣味の一致など。

    パートナーに求めるものはひとそれぞれで、
    何を優先順位の一番に持ってくるかは、
    個人の自由です。

    なので、食を一番に持ってくるのはおかしいと、
    否定することは誰にもできません。

    お相手は、結婚相手は好き嫌いの多い女性は嫌だと
    言っている。

    諦めるしかないと思いますよ。

    ユーザーID:7674195832

  • 合わない人と付き合う必要はない

    トピ主さんのレス1まで読みました。

    好き嫌いは誰でもありますが、食事の好き嫌いがここまで違っていれば、これから先長い人生を一緒に暮らすなんて無理です。
    お互い、合わない人と付き合う必要はありません。

    トピ主さんが食べ物の好き嫌いをなくすという条件で付き合いだしたのに、それが守られないなら彼を批判できません。
    今度お付き合いをスる人には、出来もしないことを条件に付き合ってもらうのは辞めたほうがいいです。
    トピ主さんの偏食を受けて入れる人でないと、また同じことになります。

    ユーザーID:6204149311

  • 最初の約束

    偏食を治す約束をして付き合い始めてその約束が守れなかったんだから
    別れを受け入れるしかないんじゃ?
    偏食なのは仕方ないけど、それを受け入れられないのも仕方ないでしょ
    次行きましょう

    ユーザーID:4638771861

  • 彼は真剣に考えたのですよ

    主さんとの結婚生活を。

    でも、ダメだった。。

    今から異常な偏食生活を真っ当な食生活にするのは無理でしょう?
    結婚したら、その偏食を毎日目の当たりにすることになりますね。
    彼には耐えられないと考えたのでしょう。

    彼からの別れの理由は「偏食」と言われたようですが、本当は違うと思います。
    そういえば主さんは納得するしかないと考えたのかな?
    もしかすると、主さんの自己肯定の挙句の他人否定をする性格が理由かも・・

    偏食家庭で育った主さんに、彼の別れの理由は分からなくて当然だと思います。
    だって、主さんもアレルギー患者の気持ちが分からないのでしょう?
    それだけ2人の価値観は違ったのです。

    ユーザーID:4951462753

  • トピ主さんは偏食だというだけ

    トピ主さんは嫌いな食べ物は食べられない。
    食べる努力も必要ないと思っているのでしょ?

    彼も、【偏食な人は結婚相手には嫌】というだけ

    同じです。
    トピ主さんの偏食を受け入れるのなら
    彼の、偏食な女性は配偶者に選べない も、受け入れなきゃね。

    好き嫌いは誰にでもありますから、受け入れましょう。

    そして、貴方の偏食を嫌だとは思わない、お父様のような相手を探せばいいだけですよ。
    自分の事を受け入れられない相手と結婚しても、幸せには成れないのに
    なんでその彼に拘るのですか?
    説得するという意味が分からない。

    ユーザーID:5238678318

  • 例えトピ主さんが偏食でなくても

    彼とは破局していたと思います。

    >好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。
    偏食な事自体が批判されているのではありません。
    批判されているのは、何でも都合よく変換して他人の所為にしたり、平気で約束を破ったり、自分の都合や気持ちばかりを押し付けるその性格でしょう。

    偏食に関しては、食は結婚生活にどれだけ大切な物か説明されているだけでしょう。
    トピ主父と同じような人と結婚すればいいとも、多くの人に指摘されていますし。

    交際を申し込んだ時にトピ主さんはフラれた。
    本来なら、ここで終わっているんです。
    それなのに、彼が自ら言ったのか、トピ主さんが何で振るのか迫ったのか知りませんが、彼は付き合えない理由に偏食をあげたので、それをなおすからと強引に交際に持ち込んだ。

    偏食でなかったとしても、自ら言い出した約束も守らず、そんな事は大した事じゃない、私だって我慢している事はあるんだ、結婚しろなんていう人と結婚したいなんて人、滅多にいませんよ。

    それと彼が蕎麦アレルギーだとしたら、自分の偏食とアレルギーが同じだなんていうトピ主さんとの結婚は不可能です。

    彼はアレルギーだから、最初にトピ主さんの偏食を理由に交際を断ったのではないかと思えてきました。
    結婚して生まれて来る子どもが、彼の体質を受け継いでアレルギーを持って生まれてくる可能性を考えての事ではないですか?

    子供がアレルギーを持って生まれた場合、トピ主さんでは子供が食べられる物を用意してあげられない、或いは偏食もアレルギーも同じようなものだなんて言っている人ですから、無理矢理子供にアレルゲンを食べさせて、命に関わる大問題にもなりかねない。

    最初から、彼にはトピ主さんと結婚出来る要素がなかったんです。
    一年交際してみて、偏食以外にも性格や価値観も合わない無理だと思ったのでしょう。
    受け入れて下さい。

    ユーザーID:4551199799

  • アレルギーと好き嫌いは違う

    あのですね。
    アレルギーは、死ぬこともあるのです。

    >気持ち悪くなる
    どころではありません。
    湿疹が、身体の表と内部に出来ます。気道も湿疹が出るので塞がれば、鼻腔もふさがります。呼吸困難で最悪窒息します。
    身体の全身は浮腫んでパンパンになります。
    身体の防御本能なのか昏睡状態にもなります。

    症状次第で抗アレルギー薬を飲む、あるいはエピペンを注射して救急車で病院に運ばれます。

    食べ物の好き嫌いと一緒にする、あなたのような人がいるから、食物アレルギーの人が苦労するのです。ほんの数mgでも、ひどい症状が出る人はいるのです。

    それから
    >フライパンは鉄、包丁は石で研ぐ
    このような彼の場合は、料理が好きな親がワンセット。多少の好き嫌いは受け入れるでしょうけど、あなたの偏食は彼のような育ち方をした人からすれば不安でしかないのです。

    今後の食生活が、要するに牛乳と砂糖とビタミン剤の食生活…結婚をためらうのは当たり前です。

    料理好きな親のもとで育つと、色々な味覚を堪能したいので、あなたのように単一化した食生活が続けられません。

    食生活にこだわりがない、あるいはあなたに近い偏食の男性を見つけた方が、あなたも気が楽だと思います。

    ユーザーID:9462808535

  • トピ主さんは犠牲者だけど

    トピ主さんのお返事を読んで、レスした人達全員が、「ダメだ、こりゃ」と思ったのではないでしょうか。

    トピ主さんの思考形態って、とてもじゃないけれど日本の普通の家庭に育った人間には受け入れられない「自己中心的」なものに感じられるのですよ。理解を越えた「異次元」の考え方なんです。

    でもそれはとぴ主さんの責任というよりは、育った家庭環境によるもので私にはとてもお気の毒に思えます。

    ご自分の親御さんを批判されるのは辛いでしょうけれど、ご自分の偏った食生活をそのまま子供にもさせていたお母様の責任は大きいです。もしかしたら、お母様のお母様もそうだったかも。

    たとえご自分が食べられなくても子供にはバランスのとれた食生活をさせるために、嫌いなものでも
    頑張って料理するのがまともな親でしょう。そういう努力をなさらなかったお母様の罪は重いし、それをそのまま放置したお父様も同罪です。それともお父様も同じような偏食なのですか?

    私の友人に肉はダメ、魚も白身の切り身だけしか食べられない、という人がいました。でも結婚して男の子が生まれてからは、「気持ち悪くて仕方ないけれど、頑張って焼肉もするし、ハンバーグも作ってるの。自分は食べないけどね」と言っていました。それがあるべき姿でしょう。

    そういう意味ではとぴ主さんは犠牲者です。でもご自分の偏食を「アレルギーと同じ」だの、誰にも好みはある、などという詭弁を弄するのなら、トピ主さんに同情する気持はなくなってしまいます。

    こんな態度では、彼の気持ちを変えることは100%不可能。もし彼のことを知っている人間がここを読んだら、「絶対彼女はやめておけ」というでしょう。

    ここでたくさんの方がレスされた内容がトピ主さんの心に届きますように。

    そして、次の出会いがあった時にトピ主さんが少しでも相手のことを思いやれる女性になっていることをひたすら祈ります。

    ユーザーID:4369941808

  • お祖母さんですか?

    普通はね、子供の将来の幸せと健康を考え、必死で工夫して、食べさせるんですよ。

    知らない内に食べれた!美味しかった! ってね。

    それを好きな物だけ食べさせて育てたのは、誰が原因ですか?
    お祖母さんですか?
    結果、幸せになれてないでしょう?

    私も友達としても嫌ですもの。食事が不味くなりますし、イライラします。

    同じく、超偏食の人を見付けて付き合った方がイイと思いますよ。

    じゃないと上手く行かないと思います。

    ユーザーID:6085464911

  • 残念でしたね。

    食事って、大切だし、楽しみですよね。
    特に晩御飯。疲れて帰ってきて、おいしいごはんを夫婦で楽しむ。
    これ、おいしいね、とか言いながら。

    お蕎麦が好きな主さんは、一緒にお蕎麦が食べられないのって、
    つまらないですよね。
    彼氏は、それと同じで、
    お肉が食べておいしいなあって言いたくても、奥さんは「まずい〜」って
    食べられない、いっぱい野菜を食べたくても、出てくるのは数種類、
    季節季節で果物を味わいたくても、出てこない、
    お刺身を食べたくても、ひとりでもそもそ食べるだけ。

    いろいろ食べたい人にとっては、ひとつふたつ食べられないのと違い、
    主さんの偏食レベルは拷問レベルなんですよ。可哀そうですが。

    極端な偏食の人は気の毒だとは思います。
    でも、やっぱり一緒に食事していてつまらないんですよね。
    一緒に「おいしいね!」って言えないから。

    洋服は、趣味が違っても別の服を着れば済むでしょう?
    でも家族の食事って、一緒に楽しみたいんですよね。

    偏食でも主さんといたいっていう人、いると思いますよ。
    がんばってそういう人を探しましょう。
    (注:お子さんは偏食のないように育ててあげてね)

    ユーザーID:9925412503

  • 現実

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
    >両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

    とのことですが、現実にいま、あなたは彼から結婚を拒否されている。
    そして、アレルギーと好き嫌いの区別もつかない。
    お母様の子育ての結果です。
    好き嫌いの多いお母様が、娘もそのように育てた結果、あなた、困っているじゃないですか。好きな人と結婚できなくて。
    将来、あなたの子もそうなるのが、結婚を躊躇する原因(一因)と身をもって経験しているではないですか。わかりませんか?

    子育てでアレルギーについて身につけさせてもらえなかったとしても、小町に書き込む道具と大人の正常な知識、判断力があればあとからでもじゅうぶん身につきます。
    しかし、あなたには学ぼうという姿勢すらない。
    それが彼のためであっても、それを学ぶより、自分を押し通すことが大切。

    好き嫌いだけでなく、おそらく、あらゆることにおいて、我慢すること、学ぶこと、思いやり、そういうのが身についていないのがあなたです。
    今のあなたこそがご両親の子育ての結果だし、好き嫌いを放置することの結果であり正常な判断力をもつ彼に結婚をためらわせる理由ですよ。

    直視して、変わるチャンスです。

    ユーザーID:4528645866

  • 俺も無理だわ

    貴方の問題点は偏食よりも、それを許してきた家庭環境、つまり親の甘やかしです。そりゃ誰にでも好き嫌いの一つや二つはありますが、貴方のは酷すぎます。いつまでも大人になれない人という印象を受けます。私の高校時代の同級生にも、カレーとラーメン以外食べないという男がいますが、やはり母親が甘やかせて育ててしまったという感じでした。当然ながら生涯独身です。

    ユーザーID:1398796721

  • トピ主レスを読みました。

    この手の相談でよくあるのが、どこまでも自分本位で相手の立場や気持ちに沿って考えられないこと。
    補足にあった彼のこだわりは、貴方に許してもらうことじゃありません。
    後驚愕なのは、アレルギーと好き嫌いを一緒にしていることです。
    アレルギーは死に至ることもあるんですよ。単なる好き嫌いじゃありません。貴方が大好きな食べ物が彼にとっては毒になるのだと理解されてないことにびっくりです。
    食の習慣や好みの違いは結婚生活を送る上では決定的になります。彼も貴方も悪くありません。
    ただ、生活をともにしていくには無理があるということですよ。
    なんでも好き嫌いなく食べれる人が、結婚で毎日の食事が限られた偏ったメニューしか出てこない生活に耐えられると思う?
    貴方は彼の好物を美味しく作れますか?食べられない物をどうやって美味しく料理するんでしょうか?
    少し相手の立場に立って考えれば分かることばかりだとは思いませんか?
    偏食を治す条件で付き合ったのなら、約束を守れなかった以上は結婚は無理ですよ。
    もう彼を解放してあげてください。

    ユーザーID:6984204336

  • 本質をわかってない

    食べ物の好き嫌いと洋服の好みはまったく違う。
    洋服はその人個人の趣味ですむけれど、食べ物だと毎日毎食、家族も巻き込んで一生ついてまわります。
    トピ主さん、彼と結婚するならあなたの偏食に彼を合わせてもらうつもりですか?

    かといってあなたが彼の食べれるものを、たとえあなたが食べれないものでも
    作って出すことはしないですよね。
    彼が合わせるのが当然で、自分は何一つ彼に合わせるつもりはないようなので。

    それじゃあ彼はつまらないですね。お肉が食べたくても食べれない。野菜も数種類。
    外食しても行ける店は限られる。
    一日働いて帰っても美味しくないご飯で。
    今までも相当彼は我慢していたんじゃないですか。

    ユーザーID:8066738117

  • ありえないくらい好き嫌いが多いんでしょ?

    批判っていうか、身内だと嫌なんですよ。
    交際とか結婚とかは論外です。
    結婚したい人はすればいいですけど、彼は絶対嫌なんですよ!
    どこかで勝手に結婚して幸せになればいいじゃないですか。
    彼はあなたとは嫌だと言ってるんだから。
    彼のこと許すの云々って、別に許せなきゃ許せないでいいんですよ。
    それが彼だし、それが理由で恋人が去っても気にしません。
    結婚は、我慢しなきゃいけないような人とはしたくないもの。
    彼が蕎麦アレルギーだとしても、その恋人が蕎麦大好き、蕎麦嫌いの人とは結婚しない!
    と言われたら、あ、そう。で終わりです。説得したり我慢させたりしません。
    仕方ないことですから。
    彼にとって、偏食の多いあなたは結婚相手にも交際相手にもならないんですよ。
    もっとも大嫌いなタイプだもの。あなたが偏食を直すとか言って彼を騙さなければ、交際自体があり得ませんでした。
    彼が心が狭いっていうより、この世に、自分が一番大嫌いなタイプと結婚する人いるの?
    心が狭いどころか、しごく当たり前ですよ!
    あなたなんかと結婚したくありません。
    絶対嫌です。
    普通のご飯を普通に食べれない女性とは無理。
    全然幸せじゃないし、そんな家庭持ちたくないです。
    妻となれる女性はたった一人しかいないんですから、なんでわざわざあなたみたいなのを選ぶんです?
    ほかに女性がいないわけでもないのに。
    なんでもニコニコと美味しそうに食べる女性はいくらでもいるし、そういう女性を見ちゃうと、あなたとご飯食べるの嫌になるんですよ。
    つまらないんです。
    たとえあなたと結婚したところで、すぐにあなたのことが嫌になります。
    食べることにこだわるのは人生にこだわること、食生活が合わないって人生が違うことですよ。

    ユーザーID:8850065909

  • 無理だと思う

    トピ主さんのように、偏食がひどい人、学生の時のバイト先にいました。
    顔も性格もそこそこ可愛く性格も明るく女の子らしい人でしたが、男性陣は揃ってあの子とは付き合いたくないと言ってました。

    理由はひどい偏食です。

    トピ主さんのように偏食がひどすぎると、 やっぱり普通の人の感覚の人は一緒にいられないと思う。
    一昔前は結婚しなければならない風潮があったから、トピ主母は結婚できたのかもしれないけど、今はそこまで無理して結婚するよりしない方を選ぶ人が多いと思いますよ。

    歳をとるにつれ自由に使えるお金も増えるし、舌は超えるし、美味しいもの食べたいです。

    トピ主さんが偏食を治すか、違う相手を探すしか方法はないですよ。

    たかが偏食って思ってらっしゃるようですが、トピ主さんの偏食は常軌を逸しています。

    ユーザーID:4326653635

  • 好き嫌いが多いですが結婚してます。

    その私から見てもちょっと受け入れ難い偏食だと思います。
    一番の問題は

    >私は昔から偏食で、母も同じでした
    >肉はダメ、野菜は数種類、果物も数種類、魚も白身の焼き魚くらいです。
     その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています。
     栄養はサプリメントを活用しています。
     これは母がそれしか食卓に出さなかったのでいつのまにかそうなっていました。

    ココですよね?お母様がそれしか出さなかった…
    彼氏は同じ事になるのを恐れているんじゃないですか?

    私もかなりの偏食です。蕎麦も嫌いで、ほぼ食べません。外食時にお金をだしてまで
    は絶対食べませんね…
    お肉もほぼダメで、刺身系、鰻なんかもダメ、果物もメロンやスイカ系はダメです。
    でも、食卓には出しますよ。自分が食べなくても、主人が好きな物もあります。
    例えば蕎麦を食べたいと言ったら、蕎麦が食べれるお店に行きますが、同時に他の物
    も置いている店を探して行きます。
    人が食べているのは気になりませんから。
    すき焼きも正直、大嫌いで、臭いが特に辛いです。でも、主人が「食べたい」と言え
    ば、ステーキでも焼肉でもすき焼きでも家でも用意しますよ。
    自分が食べなきゃ良いし、自分で用意するから他の物も用意出来ますから…

    ユーザーID:0673102425

  • レスまで読んで思った

    トピ主さん、反省したことないでしょ。
    偏食に限らずなんでも。
    何か指摘されるとすぐ反論し
    全然違うカテゴリーの話を出してその人を攻撃。
    (今回はレスの最後の方のことです)

    それじゃあ偏食も直せないし
    人からの信頼も得られないよね。

    偏食になってしまったのは
    あなたのせいではないかもしれないけど
    彼が離れていこうとしている理由は
    それだけじゃないんじゃない?

    ユーザーID:6734174659

  • 追加読んでも無理。

    うん、無理。
    結婚したら、それしか出てこないし、子供も偏食になりそうだし。
    嫌だわ。
    彼のこだわりは、あなたの許しなんていらないこと。
    ただの彼女が口出しすることではないのがわからない??

    蕎麦とあなたの数々の偏食を一緒にしないでほしい。

    ただあなたも犠牲者だと思う。。。。
    悪いけど、母親が問題だと思うよ。。。
    でも、学校とか給食では食べれたのではないの??

    正直、その食生活の人とは、遊びに行けないわ。なので、友達にさえならないかも。。
    かなりの人がドン引きするレベルだと思う。
    だから、付き合うのさえ考えたんだよ、、、、
    彼の思うほど、あなたが努力しているように全く見えないよ、彼の蕎麦とあなたのくらべるくらいですもの、、、
    ケーキが食べれるなら、苦手な野菜を練りこんだシフォンケーキとかを定期的に食べてならすとかくらいはしてるんですよね??

    ユーザーID:0909087306

  • トピ主さんのレスを読んだ感想です

    トピ主さんが偏食になったのは
    お母さんの食事が原因です。

    お父さんは食事に興味がなく
    お母さんの食事を受け入れることができました。

    でも、彼氏はそれができないのです。

    残念ですがお別れして
    トピ主さんを受け入れてくれる人を捜しましょう。

    食味に関しては3歳までに
    色々な物を食べさせると偏食が少ない子になると聞きました。

    私自身は好き嫌いはもちろんありますが
    食べられない物はありません。

    うちの子供達も主人も偏食ありません。
    私のあくまでの感想ですが
    トピ主さんのお母さんが食育に失敗した結果だと思います。
    残念ですね。

    ユーザーID:1642160404

  • 残念をチャンスに

    トピ主さんさ、彼との破局も小町への投稿も、
    これはチャンスなんだよ。
    これからの自分はどう生きるのか?。
    そういうことを考えるチャンス。

    トピ主さんが言うように、現状のままで本当に辛くないし、
    私の何が悪いのよと本気で信じているのなら、
    自分を何一つ変えずにそのまま突き進めばいいと思う。
    それが信念ってものだし、生き方とも言える。

    しかし、こうして生きてきて生きづらかったり、
    彼が大好きなのに成就しない恋となって、
    その原因を自分なりに追求したいのなら、
    やっぱり偏食問題は少しずつでもまともに考えたほうが良いかもね。

    今の主張通り「彼だけが悪い」で終わらせたいなら、
    それでも良いと思う。
    それで突き進むのも自由だから。
    自分の人生に対して責任さえ取れれば。

    ユーザーID:6388291894

  • 貴女がそのような態度をとるから、彼氏に嫌われたのですよ。

    物事の好き嫌いと食物の好き嫌いは別です。
    「食べることは生きること」
    食物は人の命に必要な源です。肉や魚、野菜や果実などの食物の中に人が生きるために必要な栄養を摂取して、心身ともに成長し、生きているのです。
    「…食べ物に限らず、好き嫌いなんて誰でもあることじゃないですか?」
    「…変なこだわりや好き嫌いはたくさんありますが、それを私は許してるんですよ」
    「…彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして、好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません」
    日本は食物に恵まれていますが、世界のどこかで食物がなくて、食べたくても食べられない人もいるのですよ。
    食べ物を大切に思わない人だから彼氏は貴女を軽蔑したのですよ。貴女の責任です。
    いろいろな男性がいますので、愚痴る暇があるのなら貴女のことを認めてくれる男性を探したほうがいいですよ。

    ユーザーID:0854490106

  • 約束が守れなかったから

    説得もなにも、約束を守れなかったのはトピ主さんだから別れるのが筋ですよ。

    食は大切なことです、毎日の食の好みがや習慣が合わないのは厳しい。自分が嫌いな食材も家族のために料理してあげますか?味見できますか?
    なんとなくトピ主さんには無理な気がする。

    ユーザーID:1531244207

  • まぁ条件を反故にした訳だしね。

    直すって条件で付き合ったのに、
    直してないんだらか当たり前では?

    彼からしたら、なぜ逆ギレされなくてはならないのか。
    全くもって意味不明です。

    最初から条件なしで付き合ってくれる人にしておけば良いじゃないですか。
    自分で選んだ挙句にできなかったので、
    責任を彼になすりつけようとしてる。

    偏食よりそっちの方が大問題だと思います。
    自己弁護と自分の間違いの正当化が大好きなんですね。
    これで人に好きになってもらおうというのは、傲慢では?

    都合の良いように解釈するのは自由ですけど、
    周りに言えば反感を買います。
    このトピで学習したら良いですけど、
    しないなら相手にされない人生ですよ。

    人の人生に他人が絶対的に必要なことは無いんです。
    だから皆家族を作る時は信用できる人と作ります。
    直さないと誰からも必要とされません。

    皆んな暇じゃないですから。
    彼の貴重な時間を騙して付き合わせた事は、
    謝罪した方が良いですよ。
    言い訳したところでどうにもなりませんし、
    彼の中で最悪な女だった。で終わるのは避けるよう頑張ったらどうですか。

    ユーザーID:8072585597

  • 偏食はどうでもいいけど、「嫌なものは嫌」

    もう偏食は論じない。
    それはどうでもいい。
    彼に、トピ主の偏食を受容する義務などないのだから。
    嫌なものは嫌、でいいのだから。

    結婚は、数多の異性からたった一人しか選べないし、そうそうやり直しも利かない。
    だから、みんな「理想の相手」を探す。
    そこで「理想の条件」「受け入れられない条件」が出てくる。
    そこには偏見もある。

    背が高すぎるから嫌。
    丸顔だから嫌。
    血液型が…型だから嫌。
    …何でもあり。
    そこに「偏食だから嫌」があっても、何もおかしくない。

    ユーザーID:8388329342

  • 価値観の違い

    彼とは価値観が違うから仕方ないんじゃない?

    食べることを楽しみたい彼と、食べることに関心のないあなた。
    今後一緒に暮らしてもお互い楽しくないと思うし上手くいかないと
    思います。

    栄養補給はサプリでいいよ!!と言ってくれる人と出会えると良いですね。

    ユーザーID:0314558088

  • だから他人にも強要しないでねって話

    >好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。

    好き嫌いそのものではなく、自分の好き嫌いを認めることを要求するくせに他人の好き嫌いを認めようとしない態度が批判されているのです。
    ついでに言うなら、付き合い始めにした約束を破ったことにも悪びれないいい加減で、自分に甘く他人に厳しい人間性も批判の対象だと思います。

    好き嫌いだけについていえば、お父様のように好き嫌いを受け入れてくれる人を探せばいいことですよ。
    彼に自分を受け入れることを強要しなければいいだけで。

    がんばってね。

    ユーザーID:9001218823

  • アレルギー 

    アレルギーしってますか??
    私卵アレルギーです。赤ちゃんの時母が離乳食にとタマゴ粥食べさせたら全身痒くなって無茶苦茶引っ掻きまくって、目もかなり腫れて挙句に鼻血出したそうです。病院に連れてったら卵アレルギーの診断。アナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、卵は一切取らない断食療法を勧められたそうです。年齢が上がれば過敏に反応する可能性が低くなるので、その時に少しずつ摂取していきましょうとのこと。なので給食は一切卵なし。ケーキもオムライスも目玉焼きもだめ。ツナギで卵使う料理も(コロッケとか)母が卵なしのを作ってくれてました。

    大人になった今はマヨネーズとか卵料理何でも食べられます。でも3日以上連続して食べると湿疹出るので(体調悪い時は鼻血もセット)卵今でもあまり好きじゃないです。好きじゃないからあんまり食べないし冷蔵庫にも実際卵ないとき多いです。予防接種のワクチンって卵蛋白が混入してるので、もうだいぶと受けてないです。風邪ひかないように気をつけたり、卵連続で食べないよう考えてます。自分の体のサイン見落とさないように向き合ってるのわかってもらえますか?

    でもね、これあなたの偏食とは別でしょ?あなたは食べれるのにあえて食べない道を自分の意思で選んでる。いつでも変えようと思えば変えられた。元彼はそれを期待してたし、実際交際条件にも入れた。もちろんすぐには治らないだろうと覚悟しての1年でしょ?でも偏食のまま。めちゃくちゃ解りやすい別れじゃない?

    実際問題さ、元彼と一緒にデートで外食する機会あったでしょ?何食べるの?行けるレストランなんてあるの?むしろ貴女に1年間付き合った元彼かなり心広いと思うよ。

    ユーザーID:1582721107

  • なぜ、結婚だとNGだったか

    まず、アレルギーと好き嫌いは違います。アレルギーは命にかかわりますからね。
    呼吸が苦しくなって、死んじゃうんです。全身蕁麻疹が出て、あるいは脱水症状を起こすほど急激な下痢や嘔吐で苦しむんです。
    あなたが苦手なものの中にも、あるいは、あなたにとってアレルゲンになるものがあるかもしれませんが、単なる好き嫌いなのか一度調べてもらったらいいんじゃないですか?
    アレルギー科に行って、あなたが食べた後で吐いたときに食べたものを告げれば、数種類は一度に検査できます。

    それと、結婚して、子供(あなた)は元気に育っているかもしれませんが、彼は偏食の連鎖が起こるような食卓は、望んでいないのですよ。

    例えば、私の友人はネギが嫌いでした。でも、ネギの入っていないラーメンは物足らない。風味は好きなんですね。で、自分の嫌いな食材であっても、家族のためにそれらを調理することは厭いませんでした。たとえ自分が嫌いであってもね。
    逆にアレルギーだと、触れるだけでダメ、というほど重症の場合もあります。その場合は、調理もできませんし、おそらく洗浄が甘いと症状が出るので調理器具も分けなければいけない。

    あなたは、幼児期・学童期の遠足のお弁当とか、給食とか、どうしていたのですか?
    数種類の野菜と白身魚で、毎日同じような食卓でしたか?あなたのお母さんはわかりますが、お父さんは?

    ユーザーID:3145315200

  • どんな答えを求めてるの?

    あなたは偏食。治そうとしたけれどダメだった。
    彼は食べることが好きなんでしょうね。いろんな料理を楽しみたい人。

    良い悪いの観点からではなく、合うか合わないかという話しです。
    あなたが偏食である以上、結婚したら食卓に並ぶものは限られた食材。
    自分が食べたくないものを料理するのは、あなたも苦痛だと思います。
    結果、結婚したら、バラエティに富んだ食材を美味しくいただく日常は無い。
    彼には、それが苦痛だし、生まれてくるかもしれない子どもにも、あなたのお母様がしたように
    限られたものしか与えないことで偏食が連鎖する。たかが、偏食とあなたは思うのでしょう。
    でも、食を大切に考えて、バランスよく色々食べることが幸せだと思う人もいるのです。

    食に対する考え方が違うのです。足りない栄養素はサプリメントで補えばいいんだ・・という
    あなたの考えに共感できないから結婚しないという結論が出た。

    彼の人生は、彼が決めます。あなたと家族になれないという結論は受け入れるしか無いでしょ。
    あなたの食生活を受け入れる人との出会いを探しましょう。彼は、あなたの偏食に付き合わされたくない。
    まっぴらだと。彼の描く家庭像とあなたの家庭像は、違いすぎたのですよ。

    ユーザーID:1275030501

  • 次いこう!

    トピ主さんの投稿とレスのみ読みました。

    食事って毎日三回、毎日毎日のことだから感覚が違う者どうし結婚するとお互いに辛くなりそうです。

    結婚相手を選ぶ時、嫌な物や許せないものが共通してるかに目をむけてください。

    あっさり次行こう!

    ユーザーID:5792140040

  • 相性が悪いだけ

    彼氏さんは、自分の食べたいものが食卓に出ない事が嫌なだけ。

    貴女と同じ食生活をしてる彼氏を見つけてください。
    今の彼氏さんとは合いません。
    それを我侭とか言いません。

    ユーザーID:3660144952

  • 食はね

    本当に大事。
    アレルギーと、食べようとしても嘔吐してしまうことはやはり同列には考えられないかなぁと思います。
    アレルギーって一歩間違えると死にいたることもあります。
    それくらいの知識ありますよね?
    食べようとしても食べられないのも確かに可哀想ではありますけどね。
    うちの子もどうしてもダメだと吐いちゃいますからね。
    なので、なんとなくはわかります。

    結局、小さい頃から偏食で育てられて、負の連鎖が繰り返されてしまってるのはやはり結婚する上では憂慮するんでしょう。
    まぁからも独特のこだわりもあるようですが、偏食には比べようがありません。
    それぐらい重いことと考えてください。

    それと、やはりトピ主さんにそこまでの魅力がないんですね。
    彼自身、自分のこだわりが強いことに自覚がないことも考えられそうなので、余計にトピ主さんの偏食はダメなんでしょう。
    それでも、偏食が世間ではトピ主さんがどう思おうと、これだけマイナスの評価があるということは認めないとね。

    そういう意味ではお別れして正解かもしれません。
    こだわりの強い人でその自覚もなく、他人に強要してしまうタイプは結婚には向きません。
    そういう意味ではお互い様ですね。

    トピ主さんの偏食を認めてくれるステキなパートナーが見つかるといいですね。
    食に興味のない人もいますからね。

    ユーザーID:7004303453

  • 物事には許容範囲がある

    トピ主さんの食べられない物の多くは食べ慣れていない「食べず嫌い」でしょう。
    母親が自分の嫌いな物を料理しない食卓にのせないのは聞きます。
    トピ主宅は極端過ぎて異常なのですよ。
    結婚すれば食事のことは毎日直面することで、あまりにかけ離れていては苦痛になる人は多いでしょう。
    トピ主さんは実父のように、偏食を容認してくれる人を探せばいいでしょう。
    価値観が合わないから結婚は無理と言った彼を非難するのは間違っています。

    ユーザーID:6733859471

  • 彼が狭いとかそういう問題じゃない

    偏食でもあなたの母は父から選ばれた。
    でもあなたはそうじゃない、彼もそうしない。

    偏食でも、それを超越する魅力があれば彼は躊躇しなかったでしょう。
    偏食含め、あなたという女性と1年交際して出た結果です。

    >別れたがっている彼に説得と称して無理やり結婚を迫ろうとする、その姿勢が受け入れ難いのです

    そのとおり、説得してまで結婚はするものじゃないですよ。

    あなたの文章を読んでいて感じたことですが、考え方も偏っていると感じました。
    彼の好き嫌いのくだりでは、理論破たんしていますよ。
    彼のこだわりを許すことと、超偏食をいっしょくたにすること自体不思議です。

    ユーザーID:0843062531

  • 食が合わないって無理なのよ

    だから彼も一度はお断りしたのよ。
    主さんが変わるって言うから信じて付き合ったけど、変われなかったしこれ以上無理強いもすまい、と別れを切り出したのです。

    彼はもう主さんに期待してないし、変わることも強要しません。
    だから、主さんも彼に自分の価値観を押し付けるのは止めましょう。
    お互い無理したって、続きませんから。幸せにはなれませんから。

    食は生活の基本。主さんも彼も、譲れないし、変わる気もない。
    誰に何を説得するのか?
    もう、別れるしかないんですよ。

    主さんの食生活がどうとかは、コメントしません。私には関係ないので。
    でも、言ってしまえば、私でもお断りするとは思いますね。受け入れてくれる人を探すしかないんじゃないですか。彼にはその気はないのがハッキリしたので。

    ユーザーID:7712411871

  • アドバイスはありません

    まあ、トピ主さんもかわいそうだと思います。
    育ってきた環境が、そうなのでは…

    でも、これだけたくさんのレスをもらって、偏食が酷いのは普通ではないことと、偏食を補うのがサプリでは良くない事が、いい加減に理解できたでしょう?

    自分の家庭が普通ではないんだと、目を覚ました方が良いですよ。

    それに、ご飯と牛乳が毎日は良いとしても、ケーキが毎日なんて…食生活が悪すぎます。

    約束を破った以上、その彼とはもう無理でしょう。でも、この先の事を考えて、少しは食生活を変えていかないと、お相手を探すのは間違いなく困難ですよ。

    ユーザーID:4715787153

  • あと何十年後のあなたの健康が危うい

     彼と付き合う事で偏食が改善されれば良かったのに 

    せっかくのチャンスを逃したのですね。

    食べ物で性格も変わったり、病気も改善するって言われてるぐらい、

    食べ物って大切なんですよ。

    偏食を直そうとしないって まるで子ども。

    >その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています。栄養はサプリメントを活用しています。

    自ら病気になろうとしているのですか?!

    母親も偏食のままで元気だから 余計なお世話って思ってるの?

    偏食のひどい母親のDNAを引き継いでいるから、

    あなたは確実に 母親よりは丈夫な体ではない と思います。

    数年後、体に異変が生じるかも・・・。

    更年期が早い、いつもだるくてイライラしてる、集中力がない、キレやすい性格など。

    (まるで昔のアメリカ人の食事です。

    近年アメリカ人の癌が減ってきたのは 日本食を取り入れたり食生活を直したからです。)

    アレルギーのある子が間違えて食べて亡くなったニュース 知らないの?

     彼が蕎麦を食べられないのは 死に直結するからであって好き嫌いではないです。

     (彼もアレルギーがなければ蕎麦を食べていたでしょう。)
     
    結婚うんぬんの前に 自分の体の事を考えましょう。

    食べられるものが増えたら頑固な性格もなおるかも。
     

    ユーザーID:4973251591

  • 彼の心は狭くない。

    トピレス読みました。
    「彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして、好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。」
    と彼だけの価値観だと思っているようですが、皆さんにこれだけ批判されているのはみんな同じ価値観だと思いますよ。
    彼と別れてもまた、別の彼とも同じ問題で揉めてしまうと思います。
    結婚とは生活です。それ程、衣食住がとても大事です。
    食の価値観が合わないと結婚生活は上手くいきません。楽しくないのです。
    毎日、仕事から帰ってきて美味しい夕食を共に笑顔で食べることが生活をつないで行くのです。
    幸せを感じるのです。
    そして食は命も繋ぐもの、体を健康に保つ役割があります。
    あなたはお母様から栄養はサプリメントで補えば良いとしつけられて来ました。
    これは一般的ではないしとても不健康な価値観だと思います。
    今から偏食全てを治すのは難しいかもしれませんがある程度は治した方が良いです。
    貴方の人生の為に。

    ユーザーID:8950744491

  • レスします

    トピ主さんは誰かに説得されたら好きでもない男性と結婚出来るのですか?
    もし出来るのなら、なんと説得されたら結婚するのですか?

    そのような言葉があるのなら、同じ言葉を元彼にかけてみればいかがかしら。

    どんな言葉で説得されても結婚出来ないと言うのなら、
    あなたが元彼を、どんな言葉で説得しても無理でしょう。

    >確かに彼の言うこともわかるのですが
    と書いてあるけど、

    >ただ、彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした。

    なんでこの話の前あなたの家族の偏食の話が出て、「ただ…」に繋がるのでしょう?
    彼にとって結婚するのはあなたで、家族は関係ないよねえ?

    そもそも彼は「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」と言っています。
    別に偏食が原因で結婚出来ないとは言ってないですよ。
    だから偏食を直そうが「トピ主さんとの結婚が無理」なのです。

    ユーザーID:6274576118

  • 私も偏食

    私も偏食ですが、トピ主さんが食事だけじゃなく考え方自体が極端すぎてびっくりです。

    食事の話ではなく、一般的なものと置き換えてみてください。
    好きなものを楽しめず、嫌いなことが続く日々。
    それが結婚を通して一生続くのであれば、価値観の相違として相手のことが好きでも成立しません。理解できないなら社会を知らず子供ってことです。

    食事、子どもの教育、お金、この3つの価値観の相違は、お互いが好きでも結婚へ至らない、生活が困難になる定番です。

    トピ主さん、食事だけじゃなく、価値観の押しつけも、偏っています。普通の人は、若さでトピ主と付き合えても、結局のところ最後は受け入れられないと思います。普通の感覚じゃない人で、似た価値観の人を探すべきです。

    ユーザーID:3637091961

  • 彼のことは諦めてください

    別に貴女の偏食自体は悪いことではないと思います。
    ただ、それを誰かに強いるのは悪いことだと思います。

    彼が貴女の食生活に合わせるとすると、食事に著しく制限がかかるわけでしょ。
    そりゃ普通に何でも食べられる人からすれば苦痛ですよ。
    逆に貴女が彼の食生活のスタイルに合わせるとすると、貴女は食べられないものを無理に食べないといけなくなる。
    これもまた苦痛ですよね。

    つまり、貴女と彼の結婚は、人間の生活の中でも特に重要な「食生活」に苦痛しか生まないんですよ。
    少なくとも彼には貴女の偏食に合わせる意思はないし、かといって偏食に合わせさせようと強制する権利は誰にもありません。

    つまり、貴女は彼のことを諦め、貴女の偏食を受け入れてくれる新しい男性を探すしかないんです。

    ユーザーID:8123087851

  • 好き嫌いが批難のメインでは無い

    多くの皆さんが主の事を非難しているけど、主の好き嫌い、偏食を責めて
    いる訳では無い。

     偏食を直すことを約束して付き合い始めた

    のに、断られた事を蔑ろにし、自分の偏食を正当化している。

    彼は「偏食の女性」とは付き合えないとはっきり言っているのに、直すと
    (結果的に)嘘を付いて、その上別れを切り出した彼を批難する好ましくない
    性格と問題をすり替えている強かさが、レスをくれた皆さんが不快だと思い
    主を非難している訳なので、主はまず自分に都合の良い思考回路と約束を
    守らない傲慢さを直した方がよろしいかと。

    まあ、誰にも好き嫌いは有ると理解しているようなので(元)彼の好き嫌いも
    認めて、彼とは関わらない様に。

    でも、正直面倒臭い思考回路の人だなぁ・・・・主は。

    このトピを見て、主に賛同し主の事を好きなってくれる男性がいるだろうか?
    失礼な発言だとは思うけどね。

    でも、人には好き嫌いが有るからわからんね。

    ユーザーID:0166952445

  • 男女 逆の場合

    おつきあいしている彼が好き嫌いが多いです。正直困ります。
    レストランに入って食べれるものを食べるからいいよと言われても 彼の好きなものがある店を選びます、自分が食べたいものがなくても。
    毎回同じようなものを食べます。彼はそれでいいようです。私はいろいろ食べたいけど。
    結婚したら何を作ったらいいんでしょう。悩みどころです、お母様は毎日何をこの人に食べさせているのか気になって仕方ありません。
    食に興味がないようです。
    ↑そんな人もいるので、見つけてください。

    残念ながら この彼氏はたぶん私と結婚しますが、他にもいると思います。

    人を変えることはできないので、自分が変わるしかないですよね。
    あなたが食べられなくても 作ってあげられますか?

    友人の奥様はお肉が食べられないそうです。なので、「お肉料理は最悪だよ」と言います。でも惚れた弱みなのでしょう、お肉はお店で食べるもの!だそうです。
    あとは 彼があなたにどれだけ惚れてくれるか! 

    あなた次第ですよ

    ユーザーID:2423936221

  • 好き嫌いが多いから振られたのではなく

    約束を守らなかったから、克服しようとする努力が見られなかったから愛想をつかされたんですよ。

    二言目には「だって〜」っていつも言っていたんでしょうね。

    >紺の服は嫌だとか、スリムなズボンは嫌だとか、スーツはシングルがいいとか、私物はなるべく赤がはいってるのものを選ぶとか、フライパンは鉄に限るとか、包丁は砥石で研ぐものとか

    これは次元の違う話です。

    アレルギーは命に関わるものです。彼は間違ってもトピ主さんと結婚しないでよかったです。そば粉の入ったものでも平気でだしそうだものね。

    ユーザーID:1115421135

  • 偏食だけなら批判しないが

    別れたがっている彼に説得と称して無理やり結婚を迫ろうとする、その姿勢が受け入れ難いのです。

    「偏食を批判するな」じゃなく「私の偏食を嫌がる気持ちがわからない。嫌がらずに私を妻にするべき」でしょ、トピ主さんの元々の論旨は。

    彼にだって結婚相手を選ぶ権利があるんです。
    無理強いはいけませんよ、トピ主さん。

    ユーザーID:1685733846

  • 相手に「がまんさせる」関係は続かない。

    トピ主さんの願いは彼にトピ主さんの偏食を「トピ主さんのために彼が一生がまんし続けてほしい」なのです。

    そういう関係は不幸でしかなく、長く続くわけがありません。

    ご両親がうまくいってるのは、お父さんが偏食にがまんし続けることになってもお母さんと一緒にいたかった、または、元々食べることに関心が薄く食事は栄養補給でしかないと考えている人だったから、なのでしょう。

    彼はそのどちらでもなく、きつい言い方になりますが、がまんし続けるほどトピ主のことを好きになれず、毎日の食事は生きるための活力・楽しみと感じる人だった。

    美味しいごはんを妻や子どもと楽しみながら生活するのが、彼の希望なのでしょう。

    お二人は生き方が合わない「ご縁がなかった」人たちなのです。

    極端な偏食を治せないなら、お父さんのような人と出会うしかないと思います。

    ユーザーID:0426562119

  • あなたに分かる日はやってこない

    アレルギーと好き嫌いの違いが分からない人には、彼の気持ちはわからない。
    そして、彼の気持ちも戻らない。(もともとなかったともいうのか・・・?)

    ユーザーID:8040802158

  • 好き嫌い

    誰にでも好き嫌い、こだわり等ありますよ。
    それが共通してる所と違う所が、誰とでもあります。

    好き嫌いやこだわりがあるのは自然な事だし、
    それを誰も誰にもとがめる事も、とがめられる事も無いと思います。

    なら、お付き合いしていたい異性に限らず、友人、知人とどうしたらお付き合いしていけると思いますか?

    自分の意見や考えも相手の意見や考えも、お互いに大切にする事だと思います。
    我慢するとか、譲るばかりでは無く。

    歩み寄る様に、彼と一緒にいたいなら何か自分が出来る事はしましたか?
    料理なら彼も満足する物と、自分の食べられる物を作るとか。

    食べられない物を食べる必要は無いと思います。
    でも開き直って何もしないとか、外食でも彼の行きたい店に行けない時に、「いつもごめんね。ありがとう」とか、思いやりの言葉も無いとかでは無いですか?

    私なら好き嫌いで2人の行動に制限がある事より、思いやりの無い行動で嫌になると思います。

    私にも好き嫌いはあるし、こだわりもあります。
    だから、トピ主さんの気持ちわかります。
    嫌な物は嫌だし、こだわりたい所はこだわりたい。

    でも、自分の好き嫌い、こだわりが関わる人との関係に及ぶなら、一緒にいたい人達との関係に影響があるなら、譲れる範囲は譲ったり、感謝の気持ちは言葉にします。
    思いやりの行動や言葉にします。

    私も許されてるから、他人の好き嫌い、こだわりも許しますよ。 だけど我慢はしません。
    相手にも我慢はさせたく無いです。
    自分の好きな人達に、自分の好き嫌い、こだわりで我慢させたく無いです。

    許すのは、我慢とは違います。許すは、それでも良い。という事。

    好き嫌いがある、こだわりがある。のは誰でも一緒。
    だから開き直っていたら、ただのワガママだし思いやりも無いと思います。
    開き直ってませんか?

    ユーザーID:4126656609

  • 結婚は「生活」だからです

    無理ですよ。
    あなたと結婚なんかしたら暗い未来しか浮かばなかったというだけではないでしょうか。
    服の趣味はその人自身のものですが、偏食はその家庭そのものに影響します。

    結婚してその食生活を彼に強いるのですか?
    それとも別々のものを作って食べる?
    家族は増えても偏食のまま?

    どれも彼が思い描く形ではないというだけです。
    同じものを食べておいしいねと言える事ってとても大事だと思いますよ。
    でも世の中にはあなたのお父さんのように食にこだわらない人もいると思いますので、そういう人とお付き合いされたらいいと思います。彼の事は解放してあげてください。

    ユーザーID:7508216751

  • レス読んでわかる

    好き嫌いを肯定する奴って
    問題をすり替えて自分を肯定するのね。
    フライパンにこだわることと好き嫌いを並べることに驚きを禁じ得ない。

    ましてや蕎麦アレルギーと
    自分が嫌いな食べ物で吐くことを同列に扱うなんてもっての他。
    かたや命に関わること
    かたやただのワガママだ。

    食べ物の好き嫌いだったらまだ救いようがあった。
    好き嫌いを論点をずらしてまで肯定しようとする
    その見苦しさがトピ主の品位を下げていることに気付かなければ
    未来はない。

    ユーザーID:6365201623

  • 彼目線のレスが多いので

    トピ主さん視点での出来事を書いてみます。

    ・彼に交際をもとめたものの、偏食を理由に断られる
    ・偏食を改めるのを条件になんとか交際
    ・1年付き合い、偏食のまま
    ・お互いに結婚を考える
    ・別れを告げられる
    ・偏食を理由に結婚を躊躇するのは分からない
    ・彼のこだわりを私は許している
    ・好き嫌いは悪い事ですか?
    ・彼の心が狭くて振られるのは仕方ない

    突っ込みどころ満載なので皆さん突っ込んでおられますね。
    では私も…

    お互いに結婚を考える会話が…
    結婚を考えてたのはトピ主さんだけ。
    彼は別れを考えていたのでしょう。

    彼のこだわりを許しているって…
    許して欲しいのはその人と関係を続けたい人が言うセリフ。
    そもそも彼は許して欲しいとは思っていないでしょう。
    あなたと別れたがっているのだし。

    好き嫌いが悪い事だ!なんて言ってますか?
    彼は最初からイヤだって言っているのに、あなたが改めなかったのでしょ?
    で、好き嫌いは誰でもあるとか、仕方ないとか言われても理由になっていない。
    会話が成り立っていない、論点をずらしてごまかして自分を正当化している。

    振られるのは彼の心が狭いから…
    自分の行動には非がないと?
    彼に責任転換ですか?

    許しが必要な、偏食を認めない、心が狭い彼氏となんて別れればいいのに。
    なんで執着するのか不思議。

    本当は欲しくて欲しくてしょうがない。
    でも手に入らないと分かると、悪口。
    酸っぱいブドウ理論。
    その上、悪いのは相手、自分は悪くない。

    相手が自分の思い通りにならない時に
    ごまかして、論点をすり替えて、
    自分の気持ちを偽って、相手のせいにするのですか?

    これほどお互いの考えがすれ違っているのも珍しい…
    ほとんど一方的に絡まれてるような彼が気の毒。

    ユーザーID:6274576118

  • ほ〜

    私がフラれるのは彼の心が狭いからだ、と?
    その心の狭い彼にすがろうとしているのは誰でしょう。
    自分から振れば良いじゃん。

    まあ、トピ主さんの事をそれほど好きじゃなかったというのと
    心が狭いというのは全然違うと思うんですけどね!

    ユーザーID:2357756864

  • わたしも嫌だ

    わたしは食事に重きを置いている人間ですので、食にかんする感覚が違う人とは深く付き合えません。

    ベジタリアンの友達もいます。
    オーガニックしか買わないという友達もいます。

    でもそれは友達であって数ヶ月に1度の付き合いだから、付き合えます。

    結婚生活となると、衣食住に対する考えが根本的に異なっていては、無理です。

    子供ができたら、子育てにおける食事をどうするんだろうと、不安になります。

    百歩譲って、肉を食べなくても魚や大豆からタンパク質は摂取できますが、
    野菜も果物も数種類ずつなんて、どうかしてます。

    季節ごとにことなる野菜や果物をエンジョイするのが、人生の楽しみだと思っていますので、
    あなたとは価値観がまったくあいません。

    料亭や旅館にいっても食べられないものばかりですよね、
    そういうちょっとした贅沢も、一緒に心から満足して味わうことができないですよね。

    逆に、日本人家庭だったら、牛乳なんて別に飲まなくても生きていけます。
    毎日ケーキなんて、これからどんな体になるんでしょう?
    考えただけでも気持ち悪いです。

    サプリメントで栄養がまかなえると勘違いしていることも異常です。
    サプリメントはあくまで補助であって、食事から栄養を摂取すべきはいうまでもありません。

    ここまで外れた人では、付き合いきれません。ましてや結婚は無理ですね。

    ちなみにわたしは45歳兼業主婦です。

    ユーザーID:9032593613

  • 説得すべきは彼、でしょ?

    >フライパンは鉄に限るとか、包丁は砥石で研ぐものとか、変なこだわりや好き嫌いはたくさんありますが、それを私は許してるんですよ。

    それをそのまま彼に伝えれば良いじゃん。
    ここでトピ主さんを批判する方は、トピ主さんの彼ではないでしょう。

    まあ実際、私も偏食の方と住むのは難しいかなあ。

    ユーザーID:8496192077

  • 彼が「結婚は無理」って言ってるんだから無理なんです

    トピ主さんの偏食がひどいことと、彼の色々なこだわり。
    それについてはお互い様ですし、是非を論じる必要はないと思います。

    問題なのは、彼が「結婚は無理」と言ったこと。
    理由は「トピ主さんの偏食」ともはっきり言っている。
    「私はあなたの変なこだわりや蕎麦を食べない件は許しているのに」
    などといくら主張しても、彼の心には刺さりません。

    トピ主さんの偏食ぶりを毎日毎日目の前で見せられるのだと想像した時に
    「あ〜、ムリムリムリ!」となったのでしょう。
    付き合うのはまあ良いとして、結婚となると話は別。
    そういう相手と無理やり結婚に持ち込もうとしても上手くいかないと思います。

    偏食の女性でもぜんぜん気にしない(もしくは気にならないほど
    トピ主さんを深く愛してくれる)男性も世の中にはいるでしょうから
    そういう人を探しましょう。

    ユーザーID:5892608996

  • あなたの親がダメだったね

    アレルギーは好きなものでも食べられないのです。
    正直私はあなたのようなタイプの人とはお友達のもなりたくない。

    せめて子供のころお母さんが、いろんなものを食べさせてくれてたら少しはましだったかな
    毒親はつらいですね。

    彼氏さんを解放してあげてください

    ユーザーID:1523754832

  • 清々しいほどの駄々っ子だな

    あのね、好き嫌いが多いから結婚できないんじゃないの。
    価値観が合わないから結婚できないの。

    彼は食に重きを置いているけど、あなたはそうではない。
    その差が埋め難いものだったから、別れを告げられただけ。

    あなただって絶対に譲れない条件ってあるでしょ?
    彼がニートで働く気が皆無だったら?
    人に迷惑ばかり掛けるくらい酒癖悪いのに、お酒やめる気が無かったら?

    「そもそもそんな人好きにならない」って言うかもしれないけど、
    彼にとってはその対象が『偏食』だった。
    だから一度は断ったんじゃない。

    それを「治すから!」とゴリ押し。
    でも結果的に治せなかったし、「それでもいい」と思わせる存在にもなれなかった。
    これが全てです。

    ま、偏食は大きな理由のひとつではあるけど、決定打はトピ主さんの性格だと思いますけどね。

    彼の要望には応えず、このままの自分を受け入れろと言う自己中心的な性格。
    筋を通さず論点をすり替え、さも自分が正論を言っているかのように押付ける、
    頭の悪さと傲慢さ。
    偏食とアレルギーを同列に考える無知さ。
    挙句、彼氏をディスる幼稚さ。

    よく好きな人をこうも悪く言えますね。
    本当に彼のことが好きなんですか?

    ユーザーID:5025945298

  • あなたが悪い

    偏食は直すが交際のルールだったので守らないトピ主さんが悪い。
    私も偏食とよく言われますが、あなたほどじゃない・・・。
    私が食べられないのはすっぱいもの、レモンや梅干し、みかん、納豆、青い野菜、なす、トマト、あとはレバーとかうに、貝類はあさりやシジミ、ハマグリ以外はアウトです。
    偏食大魔王があだ名ですね。
    自分以上がいるとは思わなかった・・・。
    しかし私の場合は味覚鋭敏というか、そういう症状の一種らしいです。
    酸っぱいもの、すごい臭いがきついもの、青臭いもの、貝類一種独特な感じなどに鋭く反応するらしいです。
    親が医者に相談して分かり、無理に食べさせるのはやめようということになりました。という事情がありまして。食べると吐く、もどす。具合が悪くなるのは今も同じです。
    旦那にも伝えてますが「それは仕方ない」ってことでして。
    子たちにも好き嫌いじゃなくてとは言える。
    もしかしたらあなたも病気では?一度病院でみてもらったらどうかな?
    ただの好き嫌いならあなたが全面的に悪いと思う。

    ユーザーID:4702396743

  • トピ主さんの書いたものだけ読んで

    他の方のレスは読んでいません。

    批判はイヤだというので直球で。

    結婚は両者の合意がなければ成り立ちません。
    だから今のままではあなた方の結婚は「ない」。

    このシンプルな事実は日本においてはほとんど誰も反対しないでしょう。

    あなたの彼はあなたとは結婚したくないと言っているんですよ。

    偏食を直すためにあなたが努力した、でも無理。そういう過程は
    彼には関係ないんです。とにかく偏食が多すぎるパートナーと
    これから先の一生を共にする気が彼にはどうしても起きないと、
    そういうことです。

    あなただって「こういう人とは私は無理」ってのがあるでしょ?
    それと同じです。それが彼にとっては「偏食の多すぎる女性は
    自分は無理」なんです。

    ではどうしたらいいか?
    偏食を直すことができないのなら、あなたの偏食こみであなたを
    好き、結婚したいと言ってくれる男性を探して結婚すればいいのです。

    結論から言えば、私はあなたを批判、非難はしません。
    でもその彼のことは諦めるしかないね、ということです。

    あなたの偏食が仕方ないことなら、彼がそういう女性とは結婚したくないと
    思うのもまた仕方ないことでしょ?

    蕎麦がどうとかいうのは関係ないです。なぜか?
    それはあなたは彼の「蕎麦嫌い」を受け入れているから。

    意味がわからない? なら彼にこう言ってみてください。
    「私、あなたの蕎麦嫌いが直らないなら結婚したくない」って。

    言いたくない? なら彼の蕎麦の問題は結婚を妨げる問題ではない
    のです。そこがあなたの偏食と彼の蕎麦嫌いの大きな問題です。

    まあ仮に言ってみたら彼はまず間違いなく「それならやっぱり
    別れよう」と言うでしょうね。

    ユーザーID:4329218080

  • 偏食を理解してくれる人を探せば?

    >彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

    皆さんの大多数の意見と、彼の意見はほぼ一致しています。
    一方、トピ主さんの主張を理解できる方はいらっしゃらない。

    このことからも、トピ主さんの偏食を理解してもらい結婚する為の説得は
    不可能という事になります。

    彼と別れて偏食を理解してくれる人を探し続けるか、
    彼やここでの皆さんの意見を真摯に受け止めて、約束を反故にした事を誠心誠意謝り、
    偏食を直す努力をして彼をつなぎとめるか、
    どちらかの道しかありません。

    ただ、トピ主さんのレスを読む限りでは、自分は悪くないの一点張りなので、
    彼の事はキッパリ諦めて偏食を理解してくれる人を探すことをお勧めします。

    ユーザーID:7350464170

  • わかりやすくいうと

    皆さんがおっしゃるように
    今のあなたは結婚に向いていません
    生活の中の大きな柱である食の問題は
    これから一緒に暮らし同じものを食べる結婚の中で
    とても大きな問題だからです

    でもそれはあなたではなく
    あなたのお母様のせいであると断言できます
    あなたの食の趣向はあなたのお母様ゆずりなのですから。
    お母様が肉をはじめ多彩な食材でおいしい料理を作ってくださっていたら
    あなたの偏食は大きく改善されていたでしょう

    ほら、
    食の問題はこれくらい大切なんです
    一人の女性(とお相手の男性)の人生を狂わせるほどに
    大きな影響力を持つんです
    そして今のままのあなたが結婚して家庭を持つことは
    そうした不幸な子供を増やすことにもなるんですよ

    お母様がどれだけ素晴らしい面を持ってらっしゃるかは知りませんが
    少なくとも食に関しては良くない親でしたね
    妻に、そして母親になろうと思うのなら
    あなた自身の偏食を直すべきですけど
    最低でも嫌いな食材もバランスよく織り交ぜて
    おいしい食事を作ることだけでもできるようにならないといけないと思いますよ

    ユーザーID:1744474375

  • 私たちに怒ってもしょうがないよ。

    彼が、あなたとは結婚出来ないと言っているのですから。私たちが反対するも何もそれ以前の問題です。

    彼を説得するアドバイスを求めたのはトピ主さん。だから皆さんは、『あなたが好き嫌いをなくすしかない』と言っているのです。私たちに怒っても、それは本末転倒ですよ。

    そもそも、自分から彼に『偏食を直す』と約束したんですよね?このトピだってそうです。自分で立てた本質を思い出してレスしましょう。自分で宣言した約束を破ったんですよ?逆ギレはいけません。

    ユーザーID:7564812037

  • 批判されてるのはあなたの好き嫌いではなく

    その上からな態度じゃないですか?

    付き合うときは好き嫌いを治す前提で付き合ったのに開き直り
    自分の苦労が分からないとか
    彼の器が小さいとか

    自分の事を棚にあげすぎだから批判されてるんだと思いますよ。

    自分は偏食でも料理はいろんなものが作れる(自分がダメな食材も取り扱える)ならまだ話し合いの余地はありそうですがなんだかそれもしなさそうですね。

    結婚とお付き合いは違います。デートの度に制限された食材での食事は出来ても毎日は辛い。
    だから結婚できないならトピ主がどこか治そうとしない限りは無理だと思いますよ。

    ユーザーID:3621016571

  • 結婚って単調な生活なのですよ

    だからこそ、その生活をより自分の理想に近いものとして送れるような
    相手を伴侶に迎えようと考えることが良いのだと思いますよ。
    それゆえに価値観といったものも勿論ですが、衣食住への考え方は
    ある程度、同じ人でないと、お互いが苦労すると思います。

    貴方のような極端な偏食の持ち主と結婚すれば、そりゃ食生活はまともには
    送れない訳ですし、子供が生まれれば、その子供の成長にも悪影響を
    及ぼしそうと考える人は多いと思います。

    要するに貴方との結婚はリスクが高過ぎるということなのですし、キチンと
    した食生活を送れるように育ててくれなかったお母様を恨んだ方が良いと
    思いますよ。

    結婚は愛情だけでは出来ません。
    貴方と結婚することで、偏食のリスクを大きく超えるだけのメリットが
    あれば、彼も考えを改めてくれるかも知れませんが、貴方と結婚することで
    どんなメリットが彼にはあるのでしょうか?
    それを彼にプレゼンするしか手立てはないと思いますが・・・

    ユーザーID:7075531131

  • 縁がなかった

    彼氏さんにとって
    「食」>「あなたの長所」
    だったのですよ。

    これから
    「食」<「あなたの長所」
    となるような人を探しましょう。

    でもアレルギーと偏食はあくまで別よ。
    そこはちゃんと理解してね。

    ユーザーID:5479714301

  • 好き嫌いは関係ない。価値観が違うから結婚できない。

    彼は恐らく、できない約束をして平気で破る人との結婚が無理なんです。
    そもそも彼はトピ主さんのこと好きじゃないのに条件出して仕方なく付き合ってあげようと思ってくれたんですよ。約束を破って人を裏切るトピ主さんの方が心狭いような…
    彼の心境は「お金貸して。後で返す。」「今散らかってるけど後で片付ける。」これを毎回全然やらない人にイラッと来るのと一緒です。
    トピ主さんは彼の心が狭いと言ってイラッとしてるようなので、これで目出度くお別れできますね。次に行きましょう!
    新しい彼は偏食家がいいですね。文句言われないですからトピ主さんのストレスも溜まらない!

    しかしトピ主さん、30にもなってアレルギーと死の関係性を知らないなんて恐ろしいです。
    例えば赤ちゃんにジャムや蜂蜜を食べさせたらボツリヌス菌のアナフィラキシーショックで死んじゃうことがあるんですよ。
    結婚を考えるような歳なら、いつか子どもができた時のために、ちゃんとアレルギーについて勉強して下さいね。
    蕎麦、小麦粉、ナッツアレルギーも死に至る危険性の高いアレルギーなので、偏食家とは違います。
    私が中学生の修学旅行で班長をした時、同じ班の子が「蕎麦アレルギーで、お店に近づくのも危険だから、班のルートを決める時は考えて欲しい」と言われました。蕎麦枕も呼吸困難になると保護者から申告があって、先生がホテルを決める時の参考にしてました。
    私は中学生でもこの流れを理解出来たので、トピ主さんも知識をつければ理解出来るはずです。もう言い訳しないで。

    極度の偏食家は精神病という事があるので、トピ主さんはご自身について検査してもらって、克服のヒントを見つけられたらいいですね。
    催眠療法というのがあるらしいですよ。脳にインプットされてしまった苦手意識や恐怖心を取り除けるそうです。

    ユーザーID:4281131992

  • 二度目です

    ここで、「みんなひどい!」ってキレて何か状況が改善しますか?

    「だってだって、彼だって洋服の好みが〜!」とか言って、彼が「そうだな。オレもワガママだった。」って言ってくれるんですか?

    そうじゃないですよね?

    彼が、「好き嫌いが多すぎるから結婚できない」って言っている以上はそこをどうにかするべきじゃないの?
    説得って言ったって、あなたが全く変わらない状態で、どう説得するの?

    アレルギー検査は受けたことがあるんですか?
    そこまで言うなら受けてみて、アレルギーがあればさすがに彼も「好き嫌い」とは言わないんじゃないですか?

    今のまま「あーだこーだ」言ってても何も変わらないと思うんですけどねえ?

    ユーザーID:1855424911

  • 無理なんだよ

    お互い様とあなたは言うけれど
    彼の結婚の条件がそう言う人ではダメなんでしょう。

    付き合う時だって偏食をなおす約束で始まったのが無理だったのだから
    結婚はあきらめましょう。
    彼が気の毒。
    レスであーだこーだ言ってますが 彼が嫌なんだものどうしようと無理。
    あなたも、努力しても無理なんでしょ?
    結婚しても不幸になると思います。
    すべて受け入れてくれる人を探しましょう。

    恨むならお母さんを恨みましょう

    ユーザーID:9538690781

  • でもね、実際

    私のパートナーもものすごく偏食があります。いまだに食べられないものが多いです。
    子供も小さい頃は好き嫌いが多かったです。しかし私自身が料理が好きで子供に色んなものを食べさせてきたので大人になった今はほとんどの物を食べる事は出来るようになりました。

    まぁ私もパートナーには偏食をなくして欲しかったですが、絶対条件ではありませんでした。
    結婚してから食べられるようになった物がいくつもありますしね。私も彼女も努力しましたよ。
    私のパートナーはトピ主さんほど価値観が狭くなかったし、多少の障害や困難を笑って過ごせるだけのユーモアと包容力がありましたので一緒になろうと決心しました。
    私個人のケースですからトピ主さんカップルに当てはまるとは思いませんが、偏食があっても結婚できないって事はないんですよ。
    ただその場合お互いの資質(性格・価値観)がうまく合致しないとできません。
    私のところは上手くいきました。

    トピ主さんたちの場合どちらも譲れない性格ですからどうやっても上手くいくとは思えませんよ。
    彼は「絶対に偏食NG」、トピ主さんは彼の価値観を認められない。これでどうやって上手く収まるのでしょうか?

    ここではトピ主さんが相談してきていますから、トピ主さんに出来る事を教えましょう。
    トピ主さんが頑張って偏食を克服する事です。
    彼を変えようったって変えられません。ですからトピ主さんが変わるしかないんですよ。
    彼の意見を受け入れて死ぬ気になって偏食を克服するだけです。それほど困難じゃないでしょ?
    他の人が普通に食べてるものです、アレルギーじゃなければ食べても体調崩す事はありません。
    そうやって彼の価値観を受け入れない限り、二人の関係はおしまいって事です。

    彼の服装や持ち物の価値観を受け入れてるんですから食の価値観を受け入れられないって事はないでしょ?頑張ってください。

    ユーザーID:1068958222

  • 偏食よりも約束を守れない不誠実さが無理

    多少の偏食は仕方ないとしてもトピ主のは限度を超えているし、直すと言いながら一年間も放置でしょ。
    彼にしたら断ったのにしつこく食い下がってくるから条件を付けて妥協したのに、トピ主はそれを反故にした。
    彼にしてみれば、最初にもっときっぱり断っておけばよかった…と後悔しているでしょうね。
    彼にとっても貴重な一年を無駄にさせたんですよ、トピ主は。

    何を言われても彼は偏食は受け入れられないんです。
    彼の将来の計画には、偏食の妻は存在していません。
    妻には栄養バランス良く何でも食べられる人、子供にも栄養バランスのいい食事を作ってくれる人を望んでいるんです。
    トピ主はその基準に満たなかっただけでです。
    結婚は互いの同意が合って始めて出来るものですから、彼がNOと言えばそれまでです。

    でも、世の中には偏食でも気にしない人もいるでしょうから、そう言う人を探せば?
    その方がお互いに平和で穏やかに暮らせますよ。

    ユーザーID:1629988961

  • 合わないもんは仕方ない

    トピ主は彼に次の様に言われたらどうするの?
    「俺と結婚したいなら、吐くほど嫌な物でも料理して食卓に上げる様にして」とか、「俺が作ったものは嫌いな物でも食べて」とか。
    一回や二回の話じゃなく、この先何十年と続けなきゃいけないって話だよ。
    それって、耐えられる?

    彼はね、嫌なんだよ。
    トピ主にそんな苦行を何十年も強いるのも、自分がトピ主の嫌いなものが食卓に一切上がらない食生活に耐え続けるのも。
    もしかしたら、蕎麦を食べるのもかな?
    だから、結婚出来ないって結論を出したの。

    狭量っちゃあ狭量なんだろうけど、食って生活の基盤だからね。
    そこが合わない、合わせられないっていうなら、生活を共にしていくのは難しいよ。
    結婚出来たとしも、長続きはしないだろうしね。
    彼の結論は正解だと思うよ。

    ここでご両親を引き合いに出しても駄目だよ。
    お父さんはお母さんの偏食を認め、お母さんの嫌いなものが一切食卓に上がらなくても構わないと思って結婚してるからね。
    付き合うのに偏食を直す事を約束させた彼とは、根本的に違うんだから。

    ユーザーID:8706211094

  • レス読みました

    皆様のご意見を何一つ理解していない
    彼のファッションのこだわりと偏食を一緒に考えるあたり、本当に思考能力が弱い方だというのはよく分かりました

    一度吐きそうになっただけで投げ出すとか、好き嫌いを減らす努力も全くしていない辺りからも自分にすごく甘い人だというのもよく分かりました。


    貴方がいくら持論を展開しようが彼や小町の皆様がNOと言ってるんだからもうゴチャゴチャ言わずに黙って去りましょう。


    そしてこれからも変わり者として

    何でもかんでも同列にして考えて。
    食べられる僅かなものだけ口にしながら生きたらいいじゃないですか。

    それで何の問題もなかったんでしょう?
    ならいいじゃない現状のままで。


    貴方が常軌を逸した人であることは大いに結構なんですよ?困るの貴方だけですから。
    でもつきまとうのは迷惑だから彼に執着するのはやめよう。

    大抵の人は貴方のようなぶっとんだ人とは関わりたくもないものなの。
    それだけは理解して納得してね。

    ユーザーID:4357218602

  • それが好き嫌いなんですね。

    トピ主さんのレス読みました。

    誰でもこだわりや好みは、ありますね。
    私も、好き嫌いの多い人は嫌いです。一緒に食事してても楽しくないから。
    生活を共にすると、必ず食事を共にします、楽しみで美味しく食べたい大切な食事が、毎回暗いものになるのは、人生つまらなすぎです。
    週一のデートでは我慢できても、一緒に暮らすのは無理でしょう。

    自分がどうしても受け入れられないもの、この場合食べ物の好き嫌いの多いトピ主さんと毎日一緒に暮らすことは、トピ主さんが食べられないで吐いてしまう物を毎回食べろと言われるに等しい事なんでしょう。

    とはいえ、重篤なアナフィラキシーショックを起こす可能性のある蕎麦アレルギーと、吐き出してしまうトピ主さんの好き嫌いとを同列にしてしまう、
    その理解力のなさも、嫌われる要因ではないですか?事の重大性を認識できない人って、色々危ないもの。

    ユーザーID:4718420570

  • 好き嫌いを容認せよと強要するから批判されるのです

    >そんなに悪いことですか?
    >食べ物に限らず、好き嫌いなんて誰でもあることじゃないですか。

    話をスリかえようとしてますよね!

    食べものだからこそ問題なのに、食べ物以外を含めての議論にするのはムリですよ。

    トピ主がどんな偏食であれ、相手が容認するならかまいません。
    相手が嫌だと思っているのですから、どうしようもないですよ。

    彼にとってトピ主は、トピ主が食べられない食べものと同じなのです。彼はトピ主と生活を共にはできないのです。

    諦めて、偏食を容認する人と交際しましょう。

    ちなみに、私の妻もかなりな偏食です。しかし、家族の食事は普通の家庭と同じものを作っています。自分が食べられないものでも、調理して提供するのです。食卓には、妻以外が食べられるものと、妻もたべられるものが出ているのです。
    トピ主さんはそういう努力を生涯続ける気がありますか?

    >あと、蕎麦はアレルギーだと許されるんですよね。

    許されますよ。蕎麦だけですからね。
    そして、蕎麦アレルギーはアナフィラキシーショックによって「死」に直結することが珍しくありません。好き嫌いの範疇を超えていますので。

    >彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして、

    トピとは全然違うじゃないですか!!

    >「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」

    それを

    >彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

    でしたよね。彼の心は狭いです。説得はムリ。おそらく大多数のオトコは心が狭いです。

    >これは母がそれしか食卓に出さなかったのでいつのまにかそうなっていました。

    とありますが、彼が恐れているのはコレです。
    トピ主と結婚したら、食い物がトピ主の偏食によって制約されるでしょう。それだけは避けたいのは誰しも当然です。

    ユーザーID:6152199839

  • 説得は無理

    > 彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします

    偏食を直す事を条件に付き合って貰えたのに、直せなかったんでしょ?
    守れなかったんだから、振られてもしょうがないよね。
    説得は無理です、別れを受け入れましょう。

    ユーザーID:4290145278

  • 原因と結果

    私だって許してるんだからあなたも許せ!という考え方は
    傲慢以外の何者でもありません。
    正直、本当に30歳という大人の女性なのか?という印象です。
    小学生が駄々をこね、屁理屈で対抗しているのと一緒ですよ?

    食べ物に限らず、と全てを勝手にひとくくりにしていますけど
    全然違いますよ?
    フライパンは鉄に限る、包丁は砥石で、と言っているという事は
    あなたには全く理解出来ないかも知れませんが、
    彼は食生活や栄養面に重きを置いている人と分かります。
    これが分からないという事は、あなたはそもそも料理そのものをしない人なんだと思います。
    する必要性がない食の好みですしね。

    アレルギーというのはアナフィラキシーショックにより
    命の危険を伴う症状が出る事を言うので
    「気持ち悪いから食べたくない」というのとは全く異なります。
    あなたのはただの精神的なものです。

    物事には「原因」と「結果」があり、
    彼を心が狭いと糾弾するのは勝手ですが
    世間はそう見ていないということは理解した方がいいと思います。
    あなたの世界観と一緒の人はかなり少数派ということです。
    納得出来なくてもそうなんですよ。それが現実です。

    仮に、彼と一緒に居たいからなんとか好き嫌いを克服したい
    …と考える人だったら今もっと違う未来だったと思います。
    周りの人の反応も今とは全く違ったものだったと思います。

    あなたは、好き嫌いの問題の前に、非常に傲慢で我儘これが一番問題です。

    ユーザーID:9684269765

  • 結婚

    トピ主と、結婚したくてしたくて、何でも許せる
    くらい好きじゃないんです。
    どんなに不安要素あっても、結婚したいくらい好き
    じゃないんです。
    付き合ってるなかで、偏食で食べたい物、美味しくた
    べられないなんて嫌だったのでしょう。
    こっちは美味しい美味しいって食べてるのに、嫌そうな
    顔されたり、、、。店選びから面倒です。
    そんな人でも、好きだから一緒に居たいって人もいます。
    彼にとっては、結婚したくない、ただの理由です。
    多分、偏食じゃなくても結婚したくないのでしょう。
    嫌と言ってるのに、説得なんて出来る訳ない。
    正直、このトピ主さんのレス見てると、人の意見の意味
    が分からない、彼氏の言っている事の意味が分からず、
    価値観が違うので結婚出来ないのでしょう。優しさが見
    えない、、、。

    ユーザーID:3983604154

  • でもそれはトピ主さんのせいだけではないよね…

    トピ主さんのような小姑がいます。

    夫は第二子なので、姑は食にわがままに育ってしまった小姑を見て危機感を持ち、今で言う食育を夫には人並みにしたみたいです。

    小姑に同情するように、トピ主さまにも同情します。

    小姑はとても苦労をしています。
    調理も当然苦手なので、今もご馳走=買ってきた惣菜です。

    自宅で出汁を取ることもしません。
    そもそも旨味もわかっていません。

    ですから、外で美味しいものを食べて感動して、それを自宅で作ってみる、なども出来ません。

    小姑が会食の席で選り好みをして、周囲から冷ややかな目で見られているのを涼しい顔で見ている姑にも疑問です。

    好き嫌いを容認して、小姑の欲しがるものだけ与えて躾を放棄していたのは姑なのになあ…と内心感じてしまいますよ。

    そしてその小姑の子も、焼き肉やステーキは好きでも繊細な味付の和食は食べませんね。美味しくないとほとんど残してます。
    その残骸は、招待した側の気持ちを萎えさせていますね。

    ユーザーID:1151589621

  • 別れた理由は偏食では無い

    偏食を批判されて御立腹のようですが
    偏食に対する考えは人それぞれです。
    トピ主様が偏食を一生貫くのを良しとするならば
    元彼がそれを受け容れないのもまた良しなのです。

    相容れない部分も含めて愛し、結婚生活を送っている夫婦は多く存在します。
    残念ですが元彼は、トピ主様に対してそこまでの気持ちは無かったのです。

    元彼はトピ主様を愛していないので、別離を選択した。
    理由は其れだけです。

    ユーザーID:2582180105

  • 価値観の違い

    結婚するにあたって誰しも相手に求める譲れない条件があると思います。
    彼には「偏食がないこと」がその条件であり、わざわざ交際前にその条件を提示していてくれていたけれども、あなたはそれをクリアできなかったので仕方がない結果だと思います。

    偏食がダメな理由は聞いてますか?
    想像するならば、彼もそれなりの食へのこだわりというか、食べることが好きな人なのでしょうね。
    自分もそうですが、そういう人ならば、好きな人と美味しいものを食べてその喜びを共有したいという気持ちは強いと思います。

    結婚してからの毎日の食事はどうするつもりなのでしょう?
    仮にあなたが専業主婦になって食事の準備をするとして、毎日あなたが嫌いなものもきちんと美味しく出せますか?
    そういうことまでは話し合っていないんだろうなと思いますが、食って毎日欠かせないことだから彼にとっては重要なことで、たまのデートの食事で嫌いなものを避けるのは許せても、毎日の結婚生活を想像して無理だなと感じたのかと思います。

    偏食のあなたにはおそらく理解できない価値観の違いみたいなものですから、彼も妥協ない部分だと思います。
    だからわざわざ交際前に偏食を治すことをあなたにお願いしているのです。

    食に関心がない男なんていくらでもいますから、そういう人を見つけて一緒になった方があなたにとっても幸せだと思います。

    ユーザーID:5015371867

  • どうした?

    >彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして、好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。

    彼氏さんの意見の方が、筋が通っていると思いますね。
    付き合う時も、条件を明確に出しているし。

    トピ主さんが条件を満たさないのに、付き合い続けるのは我儘だと思うし。
    結婚を考えるのは図々しいので、批判されているのです。

    親御さん、好き嫌いはさて置き、もうちょっと性格良く育てたら良かったね。
    娘さんは、客観性に乏しいので、愚痴り下手と言うか。
    保身が強くて、話をすり替えたり、逆切れが過ぎて攻撃的に見えるので、自分で「悪者キャラ」のレッテルを自分に貼るタイプです。
    客観性が有ると、もう少し上手く愚痴って慰めて貰えます。

    ネット掲示板では、偏食と小食の人はトンデモ自論を展開し「これだから偏食(小食の人は付き合い辛い・・」と言われがちです。

    勿論、偏食や小食でも、言われない人もいます。
    その違いは、親の躾けや育ちなんだろうなと思います。

    ユーザーID:1847805902

  • そうではない

    好き嫌いであなたを批判しているわけじゃない。
    そうではないです。ただあなたは合わない人間と結婚しようとして
    その相手にいろいろ強制しようとしているのです。
    彼のこだわりのなかに、フライパンは鉄に限るとか、包丁は砥石で研ぐ、
    というものがあるのですね。
    これは一般的ではないです。でも食に特にこだわる人なんだなというのがわかります。
    あなたは「食」に特にこだわる人をつかまえて、そのこだわりを捨てさせようと
    強制しているのです。
    彼の心が狭くて振られるのは最悪仕方ない、それだけです。
    今の彼はあなたとは絶望的に合わない。あなたはサプリだけで健康に生きている人となら
    きっと良い結婚ができると思います。
    食べ物の好き嫌いであなたを批判する人は恐らくあなたの将来を案じているのでしょうが
    私はそれは必要ないと思いますし、それを聞く必要もないと思いますよ。

    ユーザーID:4304027351

  • 条件にあった人を選びましょう

    説得…ハッキリ言って無理です。

    思考が幼いですよね。
    アレルギーと嫌いを同じにするあたり。
    蕎麦アレルギーは命に直結しますよ。
    味が好きでも接種するとアナフィラキーショックを起こして最悪死に至ります。
    吐くほど嫌いなものを摂取しても、辛いし嫌ですが死にはしません。

    別に好き嫌いが多いことに非難はしてません。
    私もトピ主さんと同じく嫌いなもの多い方です。
    私の夫はそれを受け入れてくれてます。

    トピ主さんもそういう人を探すべきです。
    元々結婚の条件があってないのだから、無理に結婚しても破綻しますよ。
    説得して結婚してもやはり最初の拘りは消えません。
    無理に嫌いなものをなくすなんて大人になってからなんてはっきり言って無理です。経験上。
    そもそも無理な約束(偏食をなおす)して約束破って開き直りは最悪です。貴女の思考が幼すぎですね。

    貴女も貴女にあった人を見つけた方がいいですよ。

    ユーザーID:4885290567

  • いっそ

    清清しいほどの論点のすり替え・・・というか天然なのかな?

    食べ物の好き嫌いの話をしているのだから
    「それ以外の好き嫌いがあなた達にもあるでしょ!?」
    というのはとおりませんて・・・
    そもそも「食べ物の好き嫌い」の話でアドバイスを求めたのはあなたでしょ?
    たぶんね、今回の話だけでなくてあなたのそういうところも彼にはダメなのでは。

    それとそばとアレルギーの件だけど。
    仮に彼がそばアレルギーだとして、の話だけど、あなたもその仮説に乗っかって
    話をしているからまあそのまま進めるけど、アレルギーであることと、あなたが
    主張する「これは私もアレルギーと言っても良いですよね!?」と言う話は
    全然同じじゃないです。

    嫌いなもの食べ吐くのなんてウチの保育園児だってしますんでね。

    ユーザーID:1774044722

  • トピ主さんに分かりやすく説明すると

    紺の服、スリムなズボン、スーツはシングル、以外は絶対に着ない。
    例え制服が紺であっても絶対に着ない。
    何らかの必要があっても着たら気持ちが悪くなるから絶対に着ません。
    もらったプレゼントでもが赤がはいっていないからいりません。
    砥石で研いだ包丁や鉄のフライパンで調理したもの意外は絶対に食べません。

    と彼が言い出すのなら彼のこだわりはトピ主さんの偏食と同レベルでしょうね。

    でも彼は自分のこだわりに沿っていなくても場合によっては受け入れる度量があるでしょ?
    トピ主さんにはないよね?
    嫌いな食べ物受け入れないものね?

    彼のこだわりとトピ主さんの好き嫌いは同レベルじゃないんですよ。

    トピ主さんの偏食は人並みを外れているのです。
    一般の人がトピ主さんに合わせるのは非常に負担なのです。

    自分の好き嫌いが一緒にいる人に負担を与えているのに
    悪いなとも感じず、非難される意味が解らないと
    自分の非を認められないその性格が多くの人からの批判を呼んでいるのです。

    好き嫌いが激しい人って性格に難がありな人多いですよね。
    自己中、わがままな性格だから好き嫌いを治そうとしないし、受け入れない周りがおかしいと開き直るんだものね。

    激しい偏食は性格の善し悪しを計るいいバロメーターかもしれないね。

    ユーザーID:2298271321

  • レスを読んで

    レスを読んで、別れの理由は偏食そのものだけでなく、一度は直すといったのに開き直っているその態度や、自分を正当化する態度が嫌になったのではと思いました。

    しかも蕎麦アレルギーを軽視しすぎ。
    あなたのそれはアレルギーではなく食べられないだけ。食べても気持ち悪くなり吐いたりするかもしれないけれど命に別状はない。一方、アレルギーは死に至ります。全然わかってないですよ、アレルギーのことを。

    >変なこだわりや好き嫌いはたくさんありますが、それを私は許してるんですよ。
    いや、あなたがあげた彼のこだわりのどれも、あなたに我慢を強いるものではないですよね。
    なんで同列で語るのか全く意味がわかりません。

    しかも「フライパンは鉄に限るとか、包丁は砥石で研ぐ」これがあるということは、彼は食事にこだわりがあることがわかる。そんな人にとって、食事に極端に興味がない偏食の相手と結婚するのはやっぱり無理でしょう。

    他の方が言っているように、あなたの母親が結婚できたように、あなたの偏食が気にならない人もいるでしょうから、次はそういう人と付き合えばいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:0979386589

  • 性格の問題では?

    貴方の偏食をきっかけに、自分の正当性をひたすら訴える、歩み寄りのなさが問題なんじゃないですか?

    とてもわがままで幼稚な感じがします。

    彼氏は貴方とは、穏やかな結婚生活をイメージできないんだと思います。一緒に苦楽を乗り越えていける、柔軟で賢い女性が好みでは?

    ユーザーID:6826323346

  • 無知にも程がある

    失礼ですが、30歳にもなって蕎麦アレルギーをご存じないんですか?
    命にかかわるんですよ。身体が受け付けないのと好き嫌いとは
    全く次元が違うんです。理解できますかね?
    感情に振り回されるだけではなく、少しは立ち止まって皆さんの意見に
    耳を傾けてみてはいかがですか?
    今のままのあなたでは結婚は無理です。

    ユーザーID:4803888034

  • しょうがないよ

    彼は、
    好き嫌いが多い家庭の食卓より、
    好き嫌いが少ない家庭の食卓を望んでいるんだよ。
    これは心が広い狭いじゃない。
    好みの問題、理想とする結婚生活の違いだ。
    それを偏食を認めないのは「心が狭い」と言うトピ主さんは、
    とても傲慢だ。

    世の中広いから、偏食三昧の食卓よりトピ主さんが好き!
    という男性がいると思う。

    ユーザーID:8408779073

  • 雑な性格って言われませんか?

    何でもかんでもぐちゃぐちゃにして考えていませんか?
    問題を整理してみましょう。

    好き嫌いの是非について。
    好き嫌いそのものはない方が良いけど、あっても許容範囲です。
    そこを責めている人は少ない。もしくは、いない。

    アレルギーと好き嫌いについて。
    同列に語るのは間違い。
    アレルギーはどうにも出来ないけど、好き嫌いは本人の意志の問題。
    治そうとして治せないのは意志が弱いと見なされます。
    トピ主が無理だという気持ちが、アレルギーでなくても精神的な医師の診断を受けるレベルなら理解されます。

    彼との約束について。
    ここが批判の的です。
    好き嫌いをなくすことを条件に付き合ったのだから、治せなければ当然にお別れ。
    そこを、彼がおかしいだの説得するだの言うから、ツッコミが入るんです。
    偏食で一度は断られた人なのに、偏食で結婚を躊躇する理由が分からない、というトピ主が、多くの人に理解不能なんですよ。
    彼の好みや拘りを許すも何も、最初から何も約束していないでしょう?

    要するに、トピ主が批判されているのは、好き嫌いじゃなくて考え方というか人柄なんです。
    今回のトピも、
    「偏食で彼と別れました。
    お付き合いの最初に約束したけど、治せませんでした。
    不甲斐ない自分が嫌になります」
    って書き方だったら、レスも優しかったと思いますよ。
    「偏食でも良いって言ってくれる人がいるよ!頑張れ」
    みたいな流れになったのでは?

    自分の努力不足(偏食も治せないし、他の魅力でカバーも出来ない)を棚に上げて、
    ワタシは悪くない!彼が悪い!って考えだからお灸を据えられるんです。
    実生活では注意してね。

    ユーザーID:6259232309

  • あなたもアレルギーかもしれない

    吐いたりするならそうかも。
    だからますます彼とは結婚しない方がいい

    ちなみに親は大丈夫でも子はダメという事は多々あるので
    「親と同じ物を食べてりゃ困らない」とは思わない方がいい

    「許してやってる」と思うほどの変なこだわりや好き嫌いなら、そもそも相性も良くない
    服の好みとか調理器具とか毎日目にするものが我慢ポイントなら、結婚したっていつか破綻するでしょ

    許すも許さないも既に別れちゃってんだから、早く次探した方がいいよ
    いい男性はどんどん結婚していくし、あなたも30代になっちゃってるからね

    ユーザーID:5155510795

  • レスします。

    >好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。

    批判ではないでしょ。
    皆さんはトピ主のその偏食ぶりでは彼が結婚を躊躇うのも当然だし、トピ主がその偏食を改善出来ないのと同じく彼を変える事は出来ないと言っているだけ。
    事実を事実として認めなさいと言っているレスを批判と受け取る限り、自分こそが被害者だから言い分は認められるべきだという思考から抜けられない。

    トピ主父の様な男性と結婚すれば問題ないのだから、彼とは縁がなかったと諦めよう。
    その方がずっと幸せになれると思うよ。

    ユーザーID:9688955900

  • そうですね

    トピ主の言いたいことは分かります。
    要は「好き嫌いが多いことは悪くない」、つまり「自分は悪くない」っていうことが言いたいんですよね?

    だったら彼の意見も尊重してあげましょうよ。
    彼は偏食のトピ主が「好きじゃない」から別れるだけじゃないですか。
    好き嫌いがあることは悪くないんですよね?
    だったら彼も悪くありませんから彼の決断に対してトピ主は何も言う権利はありません。

    あとアレルギーに対する知識だけは本当に勉強してください。
    下手したら生死に関わることだから。
    その年齢でアレルギーを好き嫌いと同列で並べて考えてるのはやばいです。

    ユーザーID:7420261628

  • 彼は1年間努力した

    トピ主さんも偏食を直すべく頑張ったのかもしれませんが、彼はそれ以上に努力したのでしょう。
    トピ主さんは一度交際を断られている。でも『偏食を直すことを約束して』1年間の交際が実現した。
    彼もトピ主さんを憎からず思うから、その約束を信じて(きっと全面的に信じていなかったとは思いますが。)1年間トピ主さんとこれからの人生を生きていくことが出来るかどうかも踏まえて様々な面で寄り添う努力をしてきたのだと思いますよ。
    その結果がトピ主さんでは無理だということ。
    受け入れてあげるのが、誠意じゃないでしょうか。

    食って生きていく上でかなりウェイトが大きいです。トピ主さんの家庭はそれで成り立ったのかもしれませんが、彼の人生はそれでは成り立たない。
    その偏食が許された生育環境、それを気にせずに生きていく性格。ただ単に偏食そのものだけでなく、トピ主さんをトータルで判断した結果です。

    ユーザーID:4299979839

  • 逆切れ

    変なこだわりを「許してる」って貴女は彼の上司ですか?

    アレルギーは自分の意志とは関係なく、体が拒否するもの。
    貴女のは意志が拒否して食べたくないもの。

    全然違います。

    可哀想だな、と思うのは偏食のお母様に育てられたこと。

    長年食べていなかったものを食べると身体が「食べ物」と認識しないで、排出してしまうようですね。

    貴女のお母様は偏食であってもお父様と結婚生活を続けられた。

    でも貴女の彼はお父様ではなく別人。
    その人が貴女の偏食を受け入れられないなら仕方ないでしょう。

    ユーザーID:2014901182

  • 食というのは本当に大事

    まあトピ主さんもかわいそうといえばかわいそう。
    幼少期からきちんとした食事というものを教えてもらっていないのでしょう。

    学校給食とか、お友達との食事、職場の人たちとの食事会などで、人と違うなとか恥ずかしいなとか思わずに30歳になっちゃったの?

    >そんなに悪いことですか? 食べ物に限らず、好き嫌いなんて誰でもあることじゃないですか。

    あなたの場合、好き嫌いの範疇を超えてます。一人で生きるぶんにはいいですよ。栄養不足になろうが、将来骨がボロボロになろうが自分のことですから。だけど配偶者や子供を持ったらどうなるんでしょうか?かわいそうに、子供はまたあなたのような極端な偏食をする大人になり、ご主人はまともな食事が家でできない。いい歳して度のすぎた好き嫌いは本当に恥ずかしいことです。みっともない。

    私によく懐いている6歳の姪っ子は、私の家での食事また外食時に時々「これ食べたくないー」とか甘えたことを言ってきます。が、問答無用です。「出されたものはきちんと食べなさい。」これで諦めて食べますね。6歳ですよ。

    トピ主さんはさして問題に思っていないのでしょうけど、生活する上で食っていうのはとても大切なことの一つなんですよね。あなたの彼もそう思うから別れたいと思った。彼はきちんとした家庭生活ができる人と共に生きたいのです。あなたでは無理でしょう?約束をはたす努力をしたようにも見えないし。ちなみにこの件では彼の心が狭いわけではないですよ。私も夫がひどい偏食であれば結婚はしなかったと思います。

    中には食に関してどうでもいいという人もいるかもしれませんから、あなたはあなたに見合った人を探すのがいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:0476453598

  • 追加レス読ませていただきました

    >彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして、好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。

    振られるのは彼の心が狭いからではないですよ。(もうこの際彼はもうそういう事でいいよって思いそうですが)
    何だか考え方が幼くて攻撃的ですね。

    トピ主さんは同じタイプのお母様と結婚したようなお父様のような人を探すといいのかもしれませんね。
    今の彼は極めて普通の感性の人です。心が狭い人ではありません。

    結婚前から価値観の合わない人とこの先うまくやっていくのは難しいものです。
    次を探しましょう。

    後、他に書かれている方もいますが、アレルギーと好き嫌いは全く違います。
    似たようなもの、でもありません。

    ユーザーID:9947598964

  • 好き嫌いをすることは、悪いことではないけど、いいことでもない

    と思います。

    「彼も食べ物以外では、紺の服は嫌だとか、スリムなズボンは嫌だとか、スーツはシングルがいいとか、私物はなるべく赤がはいってるのものを選ぶとか、フライパンは鉄に限るとか、包丁は砥石で研ぐものとか、変なこだわりや好き嫌い」

    これって、他人に迷惑(気分を害する)かけていませんよね。

    でも、食べ物の好き嫌いが激しいことを主張すると、他人に迷惑(気分を害する)をかけることがあります。

    「食べ物の好き嫌い激しいこと」は、他人に迷惑をかけませんが「主張する」と、他人に迷惑をかけることがあります。

    私の友人に、激しい食物アレルギーの方がいます。
    食べられない食品が多いので、お店は友人に選んでもらいます。
    毎回違うところに連れて行ってくれます。
    「一緒にご飯を食べよう」と「楽しい時間を過ごそう」とする気持ちがうれしいです。
    食べられないものがあるということを忘れてしまうぐらい、ただただ、食事や会話を楽しむ時間をすごします。
    私自身「アレルギーにつき合わされている」という感じが一切ないのです。

    主様はどうなのでしょうか?

    好き嫌いを主張すると、デートのあり方まで変えてしまう可能性があります。
    そういったことで、相手の気分を害したりした経験はないのでしょうか?

    私の義母は、偏食です。
    一族で食事に行く際も、店が限られます。
    「悪い」と思うのか「私、行かないから、好きな所に行っておいで」と言われるのですが、その気まずいことと言ったら・・・。
    「どこいこう?」というと「どこでもいいよ」と答えるので、義母が食べられるものがメインではないお店に連れていきます。
    サイドメニューを食べて「おいしくない」と批判します。その気分の悪いことと言ったら・・・。
    義母が食べらるところに連れて行っても、平気で「おいしくない」と言います。その気分の悪いことと言ったら・・・。

    ユーザーID:9127379891

  • アレルギーと変色を一緒にするな。

    私の結婚相手の条件に
    食べ物の好き嫌いがないでした。
    偏食の人と生活するのは
    そうでない人にとっては苦痛。
    しかも彼はそれを付き合う前に伝えてますよね?
    改善を全くしていないのに
    説得は無理だと思います。

    ユーザーID:6284479211

  • あとはアレルギーの事は考えてみなさい

    トピ主さんは少なくても成人しているんでしょ?

    アレルギーに関してそこまで無知なままの発言をするなら、
    それは『無知は罪』とも言えますよ。

    だから、この機会にアレルギー・アナフィラキシーなどを調べてください。

    実際にはトピ主さんの症状もアレルギー反応が含まれている可能性があります。
    不安ならば病院で検査をうけたほうがよいか相談してみたらどうかな?

    彼がソバが嫌いなのかソバアレルギーなのか。
    例えばですが、アレルギーならソバ屋には行けません。
    他にうどんなどがある店も存在しますが、茹で汁が同じだけでもダメですから。
    アレルギー反応の強さによってはソバガラ枕で寝ただけで呼吸困難になる人もいます。

    トピ主さんが好き嫌いの偏食なら、食材で命の危険に晒されませんが、
    そうでないケースなら見えない食品で苦痛を味わうことにも成りかねません。
    だからこそ、アレルギーとは何かを知り、自分がアレルギー体質か知ったほうが良い。

    もしトピ主さんもアレルギー体質だったとして、
    だったら彼も同じだから認めるてくれるのが当然だというのは話は別ですよ。
    トピ主さんが彼を受け入れるか否かは自由ですが、
    彼もトピ主さんを受け入れるか否かの自由があるんです。

    別に食わず嫌いでも好き嫌いでも偏食でもアレルギーでも宗教の戒律でも
    ベジタリアンのような主義でも同じです。
    受け入れがたいとなれば、結婚なんてできないという結論に至るのです。

    ユーザーID:5012268017

  • レスを読んで

    意味がわからない。
    うん、、それだったら今後もずっと悩み続け、わかってもらえない、おかしいじゃないかと訴え続け、それを理解してくれる人とつきあうしかないと思いますよ。

    これだけ多くの人が同じ意見なんですから、そこは悲しかろうが納得できなかろうが事実として受け止める。
    地道にあなたに同意してくれる人を探して生きていきましょう。

    ユーザーID:7053698058

  • 何故かというとね

    主さんみたいな偏食家と結婚すると彼氏迄その偏食にずっと付き合って行かざるを得なくなるから

    例えば日々のメニュー・・・

    主さんの食べられる限られた食材から作られる限られたメニュー

    嫌いな食材をちゃんと使ってお料理出来ますか?
    最初は作っていても主さん自身が不本意だろうし段々と偏って行くのは目に見えています。
    と言うことは日々の食に彼氏は何の楽しみも無く苦痛でしか無いかと。
    食が楽しみで無かったら男の人って帰って来なくなる可能性が高いですよ!

    子供が生まれても悪影響大です。

    だって、主さん自身お母様の影響でそんなに偏食になったのでしょ?

    このトピを見て昔、主さんみたいな偏食の人が居だ事を思い出しました。
    その人も、やはり自分の嫌いな物は作らないで通してました。
    だから、お子さん二人も偏食でしたね。

    集まりで、家族でお鍋をする時があったのですがアレが嫌いコレが嫌いと子供と一緒になって言うので周囲から呆れられていましたね。
    ポン酢すら見た事が無いと言う子供達にえ?って感じで驚いていたら母親であるその人が言ったのは、『だって、私が嫌いだから出した事ないし食べさせないもの』でした。

    ここまで来ると個人の好き嫌いを通り越して笑われます。
    本人だけならまだしも何も知らずに食べさせて貰えずにいる子供にまで社会に出る機会が多くなって来るとその影響が出ますよ。

    主さんは、私はそんな事ない と反論されるかもだけどかなり強情みたいだしチャンスをくれた彼氏さんに対しても納得も克服も出来ない方の様なのでご自分が納得される【偏食家】の彼氏が見つかると良いですね。

    ユーザーID:4033295464

  • あきらめて次行きましょう

    >彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして

    そう、仕方ないですよ。
    トピ主さんは、偏食を直すという約束を守れなかったのだから
    振られても仕方がない。

    あきらめて次行きましょう。

    偏食の女性でも結婚してくれる男性を探した方がいいですよ。


    >蕎麦はアレルギーだと許されるんですよね。

    皆さん、アドバイスしてますけど
    蕎麦アレルギーの人が蕎麦を食べると、死亡することもあります。
    許さないと大変!

    アレルギーと同じとか、お互い様とか言うから
    トピ主さんは批判されるのですよ。

    ユーザーID:9772211994

  • 一言

    レスを読みましたが貴方は全然分かっていない。

    貴方は「好き嫌い」と呼べるものではない。
    だって「食べられるものが無きに等しい」

    こんな人間とは誰も一緒にいたいとは思わない。
    貴方と人生を共にする覚悟、はどんな人でも無理だと思います。

    ユーザーID:3831820364

  • そういう相手を選べば?

    要は相性です。
    最後に自分のところへ戻ってくれば浮気OKという人もいれば、絶対許せない人もいますね。
    彼は偏食の人とは結婚できない人。
    でも偏食でもいいよという人だっていますよね。
    トピ主さんはそういう人を選んでください。
    この場で「彼だって好き嫌いはある」と言い連ねて彼を非難したところで、彼の気持ちが戻るわけではありません。説得できるようなものでもありません。
    とにかく、トピ主さんは結婚相手としては適さないと判断されたのです。諦める以外ありません。
    別の人を探してください。
    あまり彼に執着して夜叉のようになってはいけませんよ。

    ユーザーID:5383888911

  • まあ私でも価値観の相違感じますし

     アレルギーは死ぬかもしれないことです。あなたの家庭もかなり問題ありますし、それらと彼の言っているこだわりなどの範疇は全く違うことだということがわからない・・というのは、価値観の問題なのか、幼稚なのか。
    それを説明しようとしてもこうしてあなたは受け付けないのだし、もういいと思ったと思います。
     自分の価値観や考え、家庭環境の似た人と結婚するのが適当なのではないですか?
     誰がどういったところで、相手が「ノー」といったらそれまでなのです。
    無理に合わせる義理はないです。お互い。相手の考えは最初からはっきりしているのに、なぜ相手を尊重しないのでしょう?
     それにしても生活感がない人だという印象がレスが増えて強くなりました。

    ユーザーID:4243220048

  • 2度目のレスですが

    トピ主さん、日本では生きにくくないですか?
    私もそうでしたので。

    是非是非、アメリカに来ることをお勧めします!
    楽しいし、楽ですよ〜。

    宗教でも主義でも、誰が何を食べようが、食べなかろうが、他の人は何も言いませんし、本人の自由です。

    スティーブ ジョブズがベジタリアンで、一時期はニンジンだけしか食べなくて体の色がオレンジになってたというのを読みました。
    彼だけが特別じゃなく、自分の主義で食を制限している人もいますし、ホント、当人の自由です。

    学校給食もないし、変な食育なんてものもないから楽ですよ。

    着るものも、食べ物も誰にも強制されません。

    まだお若いし、英語なんてどうにでもなります。
    私は30過ぎてからこちらに来ましたが、人生変わりました。

    ユーザーID:0453633227

  • 30にもなって、そんな基本的な好みは変わらない

    トピ主さんのお母様は同じような偏食でも結婚できているので、「そういうことを気にしない相手も存在はしている」ことは確かです。

    でも、彼氏は気にしている。これが目の前にある現実。

    30にもなって、食事の好みのように生活の深いところに関係することを変えるのは容易ではありません。トピ主さんは「何回頑張ってもダメ」だったわけですから、彼氏の好みを変えようとする試みもおそらく失敗します。あきらめてお父様のように心の広い方を探しましょう。

    トピ主さんと結婚したら家では食べられなさそうなもので、若い男性が好きそうなメニューををざっくり考えると、
    ・すき焼き
    ・生姜焼き
    ・唐揚げ
    ・とんかつ
    ・サンマの塩焼き
    ・アジフライ
    ……

    トピ主さんと結婚できる幸せと比べれば、このような食生活でも「つらい」と思わない人を探せばいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:8906259483

  • じゃあ私がもらってあげる!

    文字だと難しいですね言い方。
    ↑って書いただけでもなんか冷たく見えるよね、ここだと…

    うーん、なんていうか、説得はやっぱり難しいと思う。
    トピ主さんがここのレスを「酷い人たち!」と思うなら、多分彼も同等に超酷い人です。
    そんなやつのどこがいいのよ。

    きみさ、そんな酷い男とは別れて、私がもらってやるよ!ほんとに!

    って言われたら、私のとこに来てくれる?
    わたくしレズですので、大歓迎!

    だけどあなたは彼がいいのよね。
    でも説得に彼は応じない。
    としたら、どうしよう…

    考えるべきはそこなんじゃないかな。

    うーん、文字難しいね。伝わってない気がする…

    ユーザーID:3862514976

  • なんだかなぁ

    みなさんがこれだけわかりやすくトピ主さんのために「食」についてのレスをくださったのに、2つめのトピ主レスを読んで脱力しました。
    なんだか思考がぶっ飛んでるっていうか、ちょっと何言ってるかわからないです。
    レスを読んでいて、やっぱりサプリ頼みの食事では栄養がいき届いてない感じがしました。
    決して偏食だけの理由ではなく、こういったトピ主の偏った思考からくる違和感を、彼は感じ取っていたんだと思いますよ。

    「食」は生きるための根幹で、人間の生き死にに関わる、生きていく上で切り離すことのできない非常に重要な要素です。
    なので、服や調理器具の好みと同列に語ってはいけません。
    でもトピ主さんは同列だと考えているっぽいので、同じ思考の人を探したほうが彼を説得するより早いですよ。
    偏食のみなさんが集うパーティーとか行ってみたら、いい出会いがあるかもしれませんよ!

    ユーザーID:8863924872

  • 落ち込んでるわりには…

    到底理解できない言い分をズラズラと書いていますが、あなたは受け入れられても彼が受け入れられないって言うなら仕方ないじゃない?
    あきらめたら?

    ユーザーID:0218386215

  • レスします

    誰でも好き嫌いはあるかと思います。
    しかし、それも1:5位ならまだしも、1:数十もあってはお互い様にはなりません。

    そもそも主様は、ご自分の偏食を直すのを交際の条件にされていましたよね。
    彼からしたら、貴方は約束を守れなかった。ならば交際解消はやむ無しということになります。
    あと、偏食だけでなく、レスのように自分の思うようにならないと常に逆ギレしているのでしたら、それも彼が別れたがっている原因だと思います。

    ユーザーID:1777038421

  • 違う

    アレルギーと好き嫌いは明確に違います。
    好き嫌いじゃ死にませんがアレルギーは死にますからね。

    トピ主さんの数々の好き嫌いが全てアレルギーであれば、彼も「それは仕方ない」と言ってくれるんじゃないですか。
    血液検査頑張ってくださいね。

    >彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして

    そうですね。仕方ないんじゃないですか。
    で?何を相談したかったんですか?

    好き嫌いが多いことが悪いこと、ではありません。
    約束をしたのに平気で破り、挙げ句全く関係のない話にすり替えて難癖をつけようとする。
    その姿勢が批判されているだけですよね?

    ユーザーID:3011835559

  • 別な見方として

    多くのご指摘の通り,自分との約束を守れなかった人と,生涯をともにする気にはなれないでしょうね.

    「そんな約束どうだっていい! 好き嫌いなんて関係ない! 俺はおまえと結婚したい!」とまで
    言わせるだけの魅力を,トピ主さんはお持ちではないということでしょう.

    ユーザーID:7260103739

  • レス読みました

    偏食な人とは付き合えないと初めに言ってて
    直すを条件に付き合ってたんだから仕方ないんじゃない?

    彼にとっては譲れない条件なんだから仕方ないじゃん。

    誰の責任とかじゃなくて、合わない。
    ただそれだけなんじゃない?

    趣味がどうこうとかの問題ではなくて
    生活していく上での問題だから仕方ないのでは?
    育った環境が違えば、どうしても譲れないものだってあるでしょう。
    それが1年付き合って『やっぱり無理』って出た答えじゃないの?

    偏食があってもあなたと結婚したい
    そういう気持ちにならなかったってことですよね。

    あなたの偏食に合わせて自分を犠牲にしたくない。
    そこまでして結婚はしたくない。
    そういう事でしょ?

    あなたも無理に合わせる必要はないし、彼だって同じです。
    結婚する人くらい、誰だって自分が納得する人としたい。
    当たり前の話です。

    偏食でもいいと言ってくれる人もお父さんのようにいると思いますよ。
    でも彼は違う。ただそれだけ。

    一生我慢してあなたと結婚しなくちゃいけない理由は何でしょうか?

    理由は付き合う時からはっきりしているよね。
    やっぱり駄目だった。

    結婚しても繰り返しです。
    やっぱり駄目だった。

    そういう無駄なことはしたくない。
    当たり前です。

    ユーザーID:9010267866

  • 生活に支障をきたすかどうか

    トピ主の最初のレスを読みました。

    彼氏の洋服やデザインの好みとあなたの極端な好き嫌いを一緒にしないでください。その思考回路にびっくりです。屁理屈もいいところ。
    あなたのは家庭生活にも社会生活にも立派に支障をきたすレベルですよ。もちろんあなた自身の健康にもです。
    そこが問題なんです。洋服や家具の好みはあっても別に人に迷惑かけないでしょうけど、ひどい偏食は生活全般に差し障ります。
    人との関係は、食べることを通じて形成されることが多いですからね。あなたのようなワガママ偏食の人は結婚も友人関係の維持も難しいでしょう。

    それに蕎麦アレルギーは偏食と深刻さが違います。アナフィラキシーって聞いたことありませんか?命に関わるんです。

    言い訳ばかりしてないで、少しは偏食をなくす努力をしたらいかがですか。

    ユーザーID:7012421914

  • 別に構いませんよ

    >そんなに悪いことですか? 食べ物に限らず、好き嫌いなんて誰でもあることじゃないですか。

    あなたが自分でそれでよいというのなら 別に誰も何も言いません(思うところがあっても)

    ただ 今回は彼からNO!と言われてます。
    振られてるんだから説得も何もないんですよ。

    価値観の違い しつけ(食育)の違い 
    成人してからもそのままの食生活で栄養の勉強もしない
    結婚ってかわいいからとか 好きだからだけじゃないんです。

    子供をもうけるわけですから 彼としてはあなたは無理と判断した。

    それだけのことです。

    彼の洋服がどうこういってますが 的外れです。
    衣類など表面を飾るものと 体を作る食品と同列に語るほうがおかしいです。

    あなたが偏食なのは別に 他人ですから構わないんです。
    私が彼の立場でも 結婚は辞退すると思います。

    あなたは同じ偏食の方と結婚したほうがいい。
    (でもその偏食が同じ傾向じゃないと それもダメでしょうね・・共通に食べれるものがあればよいけれど)

    吐いてしまうなら食べなくてもいいのでは?
    ただ彼の意思は尊重してください。

    ユーザーID:9663344664

  • 嫌だっていってるんだから、しかたないでしょう?

    あなただって偏食を治すのが嫌なんですよね?

    彼も、多くの人も、そういう人と生活できないって言ってるんだから、きっぱり諦めましょう。

    アレルギーと好き嫌いを一緒にするとか、正直30才とは思えない幼稚さです。

    ユーザーID:3502452711

  • 別に誰も批判なんてしてませんよ

    トピ主さんが偏食であっても我々は何一つ被害はありませんから。

    しかしながら、彼が偏食の彼女との結婚は無理という意思・価値観を
    認めることや受け入れることが出来ずに、頑なに『説得』なんて言い出す点に関しては
    おかしいと指摘されているだけです。

    結局は偏食(それも多くのモノの場合)は結婚条件として非常に悪いものってこと。

    そんなに彼の感覚とかがおかしいと思うならさ、
    親しくしている友人とか同僚とかいろんな人に本音を聞いてみなさい。

    たまにデートするだけなら偏食でもまだまし。
    昼間ならお茶してケーキを食べてって普通に楽しめるだろうから。
    でも、偏食の親から偏食の子(トピ主)さんが産まれて育ったというのであれば
    そりゃ大半の人は敬遠されますよって話です。

    批判じゃないんです、現実を知りなさいと言っているだけです。

    ちなみにですが、もし気持ちが向いたらトピ主さんが具体的に何が食べられるのか。

    ●ファミレスでトピ主さんが食べられるものはどんなものがあるのでしょうか?
    ●直近の数日の食事って何を食べているのでしょうか?

    親しいトピ主さんの食を理解してくれるご友人はどれほどいますか?
    その理解してくれる友人に相談してみたらどうですか?

    ユーザーID:5012268017

  • 幼いね

    じゃあ、彼がスリムなズボンが嫌なのはあなたは結婚できないくらい嫌なことの?

    彼のこだわりが嫌なら別れれば良いじゃない。簡単なことだと思うよ。
    これだけ彼の嫌な所書けるくらいだもの。お別れに一票。

    しかしこういう所だと思うよ。
    約束して付き合って、約束守れなくてお別れなのに逆ギレだもの。

    偏食は年を取るごとに受け止めてくれる人は少なくなると思う。
    一歳でも若いうちにあなたを受け止めてくれる人探しましょう。

    ただ一つ。
    偏食とアレルギーを一緒にするな。
    無知すぎる。以上。

    ユーザーID:6191352677

  • トピ主さんが納得しなくても

    彼はトピ主さんと結婚しないと決めました。なぜなら彼は偏食の人が嫌いだから。

    それは変えられません。

    そのうち、彼は食べ物の好き嫌いのない女性と結婚するでしょうが、

    それを恨んでストーカーのようなことはしないように。

    私の知り合いにも好き嫌いの激しい人が3人ほどいます。

    共通しているのは「好き嫌いの多い私、繊細でカッコいい」

    と思っているらしいこと。

    そして、好き嫌いの多い彼女らは、年をとるに従って

    友達からの食事会などへのお誘いが減ってきました。

    彼女らは理由がわからないらしいです。

    ユーザーID:8515034483

  • ごめんごめん

    彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。
    →これがあなたの求める事でしたね。
    危うく私も皆様同様に彼の肩を持って主さんに怒られるところでした。

    好き嫌いを悪い事だと思っていないんですよね?
    趣味嗜好の好みと偏食は同じ位置なんですよね、あなたにとっては?そして健康だから問題ないんですよね?
    まさに、それらを羅列して彼に訴えてみてはどうですか?

    ちなみに、
    1。彼の両親があなたを食事に誘ってくれたとする。お店はあちらのチョイスで、招かれたお店ではあなたが9割食べられない食材のメニューが出た。この場合、あなたはどうするか、また彼はあなたの事をどう思うと思いますか?

    2。彼の友人や会社の人からバーベキューに招かれた。社員の奥様やご主人子供が参加できるような場です。あなたは肉は食べられないけど、その場に行きますか?行かない場合どのように断りますか?もし行くとしたら食べ物はどうしますか?食べられる野菜のみ食べるとか、お菓子を食べるとか、そういう行動の事ですね。

    これらにちょっと回答してみてほしいです。
    解答によっては、彼に理解されて考え直されるか、あるいはより一層決意が固まるか。

    ユーザーID:9010612054

  • まぁ・・

    >そんなに悪いことですか? 食べ物に限らず、好き嫌いなんて誰でもあることじゃないですか。

    そりゃ好き嫌いはあるけど、あなたの場合多すぎるからね・・
    ま、別にいいのよ。
    あなたの心配は誰もしてない。悪いか悪くないか、そんな問題ではない。
    好きにしたらいい。自己責任。
    ただ彼がそれを「嫌だ」と思って結婚拒否したら受け入れるしかないのは事実です。

    >変なこだわりや好き嫌いはたくさんありますが、それを私は許してるんですよ。

    あなただって別に許さなくたっていいんですよ。許容しなくて良いですよ。
    あなたは彼のそれを受け入れるのは愛してるからでしょ。
    彼はそこまで愛してないから受け入れないのです。仕方ないよ。
    君のそういう所嫌いって言って付き合うのさえ嫌だったんだから。
    あなたが彼の好き嫌いを許容するように、彼も許容出来たら良かったんだけど・・
    残念ですがそこまでしてまであなたの事好きじゃないって、そういう事です。
    許容してまで好きじゃない。仕方ないよ。

    批判はしない。
    でも食って日常生活で結構重要な役割で楽しみでもあるから。
    一緒に楽しめない人を彼が嫌がるのは仕方ないって話です。
    それに健康にも直接かかわるので、その人が自分の料理作ると思うと・・・
    きちんと作ってくれるかどうかそれすら信用出来ないですね。
    食に興味がない人は美味しい料理も作れないでしょ。興味がないもん・・・

    とにかく、彼はあなたを受け入れないんだから説得も出来ないし諦めるしかないですよ。

    悪い悪くないの問題じゃない。
    そんなあなたを結婚するまで好きになれなかったんですみませんってことです。

    ユーザーID:7950925142

  • 偏食が問題なのではないと思います。

    一歩も百歩も譲って、
    偏食が問題ではないとして、何が問題なのか。

    相手を尊重する気持ちでしょう。

    少なくとも、最初「偏食」を理由に交際を断った彼氏さんは、
    誠実に自分の考えを現わしていらっしゃる訳です。

    それに対して、トピ主様は「直すことを約束された」のですから、
    約束を果たせない、無理だと判った時点で、ご自分から身を引いても宜しいぐらいでは?

    どちらかというと私もかなり極端な偏食のトピ主様には、驚きますが、
    それより何より、「そこで開き直る」気持ちに『ビックリ』です。

    一番問題なのは、自分ができない約束に「開き直る」態度だろうと思います。

    頑張ったけど出来なかった、とご自分から頭を下げて、謙虚にするのが普通です。

    「偏食云々」というより、自分が約束できなかった、
    家庭生活に置ける「食事」の価値観の違いが、かなり大きい事に対して、
    歩み寄る気持ちも無いなら、
    無理な話には思いました。

    私の母も、そこそこ偏食(ホワイトソースがダメ、チーズがダメ、マヨネーズも嫌い)でしたが、
    自分が嫌いだったり、食べられない料理でも、テレビ番組で勉強して、
    家族に作ってくれたりしていました。
    「グラタン」「ポテトサラダ」「クリームコロッケ」等々、、、、

    私達が「おいしい」と食べているのを、
    母は、自分は食べずにニコニコと喜んで見ていました。


    「偏食」問題以外でも、何か問題が起きたときに、
    自分都合が一番で押し通そうとされてしまうような感じを
    彼氏さんは心配されているのかもしれない、と思ってしまいました。

    ユーザーID:7341431948

  • アレルギー持ちの子供でも、好き嫌いで迷惑をかけていません

     多少の好き嫌いはあるものですが、人を不愉快にすることの言い訳にすることは非常識です。子供=>大人=>妻=>母親・・と、人への影響度に合わせて問題は大きくなります。

     気に入らない物が混じっていると「イヤな顔をしたり」「一口も食べなかったり」「残したり」「はき出したり」・・ 迷惑を我慢してくれている人達の好意を、あなたは平気で踏みにじります。しかも謝罪をするどころか「嫌いだから当然」と正当化をします。

     会社員でも上にいくつもりなら「人を見る目」「人への配慮」「家族が起こすトラブルのリスク」が評価対象に含まれますから、あなたの様な妻は、夫の社会的信用を失墜させます。

     食事の好き嫌いを正当化する人は、多くの人に迷惑をかけて不愉快にします。
     あなたと結婚すれば、良好だった親戚や友人達との人間関係にヒビが入ります。食生活はメチャクチャになり、毎日が不快になります。出世にも響きます。家族の健康に害を与え、味覚障害にします。子供の就職や結婚にも影響を与えます。
     だから彼は、あなたとだけは絶対に結婚したくないのですよ。

     他人が好んで食べる物を「気持ち悪い」と言うのならば、その逆に「そんな人間は気持ち悪い」と思われている筈です。

     我が家の方針は「嫌いな物は好きになるまで食べさせる!」です。その為か子供達も出された物に好き嫌いはしませんよ。一人は複数のアレルギーをもっていますが、それでも好き嫌いは言いません。アレルギー物質を避けながら、人に負担や迷惑をかけたり不愉快にしたりしない楽しい食事を実践しています。子供に出来る事ですから、あなたの歳で出来ないわけはありません。

     最初からNoと言っている人に、あなたが永遠に迷惑をかけることを認めさせた上に、結婚をしてもらう為の説得? 根本的に間違えていませんか?

     彼の心は狭くありませんよ。

    ユーザーID:7328694738

  • レス見たよ!アレルギー知ってる

     彼との約束守らないんだね。食べようと努力してる?

     食べ物のアレルギーってね、症状は、食べた直後から1時間後、遅くとも4時間以内に発症。じんましんやむくみが一番多く、咳・喘息発作、嘔吐・腹痛・下痢などもあるよ。血圧が下がって意識が遠のくアナフィラキシーショックが、一番重い症状。蕎麦は許されるんじゃないよ。苦しくなるから食べられないの。

     嫌いなものを食べると吐くからアレルギーと同じではないよ。病院でアレルギーで「肉、魚(白身の焼き魚は除く)、一部の野菜、果物を除いてすべての食材を食べると吐いてしまう」と、相談すればいいと思います。診断が出れば無理に食べることもなくなるよ。

     紺の服は嫌、スーツはシングル、赤が入っているものを選んでもあなたに迷惑はかけていないと思うけど。包丁は砥石で研ぐものなら、結婚できた時には彼に研いでもらってもいいと思うけど。
     それよりも、彼のほうが我慢してきたと思いますよ。彼女が出来たら美味しい店に行くことが夢だったのに行くことができない。
     彼が、両親に結婚したい女性がいると報告した時、あなたの状況では反対されるよ。顔合わせをすれば食事がついてきますが食べられませんよね。
     結婚して彼実家に行った時の食事はどうするの?自分の食事は自分で用意するから義母さんはほかの家族の食事を作ってと言うのかな。

    ユーザーID:9278819766

  • 偏食オッケーな男性を探すしかないと思いますよ。説得は無理!

    いやいやいや、アレルギーと好き嫌いは一緒じゃないよぉ〜!

    好き嫌いは蕁麻疹できたり、ショック状態で入院とはなりませんよね?

    私も好き嫌いは割と多い方で、主人にも指摘されますが、そんな私ですらトピ主の偏食は酷すぎますって!

    それにトピ主みたいな女性でも大丈夫って男性は居るとは思いますが、今の彼氏は無理だと言ってるんだからどうにもならないでしょう?

    偏食に限らず、そりゃ人間好き嫌いは色々あると思いますが、その好き嫌いを肝心のパートナーが許容出来るかどうかが重要なんです。

    だから皆さん、今の彼氏は無理だから、偏食オッケーな男性を見つけなさいって言ってるのよ。

    人間、許容出来るものや事はまちまちです。

    例えばウチの主人は料理が出来ない、下手な女性は嫌なんだそうです。

    例えば私が料理が出来なくて、料理なんか必要ないよ!って言っても、料理が出来ない女性は論外の主人には受けいれられなかったと思います。

    そういう拘りや許容範囲はどうにも出来ません!て事です。

    トピ主の彼氏は偏食は無理!という拘りがあるんですから、諦めるしかないでしょうね、トピ主が。

    ユーザーID:2588112896

  • 致命的です。

    トピ主さんのご両親は、お母様の過度な偏食をお父様が受け入れることが出来たから結婚できたのであって、貴方たちにあてはめて比べることではありません。

    人の体は食べたもので作られます。服や趣味の好みと一緒にしてはいけません。
    肉も魚も野菜も殆ど駄目、でもご飯と牛乳は好き、ケーキは毎日??
    若いでしょうから今は良くても、あなた長生きしませんよ。脂質異常症など生活習慣病への出来レースも良いところです。
    サプリメントも忙しい現代社会では致し方ありませんが、それは不足しがちな栄養素を「補う」ためであって、偏食家のために作られたものではありません。お母様共々、意味をはき違えないように。

    お相手は蕎麦以外、嫌いなものでも食べて食べられないことはないのですよね?
    反対に、あなたは嫌いなものはどうあっても食べられない。
    果たして彼があなたに折れて結婚したとして、お互い食の好みが違うというのは致命的です。
    互いに食べたくないもの、食べられないものが毎日別々に並べられ、不快な空間で「美味しいね」の会話もない。エンゲル係数も上がりっぱなし、すぐに破綻しますよ。

    そのお相手と一緒になりたいのであれば、味付けや調理方法などを工夫して少しずつでも食べられるように改善する努力を示すしかないと思います。

    ユーザーID:6792059424

  • 好き嫌いの多い人との生活

    好き嫌いが多い人との生活、私も嫌です。
    食べられるものが少ないと、それだけ豊かさが減る気がして。

    同じ物を同じ食卓で食べて「美味しいね」と言い合ったり、
    一緒に食卓に立って、新しいメニューを試したり、
    そういう生活の可能性が閉ざされることは辛いなと思う。
    同じ食材が繰り返される食卓も辛いな。旅行も。
    食事は毎日のことなので。

    加えて、他の人だって色んな点に好き嫌いがあるとの主張の展開も、
    だから、そこが価値観が違うと思ってしまいます。
    彼を解放してあげて欲しい。
    私なら、トピ主さんとの生活はつまらないし、息苦しい。

    ユーザーID:9448257201

  • ある意味、貴女は被害者でしょうね

    トピ主さんて、生まれてから、
    偏食の塊だったお母さんと、それを黙認したお父さんの
    食事環境の悪さの犠牲者だったと思います。

    そう言う意味で、満足な食育が出来なかった貴女には同情します。

    他の人も指摘している様に、偏食だけでなく
    彼との約束を守らないだけでなく
    自分の不甲斐なさを棚に上げて、『彼は心が狭い』と逆切れして
    自分を受け入れない世間が全て悪いと
    反省しないで他者に責任転換をする
    身勝手さに嫌気がさすのでしょう。

    はっきり言って、ご両親の場合奇跡にも結婚をした様なものです。
    貴女の偏食を受け入れてくれる男性を根気強く探すしかないでしょう。

    それでも、相手男性が
    「毎日ケーキなんて胸焼けがする。
    サプリで栄養補強なんて、そんな味気ない食事なんて御免だ。
    君に無理して偏食を直せとは言わないけど、
    俺も子供もちゃんと食事を採らせてくれ」
    と、言って、相手と子供がが外食をしたり
    相手やハウスキーパーさんが食事を用意して
    食卓で、貴女とは別メニューを食べていても、文句を言ってはダメですよ。

    貴女が自分を変えられないように
    相手も貴女に合わせて、相手自身を変える必要は一切ありません。

    貴女が偏食を変える気が無い様に
    彼も自分の価値観にブレる事無く、一緒に食事を楽しめる女性を望んだだけ。
    ただ、それだけです。

    偏食を直すのを皆さんが勧めるのは、彼に限らず
    今後において、職場や友人の付き合いにおいて、外食にも支障が出ますよね?

    偏食が多すぎると、人生損することが多いです。
    今回の事は、身に染みて実感したと思いませんか?

    ユーザーID:8865004729

  • あなたが理解するのは無理

    レス読みました。これだけ沢山の意見、考え、理由が述べられているのに、全く受け入れず、理解しようとせず、彼に対しての前向きな対策も考えず、突っかかってくる有様の主さん。なんの為にここで相談したの?皆さんの意見が世間(=彼の考えに近い)んです。
    あなたがレスの様な考えで頑なで、あー言えばこー言うだから彼も嫌気がさしたのでは?

    それでは、偏食でなく、あなたが沢山の食べ物にアレルギーがあるとしましょう。彼からすると結婚後のこれからの食卓に限られた食べ物しかでない、一緒に食事が楽しめない。それが嫌だと言われたら、納得出来ますか?

    ユーザーID:1879247680

  • アラサーでその認識?

    これだけアレルギーは命にかかわると皆さん教えてくれているのに好き嫌いと同じだと?
    そうやって見たくないものをごまかして目に入れず考えもせずに生きてきた結果がこれなんですね。
    残念なアラサーですね。

    さて、好き嫌いは誰にでもある。
    そうですね。ごもっとも。
    彼のこだわりをトピ主さんは許しているから彼もトピ主さんの「偏食」というこだわりを許すべきと言いたいのですね?
    けどさ、程度に差がありすぎますって。
    服装へのこだわりはよほど変な恰好以外はふつう受け入れられます。
    トピ主さんの偏食は外出する際に私はこれしか持っていないからと恥ずかしげもなくパジャマで出かけるようなもの。
    トピ主さん、もし彼がそういう人なら好きになります?
    そういうことですよ。

    鉄のフライパンに砥石で研ぐ包丁。
    彼は料理が、食事が好きなのですね。
    そういう人には共に食事を楽しめないパートナーはあり得ないでしょうね。

    百歩譲って、トピ主さんが嫌いなものを食べようと並々ならぬ努力をしたけれどその結果やっぱり駄目だったとします。
    でも、彼とのおつきあいの約束は「偏食を治す」ことでしょ。
    彼にとっては偏食な人との結婚はあり得ないんですよ。
    だから条件づけたのです。
    偏食を治せなかったトピ主さんは彼の条件に外れてしまったんです。
    努力したかどうかじゃないの。
    結果なんですよ。

    トピ主さんが非難されているのは偏食だからではなく
    偏食を正当化するためにうそをついても彼をだましても平気、自分を受け入れられない相手が悪いという自分のことしか考えない身勝手な性格だからですよ。

    私は変われないんだからあなたが変われ!

    と身勝手な人を好ましく思う人はいませんよ。

    ユーザーID:2298271321

  • 彼は間違ってました

    あなたに期待した事が、ですよ。そして結婚しないと決めたのは正しいです。

    あなたは偏食以外にも生活習慣ってのが身に付いていない。お気の毒なんですが親御さんにキチンと躾されていませんね。また物事を知らな過ぎるのも致命的です。

    彼の言っている事は我儘なんかじゃないんですよ。一つ一つに意味があるんです。そこを調べてから出直しなさい。

    ユーザーID:5223044829

  • 話をそらしてはいけません

    >そんなに悪いことですか? 食べ物に限らず、好き嫌いなんて誰でもあることじゃないですか。
    誰にもあることですが程度が過ぎると悪いことですよ。
    あなたの偏食は相手の生活を邪魔して生理的嫌悪を生ませてるんですから。

    >変なこだわりや好き嫌いはたくさんありますが、それを私は許してるんですよ。
    偏食はこだわりや好き嫌い程度ではありません。
    また、彼は許してもらわなくていいから別れたいのです。

    >吐いたりして無理だったからアレルギーと同じじゃないですか?彼
    違います。
    アレルギーは食べたら死に至ることもあります。

    >好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。
    わからなくていいですけど、あなたが聞いてきたってことは思い出してください。

    あなたが納得しようが、
    ここの人たちが納得しようが、
    あなたの彼はあなたを振ったのが全て。

    ユーザーID:3391288164

  • レスします

    レス読みました。
    なんですか、彼のこだわりを「許す」って。
    あなたに許されなきゃいけないことを彼はしてるのですか?
    あなたは偏食以前に少し考え方がおかしいです。
    あなたが付き合ってほしい立場なのに彼が許される必要はないはずです。

    それとほかの方が「蕎麦アレルギーでもそのお店でほかのものを食べられる」と
    書かれてる方いらっしゃいましたが
    蕎麦アレルギーの酷い方は店に入ることすら命の危機です。
    あなたの吐き気とアレルギー症状とは次元が違いますよ。

    誰でも好き嫌いはあるだろうしこだわりもあります。
    でもここまで書かれても皆さんの書かれたことの意味も理解できず
    拗ねて反論しかできないとはとてもいい年齢の女性とは思えませんね。
    まるでわがままな高校生レベルですね。

    ユーザーID:1768196307

  • 食は5感の一つだから、フライパンと違う

    洋服も好みは皆違います。
    フライパンに拘るのも個人の自由です。
    でもアレルギーと偏食はちょっと違うと思います。
    アレルギーの子供は好きで食べたくても、それを食べれば死にもつながる。
    悲しいかな、偏食とは違います。

    結婚して楽しいはずの生活の中で、自分の好きな物が食卓に出てこない。
    一緒に外食も出来ない。
    食は人間の大事な五感の一つ、一生主様の偏食に付き合う事は彼にとっては無理だったと言う事です。

    それが解るから投稿者も、相手が求めない結婚は止しなさいと言っているのです。

    人間には相性があると思います。
    食の相性も毎日の事ですからあります。
    仕事に疲れて帰って来ても、好きな物が食卓に出ただけで疲れも取れます。

    作り手が嫌いと言うものは食卓には出てきません、特に主婦が嫌いな物はご主人が好きでも作らないと思います。
    他所の家では普通に食べれるものが、主様の家では何も出てこない。
    やはりストレスが溜まります。

    結婚前に二人で過ごして、それが解っただけでも良しとしましょう。
    主様だって結婚して、好きでも無い物をご主人が作って毎日食べろと強制すれば、耐えられないと思います。
    主様が耐えれない物を相手に求めても駄目だと言う事です。

    彼はもう結論を出しています。
    これ以上は前進も無いと思いますから諦めましょう。
    主様を好きで偏食でも付き合うと言う人も居ると思いますから。

    ユーザーID:2200986125

  • 私も嫌だわ

    自分の子供が同じような偏食になったら嫌です。

    アレルギーと好き嫌いは違うので、約束が守れなかったのだから振られて当然でしょ。

    同じぐらい偏食の方を探しましょう。

    ユーザーID:9709645484

  • たぶん・・・

    今までもそうやって開き直ってきたのでは?

    謙虚に、「ごめんやっぱり食べれなさそう 治そうと頑張ったけ・・・」と申し訳なさそうに言わずに
    「これダメ食べれないの!」と開き直ったのでは?

    彼はそれを許すことが出来なかったと思う。

    自分のレスを見直してごらん。謙虚になってますか?
    偏食が多くて申し訳ないという気持ちになってますか?
    私は開き直っているように読み取れました。

    それが彼に伝わっているのです。
    貴方だって食べれないのがあるじゃない!私が偏食の何がわるいの!という態度に見えました。

    だから彼は無理と思ったのだと思う。
    結婚するなら、ちゃんとバランスよく料理が作れ、楽しい食卓にする努力してくれる人と結婚したいけど。
    焼き魚・・・そしてサプリメント…無理だと思ったのだと思うよ。

    無理と思ったら、変えることは出来ないよ。
    早く別れた方がお互いのためと思って言ってくれたのだと思うよ。やさしさだと思うけどね。

    たぶん1年間、条件付きのお付き合いはしてくれました。治さない。
    努力をしているようなら考えてくれたかもしれないけど、どうもできなさそう。むしろ開き直っている
    結婚相手として考えたら、彼には結婚は考えられなかったのだと思うよ。

    「謙虚」ってすっごく大事だよ。

    ユーザーID:7373012002

  • 好き嫌いを責めてるわけじゃない

    約束を破ってまで自分の思いを無理押ししようとしている事が「ダメでしょ」って言ってるだけ。

    好き嫌いなんかあって当然ですよ。それが悪いわけじゃない。
    ただ彼との最初の約束は「偏食を直すなら付き合う」って事でしょ?
    でも直らなかった、努力したことは認めるから一年間は付き合った。でも直らなかったから別れる。
    これからも直る見込み(と言うかこれ以上直す気配)が無いから結婚は無し。
    彼は間違ったこと言ってないですよね。
    それについて「親が」とか「彼は蕎麦が」とか屁理屈つけて自分を正当化しようとするのがダメでしょ。

    嫌いなものを食べる苦労ぐらい誰にだって想像できますよ。
    大体の人はそれを経験して食べられるようになってますから。
    みんながみんな生まれつきなんでも食べられるなんて滅多にありませんから。

    トピ主さんのよくない所は、他人に合わせられない所なんでしょうね。
    何から何まで「自分はこうだから」って、偏食じゃなくてもそれじゃ彼も愛想尽かしますよ。
    自分がこう思うんだから彼も同じように考えろじゃダメなんじゃないかな。
    一般的にそういうのを「わがまま」って言うんですよ。
    わがままな屁理屈女と添い遂げたいなんて男性は、それほど多くないですよ。

    男性から選ばれたいなら「私と一緒になるとこんなメリットがある!」ってものを身につけないといけないと思います。
    容姿は全くわかりませんが、30過ぎのわがままで偏屈な偏食の激しい女性って、それらのマイナスを打ち消すだけのものがないと厳しいんじゃないかな。

    まぁ「彼の心が狭い」って自分を納得させるのもいいですが、もうちょっと客観的に自分のことを考えられるようになった方がいいと思いますよ。
    全くの赤の他人の第三者から見ると、彼の心は狭くないと思います(むしろ広い)。これが一般社会のジャッジだと思います。

    ユーザーID:1068958222

  • 理解してないねぇ

    はてさんのレスをコピペします。

    〉治すと言った約束を破った上
    〉それを申し訳ないとも思わず開き直り
    〉逆にそれを許さない相手を非難する

    だから、非難されるんです。

    ユーザーID:5001658107

  • 好みと、好き嫌いは違います。

    おやおや、30歳にもなるいい大人が逆ギレですか?

    あのですね、彼とあなたが永遠の友達同士なら、食の好みが違っても何の問題もないのです。
    食事に行っても、それぞれが好きなものを食べて、別々に会計すればそれでヨシ。

    皆さんがおっしゃっているのは、友達ではなく家庭を持ち、お互いが一つ屋根の下で食事をするのです。
    大の偏食のあなたは彼にどのような料理を振る舞うつもりでしょう?
    あなたが受け付けない食材を使って、彼に毎日ご飯を作ってあげられますか?
    おそらく、あなたが食べられる食事しか作らないでしょ?(現にあなたの家庭がそうであったように)
    それが耐えられないのですよ。

    それと食物アレルギーを、ただの好き嫌いと同じに考えないでください。
    食物アレルギーを持つ人に非常に失礼なことです。
    前にもレスしましたが、本当に命を落とす危険があるのです。
    食べて不味くて嘔吐するのと訳が違います。

    まあ、皆さんのレスを真摯に受け止めれないようなので、彼氏さんの為にも別れてあげてください。
    あと、このトピックのレスを彼氏さんに読んでもらうことです。

    ユーザーID:5140981673

  • レス拝見しました

    やっぱりあなたと彼は合いませんよ。
    好き嫌いは誰にもあるのは確かです。
    程度に差はありますけれどね。
    あなたが彼のこだわりや好き嫌いを「許す」から、彼にも自分の好き嫌いを「許せ」といいたいのでしょうが、彼は嫌だと言っているのですから、受け入れるしかないんです。
    彼のことを「心が狭い」とおっしゃるなら、もっと心のひろい方を見つけたらよろしいのでは?
    ご自分ではわからないのでしょうが、屁理屈ばかりで見苦しいですよ。

    ユーザーID:5770249538

  • 「好き嫌い」と「偏食」は違うんですよ。

    「好き嫌い」は沢山ある中からいくつか嫌い。
    「偏食」は少しの種類の食材しか食べられない、です。
    小さい問題の方とすり替えないで。

    同棲の友人いないのかな?
    「偏食する私の苦労わかるよね。許せない人は心が狭いんだよね。私と食事に行くのたのしいよね」って
    聞いてみたら?

    ユーザーID:9178648485

  • やはり

    偏食以前に常識が無いのですね、あなた。

    趣向と偏食は関係ありません。
    アレルギーと好き嫌い・偏食は全くの別物です。
    一般的な好き嫌いと重度の偏食も別物です。
    そもそも、あなたが彼のマトモな拘りや趣向に対して、上から許す許さないを決める権限は一切ありません。

    比べることが出来ない別物の事例を持ち出して誤魔化してはいけません。

    分別のつかない人間が結婚して子供ができたら、子供が大変な目に会います。
    実際に今のあなた、お母さんのせいで大変ですよね?

    きちんと自分の分別の無さを認めて反省し、まともな感覚を身に付けないと、結婚どころか人付き合い自体がままならず孤立しますよ。
    この先、色んな人から疎遠絶縁されると思います。

    やはり、自分に甘過ぎる人間には結婚は向いていないと思います。

    ユーザーID:3426003193

  • だから問題ないよ!という人を探すしかないのです。

    ここで、どうしてですか?!と言ったって仕方がないのです。
    また彼の事で挙げてる事柄は趣味の範疇ですよ。
    それで困る訳ではないのです。

    しかし主さんの偏食は困る事項なんです。

    また怒りを向けるとしたら、親に向ける事ですね。
    お母様も偏食で相当苦労された筈。
    それなのに娘も同じように育ててしまったことは失敗ですから。
    アレルギーは命の危険を伴うものです。
    それと味が気持ち悪くて吐いてしまう!は幼少の頃の訓練でなんとでもなったものです。
    だからこそ食育は大事なのですよ。

    実際、彼はアレルギーじゃなかったら、お蕎麦自体は美味しい!と思ってる筈ですよ。
    私は甲殻類アレルギーですが、カニやえびなど味自体は美味しいですし、本当は食べたいです。
    しかしエキスだけでも蕁麻疹が出ます。
    身体が反応するのですよ。

    ですから、主さんの偏食は問題ないよ!と言ってくれる人しか結婚は難しいですね。

    ユーザーID:7055535698

  • トピ主のコメント読みました。

    みなさん、あなたの好き嫌いが悪いなんて言ってないよね?

    食の好みが違うことは、別れる理由になるって言ってるだけだよ。

    わからない?

    分からないから、逆ギレしてるんだろうなぁ…。


    彼のこだわりが嫌なら、別れればいい。
    許せる範囲だから許してるんでしょ。

    彼はあなたの偏食は許せなかったんだよ。
    だから別れを告げてきた。


    そして、何人にも言われてるけど、
    付き合う前にした「好き嫌いをなくします」って約束を
    破ってることに対してはどう考えてるの?

    吐いたりして無理だったんだからしょうがない?

    じゃあ彼も無理だった(受け入れられなかったんだから)しょうがないよね。

    ユーザーID:5518586337

  • レスします

    まず、アレルギーと好き嫌いは全く違いますから、一緒にしないでください。
    蕎麦アレルギーは特に、命に関わることもありますよ。

    交際を始める時点で、偏食を克服すればと条件があったんですよね?
    それを満たせていない以上、振られても仕方ないじゃないですか。
    彼にとっては、偏食はそれほど受け入れがたいのでしょう。

    彼のことは諦めるほかありませんね。
    事の良し悪しの問題ではないです。
    価値観が全く違います。

    ユーザーID:0030444126

  • 偏食だけの問題ではない

    偏食は大きな問題点である事にはかわりないのですが
    それ以外の小さなことやお互いの思考、性格の違いなど,たくさんの積み重ねがあなたを受け入れられないのだと思います。
    どのように努力してきたか、わかってもらいたいとかそんな問題ではないのです。
    残念ですが諦めてください。

    ユーザーID:0239404436

  • 落ち込んでます

    私の責任と言う声が多くて落ち込んでます。
    そんなに悪いことですか? 食べ物に限らず、好き嫌いなんて誰でもあることじゃないですか。
    彼も食べ物以外では、紺の服は嫌だとか、スリムなズボンは嫌だとか、スーツはシングルがいいとか、私物はなるべく赤がはいってるのものを選ぶとか、フライパンは鉄に限るとか、包丁は砥石で研ぐものとか、変なこだわりや好き嫌いはたくさんありますが、それを私は許してるんですよ。

    あと、蕎麦はアレルギーだと許されるんですよね。私だって嫌いなものを食べようと努力したのですが、吐いたりして無理だったからアレルギーと同じじゃないですか?彼も蕎麦は体か受け付けないと言っていたのと同じでしょ。

    それに、食べ物の好き嫌いがないと言う皆さんだって、食べ物以外の好き嫌いなんていくらでもあるのだから、彼の心が狭くて振られるのは最悪しかたがないとして、好き嫌いで私がこんなに批判される意味がわかりません。

    ユーザーID:0783372073

  • 好き嫌いを他のものに例えてみる

    例えば激しい好き嫌いを度が過ぎるギャンブルや飲酒に置き換えてみたらどうでしょうか?

    たまになら、節度を持って楽しむならいいと思いますよ。でも借金を作るほどのめり込んだり体を壊すほど飲むような人と結婚できるでしょうか?

    好き嫌いだってあっても良いんです。けれど食べられる物の方が少ないんじゃ、健康を維持できませんよ。その点で同じだと思うんです。「ケーキで生きていけるもん」じゃ子供の言い訳です。約束も守れない人に結婚は無理です。

    またお子さんが生まれたらあなたと同じになってしまいますよね。それともあなたのお母さんは自分は食べられなくても、ちゃんとした食事を出してくれましたか?

    彼はそこも含めて結婚は無理との結論を出したんです。受け入れるしかありません。

    ユーザーID:5223044829

  • そもそも「勘違い」していたのでは?

    〉結婚を考えるようになった会話が増えてきた

    ということが、

    〉お互いに

    ではなかったんですよ。
    トピ主さんが年齢的に希望していて、その話題を出してくるから

    〉「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」

    がでたんですよ。
    自分で書いてるのに、どうしてわからない?
    「考えたら別れる」なんだから、その前に結婚の会話しないでしょうが。

    自分は思い通りにしたい。
    自分の偏食は「苦労」だから、拒否する相手が悪いんだって考えなんだね。

    あのさ、「アレルギー」じゃないんだよね。
    催眠術とか試してみたら?
    偏食直してから「説得」に挑もうよ。

    ユーザーID:9178648485

  • 無理かな

    偏食を直すことを約束して付き合い始めたんですよね?
    どうしてもつきあいたくて、約束したんでしょう?
    それを、彼も蕎麦が食べられないからお互い様って言ってしまったら、偏食以外に「嘘つき、約束を守れない人、へりくつをいう人とは結婚できない」という別の理由まで与えてしまいませんか?
    ご自分で無茶を言ってるのがわかってるでしょう?
    守れなかった時点で彼にとってはもう終わりなんだと思います。

    私の母もすごい偏食です。肉魚、チーズ、においのするものが食べられない人でした。
    私も小学生まではけっこうな偏食でした。
    家で食べるものが限られていたからです。
    でも小学校で、給食と家庭科の調理で食べられないものが減りました。
    それは、母が極力、自分が食べられないもの、見るのも嫌なものでも頑張って料理してくれたからだと思います。
    トピ主さんはそれができますか?

    説得って、自分の言い分で説き伏せるじゃあだめだと思います。
    これから偏食を直す、嫌いなものも料理する、結婚して子どもができたら子どもは偏食にさせないよう頑張る。
    相手の望むことを言わないと、トピ主さんの言うとおりにしても彼には何もメリットはないんですよ。

    ちなみにお母さんも一見健康なのはまだお若いのでは。
    年をとると体にひびく偏食もあります。
    うちの母は偏食のせいで、一人暮らしですが宅配食も無理で、老人ホームもみつかりません。
    アレルギーじゃなかったら、食べようと思えば食べられるぐらいには頑張ったほうがいいと思います。

    ユーザーID:5288907763

  • 説得!

    このトピをよく読むと・・・
    彼を説得するアドバイスが欲しいのですよね?
    「私の偏食は直らない。
    でも、専業主婦になったりしないし、
    子どもができても保育園に預けてすぐ働くし、
    定年まで年収500万は必ず確保するよ!」
    はどうでしょう?
    そんなに無理そうじゃないですよね。
    家でケーキ食べてぐーたらする嫁じゃなく、
    それなりに稼いでくれたら案外いけるかもしれません。
    彼氏さんは、あなたの偏食以外にも何かありそうなので、
    それを上回る魅力的言葉と実行力が必要と思われます。
    がんばって!

    ユーザーID:8418260194

  • 価値観の問題

    すごく偏食の友達が結婚しているので、偏食だから結婚できないとは言いません。
    その友達は性格も普通です。
    ただ、肉以外ダメなので、子供が生まれてから、野菜料理はご主人がせっせと作っているようです。
    その友達のご主人はそういう人。でもとぴ主さんの彼氏さんは、偏食の女性とは結婚したくないのです。
    そう考える理由もすでにたくさんの方が書いていらっしゃるのでわかりますよね。
    要は価値観の問題です。
    とぴ主さんは偏食はOK、彼氏さんはダメ。
    多少の好き嫌いは誰でもありますから、蕎麦がどうのくらいじゃ反論になりません。
    価値観の合う人を見つけるしかない。
    結婚とはそういうものです。

    ユーザーID:2845430491

  • 偏食だからといって結婚を躊躇する理由がわからない!って本当?

    それはつまり一番大切なパートナーと人生を分かち合えないという事です。

    例えば・・・夕陽を見てきれいだねえ!とか、 そよ風が吹いて気持ちがいいねえ! と言うのと同じように、このお店の料理(フレンチ、中華、刺身・・・)は美味しいねえ、と言ってみたところで、それは全く分かち合えないということであり、心が通じ合うことがない相手と暮らすほど虚しいことはありません。

    友人・知人の家に招かれ、せっかく一生懸命つくってくれた料理が一切食べられなかったら、どうなるでしょうか?あるいは、出された料理の中から食材を自分が好きなものだけを食べ、嫌いな食材を避けて皿の端に並べたら、料理をつくった相手はどう思うでしょうか? とても不快に思うに決まっています。 

    海外旅行に行って、現地の限られたメニュ-しかないとしたら、空腹のまま過ごすのでしょうか? そんな人と旅行へ行っても、お互いにイライラするだけで何もおもしろくないので、結局は一人で行くことになるのではないでしょうか?

    家庭内においては、旦那さん用の食事と、偏食者用の食事の両方を用意しなければなず、不経済かつ作る手間が2倍かかります。

    トピ主さんの「偏食だからといって結婚を躊躇する理由がわからない」というのが信じられません。

    衣食住と言うのは、人間が暮らす上での基本であって、食が偏っていれば、偏った人を探すしかないと思います。

    ユーザーID:7884778309

  • 主様は将来、子を持つ事を希望していますか?

    主様は
    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません

    彼には
    >交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られ
    >偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが…
    >結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう
    と言われているので、価値観の相違は明らかです。

    彼自身、主様の偏食+改善が認められない事を受け入れ難く感じている様ですし、彼のご両親も偏食無+割と何でも美味しく召し上がる(食べられない物は少ない)方なのでは?と予想します。結婚となると両方の親・親族も関与し…難しいと思います。
    それでもパートナーが賛同し、大人だけの問題なら自己責任で済む事も多いですが、子供が生まれると、その価値観の違いが躾・教育等にも現れ易くなります。同じ価値観の方を見つけるか、価値観の相違がある場合は、お互いの歩み寄りやすり合わせが必要になります。そうしなければ、子が板挟みになりますから…。

    私は北米、欧州で就労経験が有りますが…
    北米では医学的な根拠有+医療従事者から患者様でも、ダイエット=食事(療法)に対する助言には非常に慎重です。下手な事を言ったら、不適切発言→訴訟に発展する可能性が高いので、健康的問題が有っても担当医でも簡単には口にしません。
    北米で誰も何も言わない=健康的に問題がない訳ではありません。

    英国を含む欧州では、胎児〜乳児の内に親を通して色々な味覚を経験=脳を刺激=育脳になると判明してから、胎児〜乳幼児に色々な味を経験させる事が推奨されています。
    >野菜は数種類、果物も数種類
    >ケーキも毎日
    では、小児医療関係者から教育的指導が入る可能性が高いです。
    成長期の子供の内から菜食主義を取り入れるなら、人並み以上に子供の栄養に関する知識が必要です。子供に
    >栄養はサプリメントを活用
    は賛同されないと思います。
    そして児童保護法も厳しく、滞在許可取得は困難です。

    ユーザーID:7945839162

  • 絶対ムリ

    私は好き嫌いがほとんどなく、食べることが大好きなので、お付き合い・結婚、いずれも偏食の人は絶対にイヤです!

    トピ主さんはかなり重度の偏食ですよ、それ。
    誰でも苦手なものはありますが、限度を越えています。

    あと、みなさん仰っているとおり、大人の偏食は非常にみっともないことです。

    批判覚悟で言いますが、これまで出会った人たちの中で、かなりの偏食の人たちはやはり性格にも問題がありました。

    彼はパートナーとは食を楽しみたいんですよ。
    だからトピ主さんじゃムリなんです。
    別れてあげてください。

    ユーザーID:3532807138

  • 説得する言葉 見つけたよ

     「偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私には分からないよ。
    父も母の偏食を知った上で結婚したよ。子供も元気に育っているよ。健康診断も異常なしだよ。蕎麦がおいしい所へ行っても、私は我慢したよ。偏食を治す努力をしたけど、気持ち悪くて食べられないよ。結婚したら、毎日焼き魚とケーキを彼と一緒に食べたいよ。栄養はサプリメントでね」

     いかがですか?

     あなたのひどい偏食を棚に上げて、彼のことを文句を言えますね。それと、助言してくれた方に対してお礼を言えないのかな。

     トピ主さんは、ケーキが大好きなので卵や小麦粉が入っています。卵焼きは食べられないのかな? 嫌いな食べ物をいきなり食べようと思わず、白身魚を小麦粉をつけて焼いたり、フライにして衣を剥がして食べてみる。これならケーキの材料と変わらないし。ほんの一口から挑戦してみる。食べられるようになると、自信にも繋がりますよ。これが食べられるようになると、他の食べ物に挑戦していきましょう。

     彼は、好き嫌いをしないように、おいしく食事をする楽しさを教えられて育ったのでしょう。生涯を共にする人とは、「おいしいね」と言い合えるような生活をしたいのでしょう。「苦手だけど、食べられるようになったよ」と彼に報告できる日を想像してみてください。

     少なくとも批判ばかりしていると、先に進まないよ。
     

    ユーザーID:6509849547

  • 偏食自体よりも

    治すと言った約束を破った上
    それを申し訳ないとも思わず開き直り
    逆にそれを許さない相手を非難する

    そんな人は誰だってお断りだと思います。

    どうしても完全に治せないものはあるでしょうが
    努力をしていくらか改善したというわけでもなさそうですし
    最初から騙す気だっただけだろう、と思われても仕方ない

    これが偏食じゃなくて他の欠点でも同じです

    トピ主さんと結婚したら、結婚のときにした約束なんて
    あとから平気で反故にして悪びれもしない
    家事も仕事もさぼりまくりで、夫が体調が悪くて寝てたら
    あなたも何もせず休んでるんだからお互い様、と同列扱い
    そんな未来しか見えません。

    ユーザーID:8700698054

  • 食事はとても大事

    食の好みが合う合わない、というのは結婚生活の中で
    けっこう重要だと思いますよ。

    厳しいようですが○○が苦手、食べられない、というのはよくありますが、
    なんというか「食」の概念そのものが偏っている印象。

    >肉はダメ、野菜は数種類、果物も数種類、魚も白身の焼き魚くらい
    >その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています

    「食」の概念が違うというのは自分がそうでも自分の子どもは
    こういう風に育てたくない、と思うのが一般的だから。
    そう考えるとそうでないお母さまに育てられたトピ主さんも
    気の毒に思います。

    お友達との外食などはどうされているのですか?

    私もあなたと同居する自信はありません。
    旅行もつまらなそうに思えます。

    ユーザーID:4666841792

  • 価値観の相違

    食べることに関して興味がない人は本当に興味がないし、それで済むのでトピ主さんが軽く考えていることは分かります。
    別にそれはそれで良いのですが、食欲は三大欲の一つに数えられるくらい大きなものなので、興味がある人にとってはとても大事なことです。
    彼とトピ主さんではそこのところの価値観が決定的に違うので結婚は無理、と彼がいうのであれば同意するしかないですよね?
    その価値観の違いを乗り越えてまでトピ主さんと結婚したい訳でも、好きなわけでもないならもうしようがないです。
    愛されていないのだから結婚は無理。

    ユーザーID:1962271118

  • 私も無理

    自分は嫌いだけど、食べないけど、相手のためとか家族のために嫌いな食材を使って作る・・・なら許容範囲。

    でも、とぴ主母さまはそうでもない食生活を家族にさせて来たみたい。自分の食べられないものは食卓に出さないという。
    だから同じような好きなものしか食べない娘が再生された。とぴ主さん自体が実家の偏食献立を問題視していないしあたりまえだと思っているところが問題。

    仮に夫が我慢しても子育ての食育には向いてなさそう。

    自宅で夕食を食べない出張の多いとか毎日帰りが午前様になる激務か飲んべえなら良いのでは?
    あるいは一年の大半を海の上で仕事する長期の航海の仕事に就いている方とか。

    しか〜し、お子さんができるとそのままではね。ごめん、結婚は遠慮しとく。

    ユーザーID:0975070733

  • 説得も何も

    >ただ、彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが

    結婚するしないの話以前に、
    お付き合いの前提が守られていないのだから、お付き合いを維持することが無理なんです。

    そもそも偏食が直らないってわかっていたら、トピ主は交際対象外なわけで。
    残念ながら、そこまで愛されていないということですね。

    相手の1年を無駄にしたんですよ。
    トピ主、不誠実だなぁ・・・

    ユーザーID:3074203645

  • 他の方も

    おっしゃってますが

    健康だからいい、という問題ではないんです。


    彼にとっては、主様の偏食、食事についての考え方が
    別れる理由になるくらい嫌なことなんですよ


    私も嫌いな物はありますが

    主様のように
    「親譲りだし〜健康だし〜あなただって食べられないものあるじゃ〜ん?」
    みたいな開き直り、めちゃくちゃ腹立ちます。


    食事は基本的に、出されたものは食べる。
    食べれなくても一口は食べる。

    そういうのって大事だと思います。

    健康なのはたまたまで、毎日ポテトチップス食べてたり、毎日ジャンクフード食べてたら、間違いなく健康を崩しますよ。

    糖質OFFダイエットが流行したとき、過剰に糖質を制限することで
    命の危険に陥った人が続出したのを知りませんか?

    友達だったらどうでもいいけど、自分が生涯をともにすると
    考えたら、私はいやですね。

    彼氏さんは主様の偏食もそうですが、「偏食だけど何か悪い?」という開き直りの考え方も嫌なんだと思います。

    ある程度の大人でもその考え方なら、恥じたほうがいいですよ。

    ユーザーID:2436842271

  • 気づいているかな?

    偏食の友人や彼氏ってすごく気を遣っているんだよっていうの気づいている?

    あれもこれも食べれないから、店選びで苦労すること気づいているかな?
    たぶん、新たに開店した店があるから食べにいかない?と気軽に言えないのでは?
    メニューを調べてあれはダメこれはダメって言いそうだから、先に調べておかないとならない。
    調べて食べれそうなのがあれば食べに行く、なければあきらめるって感じだったと思います。

    一番気を使わないのがファミレス。ファミレスならいろいろあるから気を使わなくていい。

    彼自身「ずっとこの状態かな?偏食を少しでもなおす努力してくれてないのかな?」と思ったと思います。
    たぶん友人達も「トピ主さんを誘うと店選び大変なんだよね。だから食べたいのが食べれない」
    と本音は思っているかもしれない。

    おいしい料理を2人でおいしく食べたいと思っても、「あれダメ、これダメ」と言われたら一気に冷めます。トピ主さんは食べれないのだからしょうがないじゃないというかもしれないけど。
    合わせて食べる努力も時には必要だと思うよ。

    親も偏食となると育った過程で食べたことがないものばかりだから、食べれないが多いのだと思います。

    例えば玉ねぎがダメでしたら、生はダメかもしれないけど、コトコト煮込んだ玉ねぎはどう?オニオンスープならあの生の苦さはないよ。
    カレーなどに入った玉ねぎはどう?辛味じゃなく逆に甘味が出ていると思うよ。
    1つ1つ克服というか食に興味をしめしてごらん。だんだんと食べれるようになると思いますよ。

    お相手の相性も大事だけど同じように食の相性も大事だよ。

    ユーザーID:7373012002

  • 人生の楽しみを自分から遠ざけていませんか?

    レス、2度目です。70歳近い年金生活のお爺ちゃんです。苦言ですが!
    1回目は、小学校の時、ニンジンが食べられず、好きな娘に言われ、泣きそうになりながらも食べ、それ以降、食べられるようになったことを記載しました。嫌いなものを無理やり食べるのに、根性で食べることではなく、好きな娘のことを思い、食べることの努力をすれば、食べられるようにもなることを知ってもらいたかったからです。貴方も、好きな相手に好かれる努力をしてみませんかと、言ったつもりなのですが。
    私はニンジンのほかにも、野菜では、トマト・ピーマン.セロリ等も食べられませんでした。ニンジンと同じように『あの甘苦さ』が苦手だったと思います。トマトに関しては、母が考え、お砂糖をかけることで食べられるようになり、ピーマンは、肉詰めピーマンとして食べられるようになってからは、トマトとレタス・キャベツなどの野菜サラダ、ピーマン入りの野菜炒めなども食べられるようになり、食卓がにぎやかになっています。他に、チーズは、歳をとるにつれ食べられるようになり、酒のつまみ、ピザと好物になっています。唯、セロリだけは不得手で、食べられはしますが、率先だって食べようとは今でも思いません。
    女房と一緒に食事をする事が楽しく、寿司屋のカウンタに座って、好きなものを注文するだけでなく、自分で思いつかない新たな料理として、板さんのお勧めも食べられ、楽しいひと時を過ごしています。海外旅行をすることも好きなので、その土地特有の美味しいものを楽しんで頂いています。
    相手の方が好きなら、自分の方で相手の方に近づく努力をされたら如何ですか。一時は一大決心が必要でしょうが、やってみるとできることが増えていくと思います。幸せになられることをお祈り致して居ります。

    ユーザーID:5427716682

  • 無理だなぁ・・・

    結婚相手を選ぶにあたって 食べ物の好みは重要です。
    夫がもし 好き嫌いが多い人ならば 結婚はしてなかったと思います。
    私にも食べられないもの 嫌いなものはありますが
    人と一緒に食事をするときは 一応なんでも食べるようにしますよ。

    肉ダメ野菜もほぼダメ魚もほぼNG・・・こんな人とは食事したくないですね。
    ましてや一緒に生活なんてむりです。

    毎日ケーキとサプリ・・・ 結婚相手の食事の支度はどうするつもりですか?
    義実家や義関係の親族との食事会も 食べられませ〜んを押し通すつもり?

    あなたが頑張っても食べられない様に
    彼も 頑張ってもあなたとの結婚生活が無理 という事です。
    諦めましょう。

    ユーザーID:1729552417

  • 無理です。

    実の子供でも、好き嫌いの多い子と食事するのは嫌です。

    それを、赤の他人とずーっとなんて想像さえできません。

    ユーザーID:5001658107

  • 約束破ったことはどうするの

    >私から交際を申し込んだ際
    、偏食のことてで一回断られており
    、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした

    だって偏食のことで一度断られているんでしょ?
    治す治す〜て言って治さなかった。


    この状況で何を説得するの?
    説得できる要素全くないじゃん。
    彼は将来の子とを、見越してそう断っただと思う
    子度の食育とかさ、、、、

    それすら
    なに、ケーキ毎日とか「栄養はサプリ?
    そんな女性に自分の子を産んンでもらいたくないですよ・・当然。

    彼はそんなあなたが嫌いなんでしょう。

    一次振られているんだから もう諦めなよ。

    同じように偏食仲間と結婚したらいいじゃない。

    ユーザーID:9663344664

  • 自分が食べないものでも、彼のために毎日料理しますか?

    うちも夫と私の好きなものが違う(食べられない訳じゃないけど、国が違うから好みの味も違う)ので、
    似たような悩みがあるけど

    私の場合には、夫用にXXを作って、私ようにAAを作って
    って両方作って問題を解決してたよ
    同じ材料で味付けだけ替える(彼はほうれん草のソテーで、私はほうれん草の胡麻和え)とか、
    メインの料理の食材を替えるとか(彼はバターたっぷりのステーキで、私はシャケの焼き魚とか)

    うちは家事はほぼ外注なので、私が作るのは多くて週2-3回だから
    そこまで負担じゃなかったので、あまり偉そうなことは言えないんだけどね


    主さんも、彼を説得したいなら、
    「毎日2種類お料理を作るから、ちゃんと彼には彼の食べたいものを作るよ。心配しないで」って言ってみたら?

    ユーザーID:4181079106

  • 好き嫌いが多いのが原因ではないよ

    偏食を直すことを約束して付き合ってもらったのに
    結局、その約束は守らなかったんですよね。

    トピ主さんは「何度頑張っても」と書いているけど
    彼からみたら頑張っているようには見えなかったんだと思う。

    食べ物を前にして、やっぱりだめーむりー!っていう
    パフォーマンスを繰り広げるだけで
    例えば、食べやすいように料理を工夫してみたり
    精神的な理由を考えてカウンセリングを受けてみたり
    そういうことをしてみましたか?

    彼は、自分のために一所懸命に偏食を克服していく
    けなげなあなたを期待していたのに、心底ガッカリしたでしょう。
    だから振られたんですよ。

    口ばかりで、努力をしない。
    そればかりか蕎麦の件で彼を責めるなんて最悪です。
    性格的にも、これは合わない、一緒にいるのは無理だって
    彼は思ったんですよ。

    だから偏食だっていいじゃない!って声高に主張しても
    意味がないです。
    あなたが嘘つきで、自己保身のために人を責める性格だから
    ダメだったんですよ。

    ユーザーID:7692101781

  • 偏食でもいいけど、作りましょうよ!

    私も好き嫌い多いので、トピ主さんに同情してあげたいですが・・・

    私は嫌いな肉やネギ類の料理は(!)します!夫や友達が「ステーキ食べに行こう!」といえば、一緒にいって、ステーキではないモノを頼みます。◯◯専門店なら困りますが、普通は何か(自分が食べられるモノ)ありますよね。

    「嫌いな物を触るとアレルギーが出る!」というのでなければ、肉や野菜使って美味しい料理作りましょうよ!

    自分が食べられなくても、美味しい肉料理や野菜料理を振る舞うと、彼はきっと心変わりしてくれますよ!

    愛する彼と結婚したいなら、そのくらいの『苦労』してくだいな。

    ユーザーID:0012841216

  • 私は無理

    いろいろなものを食べるのが大好きなので、私の場合は
    トピ主さんのように偏食が激しい人とは付き合えない(友人づきあい含め)
    と思います。彼にとってもそうなんじゃないかな。

    ユーザーID:0979386589

  • 伝え方の問題

    好き嫌いが多いとか偏食とか否定的な言葉を使って説明するから聞いているほうも否定的な感情を持ってしまうのです。同じことを伝えるにしても否定的な言葉を使わないようにしてみてください。

    例えばトピ主さんのような食生活なら、ベジタリアンだと説明しましょう。

    野菜や果物はもうすこし多くの種類を食べられるようになったほうが良いとは思いますが、ベジタリアンなら肉や魚を食べなくても問題ないでしょ?
    日本や中華でも精進料理があるし、欧米にもいろいろな料理があるのでそういうものをちゃちゃっと作れるようになったら最高です。

    日本人だとベジタリアンはあまり多くないかもしれませんが、外国人も増えてベジタリアンメニューを出すレストランも増えてきてます。
    そして、次の彼氏はベジタリアンの中から探しましょう。

    ユーザーID:3374112398

  • 次に行く

    トピ主さん。大事なことを忘れていますよ。
    お母さんも偏食なのでしょう?でもお父さんと結婚してあなたが生まれている。
    つまり世の中には偏食家と結婚する人もいるわけです。
    だけど偏食を許容出来る人もいれば許容出来ない人もいる。それくらいわかってますよね?
    偏食はあなたの都合。アレルギーなどの健康上の問題とはわけが違う。
    あなたが偏食のまま生きていくのはあなたの自由ですが、同じように彼も偏食じゃない人と
    付き合う自由がある。自分の自由は認めて欲しいが彼のは認めないなんて通るとでも?
    それは偏食以前に傲岸不遜です。
    繰り返しますよ。世の中にはあなたのお父さんのような人も存在はするんです。
    そういう人を根気よく探すしかないですよ。でも彼はダメです。あなたは選ばれません。

    ユーザーID:3155076552

  • 以前、見合い相手の男性で

    好き嫌いが多いって人がいて、話を聞いていて、何を作っていいのかなって感じでお断りしたことがあります。
    結婚は毎日の生活。はじめっから支障があるのが分かっているなら結婚しない方が賢明だと思います。

    食事があわない人との生活は難しいと思います。だってトピ主さんも結局偏食治せないんですよね。

    仕方ないんですよ。彼に無理やり結婚してもらっても、結局うまくいかないと思いますよ。

    偏食も治せず、彼や未来の子供のために肉でも何でも心を込めて料理するっていう自信がないなら(たぶん作る決意をしたとしても結局実行には移せないと思いますよ。)彼のためを思うなら、もう解放してあげましょう。お別れしてあげなさい。

    ユーザーID:3172704319

  • 一年、棒に振っちゃいましたね。

    あなたも、彼氏も。
    最初、偏食を原因に交際をお断りされてる実績?があるのですから、
    この一年間でトピ主さんがするべきは、偏食の克服、もしくは
    偏食というデメリットを補って余りある魅力を彼氏に示して「君無しではいられない。
    君の○○(魅力)の前では、偏食なんて些細なことだ。」くらいの気持ちにさせるか
    だったと思います。
    で、どちらも出来なかったってことなんでしょう、今回の敗因は。

    まあ、世の中には妻が極端な偏食でも気にしない、あなたのお父さんのような男性も
    いなくはないので、そういう人を探しましょう。
    お父さんに意見を聞いてみてもいいかもしれませんね「お母さんのどこが好きで
    結婚しようと思ったの?偏食は気にならなかったの?」って。

    ユーザーID:1046273062

  • 人生損してる

    勿体無いなあ。。

    私も夫も、友人達も皆、グルメな人ばかりです。
    ワインに合わせた様々なお料理をいただく。

    旅行も、その国の美味しいお店を探して行くし、どこに行くのでもお食事は大事!というかもう目的です。

    まあ趣味の違いですが。。

    勿体無いなあと思います。
    友人も減っちゃうし、結婚したくても難しくなったり。

    ユーザーID:6820177773

  • 食事が不味くなるんです

    極端な偏食の人を前にすると。

    >その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています
    じゃあレストランいけないね。
    ファミレスしか行かない。
    ていうかファミレスでもいきなりご飯とケーキを牛乳で食べてたらゾッとする。

    人生のイベントには食事がつきものです。
    あなたと人生共にしたらどこへも行けません。
    旅先でもあなたの食べられるところで名産は無理、
    クリスマスもチキンは無理、
    結婚式でもあなたは座ってるだけ、
    子供が生まれてお食い初め無理、
    子供のお弁当も味見が出来ない、
    ピクニックも同様、
    そういうのぜーんぶ諦めろって言うの?

    振られてるのに、
    それ諦めて私といてって無理でしょ。

    私は前に異常に唐辛子が好きな子とランチしてたんですが、
    あまり行かなくなった時に、他人にどうして?と聞かれたんです。
    食事が不味くなるって言ったらうなずいてましたよ。

    極端な偏食は相手の食事を不味くさせるんです。

    ユーザーID:3391288164

  • まずは付き合う条件をクリア

    付き合う条件が、「偏食を治す」だったのに未だに治す様子がない。
    つまり、付き合う条件を満たしていないから、結婚なんて考えられないでしょう。
    自分の母親も偏食だから仕方がない。それでも子供を育てられたから大丈夫って。
    偏食の子しか育っていませんよね?
    つまりあなたと結婚すると、偏食の子が育つと言うこと。彼はそれが嫌なんですよ。

    あなたは自分でも苦手な料理は作らないでしょうし、彼が頑張って食卓に色々なメニューを並べたとしても、母親は「苦手だから」の理由で食べずに許される。子供だって言うことなんて聞きませんよ。
    ある程度の好き嫌いは誰にでもあるでしょうけど、あなたのは酷すぎる。
    彼と一緒にいても、食事ごとに店選びも気を使って疲れているんじゃないですか?
    結婚は生活です。1日3食そんなでは疲れますもん。

    ユーザーID:1673717988

  • そのうち肝臓を壊しますよ

    偏食を常時サプリで補うのは、肝臓を壊すもとです。

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
    >両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

    結婚は二人でするものですよ。
    あなたは、自分の健康のことしか考えられないのですか?

    彼としては、自分が食べたいものを奥さんが作ってくれないのも嫌なのではありませんか?
    嫌いな食材を美味しく料理出来るわけがありません。
    だってその食材の良さが分からないのだから、良さを活かした料理なんて作れないでしょう?

    私も婚活で偏食が酷い男性や健康管理が出来ない男性は、お断りしていました。

    自己管理が出来ない人には、知性や教養を感じません。
    知性や教養がなくても医学的には死にませんけどね。
    人としてはアウトだと思っています。

    ユーザーID:0298759525

  • これは無理

    あなたが「大丈夫なんだから!」と言った所で
    彼にも選択の自由があるんだから
    もう無理でしょ。そもそも約束自体、反故にされている訳だし。

    あなたと結婚して家庭を持ったら

    「肉はダメ、野菜は数種類、果物も数種類、魚も白身の焼き魚」
    とプラス「蕎麦」が食事に出てこない家庭になるよね?
    子どもに足りない栄養をサプリメントで補うつもりなの?
    怖いわ。普通に。ムリムリ

    でもあなた以外の偏食のない人と結婚して家庭を持ったら
    せいぜい食べれない食事は「蕎麦」程度で済むわけだし。
    蕎麦位だったら、別に大人一人分くらい別で用意すればいいだけですから
    子どもが蕎麦を食べれなくなるリスクはないですしね。

    自分の親はこうだった!自分は大丈夫だった!
    もっと酷い人いるし!!
    …じゃなくてさ、なんで彼は下方向に頑張らなくちゃいけないの?
    普通〜に 全く偏食が無い人の方が多いです。
    結婚できるならそっちを選びたいという彼は普通です。

    あなたは、その偏食と偏った考え方を自然に受け入れてくれる人を探したら?
    正直、その偏食っぷりはカウンセリング受けた方がいいくらいと思いますけど。

    ユーザーID:9684269765

  • 極端な偏食はみっともないです

    勤め先の100キロ越えと思しき女性が、嬉しそうに、ワタシ、アレだめー、アレもだめー、食べられなーいと、さも自慢気に言ってるのを思い出してしまいました。
    たまにいますよね、何か食べられない食材があると、あたかもそれを食せる方が異常、私の味覚感覚は普通よって上から言う恥ずかしい人。
    トピ主さんは、食材レベルの話じゃない偏食なんでしょ?そもそも恥ずかしくないんでしょうか?
    そして、どなたか他の方もおっしゃってましたが、自宅でのお料理はどうなさるのでしょうか?健康に気を配ったバランスの良い、たくさん食材品目を使った料理を、トピ主さんが用意してあげられないのなら、充分に結婚出来ない理由になります。

    食は身体をつくる基本だと思うし、それ以上に、美味しい好物を食べて心を満たすことは人生で大きなウェイトを占めると思います。
    お相手の男性からは、だから、トピ主さんを「見限った」のです。自分の伴侶ではないって。
    結婚してから分かるより、ゴタゴタが小さくて傷口も浅いと思いますよ、良かったのではないですか?

    ユーザーID:9530529732

  • 彼の我慢は7、トピ主さん1

    トピから数えた内容です。
    彼の我慢の数
    1肉
    2野菜
    3一部の果物
    4青魚
    5煮魚
    6刺身
    7偏食を直すという約束の不履行

    トピ主の我慢の数
    1蕎麦

    彼とトピ主さんの我慢比は7:1。

    つまり、彼はトピ主さんの7倍我慢しているということになるのがお分かりでしょうか。

    しかもこれはトピックスに書かれた内容から出した数字ですので、実際の我慢比率はもっと高いことは想像できます。

    しかも、乗り越えられる根拠がトピ主さんのお母さん引き合いに出しているといトピ主さんのマザコン度の高さを想像できます。
    男性のマザコンはよく引き合いに出されますが、女性のマザコンも嫌がられる案件ですよ。

    新たに偏食家の男性を探した方が建設的だと思いますよ。

    ユーザーID:2361665348

  • トピ主さんは自分に甘いんだよ

    偏食があっても仕方ない。

    偏食を治せと言われてもできない。

    あんただってソバだめなんだからお互い様。

    母親が偏食してたって子供は元気に育つんだから心配無用。

    四の五の言わずさっさと私と結婚しなさいよ。

    って言ってるのに、彼が私の言う事ききません。どうしたらいいでしょう。


    って内容のトピ文だよね。

    ユーザーID:0653989055

  • 無理でしょう

    私は、結婚相手の条件の中に『好き嫌いが少ない』が
    入ってました。
    夫は、好き嫌いがほぼ無いです。

    子供らも好き嫌いは、ほぼ無いです。
    ご飯作るとき、全く何も意識せず作れます。

    私も好き嫌いほぼ無いのでね。

    息子らにも、「結婚相手は、好き嫌い少ない人にしなね」と
    言ってあります。

    食卓に上がる物の食材が限られているなんて、
    そんな人生になってほしくないです。

    しかも、選べた相手が原因なんて。

    なので、選ぶ時は、『好き嫌いない人』です。

    トピ主さんが、交際申し込まれて、相手が年収150万で、
    「せめて、年収500万無いと交際しないです。
    500万目指して努力してくれるなら、交際してもいいです」と
    言ったとして、転職活動頑張ったけど、無理でしたー、
    150万のままだけど結婚してくれるよねと言われても
    オッケー出来るんですかね?

    それじゃ、生活出来ない、無理って思いますよね。

    そのくらい、無理です。
    好き嫌い多すぎの人との結婚は。

    トピ主さんのお父様みたいな人をさがすしかないですね。
    年収150万でもいいよと言ってくれるような人なので
    とっても少ないかもですが。

    ユーザーID:8029958233

  • 無理かな


    正直、無理だと思います
    私も偏食な方ですが
    トピ主さん程ではありません。
    そして結婚しましたが、たまに
    好き嫌いが多すぎると言われます
    し、結婚したら
    どちらかが食事を作るわけですよね?
    トピ主が作るとしたら
    別々な物を作るんですか?それともトピ主が食べれるものだけで作るのですか?

    別々な物を作るのってかなり大変ですよ
    同じものだとしたら
    それがずっと続くと考えたら相手はやっていけません。

    相手の方が作るとしても同じです

    いままでは相手の方が好き嫌いが、少なくて助かっていたんですよ?

    トピ主さんが好きな物
    相手の方が全て食べれなかったらどうするんですか?


    気持ち悪いって気持ちはわかります
    私も生野菜が嫌いで
    食べたら嘔吐いて涙が出てくるくらい嫌いです。
    でも昔は火を通しても細かく切られても食べられませんでしたが
    大人になり少しずつ食べていたら
    火を通してシッカリ味付けしたものは食べれるようになりました。
    今後のためにも直して言った方がいいですよ

    ユーザーID:9332983148

  • なんで価値観を強要するの?

    貴方にとっては些細な事でも彼にとっては大事なことなんですよ

    なんで価値観や考え方を強要しようとなさるの?
    余計なお世話でしょうけど、好き嫌いはともかくとして、そういったところは本当に治した方がいいと思うよ。
    もっと言うと約束を破る性格も無理。

    偏食家ってだけでもきついのに、価値観を強要しようとする・平気で約束破る
    もうこれだけ揃ってたら「お付き合いは無理だな」って誰でもそう判断すると思いますが…


    偏食だと健康の問題もさながら、一緒に食事を楽しめないのが嫌
    結婚して子供が生まれたとして子供も偏食になるもしくは親の偏食のせいで子供まで偏った食生活を送ることになる

    サプリはあくまで補助でサプリで栄養とれた気になってる、その物知らずっぷりもすごいですね。
    今まで付き合ってくれただけでも感謝した方がいいよ。

    あともう1つ言っておくけど味覚って慣れだから1回だけ、一口だけ食べてだめでした〜で言ってない?
    おそらく慣れるまで食べようとはしてないですよね?

    一切努力しないとか貴方には呆れるところだらけです。

    ユーザーID:5001674582

  • います、そういう人

    私の知人にも居ます。
    あれがイヤ、これがイヤ、とにかく好き嫌いが激しく、一緒に食事には行きたくない相手です。
    料理が運ばれるたびに顔を歪めてあからさまに拒否表現。
    私は美味しいと思って食べている物にも平気で文句を言って酷評する。
    一緒に居ててとても不愉快にさせられるんです。
    全てが自分基準で自己中。疲れるのです。

    多分、あなたの彼もそんな心境なのではないでしょうか。

    チャンスをもらいながら、好き嫌いを無くす努力を怠ったのはあなたですから諦めるしかないのでは。

    ユーザーID:6202212305

  • 約束を果たしていないじゃない

    >彼には私から交際を申し込んだ際、
    偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、


    ↑ね?

    彼が「蕎麦」を食べられないことを引き合いにだすのは
    見当違いもいいところです。

    ユーザーID:1031373675

  • 残念ですが

    トピ主さんは、偏食のお母様に育てられた、ある意味被害者です。
    その点では大変お気の毒ですが、お蕎麦以外食べられない物がない彼とは、結婚出来ないと思います。

    きっと彼は、色々な物を食べる楽しさや大切さを教えられながら育ったのでしょう。そういう方からみれば、トピ主さんとの食事は苦痛です。ましてや、一緒に暮らす事、結婚などは無理なのです。

    あと、私にも息子がいますが、栄養を考え旬の美味しい食材を食べさせる為に、時間もお金も使って育てましたので、何でも食べる事ができます。
    その息子のお相手が、トピ主さんの様な「偏食を受け入れろ 」という方なら、結婚は反対します。

    ユーザーID:2149193299

  • 結婚てね

    生活そのものなんですよ。

    いま一緒にいて楽しい・・・・だけでは長続きしないの。

    トピ主様と結婚したら肉はだめ、魚も野菜も限られたものしか出てこない・・・・・

    想像しただけでつまらない食生活になりそうですよね。

    >彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが

    この一年、彼もトピ主様も食事が楽しくなかったんじゃないですか?
    トピ主様は気持ち悪くナウ・
    彼にしてみれば「美味しいね」と喜びを旧友出来ない。

    これでは結婚生活は長続きしません(交際そのものも)

    それから蕎麦の件ですが、もしかしたら彼って蕎麦アレルギー?

    まあそうじゃなくても

    >彼は蕎麦以外なら日本で一般的に食べられているものなら、好んで食べないものはあっても食べられないものは基本ないので

    食べられないものが一転だけの彼に対して食べられないものの数が多いトピ主さあでは分が悪いよね。

    ザンネン、諦めましょう。

    ユーザーID:5796375048

  • 残念ですが

    主さまは「振られた」のです
    理由なんて関係ない

    未婚の男女とはそういうものです
    相方の偏食が大丈夫なひとはその問題点を上回る魅力を相方に見出してるだけ

    外からみてなんの問題もなくても合わなければ別れるもの
    主さんは相手を結婚したいくらい魅力的に感じているけどお相手からはそうじゃなかった
    よくあることです結婚はご縁ですから

    諦めて次いきましょう
    ただその偏食ぶりですとかなりご縁がないと難しそうではありますね
    お母様のご縁にあやかれると良いですね

    ユーザーID:2808610416

  • 明るい提案! その2

    アメリカに来ませんか?
    という提案がありましたが、
    イギリスもいいですよ!
    国民のほぼ全員が激しい偏食で、
    あなたの偏食なんぞ全く目立ちません。
    「××抜きで」どころか、
    「私は○○しか食べません」
    と言い放つ人も多く、皆堂々としています。

    苦しい思いをしてでも何でも食べられるようにならなきゃ、
    というのは日本独特のカルチャーですね。
    私(50代おばはん)は大体何でも食べられますが、
    強制されたら息苦しいです。
    イギリスの食文化が味も健康面も
    日本よりかなり劣っているのは確かですが、
    それでもみんなそれなりに幸せ。
    いいじゃないですか、自分の好きなものを楽しく食べれば。
    案外栄養なんて足りているものです。

    ユーザーID:6689918619

  • マジで言ってんの?

    「その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています。」

    って、呆れてものも言えません。

    「その代わり青汁を飲むようにしています。」ならまだしも・・・。

    それと彼がお蕎麦を食べないことを鬼の首でもとったかのように責めてますが、あなたの偏食とは比べものになりませんよ。

    育った環境が大きいって本当ですね。
    ご自分がいかにおかしいか分かっていない。

    お母さんがそうだったからって、肯定される内容じゃないですよ?
    私が相手の親だったら結婚に反対します。

    他の方も書かれてますが、お子さんが生まれたらどうしますか?
    小さいころからサプリあげるんですか?
    「ご飯と牛乳とケーキを食べていれば大丈夫よ♪」なんて言うつもりですか?

    食育って本当に大切です。
    私は実家がどちらかというと健康志向の強い家庭だったので、結婚してからもその流れでやっています。
    そうすると知らないうちに子どもたちも同じような考えになっていました。

    例えば中学生の息子は「甘いケーキにはノンシュガーの飲み物を合わせる」とか、「外食でお昼にカロリーの高いものを食べたら夜は野菜が多めのヘルシーなメニューにする」とか、言われなくてもやっています。

    食事って生きていくために必要なことで、健康にも直結しますし又楽しみでもありとても大切なことです。

    それをアレルギーがあるわけでもないのに食べないのはただの好き嫌いです。
    私も好き嫌いは多い方ですが、やはり体のためを思って我慢して食べています。

    気持ち悪いからって努力もせず治さず結婚しろは違うでしょう?
    とても大きい問題ですよ。
    彼が正しいです。

    ユーザーID:1855424911

  • レスします。

    トピ主は彼から「好き嫌いをなくせ」と言われても出来ないのでしょ?
    だったら彼にも「結婚してよ」と言っても出来ません。

    簡単な話です。
    変えられるのは自分だけ。
    相手を変える事は出来ません。

    ユーザーID:9688955900

  • 「食」って、ライフスタイルそのものだから

    タイトルの通り、現代日本社会では、「食」って、ライフスタイルそのものですからね。
    食=ライフスタイルが合わない人どうしが、夫婦、親子、家族として共同生活をすることは困難。
    別居婚とか食事は完全別とか、よほどのすれ違い家族を許容するなら別だけど。

    yamaさん( 5月21日 4:19)が書いているように、結婚相手としてトピ主さんを見る場合、子供への影響も気になると思う。
    子供が偏食に育つのは避けたいと、彼も思ってるんじゃないかな。
    この人、食にポリシーがありそうだし。

    トピ主さんも、この彼と結婚したら、自分が嫌いな食べ物を料理して食卓に出すように要求されるよ。
    それって苦痛じゃない?

    彼とのさよならを受け入れて、彼は偏食がなくて蕎麦アレルギーに理解のある相手を、
    トピ主さんは自分のお父上みたいに、食にこだわりのない大らかな相手を選ぶ方が、
    お互いに苦痛やストレスがなくて幸せになれると思う。

    以前テレビで、夕食は毎日シチュー、カレー、ポトフのローテーションという夫婦を見ました。
    でも2人とも問題ない様子。
    当人同士がよければ(栄養が偏りすぎてなければ)、それでいいんだよね。

    ユーザーID:0563011146

  • 説得は無理だと思う。

    そもそも、結婚するにあたりお互いの食の嗜好ってかなり重要ですよ。
    ここが根本的に異なる人とは、長い共同生活は続かないと思います。
    衣食住、この3つは生きるための基本です。
    その、生きていくための根本の考え方が異なる人と一緒に生活するのは、
    最初は良くてもだんだんと苦痛になると思います。
    もちろん食の好き嫌いは誰にでも多少はありますが、最大の問題は、トピ主は「嫌い」が多すぎることと、
    それを克服しようとする意志が全く感じられないことですね。
    アレルギーなら仕方ないですが、「これ嫌い!あれも嫌い!ケーキなら大丈夫!」って
    一緒に暮らすには厳しすぎますよ。

    ユーザーID:5781559344

  • 食生活が合わないのは、結婚に向かない

    トピ主さん、結婚生活は毎日毎日何年も続くのですよ。
    一日も我慢できない事を一生我慢などできますか?

    トピ主さんは、頑張っても受け付けない、
    彼もまた同じですよ、そういう偏食の人を結婚相手として受け付けないのです。

    トピ主さんにとって、「偏食OK」の別の人を探したほうがいいですよ。

    自分は我慢出来ないから、配偶者にずっと我慢して欲しいなんて、
    先の無い結婚はしないほうが、彼だけでなく、トピ主さんの為だと思うよ。

    ユーザーID:5723175938

  • お互い様?

    蕎麦だけでお互い様とか言っちゃうんだ。
    でもさ、偏食が過ぎるトピ主さんを受け入れられないんですよ。
    そこまでの愛があなたにはないって事。
    わかりませんか?
    説得とかじゃないんです。

    私の苦労がわからないと言うなら
    わかる人と結婚して下さい。

    ユーザーID:2357756864

  • 食事を一緒に楽しめる事は結婚の必須条件の人は多い

    私もその1人です
    だって毎日3度のことだもの
    食に関する人生のウェイトはとても大きいです

    あなたと今後の生涯を一緒に過ごす為には
    その後の人生の食の楽しみをゴソっと奪われる事が
    必須となるわけです

    冗談じゃない!と思います

    彼は、なんとか一緒に過ごせるレベルまで
    改善出来ないか、一応試みてみた。
    おそらくどこまで許容できるか彼自身考え
    ご自身の許容範囲を広げる努力は
    なさっていたのではないかと思います

    その上で、彼の許容範囲まであなたが努力して
    食生活を改善してくれるか頼んでみた
    でもダメだった
    そういう話なのでは?

    あなたの食の嗜好はとても特殊で根深く
    とても変更できないとわかったのですから
    あなたの食の嗜好に近い男性を探した方が
    お互いのために良いのでは?

    ユーザーID:5769467680

  • 無理をして結婚しても修羅場になるだけ

    お子様が出来、また主様と同じ様に好きな物しか食べれないお子様に育ったとして、お子様も不幸です。

    主様の年齢だと学校給食もあったはずですが?
    お母様の料理ばかりでは無いかも知れませんね。

    ごり押しして結婚して、お子様が生まれてから離婚などなるより、合わないと思った時点で別れる方が余程良いと思います。

    主様が偏食でも良いと言ってくれる人か、おそばが大好きと言って付き合ってくれる人を探す事です。

    恋愛と結婚は別物とよく言いますが、長年連れ添うには食の相性も大事だと思います。
    今が潮時かも知れません。
    別れて次の人探しましょう。

    ユーザーID:2200986125

  • 私でも無理かなぁ

    想像したら、簡単

    1、あなたに合わせた食生活では早々にストレスになる

    2、子供まで偏食になるのが嫌

    だって、一般的には、女性が家事するでしょ?
    なら、あなたの偏食だけで、自分の食べたい物が食べれず、かりにお互い好きに家事するとなって、あなたは「その匂い・見るだけでも嫌」とか言いそうだもの

    楽しくない食卓、、嫌だな
    多くの一般的な男性は好きな女性が自分の好きな料理を作って一緒に食べるとか癒されそうじゃないですか?

    愛情を感じる一つの行為では?料理って

    彼が、偏食であなたと結婚出来ない
    あなたが、偏食でもサプリで大丈夫!健康よ!

    言葉は違えど、押し付けあってるのは間違いない

    けど、食生活って大事、食べるって楽しいから
    彼も食べるのが楽しい人なんですよ
    それを、開き直り、サプリで大丈夫!偏食でも健康!とか言われてもね、、

    ユーザーID:2247509806

  • 彼はトピ主の苦労を理解した上で別れたいと答えている

    偏食を直すという条件で付き合い始めたのに、直すどころか逆ギレ。
    あげくの果てに「あなたも蕎麦食べないからお互い様」と開き直る。
    そんな女と結婚したい男なんているわけないじゃん。
    彼を説得するなんて無理だし、トピ主は同じくらい偏食の人じゃなきゃ一生結婚できないと思うよ。

    彼は我慢して一年付き合って「やっぱり無理」と思ったんだよ。
    トピ主の苦労がわかるからこそ、自分の子供には同じ苦労をさせたくないの。
    自分の子供がトピ主みたいな偏食になったら嫌だと思うから、トピ主とは結婚できないし別れたい。
    「偏食が酷すぎて無理」と振られたのに、それを言葉だけで翻意させるなんて不可能ですよ。

    ユーザーID:8378526531

  • 一緒にいて、楽しみを共有できないと判断されたのでは?

    「彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており」

    彼様は食べることが大好きなのでは?また、それによって得られる幸せを共有できる人が、好みなのだと思います。

    「偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした。」
    「一年付き合い、お互いに結婚を考えるようになった会話が増えてきたのですが、先日「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」と話をされました」

    彼様、1年は主様の言うことを信じて、待ってくれていたようですね。

    「主様が自分の偏食を理解してくれる彼氏がほしい」と思っているように、彼様も「自分と楽しみを共有できる彼女がほしい」と思っているにすぎないのでは?

    つまり「主様といても、つまらない」「つまらないことを払拭するだけの、魅力を感じない」と。
    簡単に言うと「主様をそれほど好きじゃない」と。


    要するに、相性が悪いのだと。

    主様のことを理解して、まるごと好きでいてくれる人を見つけた方がいいのでは?

    余談ですが、主様の母様も偏食ということは、生まれてくる子供も偏食の可能性が高いのでは?
    彼様が父になった時、家族中が偏食だったら、楽しみを家族で共有することは、不可能になりますよね。
    食べることが好きな人にとっては、その状況は「お先真っ暗」と言います。

    「子供を偏食にしないようにする」と約束したところで、できない約束をして交際を申し込んだ主様の言葉って、信頼性はどのぐらいあるのでしょうか?
    美味しいと思わないものを美味しく調理することって、難しいですよ。美味しさを理解できないのに、美味しくすることは難しい。

    私は、肉じゃがが好きではないので、作る時は夫に味見してもらいながらじゃないと作れませんよ。
    ちなみに好き嫌いなし。食べること大好き。好きじゃない肉じゃがも食べられます。

    ユーザーID:9127379891

  • 彼にも意思がある

    それって相手を愛してるというより、自分のことだけですよね?

    あなたが分からないというように、彼にとってもあなたの偏食は理解できないし、無理なんです。

    食とは命に繋がります。
    あなたはそれでよくとも彼にとっては良くないのです。

    自分のことはもとより、将来子供が出来たときにそれが受け継がれるのも嫌なんだと思います。

    価値観が違うのです。価値観が違いすぎる結婚はしんどいだけです。
    好きだけでは継続していけるものではありませんから。

    あなたも偏食がやめれないなら、止めることはないです。
    ただ彼のことは諦めるほかありません。

    幸せになりたいと思う権利は互いに同じです。どちらかがNGを出せばそこで終わりなのです。それが恋愛です。
    今は簡単に離婚も多いですが、基本結婚はそこからは逃げれませんから。

    彼を愛しているなら受け入れてあげてください。

    ユーザーID:3274534608

  • トピ主さん誤魔化してるよね。

    >でも彼も私の大好きな蕎麦を食べられないので、私も旅行などで蕎麦所に行っても食べられないことが何度もあったことや、私も無理に食べようとすると気持ち悪くなるので、お互い様だと思っています。

    蕎麦屋に入ることも拒否してるんでしょ?
    「食べられない」と言葉を濁しているけどこの状況からすると蕎麦アレルギーじゃないですか?
    蕎麦屋にだってたいていは蕎麦以外のメニューありますから。
    アレルギーとわざわざ表記しないことで彼と自分を同レベルとしたい思惑が見えます。

    何でもかんでも自分の都合の良いように事実を捻じ曲げて持論を通そうとするトピ主さん。
    偏食云々よりその性格の悪さで結婚が遠のきそう。

    もし彼がアレルギーじゃなく、ただただそばを見るのも嫌、店に入るのも断わる!という極度のそば嫌いだったのならごめんなさいね。

    でもそういう人であればトピ主さんの数少ない食べられる食料を拒絶する人とは生活しにくいですよ。
    トピ主さんの為にも結婚はしない方がいいですよ。

    ユーザーID:2298271321

  • 試しに食べてみては?

    歳をとると、だんだん味覚って鈍くなります。
    昔嫌だったものが意外と食べられるってこと…ありますよ。

    私も青魚のお刺身やお寿司が嫌いだったんですけど
    30過ぎたら、食べられるようになりました。

    観光地で馬肉を食べたら意外といけました。
    子どもの頃はたしか嫌いでした。

    セロリ…子供の頃は嫌いでしたが、今では好物です。


    試しに食べてみては?
    最初はおいしいところで食べてみるのがポイントかも。

    食べてもオエッてなるくらいなら
    彼と結婚しても苦しいだけ。
    ラクな方を選んだ方がいいですよ。

    ユーザーID:9118855998

  • 多少の好き嫌いは許せると思いますけどねー。

    普段何食べてるの?っていう感じの食生活してそう・・・。
    デートの時も結構いろいろ食べるところ選ぶのに困らせてそうなイメージ。

    私も「野菜嫌い」な人と付き合っていたけど、最後のころは「いい加減にしろよ」って思ってました。
    アレルギーならともかく、偏食は単に好き嫌いが多いだけですからね。

    一生を共にしていくのに、彼は食の好みが一緒じゃないあなたを伴侶には選べなかったんでしょうね。
    食生活を含めて、価値観の相違って外せないものあるのではないでしょうか。
    彼の為に偏食を直すか、主食がサプリメントの新しい伴侶を探すこと、かなあ。

    ユーザーID:8040802158

  • 彼の蕎麦はアレルギーじゃなくて?

    蕎麦どころで、あなたが蕎麦を食べて彼はうどんやご飯ものでもいいのに食べれないということ、気持ち悪くなるという表現から、彼の蕎麦がダメというのはアレルギーなのでは?

    結婚しても、同じものを食べれない(トピ主の方が圧倒的に)まして、あなたが食事の準備をしようものなら、あなたが食べれるものしか作らないのでは?という不安。
    それが毎日、毎食何年も何年も〜でしょう?
    無理ですよ。

    そういう想像を元に彼は判断して結婚しないと決めたんでしょ?

    ユーザーID:8047223066

  • 約束してもどうにかなると思ってたのですよね

    反故にしても。それに旅行してもそれではファミレスか昼間ケーキ食べるだけで旅行の楽しみの一つである食事が一緒に楽しめないと思ったのでしょう。それにしてもこういう人はたまにいるのかな?以前も同じような投稿があったように記憶します。だとしたら、何度聞いても同じことです。酒を飲みながら、何かしら肴を食べるといったお付き合いも家での期待もできない。友人に会わせても殆ど何も口にしない、などでは付き合いづらいです。
    偏食はなおします、といっても、今までも何度かその話は出ていたのでしょう?その時あなたはどんな態度や返事をしてきましたか?相手は、自分が尊重されていないと思ったのでは。
    かたやケーキばかりでサプリ、かたや普通の食事を望むとすれば食費も嵩むし、帰宅してからその人は自分の食事を自分で作ることになるのか。自分のためだけに。それは独身時代とあまり変わらないですね。

    一緒に旅行して生活を共にした時が実感としてわかってお付き合いは無理だと思ったと思う。だとしたら、相手に翻意させるのは難しいです。

    ユーザーID:7275250077

  • 説得はできません

    説得できる問題だとでも?

    彼はあなたと別れたいんですよ。
    妻に美味しいお料理してほしい、一緒に美味しいねって言いながら団欒したい。でもあなたとはそんな普通のことはできない。

    関係は破綻してるの。

    振られた事実を飲み込んで、彼にしがみつくのやめましょう。

    世の中偏食男はごまんといますから、誰かと付き合う事を諦める必要はないです。
    偏食を直す気がないのだから、そんなことしなくてもいいお相手を見つけましょう。

    ユーザーID:9017511908

  • 大半の人は結婚を辞めると思う

    説得などしないで欲しいです。
    「食」は生きていく上での基本です。
    その基本が出来ていない人間とは家庭は作れないですよ。
    その上トピ主さんは自分の偏食を肯定して欲しいのでしょ?
    自分は食べれなくても彼にはバランスのいい食事を作るとか、子供は偏食に育てない努力をする…ということが、出来そうにない印象です。
    多分、万が一 子供が出来れば、子供も十中八九 偏食に育つと思います。
    仕事して帰ってきて、毎日ワンパターンのご飯しか出されなかったら、うんざりします。
    彼もそれを考え、結婚など出来ないと判断したのでしょう。
    トピ主さんは自分と同じように偏った食生活をしている人と結婚した方がいいですよ。

    ユーザーID:6711192850

  • 無理です

    根本的にはトピ主さんも犠牲者ですが、直す努力をしないのはわがままなだけ。偏食家庭で育ったから異常性を感じていないだけです。
    トピ主さんは生まれながらの偏食だったのではなく、家庭での食事習慣でそうなってしまったのですから、直す気があれば直せるはずなんです。
    私の母も偏食家で、自分の食べられるわずかなレパートリーしか出さなかったので、そのせいで私も子供の頃は相当偏食で学校給食も食べられないものばかりでした。
    でも寮に入って、食べた事のないものでも食べざるをえなくなって、次第に改善されました。今はほとんど何でも食べるし、料理もできます。

    トピ主さんは、親といっしょもしくは生涯1人暮らしなら今のままでも生活できるでしょう。
    でも、もし彼氏が妥協して結婚できても、ちゃんと栄養を考えた子供の食事は作れませんよね。
    旦那に全部食事を作らせるのですか?でないと子供にも偏食の連鎖が続きますよ。
    無理して作ろうとしても、自分が食べられない料理をおいしく作れるわけがないのです。私の母がまさにそれでしたから。

    彼は蕎麦アレルギーなのではないですか? 
    そうでなくても、1品だけ食べられないだけで、お互い様にはなりませんよ。その理屈ならトピ主さんも1品以外食べられるようになりましょう。
    結婚しないで1人身だったら、最終的には、ほぼ介護ホームですよね。その時に偏食だと今より何倍も苦労しますよ。

    ユーザーID:0237723355

  • 価値観の違いを乗り越えられなかった

    彼にとっては、好き嫌いはどうしても受け入れられない価値観の違いだったし
    トピ主さんにとっても、どうしてそれぐらい?と思う程度のこと。
    お互いがお互いの価値観を受け入れられなかったし、どちらか一方が我慢して
    どうにかなるような線を越えてしまった問題のようなので
    次に行くしかない気がします。

    ただ、次にいい御縁をつかむためには
    トピ主さんももう少し上手くやったほうがいいかもしれないです。

    好き嫌いって、「ある」のは仕方ないですが
    おおっぴらに公言するのは度を超えてしまうのです。
    ある意味ではTPOに合わない服装をする人と同じところがある。

    みんなが予定調和のなかで波風立てずに過ごしているところへ
    私はこれしか無理だから!と場違いな自己主張しすぎる人って
    「どんな育ちをしてきたんだろう?」って思いますよね? それと似ています。

    それにトピ主さんの場合は、小さいころから
    お母さまの暗示にかかっているだけ、という気がしなくもない。
    お母さまは人が食べているのを見て
    「そんな気持ち悪いものよく食べられるわね」と言い放つ人なのでは?
    だから食べたら気持ち悪くなるだけとか?

    彼は一度、改善してほしいとはっきり言っているわけですから
    彼にとって、トピ主さんの好き嫌いは単なる嗜好の問題ではなく
    ・親離れができていない
    ・自分に甘い
    ・意志が弱い
    ・空気が読めない
    ということの証明になってしまった。

    彼が「大切な人に合わせたいから落ち着いたスーツで来てほしい」と頼んでも
    「母が似あうといった」「自分もこれしか着たくない」という理由で
    真っ赤なミニスカートをはいてきそうな人と
    結婚は考えられない。そういうことだと思います。

    ユーザーID:4741737708

  • 説得は無理

    トピ主さんに食べられない物が沢山有る様に、彼は偏食の激しい女性を受け入れ難いのでしょう。
    好き嫌いが直らないのは、自分が一番ご存知の筈でしょうに。

    偏食を直す約束を守れなかったトピ主さんに彼を非難する資格はないですし、説得する方法も有りません。
    彼に「偏食くらいで」と言うなら、偏食くらい直しましょう。

    ユーザーID:4138944880

  • 食の相性は本当に大切

    アレルギーではなく単なる偏食であれば、
    申し訳ないですが個人的には友人でも苦痛です。

    あれダメこれダメって本当に面倒。
    楽しく食事なんて厳しいですよね?

    彼の望み通り、お別れされた方がいいでしょう。

    好物の蕎麦を食べられないのはお気の毒ですが、あなたがストレスを
    感じている様に彼もまた同じ様にストレスを感じているのです。

    食の相性が良くないというのは、一緒に生きていくうえで致命的だと
    個人的には思います。

    ユーザーID:1664523817

  • 多分

    彼はアナタを結婚相手にしたいほど好きじゃないのよ。一度断られたんでしょ?しかも偏食が原因で。でもアナタが改善するから!ってしつこく食い下がってきたから仕方なく付き合ってみただけ。でもアナタは一向に改善する兆しさえ見えない。それどころか偏食を開き直って結婚を迫る勢い。そりゃ「え?この女何言ってんの?」ってなるよ。

    彼はそろそろ好きで付き合ってる訳でもないアナタに見切りをつけて本格的に生活上の価値観が合う結婚相手を探したいんだよ。結婚に関する話題が出たのもそういう事。彼との結婚は無理だろうから諦めなさい。

    アナタがどうしても結婚したいなら結婚相談所に登録して婚活するのが一番いいんじゃないかな?それでもかなり酷い偏食だからなかなか上手くいかないと思うけど。

    ユーザーID:1069183209

  • それは無理!

    あなた、料理はどうするつもりなの?

    自分が食べられない物が多いということは、当然食べれない食材は使わないんでしょ?

    じゃあ、無理ですよ。

    今ですら、偏食があるから無理と言われているのに、結婚してうまくいくわけがない。

    毎日、食べ物のことで喧嘩になるのは目に見えています。

    少なくとも、アレルギー以外の食べ物を食べられるように努力くらいしないと。

    肉もダメ、魚もほぼダメ、野菜も果物も限られるって、食べるものないじゃない!

    そんな人と結婚しても、楽しくないです。

    彼は蕎麦が食べられないだけでしょ?

    嫌いなものが1つしかない人にとって、あなたほど偏食のある人とはやっていけません。

    あれこれ食べたいものがあっても、いつもいつもいつも我慢しなくちゃいけない。

    99%彼が我慢するようなものです。

    結婚生活で食事はかなり重要な要素です。

    それが合わないということは、うまくいかないということ。

    あなたの父親は、食事にうるさくない人なんでしょう。

    でも彼にとって食事は大事なことなのです。

    同じように好きなものを食べて、美味しいねと笑顔で食事できる人と結婚したいのです。

    私も、好き嫌いの多い人は無理です。

    そういう人と食事してもちっとも楽しくありません。

    それぞれが別々のものを頼むのならいいですけど、焼肉もお寿司も行けないんでしょ?

    そんなつまらない生活、したくないです。

    偏食を直すという約束だったのに、直してないあなたが悪いんですよ。

    食に感心のない人と結婚するしかないですね。

    結局、好き嫌いを直さなかったあなたも悪いし、親も悪いんですよ。

    アレルギーならともかく、ただの偏食なのに子供の頃に直さなかった親も悪い。

    恨むなら、親を恨みましょう。

    彼を説得するのは不可能だと思います。

    ユーザーID:7092012460

  • いやなんだって

    偏食をなくすことで付き合いが成立するはずだったのに
    治せなかったんでしょ?
    それがすべて

    そもそも偏食する人とは付き合えない
    ってはっきり言っていたのだから
    彼に落ち度は全くない

    ユーザーID:2748234709

  • 偏食は

    自分は良くても毎日一緒に食事する人にとっては苦痛です。毎日同じ物ばかり。
    私の兄嫁も結婚当初は食わず嫌いの偏食でしたが、同居の母が少しずつ食べさせているうちにほとんど直りましたよ。トピ主も少しだけ食べてみては? 案外美味しいかも。

    あと三十歳とのこと。
    三十過ぎたら今までの不摂生が少しずつでてきますよ。

    ユーザーID:7364908740

  • 猶予期間を交渉する

    半年とか1年とか、猶予期間を交渉して
    好き嫌いを直す努力をするしかないでしょう。

    無理ならお別れかと。

    ユーザーID:1715732867

  • リストを作る

    彼を引き留めたいのですよね。

    >彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めた

    彼と付き合い始めてから、努力して食べられるようになったものはありますか?
    もしあるなら、リストアップして彼に見せてみてはどうでしょう?

    今まで頑張ってこれだけ食べられるようになった、これからも努力して食べられるものを増やす。と交渉できると思います。

    もし何もないのなら、彼を引き留めるのは難しいと思います。
    彼は、この1年間、トピ主さんが食べる努力をしなかったと考えるでしょう。


    >両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

    彼はここを心配しているかもしれません。
    自分の子供がトピ主さんのように偏食になってしまったら嫌なのでしょう。
    結婚を決められない理由はここかもしれません。

    ユーザーID:1539235410

  • 頑張っても無理な事はあります。

    二言目には、母も同じ偏食と言いますが・・・

    結婚するのは、トピ主さんとその彼です。

    お母様には無事、
    お父様と巡り会えたチャンスがあった訳です。
    きっと貴女もの訪れることでしょう。

    最初に偏食を理由にお断りしてきた彼です。
    一年間付き合った結果、やはり同じだっただけ。

    偏食を直せない貴女は悪くありません。
    そして、
    同じ食への価値観を求める彼もね。

    お互い我慢のない別の人生を歩みましょう。

    ユーザーID:8608286340

  • 人間性だよね

    多分彼は「偏食」ってことよりも「自分勝手」なあなたが嫌なんだと思う。

    約束して付き合ったんだよね。
    約束を守れない悔しさとか、どうやったら偏食を直せるかとかの努力ではなくて、彼の出来ないことを見つけて「お互い様でしょ」っていうその幼さ。

    でも努力より何より一番それが簡単なんだよね。
    お互い様だから許せ、みたいな。
    実際子供が怒られると反省するよりも「ママだって」云々、違うこと言ってくる。論点違うでしょ、っと諭してますが。

    これが毎日だと嫌だなー。何かあってあなたに伝えると「だってあなただって」と話を曲げてくる。反省して自分を変えるより楽だからね。
    こういう所わかっちゃったんじゃないかな。

    彼はあなたの苦労が分からないけど、あなたも偏食の彼女がいる彼の苦労を知らないでしょ。食事は楽しいものなのに毎日が苦痛とか地獄だわ。

    彼を愛しているならわがまま言わず別れてあげなさい。
    彼はあなたを信じて待ったんだからね。

    信じた人に裏切られる、彼も絶望してると思うよ。

    ユーザーID:7924821849

  • まぁ・・

    今「昨日何食べた」ってドラマやってるじゃないですか〜
    見てみたらいいんじゃないですか。
    すこしは食に対して興味持ってみたら?

    食事って一緒に暮らす様になったら毎度の事だから・・・
    食の好みが一緒とか、大事にする感覚が一緒とか結構重要ですよ。
    楽しみの部分だったりするし。
    その偏食の人が日々の料理とかどうするつもりなんでしょう?
    正直食に興味がないから自分(旦那)のごはんも手抜き料理になりそう・・
    そう思われても仕方ないのでは?
    あなた彼に手料理とか振る舞った事あります?
    料理したことあります?
    結婚したらどうするのかな?
    自分は食べないけど、彼の分はちゃんと作りますか?
    もうその辺から一緒に暮らす相手ではないと思われてると思いますよ。

    ユーザーID:7950925142

  • うーん

    トピ主さんちの食卓を想像しても楽しくないし、約束したのに彼の愚痴悪口で全てに幸せ要素が大きく欠けている。

    彼もトピ主さんも他の人と結婚した方が、幸せになれると思う。

    特にトピ主さんは同じような人を探した方が良いですよ。

    楽しい食事の時間に「あれが嫌い、これが嫌い」と顔をしかめている人と一生いるのは嫌です。

    ユーザーID:0105671530

  • 食事は毎日の事だから

    食べられないものが多い人が大変だっていうのはわかります。
    人間どうしても食べられないものはありますからね。

    でも、食べたいものを食べられない辛さもあります。

    彼は、あなたと結婚して一緒に食卓を囲むようになった時のことを、思い浮かべたんだと思います。
    食卓には、ごはんと数種類の野菜と白身の焼き魚とサプリメント
    毎日毎日きっとこれだけ。一生ずっと。
    「耐えれらえない」と結論したんでしょう。
    あなたが旅行でそば処に寄れなくて残念だった気持ちを、あなたと結婚したら彼は毎日毎日何十年も繰り返すことになります。

    彼専用のおかずを作るっていいますか?
    いやいや、そんなの続かないし、それだけの偏食の人は食材に触るのもいやでしょう。

    多分あなたがどんな案を出して復縁をしようとしても、
    「付き合うとき偏食を直すと約束したのに守ってくれなかった。」
    っていう経緯がありますからね、信用はしてもらえないでしょう。

    縁がなかったと思って次に行きましょう!

    大丈夫、世の中には、食事はカロリーメイトだけでOKという人もいますから!

    ユーザーID:6903244728

  • みんなそれぞれ理由は自分の中にあるからなあ

    とりあえず、私はトピ主さんが偏食でも別にいいと思います。
    世の中にはベジタリアンの人もいるし、私自身だって例えばアマゾンの奥地の虫料理(誤変換じゃないです)は食べられないと思う。
    いくらおいしいよと言われても、でっかいいもむしさんを食べるのはちょっと。
    食わず嫌いですけどね。

    健康がどうこうっていう話も、まあわかりますよ。
    一日何十本もたばこ吸う人でも80歳まで病気一つしないとか、普通にいますしね。
    食べ物もそうだと思う。

    だけど、そうじゃなくて、結局「日常をすり合わせられるか」なんですよ。問題は。

    例えば私だってさっき書いたような、アマゾンで虫料理を食べて育った人と大恋愛した場合、あちらのご実家に行って虫料理をふるまって頂いて食べられるか…と言われたら、本当に大恋愛したらわからないけど、とりあえず今の想像だけではちょっと無理かなあと。
    あと、相手のために虫料理を作ってあげるっていうのも難しい気がする。

    でも別に、あちらと同じ文化圏の女性からしてみたら普通のことなんですよね。

    こういう「日常のすり合わせ」って、一緒に暮らす時は重要ですよ。
    もっと身近なことで言うと、例えば犬嫌いの人が犬好きの人と結婚するのはハードル高いとか。

    「結婚を躊躇する理由がわからない」とあるけど、偏食だからっていうのはそれ自体が直接の理由っていうわけでもない気がするよ。
    「日常が合わない」っていうほうが重要かも。

    もっとトピ主さんに合う人が他にいると思うよ。

    ユーザーID:2287823988

  • 食べることに何の興味もない人を結婚すればよい

    それは私でもお断りですよ。

    他の方もおっしゃっていますが、結婚生活って結局食事の割合が一番大きいのです。
    そこにそんな大きな制約があるなんて。
    旦那さんが料理するなら絶対トピ主さんに合わせるなんて絶対嫌だろうし、トピ主さんが作るにしてもちゃんと肉とか野菜とか使って料理できるんですか?自分が食べないとしても。

    でも朗報です。
    この世には食事に全く興味がない人が一定数います。

    とにかくカロリーさえ取れればよい。毎日同じものでもいい。とにかく食べるのが面倒だから一品でドーンと出されるだけで良い。
    そんな人です。私の会社にいるのですよ。毎日栄養補助食品のブロックでいいという人が。

    多分そんな人なら毎日ケーキでも蕎麦でも、カロリーと栄養が取れれば満足してくれると思いますよ。

    後は外食ばっかりだから家で食事はとらないよ、っていうような男性ですね。
    これはちなみに私の会社の社長ですが、365日中360日は飲んでますから、家で食事はとりません。
    こんな人もおすすめです。朝ごはんだけ作ればいいのですから楽勝ですよね。

    ユーザーID:2834937295

  • 約束を守らなかったのですよね?

    彼は最初から偏食の彼女は嫌だと言った。
    だけど、あなたがその場しのぎで治すと言った。
    しかし、一年たっても偏食は治らず、開き直る始末。
    そこで一年前の状況に後戻りしただけ。

    彼は蕎麦だけ食べられないのに対して、
    あなたは食べられる物の方が少ない。
    お互い様とは言えません。

    あなたのお父さんみたいに、
    偏食を受け入れてくれる人を探した方が幸せですよ、

    ユーザーID:5729437626

  • 既出かと思いますが、

    アレルギーと偏食を一緒にしないでくださいね。

    お子さんを持ちたいのならその酷い偏食を直さないと教育にも影響が出ますよ。

    それに交際の時に約束したのでしょ?
    それを反故しておいて説得も何も無いですよ。

    もっと言えばサプリは”補助食品”です。
    それで健康診断で正常だからと言って健康なわけありません。

    更にケーキは大好きって、いずれ成人病になります。

    もっともっと言えば、食事はコミュニケーションの場でもあります。
    それを、あれもだめ、これもだめだったら楽しくないですよ。

    ちなみに”私の苦労がわからない”と彼に対してキレるのなら一緒に居ない方が良いのではありませんか?

    そもそも論で何故主様がそんなにも価値観(それも一番重要な)が合わない人と結婚したいのですか?

    ユーザーID:6089345480

  • 私も偏食すごいです

    苦手な物は本当に吐いてしまいます。我慢もしようにも身体が受け付けない。
    だからトピ主さんの気持ちは凄くわかります。

    偏食がわがままだというのはわかっているんですよね。わかってても食べられないんだから仕方ない。私はもうアラフォーですが、一生このままだとは思います。

    私が食べられないのは生魚。お刺身、寿司が食べられません。あと、エビカニシャケなど赤い魚は火を通しても無理です。
    そのほか納豆、梅干し、トマトなど苦手な物はたくさんありますが、とりあえず生魚とエビカニシャケ以外は口に入れることは出来るので、出されたら無理して食べます。

    生魚もエビカニシャケは口にしません。
    冠婚葬祭の席など、運が悪いとほとんど食べるものがない時もありますが、食べてるふりをして場を乗り切ります。

    主人は偏食ではありませんが、味覚が子どもみたいな人で、ファミレスメニューが大好き。
    なので、私の偏食は特に気にならないようでした。エビフライは時々お惣菜で買って食卓に並べます。
    主人側の親戚には当然よく思われてないみたいですが、偏食ですみません、と頭を下げています。

    子どもも偏食が多いので私のせいだと言われますが、仕方ないです。

    結婚相手は、食のこだわりの無い方じゃないと難しいと思います。
    世の中にはそういう方たくさんいますよ。
    もちろん結婚してからも、偏食だと苦労はしますよ。でも相手にも迷惑かけるわけなので、それは仕方ないと思います。

    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:0934807171

  • 結婚してから最後のときまで

    何十年と一緒にいる相手ですからね
    食は日常ですから合わない相手と一緒にいるのは無理だと思います
    勿論好き嫌いはみんな多少ある人が殆どだと思います
    ですが多少だからお互いにすりあわせることが出来るのです

    あとは皆さんが書いてあることに私も同意見です

    そして単純に食の問題以外に気になったのが、トピ文を読んでいて、あなたがとても自己中心的な考えだな、と思いました

    彼氏さんは食だけではなく総合的にトピ主さんとはやっていけないと思ったのではないでしょうか

    ユーザーID:7476446001

  • 説得って?

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
    両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。


    元気に育てばいいってものじゃない。
    年取ってから骨粗鬆だとかいろんな不具合が出るかもしれないし、それ以前にデートで食事に行っても「あれ嫌これダメ」と言われたら気分悪いし、それに付き合わされて入れるお店が限定されるのも楽しくない。

    一緒にいて楽しめない人と結婚なんて考えられない、と言うのがそんなに理解できませんか?


    健康だからと言っても、トピ主のように「偏食を治す条件で付き合ったのに、結局何だかんだ言い訳して治さない自分に甘い性格」だとか、彼の「唯一の苦手」とトピ主の「多岐にわたる苦手」を一緒にして彼も自分と同じだと言い張る図々しさとか、彼を「説得」したいという上から目線とか、そういった偏食に絡む諸々のことが嫌だって言ってるんでしょう。



    トピ主のお父様はお母様の偏食を受け入れても良いと思えたのでしょうけど、彼は無理だと思った。それだけのことです。

    そもそも彼とは、条件付きのお付き合いだったのに、彼とは「対等」「お互い想いあってる」と思ってるのが不思議です。
    1年付き合ったからと言っても、その1年はトピ主さんが約束を守る人なのか、人柄を見極めるための期間だったのでは?

    お父様が受け入れたんだから彼もそうすべき、という理屈は通りません。
    お父様と彼は違う人間ですし、お父様がお母様に向ける愛情と同じだけの熱量を彼がトピ主に向けているわけでもない。


    自分が偏食だから、我が子が偏食に育っても構わない、と言う考え方(トピ主の主張ってそういうことですよね)は私も嫌です。
    偏食自体を正当化しようとするのもなんだかなぁ、ですが。

    ユーザーID:3893987107

  • 変わる気がなさそう

    苦手なものがあるのは気にしなくていいと思うんですけど、
    ケーキも毎日等々、何が悪いのぐらいと開き直っている印象を持ちました。

    食事をする際に「あれもダメこれもダメなんだ」と口に出していませんか?
    私も魚貝類がほぼダメですが、口には出しません。
    蕎麦も少ししか食べられないのですがうどんやご飯ものがあれば大丈夫なので
    「このお店はダメだ」と言うことも滅多にありません。

    想像ですが、理解してもらいたいために主張しすぎてやしませんか。
    アレルギーなら周知しないとまずいでしょうけどね、

    まぁ・・・魚介類は我が家の食卓にはのぼりません。
    食べられるものもあるのですが、匂いがとにかくだめで、
    食べたかったら自分で調理して掃除までしてねと話してあります。
    くさい・・というと嫌な顔をするので思うだけです。

    ユーザーID:3255630375

  • 約束を守れないのだから仕方ない

    肉はダメ、野菜は数種類、果物も数種類、魚も白身の焼き魚程度 対 蕎麦だけ では
    お互い様ではないですね。

    結婚したら気持ち悪くて食べられないものも食卓に出せますか?
    お子さんが生まれたとして、お子さんにも偏食なんて問題外、そう言い切れますか?

    例えば外食してもあれもダメこれもダメ、そういう相手に合わせることで自分も制限され楽しいはずの食事が苦痛に。
    そういう彼女でも一緒にいたい相手なのかどうか。
    そう考えた時、彼の答えはノーなんだと思います。

    ノーと言われてるんですよね。
    私も食は大切だと思っているので彼の考えは理解できます。

    偏食は治せないのが前提で、どう説得されれば結婚に考えが向くのか・・・
    自分に置き換えて考えてみましたが、思いつきません。

    ユーザーID:4005749727

  • そりゃ嫌だわ

    あなたの1週間の食事メニューを書き出してみてください。
    多分みなさんびっくりですよ。
    アレルギーではなく、ただの偏食ならそれは育った環境の違い、価値観の大きな違いということです。
    食の考えは人それぞれですが、そこまで違うと大変です。

    あと、気になったのですが料理はするのですか?
    あなたはそれしか食べないとしても、夫には最低限バランスの取れた食事を料理して用意するのですか?

    私の母は豚肉が苦手でどうしても食べられませんでした。が、家族のために普通に料理してました。本人が豚肉の入った料理に手を付けないだけで。
    だから私も弟も普通に豚肉食べられます。

    少なくともあなたの母親はそうしなかった。あなたもしないつもりなんでしょう?
    偏った食文化を持つ人との結婚は誰でも辛いですよ。

    ユーザーID:5026508616

  • 説得は無理とは思うけど

    まぁ、諦めきれないなら、彼の気を引く方法を試すしかないわよね。

    まず、偏食が理由で嫌われちゃった訳だけど「わたしは食べられなくても、作るのはOKよ!」と云う事を、実際に作って見せるのはどうかしら?

    トピ主が苦手な食材を使って、レパートリー豊かな料理の数々を披露する。
    「アナタにも子供にも、ちゃんとした食事を作って出します!出せます!」と云う事を証明するのよ。

    或いは、トピ主のモノゴッツイ稼ぎを提示して
    「家庭内の料理も、お金で解決します。高級仕出しでも家政婦さんでもわたしが雇って、アナタにも子供にも貧相な食卓を我慢させません!」
    とかね。

    彼は、トピ主の偏食が彼や彼の子供にまで波及すると思うから、結婚は無理!と言うのでしょ。ソコを「そうじゃない!大丈夫!」とする根拠を明示すれば、説得できるんじゃない?
    間違っても「わたしの偏食を理解しないアナタが悪い!」と言う立場でモノを言わない事ね。絶対、ますます嫌われるだけだから。

    まぁ、頑張って。

    ユーザーID:5349043888

  • 結婚したら、彼の親族・友人・仕事関係者との付き合いも始まるよ

    それだけ食べられない物ばかりの女性なんて、彼が恥ずかしくて連れて行けないのが何故分からないかなぁ。
    夫婦セットで招待される会食機会は、結婚すると増えますし。


    夫が言っていましたが、夫や夫周辺で良く話す、結婚相手に求める最低条件は、

    美人or可愛い
    一般常識がある
    愛想が良い
    人見知りしない
    お酒が呑める
    好き嫌いがない

    だ、そうですよ。

    ユーザーID:0056102764

  • 偏食をなおさないんだから

    交際も続けられないし、結婚もできないって話だと思いますけど。

    偏食をなおさず彼氏を説得して結婚したいっていうのは虫がよすぎますよ。

    要は「約束を破る女と結婚できない」ってことですよ。

    ユーザーID:0362495680

  • まぁ、しょうがない

    あなたは「偏食を直すから」といってお付き合いをお願いしたわけですよね。
    それなのに、1年たっても一向に直さず、挙句の果てには「偏食は悪くない」とばかりに逆キレ状態。

    そんなあなたの態度が、結婚相手としてはふさわしくないと彼は考えているわけです。

    あなたは「一度付き合っちゃえばこっちのもの」と思っていたんでしょうがね。
    彼と本当に結婚したいのなら、この一年の間にいろいろとやれるべきことはあったと思いますよ。

    でも偏食直す気ないですよね?彼と偏食を天秤にかけたら偏食が勝つということですよね。
    じゃ、しょうがないですよ、この結果でも。

    それと、他の皆さんがレスでおっしゃっていますから今更ですが、「食育」という言葉を勉強すべきだと思いますよ。

    ユーザーID:8889507628

  • 約束を守れない人だからでしょう?

    2回目ですが

    偏食を理由に断られ、治すことを条件に付き合ったのであれば
    トピ主はその条件を満たさなかったからお別れ
    極普通な気がしますが・・・

    1年続いたのだから彼もトピ主が治す姿勢を見せていればもう少し考えたかもしれません
    けれどトピ文を読む限りは大した努力はしていなさそうです。

    偏食を「良くない事」と思っている人は自分は偏食だったとしても子供には偏食させないようにするものですがトピ主さん(とお母様)は悪いことと思ってないから子供にも偏食をさせるわけです。
    でも彼は偏食が嫌い。
    それならトピ主と毎日食卓を囲むのは無理だろうと思ったのでしょう

    彼と話し合って偏食を治す方向で頑張るか
    偏食はやめられないからと別れるかどちらかしかないと思います

    ユーザーID:3621016571

  • お付き合いなら良いけど……

    結婚ってなると偏食はかなり不利だと思います。
    結婚するってことはお正月やイベント事になると
    義実家などにも帰省したりしますし
    その際の食事はどうするのですか?
    我が家の場合、みんなで集まった時は
    お寿司をテイクアウトしたり
    お肉を食べに行ったり義母の手料理を
    振舞ってもらったりします。
    その時にトピ主さんは
    私偏食なので食べれないです。と言うのでしょうか?
    正直かなり気を使うと思うし
    言われた側も嫌だと思います。
    少しの好き嫌いならまだしも食べられないものが
    多すぎるとなると…。

    後、私の持論ですけど
    自分が食べてないものって作れないと思うんですよ。
    作れてもあんまり美味しくなかったり。
    そういった場合やはり結婚は躊躇するのではないでしょうか。
    彼氏さんは多分好き嫌いが多いのが嫌なのではなくって
    好き嫌いから起こる問題を危惧しているんだと思います。
    トピ主さんがもっと
    偏食を治したい!という姿勢だったら
    彼も違ってたかもですが
    トピ主さんは自分のお母さんのことも
    肯定してしまってますよね。
    そういう、治さなくても良い!という態度を見てると
    将来子供が産まれたら、子供も偏食になるのでは?とか
    全くの他人の私も不安に思っちゃいました。

    私もちなみに若い頃偏食でした。
    同じく偏食の母に育てられ
    高校生くらいになって友達とかと
    外食によく行くようになった時に
    あれ、私っておかしい?と思い
    それから必死に治しましたよ。
    なんだったら私は母ともそれで大喧嘩になりました笑
    なんで今までもっとちゃんと色んなもの
    食べさせてくれなかったの!!って。

    トピ主さん、偏食は本当に治した方が良いです。
    アレルギー検査にでもいって、食物アレルギーが出ないものは
    どんどん食べれるようになりましょう!
    正直、きついと思いますが
    それでも治す価値アリです。

    ユーザーID:5723265911

  • もし偏食でも料理の腕前が一流に凄いなら。。。

    偏食だけれど料理の腕前が凄いのなら彼も考えるかも?。

    偏食で仰る通り努力しても食べられないと言うなら無理強いも出来ませんね。
    その代わりと言っては何ですが、もし料理の腕前が素晴らしいのなら彼も少しは考えるかもしれません。

    結婚後料理は妻がするものと言う考えは古くなってきており、共働きならどちらか出来る方がやるべきです。
    しかしながらトピ主さんは女性と言う事で子供を産むこともある訳です。
    子育て期間中また、その後専業主婦になる可能性も出てきます。
    そんな中、自分が偏食だからと子供も同様にするのはあまりにも可哀想。
    子供も偏食なら子供も将来トピ主さん同様偏食が原因で恋人と別れる事もありますね。
    また仕事して遅くに帰って来る夫に料理もろくに出来ず栄養サプリやケーキだけテーブルに置いておくのも、それこそ離婚原因となります。

    此処でトピ主さんが幾ら偏食でも栄養ある様々な料理完璧に出来るならこれはこれで素晴らしいと思うのですが?。

    で、どうです?。トピ主さんの料理の腕前は?。
    しかし、凄い偏食なのに凄い料理上手と言うのもギャップあって、ある意味魅力かも。。。
    可能性としてトピ主さんの料理の腕前次第で彼も考え直すかもと思いました。

    ユーザーID:4630032878

  • 治す気がないから

    結婚は無理なんじゃないですか?

    30才になるまでその状態できちゃったのは、ある意味お気の毒な人です。
    「親は選べない」ですからね。
    失礼だけど母親がわがまま放題、子どもを育てていくという意識が皆無だったのです。
    お父さん、よく結婚を続けていましたね。
    それにもびっくりです。

    トピ主さんも、少しでも偏食を治そうという気持ちはないのですね。
    健康診断にも異常はなく(今はね)、栄養はサプリでいいと思う人には他人が何を言っても
    通じないでしょう。

    もし結婚して子どもが生まれても、同じことを繰り返すのでしょ?
    だから結婚そのものはしない方がいいですね。
    これはすべてトピ主さんの親に原因があるので、本当におかわいそうな人たちと思います。

    ユーザーID:8508975507

  • 私も嫌だ

    同じ職場に、やはり偏食ばかりの女性がいます

    普段から「魚介類はダメ」「カレーもだめ」って感じですが、いい大人なのに「こんなに食べられないものがある繊細な私」と言いたげなところが見え隠れして鬱陶しいです

    一度、彼女と日帰り旅行に行きましたが、旅先の感じのいいレストランでも、あれダメこれ食べられないと大騒ぎしていたのでげんなり、その後は誘われても断っています

    アレルギーなどは別にして、やはり普段の食事はあまり選り好みしないで「これ、おいしいね」「ほんと、おいしい」と穏やかに頂きたいものです
    彼も、そういう方と一緒になりたいと思われたのでは?

    ユーザーID:9794304441

  • 食の好みは大事

    私も昔好きだった人が、ものすごい偏食でした。
    みんなで鍋を囲んだら、食べられたものが白菜だけでした。
    特に魚がだめということで、"こりゃだめだ"って思いました。
    私は食べることが大好きなので、一緒にいろんな物を食べにいって、おいしくてうれしい気持ちを共有したいんです。
    偏食家の人と食事しても楽しくないですよね。

    ユーザーID:9603009944

  • 説得は無理でしょ

    トピ主さんが少しでも食のバリエーションを増やさない限りは、説得は無理だと思いますよ。

    あえて嫌いなものを食べられるようになれとは言いません。
    それがトピ主さんの食の価値観なんですから、今更変えなくてもいいと思いますよ。
    それと同様に彼の「偏食がひどい女性とは結婚できない」って言う価値観も変えられません。

    トピ主さんだって「自分の偏食を無理に治そうとする男性」と結婚したいですか?毎日毎日「これを食えあれも食え、食えなきゃ離婚だー」なんて言う男性と一緒に生活したいですか?
    トピ主さんの「苦労」とやらを理解しようとしない男性でいいんですか?

    そんな欠点に目をつぶってまで、結婚するメリットってなんですか?

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
    理由はいっぱい見つけられますよ。
    ・同じものを食べて同じ喜びを分かち合えない
    ・自分の子供を偏食で苦労させたくない
    ・自分の好きな食べ物を否定さるような相手と生活できない
    ・将来的な健康面に不安を感じる
    etc,

    >両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して
    多分お母様はそれを上回る魅力があったのでしょう。生憎トピ主さんにはその魅力がないのです。

    大多数の偏食家さんたちは、自分たちが一般的じゃないことを理解しているのですが、トピ主さんは三十にもなっているのに、自分の客観的なポジションを認識できていないようです。
    もしかしたら母上の偏食を許す許容範囲が広すぎる父上と、自らの偏食を正当化してしまった母上の育て方にも瑕疵があったのかもしれませんね。

    正直、そんなトピ主さんに偏食であることを覆せるような女性としての魅力は多くないのだと思いますよ。
    彼の他のトピ主さんの偏食を許容してくれる男性を探した方がいいと思います。

    ユーザーID:1068958222

  • 私も嫌だわ

    偏食は勝手ですが、
    そういう人と一緒に食事することになったら、
    考えただけでも憂鬱だわ。
    結婚したら それが毎日。
    食卓の貧しさを想像したら、
    もう無理。
    子育てなんて、1ミリも考えられない。
    でも偏食さん本人は平気なのね。開き直ってるみたいだし。
    なのに偏食じゃない方が苦しむなんて、おかしいわよ。
    しかも蕎麦だけ食べられない人と自分を同じと捉えてしまうあたり、
    常識に関する感覚も、かなり違うみたいだしね。

    今の彼氏との結婚は無理。きっと義両親のウケも悪いと思う。
    その彼氏とは結婚までこぎつけたところで、上手くいかないわよ。
    あなたと食の傾向が似た人を探さないとね。
    頑張ってね。

    ユーザーID:2335034817

  • 何も同じグループに属さなくともよい

    ストレス溜まりますよ。お互い。

    親よりも長い月日を共にする(かもしれない)配偶者と、そんな感じで大丈夫なのでしょうか?

    トピ主さまご自身がおつらくなりませんか?今でもこんな調子なのに…

    この前も法要で好き嫌いの激しい親族が、食べられるものだけを食べたのか心づくしのお料理の残骸が悲惨な事になってました。
    口をへの字にして箸先で選り分ける所作は座を白けさせていました。

    だからわざわざ無理して同じグループに属さなくともいいと思うのです。

    同じく偏食の人を配偶者にした方が、長い結婚生活を考えると絶対いいと思うけどなあ…

    ユーザーID:7866983931

  • タイプじゃないから

    彼は好き嫌いなくなんでも食べる女性が好みなんですよ。

    タイプじゃない相手との結婚を無理強いするわけにいかないでしょう。
    今まで付き合ってくれてありがとう、とサラッと別れましょう。

    ユーザーID:1685733846

  • 気長に相手を探すしかない

    食生活でその家の躾け度数が判ります。トピ主さんの偏食度はちょっと異常。食べないものを料理するのは難しいから、自然と母親の偏食が移ってしまうのですよ。そして、このループは間違いなくトピ主さんのお子さんにも受け継がれてしまいます。トピ主さんの代でしっかり偏食を治さないと。

    それが嫌なら、あなたのお父様のように奇特な方を探すしかないと思います。ただし、あなたの食の好みにあわせると、食欲が減退する年代の方でないとお相手が見つかりませんよ?

    あと、他にも?と疑問に思われるところがあるのではないですか?食べ物の問題だけではなく、考え方や言葉遣い、態度。説得しても彼の考えは変わらないと思いますし、説得されて付き合うものでもないでしょうに。
    大体において、偏食傾向にある人は人付き合いも下手。人の好き嫌いも激しいんですよ。表面上、我慢しておつきあいしなければならない場面は、結婚すれば沢山でできます。対処できますか?

    彼の気持ちが離れてしまっているのなら潔く諦めて、あなたのすべてを受け入れてくれる次の相手を探した方が良いです。

    ユーザーID:1650042719

  • なぜそんなに上から?

    説得は無理でしょうね

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
    残念ながらトピ主が理解できるか、出来ないかは問題じゃないのよ
    偏食の人と結婚したくないと思うのは彼の自由だから
    彼がグルメ好きな人だとしたら、トピ主との生活は成り立ちませんよ

    >偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが
    直すって言ったから、付合ったけど直らなかったし
    彼にとっては、偏食の人とは付合えないんだから、無理じゃない?
    最初に断ってるわけだし

    彼が蕎を食べられないのは、アレルギー?
    蕎アレルギーの人が蕎を食べたら、最悪の場合死にますから

    >私の苦労がわからないのだと思います。
    そもそも、彼は偏食のトピ主から告白されても
    偏食を理由の断ってるし、今も別れたいて言われてるのに
    それなのに、どうして彼に対してそこまで上からなの?

    食の好みって、結婚では重要ですよ
    彼がトピ主の偏食には付合えないって事を受入れるしかないです

    食に興味がない男性とお付合いしたら
    こういう問題は起きないからトピ主に合ってると思います

    ユーザーID:9686439059

  • 運命の連鎖

    お母様が偏食であなたも偏食、ならあなたの子供も偏食になるのでは?
    子供を取り巻く人間関係は時代が下がるごとにシビアに狭量になっていると感じますので(昔では考えられない些細なことでのいじめ勃発やネットを介した放課後まで絡めた人間関係など)、お子さんの偏食で人間関係に問題が出ないとも限りませんよね。あなたが結婚を断られたように。
    ここらで負の連鎖を断ち切るべきでは?

    ユーザーID:1970284140

  • 食べ物の好き嫌いが激しい人は・・

    食べものの好き嫌いが激しい人は「わがまま」という印象があります。
    きっと、トピ主さんは否定すると思いますが、私の数十年の人生で食べ物の好き嫌いがある人は他のことに対しても好き嫌いをいいます。

    食事って人生の基本ですよね。食べなければ死んでしまうという意味でも大切ですが、一緒に食事をすることが楽しいか楽しくないかは大切です。楽しく食事することの大切さはわかるでしょう?トピ主さんとは一緒に食事していて楽しくないんですよ。だから、最初に偏食を直すことを言ったのだと思います。でも、トピ主さんはそれが守れなかった。だから、約束通り終わりにしようということで何もおかしくありません。

    偏食でもいいというお父さんのような人と結婚するしかないですね。

    私も誰かと一緒に食事をするとき、あれ嫌い、あれ食べられないと言われると食事する気を失せます。
    食物(蕎麦)アレルギーは別の話ですよ。その辺り混同していませんか?

    ユーザーID:1115421135

  • 嘘つきだからでしょ。

    偏食は嫌と一度お断りされて、治すという約束でつきあった。

    けど1年たったけど治さないどころか、逆切れして、偏食の何が悪いと開き直ってきた。

    チャンスをあげた自分がばかだった、最初から相手にしてはいけない相手だった。

    と彼は思ったのです。


    あと1年!!とかまた食い下がろうとするでしょうが、もう彼にはあなたの正体はバレてるから無理ですよ。

    ユーザーID:2412950496

  • とっても残念なことなんだけど

    重度の偏食は結婚には大変不利です。

    食育を考えると、重度の偏食の母親に育てられて重度の偏食となった女性のおそらく重度の偏食となるであろう子供が、自分の子供となることに耐えられないと考える男性はそこそこいると思います。

    子供を作らないとしても、トピ主さんは自分が気持ち悪いと思う彼の好物を、彼が「おいしい」と思えるほどきちんと料理できますか?
    彼が料理するにしても、偏食を直すことを約束したのなら彼が作ったものを食べるようにするかもしれませんが、そもそも彼は専業主夫予定なのでしょうか。

    どちらか一つがNOなら、次はトピ主さんの偏食を受け入れてくれる男性を探しましょう。

    どうしても彼を説得したいのなら、今から死ぬ気で(比喩です)偏食を直すことです。

    あと、彼が蕎麦を食べることができないのは、アレルギーではありませんか?
    だとしたら偏食とは違いますし、彼への無関心さに驚きます。

    ユーザーID:4253985897

  • 偏食以前に

    結婚って、誰かを説得してまでするもんじゃないと思いますよ。

    お互いにこの人と一緒にいたい、この人を幸せにしたいって思う人同士がするもの。
    自分の幸せのために相手を無理やり説得して結婚してもらうのは無理です。
    そんなことをしてもお互い不幸です。

    偏食がひどい人と私も結婚したいとは思わないけれど、もしどうしようもなく愛してしまったら結婚すると思います。でもそれほどでもない場合は他の人がいいです。
    彼にとってトピ主さんはそれほどではない存在なんですよ。だから最初から条件付きなんです。

    それでもどうしてもトピ主さんが彼と結婚したいなら死ぬ気で偏食を直すしかない。
    なぜなら結婚したいのは彼のほうではなくてトピ主さん側だから。
    どうしても結婚したいと思ってる側が頑張るのが当たり前。それほどでもない相手を動かすことなんてできないよ。
    これ、問題が別でも同じことです。愛情の面であなたが負けてるの。

    ユーザーID:9104864749

  • 彼氏さん

    彼氏さんのそばは偏食ではなくアレルギーではないですか?アレルギーなら嗜好ではなく体質なのでしかたないですね。

    うちの主人も偏食で、きのこが全く食べられない人です。私はかなり我慢をしています。たべられないひとは、違うものを食べていても、見ているだけで嫌な顔をします。

    主人の機嫌が悪いと、買い物できのこを見るだけで文句をいい、食べることのできる私を信じられないとなじります。

    お互いが偏食なら、食事時間は楽しくないでしょうし、結婚生活が辛くなるのではと思うのですが、いかがですか?

    ユーザーID:5149352840

  • 諦めましょう

    お父様に偏食家と結婚した苦労を聞いてみましたか?

    食の好みは大事です。

    誰しも苦手な食材は一つや二つあります。
    しかし苦手な食材が多く、それが肉や魚などの主食レベルだと、
    やはり受け入れがたい人は多いでしょう。

    ちなみに彼の蕎麦はアレルギーではないですよね?
    アレルギーと偏食は全く違いますよ。

    説得で彼が変わるなら、あなたが自分を変えることも可能ですよね。
    自分は変わる気がないのに相手に変わって欲しいというのは傲慢です。
    お父様のように偏食を受け入れてくれる人を探すしかないでしょう。

    ユーザーID:8687194382

  • 無理

    食生活が合わない人とは、結婚できません。
    一緒に生活していく上で、食生活というのはとても重要なことですから。
    トピ主にはわからないだろうけど。

    今のところ健康かもしれないけど、いつまで続くでしょうか?
    いずれ影響が出てきますよ。
    子どもにも健康な生活させることができないしね。

    偏食のひどい人と出会えるといいですね。

    ユーザーID:5247160656

  • 無理なので次に行こう

    食の考えは大きいですよ。
    結婚したら毎日ですからね。

    同じ料理でも、味付け違うと別もんですからね。

    次にいこうで。

    ユーザーID:0171331480

  • 彼のは好き嫌いでなくアレルギーなのでは?

    好き嫌いとアレルギーは違う事は理解してますよね?

    先ずは2人でアレルギー検査に行きましょう。
    そこでアレルギー反応の出た食べ物は諦めましょう。
    しかしアレルギー反応も出ずただ「嫌い」と言っているだけのものなら
    せめて克服しようという姿勢をみせたらどうでしょう?

    野菜も数種類と言いますが
    正直外食できるなら色々混ざってますから自分が分からなければ食べられるんじゃないですか?

    職場にも「嫌いなものは食べなくていい」と育てられた先輩がいます。
    その先輩とある日ラーメンを一緒に食べに行ったのですが
    そのラーメンのトッピングのほとんどが好きじゃないと避けてました
    正直大の大人が嫌いだからとチマチマ避けてるのはみっともないと思いましたし
    作ってる側もこれ見たら嫌な気持ちになるだろうなと思いました
    (トッピングは私が全て頂きました)

    そりゃ育ちはしますよ?
    全栄養素が揃わなくても人間育ちます

    ただ「嫌いだからそれでいい」という精神が嫌だなぁと

    まぁ偏食でも結婚できるやり方はあると思いますよ?
    「家庭の食卓は自分基準にしない」ことです。
    例え自分が苦手なものでも使って調理する。
    それこそ自分に予想分は少な目にしたりとかはする
    家庭の食卓を自分(偏食)基準でしようと思っているのなら彼としては無理でしょう。

    ユーザーID:3621016571

  • 偏食とアレルギーでは次元が違いすぎます

    >でも彼も私の大好きな蕎麦を食べられないので、私も旅行などで蕎麦所に行っても食べられないことが何度もあったことや、私も無理に食べようとすると気持ち悪くなるので、お互い様だと思っています。

    彼氏さんは蕎麦アレルギーではないんですか?
    であれば、生死にかかわることです。
    それを「お互い様」なんて、すごいですね!

    そもそも、偏食を治すことを約束したのに、
    一向に治そうとしない=約束を守れないというところで、
    彼氏さんの信頼をなくしているということに気づいた方がいいのでは?

    ユーザーID:8794995803

  • うーん

    まず付き合う条件であった「偏食を直す」ということが守られていない時点で、
    結婚以前の問題だと思います。
    食べられないものにアレルギーなどがあるのですか?

    そして自分の偏食を直すことができないことを棚に上げて、彼の蕎麦が
    食べられないことを責めるような態度、嫌ですね〜。
    彼に申し訳ないなという気持ちがあればこのような態度ではいられないはず。

    彼も一年付き合って、トピ主様がこれ以上偏食を直す努力もしないし、
    自分が偏食の犠牲にされそうな気配を感じ取って「無理だ」と判断されたのでしょう。

    ユーザーID:5470479724

  • そもそも向いていない

    大嫌い大好き様、こんにちは。
    食の好みが合わず結婚を躊躇されているとのこと、お辛いと思います。
    しかしながら、なぜ貴方様が開き直って苦労がわからない、お互い様、躊躇する理由にならないと仰っているのでしょうか。
    食の好み以前に、自分には無理なのだから相手が合わせないのが悪いと努力が見られない態度に
    結婚を躊躇される理由が多かれ少なかれあるのではないかと思います。

    サプリを飲んで健康であれば良いわけではありません。
    親が出来たのだから自分の相手も我慢して当然ではありません。

    食はお相手にとって楽しいことなのではないでしょうか、だから偏食をなくすよう努めることを約束した上でお付き合いなさったのではないでしょうか。
    食品を生理的に受け付けないとはいえ、先に約束を破ったのは紛れも無い貴方様です、
    説得するにも貴方様が努力をして偏食を減らすよう努力しているところを見せるか
    食事に楽しみを見出していない方を探して新たに関係を築くか
    決断は早めになさった方が良いと思います。

    ユーザーID:2647489327

  • 蕎麦とトピ主の偏食は同レベルではない。

    スタート地点からズレてるって分かってるの?
    トピ主から付き合いたいって言った時点でトピ主に権限はないの。
    偏食を含め全てを彼が好きだと思うなら彼から「付き合って」と言うでしょ?
    偏食を直すと言う約束をした上での付き合いは彼が権限を握ってる。

    >ご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べ栄養はサプリメントを活用
    こんな事してる人間とは結婚出来ないと彼は言ってるの、
    それに自分勝手にお互い様だと言ってる様な人格ではダメでしょ。

    私も食べられない物もあるけどトピ主みたいな開き直りはしないな〜、
    傍から見ていて恥かしいですよ。
    偏食を直すと約束しながら気持ち悪くなるんでしょ?
    だったら結婚したって破綻する道しかないです。
    籍を入れれば別れるには相当な苦労があるので、
    トピ主にしたら結婚したらこっちのもんって感じなんでしょうね。

    トピ主が勝手な事出来るのに、彼が自分の意思を貫く事は何故認めないの?
    味覚も偏食してますけど、思考も偏食してますよ。
    彼はトピ主の嗜好を認めたんです、(見切ったと言うか…)
    トピ主だって彼の嗜好(自分の道)を認めたらどう?

    彼は超偏食のトピ主には人として魅力を感じなかった、だから別れたいと言った事は仕方のない事。
    こうなったら偏食を上回る程の人格で好きになって貰うしかないでしょ?
    偏食しててもトピ主が好きって言う男性を探した方が得策です。
    嫌だと言ってる相手にしがみ付いても余計鬱陶しがられるだけ、
    だって彼から好きです付き合ってって始まったんではないからね。

    偏食より何よりトピ主の人となりじゃない?
    偏食の人は多いだろうけど、
    トピ主みたいにお互い様だとか元気に育ってるだとか屁理屈捏ねるだけだもん。
    人の粗を見付け出してはお互い様だと言ってのける性格が彼は嫌なんでしょうね。

    ユーザーID:8641343477

  • 理由は?

    「偏食すぎるから」何故ダメなのか聞きましたか?
    結婚も考慮するほどなら、お付き合いには問題がない。
    でも結婚は無理、となると
    1、子供も同じように偏食になる
    2、毎日の食事がそのメニューは無理
    この二つかな、と思います。
    「母の偏食を知って結婚して子供も元気に育っている」
    これはね、ただのこじ付けですよ。
    彼はあなたの父親ではなく、
    あなたの父親よりも食事に重きを置いており
    あなたの両親よりも子供にちゃんとした食事をさせたい、
    ごく真っ当で普通の男性です。
    私の苦労がわからないといいますが、まさにその苦労を
    自分も子供にも味あわせたくないだけ。

    この日本ではトピ主さんがイレギュラーなのだから、
    イレギュラーじゃない人でそれを受け入れがたい人と結婚したいなら
    自分は嫌いで食べずとも、普通の食事を作って提供し
    外食も妥協しなくては。
    つまり、トピ主さんが偏食であるが故に結婚を嫌がる
    具体的な問題を解消出来るとなれば、説得出来る可能性はあるのでは。

    ただ、自分の偏食に問題意識がないことと
    付き合う前は偏食直すと上手いことを言って
    付き合えたら「彼もお蕎麦食べてないからお互い様」と
    約束を反故した事すら正当化する性格を知られていますので、
    「結婚したらこうする」はもう通用しないかもしれませんね。

    ユーザーID:9900752494

  • いやだ。

    男です。

    すみません。ハッキリ言って、僕は偏食の激しい人とは結婚できません。

    約束も守ってくれなかったなら、尚更もう無理ですよ。

    お互いにきちんと約束は守って、二人でいろいろな物を美味しく楽しく食べるのが必須!!

    それは僕にとってもトピ主さんの彼氏にとっても、絶対に外せない条件だっただけ。
    でも、男はそういう人の方が圧倒的に多いと思いますよ。

    ユーザーID:1112775044

  • 食は人生を豊かにする最高の娯楽です

    自分の子供が同じ理由で
    大好きな相手に振られて
    つらい思いをするようになりますよ

    わかるでしょ?
    あなたがたった今
    経験してることなんだから

    ユーザーID:0730821268

  • あなたの偏食もひどいけど

    その欠点に目を瞑って結婚するほど、好きじゃないんですよ。

    本当に好きでこの人しかいないと思ったら、どんな欠点があっても何とかして一緒にいたいと思うもの。あなたには、そこまでの気持ちは持てなかったということ。次にいきましょう〜。

    ユーザーID:1648397851

  • 給食はどうしていたのですか?

    毎日お弁当持参ですか?
    給食のない私立だったのですか?

    主さんのお母様も罪なことをなさいましたね。
    酷い偏食の連鎖が、まさか失恋に繋がるとは思いもよらなかったのでしょう。

    井の中の蛙だった主さんには、そんな異常な食生活が世間の標準だったと思っても仕方がないでしょう。
    でも、蛙も大海に出た時に「これはいけない」と気付いた時には遅かった。

    主さんご家族が健康で何よりです。

    主さんも食生活で苦労されているのですよね。
    今後はその苦労に寄り添ってくれる同類の方か、主父さんのような方を探しましょう。

    ユーザーID:4951462753

  • 妻にするほど好きじゃない。

    彼にとっては、日常の食事>トピ主さん なんですよ。

    1年付き合ってみて、約束だった偏食も直さないし
    それを凌駕するほど好きな点も見つからなかったから
    結婚話が本格的になる前にお別れしましょうって事でしょう。
    彼はどうしても結婚したいほどトピ主さんの事が好きじゃないんですよ。
    お父様は偏食のお母様でも構わないほどお母様を愛してるのでしょうが
    彼はそれほどトピ主さんの事好きじゃない。ただそれだけです。

    自分が偏食なだけならいいけど、
    >母がそれしか食卓に出さなかった
    こういう事する母親がいて、本人もそれでいいと思ってる人とは無理ですね。
    食は生活の基本ですから。
    健康に問題ないからいい、という話ではありません。価値観の違いです。

    自分は食べられなくても家族の為にバランスよく食事をつくる。
    こどもには偏食が出ないように注意する。
    と説得するのが無難かと思うけど、あなた一度約束破ってるから効果は低いでしょうね。

    ユーザーID:8392593465

  • 説得は無理でしょう

    食事は毎日のこと、ここまで嗜好が違えば一緒の生活は無理でしょう。
    料理をするにも自分の嫌いな食材は使えない、
    すると肉なし生活は不満が出るでしょうし、
    果物、ケーキ、サプリを多用するなら食費もかかるでしょう。

    私の場合、妻が途中からダイエットに凝り同じく肉類をカットするようになり途端に食事がつまらなくなりました。
    まあ、子供が大きくなってのことでしたから私も子供たちも「被害」は軽微でしたが、反面で私も子供たちもその分は外食で憂さ晴らししています。

    新婚早々こんなことでは長く持ちますまい。

    ユーザーID:6674342345

  • トピ主が説得されればいいのだ

    >彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

    そんなことしなくてもいいのに!

    一番簡単な方法は、トピ主が彼に説得されて、何でも食べるようになればいいのさ(笑)

    ユーザーID:6152199839

  • 私も分かれましたよ。

    昔お付き合いした人が偏食でした。
    本当につまらなかったです。
    行きたいレストランには行けないし、食べたい物も食べられませんでした。
    本当にがっかりでしたね。
    この人と結婚したら、私は家で何を作ればいいのだろう?と本気で悩みました。
    あなたが偏食だったら、あなたが食べれない物はやはり作らないという事ですか?
    あなたと家族になったら、家族はあなたの作る食事で何を食べさせてもらえるのでしょうか?
    彼はそういう事が不安なんだと思いますよ。

    ユーザーID:2826212522

  • 皆さんのレスでわかりましたか?

    どんな条件の人と結婚したい、したくないと思うのも相手の自由。
    偏食の人は嫌だと彼に思われたならそれまで。
    諦めるしかありません。

    偏食の人との付き合いが大変なのは皆さんのレスの通り。

    というか、ここで相談しないと何がいけないのか理解できない時点で私なら無理です。
    余程自分本位で生きてきたんでしょうね。
    別のことでも話が通じないことが出てきそうなので
    偏食を治す努力をしたとしても、結婚は無しです。

    ユーザーID:9675070424

  • やっぱり

    これまでネットで言われてるように、偏食家って我が強過ぎるのですね。

    お母様は家族や子供よりも自分を押し通し、トピ主様は自己弁護に終始して。

    トピ主様は結婚したら、お母様と同じようにするのでしょうね。
    ほぼ好き嫌いない彼氏には不幸以外の何物でも無いのでしょう。

    ユーザーID:3838984207

  • 食って大事だよ

    彼のおそばが食べられないというのは、蕎麦アレルギーなのでは?ただ嫌いとかではなくアレルギーで食べれないのだと思う
    これは嫌いではなく食べたらアレルギーを引き起こしてしまうからだと思うよ
    彼の食べれない場所に行くって・・・彼にとってはただの嫌がらせでしかない
    彼の食べれな物とトピ主さんと同じにしてはダメ。

    トピ主さんはお母さまの偏食でトピ主さんもそれを食べずに育ってきてしまった。
    もしも彼と結婚したとする、トピ主さんもお母様同様に食卓には自分の食べれるものしか並べないのでは?
    肉が食卓に出ない、野菜もちょろり、焼き魚やケーキが毎日。どう見てもバランスが悪い食卓が毎日。
    彼も想像しただけでうんざりでは?

    そしてお子さんが出来て、母親の嫌いな物が食卓に出ないとお子さんも食べずに育ちます。それこそトピ主さんと同じように育ちます。
    また偏食の子供が出来ると苦労するだろうなと彼は思ったのだと思う。

    偏食を直してと彼がお願いしてもダメなのでしょ?頑なに我が家は偏食でも皆健康なの!でしょ。頑なになること??
    人って楽しみと言ったら、食なんだよね。好みが同じならいいが、好みが少なすぎると食が楽しめないと思うよ。

    想像してごらん記念日やクリスマスなど食卓にチキンやローストビーフが贅沢な料理が並ぶ食卓。
    でもトピ主さんと結婚すると、焼き魚程度。
    記念日やクリスマスなのにこれって感じで楽しみがないのです。誰が家に帰りたいと思うかな??

    ユーザーID:7373012002

  • 無理。

    結婚は「生活」です。
    生活に大きくかかわる部分が「違いすぎる」のではやっていけません。
    第一、子どもにも悪影響なので結婚相手には選べません。

    それに、
    アレルギーでも病気による制限でもない偏食って、みっともないし恥ずかしいですよ。
    人付き合いの中では食事を共にする場面は多いです。偏食のパートナーを自分の関係者に紹介できるか?と考えたら…無理です。

    ユーザーID:7908972044

  • アレルギーを調べてみては?

    彼が蕎麦を食べられないのはアレルギーだと思います。

    アレルギーだから食べられないのと、偏食だから食べられないのとでは全然意味が違ってきますよ。

    あなたの場合、食べたら気持ち悪くなるのであればもしかしたらアレルギーがあるのかもしれません。一度ちゃんと調べてみてはどうでしょうか?

    アレルギーだから食べられないなら印象は違ってくるかもしれません。

    でもそれでも彼が納得しないのならそれはしょうがないこととして諦めた方が良いでしょう。

    ユーザーID:9172282698

  • 食の好みが合うことは大切

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。

    あのね、結婚生活で食の好みってすごく大切ですよ?
    食の好みが合わない相手だと、他の問題がなくてもすごくストレスたまるし、逆に喧嘩してもいやなことがあっても、同じものを食べて「おいしいね!」とにんまりできる間柄ならば、なんでも乗り越えられます。

    偏食の人とは、おいしい体験をシェアできないのがつまらないです。
    友人関係ならばまあ仕方ないか、と思って別の人とそういう楽しみを共有すればよいけれど、家族になろう、人生のパートナーになろうという人がそれでは…私はすごくつらいです。
    実際それも理由のひとつで、昔ベジタリアンの彼にプロポーズされたとき断りました…

    ユーザーID:4398727587

  • 一番大事な事だからね

    過剰な偏食は生活や健康の質を落としますから…

    共同で家事をするにしても、嫌いな物は追求しないから「作れない」でしょう
    そんな人を奥さんに持つのはねえ〜。

    母方の私の伯母が肉類や魚類嫌いの偏食家で、幼い頃からずっと食べて無かったのですが
    若い頃は低身長以外、全然問題は無く過ごしてましたが、60代を境にガクっと健康を害しました。
    トピ主さんと同じよう、サプリメントも取ってましたし(日本で一般的に普及する前から)
    菜食主義をさも「肉を食べないから私は若いのよ」と、偏食を肯定していましたが、のちに
    骨粗鬆症にはじまり、60代なのに老人のような背骨の曲がりや頻繁に起こる骨折と
    高血圧に軽い糖尿病……今や病気や怪我のオンパレード。

    トピ主さんとお母様はハッキリ言うと「今は健康」と言うだけです。

    偏食家は糖質を取るのが大好きで、ミネラルやカルシュウムはほぼ取らない状況下ですから
    身体の限界値は必ず来ます。
    私の伯母は野菜オンリーで豆類は取ってました、叔母いわく「お坊さまは同じ様な食事なのに」
    と、医者に詰め寄ってましたが、医者曰く
    「幼い頃から身体が出来ていない状態で成長したんですよ」と…
    昔のように人生50年ならこんな感じですと一括し、食生活の見直しとサプリでは無くお薬で
    現在恐々の生活をしてます、そんなの嫌じゃないですか?

    結婚を躊躇する彼を責める前に、自身の身体をまず健康にしてはどうでしょうか。

    ユーザーID:3973434280

  • レスします

    トピ主さんのお母様は偏食を問題とも思わず
    子供も偏食に育て
    トピ主さんも同じように問題と思わず偏食を貫き通すおつもりなんですね。
    一般人とは価値観が合いませんよ。
    私だって、トピ主さんクラスの人から交際を申し込まれたらそれを理由に断ります。
    結婚を視野に入れるのなら、完全に食事を別にすること、
    子供が生まれて料理を担当する時は、レシピ通りの食事を子供に出すことを条件として認めてもらえるのなら考えますがそれでも現実きついと思います。

    今のポリシーを貫くなら
    同じ酷い偏食の人と結婚して
    子供は絶対持たないようにした方がいいと思います。

    ユーザーID:5570704533

  • ひとりよがり

    あ〜〜〜 トピ主さん、好き嫌いが多い人の悪いところが出ちゃってますよ。
    食べられない物が多いトピ主さんと蕎麦が食べられない彼をお互い様だと言っちゃうところ。

    彼が結婚を躊躇する理由、そりゃトピ主さんにはわかんないよね〜

    「偏食」って彼には結婚を躊躇するくらい重要事項だと言う事よ。
    付き合う前に「偏食」が理由で断られてるんでしょ? でもって「偏食を治す」のを条件にお付き合いが始まったんですよね?
    彼にとって付き合ってた期間はあなたの偏食に向き合う姿を見てた期間でもあるわけよ、その答えが結婚はムリって判断だったんだよ。

    残念ながらその彼には何を言ってもムリだと思うよ。
    結婚を考える会話が増えてきてると思ったのはトピ主さんのひとりよがり。
    結婚を考える会話、彼から出てました? トピ主さんが一方的に話してただけじゃ…

    おおよその物が食べられる人ってアレルギーで食べられない人は別として、食べられない物が多い人のこと面倒臭いって思ってるんじゃないかな。たまに食事に行く友人でも面倒臭いのに、一緒に生活するなんて考えられないと。

    トピ主さんさ、同じ様に偏食の人を結婚相手に探した方が良いと思うよ。もしくは偏食に理解のある人を。

    ユーザーID:1081617101

  • ちょっと、しつこくないですか

    理由はどうあれ、相手が別れたいと言ってるのなら無理強いするものじゃないでしょう。
    しかも、トピ主は交際をきちんと理由を告げられて断られたのにその場しのぎの約束をして無理矢理に付き合ったのはいいけど結局守らなかったんだし振られて当然ですよ。
    しかも逆ギレ紛いの言い訳までして反省なんかしてないし。
    執着がなんだか怖いです。

    そんなに自分のお母さんを正当化したいのであれば、トピ主のお父さんのようなひとを探して結婚すべきです。
    自分の配偶者が異常なほどの偏食で改めようとするどころか娘にも引き継ぎ、それを受け入れて愛してくれるような男性をね。

    ユーザーID:1422780665

  • アレルギーとは限らないですけどね(一応フォロー)

    彼の蕎麦嫌いって、アレルギーなのかな。
    トピとは直接関係ないとは思うけど、いくつかレスがあってちょっと気になったので。

    いや、本当にアレルギーなら責めるのはダメですよトピ主さん。

    ただ私が、アレルギーじゃない蕎麦苦手派なんですよ。
    食べようと思えば全然食べられるんですけど、基本的に外食で蕎麦は選択しないです。
    家で時々食べるくらい。
    もし誰かと蕎麦屋に入ったら、相手が蕎麦へのこだわりがない人だったら、蕎麦屋にある蕎麦じゃないメニューを頼みます。
    うどんとか、カツ丼とか、カレーとか。
    でも相手が蕎麦にこだわりがある人だったら…
    かけそばだったらまあまあ食べられるので、食べます。
    だけど本気で蕎麦に並々ならぬ情熱がある人って、ざるそばしか認めないですよね・・・
    そういう人と食べる場合は仕方ないので頑張ってさるそば食べますが・・・

    っていうタイプです私。
    彼氏さんももしこのタイプだったら、…だったらどうってことはないんだけど、その、トピ主さんがアレルギーに無頓着だとは限らないんじゃないかな?と、一応フォローのつもりです。

    だけどそんな私でもトピ主さんくらい偏食の方と付き合うのはつらい気がするなー・・・
    どうしてそんなに偏食になっちゃったんでしょうね。
    少しずつでも克服したほうが食費も減らせて良いような気がしますけどね。

    ユーザーID:0492032262

  • 子供への心配

    彼は偏食が余りにも多いことが嫌いなので、自分の子供がそうなるのが嫌なのでは?
    トピ主さんがそうなったように、トピ主さんが子供を育てたら、たぶん同じになりますよね。
    もし、子供はそうならないように、食事には気をつけると約束しても、きっと付き合う時の約束と同じように、反故になる。
    後になって、頑張ったけど無理と言われても後の祭りだから。

    ユーザーID:7386094269

  • 食は結婚三大要素の一つです。

    食、温度、時間が合わないと結婚生活は難しいと言います。
    食べ物は毎日欠かさず共有するものです。
    暑がりと寒がりは部屋の共有が出来ない。寝るのも別になる。
    朝方と夜型人間では時間の共有が出来ない。子どもが出来ると一層困難。
    ちなみに家の夫は魚介類が苦手なので昔は共有出来ずイライラしました。
    子どもが出来てからは子ども達とシェア出来るので問題なくなりました。
    あと温度と時間の価値観がピッタリ合うのでやってこれたと思います。
    結婚15年です。

    ユーザーID:1704824075

  • お互い様じゃないし

    >偏食を直すことを約束して付き合い始めた

    だったら、無理っしょ。。。

    お互い様って、どの口が言うって事よ。

    ユーザーID:7162193443

  • 他人を変えられるとは、思わない方がいい。

    好き嫌いが多いというのは、「行儀が悪いこと」とみなされます。

    世の中には、「行儀が悪い女性でもかまわない」と思う男性もいれば、「行儀が悪い女性とは結婚したくない」と思う男性もいます。

    「行儀が悪い女性とは結婚したくない」という考えの男性を、「行儀が悪い女性でもかまわない」に変えるのは、不可能なんじゃないでしょうか。

    言うでしょう、『過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる』と。
    未来も、自分も、変えることは容易ではないかもしれませんが。

    トピ主さんの大きな問題は、「好き嫌いが多いくらい、大したことじゃない」と思っている点だと思います。
    確かに、トピ主さんのお父様のように、好き嫌いが多い女性、なおかつ、自分が嫌いな食べ物を子供にも出さないから子供を極端な偏食家にしてしまっても平気でいる女性と平気で結婚生活をおくることができる男性もいるわけなので、トピ主さんも、自分を変えられないのならば、そういった男性を探して結婚したらいかがでしょうか。

    しかしながら、子供に苦労させることになるので、子供にはきちんと色々な食べ物を食べさせるべきだと思います。


    なお、彼が蕎麦が食べられないのは、アレルギーだと思います。

    免疫が蕎麦に対して誤作動を起こし、全身発疹や気道狭窄による呼吸困難、ひどければアナフィラキシーショックで死にます。
    蕎麦のアレルギーは、人数的には小麦粉アレルギーなどより少ないですが、重篤化することが多く、死亡リスクも高いです。
    好き嫌いとは、全く違います。

    私だったら、アレルギーと好き嫌いの区別がつかない人との結婚も、怖くて無理です。

    トピ主さんの選択は、二択だと思います。
    自分が変わるか、自分を変えないまま自分に合った人を探すか、です。

    ユーザーID:5262238230

  • 友達でも嫌ですよ

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません

    いやあ、普通に嫌ですよ。

    私の知り合いで魚介類と野菜全般が駄目って人がいます。
    彼女との食事はファミレスかパンデリ、それでも野菜スープやサラダがセットとしてついてきたら全部残している様子を見るとさすがにげんなりしました。
    彼女とはお食事を一緒にしたくなくて徐々に疎遠になりました。

    友達でも嫌なのに、伴侶となるともう絶対無理でしょうね。
    食育や健康以前の問題です。
    ずっと恋愛感情マックスで好き、好き!なんて無理ですよ。
    だから、その人にとって、一緒に暮すに都合がいい、心地よい、楽でいい感じの相手と結婚がしたいんです。

    食べられないものは蕎麦だけなら、超偏食の人とお互いさまとは言えません。
    交際スタート時に偏食を治すと約束したのでしょ?
    そもそも約束をたがえているのだから、別れを黙って受け入れるしかないでしょう。

    お母様が受け入れて貰えたからってあなたも同じとは限らないでしょう?
    お父様と彼は別人ですよ?

    1年あなたという女性とつきあって出た答えです、食い下がらずに真摯に受け止めましょう。

    ユーザーID:0843062531

  • 一言

    「負の連鎖」って知っていますか?

    母親から娘へ、そして孫へ。そんなの、絶対にイヤだ。

    私ならば絶対に自分の子供には沢山食べてほしい、健康に育って欲しい、いろいろな物を食べて人生を楽しんで欲しい、世界にはいろいろな味覚があるんだよ、ひいては食文化は相手を理解する基本なんだよ、と思います。

    まあ、元凶はトピ主の母親とそれを諫めなかった父親の責任だが。

    ユーザーID:3831820364

  • >彼を説得したいのですが

    彼を説得するのは難しいでしょう。

    それより、偏食の女性でも結婚してくれる
    奇特な男性を探しましょう。

    トピ主さんのお母様が偏食で
    トピ主さんが偏食に育ったならば
    トピ主さんが育てる子供も偏食に育つ可能性は大です。

    結婚を躊躇して当たり前。

    彼が(アレルギーか単に嫌いなのか分かりませんが)
    蕎麦を食べられないだけで、お互い様だというトピ主さんと
    彼は、合わないと思いますよ。

    ユーザーID:6773776856

  • そば嫌いは偏食ではない

    そばアレルギーをご存じないですか?

    呼吸困難になり、最悪は死に至ります。
    その場に居合わせたことがありますが、想像を絶する苦しみようです。

    偏食は命には係わらないけれど食べるのが苦手ということです。

    食事の好みが合わないと言うことは、結婚生活だけでなく子育てにも影響があると思います。
    現にあなたの母親の偏食癖があなたに受け継がれているように、子供に影響があるからです。

    アレルギーで食べられないのと、嫌いだから食べないのは全く次元の違う話です。

    たぶんこんなことを書いても無駄でしょうが、あなたが偏食が全く無く結婚相手が偏食なタイプとします。
    あなたが一生懸命作った食事を毎回残されて気持ちのいいものでしょうか?
    外食ならお互い好きなものを食べればいいですが、家庭での食事はそうは行きません。
    なぜ、この例えが無駄かと言うと、あなたが我侭かつ偏食なので「お互い好きなものを食べればそれでいいのでは?」と答えそうだからです。

    ユーザーID:8045154822

  • だって彼の自由だもの

    どっちが正しいかという問題じゃないんですよ。

    あなたにはあなたの理屈があるように、彼には彼の理屈がある
    いわゆる価値観の相違です。

    確かにあなたの家族は健康かもしれませんが、彼があなたの作る食事で満足できるのか、健康でいられるのか、また、そういうあなたの食生活を見ていることに耐えられるかどうかという事ですよね。

    もし、ここで大勢があなたが正しいとしても、結局のところ彼がどう思うかなんですよ。

    >彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

    説得できないから、一度は偏食を治すと約束したんですよね。
    でも無理だったんですよね。

    >私の苦労がわからないのだと思います。

    あなたも彼の不快さなどを理解できないですよね。

    つまり価値観が違うんです。
    一緒になってもやっていけないと彼は思ったという事です。

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。

    偏食の問題ではなくお互いを理解出来ない。
    譲り合えない。
    だから結婚は無理という事です。

    ユーザーID:1766874422

  • 諦めたほうがいい

    食の好みって大事ですよ。
    トピ主さん、これは残念ですが無理ですね。

    きんぴらゴボウに砂糖を入れるか否かで大げんかに発展することもあるくらいなんです(うちですけど)。
    それをお互いに譲歩しあって、調整していくことが必要なほど、食の好みは重要な「共同生活」を送るためのファクターです。

    トピ主さんを理解してくれる人が必ずいます。
    その人を探した方がいいです。
    実際私の知り合いにもいましたし。
    新歓で中華のコースを食べに行った時(中華なら大丈夫と言うのでそこになった)、食べたのはデザートのタピオカココナッツのみでした。
    他は「蒸し物ダメなんです」「焼き物…豚はちょっと」「生野菜は苦手で」とすべてNG。なんで中華にしたかって言うと「タピオカ食べたかったんで。気にしないでください、皆さん召し上がって」と言ってました…。
    でも結婚して出産してましたから。
    大丈夫、探せばいます。

    現在の彼は開放してあげましょう。

    ユーザーID:8145011399

  • 食べられないものが多い人を探しては?

    日本人は食事におもきをおいてる人が多いので難しいですね。
    男性は女性へ家庭料理にも期待してしまいますし。

    しかし探せば食べることに興味がない男性(サプリと少しの酒のつまみがあればいい人)
    もいますし、
    海外の人でそもそもの食の好みがまるで違うからお互い違うものを食べてるカップルもいます
    パイと芋など私の目からみたら毎日のメニューの違いがあまりわからない料理を延々食べてる人もいます。
    人に強制する気はないがベジタリアンやビーガンを貫きたい男性もいいですよね。

    蕎麦1品くらいは友達とか一人で食べればいい。
    いろんなもの食べるのが好きそうな彼はあきらめて、お互い好きなものを食べつつ一緒の時を過ごせればいいという人をさがすべきとおもいます。。

    ユーザーID:7499594744

  • 度を越えた好き嫌いは

    人生の大問題です。
    ひどく好き嫌いのおおい人とは
    家族になれないので結婚はないです。

    あなたは好き嫌いが多く
    あなたのお母さんももっと好き嫌いがおおい。
    ここであなたのそだった家庭の問題ですが
    自分が嫌いだから好きじゃないからという理由で
    家庭の食卓を偏食まみれにするなどとんでもないことです。
    当たり前のようにサプリを飲ませて安心しちゃってるのも
    危ないです。
    それでも健康ですからまだいまはいいですけど、
    あなたの考え方ってもうお母さんと同じでしょう?
    我が子ができても、同じように育てるでしょう?
    結果たぶん健康だからそれでおっけーって思ってるでしょう?

    全然違います。
    偏食は迷惑ですし恥ずべきことです。

    ユーザーID:6818365989

  • 説得方法はありません

    彼氏の求める家庭を、トピ主は彼と一緒に築く事ができないからです。

    トピ主は世の中の一般的な常識から大きく外れた自分の都合を彼に押しつけて、我慢させようとしている事を理解できてますか?サプリで食事の代わりにする家庭など、ほぼありません。サプリの容器にも書いてあるでしょう?「栄養は食事から満遍なく摂りましょう。サプリは栄養補助食品です」と。

    彼は様々な食材を使ったいろいろな料理の並ぶ豊かな食卓を家族で囲む家庭が欲しいのです。ソレが彼の理想の家庭の有り方です。
    一般的に、様々な味を体験し、共に美味を楽しむと言う事は、夫婦・親子・恋人等、愛情関係にある者同士の幸せな時間なのです。

    食は文化ですよ。ソレが無い生活を不毛と感じる人間は多いのです。

    トピ主の育った環境が酷く気の毒であると思いますが、ソレを他人に押しつけようとする事には賛成できません。

    トピ主は食に対する感性が貧し過ぎて、言う事が非常識です。サプリで栄養摂取するほどの偏食と、蕎麦以外は何でも食べられることを同列に語るなど馬鹿気ています。程度が甚だしく乖離しているのですから、比較にすらなりません。

    彼はトピ主と結婚して食文化の欠落した不幸な生活をする気は無いのです。ですから、トピ主は彼との結婚を諦めるしかないのです。

    トピ主は自身の食を見直す気も無いようですから、サプリを出して済ませる食事でよいと言う男性を探しなさい。見つかるとよいですね。

    ユーザーID:0607824405

  • 偏食だから

    結婚出来ないというのは、後付けで、主のことが結婚するほどの相手ではない、と、判断しただけのことじゃないかな。

    私は好き嫌いがないのですが、知り合いの女性は、肉が全く食べられないらしいのですが、それでも結婚していますので。

    その知り合いの女性は、食卓には肉は出さないようですよ。

    そんなの関係なく、惚れていたり、何かしら結婚したいと思わせるものがあれば、結婚は出来ると思うけどね。

    ただ、息子の嫁さんが好き嫌いが多すぎるなら、母親は良くは思わないかな、とは思いますけどね。

    彼氏本人がそれが理由だと言うなら、結婚は諦めるしかないね。

    ユーザーID:8891686474

  • 偏食のせいで苦労している

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
    >両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

    でも、貴女は偏食のせいで苦労しているのでしょう?職場での付き合いやお呼ばれなど、様々な場面の食事で苦労し、恥をかいてきたのでは?
    さらに、今は偏食のせいで、好きな男性に振られてしまった。

    貴女の苦労も彼との別れも、全て偏食を問題視せず、自分の子どもにちゃんとした食育が出来なかったご両親のせいです。彼は、自分の子どもには、貴女のようになって欲しくないのですよ。

    彼は、貴女にチャンスをくれたのに、貴女はそのチャンスを棒に振ってしまった。偏食の人は、性格に難がある人が多いとよく聞きますが、確かに貴女は自分に甘く、約束も守れない人のようですね。

    彼を説得するのは無理なので、貴女は自分と同じ価値観の方か、食にまったく興味のない男性を探しましょう。

    ユーザーID:1917843973

  • 一言

    あなたは人生で結婚自体を諦めた方が良いと思います。

    結婚出来るとしたら「貴方と全く同じもの」しか食べられない男性でしょうが、それでも価値観が違えば結婚は無理ですから、そうなると正直言って貴殿は一生独りだと思います。

    ユーザーID:3831820364

  • とりあえず毎日のケーキをやめてみたらどうだろう

    食の好みの違いっていうのも窮屈だろうとは思いますが、それより「毎日ケーキを食べている」のところのほうが私は重く見えます。

    ケーキって何ケーキだろう。
    パッと浮かんだのは三角形のショートケーキみたいなやつ。
    イチゴのじゃなくても、あの形のケーキ(ミルクレープとかチョコケーキとか…)って、スーパーやコンビニで買ってもひとつ200円とかで、ケーキ屋さんなら安くて300円、デパ地下なんかだと500円、700円、とかしますよね。

    もしこれを毎日食べているとなると、食費がものすごいことになりませんか。
    普通の食事なら一人1日1000円あれば足りますけど、毎日ケーキとなると。

    彼はその辺りも不安に思っている(食費がかさむ)んじゃないかな?と思うので、偏食をすぐに直せなくてもとりあえずケーキをやめてみるところから始めてみては。

    もしくは、ケーキを買うんじゃなくて自分で作るようにしてみるとか。
    これなら「ケーキ作りができるおかあさん♪」というフレーズで嫁の貰い手がかなりつきそうな気も…

    食の問題は難しいですね。

    ユーザーID:7798872416

  • 説得は難しい

    彼が結婚を考え、お互いが育った環境と照らし合わせ未来を想像した時に、トピ主さんと家庭を持つことは無理だと判断したんです。
    彼の価値観で、「食」は外せない大切な要素ということです。

    私たち夫婦は食べることが大好きで、好き嫌いなく何でも美味しくいただきます。
    私と夫の家族も同じで、食に関してのストレスがなくそれを幸せだと感謝しています。
    食の好みは生活していく上でとても大切だと感じているので、彼の気持ちはよく理解できるのです。

    彼だって蕎麦が食べられないからお互いさま、偏食だからといって結婚を躊躇する理由がわからない、母も偏食だが子供も元気に育っている〜このあたりはトピ主さんの思考に偏りを感じるし、彼には受け入れ難い屁理屈と取られてもしょうがないと思います。
    責めるべきは彼ではなく、食育を怠ったトピ主母です。
    偏食でも気にしない人を見つけた方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:8863924872

  • 好き嫌いにも限度があります

    主さんは今まで偏食を治そうと、少しでも努力したのでしょうか?
    それすらしないで、彼の蕎麦嫌いに文句を言う。良くないよね。。。

    私も過度の偏食のある人は友達でも嫌です。
    それが人生の伴侶となると、なおさらご遠慮したいですね。食の楽しみが激減しますしね。。

    残念ですが、彼とは終わりでしょう。

    今後は偏食をいかに少なくするか努力が必要ですね。次に向けて頑張って下さい。

    ユーザーID:1833628596

  • 食事ほど・・

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。

    あなたねえ、食事ほど大事なことはない、毎日、毎日、365日のこと、食べ物が合わないことほど、重大なことはないんです。

    彼があなたに嫌気がさしたのもわかるような気がしますね。何事も程度問題で、あまり度が過ぎるのはよくありません。

    潔く諦めてください。今が一番若いんです。この世に男女はわんさといますから、ちゃんと相応な人が現れます。

    ユーザーID:6954088436

  • 偏食が治ってない

    そもそも、お付き合いの条件を守れなかったのです。
    結婚どころの話じゃない。
    お付き合いを続けるのも無理だと判断されたんですよ。

    「偏食を我慢して結婚して」
    とトピ主さんは求めてますけど、彼にしたら
    「偏食だから結婚したくない」のです。

    理解してください。

    ユーザーID:2298271321

  • レスします

    主様は蕎麦なら食べられる。でも彼は蕎麦以外は食べられる。
    そしたら外食できるお店は蕎麦のあるお店に限られますよね。
    又はご飯とデザートの充実している所だけではないですか。

    私も昔の友達が主様と似たような偏食で、お店選びにはかなり気を使いました。
    しかし田舎などお店が少ない所だと、友達が食べれる物がほとんどないお店も多く、彼女は大丈夫だからと言ってくれましたが、何も食べない人の前でがっつり食べるのは気を使ったし、かなりストレスでした。

    あと、友達ならたまにだけど、結婚したら毎日一緒に食事しますよね。
    主様は自分が食べられない物を美味しく作れますか?
    生肉や生魚を触れますか?
    それができてから、彼を説得してください。

    ユーザーID:1777038421

  • 説得はあきらめなさい

    最初から「偏食を直すなら」という理由付きで始まった交際なのですから、直らないのならそこでお仕舞いです。
    あなたに『偏食』という欠点を補うほどの魅力がないからです。

    食事が楽しくない人と生活していると人生つまらないです。
    あなたは「私の苦労が分からない」と言っておられますが、彼はその苦労に関わりたくないのです。解放してさしあげなさいな。

    ユーザーID:3207632200

  • 私もお別れしました。

    20代前半の頃にお付き合いしていた方が偏食でした。
    とても好きでしたが、付き合う分にはよくても、こんなに偏食では家族にはなれないと思い、お別れしました。
    この話を友人知人に話しましたが、皆さん「確かにそれは無理だね」と言っていましたね。。

    「衣食住」って言いますよね。 
    食事ってとても大切なことだと思うんですよ。
    私には娘がおりますが、知育同様、人間の基盤をつくる上で「食育」はとても大切なことだと考えています。
    貴女の彼氏さんも、きっとその様に思われているのでしょう。
    貴女とは「食」に関する価値観が全然違うのです。

    お付き合いだけなら、「結婚しないし付き合う分には偏食の彼女でもいいじゃない」と説得も可能でしょうが…結婚を視野に入れているなら、説得は無理でしょうね。

    ユーザーID:0478918745

  • 自分に甘過ぎる人とは人生を共に出来ないということでは

    あなたの御家庭内では、そのような偏食の食卓であったとしても、彼には関係無いことです。
    彼は好き嫌いの強要すらしていません。
    あくまでも、彼には受け入れ難いというだけなのです。
    あなたは偏食を治す気が無いのに、彼には「価値観を変えて私の偏食を受け入れろ」というのは、ご自身を棚上げし過ぎで大変図々しいかと思いますが。
    正直、好き嫌いと偏食って大分違うことだと思いますよ。

    そもそも、偏食を治すことは付き合うときの約束であるにも係わらず、自分に甘く全く偏食を治す気が無く、今後も治す気は無さそう。なのに、彼には「説得」という形で、彼のマトモな価値観をねじ曲げさせようとしている。
    これでは結婚しても上手くいかないですよね。

    自分に甘過ぎる人間は、自分が周りに無神経を働いても平気だけど、いざ自分に指摘という形でブーメランされちゃうと、自分だけ被害にあっているつもりになって、自分を正当化する言い訳ばかり。絶対に非を認めないし反省しません。
    そんな方を伴侶にして長い人生を共にすると考えたとき、やはり結婚は考えられないと誰もが思うことでしょう。

    あなたの偏食の場合、単なるワガママだけではなく、御家庭内で出されたメニュー以外を食べる(受け入れる)ということは、「お母さんから愛情をもらえなかった」という悲しい現実を認めることになってしまうので、なかなか偏食を治すことは難しいのでしょうかね。
    本当に愛情のある母親ならば、自分が偏食家であっても、子供のためには色々なメニューを作って食べさせたいと思いますものね。

    辛くても、まずはご自身が少しずつ偏食を治し変わる努力をしてください。
    結婚はそれからです。

    ユーザーID:3426003193

  • 私も無理だな

    ごめんなさい。
    私も偏食の人との結婚は考えられません。
    日々の食生活はそれほど大事です。

    トピ主さんからしたら「その程度」なのでしょうけど、毎日生活して一緒に食事をする人が、極端な偏食だったら、楽しく食事ができません。
    同じものを食べて「美味しいね」って言える家庭がいいという人もいるのです。
    トピ主さんは同じ価値観の人と付き合えばいい。
    少なくとも、彼はあなたとの結婚生活に魅力は感じないのです。
    あきらめましょう。

    因みに私は我が子に、アレルギーでない限りは、嫌いでもとりあえず少しは食べられるように促しています。
    大人になったら、自己責任で好きなものを食べればいいけど、子供のうちは嫌いなものでも食べて欲しいと考えています。
    それぞれの家庭の方針ですから、批判する人もいるとは思いますが、社会人になって公式の食事会で、空気も読まずあれが嫌だこれは食べられない人にはなって欲しくありません。

    ユーザーID:2030321174

  • タマゴが嫌い(アレルギーではなく)という理由だけで別れた

    食卓は大事です。
    嫌いなものがある人はたまにいます。

    それが「めったに食べないもの」であればそれほど生活に支障が出ません。
    たとえば、「私、フォアグラが苦手なんだよね」と言われても「へえーそうなんだ」で済みます。

    でも日常的に食べる「野菜全般が苦手」だとか「お肉が食べられない」とか「卵がだめ」とかになってくると「そういう人とは結婚できない」となる人は多いと思います。

    特に「偏食」ってしつけの中でもかなり重視される部分ですよ。
    だから好き嫌いが多い子供に育ててしまわないようにみんな気を付けるのです。

    それができなかった人の子は自分の子にもできないでしょう。
    負の連鎖です。

    私が彼だったとしても、トピ主さんとは結婚できないな。

    ユーザーID:4836414133

  • 自分で言ってるよ

    〈私の苦労がわからないのだと思います。

    苦労してるんでしょ?食事に。

    だから、そんな家庭にしたくないし、
    あなたのように食事に苦労する子供にしたくないんだよ。
    自分で苦労って言ってるじゃん。
    はたからみても、一緒に食べる人も苦労するよね。

    私もどうしてもたべられないものが多少ありましてあなたの気持ちもわかります。
    でも、偏食がひどすぎますよ。いくらなんでも。。。

    週末に会う、平日にたまにご飯一緒に食べるくらいなら彼もあなたに合わせるけど
    365日、朝と夜、休日も全てあなたと食事するとなったら。。。
    これから何十年先までと考えたら無理でしょ。

    あながそうなったように、自分の子供もそういうふうになるのかな?
    あなたの家がそうだったように、あなたの偏食にあわせたメニューしか毎日出ないのかとおもうと

    私もゾッとします。ごめんね。。。

    偏食はなおらなくても、料理はつくれるならまだいいだろうけど
    大抵はにおいでその食べ物がダメだろうし、味見もできないから無理よね。

    彼が困った男なのではなく、
    大抵の男性、いや女性もあなたの食生活で結婚は考えられないよね。

    説得なんて無理だよ。

    あなたが特殊すぎるもん。

    ユーザーID:9899202252

  • 無理ですね

    食の好みがそこまで合わないと、一緒にいてもまず楽しくない。
    出かけても食事は必ずしますよね?
    そこであなたに合わせたらほとんど食べられない。
    あなたの偏食と彼の蕎麦嫌いだけで、自分の犠牲になっているレベルが同じな訳がない。
    どこがお互い様?
    ご自分は大好きな蕎麦が食べられないと言う思いは、彼は常にいつも味わっているのですよ。
    そもそも偏食が原因で一度断られているのに、治せなかったのですから、
    素直にお別れしましょう。
    反論できる立場にありません。

    ユーザーID:7015219767

  • 食は大事

    毎日のことだから。

    夫は外国人ですが、出された物は何でも食べます。若い頃から旅行が好きで、地元の食べ物しかない辺鄙な所にも行っていたせいだと思いますが。

    味がどれだけわかってるかは不明ですが、私の料理なら何でも美味しいと思ってるようです(笑)

    ご主人が外国人で、お米は食べず、パスタしか食べられない人を知っています。ご主人はイタリア人ではありません(笑)毎晩パスタだそうです… 

    私もパスタは好きです。でもその友人のように毎晩は無理です。あなたの両親とその友人はそういうことは気にならない派だということです。

    でも私やあなたの彼のような人間には無理です。

    あなたは彼が(結婚は)無理だというのを受け入れないのに、あなたの(偏食を治すのは)無理だと受け入れさせようとしている。

    妙な話しだと思います。

    あなたの苦労は、好んでしている苦労というか、偏食を治す苦労を避けてるだけなので、理解されないと思います。

    ユーザーID:3502452711

  • それは好き嫌いというよりは、嫌い嫌いだと思う

    >肉はダメ、野菜は数種類、果物も数種類、魚も白身の焼き魚くらいです。

    好き嫌いなんて生易しいものではないですね。

    >その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています。

    それって、その代わりになりますか?
    肉の代わりにご飯?牛乳?ケーキ?
    何が言いたいのかわかりません。

    そういう極度の偏食の人は、同じ極度の偏食の人と交際/結婚したらいいと思います。普通の人を巻き込まないであげて欲しい!!

    ユーザーID:6152199839

  • 『説得』とは如何なものか?

    そもそもトピ主さんの主張に正当性を感じない以上は
    彼の主張・決断を翻意させることなんて無理でしょう。

    だって、約束を守ることが出来なかったんだから仕方がない。
    一方が終わりだと決断したら終わるのが恋愛関係です。

    素直に諦めることですね。
    そしてきちんと別れた上で彼がもし全てを受け入れることで結婚したいと思ったら
    戻ってくる可能性がわずか1%未満であるかなって話です。

    トピ主さんの偏食というものも個性としてご自身で受け入れるとして
    それを受け入れてくれる人がどんな人か、
    もしくはトピ主さんにそれを補う部分があるのかってことになる。

    例えばですが、トピ主さんの結婚観はどんなものですか?
    どんな家庭を想像していますか?

    両親は両親です。彼はトピ主さんの父親とは別人格です。
    だからこそ、あなたが自分が考える家庭の姿を提案してそれを受け入れてくれる人を
    捜すしかないんです。

    彼を『説得』する手段はないので、次に向けて自分の結婚観を満たす男性を探そう。

    ユーザーID:5012268017

  • 結婚相手を選ぶなら、偏見も何でもあり。

    理屈に合わなくても、非科学的でも、差別的でも、本人にどうしようもない事情であっても、それを理由に対象外にすることだってあります。

    結婚相手はひとりしか選べないし、そう何度も何度もやり直し、とは行かない。
    相手に違和感を抱えながらの結婚生活には無理がありますから。

    美女(イケメン)じゃないから嫌。
    背が低いから嫌。
    血液型の相性が合わないから嫌。

    本人に面と向かって言える言えないはありますが。

    そのなかに「偏食だから嫌」があってもおかしく無いでしょう。

    ユーザーID:8388329342

  • 殆どの男性が嫌がるでしょうね、トピ主みたいな女性

    私も偏食で、子供の頃は給食も昼休みになってもまだ1人で食べる迷惑者でしたので、気持ちは分かりますが、、、

    でもウチは母親が好き嫌い無い人だったので、毎日私が好きじゃない物も容赦なく出されましたよ。

    オトナになった今は、だいぶマシになりました。

    それでも主人からは好き嫌い多いと言われます。

    ただ私は肉が全然ムリとか、トピ主ほどではないです。

    偏食はイバれる事では無いし、彼がトピ主に合わせる前提はおかしいよ。

    偏食を全く治す気ないなら、同じくらい偏食な男性か、偏食オッケーな男性を選ぶしかないと思います。

    でも男性は基本食べる事、作ってもらう事が好きだと思います。

    偏食で外食先に苦労するとか、偏食だから全然自分の好きな物作ってもらえないとかを受け入れる男性は少ないと思います。

    ユーザーID:2588112896

  • 蕎麦アレルギーは普通のアレルギーより激烈

    蕎麦のアレルギーはまさに「激烈」と言えるような症状ですよ。
    蕎麦アレルギーの人が蕎麦を食べたら死に至ることもあります。

    彼にアレルギーかどうか聞きましたか?

    また、私もあなたが約束を破ったからダメだと思います。偏食を直すって約束したけど守れていない。だからです。
    約束を破る人と結婚できますか?私ならできません。

    主さんが偏食なのはお母さんのせいにしていますね。それが正しいとしたら主さんのお子さんも偏食になる可能性は大きいですね。彼は自分の子供を偏食にしたくないんだと思いますよ。
    実際主さんは偏食なことで、今回不利益を受けている。我が子にそんな思いはさせたくない。当然の発想ですよ。

    ユーザーID:2259006777

  • 食は重要

    食事は毎日の事ですから、食の好みが合う合わないは重要だと思います。
    私も食の好みの違いから、好きかも?と思っていた男性がいたんですが、食の好みが見事にと言っていいほど真逆で、好きな物と嫌いな物が真逆、お米の硬さの好みが逆など、もしこの人と結婚したとしたらと想像したら、これだけ食の好みが真逆じゃ無理だとやめた事があります。

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません
    上記したように、食は結婚するのにあたって重要なファクターです。

    >彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします
    説得は不可能です。
    そもそも、トピ主さんは偏食を理由に1回彼に交際を断られているのでしょう?
    そして、偏食を治す事を条件に交際に至った。
    それで偏食を治さなかったのですから、彼を説得は出来ません。
    彼との約束を破ったのだから、仕方がないと諦めましょう。

    約束を守らずに、彼を説得して結婚まで押し切ってしまえという、その考えも嫌なのかもしれません。
    こういう人は、自分の都合のいい方向に事を運ぶ為に平気で嘘をつきますから。

    トピ主父は、交際や結婚の条件として、偏食を治せと言っていないのでしょう?

    で、結婚した結果、生まれた娘が母親譲りの偏食になってしまった。
    これも、彼がトピ主さんと結婚出来ないと言っている理由の一つではないですか?
    トピ主さんが偏食を治さない限り、子供も同じように偏食に育てると思っているから。

    偏食を治す気がないなら、交際の条件が偏食を治す事だった彼とは別れて、トピ主さんのお父さんのように、偏食と子供も偏食に育てるであろうことも受け入れてくれる人と結婚するしかないのではないかと思います。

    自分を騙して、そんなの大した事ないと押し切って結婚を迫る人なんて、誰だって嫌なんじゃないですか?

    ユーザーID:4551199799

  • 食育は大事ね

    トピ主の文を読んで“食育”は大事だと思います。

    食育を放棄した偏食の親を持つと、子も偏食となりトピ主の様になる。

    息子には結婚して欲しく無いですね。
    食に乏しいトピ主と、その親御さんだと苦労しそうでし、産まれて来る孫も可哀想な偏食の悪循環に巻き込まれる。

    トピ主さんは、今後ご自分の人生のためにカウンセリング受けられた方が良いです。
    そのままでは、まともな結婚生活も家庭も築け無い。
    トピ主のお父さんはお母さんの偏食を理解して家庭を築いてるとおっしゃってますが、子であるトピ主が結果偏食となり犠牲となっている。結果、トピ主自身が異性との結婚問題にも弊害を及ぼしている。今後の人生も友人達と楽しく食事する事も出来ない。

    ユーザーID:8348769071

  • 区別

    アレルギーと好き嫌いを同列に扱う時点でもうなんか無理。
    いい歳なんだからちゃんと勉強しよう。

    ユーザーID:6365201623

  • きびしい…

    1つは皆さん書かれてるように、子供ができたあとですね。食べられないと、給食で苦労するし。

    もう1つは、相手の親御さんが、息子にちゃんとした食事を作って食べさせてくれるだろか?と心配されると思います。たとえあなたが食べられなくても、夫や子供にきちんとした食事を作って食べさせる事は可能ですか?
    結婚後食事はどちらが作るという話し合いもしてますか?

    似たような人がいましたが、年配者はそこを心配してましたね。息子の嫁に来てもらったら困ると。

    ユーザーID:9037555040

  • 子供も偏食になるのが嫌なのでは?

    あなたと結婚したら、子供が偏食になるって確信したのでしょう。
    食卓にサプリメントが並ぶのを想像したら、滅入ります。

    蕎麦屋に行けない件を書いて、彼とお互い様だと主張されていますが
    ステーキ屋やすき焼き、しゃぶしゃぶ屋、刺身や生魚が美味しい居酒屋や海鮮料理店など諦めた回数は彼の方が圧倒的に多かったはずです。
    回数で考えたらかなり不平等だったはずです。

    お付き合いする条件が偏食を治す事だったので説得しても無理です。
    説得するとしたら、あなたは食べないけれど彼の為に肉料理や魚や野菜の料理を作って食卓に出すと約束する事でしょうかね。
    もっとも、偏食を直せなかったのでそれを彼が信じるとは思いにくいですが。

    ユーザーID:9000470901

  • 彼の蕎麦嫌いはアレルギーでは?

    何でも食べられる彼が蕎麦屋に行くことも拒絶するってことは蕎麦アレルギーじゃないですか?
    だとしたらそこで出される食事は蕎麦以外のものであっても食べちゃまずいですよ。

    トピ主さん、彼と結婚したらずっと蕎麦を食べにくくなますよ。
    いいんですか?
    ただでさえ食べられるものが少ないトピ主さんには苦痛じゃないですか?
    食の好みが合わない相手との生活って避けられるなら避けたいのが普通ですよ。

    ところで、
    自分が食べられないものであっても
    彼の食事に付き合うとか、
    彼用のご飯は彼の好みに合わせるとか、
    嫌いな食べ物であっても調理はするとか、
    見苦しくないように嫌いな食事を避けるようにするとか
    努力しました?

    結婚は生活です。
    我が子もトピ主さんのように偏食に育つかもと思えば躊躇するのは当たり前。
    あなたが彼のために偏食を治せなかったように
    彼もあなたのために結婚相手の偏食を受け入れられなかった。

    縁がなかったんです。

    自分が変わることを拒否し、相手にだけ変化を求めるトピ主さんのそういうところも結婚したくない部分かもしれませんね。

    ユーザーID:2298271321

  • 食の相性は大切

    蕎麦だけ食べられないのと、
    基本的に多くが食べられない偏食とでは、
    かなり差があると思いますよ。
    どこに食べに行っても、それじゃ楽しくないじゃないの。

    誰にでも苦手な食材はあると思いますが、
    トピ主さんの場合はそうじゃない。

    結婚するってことは、子どももできるということです。
    彼は、そういう未来のことまで考えて、
    あなたのとの結婚は無理だと思われたのでしょう。

    偏食はアレルギーとは違いますよね。
    多少は改善されたらいかがですか?ご自分の為ですよ。

    ユーザーID:7304386532

  • 価値観の違い

    嫌いな物1つ2つなら問題ないですが、何でもかんでもダメ、食べられる物を数えるのが早い(主さんの様な人)レベルの人は、次元が違うんです。

    私の主人はあなたのように元偏食です。結婚する前に彼にハッキリ言いました。「あなたの偏食に付き合う気は私には無い。私にとって食事はとても大切な時間だし、美味しい物を食べることが好きな私は、あなたの偏食で我慢するの嫌なの。子供を持った時に親があれ嫌いだ、これ嫌いだ、と偏食ぶりを見せたくない。それであなたはどう思う?」と、言ったら彼自身も偏食なのが恥ずかしいと思ったらしく(過去にお呼ばれされても、食べられる物がなかったり、少なかったりで、失礼なのと同時にとても恥ずかしかったらしい)、治すと言ってくれて結婚しました。彼は努力しましたよー、本当に。今では大分偏食が治りました。まだ、好き嫌いはありますが、彼の努力を知っているので私も妥協できる所はしています。

    結婚での食事の価値観はとても大切です。あなたの彼にとっては食事はとても大切なものなのでしょう。あなたにとって食事はそこまで大切なものではないのでしょう。そこの違いですよね。この価値観は離婚にも繋がるものでもあるので、彼の決断はとても妥当だと思います。
    あなたが本気で変わるか、価値観が同じ人と一緒になるのが一番です。

    ユーザーID:1879247680

  • 彼が気の毒です

    偏食…これって本当にご迷惑です。
    私の高校時代の友人M子。かなりの偏食の持ち主。
    野菜と果物は大嫌い。唯一食べられる野菜はレタスのみ。
    普段、食べるものといったら肉と魚と炭水化物のみ。
    野菜嫌いで肉ばかり食べてたという事で…こう言っては何ですが体臭がキツかったです。体型もポッチャリ。
    皆で食事に行くとなっても全てM子に合わせなければならなかったのが本当に苦痛でした。周りも何故だかM子に合わせてしまうんですよね。本当に不思議でした。
    まぁ話題が豊富で面白い子だったので皆もその部分でM子を見ていたのでしょうが私は真っ平御免です。
    「食」は大切です。社会人になってからも異様な「食」の持ち主とは一緒に食事したくありません。偏食者に合わせるとなると、ある程度レストランやお店も固定されてしまうので。
    トピ主さんも「食わず嫌い」な部分があるのでは?「これ嫌い…」って思ってるだけで口に入れる事を躊躇してしまいがちだと思いますが。口に入れる前にあれこれ考えずサラッと食べてしまえば案外何ともない場合が多いのです。
    偏食がある人って「食べられない」「嫌い」という暗示にかかってる人が多い気がします。

    ユーザーID:1263175177

  • 私には別次元に思えてしまいます

    偏食とアレルギー、ですね。
    アレルギーは治療しないといけないですけど、偏食は調理法では食べられるのではないかと思います。(食材を細かく切る、加熱するとか)
    私は特にアレルギーはないですし、苦手はないと言えば嘘ですけど、たくさんでなければ食べます。食べる事は私達にとってはとても大事な事と思ってるので、彼氏さんはそれを気にされてるのではないかと思います。お互いに妥協点が見つからなかったらトピ主さんと同じ境遇の方とお付き合いされるのが良いのではないかと思います。

    ユーザーID:8537207856

  • 私もイヤですね

    極端に偏食な人は。
    友だちレベルならば毎日一緒にいるわけではないのでなんとか付き合えると思いますが、結婚相手としては絶対に無理です。

    それも開き直りのような態度がイヤです。
    もっとひどい偏食の人(お母さん?)がいるとか、健康診断で問題がないとか。

    誰だって好き嫌いはありますよ。
    私も肉類(特に豚肉)が嫌いで魚好きですが、会食でどうしても豚肉が出たら少量は口にするし、家族には豚肉料理を作ります。(自分は焼き魚にします)

    トピ主さんも自分が嫌いな物を受け入れたくなければ、同じ人を探して下さいね。

    アレルギーなどで食べられない人は別として、極端な偏食な人と一緒に食事をするのはごめんです。
    実母さんのせいで、気の毒な環境で育ったことは同情しますが…

    ユーザーID:0961882342

  • 食べ物の好みは大事

    これから一生を共にするのですから、ある程度の妥協は必要です
    ですが、食べ物・味付けの好みは妥協するにも限度があります。
    そこまで偏食がひどい人はそうそういません。
    子供の頃は給食で困ったことでしょう。お友達とのお付き合いも大変だったのでは?

    彼はあなたの事をお付き合いするにはまあ我慢できるけど、親より長く過ごし家族を作っていく人とは思えなかったのですよ
    子供の教育にも悪いし、とても親戚づきあいがうまくいくとも思えない。
    そういったところでしょうか

    ご両親も反省なさったほうが良いと思いますよ。娘が苦労してるんですから。

    がんばって偏食を治す、もしくは努力してるところを見せることによって彼も認めてくれるかもしれませんが。
    がんばってください

    ユーザーID:1383208633

  • 子供が心配だからね

    トピ主さんは給食の時はどうされていたんですか?
    今はあまりガチガチに食べることを強制されませんが、それでも毎日毎日食べ残すのは心苦しくないですか?
    お友達と食事に行ったり旅行の時はトピ主さん1人があれも食べられないこれも食べられないと主張していたんですか?
    将来お子さんが出来た時に、彼は子供が偏食でいじめられたり生きづらくなったりしないか心配なんでしょう。
    トピ主さんは平気だったからといって、お子さんもそうとは限りません。
    私の娘の友達にもお母さんが偏食で娘も偏食という子がいます。
    悪い子ではないですが、やはり変わり者のレッテルは貼られてますね。
    そして、蕎麦だけ食べられない人とトピ主さんを同レベルに語るのは無理でしょう。

    ユーザーID:9939856786

  • 彼は諦めよう

    偏食を受け入れられる人を探しましょう。

    受け入れられない人は、受け入れてくれません。
    ちなみに私も偏食の人とは付き合えません。

    アレルギーが少しある、とかなら仕方ないですが。

    偏食な人は、私から見たら、とても問題があるように見えます。、色々な面で。

    ユーザーID:6820177773

  • レスします

    男性です。
    さいさんに激しく同意します。

    女性から交際を申し込まれ、条件付きで付き合う。
    これはどうしても譲れない条件だから。
    一度断って、その上で約束した事。

    それを無理〜で済まされ、
    たった一つ食べられない蕎麦でお互い様で済まされ、
    で結婚を躊躇する理由が分からないって言われても…ねえ。
    彼は初めからちゃんと説明してるでしょ?

    彼はちゃんと理解しているんです。
    この手の女性と結婚するとしんどいって。
    これから先も訳の分からない理由で約束を気分で簡単にひっくり返されるって。
    そりゃそのような女性と結婚したくないでしょう。
    トピ主さんには分からないのですか?

    言い方は悪いけど、惚れた女性であれば偏食も仕方ないと言う男性もいるでしょう。
    彼にとってあなたはそこまでの女性ではなかったという事。

    それと説得って書いてあるけど、結局、彼にあなたの言う事を聞かせたいだけ、だよねえ?

    彼と別れてあげて。
    彼は一度お断りしてます。
    その上、彼はあなたと付き合う努力してダメだった。
    理由もはっきりと伝えている。
    で、これ以上男性に何を求めるのですか?

    男性よりのお願いです。
    私を開放して下さい。

    ユーザーID:6274576118

  • 偏食を治す(努力をしよう)

     私が彼氏の立場と仮定しますね。私も、彼氏と同じであなたと結婚できません。理由は、分かってもらえないでしょうが、毎日同じような食事ですよね。数種類の野菜と白身の焼き魚では、食事が嫌になってきます。贅沢はしなくても肉や赤みの魚、刺身など色々食べたいです。私も多少の好き嫌いはありますが、外食をした際には残さないようにしています。
     好き嫌いの激しい人と、食事を一緒にしたことがあります。箸でつまんで横によけたり、「これ嫌い。食べて」と、皿に入れてきたり、「これ欲しい」と、皿から取ったりされて気分が悪いです。私が注文したものを食べさせてと思います。
     彼氏が蕎麦を食べないのはアレルギーがあるからではないですか?蕎麦のアレルギーは恐ろしいですよ。
     お父さんが結婚できて子どもが出来たから、彼氏も同じ考えだと思いません。彼氏は、好き嫌いをしないように育てられて、食事は重要なのでしょうね。多少足らない栄養はサプリメントで補っても、食事でサプリメントでは、心が寂しいです。
     彼氏が「大嫌い大好きさんは、白身の焼き魚と数種類の野菜しか食べられない」と親に言ったら、「結婚はやめなさい」と助言します。
     もし、結婚できたら食事はあなたが作るのですか?毎日ほぼ同じ食事を。彼氏の昼食は弁当?外食?私なら外食で好きなものを食べさせてと思います。
     彼の実家(結婚したら義実家)に行った時、食事はどうするの?
     “私の苦労がわからないのだと思います。”“彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。”って、彼氏の説得は無理でしょう。育った生活環境が違うから。出来ることと言えば、偏食の激しい人と結婚するか、少しでも食べてみようと努力することかな。

    ユーザーID:9278819766

  • 結婚に火種は禁物

    今は燻っていても何かのきっかけで大火事になる可能性がありますからね。偏食のトピは過去にいくつもありますよ。スイッチさんのレスの「トピ主さんにとって偏食は重要じゃない、彼にとっては重要」この通りだと思います。トピ主さんが言い訳を並べても意味はないのです。アレルギーではない偏食の人って絶対的な自分勝手を自分以外に押し付けているんですよね。その感覚では対人関係として危機感はありますか?お母さまの影響と言っていますが結婚となるとそこの部分も不安要素ではあると思います。結婚は両親も関係してくるので、それに子どもは健康に育ってませんよ?毎日ケーキはおかしいし、現にトピ主さんは偏食が原因で今の事態が起きている、健康とは”心の健康”も含みますよ。
    ”縁がなかった”のだと思いますよ?主さんのご両親は偏食のあるお母さまでもお父様は「それでも結婚したい」と思った。でも彼氏さんは”偏食を治す”が条件で主さんと交際をスタートした。この時点でご両親と主さん達とでは違うです。その上、主さんは約束を守らなかった。結婚は交際以上に約束事が大事ですからね、それもありますが、主さんの存在・魅力が彼氏さんにとって偏食を上回らなかったのでしょう。蕎麦の下り辺りの発言を見ると主さんは性格も難しいのかなぁと感じました。一度偏食で断られてるということは彼氏さんにとっては”偏食”が占める割合が大きいということはわかっていましたよね?今の時点で”説得”と言ってる時点で事の重大の認識の違いが大きい証拠です。今回は諦めて、お父様のように偏食である主さんを受け入れてくれる人を探しましょ。

    ユーザーID:5467073945

  • それは厳しい

    全然お互い様じゃありませんよ。

    彼が食べられないのは蕎麦ぐらいで、普段の食事に支障はない。
    あなたの場合は食べられるものが極端に少なくて、サプリメントで補っている状態。

    結婚したくない気持ちは分かりますよ。

    もし結婚できたとして、あなたは普通の食事を作れるのですか?まさかあなたの食事に彼を合わせる訳ではないですよね?
    他の方も書かれると思いますが、子供ができたらどうするのですか?まさか子供にもサプリメント?

    あなたのお母様やあなたがそれで生きてこれたとしても、そのスタイルを自分や子供にまで押しつけられるのでは?と彼は危惧しているのです。

    いくら健康診断で正常だったとはいえ、それはサプリメントを飲んでいたから。
    偏食って恥ずかしい事ですよ?
    「お互い様」だの「私の気持ちが分からない」だの、謙虚な気持ちがなくて驚きました。

    ユーザーID:7038336110

  • 最後のチャンス

    あなたの置かれている状況が、あなたが思っているよりずっと悪いということを
    認識して下さい。

    その極度の偏食は結婚だけでなく一般的な人付き合いにも影響を及ぼすレベルです。
    誰でも一つや二つは嫌いで食べられないものはありますが、あなたのそれは正直に、
    きつい言い方をすれば「異常」です。
    一般的な普通の食生活をして育った家庭の人間から見れば親の虐待やネグレクトを
    疑うレベルの話です。
    何か信念があってそうしたのであってもやはりそれも普通ではなく引かれる話です。
    つまり、どうあってもあなたの偏食ぶりは「普通ではない」のです。
    あなたのお父さんがあなたのお母さんと同じくらい「普通ではない」から成立して
    いただけの話なのです。

    それに気づけずにいくと、あなたの人生は今後もこのことで人間関係が破綻していくと
    思います。
    ある意味で年齢的にも最後のチャンスなのではないでしょうか。
    どうか今一度真摯に皆さんのレスを読み返して下さい。

    ここがあなたの人生の分岐点だと私は思います。

    ユーザーID:1970666028

  • 彼がダメと言うならダメ

    トピ主さんが理解出来る出来ないは関係ないです。

    偏食の方とは結婚出来ない。十分な理由です。

    結婚したいなら偏食を治すことですよ。

    ユーザーID:4393253633

  • う〜ん

    お互い様ではないでしょう・・
    ちょっとあなたの場合多すぎますよ。
    彼はそばだけ・・あなたはアレもダメこれもダメ・・特にメインになる物自体がダメだという・・それはお互い様ではないでしょう。
    もうその時点で感覚ずれてるんじゃないですかね。

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません

    アチラが決める事だから。その人がダメって言ったらダメですよ。
    ってか、それをカバーして有り余る魅力があなたにあるのなら良いけど、それで付き合う事自体悩むほどって事だよ。
    けっきょくそうまでしてあなたと結婚したくないって思われたら終わりですよ。
    立派な拒否理由です。

    それに躊躇する意味が分からないっていうけど、私も嫌ですよ。
    正直楽しくないのです。
    一緒に食事をする楽しみがない。一緒にアレ良いね〜美味しいね〜今度たべに行こう!作ってみよう〜って言う一緒の楽しみがなくなる。
    食の楽しみって人間結構な割合なんですよ。
    お酒が好きな人はやっぱり相手も飲めた方が嬉しかったりする。
    それくらい共通の話題や趣味に繋がる事なんですよ。
    普通の人でも一緒に食事する楽しみが味わえないのはつまらない。
    食に拘りとかがあったら尚更、一緒に楽しめない人は無理でしょう。
    その人が美味しい食事作ってくれるとも思えないしね・・・
    どうなんですか?自分は食べなくても彼の料理はきちんと作るんですか?
    味見とかはしてくれるの?

    無理だよね・・タバコ吸う人は無理とか・・それなりに気になる条件がある人はいる。
    あなたは彼には合わないです。説得できないですよ・・
    歩みよってまであなたを選ぶ気がないって事だから・・
    残念ですが同じ偏食仲間か、その偏食でも気にならないほど君にはもっと別の部分で魅力があるって言ってくれる人を探すしかない。彼は無理だったようです・・

    ユーザーID:7950925142

  • 無理無理

    食が合わないのは無理ですよ。
    彼は蕎麦だけが食べられないのだから、お互い様に成り得ません。

    >両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。
    だから、なんなの?
    あなたの結婚相手はお父さんなの?

    >私の苦労がわからないのだと思います。
    食事が合わない人と付き合い続ける苦労もわからないじゃないの。

    子供が生まれたら、また牛乳だサプリだで育てるの?

    ユーザーID:3391288164

  • 人間だれしも嫌いなもの一つくらいはあるんじゃない?

    でも、1つならまだしも偏食となるとね。
    毎日の事ですし、比較対象にも値しない。

    それが嫌で付き合う前に無理と断っていたのを
    直すのを条件に付き合っていたんでしょう?

    できないならしょうがないのでは?

    社交的な人が内向的な人と
    一緒にいても楽しくないのと同じじゃないでしょうか?

    できないのに無理に合わせる必要もないんじゃないのでは。
    一緒にいても合わない。ただそれだけでしょ。

    同じ方向を見てない人と将来が見えないのは仕方がないこと。

    私の中では食事は生活の中で一番といっていいほど重要項目。
    食事が楽しめない人とはまず結婚は無理。

    それが、芸術だったり、学問だったり人それぞれなのでは?

    あなたがそれほど重視してないことが
    彼にとっては大事なことであれば将来を一緒に歩めないのは
    自然なことだと思います。

    あなたの苦労なんて理解できないから別れたいんでしょうよ。
    無理だと思います。
    私もあなたの意見、意味わかんないもん。

    ユーザーID:9010267866

  • レスします

    トピ主さんが偏食で育てられたことは、トピ主さんご自身の責任ではないため、お気の毒だと思います。子供にとっては、母親の出されたものを食べるしか生きていく術がないから。
    そのくらい、食べ物で人間は人生が左右されるほど、影響が大きいと思います。
    でも、今は成人されているのであれば、お母様がなされた食事生活を、自分はしないと決断されてはいかがでしょうか。努力しない彼を批判していますが、これは彼の努力云々の問題ではなく、彼の人生がかかっているし、心も体も健康的に生きていく上で大きな問題です。トピ主さんが自分が吐きそうになるほど我慢しても、我慢して生活するのは地獄です。それを相手に強いるのと同等です。
    トピ主さんが自分を変えられないのであれば、トピ主さんと同じ系統の偏食の男性を探す「努力」をすべきです。人を変えようとしてもできません。自分を変えるしかありません。

    ユーザーID:5152432647

  • アレルギーじゃないの?

    蕎麦がダメって、それアレルギーじゃないの?
    食べたら命落とす危険があるんですが。

    結婚して子供欲しい男性にしてみれば、偏食の多い女性に子育ては任せられません。
    あなたと一緒に子育てしたくありません。
    一緒に子育てしたくない、結婚生活送りたくないって、立派にお別れする理由になると思いますけど。
    結婚したくない女性とずるずると付き合っても時間の無駄ですし、彼にも希望する結婚生活と結婚相手がいるんでしょう。
    嫌な相手と結婚するって、彼の人生をドブに捨てるようなものですよ。
    彼は、彼の結婚も人生も大切なので、あなたとお別れしたいんです。
    子供をあなたみたいにしたくありません。
    生理的な拒否反応ですから仕方ありません。
    あなたとつきあってたら、彼の希望する結婚相手と結婚できないじゃないですか。
    あなたと結婚したくないって、お別れする理由にならないなら、ほかにどんな理由ならお別れする理由になるんだろ?と疑問です。
    ついでに、私もあなたみたいな人無理ですね。
    普通の生活が送りたいです。

    ユーザーID:8850065909

  • 価値観の違い

    食に対する価値観や考え方の違いだよ。

    どちらが良いとか悪いという話ではない。

    ただ、純粋に彼はトピ主さんとの食の価値観を合せることを断念したということ。
    断念するとともに結婚は無理だと判断をしてお別れを提案した彼は至って普通。

    自分の食の価値観を受け入れない彼に異なる感情を抱くトピ主さんも別に悪いわけではない。

    純粋に受け入れられない事柄があり、それが障害になって結婚が出来ないからお別れということは普通にあること。

    受け入れられない相手を批判したり考えを変えようとすることは無理がある。

    彼は恐らくトピ主さんの姿勢を見て恋愛の熱が冷めたのかと。
    それが異なる価値観に歩み寄る気持ちを失わせて結婚の断念とお別れに繋がったということ。

    想像するに恋愛なら我慢が出来たんだと思う。
    だけど結婚相手との結婚生活を想像する際に偏食のトピ主さんとの結婚は考えられなかったんじゃないかな?

    トピ主さん側の事情も苦労も彼にとってはどうでもいい。
    彼は偏食ではない女性と結婚することになるだろうしトピ主さんは偏食を受け入れてくれる男性を探すしかない。

    ユーザーID:8789292132

  • いや、無理。

    100%でなくても80%くらいは配偶者と嗜好・志向が同じであってほしいもの。
    私の場合は食の好みと笑いのツボ。
    この二つを重要視する人は多いと思う・・・というかほぼ100%じゃないのかな。
    それがここまで合わなければ結婚をやめる判断されても仕方ないと思うけど。
    彼の言うことや小町の回答が納得出来ないなら有人や会社同僚に聞いてみては。

    それにね、蕎麦だけが食べられないというのとあなたの偏食を一緒にするのは
    ちょっと乱暴じゃないかな。

    ユーザーID:1774044722

  • 今更?

    〉偏食を直すことを約束して付き合い始めたのです

    それは、最初からの話なので、今更、どうこう言っても仕方がないです。

    偏食どうこうは関係ありません。
    他のことでも、同じです。

    ユーザーID:5001658107

  • 理解者を探したほうが良いと思います

    美味しんぼという漫画に、トピ主さんと同じように偏食に苦しむ人が出てきました。

    その人は、スクランブルエッグ(ただし半熟は無理)、とんかつ、カレー、ハンバーグしか食べられず、足りない栄養はサプリメントで補っていました。
    偏食をなおそうと努力したこともありましたが、気持ち悪くてどうしても食べられなかったと言っていました。

    漫画のためにオーバーに脚色していると思っていましたが、実際にトピ主さんのような方がいらっしゃるということは、ある程度取材などをしてから描かれた話なのかもしれないですね。

    ちなみにその登場人物は、メニューをトンカツからカツ丼に変えて、食べられなかった半熟卵と汁にぬれた衣をクリア。
    それからも、もともと食べられる料理に少しずつ変化をつける方法で、偏食を改善していきました。
    さすがにこれは漫画のご都合展開かもしれません。

    将来、偏食に関する研究がすすんだら、もしかしたらトピ主さんのような症状に名前がついて、改善法が確立するのかもしれません。

    でも今現在では、偏食は好き嫌いの問題、我が儘と考えられることが多いです。
    おそらく説得したところで、彼氏さんがトピ主さんの気持ちを理解できることはないでしょう。

    トピ主さんの苦しみを理解してくれて、寄り添ってくれるパートナーを探したほうが良いと思います。

    ユーザーID:0588479596

  • その偏食

    子供に悪影響なんですよ。

    現にあなたも母親のせいでそうなってる。

    蕎麦はアレルギーが絡むと深刻なこと知ってますか?比較するのはちょっと違うかな。

    私の知り合いも偏食がいて周りから絶対結婚できないぞと言われていました。
    その通りになってますよ。

    たいしたことないのになんで?
    みたいな思考がトピ文から滲み出てますがそんなことないですよ。

    特にケーキを毎日なんてびっくりします。
    あれは特別な日に頂くものかと思ってました。
    砂糖のかたまりだし、経済的にもどうかと思うわ。

    そう言えばタンパク質の摂取が足りないと甘いものが食べたくなるってどこかで聞いたような。
    これに当てはまるんでしょうね。

    ユーザーID:1805669605

  • 結婚後の食事はどうなるのですか

    70歳近い年金生活のお爺ちゃんです。苦言ですが!
    結婚後の食事はどうなるのですか?子供さんができた後の食事はどうなるのですか?貴方のお母さんがしたように偏食の食事で、貴方のような子供さんになるのでしょうか?家族で楽しい食事を味わえないのでは?
    チャイラテさんのレスのように、相手の方は、蕎麦アレルギーかもしれませんね!でも、お蕎麦屋さんに入っても、蕎麦以外を注文できますから、楽しい食事をあきらめることは有りませんね!貴方の偏食だと、ハンバーガ屋さんやステーキ屋さんなどで、家族一緒の楽しい食事はできそうもないですね。運動のアスリートに子供さんがなりたいといった時、筋力をつける肉類(魚類も同じ)等が食べられなくて、アスリートをあきらめなくなりませんか。
    私も小さい頃、『ニンジン』が食べられませんでした。あの甘苦いニンジンが吐き気を催したのです。母は優しかったので、『ニンジン一つぐらい食べられなくても』と残しても、許してくれました。小学校三年の時、カレーライスが学校の給食に出たのですが、普段と同じようにニンジンを避けて食べていると、『○○君は、ニンジンが食べられないの?』と隣の席のクラスでも可愛い女の子に言われ、私もチョット好きだった娘だったので、凄いショックを受け、顔を赤くした記憶があります。その後、周りも迎合し、はやされ、無理やりニンジンを涙を流さないまでも、時間がかかりましたが、給食時間内で食べた記憶があります。
    今では、ニンジンもおいしくなり、偏食はなくなりました。小学校三年生の隣に座っていた可愛い女の子には、今でも感謝しています。

    ユーザーID:5427716682

  • え?

    主さんの偏食と、彼の蕎麦嫌いは全然お互い様じゃないですよ。
    そういう屁理屈を言うところがますます、彼の信用を失うんだと思います。

    偏食はもしかしたら体質で、しょうがないことなのかもしれない。
    でも、食事は生活の最も大事な部分なので、そこが合わない人と暮らすのは無理だと思います。

    たとえば好き嫌いが同じでなくても、それはなんとかなるんです。
    お店でも、一つしかメニューが無い店なんてそうそうない。


    主さん達でいうと、蕎麦屋に入って、彼はうどんを食べればいい。
    でも、普段から主さんの偏食に振り回されているから、彼もわざわざ譲りたくなかったのかも。
    つまり、補い合えないほどの違いがあるということなんでしょう。

    偏食が良い悪いではないし、誰にでも食べられないものはあります。
    主さんは、主さんの嗜好を理解してくれる人を探すしかないと思います。
    それが本当の相性だと思います。

    ユーザーID:7120347585

  • 子供には苦労させたくない

    >私の苦労がわからないのだと思います。
    貴方は偏食で苦労してるって事ですよね?
    恋愛もままならない。好きな彼と結婚出来そうにない。
    子供に同じ苦労させたいですか?
    偏食じゃなければ彼とスムーズに結婚出来たんでしょうね。
    彼は今も貴方が偏食である事が嫌だし
    子供が出来たら、貴方と同じ様に偏食になる事が嫌だと思う。
    貴方のお母様と貴方が同じ様に育った様に
    貴方との子供は偏食になることが目に見えている。
    子供に余計な苦労はさせたくない。
    偏食である貴方とは明るい未来が見出せないんです。

    私も偏食な人とは暮らせない。
    人生に切り離せない毎日の食事。
    愛する人と美味しいものを共有出来ないなんて、つまらない。
    一つや二つ嫌いなものがあっても許容範囲だけど
    貴方の様に極端でサプリを使わないとダメなら、私も結婚相手にはアウトです。
    彼の事が本当に好きなら
    貴方が幸せになる事より
    彼が幸せになる方法を考えて下さい。

    ユーザーID:0901185864

  • それこそ価値観の違い

    彼とは結婚しないほうがお互いのためです。ご縁のない相手だったと思って潔くあきらめましょう。

    理由は、

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
    >両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

    この考えがあるからです。あなたは根本的には偏食を治す必要のあることだとは思っていません。
    だったら、あなたの偏食を受け入れてくれるか無関心な人と結婚したほうがトピ主さんのためだと私は思います。

    トピ主さんがそもそも偏食を治す必要がある、自分の子は偏食のある子にしてはならないと感じていて、
    彼との結婚をきっかけにその努力をしようとしてるならいいんだけど、彼と結婚したいがために、意に沿わない偏食矯正を
    イヤイヤしているとしたら、それはあなたにとっても彼にとっても、そして将来生まれてくる子にとっても不幸な結婚だなあと私なら思います。


    トピ主さんには同じ苦労を分かり合える似た方のほうが相性がいいと思いますよ。

    彼を説得できるアドバイス、というならば「本気で偏食を治そうと努力する姿を見せること」です。

    ユーザーID:0048471877

  • 価値観の違い。

    彼は一度チャンスをくれたのに直らなかったのだから、諦めましょう。

    価値観の違いはどうしようもありません。

    トピ主にとっては何ともなくても、彼にとっては重大な事なんです。

    偏食を許容出来る人と結婚した方がトピ主は幸せです。
    私の両親も結婚したんだから〜を彼に当てはめるのは間違い。彼は彼です。
    結婚したかったら、トピ主のお父さんの様な方と結婚して下さい。

    ユーザーID:7124588357

  • 偏食は無理

    偏食の人との結婚はムリと考える人が多いです。

    あなたの苦労なんてしったこっちゃありません。
    アレルギーでないのならそんなものは苦労ですらありません。

    説得なんてしようがありません。
    「性格がすきじゃないから結婚しない」と言われているのとなんら変わりありませんから。

    「偏食だからといって結婚を躊躇する理由がわからない」のはあなたが偏食だからであって、大抵の人には「理由がわかる」話です。

    ユーザーID:2447144184

  • 偏食はね

    うちは子供達が自閉症スペクトラムからくる偏食でキツイですよ。
    わたしはあまり好き嫌いもなく、外国の変わったメニューも食べられます。
    なので、子供達の偏食は本当にきつく、作るのが嫌になりました。
    毎日の食事も美味しくありません。
    自分の子供ですらこうなるんだからパートナーだったら尚更ですよね。
    うちの子たちの方がそれでもまだ食べられるもの多いですよ笑
    保育園で給食で少しずつ食べられるものを増えてもきました。
    やはり、小さいうちに矯正しないと無理でしょうね。
    30だと努力次第でももうどうしようもないんでしょうね。
    お父さんはお母さんの偏食には目を瞑れるほどきっと別の良さがありけっこんしたのかもしれません。
    元々食にこだわりがなかったのかしれません。
    とにかく、お父さんと彼は別人格なので、お父さんはこうなのにと比べても仕方ありません。
    今回は縁がなかったと諦めるしかありません。
    また、彼がそばがダメなのはそばアレルギーがあるからか、近親者にいて、食べる機会がなかったとかありませんか?
    そばアレルギーは怖いですからね。

    ユーザーID:7004303453

  • 親の食育って大事だな

    あなたのせいではありません。
    あなたが結婚できないのは、あなたをそんな偏食に育てた親のせいです。
    私は一度だけ、好きなものを好きな時に好きなだけ食べる人と生活した事があります。
    本当に無理でした。
    聞くと、実家ではお母さんが何でも好きなものをいつでも用意してくれたとか。

    あなたが偏食で、偏食という事が結婚を断られるレベルのものだと気付いていないのは、
    家庭環境が原因です。
    栄養をサプリで効率的に取り、ずっと健康なら、何故日本社会はそれを推奨しないのでしょう。
    いつの時代でも、バランス良く食べる事の大切さを、子供の頃から教えられます。
    その意味を、わからないまま育ってしまったのですね。

    彼は、あなたとの間に子供が生まれたら、
    給食すら食べられない子供に育ってしまうと危惧しているのです。
    また、偏食以前に、自分がとても変わっているという自覚がなく、
    偏食を直すという約束も守らず、開き直って彼のそば嫌いを責めているあなたの性格が嫌になったのでは?

    ユーザーID:1664760211

  • 食べ物を「気持ち悪い」と表現する人は、ちょっと・・

    >偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした
    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
    >両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。
    >彼も私の大好きな蕎麦を食べられないので、私も旅行などで蕎麦所に行っても食べられないことが何度もあったことや、私も無理に食べようとすると気持ち悪くなるので、お互い様だと思っています。

    トピ主さんの言っている事、考えている事、ぜんぶムリです。
    平気でうそをつく、アレルギーと極度の偏食を一緒にする、腐ってもいない食べ物を「気持ち悪い」と表現する。ぜんぶぜんぶ無理です。

    彼氏さんは、最初は「偏食だけなら」「治すよう頑張ると言っているし」と思ってお付き合いしたのでしょう。
    けれど、偏食を直すというのも嘘だったし、それ以外の考え方も一般的な常識とはかけ離れている。
    「合わない」「無理だ」と思ったのだと思います。

    >彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします

    彼を説得するのは無理です。
    トピ主さんの生き様、価値観すべてを全とっかえしないといけないくらい、お二人は「合わない」のですよ。

    でもお母様もちゃんと結婚して、今も離婚していないのですよね?
    トピ主さんに合う男性はきっと居ると思います。がんばって探してはいかがでしょうか?

    ユーザーID:3742556459

  • 約束したのですよね…

    >彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした。

    頑張ったからと言って、1年付き合ったからと言って、結婚についても話題に出るようになったからと言って、
    約束を破って良いわけではないです。

    初めから彼は偏食のことで断っています。彼にとっては家族になる人が偏食なのは認められないことなんです。

    うちの夫がよく言います。
    「他人なら全然気にしない」

    例えば全身タトゥーが入ってる人、ピアスの穴を大量に開けている人。
    金遣いの荒い人。
    浮気しまくっている人。

    でも夫はそういう人は結婚相手には選びません。

    全身タトゥーが入っていても人には迷惑かけていませんよね?
    「これが自分なんだから認めて欲しい」
    そう主張するのは自由です。

    でも彼は認められません。
    彼には彼の価値観があります。
    あなたにはあなたの価値観がある。

    偏食を治せないなら、諦めるしかないです。

    ユーザーID:5518586337

  • 偏食はアウトでしょうね。

    食物アレルギーで食べられないのなら分かりますが、
    貴女の場合は嫌いなので食べられないとしか思えません。

    結婚して子供が生まれた場合、教育上良くないと思います。

    母のせいにしないで努力して偏食をなおさないと別れを切り出されてもしかたないのでは?

    ちなみに職場に偏食が激しい人がいました。交際を経て結婚した女性がキチンと教育して偏食がほぼなくなりました。多分直さないと別れると言われたのでしょう。

    ユーザーID:5504598836

  • 偏食は直せます。直しましょう。

    トピ主の求める相談とは反対のことになりますが、読んでみてください。

    トピ主の母上は偏食だった。
    その母から出される食事が偏っていた。
    だからトピ主も偏食になったわけですよね。
    その弁でいくとあなたのお子さんは偏食になる可能性が極めて高いですよね。
    その負の連鎖を絶つためにも偏食は直した方がいいですよね。
    多分、彼もそれを望んでいるのでしょう。

    偏食を直すのは意外と簡単なんです。
    私はそれほど嫌いなものは多くありませんでしたが、食べず嫌いはありました。
    例えば、納豆がその一つでした。
    就職して独身寮に入りました。月曜日の朝はきまって納豆でした。
    納豆を食べないとおかずがない状態でした。
    最初はみそ汁とご飯だけで済ましていました。
    あるとき勇気を出して口に入れてみました。
    臭いはいやだが味はいいことを発見しました。
    今では大好物に変化しました。
    こんなものです。
    それから世界が変わりました。
    世の中に食物として流通しているものに食べられないものはありません。
    それからはどんなものでもチャレンジしてみようと思うようになりました。

    まず、先入観を消すことです。素直に自分の舌にまかせるのです。
    頭(脳)には頼らないことです。
    食べる前に脳にお休みいただきましょう。

    頑張ってください。

    ユーザーID:1592908461

  • ある意味

    トピ主さんも被害者ですよね。

    普通自分の嫌いな物も子供には食べさせるでしょ。

    私は牛乳とバナナが嫌いですが、子供には出しますよ。

    貴方のお母様がいけなかったですね。

    少しずつで良いから克服する努力されたらいかがですか?

    ユーザーID:5086735942

  • だったら約束しなけりゃよかったのに

    彼は交際時点ではっきりと条件を出しています。
    でもトピ主さんは偏食に対して悪いとは思っておらずむしろそれを受け入れない彼を批判してますよね。
    そんな考えを持ってるなら交際前に言えよって話ですよ。

    偏食だからと言って結婚を躊躇する理由がわからないくせにその彼と付き合ったトピ主さんが理解できません。
    彼の考え方を理解できず受け入れられないのになんで付き合うことはできるの?

    説得は無理ですね。
    トピ主さんが偏食でいるのは自由です。
    でも彼を無理にそれに付き合わせることはできません。
    彼にだって結婚相手を選ぶ自由があるのです。
    多くの人はトピ主さんを選びません。
    それを受け入れることがあなたの人生。
    自分の子供にそんな人生を送らせたくはない。だからトピ主さんを自分の子供の母親にしようとは思わない。
    食べられないものは食べられない。
    わかりますよ、食べなくていい。
    でもこっちだって嫌なもんは嫌なんですよ。無理なの。

    ユーザーID:9104864749

  • 別れましょう

    彼は蕎麦アレルギー
    トピ主さまは肉と青魚ほかダメ

    協調した食卓が囲めないなら、それが一番の問題点です。
    「夫婦が同じものを食べる」
    私は彼のエゴだと思います。

    次行きましょう。

    ユーザーID:5363131118

  • 好みのすり合わせって大事だからなあ…

    私はほとんど好き嫌いがないので彼側の思考回路ではあるんですが、ただ、私が彼だったとしてトピ主さんを本当に好きだったら結婚すると思います。
    というのも、私は私で自分の食事を作ればいいと思うから。
    そう思えるタイプなので。

    ただ、子供は作りたくないと思うかもしれない。
    偏食の人に育てられる子がどうなるかちょっと不安。

    好きではないから結局別れたけど、過去付き合った人も偏食の人がいて、デートの時つまらなかったです。
    まあこれは偏食を愛情が越えられなかったということですね。
    この時の事例は今回のトピ主さんに近いかなあ。

    説得かあ。
    難しいよ。
    もうこういうのってお互い譲れないことだから…

    さっきの話じゃないけど、彼にとってトピ主さんへの愛情は、偏食を越えられないんですよ。
    偏食を我慢してトピ主さんと付き合うくらいなら、他の人に乗り換えたいって思ってる…と思う。私がそうだったから。ごめん。

    好みのすり合わせって大事なんですよね…

    だけど偏食の人を非難する気はないです。
    食べるのが気持ち悪くなっちゃうって大変だし…

    合う相手が見つかるといいですね。

    ユーザーID:8365787360

  • お互い様ではない。

    食べられない物、彼は蕎麦だけ。あなたは超偏食。

    超偏食と蕎麦のみ、これを同列に扱うなんておかしいと思いませんか?

    衣食住は人間が生活するうえでの基本ですから、ここの相違は厳しいですよ。

    私も偏食相手とは絶対に結婚できませんね。

    毎日毎食ストレスに感じると思うから。お互いに。

    あなたは自分が食べられない食材を使った料理が作れるのですか?

    あ、もしかして全部彼に作ってもらう予定だった?

    どっちにしろ、結婚すれば苦労するのは目に見えてるので、彼が断るのも無理はないです。

    ユーザーID:0294838507

  • 大変そうですね

    うん、そんな感じで「私の気持ちはあなたにはわからない」というのを押し通すんだったら、彼を含め他人と暮らしていくことは難しいと思うというのが感想だなあ。
    彼がお蕎麦を食べられないというのとあなたの偏食(好き嫌い)はレベルがまるっきり違う。普通に食事はできるけど、これとこれは苦手ってその程度の話じゃないですからね、あなたの場合。

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
    両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

    すごく少数派なことを言っていると思って下さい。少数派が悪いわけじゃないけど。
    なのでそれを理解し「そうだね、なんとかなるね」と言ってくれる男性を探すしかないのでは。
    お母さんはそんなお父さんと出会えてラッキーだったと言うほかない。

    ユーザーID:7053698058

  • 明るい提案!

    彼氏さんとはスッパリ別れて、アメリカに来ませんか?

    私もかなりな偏食だと思っていたんですが、こちらでは全く何も不自由なく過ごしております。
    30代で同棲していた彼氏なんて、すごかったですよ〜。
    小学校の先生だったんですが、野菜はネギと玉ねぎだけしか食べなかったし、フルーツも色々ダメなもの多し。
    肉は大好きだったけど、飲み物は牛乳だけ。
    親戚のパーティーで、お料理は30種類くらいあったのに、自分で作ったスープと牛乳だけしか飲まなかったというツワモノでした。
    でも体は健康で、痩せ型で筋肉もありました。

    こういう人が沢山います。
    で、誰も別に何も咎めたりしません。
    レストランでも普通に「xx抜きで」とか「xxと〇〇を取り替えて」とか頼めます。

    私も健康診断では超優良で褒められますし、食べられないものを無理強いされない快適な生活を送っています。
    あ、子供もいますが、別に困ってません。

    とりあえず、留学にでも来てみては?

    ユーザーID:0453633227

  • 彼にとっては大事なこと

    そこは彼の価値観なので、説得は難しいですね。。
    野球のイチロー選手も体操の内村選手も偏食で有名ですし、むしろ偏食は効率的と言われてて必ずしも悪ではないという記事を読んだことがあります。
    ただ、私個人的には、パートナーと食事の好みが合わないってかなり苦痛です。もし友達にいても、ご飯が限定されて楽しめなさそう。私が夫と仲良くいられるのは、美味しい食事を一緒に食べることだと思ってるので、私もちょっと難しいです。。

    ユーザーID:0481741287

  • 結婚は厳しい

    私も偏食な人は結婚するなら無理です。

    トピ主さんは食を重要視していないのに対して、彼氏さんは食を重要視しているんですよ。
    簡単に言えば価値観の違いですかね。
    食事は毎日するものですから、そこが合わないと結婚しても続かないと思います。

    また結婚となったら両家への挨拶もありますが、彼氏さんのご両親はあなたの偏食を知っているのでしょうか?
    箸の持ち方が汚い人を嫌うように、偏食な人を嫌う人は多いですよ。

    アレルギーでもないのに、あれも駄目これも食べられないとなったら、どういう教育を受けてきたんだろう、甘やかされて育ったんだろうなと印象を受けます。
    偏食はこれを気に治した方が今後のためだと思います。

    あなた一人なら今はそれでいいのだろうけど、子どもが生まれたらどうするんですか?
    子どもにもサプリを飲ませたりするんですか?
    もし乳製品アレルギーなどがあったら?
    偏食のまま結婚するとはそういうことですよ。

    ユーザーID:8068452924

  • 誰が晩飯を作るのか?

    その様子ではつねに二種類作らないといけないですね。
    お互い作るとか?

    肉のお料理出来るんですか?
    吐き気がするから味見は無理なんでしょ?

    父親みたいな人を探すしか無いと思います。

    自分の考えを譲渡出来ない。
    自分の考えを押し通す。
    結婚って24時間続きますから、彼は辛いんでしょう。
    わかってあげてください。

    彼を辛さから救ってあげて

    ユーザーID:8460603118

  • 真実はわからないけれど

    彼は食に重きを置いていて、一緒に生活を共にするのはきついと感じたということだと思います。食は将来にわたって健康の基盤ですからね。

    または、偏食は言い訳かもしれませんね。よくありますよね、他に嫌な点があって別れたいのに、傷つけると想って「君は僕にはできすぎた人だ」とか「釣り合っていないから」とか。

    ユーザーID:6350537210

  • きついようですが

    彼はそばアレルギーですか?
    アレルギーと単なる偏食では、アレルギーのほうが命に係わるし大変ですよね。
    三十路にもなってそんなこともわからないのですか。

    彼と結婚したいようですが毎日の食事はどうするのですか?
    自分が食べられなくともきちんと料理はできるのですか。
    毎食ケーキでも出すのですか。
    子供ができたらどうします。
    子供がアレルギーがあって食事に気を使わなければならないときはどうですか。

    お母さんがそうしてきたから自分もいいじゃないってそんな気でいるから
    彼から愛想をつかされるんです。

    お父さんがお母さんの偏食を許したのはお父さんがそういう人だったからで
    あなたもそういう人を探せばいいのです。
    彼はそういう人ではないですよね。
    文句を言うなら尋常でないほどの偏食家に育てた両親に言いなさい。
    お母さんだけではありません。
    それを容認したお父さんにも責任はあります。

    健康だからいいという問題ではないことがわからないうちは
    彼の気持ちもわからないだろうし説得なんて考えるだけ無駄です。

    ユーザーID:1768196307

  • 無理ですよ。

    彼はよく1年、あなたとお付き合いをしたなぁ…と思いますよ。

    デートをしても、食事に行くお店も限られる。
    ファミレス的なお店に行ったとしても、彼が食事をしているのに、トピ主さんは甘い物をバクバク食べるようなことをしていたのではありませんか。

    何より、同じ物を食べておいしいねと言えない。
    彼は段々と、一緒に食事をしても楽しいと思えなくなったと思いますよ。

    それに、週に数回のデートの時はそれでよかったとしても、結婚して生活するということは、毎日それが繰り返されるのです。

    あなたが食事を作ることになれば、おそらくあなたが食べられる物しか出てこないでしょうし、足りない栄養はサプリで補えなんて、そんな食卓を想像しただけでゲンナリです。

    また、子どもが産まれてたとして、その食生活で子どもを育ててしまうことや、子どもがあなたと同じように育ってしまうことへの不安も大きいと思います。

    そういった部分まで考えたら、あなたとの結婚は考えられない男性が多いと思いますよ。

    サプリで補えばいい、それでも健康だから大丈夫ではないのです。

    その食生活を当たり前だと思っていること自体が、彼に結婚を躊躇させ、別れを決めさせたのです。

    また、彼も含めた家族以外のあなたの周囲にいる人も、あなたとの付き合い方に困惑していると思いますよ。

    食事ってとても大切なことです。
    同じ物を食べて、おいしいねって言えることが大切であり、コミュニケーションツールにもなるのです。

    >両親も母の偏食を知って結婚し、子供も元気に育っている

    でも、あなたのお父様と彼は違う人間です。
    ご両親はたまたま、同じ価値観の人同士で結婚出来たのだと思います。

    彼とあなたは同じ価値観を持っていませんし、彼にとって食べるということは、とても大切なことなのですよ。

    ユーザーID:5395308270

  • 子供には偏食に苦しんで欲しくないから、では?

    母親が偏食だと子供も偏食になりやすいですよね。
    トピ主母のように、自分が嫌いなものは食卓に出さなくなってしまうから。
    彼は、自分の子供にそうなって欲しくないんです。
    トピ主と結婚するより、家族で何でも美味しく食べられる家庭を選んだんです。
    だから、「お別れしよう」なんです。

    それだけ重要事項だから、付き合う前に約束したじゃないですか。
    「偏食を直すことを約束して付き合い始めた」のでしょう?
    シレッと自分は約束破って、彼には結婚を迫るのですか?
    随分と虫が良い話に思えます。
    彼の説得は不可能でしょう。
    彼と結婚したいなら、約束通り偏食を直すことです。
    アレルギーでないなら問題はありませんし、彼への愛が本物なら食べられるはずです。

    トピ主の苦労を知る必要は誰にもないでしょう。
    勝手に好き嫌いして苦労してるだけですから。
    恨むなら母親ですね。
    トピ主も母親を見習って、最初から偏食を気にしない男性を探さなきゃダメですよ。
          
    次は、「偏食を直す」なんて出来もしない約束はしないこと。
    今回の彼には嘘をついて付き合って貰ったんですから、結婚は無理です。
    女性の方が適齢期は短いので、早く次に行きましょう!

    ユーザーID:9695609838

  • 私も肉はダメですが・・・

    私もお肉全般がダメなので、困る時があります。
    ただ、私の場合、お肉以外は全て食べられるので、なんとかなる事が多いです。

    あなたは、例えば、白身魚以外の魚介も全滅となるとパスタなども
    (ボンゴレ等)難しくなってしまいませんか。

    ご飯と牛乳が好きでも、野菜や果物も数種類しか食べられないとなると
    食卓は大変限られるわけで。

    大豆系、お豆腐や納豆もダメですか?

    あなたのお母さんのように、自分が嫌いなものは食卓に上らない、
    そうすると結婚してもあなたの家庭は、再び、子供も偏食になるわけですか?

    以前、「好き嫌いが多い人は我儘な性格」と言われたことがあって
    私はかなり「自分のことだ」と思いましたが、あなたは自分でどう思います?
    私は、自分がお肉は食べないけれど、夫には作って出します。
    味見はできないけれど、レシピ通りに作ります。

    あなたも「偏食で結婚できないのはおかしい!」と息巻く前に
    結婚したら自分は食べなくても、あなたにはおいしいお肉料理を勉強して
    楽しい食卓にするわ、という姿勢でいれば今とは違う結論になったかも。

    ユーザーID:4071787213

  • 蕎麦はね

    お相手,蕎麦アレルギーじゃないんですか?
    偏食は努力すれば是正できるでしょうが,アレルギーは治療を要しますからね.
    それを

    >お互い様だと思っています。

    では,結婚は無理だと思います.

    仮に好き嫌いの問題としても,1種類と多種類で「お互い様」といえるあたり,
    トピ主さんの「偏り」がみえるようで,それもお断りの遠因でしょう.

    ご両親のように,偏食の傾向が同じか,
    食事を別に摂ることに全く抵抗のないお相手が見つかるといいですね.

    ユーザーID:7260103739

  • トピ主さんのお父様に説得してもらう

    彼が「無理」という気持ちも、もちろんわかりますが、トピ主さんとしてはなんとかして彼を説得したいのですよね。
    そこはやはり、トピ主さんの言うところの「成功例」である、「お父様」に出てきていただくのが一番納得させやすいと思います。
     
    その他にも、偏食家だが結婚してうまくいっている成功例を調べて、「きっとだいじょうぶ」と「たぶんだいじょうぶ」、「だいじょうぶかも」と彼に思わせる方向に持っていくのがいいと思います。
     
    現代では「肉のようにみえる大豆料理」といった、置き換えフード的なものもいろいろあります。
    食べられないものは避けて、でも一緒に似たようなものを食べる生活を心がけて努力している姿を彼に示し続けたら、彼も「ああ、本当に食べれないものは食べれないんだな。努力してくれているんだな。」と納得してくれるのではないでしょうか。

    ユーザーID:6100669684

  • 私は彼よりトピ主さんを説得したい

    彼が蕎麦アレルギーの可能性はありませんか?

    蕎麦アレルギーは死に至るものなので、もしそうなら好き嫌いの問題ではなくなります。
    一度彼に聞いてみてください。

    また、お母様が偏食だから自分も偏食で良いと思うのはいかがでしょう。それはお母様の価値観であって、トピ主さんの価値観とは違うのでは?

    あなたが一番お母様から受け継ぎたいのは偏食だけですか?

    彼と新しく築く価値観はないのですか?

    実は私も偏食が多かったのですが、主人が美味しそうに食べるものをいつのまにか好きになっていました。好きな人の好きなものって、自分も好きになるものです。

    トピ主さんは、きっとお母様のことがとても好きなのですね。その偏食すらも愛せるほどに。

    でも、彼の事も好きなら、彼の好きな物も同じように好きになりますよ。大丈夫です。

    彼に嫌いなものを増やすように説得するより、彼の好きなものを好きになってみませんか?

    好きな人の好きなものを好きになるのは、自分の嫌いなものを好きな人にもに嫌いになってもらうことより素敵だと思います。

    だって好き嫌いが多いと、外食も、旅行も、話題のスポットもなにもかも楽しくないでしょう?楽しい所はほとんど食事がついてまわりますから。好きな人には楽しんで欲しいじゃないですか。そして一緒に楽しみたいじゃないですか。

    私は偏食が治って良かったと思っています。
    色んなものの美味しさを教えてくれた主人に感謝しています。
    だからトピ主さんにも外食の楽しさを知って欲しいと思います。
    きっと彼もそう思っているでしょうね。

    ユーザーID:9301029167

  • 偏食だけが理由じゃないかも

    「説得」なんて上から言える立場じゃないです。もっと焦りましょう。

    まず彼は「はじめっから」「一貫して」あなたの偏食を認めていないんです。

    彼からの猛アプローチで付き合い始めたならまだしも、あなたからですよね。
    しかも1回断られて偏食を治すと約束し、交際開始。
    これじゃあ約束守らないとまずいよー。

    で結局、偏食は治せず(公約違反)。なのにあなたは自分の違反を正当化し棚に上げ、
    蕎麦の件やら持ち出し「お互い様」とする。なんと乱暴な。

    偏食うんぬんよりも、この「ずるさ、かわいくなさ」が結婚無理な理由かもしれない。

    「結婚したら、小さな約束は無視され、大きな約束も反故にされ、本題をすり替えられ、
    なんだかんだ言いくるめられて、私は悪くないもん!!と一生わがままを通され続ける結婚生活」

    が彼には透けて見えたのかもしれません。

    「偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。」
    これもずるい。わかりたくないだけ。
    わかりたくないのは、まあわかりますけどね。

    ともかく、そんなに偏食なあなたと付き合ってくれた彼。あなたへの情があるのは確かです。
    まずは「偏食を治す約束をごまかそうとしたこと」を、心から謝ること。
    素直に、誠実に、可愛く、今からでも努力の姿勢を見せてみませんか?

    ユーザーID:2572515748

  • 教育の問題なんだと思います

    トピ主のお母様がひどい偏食だったんですよね。
    だから、トピ主さんもそうなったんですよね。

    私は子供のころ、あまり好きじゃないお野菜
    が食卓にのぼると、「これ、好きじゃなーい」
    と言うと、父や母が「すごくおいしいよー」と
    ものすごく美味しそうに目の前で食べて見せて
    くれました。

    そうなんだーって思って、とりあえず口にする
    ようにしていたら、食べられないものはなくなり
    ました。
    今も、好き嫌いは何ひとつありません。

    これは、両親が上手に育ててくれたからと思って
    感謝しています。

    大人が食べられないものがあると、子供の教育上、
    問題がでてきますよね。

    彼はそれは嫌なんでしょう。
    偏食のあなたでも受け入れてくれる恋人を探すか、
    今からでも偏食を克服するかのどちらかだと
    思います。

    私は受け入れてくれる人を探すほうが簡単だと
    思います。
    今の彼を説得するのは、あなたが嫌いなものを
    食べられないように、無理なことなんだと思います。

    ユーザーID:0659104599

  • 食生活は大切です

    食べるのが大好きな人ならあれもこれも駄目という人は、どんなに条件のいい人でも無理。
    彼氏はよっぽど条件がいいのかな?じゃないとそこまで固執しないよね。
    でも、どんなにいい人でも生活が合わないとしんどいと思うよ。特に彼にとっては。
    彼が食べられないのはそばだけでしょ。主は偏食がひどい上、サプリメントに頼る生活。サプリメントが好きじゃない人にはその生活は無理。
    彼の為に諦めなよ。私が彼の家族なら間違いなく反対します。

    ユーザーID:8832062561

  • 料理はしますか?

    私もあなたと同じくらいの偏食です。
    肉は一切ダメ。果物も基本嫌いです。野菜は食べますが、香りの強いものがダメです。魚も目があるものが食べられないので、基本は切り身か刺身です。

    ただし、料理はします。そこがあなたのお母様と違う所ですかね。肉料理も作りますし、魚も焼きます。だからか、子供二人は好き嫌いはありません。
    恋人同士だった時代も焼き肉屋(肉だけしかない)とかには行きませんでしたが、他の料理屋では彼が肉を注文し、私は魚がメインで二人で楽しく食事をしました。

    あなたは自分が食べられないことに関して彼にどのような態度なのでしょうか?

    自分が食べなくても彼が行きたいというお店に一緒に行ったりできますか?もしかして拒絶してませんか?

    自分が食べられないから料理もしないとか、お母様と同じこと(食卓に自分が食べられるものしか出さない)をするつもりならば、家庭を作るのに躊躇するのは当然ではないかしら?

    私は自分が偏食なのはわがままだと知っていましたから(アレルギーとかではないので)料理はするつもりでした。
    あなたは「偏食は個性」とか思っていませんか?
    そこを彼に確認してみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:2562962968

  • 約束を守れなかったあなたが悪い

    あなたの偏食は普通一般の人が考える偏食の域を逸脱する位酷いです。

    彼に交際を断られて、偏食を直すことを条件に付き合ってもらったなら、
    約束が履行できなかった以上別れ話をされるのは当たり前だと思います。

    あなたがいくら、自分の偏食は結婚相手の範囲だと主張しても、
    相手の合意がない以上結婚はできません。

    一度約束を破ったあなたを、彼がもう一度信用するとは思えませんし、
    そうやって自分本位に考える性格自体も嫌なんでしょうね。

    一番良いのは、多過ぎる偏食を頑張って今の3分の1位に減らせれば良いのだけれど、あなたにその意思はないみたいだから無理ですね。
    自分や自分の家庭のスタイルが間違っていないというなら、それに同調して
    くれる相手をこれから探して結婚すれば良いだけです。

    彼の気持ちはもうあなたにないので、早く諦めて次に行ったほうが賢明です。

    ユーザーID:5508642298

  • 30代後半でも好き嫌い治せましたよ

    私は好き嫌いに関しては親を超えましたよ。
    トピ主さんの母親は食育に関して率直に言わせてもらえたら、とても残念な方です。
    それでも、親を言い訳というのはあまり通用しないと思います。
    もうちょい工夫して外食や自分でネットなど使ったり料理教室いくなどして、好き嫌い治せると思いますよ。
    私の母は、そこまで偏食ではありませんでしたが
    父方の祖父母と同居していたのもあり、私の生まれ育った家庭は基本的に和食でした。

    大学生になって、外国人支援団体に関わったときに韓国料理屋さんに連れて行ってもらい、キムチが苦手な自分は心の中で泣きました(笑)
    だけど、メニューを端から端まで読んでコムタンと言う牛のしっぽとワカメスープを見つけ出し、そこから韓国料理にアプローチ。
    チャプチェに、プルコギにトッポギに少しずつ食べられるメニューを増やし、今ではキムチが大好きになりました。

    三十手前にして、友達と中華街に行き、本当に寒い日でしたが、いちばん暖かそうな椎茸とホタテと豆腐のあんかけをがんばって食べたら、大嫌いな椎茸がすごい美味しくて大好きになりました。
    30代後半にして、家庭菜園で沢山取れたオクラをもらい、頭抱えて、やけくそで味噌マヨであえたらすごい美味しくて、大嫌いだったオクラが大好きに、なりました。

    今はタイ料理挑戦中です。
    パクチーと唐辛子が苦手ですが、まあ、ガパオライスでしたっけ?あまりパクチーと唐辛子が使われてない料理もありますしね、少しずつ慣れていきたいです。

    トピ主さんも、本気で彼が好きなら偏食を直した方が良いと思います。
    彼が子どもほしいから結婚と言うタイプの男性なら生まれてくるこの母親にトピ主さんみたいな偏食の人は嫌なんだと思います。

    ユーザーID:6177283777

  • シンプル

    好みや、理想の基準にお互い当てはまらないなら、仕方ないと思います。

    お母さんはお母さんのケースです。


    相手は相手で理想の家庭食があるでしょうし、それでもいい、という人を選んだ方が良いです。

    または同じような人がいるかもしれません。


    無理に推し進めて強引さを押し通したけっこんではうまくいきにくいです。

    結局ダメだった、じゃあすみませんから。曖昧さを抜いて決断してください。

    ユーザーID:0131869769

  • 心配なのは健康じゃない

    食べられないものが多いということは、「おいしい(と彼が感じるもの)を分かち合う幸せを、あなたとは感じられない」ということです。
    それも結婚したら一生。

    母親が同じような偏食であなたもそうなったなら、あなたの子どもも偏食になる可能性も高い。

    付き合うだけならどうにかなるけど、結婚は無理っていう彼の気持ち、よくわかります。

    私も夫と結婚した理由の一つが、偏食がなくて何でもおいしく食べる人、一緒に食事して楽しい人、だったからなので。

    偏食の人にはわからないでしょうけど、普通の味覚の人なら、偏食の人と暮らすなんて、楽しくないですよ。
    毎日の食事が楽しくない生活とわかっていて、結婚したくなんかないですよ。
    もちろん、どうしてもシイタケだけは無理というレベルなら、構いませんが。

    しかも、お付き合いの時、偏食を治すって約束したのに、治してなくて、約束破っているんだし、結婚なんてナイと思うのが普通ではないですか?

    ユーザーID:9090422150

  • 難しいのでは

    付き合う条件が偏食を治すことなら結婚は難しいと思います。

    彼は結婚の条件として最重要条件なんでしょう。

    それに全然お互い様でないですよ。
    貴女は偏食だらけ、彼は蕎麦だけでしょう?
    蕎麦なんて食べなくても支障きたさないけど、それだけ偏食が多いなら結婚後の食生活に不安を覚えるのは当然ですよ。

    貴女が嫌いだから彼にも食べないでと言われそう。
    それにまず食卓に貴女の嫌いなもの出てこなくて、彼の食事も片寄ったものになるのは目にみえてますし。

    結婚において食の好みは意外と重要ですよ。
    例え結婚できたとしてもすぐダメになると思います。

    ユーザーID:4885290567

  • 子供が可哀想な事になる

    結婚してお子さんが出来たら、恐らくトピさんのお母様がそうだったように、トピ主さんもお子さんに同じような事を、自分が食べれるものしか出さない偏った食生活になりますよね。
    多少の好き嫌いは誰しもあると思いますがトピ主さんのケースは度を越してます。
    主な栄養をサプリメントメイン摂取で育てられるなんて子供が可哀想です。

    ご自身の分とお子さんや旦那さんの分と別メニューを用意するくらいの努力と覚悟がないと、例え結婚できてもいずれ離婚になりますよ。

    子供はいらない、食事もスーパーの惣菜や外食で構わないという人ならokかも。

    ユーザーID:5541114457

  • それは迷うと思いますね。

    彼がお蕎麦を食べないのはアレルギーでは?
    アレルギーで食べられないのと、好き嫌いで偏食なのとは全く違いますよ。

    お子さんが出来た時、どうしても自分が嫌いな物は作らないと思うのでお子さんも偏食になったり、また他所のお家で御呼ばれした際もかなり印象が悪いですよ。
    あれがダメ、これもダメとなって大半残したりね。
    そうなると親のしつけはどうなってんだ!ぐらいの所まで行きますからね。

    ある程度大人になったら本当に困りますよ。
    どこにも連れて行けない!となるので。

    ユーザーID:7055535698

  • そうですね

    彼はチャンスをくれたのに、あなたはそれを生かすことが出来なかった。
    こればかりは、自業自得。その上、自分が悪いのに、彼氏の悪口三昧。同情の余地が有りません。

    「極端な偏食」というだけでも一緒に暮らせないのに、その上性格が我が儘で、頑固で、約束を守ろうと努力もしない。
    言い訳ばかりで彼への愛もそれほど強くないという事で、見限られたのだと思います。

    あなたとの未来だと、帰宅後の美味しい食事、休日の外食や旅行、子育て、義家族との交流・・と、どれをとっても楽しい夢が描けないのでしょう。
    こればかりは、彼を責めても解決しないです。

    折角一年ものチャンスが有ったのに、本当に残念でした。

    ユーザーID:9723001212

  • やっぱり偏食治しましょう。

    貴方の我儘を通すのは、”一緒に美味しいね”って家族で食卓を囲む幸せを彼から取り上げる行為です。

    毎日の大切な行為であり、生活の根底の食の楽しみなのに。
    好きな人と一緒に美味しいと感じて楽しむ事のできない一生を、
    無理に彼に強いるのは心底お気の毒。

    彼の為にも自分の為にも、極端な偏食は治して、もう少し普通に歩み寄ってはどうですか?

    ご両親の代から治す方が良いとは思いますが、それは無理でしょう。
    でも 結婚したいなら軌道修正すべきは貴方だと思う。

    ユーザーID:1560725715

  • 食事は大事です

    彼と主さんは食の好みが合わないから無理ですね。

    結婚しないほうがお互い幸せだと思います。
    人間の本能のひとつ「食」が制限されるって相当辛いですよ。
    主さんも嫌いなもの食べるよりも自分の好きなものを食べる方が幸せでしょう。

    ユーザーID:3404385570

  • 彼にとっては重要な事なんだよ

    お互いさまじゃないんですよ
    トピ主さんにとって偏食は重要じゃない、彼にとっては重要
    ここが大きく違うんです
    これから子供が欲しいと思ったとして、そういう人に自分の子どもを育てて欲しくないとなったら
    トピ主さんとの結婚はないんですよ
    付き合った際、それで断られてるのだから、偏食が治らないなら振られるのは覚悟すべきことです
    彼の言葉を軽く受け止めすぎましたね

    彼は元気なら良いとは言ってませんよ、偏食が嫌なんです

    ユーザーID:9770751231

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧