現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

好き嫌いが多いから結婚できない

大嫌い大好き
2019年5月18日 17:10

私には同い年(30歳)の交際相手がいます。
一年付き合い、お互いに結婚を考えるようになった会話が増えてきたのですが、先日「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」と話をされました、
理由は私の偏食です。
私は昔から偏食で、母も同じでした。
なので、食べられるものが限られます。
肉はダメ、野菜は数種類、果物も数種類、魚も白身の焼き魚くらいです。その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています。栄養はサプリメントを活用しています。これは母がそれしか食卓に出さなかったのでいつのまにかそうなっていました。
でも今まで健康診断でも家族全員正常です。
ただ、彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした。

確かに彼の言うこともわかるのですが、でも彼も私の大好きな蕎麦を食べられないので、私も旅行などで蕎麦所に行っても食べられないことが何度もあったことや、私も無理に食べようとすると気持ち悪くなるので、お互い様だと思っています。

偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

参考までに彼は蕎麦以外なら日本で一般的に食べられているものなら、好んで食べないものはあっても食べられないものは基本ないので、私の苦労がわからないのだと思います。

ユーザーID:0783372073  


お気に入り登録数:1208
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:467本

このトピはもうすぐ投稿受け付けを終了します。
タイトル 投稿者 更新時間
「偏食を直すことを約束して」
さぼりんまま
2019年6月9日 18:10

結果約束を破った。
理由はどうであれ。

決して「好き嫌いが多いから結婚できない」ではありません。
約束を破る人は信用できません。
安請け合いする人も。

信頼できない相手を配偶者に選ぶ?
トピ主さまは信頼できない人と結婚できるんですか?
彼を説得することはできません。

「今まで健康診断でも家族全員正常」?
今まで大丈夫でもそれが将来にわたって保証される保証はありません。
リスク管理能力に疑問符が。

またご両親とトピ主さまは別の人間。
ご両親が健康でもトピ主さまが将来にわたって健康、とは限りません。

母上が偏食で適切な食育を受けられなかったトピ主さまはお気の毒。
でも既に30歳。
親に与えられたものしか食べられないわけじゃないでしょう?
アレルギーならともかく偏食は直しましょう。
気持ち悪くなるのならアレルギーテストを受けましょう。

アレルゲンが見つかったら彼は同情してくれるかも。

ユーザーID:7525550161
一言
50代の一男性
2019年6月8日 17:52

私の伴侶はイタリア人ですが、色々と「私にとっては美味しい」と思う日本のものを勧めて食べてもらいます。

結果、お気に入りになるもの、もういいや、になるもの、色々ですが、そうやってああだこうだ言いながら食べるのが楽しいのよ。

トピ主にはこの気持ち、分からないのでしょうね。

ユーザーID:3831820364
彼との結婚に関しては
昼下がり決死隊
2019年6月1日 9:19

最早、偏食だけが問題ではありません。
偏食でなくても、トピ主さんの人間性、価値観の違いから、結婚は無理と言う結論を彼は出したと思います。

偏食に関しては、今からでもなおせるならなおした方がいいと思います。
ここを読んでも分かるように、食は結婚するにあたって、大きなウエイトを占めている人が多いです。

これで、トピ主さんが自分は偏食だけど、食卓には色々な料理を並べるって人ならいいですが、数少ない好きな物を食べて家族にも食べさせて、栄養はサプリで補えばOKって人だから更に問題。
だって、トピ主さんと結婚したら、家族も同じ食生活を強いられる訳でしょう?
旦那は外食が出来ても、子供は大きくならないと無理ですよね。

私も子どもの頃は好き嫌い多かったです。
今では、貝類だけが嫌いで食べないけど、後の嫌いで食べられなかった物は好んでは食べないけど、食べられるって感じになりました。
でも、自分は食べなくても貝類も食卓にあげます。
亜鉛だのタウリンだのが豊富ですから。

子供の頃、大嫌いだった人参とピーマン。
大好きだった、母の手作りのハンバーグに入っていると知った時は驚きました。
気付かないくらい細かく切って入れていたんです。
子供の頃、それを見てしまい、母はバレたかなんて言っていましたが、それ以来人参もピーマンも普通に食べられるようになりました。
母は若くして結婚して、結婚当初は料理も殆ど出来なかったのに、そんな工夫もしてくれるようになっていました。

でも、トピ主さんは子供も自分と同じ食生活で問題ないって人でしょう?
食生活どころか、彼に対しても全てを私に合わせろ、受け入れろって人ですよね?

それが出来る人もいるかも知れませんが、受け入れられない人の方が圧倒的に多いでしょう。
自分が変わる気がないなら、受け入れてくれる人を探して下さい。
彼に、無理矢理受け入れさせようとしないで。

ユーザーID:4551199799
衣食住は大事だよ
価値観の相違
2019年5月31日 23:01

トピ主さんはある意味気の毒です。母親が失格だったのに、そのとばっちりを受けているのですね。でも残念なことに自分の非がわからない。

人間の暮らしで衣食住ってとても大事ですよ。食は特に子供を育てる上でとても重要。それがわからない人って残念な人です。

ユーザーID:5510171856
全然わかってない
バンテ
2019年5月31日 21:15

あなたの偏食自体が悪いのではなく、「偏食ぐらいどうってこと無いでしょ!結婚しなさいよ!」
という、あなたの考え方が最悪。身勝手です。

彼は、あなたの人の気持ちや考えを尊重できない自己中な性格がイヤで、
偏食を口実に別れを切り出したんじゃないでしょうか。

本当に愛していたら、偏食がひどくても結婚しようと思いますから。

ユーザーID:6603983375
主さんが悪い訳じゃないけれど…携帯からの書き込み
食いしん坊
2019年5月31日 16:29

結婚する上で食の好みって重要です。
主さん自身が偏食でも生活に困っていない事は分かりましたが、結婚して夫婦になったら毎日のように一緒に食事する訳ですからね。
目の前で、あれ食べられない!これ食べられない!気持ち悪い!と訴えられるのは、大変辛いです。
そういう意味で食の嗜好の一致って大事です。
あと、アレルギーと偏食を一緒にしないで下さい。
アレルギーは嗜好ではなく体質です。
場合によっては命にかかわります。
周囲にも主さんのような重度の偏食者が2人いましたが、周りは皆、振り回されっぱなしでしたよ。
主さんが偏食なのは仕方ないけれど、それを仕方ない!と開きなおったり、周囲をそれに付き合わせるのはどうかと思いますよ。

ユーザーID:6551302330
これは絶対無理ですね
ぴよこ
2019年5月31日 14:12

蕎麦アレルギーとあなたの偏食が同じな訳ないでしょ!
拘りと偏食を同じ括りにしないで。
それを許しているから、私の偏食も許して結婚するべきと言うのは違います。
食がここまで合わないと、苦痛でしかない。
一緒に外食を楽しめないと言う事は出掛ける事に無理がある訳ですよ。
アレルギーは命に関わるんですよ?
あなたのはただの好き嫌いなのだから同じな訳ない。
そもそも一度断られている上に、約束が守れなかったのですから説得は無理です。
往生際が悪い。

好き嫌いは誰でもありますが、さすがに度を超えています。
ご飯と牛乳とケーキじゃね。
子供や将来を考えたら、そんな危険な結婚はわざわざ選びませんよね。

ユーザーID:7015219767
同じような人を探しましょう
匿名
2019年5月31日 0:02

私も偏食です。
でも野菜果物はなんでも食べるし、肉は苦手なのラム肉くらい。
魚貝は、牡蠣やムール貝が苦手。キムチは食べますが、激辛のものもだめ。
夫は一方なんでも食べる人です。嫌いなものなし。

ただ、私は自分の好き嫌い、正しいとは思ってません。
好き嫌いはないほうがいいと思ってますし、
子供はなるべくなんでも食べるように育てました。

彼に「私の苦労がわからない」などと文句言うのは、筋違いでは?
私はむしろ「嫌いでごめん」と思ってますし、
好きでないものも料理し、食卓に並べます。

トピ主さんのその視野の狭さが問題なんじゃないですか。
直せないから仕方ない、という開き直りや、相手に私の苦労がわからない、
などと筋違いの事を言ってしまうところが。

第一、トピ主さんの嫌いなものの方がずっと多いのに、
自分は蕎麦が好きだからって、蕎麦だけ食べない彼をなぜ責めるのでしょう。
なぜそんなことが言えるのか、理解に苦しみます。

だから彼が別れたいというのも無理からぬことだと思います。
トピ主さんは、約束も守れなかったのだから仕方がない。

同じような好き嫌いの多い人を探したらどうでしょう。
お互いの好き嫌いが重ならないとしても、同じくらい好き嫌いの多い人なら、
理解しあえるし、無理な努力しなくて済むでしょうから、そうしましょう。

ユーザーID:3833833967
昔の彼氏が偏食でした
ふき
2019年5月30日 14:34

三食炭水化物のみ
肉は食べない
野菜も食べない

いいんだけど、付き合ってる間は。
結婚ともなると食生活苦労しそうで
色々あって別れて
結婚した夫は
『虫系はたべたくない(無理したら食べられる。実際何だったか食べてた)
けど、それ以外は食べられる』
虫とか別に食べなくていいし。

なのでなんでも食べるので旅行でも外食でも困りません。

つい半年ほど前偏食のある友人と旅行に行きました。
食が合わないとこんなに大変だったのか!
という感想です。

私がいきたい店はほぼ行けなかった。

彼は無理だと言ってるんですから
あなたが諦めるか、食べられるようになるかどちらかではないですか?

服の云々は別にあなたに迷惑かけてないので
別問題です。

と、私は思います。

彼の
「なんでも食べられるのにあなたが食べられないから我慢しなくちゃならない」
という苦労を、あなたは分かっていますか?

ユーザーID:7275540009
同じ
のんた
2019年5月30日 14:04

 トピ主さんが食べ物の好き嫌いをどうしようもないから受け入れて欲しいということと、
 交際相手さんが「偏食の人を結婚相手と見なせない」ことはどうしようもないから受け入れて欲しい、ということは
 全く同じに思えます。

ユーザーID:5593748032
認め合えないなら別れましょう
makichan
2019年5月29日 17:24

うちの弟も似たような偏食ですが結婚して子供もいます
奥さんは一応自分と同じものを食卓に出すそうですが、食べないと言ってました
野菜だけよけたり、その料理ごと食べないこともあるそうです
それでもうちの弟用に作ったりはせずに腹が減ったらカップラーメンでも自分で作れ!というスタンスだそう。
奥さんはそこまで気にしていないようで特にそのことで揉めたりしていないです

子供にはきちんとバランスよく食べさせていて、
「〇〇くんはパパよりお野菜食べれるね〜」とか言って笑っています

あなたのパートナーさんは偏食が気になるんだったらうまくいかないと思うので仕方ないです
食に限らず、相手のダメな部分を受け入れられないなら、うまくいきません

うちの弟の奥さんみたいに気にしない人もいるので、、、

ユーザーID:1455889161
ちょっと大変な人に感じる携帯からの書き込み
さら
2019年5月29日 15:27

トピ主さんの責任というより、トピ主さんのお母さんの責任でしょうね…。
ケーキやサプリメントで食事を済ませるのは普通ではありません。

食育、という言葉があるくらい、食事は大事です。
特に子供の頃は。

洋服の好き嫌いや包丁の研ぎ方と、食事の好き嫌いは全く違うと思います。
食事は人の体を作るものですからね。

トピ主さんは子供の頃友達の家に行って食事をご馳走になったことありませんか?
その時嫌いだから、ってほとんどを残したりしてませんか?
子供相手になら何も言われないかも知れませんが、友達の親はいい気持ちしないはずです。
大人になったときに会食で苦労しませんでしたか?

もしトピ主さんの子供が出来て、同じような食事環境になったら可哀想だと思います…。

因みにアレルギーは命にかかわる事があるので、「アレルギーも好き嫌いも同じでしょ」とは人に言わない方がいいと思います…。

ユーザーID:4700716747
分かり合えない
KANA
2019年5月29日 14:32

意味が分からないなら仕方ありません。

ある意味、あなたは被害者。
責められるべきは、偏食を受け入れられない彼ではなく、
自分が食べられるものしか出さなかったお母様です。

私の友人は、箸がうまく持てず、親には箸の持ち方なんて気にしなくていいと言われたそうですが、
このままでは良くないと思って自分で治したそうです。

あなたも、もう少し危機感を持った方がいい。
ご両親をお手本にして、偏食でもいいと思うのはやめた方が良いと思います。
あなたと結婚したら偏食を強いられることが容易に想像できます。
それで結婚を躊躇する男性は少なくないと思います。

ユーザーID:3560016677
まぁ、結局のところ
アキラ
2019年5月29日 13:57

彼が「無理」って言っているんだから、ここでどう言ったところで彼を説得出来るもんでもないわけ。

「説得したいけど、アドバイスを」って求めているけど、すでに「説得」するような関係なんだ。

彼にとっては説得されようがもう愛情を持つことは無理だろうって話。

説得しようとすればするほど、彼は君の愛想を尽かすのは明白だよ。。。


そもそも、付き合うときに"偏食を直す"ことが条件だったわけだから、今更、「偏食でもイイでしょうが!」と開き直りの主張をして説得できると思うこと自体がおかしい。


君の偏食を理解してくれる男と付き合ったほうが、お互いに幸せだよ。。。

ユーザーID:1565768215
偏食をあきらめられないなら、彼をあきらめるしかない…
ミトリン
2019年5月29日 12:56

自分の偏食を棚にあげて、
彼が私の偏食を嫌いだなんて許せない!
というのはものすごくシュールだと思いました。

恋愛でも結婚でも長続きする方法は、

嫌いなものがあっている
事だそうです。

どういう事かというと、
人間嫌いな事をされると頭に来るんですね。
そういうのが積み重なっていくとどんどんその人の事が嫌いになってしまうのだそうです。

結論から言えば、
彼氏がどうしてもあなたの偏食を許せないのなら結婚は難しいでしょう。

今の時点で許せないのなら結婚したら嫌いになる一方なのですから。
破たんが目に見えてしまいます。

私は同じように偏食が多い人と結婚するしかないと思います。
それかお父さんのように許せる人とならうまくいくような気がします。

好き嫌いが多いと知らず知らずのうちに他人に気を遣わせてしまいます。
たとえば結婚して上司に挨拶に行ったとします。
その時にそれだけの好き嫌いがあって『食べない!』となったら大変です。

また自分の子供が偏食になったらどうしようと考えるのもあるのだと思います。
なので結婚後の事も考えてしまうと踏み切れないのはその点だと思います。

私の父母は好き嫌いが多くて、母は鶏肉料理全般が駄目です。
でも嫌いであっても料理はしていました。

食卓にはのぼらなくても給食ででたりしますよね?
そういうので味を覚えるとかあるような気がします。

ちなみにそんな両親から生まれた私は好き嫌いはなしです。
正確に言えば、
エビが大嫌いだったのですがそれを克服しました。
今は食べられるようになりました。

そういう場合もありますが、でも頑張っても無理なら偏食を治せないでしょう。
だったら彼の言い分も仕方ないのではないでしょうか?

ユーザーID:8735588995
言えば?
豚豚
2019年5月29日 10:59

レス1見たけど、そこまで言うなら彼にそう言えば?
「あなたの好き嫌いは認めてあげてるのに!
私の好き嫌いはアレルギーのようなものよ!」って。

まぁ言ったところで
「テフロンは身体に良くない。包丁を砥石で研ぐのは趣味のようなもんだ。
紺の服は嫌だとか、スリムなズボンは嫌だとか、スーツはシングルがいいとか、
私物はなるべく赤がはいってるのものを選ぶとかって、君に何か迷惑かけた?」
って言われて終わりだと思うけどね。

ユーザーID:4381226060
うちの母は
romihi
2019年5月29日 10:39

お肉が一切食べられません。
生理的なものか、アレルギーなのかはわからないのですが。

とにかく徹底していて、ドレッシングに肉エキスが入っていたら使わないし、お鍋の時は、自分は別メニューでした。

そんな母でしたが、子供はこんなふうにならないように、となんでもお料理してくれたので、私は好き嫌いが全くない人間に育ちました。

肉を焼くにおいですら、ダメだった母なのに、よく頑張ってくれたと感謝しか有りません。

おかげで、食べることが大好きになり、少々のことにはへこたれない性格です。

あなたのお母さんは、そうでは無かったのですね、お気の毒です。
結果、大好きな人に娘が別れを告げられているのにね。
あなたのお子さんには、同じ思いをして欲しくないでしょう?

ユーザーID:2488203394
理由は関係ない
ふじくにゅ
2019年5月29日 9:13

別れるのに理由は要りません。
嫌だと思えば結婚出来ないのです。彼にとっては、トピ主さんを結婚相手とは思えなかった。それだけです。
結婚は生活なので食事で合わせられないと大変です。
無理に結婚しない方がいいですよ、お互いに。

双方ピッタリというより、片方が我慢出来るか出来ないかなので、彼は我慢出来ないという事。
今のうちに別れた方がいい。

ユーザーID:5020751764
好き嫌いがない人は安定している
るる
2019年5月28日 23:54

好き嫌いがない人は精神的に安定してます。
ちょっと言われたくらいで私は悪くないと逆ギレするのは偏食で精神不安定だからです。
あなたに子育ては任せられません。

ユーザーID:5105221942
多分理解出来ると思いますが
冷静に読んでね
2019年5月28日 0:31

たかだか偏食くらいで、どうして彼氏は別れを選んだの?!
=彼の心が狭いから!
トピ主さんは、どうしてもここから動けない様ですね。

トピ主さん的には
◯ご両親だって夫婦円満、偏食の食卓だけど家族全員健康体
◯酷い偏食の母を父はしっかり受け止めて、幸せに結婚生活送ってる
◯娘の私も偏食だけど、何の問題もない

きっと、たかだか偏食でお別れ??と心底不思議なんでしょうねえ

キツイ物言いになりますが
夫である父親は、ステーキや焼肉、すき焼きなど
家で食べたくなかったんでしょうか?
普通の結婚だったら家でご馳走!として家族で幸せに食べれたんですよ?

1番の謎は妻であるお母様は、世間一般の肉料理を夫の為に
どうして作って差し上げなかったんでしょう?
さらに自分の娘に対して好き嫌いしないように
どうして自分が食べれない物でも調理しなかったんでしょう?

答え=自分の酷い偏食を、無問題!と一切妥協せず
夫にも娘にも、偏食を強いたからですよ

結果、娘のトピ主さんも母親と同様に
私が酷い偏食なのだから
夫も子供も無条件に自分の好きな物しか食べない一生を送るのは
あ た り 前だ!と一切妥協しません。

母親の思考回路そのままコピーです。

ステーキも焼肉も、野菜炒めですら
家庭で夫は食べれない、、
肉を食べたがる夫は
=偏食の妻を愛してない!我慢出来て当たり前なのに!

夫婦として母親としてトンデモの非常識な思考なんだけど
冷静に理解出来たかな?

愛する夫には好物の肉料理を、喜んで食べさせて上げたい、、
自分は一緒に食べれなくて申し訳ないけど、、
そんな発想お母さんもトピ主も一切ないのね

ユーザーID:1518474472
 
現在位置は
です