好き嫌いが多いから結婚できない

レス467
(トピ主1
お気に入り1,208

恋愛・結婚・離婚

大嫌い大好き

私には同い年(30歳)の交際相手がいます。
一年付き合い、お互いに結婚を考えるようになった会話が増えてきたのですが、先日「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」と話をされました、
理由は私の偏食です。
私は昔から偏食で、母も同じでした。
なので、食べられるものが限られます。
肉はダメ、野菜は数種類、果物も数種類、魚も白身の焼き魚くらいです。その代わりご飯や牛乳は大好きでケーキも毎日食べています。栄養はサプリメントを活用しています。これは母がそれしか食卓に出さなかったのでいつのまにかそうなっていました。
でも今まで健康診断でも家族全員正常です。
ただ、彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした。

確かに彼の言うこともわかるのですが、でも彼も私の大好きな蕎麦を食べられないので、私も旅行などで蕎麦所に行っても食べられないことが何度もあったことや、私も無理に食べようとすると気持ち悪くなるので、お互い様だと思っています。

偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします。

参考までに彼は蕎麦以外なら日本で一般的に食べられているものなら、好んで食べないものはあっても食べられないものは基本ないので、私の苦労がわからないのだと思います。

ユーザーID:0783372073

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数467

レスする
このトピックはもうすぐ投稿受け付けを終了します
  • 相性の問題だと思います

    私は輸入牛肉と羊肉全般が喉を通りません。
    アレルギーではなく、単なる好き嫌いですが。

    未だに「牛丼屋に行けないだろ」とかわけのわからない事を言う人がいますが、
    行った事ないのかな?と不思議に思います。

    もし、
    絶対に牛丼屋では牛を食べないといけない!!!と強調する人がいたら、私なら結婚しません。
    わざわざ説得する気もないですし。

    トピ主さんは、特定の物しから食べられないんですよね。
    どうして、それを強制する人と結婚したいのかがよくわかりません。

    もし、彼にそれを超えるだけの魅力があるなら、
    もうそれは食べる努力をするしかないと思いますよ。

    何人かが言われているように、人それぞれ譲れない部分があるのでしょう。
    主さんにもあると思います。

    私が婚活をしていた時の条件に
    「一人旅をさせてくれる人」
    というのがありました。

    変ですが、これだけは譲れなかったんです。
    「結婚したら家でできる趣味をして云々」
    と言われただけで無理でした。

    主さんの彼は、食べ物の好き嫌いが多い人はNGと言う条件が譲れなかった。
    もうこれは、仕方がないと思うんです。

    主さんの偏食の良し悪しは別問題として彼との相性が悪かった。それだけだと思います。

    今のままの主さんを好きになってくれる人を探しましょう。

    ユーザーID:2153182190

  • たまにいますね、偏食

    蕎麦が食べられないくらいなら、蕎麦屋に行かなければ良いだけ。
    野菜、肉、魚、無理って、どうすれば食生活が成り立つのか想像できない。
    ご飯が食べられるなら、毎食ご飯にふりかけ、ご飯に納豆、ご飯に玉子?
    パスタに置き換えるなら、トマトは使えない、オイルパスタオンリーってところ?

    自分は、それで満足でしょうが、それに付き合う人は大変だよなぁ。
    外食は別々にオーダーすれば良いでしょうが、一切シェアできない。
    アレルギーがあるわけでもなく、徐々にでも克服しようと
    思えないのはなんでだろう。

    食事って、楽しいものなんです。
    大好きな人と一緒ならなおさらです。

    主さんは、母親の作る食事に満足していました?
    学校や人付き合いで、苦労しませんでした?
    それに気付かず、30歳ってどうなんだろう。
    旅行に普通に行ける友達います?
    イロイロなことがあって、ちょっとは克服できていることだろうけど
    壁にぶつかったら、その壁が悪い、というタイプなんだろうな。

    偏食、あるいは暴食が原因で、未婚の男性も多いと思います。
    そういう人と、価値観がわかちあえれば良いですね。
    でも、結構そういう男性は、好きな人ができたら、
    努力をして、結婚に至っていると思います
    だって、自分をちょっと改善すれば、好きな人と一緒にいられるのだから。

    純粋にそう思えないなら、結婚しないほうが自分のためだし、嘘をつかなくて済む。
    ケーキ大好き、でも野菜、肉、魚、嫌い。
    私は食べないけど、あなたはたくさん食べてね。
    で、納得してくれる男性を探せば良い。
    まぁ、私はそんなオトコとは食事すらしませんが。

    ユーザーID:7730491787

  • 偏食以前の問題

    偏食も結婚は無理だと言った理由の一つだと思いますが、主さんの自己中が大きな理由だと思います

    知り合いに主さん同様、偏食だけどスイーツは大好きという人がいて、お見合い相手が彼女の好きなキノコだけが食べられなかったそうですが、「こんなに色んな食べ物があるのに、何でキノコだけ食べられないの?私が食べられる数少ない食べ物の中で一番好きなのに」と言ってました
    私から言わせたら、こんなに色んな食べ物があるのに何でそんなに食べられない物ばっかりなの?って感じですけどね

    因みにその人、もうすぐ50ですけど未だに独身ですよ
    まさかと思いますが、飲食店で「この店に私が食べられる物あるかな?」とか言ってないですよね?
    お店の方にも失礼だし、一緒にいる周りもあんまりいい気分はしなかったです

    付き合う条件が偏食を治すことだったのに平気で破っておいて理解できないとか、我儘すぎです

    ユーザーID:8550521684

  • 彼は誠実な人

    食に関する価値観が違う彼を説得できる要素はない。

    1年交際してみて、あなたとは結婚できないとハッキリ伝えてるんだから、彼は誠実な人ね。
    ズルズル付き合い続けて、別れる結果になった時に婚期を逃してたらどうする?
    今ならまだあなたと同じような価値観の人と出会うチャンスはある。

    そもそも結婚て、お互いの了承のもとに成り立つのよ。
    片一方だけが結婚したいと言っても無理というもの。
    彼はあなたと結婚する気がないようだし、早いとこ次に行った方が良いと思う。

    ユーザーID:7523940469

  • トピ主は肉が嫌い、彼氏さんは「偏食の人」が嫌い

    好き嫌いの話ですよね。
    トピ主にとって嫌いなものはどうしても受け付けない。
    だったら「偏食の人」をどうしても受け付けない人を認めないのはなぜだろう?

    嫌いなものは嫌いなんでしょ。頑張っても無理なんでしょ。

    それは彼氏さんも同じですよ。


    可哀想だけど、トピ主は単に彼に嫌われたんですよ。

    ユーザーID:9636633704

  • 合う人と結婚しようよ

    トピ主さんのお父様は偏食の酷いお母様を受け入れて結婚したのですよね?

    そういう人も居るけど、絶対的に偏食を受け入れられない人も居る訳ですよ。

    トピ主さんはトピ主さんのお父様の様に、酷い偏食を受け入れられる男性と結婚するしかないのですよ。

    トピ主さんの偏食を嫌がっている人と結婚しても上手く行きません。

    食事の度に喧嘩ばかりの夫婦になって結局離婚だよ。

    大人になってから偏食を治すのは難しいと思うのです。

    偏食のままのトピ主さんを受け入れてくれる人を見つけるしかないと思います。

    あと、物の好みと偏食を同列に語るのはおかしいって。
    それとこれとは全く別の話です。

    何でも好き嫌いのうちに含めて同列に語るのだとしたら、こういうことも言えちゃいますよ。

    ・トピ主さんは肉が嫌いでどうしても食べられない。どうしても嫌いなのだからそれは仕方がないこと。
    ・彼は偏食が嫌いでどうしても受け入れられない。どうしても嫌なのだからそれは仕方がないこと。

    あなたが好き嫌いを通す様に、彼も好き嫌いを通す。

    そういうことにもなり得ますよね?

    ユーザーID:1075989326

  • 好き嫌いカナリあります

    夫とは食の好みがほぼ正反対です。
    結婚前からわかっていましたし、結婚してもうまくいっています。

    私とあなたの違いは相手を否定するかしないかです。
    約束を守らないで自分の言い分を通そうとするなら
    相手を否定しないと自分の言い分は通らない。
    自分を変えずに相手だけを変えようとするその心根が嫌われたのです。
    結婚生活には好き嫌いだけでなく様々な生活スタイルをすり合せていかないと
    他人同士が同じ屋根の下では暮らせません。
    あなたからの歩み寄りもなく、自分だけが否定されている。
    彼はこの事実を重く受け止めているのです。

    ユーザーID:4269484012

  • 皆さんのレスを良く読みましょう

    食べられる物が少ない vs 蕎麦だけダメ
    食べ物の好き嫌い vs 単なる趣味

    上記を比較するって大丈夫ですか?


    皆さんが言いたいのは「食べ物の好き嫌いが酷い
    トピ主さんとは付き合えない彼氏」の事実は
    変えられない。と言う事です。

    諦めなさいね。

    ユーザーID:4393253633

  • 批判もあるけど

    偏食が理由だろーが、性格が理由だろーが、彼が「トピ主との結婚は無理」と言うなら無理です。
    彼の答えが出たんだから受け入れるしかないんですよ。
    トピ主は「偏食は治せない、治す必要もない」という答えを出したのでしょ?決定的に合わないんだから結婚どころか付き合いも無理でしょう。

    トピ主がどんなに頑張っても偏食治せないのと同じで、1年付き合って頑張って理解しようとしたけど偏食もトピ主も受け入れられなかった、という事。
    自分が治せなかったのは仕方がない事で、彼が受け入れられなかったのは許せないんですか?一般的にはそれを「自己中心」って言います。
    彼を説得するなら、まずは自分が偏食を必ず治す事ができてからではないですか?偏食治せないなら説得する材料が何もないですけど。
    この1年彼の気持ちを変える期間があったのに、トピ主は早々に「偏食は治せない、治す必要はない」と答えを出したのが彼にも分かったのでしょう。だから、彼もその答えを踏まえて考えて「偏食がある女とは結婚できない」と答えを出した。
    二人の出した答えが正反対だったんだから、結婚という重要案件にGOサインは出ないという事です。ただ、それだけの事。
    受け入れるしかないでしょ?お互い頑張ったけど合意ができなかったんだから。
    30歳、彼に拘って浪費する時間なんてないね。切り替えて偏食でも結婚出来る男性探すしかないです。

    ユーザーID:7606875565

  • 食べ物以外の好き嫌い

    食育ってご存知ですか?
    知らなければ調べてみてください。

    彼氏さんの好き嫌いを並べてそれをトピ主さんは「許してる」とのことですが、そもそも彼がシングルのスーツを着るのは変なこだわりじゃないし、トピ主さんが迷惑を被る訳でもないですよね。

    かたや食事はどうしても家族で一緒にするものだし、特に子供の食事に大きな影響を与えます。
    トピ主さんのお母さんは自分が食べられないものは食卓に出さずサプリで補っていた。
    そういう食生活は残念ですが一般的とは言い難いです。
    食育という意味では論外ですね。

    彼氏さんはフライパンにもこだわりがあるようですね。
    「食べること」をとても大事にしている人なのでしょう。

    食べ物の好き嫌い自体はトピ主さんの自由でいいと思います。
    苦言が多いのは、彼氏さんの意見を尊重しなかったり、アレルギーを軽く見ている点だと思います。
    アレルギーって命にかかわるので、もしお子さんが出来た時など、好き嫌いと同じように考えると危険なことになりますよ。
    これを機会に少し勉強しておいた方が結婚後に役立つかと思います。

    ユーザーID:0047162251

  • 食生活が合わない

    断られた理由が「偏食が多い」ことだと思うから、
    それくらい飲んでくれたってと思うんですよ。
    食生活が合わないということが理由と思えば、納得では?

    私の友人で、私と食の好みが真逆の人がいます。
    甘い物がダメ、激辛が大好き、お酒大好き。
    私はその逆です。
    たったこれだけでも、友人であってもツラいなぁと
    感じることがしばしば。
    今や疎遠になりつつあります。

    彼にとっては、自分の大好きなものがことごとくNGな
    わけで、相当つらいと思います。
    ましてや結婚となると、お子さんにも影響が出ます。

    最初に偏食が理由でお付き合いを断られたんでしょ。
    で、付きあうための条件(約束)を出されて付きあった。
    けれど、それを反故にされた。

    なら、契約(お付き合い、結婚)成立しなくて当然じゃない?

    >私の苦労がわからないのだと思います。
    彼も同じことを思ってますよ、トピ主以上に。

    結婚は、パートナーとの食生活が一生続きますから。

    あと、やっぱり彼は諦めたほうがいいと思う。
    トピ主のことを結婚したいほどにホレてないんだと思う。
    偏食(食生活)なんて、どうでもいいくらいホレてくれる
    人と結婚すればいいんじゃないかな。

    ユーザーID:6265640968

  • 結婚してから料理する人

    食べ物の好き嫌いが良いとか悪いとかの問題ではないのですよ。
    結婚して一緒に生活するから問題になるのです。
    服の色の好みくらいならなんの支障もありません。
    まず、あなたが料理するとしたら、夫の好きなものを毎日無理して作りますか?
    そして、自分の分は別にするとか?
    逆でも同じです。
    私は夫が臭覚と味覚に敏感な上に、あまり食材を多く使わない家庭で育ったため
    好き嫌いが多いです。
    結婚して15年、私の料理したものもだんだん食べるようになりましたが、
    はじめは同じものばかりを自分で作ったりして食べていました。
    子どもが大きくなってくると一緒に食べられるものが少なくて困ります。
    外食はいつも同じ種類のお店かファミレスです。

    ユーザーID:2559766613

  • 私も偏食キツイかも、、、

    聞いた話だけど、偏食 、食べ物の好き嫌いが激しい人って
    人の好き嫌いも激しいんだって。
    実際 そー言う人と接したことがあったけど、食べに行っても
    それだと 何でも食べれる私からするとストレスでした。
    おまけに本当に人の好き嫌いが激しい。
    主人も 私のように何でも食べれるタイプじゃなく
    食べ物に拘りがあるようですが、本当将来的に各個人で
    ご飯用意するようにしようかと思うくらいですよ。
    単純に好き嫌いが殆ど無い私からすると人が食べ物に
    アレコレ言い過ぎるって言うのはストレスです。
    過去 初対面の偏食の人にキレた事あるくらいです。
    あれ食べれ無いこれ食べれ無い、、、
    単純に楽しく無いし食事をその人とするのも
    ストレスになりそう(汗

    ユーザーID:7070674833

  • トピ主は被害者

    人は、食べ慣れてないものは、なかなか食べられるようにはならないと思います。
    トピ主も、一応努力はしたようですね。

    まともな食生活を子にさせなかったトピ主親が悪い。
    トピ主は、その被害者でもあります。

    でも、その自覚がなく、母親ではなく彼氏を批判し、あげくの果ての逆ギレはダメですね。

    せめて、「自分は食べられなくても、調理キットをつかうなどして、子は自分と同じにならないようにする」との意識があれば、また違った結果になったかもしれませんね。

    トピ主が振られた理由は、「好き嫌いが多いとの事実」ではなく、「好き嫌いが多くても問題ないとの価値観」の方だと思います。

    ユーザーID:1531225147

  • 説得するものじゃない

    好き嫌いあることは仕方ないことです。

    でも、その人が何を望むか
    ってとても大切です。

    彼は、あなたの偏食は無理だと思ったんです。

    それを説得して一緒にいるのは、
    彼に無理させること、
    押し付けることになりませんか?


    わたしは、彼の理由が分かります。
    偏食って、食べるのが好きな人から見たらとても辛いことなんです。

    あなたのことも、あなたのお母様のことも、
    批判するつもりありません。

    お母様は、偏食を受け入れてくれるお父様と出会えたのだから。

    あなたにも、あなたの偏食を受け入れてくれる人を探したほうがいいです。

    そして、きっと、います。

    あなたの偏食を受け入れて、
    それでも一緒にいたいと言ってくれる人が。

    あなたに、
    「そうだね、好き嫌いは仕方ない。無理しなくていいんだよ」と言ってくれる人。
    「好き嫌いがあっても一緒にいたい。けど、少しずつでいいから、食べられるもの増やしてくれるといいな」と将来に期待してくれる人。

    どうしても彼と一緒にいたいなら、
    一緒にいるために自分が変わろうと必死で克服するしかないと思いますが。
    それは不可能だったんですもんね。

    ユーザーID:0801190518

  • いや

    好き嫌いの是非じゃなく
    偏食を直すことを約束して約束が果たせなかったから終わり。

    それだけでしょうに。

    ユーザーID:4251296558

  • 好き嫌いが多過ぎで【その彼とは】結婚を断られました

    偏食を治す約束に同意するも、努力してみたけど治らなかった。
    だから、結婚を考えた時毎日の食事の事や子供の食育の事を考えたら一緒に生活をするのは無理だと結論を出した。

    どこにも説得できそうな綻びはありません。

    トピ主は別にその彼に拘る必要ないですよね。
    トピックタイトルの如し、さっさと次の男性を見つけにいきましょう。
    同じ様な白色食品が大好物で肉も野菜もちょっとは食べる…など食べ物の好みが合う方を焦点に絞って探した方がよいと思いますよ。

    何の保証もない恋愛期間、時間は有限だし無駄な時間ないんじゃないかな。

    ユーザーID:9661769675

  • 食生活、大事ですよ

    トピ主さんの好き嫌い自体を批判しているわけではないですよ。

    でも、食生活は生活の中でとても大事な要素です。
    単にエネルギー源というだけじゃなく、メンタル面でも影響がありますし、
    食べること自体が一つの楽しみになることも多々あります。

    結婚したら、相手の行動や考え方が嫌でも自分の生活に影響します。
    トピ主さんが好き嫌いを克服できなかったように、
    彼は、好き嫌いの極端に多い人間との生活に耐えられる気がしなかったのです。

    好き嫌いを認めろとトピ主さんが言うなら、
    彼氏の女性に対する好き嫌い(極端な偏食は嫌い、結婚は無理)も認めてね。

    以上、説得材料はないのであきらめてください。

    ユーザーID:6688844280

  • 心が狭い広いの問題かな

    結婚ってね、一生その人と暮らしていこうってことなのよー。

    食事は毎日のことなのに、奥さんがそんな偏食じゃ、一緒に食事していて楽しくないじゃない。子供にも悪影響だし。

    あと、極端な偏食の人って

    わがままに育っている
    親が甘やかした
    しつけのなっていない家庭で育った
    親が教養がない

    そして

    頑固
    周囲を気にしない
    人の意見をきかない

    などなど、悪いイメージね。あなたが何を言おうと、これが現実。

    彼氏1人が悪いわけじゃないし、心が狭い広いの問題でもないと思うよ。
    他の人も書いてるけど海外には偏食の人が結構、いるから、海外に出て偏食の旦那を探したらどうかしら。

    ユーザーID:5006418408

  • 「好き嫌いがものすごく多い」場合でも。

    たとえば、見た目がすごく美しいとかかわいいとか。

    深田恭子や新垣結衣なみだったら、「好き嫌い多すぎる」欠点なんて帳消しになるかもしれません。

    見た目ではなくても、性格がものすごくよくて、男性がとりこになっているような人なら、「好き嫌いが多いくらい目をつむる」となるでしょう。

    相手に、ものすごーーーーーく好かれる女性じゃないかぎり、「好き嫌いが多すぎる」という欠点は帳消しになりません。

    そういうことですよ。

    心が狭いとかそういう問題じゃありません。
    トピ主さんに、その好き嫌いが多すぎるという欠点を帳消しにするほどの魅力がないってこと。

    ユーザーID:5455395099

  • ものには限度があるんですよ

    一つ二つの好き嫌いと
    それだけの偏食を同等に考えるのがおかしい。

    そこまでの偏食の人と
    一緒に食事しても楽しくはない。
    結婚なんてとんでもないということです。
    今更治すことは難しいでしょう。
    トピ主さんの偏食を受け入れてくれる人を探すしかありまません。
    食に興味のない人ならいいかもしれません。

    ユーザーID:8884961228

  • それが彼の選択だから

    >食べ物に限らず、好き嫌いなんて誰でもあることじゃないですか。

    そうですね。
    人それぞれ、「ここまでは許容範囲だけど、これ以上は無理」という判断基準がありますね。
    彼は「あなたとの結婚は無理」と判断した。
    それだけです。

    いくらあなたが「結婚を躊躇する理由が私にはわかりません」と言ったところで、
    彼氏が「無理」という以上どうしようもないのですよ。


    あと、他の方もさんざん書いていますが、アレルギーと好き嫌いを一緒くたにしているのが驚きです。

    >蕎麦はアレルギーだと許されるんですよね。
    「許される」って・・・。
    ただの好き嫌いなら「食べたら気分が悪くなった」ぐらいで済みますが、アレルギーの場合命を落とすことだってあるんですよ。
    この部分を読んだだけでも「この女性と結婚するのは絶対やめた方がいいよ」と思えるレベルです。

    ユーザーID:1959499929

  • トピ主さんに質問します

    トピ主さんって
    太っている男性
    禿げている男性
    お金がなくて女性から生活費を貰う男性と結婚出来るのですか?

    トピ主さんの理論だと
    太っている男性と結婚して
    禿げている男性と結婚して
    男性が主夫をして結婚して
    子供が元気に育っている家庭はいっぱいあると思うけど。

    で、男性に
    〇〇だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません
    これってそんなに悪い事なのですか?と言われ
    結婚出来ないのなら、トピ主さんの「心が狭い」って事になるけど

    これに対して「あなたを説得したいのですが、アドバイスお願いします」
    と聞かれてどう答えるのでしょう?
    是非、回答いただきたいです

    そもそも
    >先日「結婚を考えたら、君とは無理だと思うので別れよう」と話を…
    彼は「君が偏食だから結婚は無理」とは言ってないですよ
    結婚を考えたら君とは無理、なのです。

    そもそも付き合う時に約束した事も守れてない
    話し合おうにも論点が噛み合わない
    理屈になっていない理屈で自分を正当化
    結婚する事はいつの間にか規定路線
    自分の思い通りにいかないと逆ギレ
    挙げ句の果てには、心が狭いと言われる
    そんな女性と結婚して幸せになれる男性がいると思えないんだけど

    結婚しても
    約束は守らない
    なんでもかんでも女性が物事を決め
    変な理屈で自分を正当化
    反対すれば逆ギレされて
    心が狭いとか言われちゃう
    いくらなんでも、そんな結婚生活は無理でしょう

    彼は別れる事すら許してもらえないのでしょうか…

    ユーザーID:6274576118

  • 2人の問題

    結婚は両性の合意ってことだから片方が嫌だっていえば仕方ない事ですよね?

    お母さんもそうだという理論なら、お父さんのようにそれを良しとするお方を選ぶ以外ないでしょう。
    交際開始時から言われていたなら、無理だって自分で分かっていたのではないのでしょうか?
    直す気もないのに付き合い始めた主さまの方が騙した側に見えます。

    もし彼を説得できるとしたら、「彼の食べたいもの(美味しいもの)を何でも作る」それに加え「思っていても食材の悪口(嫌い)を言わない」同時に自分の食べるものも全部自分で作る。
    そうすれば残飯も出ないし、主さんが嫌いな食材をどけるところを見せることもないし主さんが偏食だということを意識しない生活ができたことでしょう?

    でも、そんな労力を払ってまで結婚したいとは思わないでしょう?
    無理に結婚したって続きませんて。

    彼の心が狭いってことでいいので、もう彼を自由にしてあげてください。

    ユーザーID:8191311971

  • お友達に聞いてみたら

    まぁ、友達がいれば、ですが。

    そこまでひどい偏食だと外食はほぼ無理ですよね?
    友達と出かけたりしないのでしょうか、そういう時はどうしてるんですか?

    自分の好みで周りを振り回して、支払い時に「自分はこれだけしか食べていない」などと言って周りを困らせてはいませんか。
    仕事してるのなら職場でも聞いてみたらいいのでは。

    ユーザーID:1601380264

  • がんばれ

    嫌いなものを、今更無理に食べなくてもいいですよ。
    偏食しても元気な人もいますが、健康に影響が出る人もいるので、やはり栄養バランスは考える必要がありますよね。

    トピ主さんが食べられなくても、結婚したら色々な食材を使ったお料理を作れることを、日頃から彼氏にアピールされてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:4598846066

  • レスを拝見し

    それでもトピ主さんと!という方を見つければいいのではないでしょうか?

    今回は「偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが」とトピ主は言ったが、
    約束は守られなかった・・・。
    仕方ないのでは?

    ユーザーID:7823557716

  • 「好き嫌い」の範疇を超えている。

    トピ主さんの場合、「好き嫌い」という範疇を超えていますよね。
    偏食、まさに「偏り」すぎです。
    しかもそれが母親譲りという事は、もしトピ主さんに子供ができたら、悪びれる事も無く同じような食生活を子供にさせるのでしょうから、全く「食育」なんてできないわけで。
    もう、負のループですよね。
    虐待が連鎖するように、偏りすぎた食卓も連鎖すると思います。(どちらも本人に「これは異常だ」という意識や罪悪感が全くないため、改善しようと努力をしない)

    トピ主さんがただの友達だったら、まぁ一緒に遊ぶときにちょっと我慢すればいいか〜で済みますけど、こんな配偶者では困ります。
    トピ主さんが主戦力で外で働いてお金を稼いで、彼氏さんが専業主夫で子供の食育担当する、というのであれば、まともな食環境の子供に育つでしょうけど。
    まぁ、そうはいかないでしょうからね。
    男性としたら、「こんな妻に、自分や我が子の食生活は任せられない。」と思ったら、結婚相手としては無理でしょうね。

    このままでは、どんなお相手でも結婚自体が難しいかもしれませんよ。

    ユーザーID:1407527734

  • この彼氏とはムリ

    >フライパンは鉄に限るとか、包丁は砥石で研ぐものとか、

    この言葉を見ると、彼氏は食べることだけでなく、料理することもお好きのようですね。
    一緒に料理を作ったり、食材について話したりしながら食事できるような女性が、お似合いだと思います。

    トピ主さんは、お父さんのように偏食を許容してくれる人がいいんですよね。
    この彼氏さんはそれは無理です。

    許すとか、許さないとか、トピ主さんと彼氏さんのどちらが悪いと言うよりも、単純にミスマッチだと思います。
    お互いに他の人を探した方が良いと思います。

    ユーザーID:0410456456

  • これだけ説明されてもわからないんだ

    いや、わかろうとしないのかな?
    偏食の人って、そういう頑ななところがありますよね、自分がいいんだからいいじゃないか!みたいな所。
    でも彼は嫌なんですよ。
    彼だって「自分はそんな女は嫌なんだ、結婚なんかしたくないんだ!」と言う権利があるの、わかってます??
    彼を追っているのはあなたで、彼はあなたを拒否しているんです。

    >偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。

    あなたがわかろうがわかるまいが、彼はあなたとは結婚したくないんですよ。
    それすらわからないの?
    ついでに言うと、ほとんどの人が偏食の人間とは結婚したくない、一緒に暮らしたくないんです!それほど食は大事なんです。

    あなたののかわいそうなところは母親が偏食なので、偏食でもいいと育てられたところ。
    彼はその負の連鎖にしたくないんです。
    ほんと、こっちが聞きたいわ、どうしてそんに簡単なことがわからないの??

    いくらあなたが結婚したくても、相手が嫌だというのに、何をゴネてるんですか?
    なんで彼があなたの言うこと聞かなきゃならないの?
    意味わかんないのはあなたのほうです。

    ユーザーID:4260988164

レス求!トピ一覧