現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

好き嫌いが多いから結婚できない

大嫌い大好き
2019年5月18日 17:10
新しいレス順
レス数:467本

このトピはもうすぐ投稿受け付けを終了します。
タイトル 投稿者 更新時間
理解者を探したほうが良いと思います携帯からの書き込み
はら
2019年5月19日 9:41

美味しんぼという漫画に、トピ主さんと同じように偏食に苦しむ人が出てきました。

その人は、スクランブルエッグ(ただし半熟は無理)、とんかつ、カレー、ハンバーグしか食べられず、足りない栄養はサプリメントで補っていました。
偏食をなおそうと努力したこともありましたが、気持ち悪くてどうしても食べられなかったと言っていました。

漫画のためにオーバーに脚色していると思っていましたが、実際にトピ主さんのような方がいらっしゃるということは、ある程度取材などをしてから描かれた話なのかもしれないですね。

ちなみにその登場人物は、メニューをトンカツからカツ丼に変えて、食べられなかった半熟卵と汁にぬれた衣をクリア。
それからも、もともと食べられる料理に少しずつ変化をつける方法で、偏食を改善していきました。
さすがにこれは漫画のご都合展開かもしれません。

将来、偏食に関する研究がすすんだら、もしかしたらトピ主さんのような症状に名前がついて、改善法が確立するのかもしれません。

でも今現在では、偏食は好き嫌いの問題、我が儘と考えられることが多いです。
おそらく説得したところで、彼氏さんがトピ主さんの気持ちを理解できることはないでしょう。

トピ主さんの苦しみを理解してくれて、寄り添ってくれるパートナーを探したほうが良いと思います。

ユーザーID:0588479596
その偏食携帯からの書き込み
346
2019年5月19日 9:37

子供に悪影響なんですよ。

現にあなたも母親のせいでそうなってる。

蕎麦はアレルギーが絡むと深刻なこと知ってますか?比較するのはちょっと違うかな。

私の知り合いも偏食がいて周りから絶対結婚できないぞと言われていました。
その通りになってますよ。

たいしたことないのになんで?
みたいな思考がトピ文から滲み出てますがそんなことないですよ。

特にケーキを毎日なんてびっくりします。
あれは特別な日に頂くものかと思ってました。
砂糖のかたまりだし、経済的にもどうかと思うわ。

そう言えばタンパク質の摂取が足りないと甘いものが食べたくなるってどこかで聞いたような。
これに当てはまるんでしょうね。

ユーザーID:1805669605
結婚後の食事はどうなるのですか
苦言
2019年5月19日 9:34

70歳近い年金生活のお爺ちゃんです。苦言ですが!
結婚後の食事はどうなるのですか?子供さんができた後の食事はどうなるのですか?貴方のお母さんがしたように偏食の食事で、貴方のような子供さんになるのでしょうか?家族で楽しい食事を味わえないのでは?
チャイラテさんのレスのように、相手の方は、蕎麦アレルギーかもしれませんね!でも、お蕎麦屋さんに入っても、蕎麦以外を注文できますから、楽しい食事をあきらめることは有りませんね!貴方の偏食だと、ハンバーガ屋さんやステーキ屋さんなどで、家族一緒の楽しい食事はできそうもないですね。運動のアスリートに子供さんがなりたいといった時、筋力をつける肉類(魚類も同じ)等が食べられなくて、アスリートをあきらめなくなりませんか。
私も小さい頃、『ニンジン』が食べられませんでした。あの甘苦いニンジンが吐き気を催したのです。母は優しかったので、『ニンジン一つぐらい食べられなくても』と残しても、許してくれました。小学校三年の時、カレーライスが学校の給食に出たのですが、普段と同じようにニンジンを避けて食べていると、『○○君は、ニンジンが食べられないの?』と隣の席のクラスでも可愛い女の子に言われ、私もチョット好きだった娘だったので、凄いショックを受け、顔を赤くした記憶があります。その後、周りも迎合し、はやされ、無理やりニンジンを涙を流さないまでも、時間がかかりましたが、給食時間内で食べた記憶があります。
今では、ニンジンもおいしくなり、偏食はなくなりました。小学校三年生の隣に座っていた可愛い女の子には、今でも感謝しています。

ユーザーID:5427716682
え?
ばんび
2019年5月19日 9:31

主さんの偏食と、彼の蕎麦嫌いは全然お互い様じゃないですよ。
そういう屁理屈を言うところがますます、彼の信用を失うんだと思います。

偏食はもしかしたら体質で、しょうがないことなのかもしれない。
でも、食事は生活の最も大事な部分なので、そこが合わない人と暮らすのは無理だと思います。

たとえば好き嫌いが同じでなくても、それはなんとかなるんです。
お店でも、一つしかメニューが無い店なんてそうそうない。


主さん達でいうと、蕎麦屋に入って、彼はうどんを食べればいい。
でも、普段から主さんの偏食に振り回されているから、彼もわざわざ譲りたくなかったのかも。
つまり、補い合えないほどの違いがあるということなんでしょう。

偏食が良い悪いではないし、誰にでも食べられないものはあります。
主さんは、主さんの嗜好を理解してくれる人を探すしかないと思います。
それが本当の相性だと思います。

ユーザーID:7120347585
子供には苦労させたくない
偏食嫌い
2019年5月19日 9:03

>私の苦労がわからないのだと思います。
貴方は偏食で苦労してるって事ですよね?
恋愛もままならない。好きな彼と結婚出来そうにない。
子供に同じ苦労させたいですか?
偏食じゃなければ彼とスムーズに結婚出来たんでしょうね。
彼は今も貴方が偏食である事が嫌だし
子供が出来たら、貴方と同じ様に偏食になる事が嫌だと思う。
貴方のお母様と貴方が同じ様に育った様に
貴方との子供は偏食になることが目に見えている。
子供に余計な苦労はさせたくない。
偏食である貴方とは明るい未来が見出せないんです。

私も偏食な人とは暮らせない。
人生に切り離せない毎日の食事。
愛する人と美味しいものを共有出来ないなんて、つまらない。
一つや二つ嫌いなものがあっても許容範囲だけど
貴方の様に極端でサプリを使わないとダメなら、私も結婚相手にはアウトです。
彼の事が本当に好きなら
貴方が幸せになる事より
彼が幸せになる方法を考えて下さい。

ユーザーID:0901185864
それこそ価値観の違い
オレンジジュース
2019年5月19日 9:02

彼とは結婚しないほうがお互いのためです。ご縁のない相手だったと思って潔くあきらめましょう。

理由は、

>偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
>両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

この考えがあるからです。あなたは根本的には偏食を治す必要のあることだとは思っていません。
だったら、あなたの偏食を受け入れてくれるか無関心な人と結婚したほうがトピ主さんのためだと私は思います。

トピ主さんがそもそも偏食を治す必要がある、自分の子は偏食のある子にしてはならないと感じていて、
彼との結婚をきっかけにその努力をしようとしてるならいいんだけど、彼と結婚したいがために、意に沿わない偏食矯正を
イヤイヤしているとしたら、それはあなたにとっても彼にとっても、そして将来生まれてくる子にとっても不幸な結婚だなあと私なら思います。


トピ主さんには同じ苦労を分かり合える似た方のほうが相性がいいと思いますよ。

彼を説得できるアドバイス、というならば「本気で偏食を治そうと努力する姿を見せること」です。

ユーザーID:0048471877
価値観の違い。携帯からの書き込み
むゆ
2019年5月19日 8:56

彼は一度チャンスをくれたのに直らなかったのだから、諦めましょう。

価値観の違いはどうしようもありません。

トピ主にとっては何ともなくても、彼にとっては重大な事なんです。

偏食を許容出来る人と結婚した方がトピ主は幸せです。
私の両親も結婚したんだから〜を彼に当てはめるのは間違い。彼は彼です。
結婚したかったら、トピ主のお父さんの様な方と結婚して下さい。

ユーザーID:7124588357
偏食は無理
匿名
2019年5月19日 8:41

偏食の人との結婚はムリと考える人が多いです。

あなたの苦労なんてしったこっちゃありません。
アレルギーでないのならそんなものは苦労ですらありません。

説得なんてしようがありません。
「性格がすきじゃないから結婚しない」と言われているのとなんら変わりありませんから。

「偏食だからといって結婚を躊躇する理由がわからない」のはあなたが偏食だからであって、大抵の人には「理由がわかる」話です。

ユーザーID:2447144184
偏食はね携帯からの書き込み
ローヴィ
2019年5月19日 8:30

うちは子供達が自閉症スペクトラムからくる偏食でキツイですよ。
わたしはあまり好き嫌いもなく、外国の変わったメニューも食べられます。
なので、子供達の偏食は本当にきつく、作るのが嫌になりました。
毎日の食事も美味しくありません。
自分の子供ですらこうなるんだからパートナーだったら尚更ですよね。
うちの子たちの方がそれでもまだ食べられるもの多いですよ笑
保育園で給食で少しずつ食べられるものを増えてもきました。
やはり、小さいうちに矯正しないと無理でしょうね。
30だと努力次第でももうどうしようもないんでしょうね。
お父さんはお母さんの偏食には目を瞑れるほどきっと別の良さがありけっこんしたのかもしれません。
元々食にこだわりがなかったのかしれません。
とにかく、お父さんと彼は別人格なので、お父さんはこうなのにと比べても仕方ありません。
今回は縁がなかったと諦めるしかありません。
また、彼がそばがダメなのはそばアレルギーがあるからか、近親者にいて、食べる機会がなかったとかありませんか?
そばアレルギーは怖いですからね。

ユーザーID:7004303453
親の食育って大事だな
匿名
2019年5月19日 8:00

あなたのせいではありません。
あなたが結婚できないのは、あなたをそんな偏食に育てた親のせいです。
私は一度だけ、好きなものを好きな時に好きなだけ食べる人と生活した事があります。
本当に無理でした。
聞くと、実家ではお母さんが何でも好きなものをいつでも用意してくれたとか。

あなたが偏食で、偏食という事が結婚を断られるレベルのものだと気付いていないのは、
家庭環境が原因です。
栄養をサプリで効率的に取り、ずっと健康なら、何故日本社会はそれを推奨しないのでしょう。
いつの時代でも、バランス良く食べる事の大切さを、子供の頃から教えられます。
その意味を、わからないまま育ってしまったのですね。

彼は、あなたとの間に子供が生まれたら、
給食すら食べられない子供に育ってしまうと危惧しているのです。
また、偏食以前に、自分がとても変わっているという自覚がなく、
偏食を直すという約束も守らず、開き直って彼のそば嫌いを責めているあなたの性格が嫌になったのでは?

ユーザーID:1664760211
食べ物を「気持ち悪い」と表現する人は、ちょっと・・
mika
2019年5月19日 7:58

>偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした
>偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
>両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。
>彼も私の大好きな蕎麦を食べられないので、私も旅行などで蕎麦所に行っても食べられないことが何度もあったことや、私も無理に食べようとすると気持ち悪くなるので、お互い様だと思っています。

トピ主さんの言っている事、考えている事、ぜんぶムリです。
平気でうそをつく、アレルギーと極度の偏食を一緒にする、腐ってもいない食べ物を「気持ち悪い」と表現する。ぜんぶぜんぶ無理です。

彼氏さんは、最初は「偏食だけなら」「治すよう頑張ると言っているし」と思ってお付き合いしたのでしょう。
けれど、偏食を直すというのも嘘だったし、それ以外の考え方も一般的な常識とはかけ離れている。
「合わない」「無理だ」と思ったのだと思います。

>彼を説得したいのですが、アドバイスお願いします

彼を説得するのは無理です。
トピ主さんの生き様、価値観すべてを全とっかえしないといけないくらい、お二人は「合わない」のですよ。

でもお母様もちゃんと結婚して、今も離婚していないのですよね?
トピ主さんに合う男性はきっと居ると思います。がんばって探してはいかがでしょうか?

ユーザーID:3742556459
約束したのですよね…携帯からの書き込み
通りすがり
2019年5月19日 7:36

>彼には私から交際を申し込んだ際、偏食のことてで一回断られており、偏食を直すことを約束して付き合い始めたのですが、何度頑張っても気持ち悪くて食べられずじまいでした。

頑張ったからと言って、1年付き合ったからと言って、結婚についても話題に出るようになったからと言って、
約束を破って良いわけではないです。

初めから彼は偏食のことで断っています。彼にとっては家族になる人が偏食なのは認められないことなんです。

うちの夫がよく言います。
「他人なら全然気にしない」

例えば全身タトゥーが入ってる人、ピアスの穴を大量に開けている人。
金遣いの荒い人。
浮気しまくっている人。

でも夫はそういう人は結婚相手には選びません。

全身タトゥーが入っていても人には迷惑かけていませんよね?
「これが自分なんだから認めて欲しい」
そう主張するのは自由です。

でも彼は認められません。
彼には彼の価値観があります。
あなたにはあなたの価値観がある。

偏食を治せないなら、諦めるしかないです。

ユーザーID:5518586337
偏食はアウトでしょうね。
さすらいのメカニック
2019年5月19日 7:25

食物アレルギーで食べられないのなら分かりますが、
貴女の場合は嫌いなので食べられないとしか思えません。

結婚して子供が生まれた場合、教育上良くないと思います。

母のせいにしないで努力して偏食をなおさないと別れを切り出されてもしかたないのでは?

ちなみに職場に偏食が激しい人がいました。交際を経て結婚した女性がキチンと教育して偏食がほぼなくなりました。多分直さないと別れると言われたのでしょう。

ユーザーID:5504598836
偏食は直せます。直しましょう。
好き嫌い
2019年5月19日 7:24

トピ主の求める相談とは反対のことになりますが、読んでみてください。

トピ主の母上は偏食だった。
その母から出される食事が偏っていた。
だからトピ主も偏食になったわけですよね。
その弁でいくとあなたのお子さんは偏食になる可能性が極めて高いですよね。
その負の連鎖を絶つためにも偏食は直した方がいいですよね。
多分、彼もそれを望んでいるのでしょう。

偏食を直すのは意外と簡単なんです。
私はそれほど嫌いなものは多くありませんでしたが、食べず嫌いはありました。
例えば、納豆がその一つでした。
就職して独身寮に入りました。月曜日の朝はきまって納豆でした。
納豆を食べないとおかずがない状態でした。
最初はみそ汁とご飯だけで済ましていました。
あるとき勇気を出して口に入れてみました。
臭いはいやだが味はいいことを発見しました。
今では大好物に変化しました。
こんなものです。
それから世界が変わりました。
世の中に食物として流通しているものに食べられないものはありません。
それからはどんなものでもチャレンジしてみようと思うようになりました。

まず、先入観を消すことです。素直に自分の舌にまかせるのです。
頭(脳)には頼らないことです。
食べる前に脳にお休みいただきましょう。

頑張ってください。

ユーザーID:1592908461
ある意味
グルメ
2019年5月19日 6:54

トピ主さんも被害者ですよね。

普通自分の嫌いな物も子供には食べさせるでしょ。

私は牛乳とバナナが嫌いですが、子供には出しますよ。

貴方のお母様がいけなかったですね。

少しずつで良いから克服する努力されたらいかがですか?

ユーザーID:5086735942
だったら約束しなけりゃよかったのに
うーん
2019年5月19日 6:48

彼は交際時点ではっきりと条件を出しています。
でもトピ主さんは偏食に対して悪いとは思っておらずむしろそれを受け入れない彼を批判してますよね。
そんな考えを持ってるなら交際前に言えよって話ですよ。

偏食だからと言って結婚を躊躇する理由がわからないくせにその彼と付き合ったトピ主さんが理解できません。
彼の考え方を理解できず受け入れられないのになんで付き合うことはできるの?

説得は無理ですね。
トピ主さんが偏食でいるのは自由です。
でも彼を無理にそれに付き合わせることはできません。
彼にだって結婚相手を選ぶ自由があるのです。
多くの人はトピ主さんを選びません。
それを受け入れることがあなたの人生。
自分の子供にそんな人生を送らせたくはない。だからトピ主さんを自分の子供の母親にしようとは思わない。
食べられないものは食べられない。
わかりますよ、食べなくていい。
でもこっちだって嫌なもんは嫌なんですよ。無理なの。

ユーザーID:9104864749
別れましょう携帯からの書き込み
ミケ
2019年5月19日 6:33

彼は蕎麦アレルギー
トピ主さまは肉と青魚ほかダメ

協調した食卓が囲めないなら、それが一番の問題点です。
「夫婦が同じものを食べる」
私は彼のエゴだと思います。

次行きましょう。

ユーザーID:5363131118
好みのすり合わせって大事だからなあ…
メモ
2019年5月19日 3:59

私はほとんど好き嫌いがないので彼側の思考回路ではあるんですが、ただ、私が彼だったとしてトピ主さんを本当に好きだったら結婚すると思います。
というのも、私は私で自分の食事を作ればいいと思うから。
そう思えるタイプなので。

ただ、子供は作りたくないと思うかもしれない。
偏食の人に育てられる子がどうなるかちょっと不安。

好きではないから結局別れたけど、過去付き合った人も偏食の人がいて、デートの時つまらなかったです。
まあこれは偏食を愛情が越えられなかったということですね。
この時の事例は今回のトピ主さんに近いかなあ。

説得かあ。
難しいよ。
もうこういうのってお互い譲れないことだから…

さっきの話じゃないけど、彼にとってトピ主さんへの愛情は、偏食を越えられないんですよ。
偏食を我慢してトピ主さんと付き合うくらいなら、他の人に乗り換えたいって思ってる…と思う。私がそうだったから。ごめん。

好みのすり合わせって大事なんですよね…

だけど偏食の人を非難する気はないです。
食べるのが気持ち悪くなっちゃうって大変だし…

合う相手が見つかるといいですね。

ユーザーID:8365787360
お互い様ではない。
みずな
2019年5月19日 2:14

食べられない物、彼は蕎麦だけ。あなたは超偏食。

超偏食と蕎麦のみ、これを同列に扱うなんておかしいと思いませんか?

衣食住は人間が生活するうえでの基本ですから、ここの相違は厳しいですよ。

私も偏食相手とは絶対に結婚できませんね。

毎日毎食ストレスに感じると思うから。お互いに。

あなたは自分が食べられない食材を使った料理が作れるのですか?

あ、もしかして全部彼に作ってもらう予定だった?

どっちにしろ、結婚すれば苦労するのは目に見えてるので、彼が断るのも無理はないです。

ユーザーID:0294838507
大変そうですね
早起き
2019年5月19日 1:49

うん、そんな感じで「私の気持ちはあなたにはわからない」というのを押し通すんだったら、彼を含め他人と暮らしていくことは難しいと思うというのが感想だなあ。
彼がお蕎麦を食べられないというのとあなたの偏食(好き嫌い)はレベルがまるっきり違う。普通に食事はできるけど、これとこれは苦手ってその程度の話じゃないですからね、あなたの場合。

>偏食だからといって結婚を躊躇する理由が私にはわかりません。
両親も母の偏食(私よりひどい)を知って結婚して子供も元気に育っているんですから。

すごく少数派なことを言っていると思って下さい。少数派が悪いわけじゃないけど。
なのでそれを理解し「そうだね、なんとかなるね」と言ってくれる男性を探すしかないのでは。
お母さんはそんなお父さんと出会えてラッキーだったと言うほかない。

ユーザーID:7053698058
 
現在位置は
です